スポンサーリンク
スポンサーリンク

米:NBA選手息子が心停止で救急搬送…イーロンマスク氏が中国肺炎ワクチン副作用を指摘[海外の反応]

スポンサーリンク

中国肺炎ワクチンの副作用を指摘

先日、NBA選手Lebron James氏の息子Bronny James氏がバスケ練習中に心停止を起こし、救急搬送された事案に関連し、ツイッター(現X)のイーロン・マスク氏が「中国肺炎ワクチンの副作用」を示唆するコメントを発表した。

同事案を紹介するツイートにコメントしたマスク氏は「全てがワクチンに起因すると考えるべきではないが、同様に、全ての選択肢は除外されるべきではない」と語りつつ「(中国肺炎ワクチンにおいて)心筋炎は良く知られている副作用であり、問題は、それが本当にレアなケースなのか、それともよりより一般的に起こりうる症例なのか?ということだ。」と述べた。

中国肺炎ワクチンを巡っては、当初「完全に安全」との主張のもと「メリットがデメリットを上回る」として全世代を対象に接種が推奨されていた。しかしその後、心筋炎や脳卒中などの副作用報告が相次ぎ、WHOが公式に「全世代への接種は推奨しない」との宣言を出すに至っている。

WHO「健康な大人・子供への追加ワクチン接種は必要なし」と公式発表…従来の姿勢を一転[海外の反応]

-関連記事-

-おススメ記事(*アンテナ様リンク)-

外国人「日本のリサイクルショップにあった商品が個性的すぎる!」

【奇跡】 『その確率は10億分の1』それは、1950年3月1日の夕方に起こった。アメリカで本当に起こった奇跡の話

女性Vtuberさん、ガチでとんでもない暴露をしてしまう「実は◯◯してました。受け入れてくれないなら引退するかも」

 

情報


コメント&記事元:該当ツイートに寄せられたコメント

中国肺炎ワクチンに関する記事について

*海外コメント選択においては、人気・順番以外にも、コメントの流れや、興味深い内容を重点的に訳しております。予めご了承ください。

海外の反応


1.海外のパネリスト

私の父は二回目の接種直後に心筋炎を発症、その後、心膜炎を患った。血圧減少が続き、最終的には心臓発作で亡くなってしまった。接種をするまで、彼の心臓は何の問題もなかったのに。

[スポンサーリンク]

2.海外のパネリスト

(中国肺炎対応を担った)ファウチ博士は嘘つきだ!

 

3.海外のパネリスト

ワクチン接種と心臓発作との関連を否定する論文がでているぞ?

 

4.海外のパネリスト

>>3

逆に、関連を指摘する論文もあるよ。

(注:中国肺炎が流行り出してから、ワクチンの効能を含め、色々な医学論文が出てきたんですけど、やっぱり一つの論文だけで全てを断じるのは危険だなぁ…と、感じる今日この頃…執筆者の中に、ファイザーとかCDCとかの協力を受けまくってる人達が混じってることも多いし…)

 

5.海外のパネリスト

>>3

そもそも、その論文が書かれたオーストラリアでは「ワクチン原因と思われる死因」や「心筋炎」についての観測をおこなっていない。

 

6.海外のパネリスト

テスラの車が全ての交通事故の原因ではないが、決して関連がないとも言えない。

---アンテナサイト様のおススメ記事---
【海外の反応】大谷翔平が“ド軍1号”となる驚愕弾を放つ「彼とソトしか打てない打球」


 

7.海外のパネリスト

>>6

少なくとも「テスラの場合」は、その「正確な情報」が公開されているだろ?

 

8.海外のパネリスト

そもそも、黒人の場合、運動中に心停止のリスクが統計学的に多いという報告もある。

 

9.海外のパネリスト

>>8

どの論文?読んでみたいんだけど?

 

10.海外のパネリスト

製薬会社は、ワクチン販売の前から「心筋炎/心膜炎」等のリスクを認知していた。でも、それを隠していたのだ。

ファイザー「ワクチン感染予防効果の実験はしていない」従来の主張根拠崩れる…[海外の反応]

 

11.海外のパネリスト

心筋炎に関しては、コロナ感染でもそのリスクが高まる。何とも言えないところではあるね。

 

12.海外のパネリスト

>>11

若い世代においては「感染による心筋炎のリスクよりも、接種による心筋炎リスクが上回る」との説もある。今回の場合は、むしろ接種による原因を疑うほうが自然では?

[スポンサーリンク]

 

13.海外のパネリスト

コメ欄が自称医学者で溢れかえってて草w

 

14.海外のパネリスト

やっぱり接種による血栓の発生が怖いね。多くの医学者も、その危険性を指摘しているし。

 

15.海外のパネリスト

少なくとも、こうした懸念に関して正しい医学的な返答が為されるべきだと思う。いつも何かはぐらかされている感じがする。

---アンテナサイト様のおススメ記事---
手榴弾で左足失ったウクライナ軍元兵士、義足つけて東京マラソンに挑戦!


 

[よろしければご支援の程お願いいたします↓]

-アンテナ様記事&人気ブログランキング様-

-記事紹介(*アンテナサイト様利用*)-

最近のコメント

コメント欄

  1. NOak0wTUR

    あまりにも広範囲に摂取されてるから様々な症例が出るのは致し方ないかな。
    でも打たなきゃコロナで亡くなる人はもっと多いし、経済的にも死ぬ人が出るしな。

    3
    2
  2. RPRGMwTmp

    >少なくとも「テスラの場合」は、その「正確な情報」が公開されているだろ?

    テスラの自動運転機能、衝突事故1秒前に切れて運転手に責任転嫁する設計になる可能性を隠してて
    米当局が回収さらに調査したら平均して最初の衝突の1秒前よりも余裕がなかったと数ヶ月前にバレてたろ
    コロナ期間に資産を11倍に増やし異常な大儲けをしたイーロンさんなんにでも口出してくるな。
    トランプに対してもTwitter買収やめようとした時に、トランプに投票したなんて言ってない、もう引退したら?
    みたいな手のひら返し発言もしてトランプ怒らせてたし、基本信念はなさそうだが
    あとネットで日本絡み好きなフリして好感度作りもやめて頂きたい
    リアルでは中国と一番親密にやってるくせに

    4
  3. RPRFl3TlR

    イーロン・マスクはワクチンと書いているだけで、中国肺炎ワクチンとは書いてないんで、翻訳は正確にしてください。

    2
    • pPVE0wTUR

      コメントありがとうございます。

      >>イーロン・マスクはワクチンと書いているだけで、中国肺炎ワクチンとは書いてないんで、翻訳は正確にしてください。

      今回、イーロン氏の同コメントが「中国肺炎ワクチン」に関わるものであると判断した要因はいくつかあります。

      同コメントは、記事内でも記載されておりますように「NBA選手Lebron James氏の息子Bronny James氏」が心停止によって救急搬送されたことを伝えるツイートに対するものです。

      現在、上記事案は米社会で大きく取り上げられており、その多くにおいては中国肺炎ワクチン副作用との関連を指摘するものとなっております。欧米メディアにおいても、今回のイーロン氏発言を「中国肺炎ワクチン副作用への言及」として報じています。

      参考:
      https://nypost.com/2023/07/25/elon-musk-hints-covid-vaccine-caused-bronny-james-cardiac-arrest/?utm_source=twitter&utm_campaign=nypost&utm_medium=social
      https://insiderpaper.com/elon-musk-covid-vaccine-bronny-james-cardiac-arrest/
      https://thehill.com/policy/healthcare/4119186-musk-bronny-james-cardiac-arrest-covid-vaccine/

      また、イーロン氏が使用した「The vaccine」という単語においては、定冠詞「the」が付与されていることもあり、
      一般のワクチン「vaccines」というよりかは「中国肺炎ワクチン」を対象とした単語であると考えられます。

      さらに、「心筋炎が副作用として知られている。」という文言からも、言及された「the vaccine」が「(心筋炎の副作用で有名な)中国肺炎ワクチン」であることを「示唆」しているものと思われます。

      通常の心停止報道に関して、何の脈略もなく一般的な「ワクチン接種」の話題をイーロン氏が述べるとは考えられません。「心筋炎」が、一般的なワクチンによる副作用とも思えません。

      加えて、イーロン氏はこれまでにも「中国肺炎ワクチン」について懐疑的なコメントをいくつか公表しています。

      参考:
      BBC「ツイッターは誤情報ばかり!」イーロン「貴方達だって誤情報を垂れ流してたろ?」
      https://foreignnews.biz/archives/post-179496.html

      上記の状況を勘案し、今回の記事制作に至りました。
      そのうえで勘違いや誤解などがありましたら、ご指摘いただければ幸いです。

      今後ともよろしくお願いいたします。

      3
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました