スポンサーリンク
スポンサーリンク

接種後5000回につき1人が深刻な副作用?ドイツ保健当局のツイートが物議を醸す[海外の反応]

スポンサーリンク

5000回に1人


ドイツ保健当局の公式ツイッターアカウントが「中国肺炎ワクチン」の重篤な副作用発生割合について「接種5000回につき1人」と言及。海外ネット上で話題となっている。

同ツイートはドイツ語で投稿されており、独立系メディア「Disclose.tv」等が報道。「接種5000回につき1人がワクチン接種後に重篤な副作用を報告。副作用が疑われる場合は医師に相談を!」等と、呼びかける内容になっている。

5000回に1人は割合で「0.02%」となり、日本の厚生労働省が公開しているファイザー社の副作用全体の発生率「0.0039%」を、大きく上回るものとなる。(参考)文中では「schweren Nebenwirkung(重篤な副作用)」との文言が使われているものの、具体的にどの病気や症状を示しているのか不明。

現時点では、このツイートだけで実際のワクチン副作用の現状を判断することは不適切と思われる。

ワクチンの効果(*参考参考

当初「感染予防」を期待されていたワクチンであったが、オミクロン株が主流になるにつれ「感染予防効果」の減退が指摘されている。米保健当局トップ:ファウチ博士も、最近になりワクチンの予防効果について「それほど高くない」と認めた。その一方、重症化や死亡率減少については依然、大きな役割を果たしているとの意見もある。

-広告-

 

情報


コメント元:Disclose.TV

*海外コメント選択においては、人気・順番以外にも、コメントの流れや、興味深い内容を重点的に訳しております。予めご了承ください。

 

海外の反応


1.海外のパネリスト

5000回につき一人が重篤な副作用?もし三回ブースター接種をした場合、その割合は更に上がるってこと?

 

2.海外のパネリスト

>>1

しかも、これからまだ追加接種が発生しそうだし…

 

3.海外のパネリスト

>>1

正直、この「重篤」って表現が曖昧なんだよね。何を意味しているのだろうか?

 

4.海外のパネリスト

個人的には接種50回につき一人って感じだけどね。私の知っている接種済みの人は、ずっと風邪みたいな症状を患っているよ。

 

5.海外のパネリスト

>>4

俺それだわ。昨年12月に接種してから、風邪みたいな症状がずっと続いている。偶然かな?誰かこの症状を説明できる人いる?

 

6.海外のパネリスト

>>5

まぁ、中国肺炎のワクチンだし、中国肺炎に感染することもあるさ。

 

7.海外のパネリスト

前から皆言ってたじゃん。中国肺炎ワクチンなんて、所詮、大企業のマネーゲームだよ。

 

8.海外のパネリスト

いやいや、500回に一人の間違いでしょ?

 

9.海外のパネリスト

実際の件数はもっと多いと思う。政府はそれらの報告を隠しているんだ。

 

10.海外のパネリスト

>>9

僕の周りには接種直後、心臓関連病(*心筋症等)を患った人が複数いる。でも、医師がワクチン副作用として認定したのは、そのうちの一人だけだった。

 

11.海外のパネリスト

>>9

米国には「VAERS(ワクチン安全性監視システム)」っていう、副作用報告システムがあるんだけど、CDC曰く、それらには「最大で4倍程度の未報告」があると、認めているよ。

 

12.海外のパネリスト

別に重篤な副作用の発生率が「0.02」なら、そんなに騒ぎ事もない。他のワクチンでもソレくらいの割合はある。

 

13.海外のパネリスト

>>12

あんたはわざわざ5000回に一回「重篤な副作用」が発生するケーキを、何度も食いたいと思うか?

 

14.海外のパネリスト

これだけリスクがありながら、効果は半年ちょっとしか持たないってのは、少しベネフィットが少なすぎないかい?

 

-広告-

最近のコメント

コメント欄

  1. RPVGs0TVR

    なんでコロナっていわないの?私反中ですってアピってるようなもんだけど

    4
    • BOemMyTWp

      コメントありがとうございます。

      当サイトで「中国肺炎」という名称を継続して使用している理由としましては、
      まず「中国発祥説」について「依然疑いが強い」ということがあげられます。

      また、中国政府の初期対応や隠蔽により、世界に中国肺炎が急速に広がり、
      そして、多くの死者・経済的損失を招いたことも、大きな問題であると思います。

      中国政府、もしくはその旧態依然な体制が、
      これらの責任を負うべきであり、その名称においても
      彼らの責任を明示するものであるべきと考えております。

      一方、中国の方々に関しては、同様に被害者でもありますので、
      中傷や侮辱する意図は一切ありません。

      「中国発祥説」に関しては、当サイトでも度々取り上げておりますので、
      よろしければご覧いただければ幸いです。

      今後とも宜しくお願い致します。

      ——
      「中国発祥説」関連記事
      *一部古い話題や、更新されたものも含まれる可能性があります。
      予めご了承下さい。

      中国研究所流出説が再燃…変節する米政府・メディアへの批判も…
      https://foreignnews.biz/archives/post-70728.html

      米保健当局トップ・ファウチ博士に中国肺炎の隠蔽疑惑浮上?
      https://foreignnews.biz/archives/post-71320.html

      科学者「中国研究所流出説の否定はトランプを認めたくなかったから…」
      https://foreignnews.biz/archives/post-73569.html

      WHO、陰謀論扱いしていた「中国肺炎研究所流出説」の可能性を認める
      https://foreignnews.biz/archives/post-79977.html

      米共和党、「中国肺炎ウィルス武漢研究所流出説」を裏付ける証拠を提示
      https://foreignnews.biz/archives/post-82567.html

      4
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました