スポンサーリンク
スポンサーリンク

カナダ軍が別の(?)中国軍偵察バルーンを確認…意図的な挑発か[海外の反応]

スポンサーリンク

二台目偵察バルーン

米国上空に中国軍の偵察バルーンが飛行している問題に関連して、カナダ国防省が声明を発表し、同空軍等が、(おそらく)新たな偵察バルーンの存在を確認したと明らかにした。

中国軍偵察機バルーンが米国上空に飛来…米政府は対応せず様子見

同声明の中では「中国軍」との名指しは避けつつも「外国勢力の偵察からカナダの安全を守るために、アメリカ軍との連携を深めながら、あらゆる処置を講じていく」等と述べている。

台湾進攻に向けた予行演習?

今回、スクールバス三台分ほどの巨大な「偵察バルーン」を、わざわざ米国上空に送り込んだ中国軍の思惑について、様々な意見が交わされている。

近年、アメリカと中国は台湾を巡り激しいやり取りを繰り返しており、米軍の台湾周辺のプレゼンスが強化されるに従い、中国側も神経をとがらせている。

米軍上層部の中には、近い将来、台湾を巡り米中間で武力衝突が起こりうるとの観測もでており、今回の偵察バルーン騒動は、来るべき米中衝突に備えた、中国軍の予行演習ではないかとの意見もある。

中国「武力行使は決して放棄しない」習近平主席、台湾統一に向け武力侵攻否定せず

バイデン「中国が台湾を攻撃すれば米軍が介入する」米軍介入を明言

台湾、中国軍ドローンへ威嚇射撃…史上初の事態に緊張高まる

意図的な領空侵犯を否定

中国外務省報道官は会見を実施。本事案について「同報道については掌握しており、状況を精査している」・「事実が分かるまで、資料分別無き推察や憶測はさけるべきだ」等と述べつつ「中国は責任ある国家であり、国際法を遵守してきた。意図的に他国の領域・領空に侵犯することはない。」とも語っている。

-関連記事-

-外部リンク(*自動選別)-

【奇跡】 『その確率は10億分の1』それは、1950年3月1日の夕方に起こった。アメリカで本当に起こった奇跡の話

 

情報


コメント元:Inside

ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

*海外コメント選択においては、人気・順番以外にも、コメントの流れや、興味深い内容を重点的に訳しております。予めご了承ください。

 

海外の反応


1.海外のパネリスト

さっさと撃ち落せよ。

 

2.海外のパネリスト

我々は「中国軍製バルーン」によって侵略されているのだ!!

 

3.海外のパネリスト

なんでわざわざバルーンみたいな目立つものを使ってるのかね?普通に軍事衛星でいいじゃん。

 

4.海外のパネリスト

アマゾンの「宅配バルーン」じゃないの?

 

5.海外のパネリスト

カナダのトルドー政権なんか、まさに「中国の犬」じゃん。

 

6.海外のパネリスト

きっとサンタクロースさんが休暇をとってるんだね!

 

7.海外のパネリスト

なんでだろう…国土が侵略されているわりに、米軍・政府の対応が弱すぎない?

 

8.海外のパネリスト

宣戦布告ですな。

 

9.海外のパネリスト

ちょっとまって。これは別に「二つ目のバルーン確定」ってわけじゃないでしょ?すでに確認された「バルーン」のことかもしれないじゃん。

 

-外部リンク(*自動選別)-

---アンテナサイト様のおススメ記事--- 手榴弾で左足失ったウクライナ軍元兵士、義足つけて東京マラソンに挑戦!

 

10.海外のパネリスト

>>9

いや、どうやら二つ目っぽいよ。

(*米メディア等は”カナダ軍が二件目のバルーン事案を報告”等と報じています。参考

 

11.海外のパネリスト

ダーツでも投げてやれよ。

 

12.海外のパネリスト

こんなのを許したら、次は中国軍のドローンや戦闘機が米国上空を飛来することになるよ。

 

13.海外のパネリスト

ちょっと911っぽくなってきたな。

 

14.海外のパネリスト

ヘリコプターの翼で割ればいいんじゃない?

 

15.海外のパネリスト

きっと、米軍における国土対空能力を計ろうとしているんだろうな。

 

16.海外のパネリスト

撃ち落せば終わる話。なにをぐずぐずしているのか?

 

17.海外のパネリスト

世界最強の軍隊を持っているくせに、風船一つまともに対応できないなんて…

 

18.海外のパネリスト

バイデンはどこで何をしている!?また休暇をとっているのか!?

 

*この記事が面白ければ是非↓

---アンテナサイト様のおススメ記事---
【海外の反応】大谷翔平が“ド軍1号”となる驚愕弾を放つ「彼とソトしか打てない打球」


最近のコメント

コメント欄

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました