スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツイッター社が反バイデンツイートを意図的に削除していたことが発覚[海外の反応]

スポンサーリンク

記事


米メディアリサーチセンターの報告によると、ツイッター社、および、フェイスブック社がバイデン大統領に関する「ネガティブな投稿内容」に対して検閲を行っていたことが発覚した。英デイリー・メールが報じている。

646件の反バイデン投稿を削除

同報道によると、両社は2020年3月以降、「反バイデン的投稿」を約646件削除していたことがわかった。それらの投稿をしたユーザー達も「使用制限」や「凍結」等の処置を受けていたという。

これらの制限内容においては、先日、米NYT紙が間接的にその事実を認めた「(バイデン大統領の息子)ハンター氏のラップトップ疑惑(参考)」等が含まれている。

独立系保守メディア「New York Post」によって報じられた同報道は、当初、大手メディア&SNSから「完全に無視&弱小極右メディアによる誤情報」扱いされており、ネット上においてもリベラル系の人々から「ロシアによる陰謀論扱い」を受けていた。

(*これは日本言論界においても同様に。この話題を訴える「日本のトランプ派」が、自称「良識派(左派)の人々」にめちゃ叩かれてました…。)

前回の大統領選挙にも大きな影響

大統領選挙においても大きな影響を与えており、「同報道内容に対する調査を求めるトランプ前大統領」に対して、大手メディアが「ロシアの陰謀論に縋り付く哀れな大統領候補者」とのレッテル貼りに終始していたことも記憶に新しい。

米NYT紙が誤報を認めた後も、同報道内容に対する追跡調査や解明等は大手メディアにおいて皆無。

イーロン氏も懸念

こうした事態を前提に、ツイッター買収を表明した実業家のイーロン・マスク氏は「言論の自由をツイッターに取り戻す」と宣言。「ツイッターは政治的に中立でなければならない」等と、述べている。

 

情報


コメント元:英デイリー・メール

*海外コメント選択においては、人気・順番以外にも、コメントの流れや、興味深い内容を重点的に訳しております。予めご了承ください。

-広告-

 

海外の反応


1.海外のパネリスト

ツイッターの「偏向っぷり」は数年以上明白なものであった。彼らは「リベラル思想に反対」するものならば全てを規制した。一方、そうではないものであれば、何でも放置していた。暴力的な極左ですらも。

 

2.海外のパネリスト

検閲対象がたったの「646件」だって?遥かにそれよりも多いだろ!!!

 

3.海外のパネリスト

ふざけろ!最低でも10~100倍件数が多いはずだ!

 

4.海外のパネリスト

米史上最低の大統領に対する「批判意見」が、たった646件のはずがない。

 

5.海外のパネリスト

>>4

バイデン政権の誕生は「お笑い芸人の夢」が生み出した最高傑作。お笑いネタには困らないが、米国民にとっては悲劇でしかない。

 

6.海外のパネリスト

646件の検閲?ああ…「一時間で」ってことか…

 

7.海外のパネリスト

>>6

そのとおり。

 

8.海外のパネリスト

>>6

統計期間中(二年間)の内の「1日か2日」じゃない?

 

9.海外のパネリスト

リベラルのアホ共が大発狂しているねw

 

10.海外のパネリスト

やっぱりイーロンのツイッター買収は正義だったな。

 

韓国人「東京駅 vs ソウル駅」

 

11.海外のパネリスト

米国は徐々に徐々に共産主義国になろうとしている。気づいた時にはもう遅い…

 

12.海外のパネリスト

左翼共は「言論の自由」を愛する…それが「自分たちの理想」を汚さない限り…

 

13.海外のパネリスト

ツイッター等の検閲が汚いのは、それを公にしないことなんだ。投稿者にすら気づかれないように、コメントを削除する。

 

14.海外のパネリスト

実際の検閲件数は64600件だと思うよ。

 

15.海外のパネリスト

大手メディアによる「バイデン政権の支持率」と同じくらい信用できないw

 

16.海外のパネリスト

バイデンの熱狂的支持者であるリベラルは、現在米社会が直面する「ハイパーインフレ」ですらも「食料価格が上昇することで人々が過食から開放され健康になる」と、バイデンを持ち上げる。アイツらはもうダメだ。

 

17.海外のパネリスト

イーロンが真に「言論の自由」を取り戻せるのか…しっかりと確認させてもらう。

 

18.海外のパネリスト

ほんと、リベラルってどうしようもないね。

 

-広告-

 

最近のコメント

コメント欄

  1. NPREE0T1R

    どこの国もリベラルって害でしかないのね

    16
    • hOREF6TWp

      スタートが文化の変革だから、大体の場合ただの質の悪い破壊者なのよね

      2
  2. hOREF6TWp

    正直どっちも胡散臭いしそれを片方だけ規制する会社もやはり胡散臭い
    これは政治の話をするのが嫌われる日本人の感性なのだろうか

    6
    1
  3. pPRGd6TXp

    アメリカはもうダメだろう。
    ハリウッド映画も堂々と検閲を始める宣言だしてる。
    多様性と言いながら、自由な物語が作れなくなってる。

    イーロン・マスクの言う「中立」も株式を非公開にした会社では守られるのかも分からない。

    3
  4. pOVEF6Tnp

    バイデンがと言うか、その他諸々の発言のせいで削除されたのでは?

    2
    1
  5. dOREkxT0R

    知ってた

    3
  6. ROVFF3TXp

    左巻きの脳内お花畑WWW

    1
  7. JNelUyTkR

    前回記事のコメント3番目を翻訳してくれてありがとうございます。
    「マスメディアは第4の権力」と言われてきましたが、近年「GAFA」がその地位に就きました。
    イーロンマスクのTwitter買収が(自称)リベラル派の検閲を無効化してくれる事を願っています。

    3
    • FOemc0T0R

      コメントありがとうございます。

      リクエストをいただけて大変ありがかったです。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  8. ROREUzTUR

    なんでも陰謀論でレッテル張りしてたからなぁ、思考停止していたのは左派だよな。

    • JNalE0Tnp

      ロシアがーもね
      ちょっと調べれば矛盾してることが分かるのに、でも調べたって結局そう言った人達はロシアが悪いだからね

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました