先週木曜日、オーストラリア政府が「外国勢力による政治影響力排除法案」を、成立させていたことがわかった。今回の動きは、同国の主要貿易パートナーでもある「中国」への牽制と思われている。

本法案においては、外国勢力の為に活動する国内のロビーイスト達に登録を義務付け、オーストラリア内政治事案への干渉行動が確認された場合、その責任が追及されることを明記している。

同国首相マルコム・ターンブル氏は昨年、”中国勢力が関係する(国内政治事案干渉への)嘆かわしい報告が上がってきている。”などと述べ、早急な対応が必要であると示唆していた。

中国政府は、これらの主張を全面的に否定しているが、今後、オーストラリアにおける中国政府系政治献金、また、中国関連企業のオーストラリア内活動に、大きな影響がでると予想される。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://uk.news.yahoo.com/australia-pass-foreign-interference-bill-amid-tensions-china-031501826--finance.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ニューヨーク・タイムズ紙・公式ツイッターより
https://twitter.com/nytimes/status/1012281981126799361
[コメント傾向(*総コメント数)]
本政策に好意的・若干反トランプ含む(*50件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
まぁ…常識的な判断じゃないですかね?

2.海外のパネリスト
ロシアに支配されている米国にも、同じ法案が必要だ!

(*現在、米国においては前大統領選挙における「ロシアの関与」が、大きな話題となっている。ちなみに、米国にはすでに「外国勢力の政治影響力排除法案」は存在している模様。)

3.海外のパネリスト
「*米国の過ち」から、世界は学んだのさ…「他国に(国内政治を)支配されてはいけない」ということを…

4.海外のパネリスト
オーストラリアに移住しようかな…

5.海外のパネリスト
>>4
私も連れて行って!!!

6.海外のパネリスト
少なくとも、アメリカの大統領選挙においては、「外国勢力」の存在が「法律」を上回ってしまったようだけどね…

7.海外のパネリスト
豪州への愛と尊敬が、日増しに強くなる。

8.海外のパネリスト
中国からの留学生、旅客機、文化流入を止めない限り、いかなる法案も無意味。

9.海外のパネリスト
アメリカの馬鹿なリーダー(*トランプさん)は、オーストラリアと同じ状況が、この国でも発生していることに未だ気付いていない。

10.海外のパネリスト
米議会は彼らを見習い、米大統領選挙の公平性を維持する、新たな法案を提出するべきだ!

11.海外のパネリスト
自国への外国干渉に対しては厳格に対応する一方、太平洋に浮かぶ数々の小国に対する過干渉は、今後も続けるオーストラリアであった…

12.海外のパネリスト
なぜ今なの?これまで「外国勢力の干渉」を、あれだけ歓迎していたじゃない?

(*ターンブルさんは、元々親中派リベラルと評されていたようです。参考

13.海外のパネリスト
オーストラリアも、他国への干渉を止めようね?

14.海外のパネリスト
その一方、ロシア、イスラエル、サウジアラビア、そして、中国からの干渉を受けまくる米国…

15.海外のパネリスト
>>14
対中国経済支援を強化してくれた、オバマ前大統領に感謝しなきゃね!!

16.海外のパネリスト
ちょっと対応が遅すぎる&不十分過ぎるのでは?馬小屋から馬が逃げ出した後に、馬小屋の扉を「ほんの少しだけ」閉めるようなもの。

17.海外のパネリスト
願わくば、トランプ大統領がこの記事を読み、何かを得てくれることを望む。

18.海外のパネリスト
中国政府・企業と商売をしている連中が、オーストラリア政府を「人種差別主義者!」と罵る光景が目に浮かぶ…