スポンサーリンク
スポンサーリンク

英:メーガン妃、大衆の反感を恐れチャールズ新国王の戴冠式出席を辞退[海外の反応]

スポンサーリンク

反発を恐れて?

英ヘンリー王子は、来週行われるチャールズ新国王の戴冠式に出席を表明。一方、配偶者であるメーガン妃は同行せず、現在の滞在地であるカリフォルニア州に留まる予定であるという。一説には「イギリス国民からの苦情・反感」を恐れたとも…。

同ヘンリー夫婦を巡っては、故エリザベス女王が存命中、英王室に関する数々の暴露話や批判運動を米メディア上で展開。その活動は書籍や映像にまで及び、英国内からは「他国で英王室を批判する両夫婦」に対し、激しい批判が寄せられていた。

こうした活動はエリザベス女王の崩御を境に、ある程度収まったものの、英国内では「ヘンリー王子はメーガン妃に洗脳されている」等とする見解も多く、同妃に対する反感が増大している。

-関連記事-

(´-`).。oO(英国版小室さん…

-外部リンク(*自動選別)-

博多女子中学校「生徒の願書の出し忘れ30万円で許してちょ」親「ふざけるな!」中学校「じゃあ・・・」

情報


コメント&記事元:The Gateway Pundit

*海外コメント選択においては、人気・順番以外にも、コメントの流れや、興味深い内容を重点的に訳しております。予めご了承ください。

海外の反応


1.海外のパネリスト

(狂った米アニメ)サウスパークのネタ決定。

 

2.海外のパネリスト

正しい判断。

 

3.海外のパネリスト

「もし」彼女の告発が事実ならば、何も恥じることはないはずだ。

 

4.海外のパネリスト

>>3

「もし」っていうか「万が一」w

 

5.海外のパネリスト

すげぇどうでもいい。

 

6.海外のパネリスト

惨めな夫婦だね。痛々しい。

 

7.海外のパネリスト

英国で、歓迎されないことを理解しているんだろう…

 

8.海外のパネリスト

チャールズ新国王も戴冠式をキャンセルしたほうが良い…ブーイングを受けかねない。

 

9.海外のパネリスト

よし!メーガンと離れている間、ヘンリー王子を説得するんだ!目を覚ませ!!!

[スポンサーリンク]

---アンテナサイト様のおススメ記事---
ボーイング社、中国産旅客機「C919」をライバル認定…競争開始を表明!


 

10.海外のパネリスト

ヘンリー王子に全ての責任を擦り付け…

 

11.海外のパネリスト

子供もつれてかないの?

 

12.海外のパネリスト

嫁選びを盛大に失敗しちゃったねぇ…

 

13.海外のパネリスト

大丈夫。米国でもメーガンは不人気だよ。

 

14.海外のパネリスト

「テレビのトーク番組出演」

ヘンリー王子「我々にプライバシーを!!!」

メーガン妃「私達を見ないで~~~~~!!!!」

 

15.海外のパネリスト

一人で行かせるくらいなら、夫婦でキャンセルすればいいのに…

 

16.海外のパネリスト

英国と同じ位、アメリカ人にも嫌われてる。

 

17.海外のパネリスト

メーガンは自らの家族だけではなく、英王室家族も崩壊させた。

 

18.海外のパネリスト

さっさと米国からメーガンを引き取ってくれ。

 

*よろしければご支援の程よろしくお願いいたします。↓

---アンテナサイト様のおススメ記事---
外国人「この日本人凄すぎる」守田英正、強豪ベンフィカ相手に圧巻のパフォーマンス!現地サポが絶賛!(タッチ集あり)【海外の反応】


最近のコメント

コメント欄

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました