スポンサーリンク
スポンサーリンク

「死にたいとさえ思った…」イラン、ウクライナ機撃墜に関する責任を認める。[海外の反応]

イラン革命防衛隊は、先日発生したウクライナ機の墜落に関して「全面的な責任がある」との声明を発表した。(米ヤフー


「ウクライナ機撃墜」当ブログ内関連記事


 

同機には乗員乗客176名が搭乗しており、全員が死亡している。一人のイラン司令官は「このような光景を目撃するくらいならば、死んだほうがマシだった。」と語った。

革命防衛隊のコメントによれば、該当機が軍事拠点に接近したため、誤って撃墜したという。

イランのハサン・ロウハーニー大統領はツイッターで声明を発表。本事件を「甚大な悲劇」としつつ、「許されざるミスだ」と述べ、「責任者の処罰」を宣言している。

米ヤフーの反応(1271コメ)

傾向:若干保守

選考:人気・順番・選択


[wp-rss-aggregator template=”rss%e6%a7%98″]


1.海外のパネリスト

ウクライナ機には応答機が備え付けられており、イランは、それが民間機と分かっていたはず…。核のみならず、いかなる武器もイランが手にすべきではない。

 

2.海外のパネリスト

>>1

米国ってのは他人を批判する時、必ず自分がしたことを忘れるよな。(*過去に、米国もイラン機を誤って撃墜したことがある。)

 

3.海外のパネリスト

これだけ沢山の証拠を突き付けられてから、責任を認めても…それは責任を認めたことにはならない。

 

4.海外のパネリスト

>>3

トランプだって同じことをいつもしているじゃないか?

 

5.海外のパネリスト

>>3

だいたい、なんでイランの釈明をこんなにも長々と記事にする必要があるのか?(元記事を掲載した)Business Insiderは、テロリストのお友達だな!左翼ってやつらはほんと、ムスリムが大好きな連中だよ…

 

6.海外のパネリスト

>>3

これまでイランを擁護していたリベラル連中が、急に「トランプ弾劾劇」の続きを語りだした。まるで何事もなかったかのごとく…

 

7.海外のパネリスト

イランは初めから民間機を誤射したことを認識していたはず。つまり、彼らは嘘をついたってことさ。できれば証拠を改ざんし、技術的な問題に仕立て上げたかったのだろう。

 

8.海外のパネリスト

あれ?「撃墜など科学的に不可能だ!」って、イランは言ってなかったっけ?

 

9.海外のパネリスト

>>8

言ってたね…しかも昨日まで…

 

10.海外のパネリスト

>>8

君はクリントン元大統領が「モニカとは何もなかった!」と証言した時、それを信じたのか?

 

11.海外のパネリスト

>>8

彼らは科学の「か」の字すら知らない連中だよ?

 

12.海外のパネリスト

同ウクライナ機は、テヘラン空港を利用する他の飛行機同様、同じ軌道で飛び立ったはず。彼らだけを「軍事拠点への脅威と誤って見なした」という発表には無理がある!(*意訳)

 

13.海外のパネリスト

>>12

別に君の意見にケチをつけたいわけじゃない。だが、仮にイランが意図的に同機を撃墜したとして、その理由は一体なんだというのか?なぜそんなことをする必要がある?

 

14.海外のパネリスト

「責任者を処罰する」?そんなこと、ほんとにできるのかい?

 

15.海外のパネリスト

なるほどね。かつての「在イラン米大使館占拠」も、きっと「誤って」なされたことなのだろう。

最近のコメント

コメント欄

  1. VOVFl3TlR

    いっそタヒんだ方が良かったろう
    ただ世界のヘイト集めるだけの謎ムーブ

  2. JNREExTVR

    今回旅客機って事と一般人が犠牲だから大ニュースになってるけど
    アメリカは何度と撃墜させてるのにね(一般も含め)・・・
    欧米のニュースも見極めが重要よね

    1
  3. JPVGs0Tmp

    アメリカの仕業って言ってた奴って…

    1
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました