スポンサーリンク

親トランプのインフルエンサーが左派を批判…批判殺到し契約解除[海外の反応]

スポンサーリンク
スポンサーリンク


親トランプのインフルエンサーが左派を批判…批判殺到し契約解除[海外の反応]

トランプ支持派のインフルエンサー

Youtubeやインスタグラム等で活躍する美容系インフルエンサー「Amanda Ensing」さん(29)が、自身のツイッター上で議会襲撃事件を擁護。左派系の人々を批判したことにより、多くのバッシングを受け、化粧品会社とのスポンサー契約が取り消される事態となった。

議会襲撃を擁護

熱心なキリスト教徒であり、トランプ前大統領の支持者であることを公言しているEnsingさんは、今年1月6日に発生した「議会襲撃事件」に関する擁護コメントを発表。

「左派:彼らは米国を嫌い、それを恥じる。自らが暴動を起こすことは許され、警察の解体を望む」等としつつ「保守:自由の為に戦い、母国を愛し、法律を守る。我々は軍と警察の味方だ。」と、記した。

批判が殺到

これらのコメントに対して、多数の批判が殺到。特に、Ensingさんがスポンサー契約を結ぶフランスの化粧品会社「セフォラ」にも多くの非難が寄せられた結果、同社はEnsingさんとの契約を打ち切る決断を下し、未来永劫、一切関係を持たないとするコメントを発表。

不当な契約解除を訴え

これに対して、Ensingさんと140万人近くいる彼女のフォロワー達は、同社の対応を批判。彼女は「保守的見解を封殺し、”Amanda Ensing”のイメージを損なわせるもの」等と、インスタグラムに投稿されたビデオ内で訴えている。

(注意:当サイトでは現在、新型コロナウィルスの訳語を「中国肺炎」に統一しております。なにとぞご了承ください。)

 

情報元


ソース:英DailyMail(記事)& Newsmax(コメント)

反応傾向:擁護

選考:人気・順番

 

海外の反応


1.海外のパネリスト

セフォラは腰抜けだ!左翼共の戯言に、まともに立ち向かうことすらできない!!

 

2.海外のパネリスト

保守は事実を述べる。左派は虚偽を述べる。

 

3.海外のパネリスト

こういう常に抗議をしてくるアホと共存するのは、本当に疲れるよ。

 

4.海外のパネリスト

左翼のボイコット活動を恐れた?じゃあ愛国者達のボイコットは、恐れなくてもいいと?

 

5.海外のパネリスト

>>4

もう私は買わないことを決めた。

 

6.海外のパネリスト

インスタグラムやYoutubeなんて使わないほうが良い。ParlerとかGabとか、もっとマシなプラットフォームがある。

 

7.海外のパネリスト

そもそも「セフォラ」の商品なんて「高額なゴミ」だよ。

 

8.海外のパネリスト

左翼こそアメリカにとっての「新型コロナ」だ。

 

9.海外のパネリスト

>>8

あいつ等はコロナより遥かに酷い。

 

10.海外のパネリスト

>>8

コロナは「左派病(中国?)」による症状。

 

11.海外のパネリスト

トランプ以上にノーベル平和賞に値する人物が存在するだろうか?

 

12.海外のパネリスト(リベさん)

>>11

感染症の深刻さをうやむやにして、結果数十万人のアメリカ人の命を失わせた人間が?

 

13.海外のパネリスト

>>12

お前はメディアの見すぎなんだよ。洗脳されて馬鹿になってるんだ。

 

14.海外のパネリスト

「政治的・宗教的理由で契約を打ち切ったわけじゃない」と、言い訳しているみたいだね。じゃあ、なんで打ち切ったのさ?

 

15.海外のパネリスト

>>14

彼女はかつて反黒人のコメントをいくつも投稿していた。だから打ち切られたんだよ。

 

16.海外のパネリスト

>>15

それって政治的な理由でしょ?だったら、そうだと言えばいいじゃん?

 

17.海外のパネリスト

バイデン「私は自分の子供を”多人種的環境”で育てたくはない。」

(*部分的に、こういう事を言ったのは事実らしいです。その意味合いについては諸説…参考

 

18.海外のパネリスト

>>17

今の米国分断は、結局こいつが生み出したんだよ。

 

19.海外のパネリスト

>>17

まるでリベラリズムを象徴するかのような文言だ!

 

[おすすめ外部RSS記事]

【速報】日本政府、G7に条約違反の韓国を招待した英国政府に『強く反対』英国、日本の懸念にビビりは発言を控える

 


[相互RSS様]

[wp-rss-aggregator template=”rss%e6%a7%98″]

スポンサーリンク

最近のコメント

コメント欄

  1. lOelF3TXp

    言論弾圧はナチスとパヨクの得意技だからなぁwww

    9
  2. lORE0wTmp

    怖っ
    どこの独裁国家だよ

    6
    • JORGcwTlR

      企業の広告塔として契約してるタレントが 右派だろうが左派だろうが 対立する思想者達に対して口撃したら 日本の企業でも 契約は破棄だろうよ。
      契約して大金貰って企業イメージ背負って以上 公人としてどっちのカラーも出すなって話。 それと個人の思想信条で社員を解雇するのと 取引先との契約破棄するのとでは違い 前者は人格なので違憲となりNGだが 後者は 税金対策などもあるから 大抵会社を設立し契約金の受け取りをしてるから 契約は会社と会社同士て行われてるので 対象は法人格なので 人格否定とはならず違法、違憲とはならいのかと。 日本以上の訴訟大国なので 企業もその辺は当然考慮はしてるはずやで。    

    • JORGcwTlR

      だから これは日本でもあり得る話。 相手の思想信条で 物を買わないという 取引をするかしないかの判断は自由ってことよ。 これは我々日本人、庶民も日常的に行ってるし、不買運動だって呼びかけたり 実行するでしょ。

      1
  3. RNalU1Tnp

    社会的に抹殺されるんだから自由も何も無いよな

    3
  4. lNamM1TUR

    右派と左派のどっちが正しいかはともかく、「保守的な発言をしたから」社会から弾かれる構造は受け入れられないな
    アメリカ人のほぼ半数がトランプに投票した事実を無視するべきではない

    7
  5. lORE0wTmp

    パヨクってどこの国でも同じことしてんだな

    6
  6. dNREF3TXp

    マイピローおじさんがアップを始めました

  7. RNVEkwTlR

    そもそも自国愛の強いアメリカだから、そりゃそうなるよね

    2
  8. lPREExTnp

    赤狩りならぬ保守狩りの時代だな。赤狩りも10年後に「アレは愚かな行動だった」と社会的評価が定まったが現在の保守狩りもそうなるだろう。しかしネット社会は「人の噂も75日」が通用せずに即過去の言動が広まるから現在浮かれているリベラル陣営はじきにみっとも無い言い訳をする様になるだろう。

    1
タイトルとURLをコピーしました