スポンサーリンク
スポンサーリンク

[ちょっといい話]米:女児に依頼され、新居の幽霊探しを手伝うお巡りさんが話題に…[海外の反応]

スポンサーリンク

米・コロラド州の警察官が4歳児の願いに答え、”幽霊探し(hunt for monsters)”のため、彼女の引越し先を捜索する動画が、話題を呼んでいる。

Sidney Fahrenbruchさん(4)は、最近引っ越した家に、幽霊が沢山いると怯えていた。そのため、地域のバーベキュー大会で知り合った警察官のDavid Bondayさんに、家の捜索を依頼、彼はその要請を快諾した。

取材に対して、Fahrenbruchさんは、”みんなが寝静まった後、物音が聞こえるの…”と語り、幽霊達が、彼女や彼女の家族を傷つけるのではないかと、日々不安だったと語った。

捜索を終えたBonday氏は、”いかなる幽霊も発見することが出来なかった。この家は完全に安全である。”と述べ、この結果にFahrenbruchさんも満足したと報道されている。

現在、Fahrenbruchさんは家族に対して、将来Bondayさんのような警察官になり、幽霊などで困っている人を助けたいと語っているという。

//——————//
//News Info
//——————//

4-Year-Old Girl Asks Colorado Cop To Check New Home For Monsters
A 4-year-old Colorado girl who asked a cop to help her hunt monsters in her new home, aspires to become an officer herself and help people search for monsters a...

//——————//
//Comment Info
//——————//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント選出基準]
人気・選択

//——————//

1.海外のパネリスト
1973年、私が警察官になりたての頃、とあるお婆さんから”家に見知らぬ人々がいる”とする苦情が届いた。それ以前にも、彼女は同じような内容を繰り返し警察へ通報していたようだ。先輩警察官と一緒に彼女の家に行くと、そのお婆さんは”見知らぬ人々が私の家に住み着いている…まったく出て行こうとしない…”と、訴えてきた。先輩警察官は彼女に対して、この家には誰もいないことを懸命に説明していた。すると、彼女は私に向かって、”貴方も彼らが見えないのか?”と問いかけてきたので、私は”いや、見えますよ。”と答えた。そして、その見えざる人々に対し、私はこの家から即刻去るよう命令した。先輩警察官は私を白い目で見ていたが、そのお婆さんはとても喜んでいた。それ以降、彼女からの苦情は無くなった。私は時折、様子を見るため彼女の家を訪ね、楽しく話をした。警察官は、人々の人生に寄り添うべき存在であると思う。

2.海外のパネリスト
>>1
素晴らしいね。あなたはその老婆を救ったのだ。

3.海外のパネリスト
>>1
貴方の職務に感謝します。

4.海外のパネリスト
>>1
アメリカの警官全てがあなたの様な人だったらいいのに…

5.海外のパネリスト
話を聞いてあげる。気にかけてあげる…それが大事なんだね。きっとこの娘はすごく安心しただろう…

6.海外のパネリスト
彼女が大人になれば、本物の幽霊に出会うことだろう…

7.海外のパネリスト
>>6
男…ね…

8.海外のパネリスト
>>7
悲しいこと言うなよ!…まぁ…事実だけどさ…

9.海外のパネリスト
>>7
そうならないで欲しいな…

10.海外のパネリスト
>>6
俺の嫁…

11.海外のパネリスト
>>6
トランプ…

12.海外のパネリスト
なんて可愛らしい…警察官も良い人…いい話…

13.海外のパネリスト
小さな子にとって、夜、お化けを怖がるのは自然なこと。

14.海外のパネリスト
>>13
私の子供も、小さい頃はよく幽霊を怖がって泣き叫んでたわ…今じゃすっかりその事を忘れてるけどね…お化けよりも大きくなったのかな…

15.海外のパネリスト
守り、そして、仕える…これぞ警察官!

16.海外のパネリスト
6歳の息子から”お化けって本当にいるの?”って聞かれたから、”映画に出てくるようなのは存在しない。でも、本当に恐るべきお化けは人間達なんだよ”って答えてあげた。息子はその答えに納得してくれたけど、嫁と娘からは超無視された…

17.海外のパネリスト
>>16
6歳児にその答えは厳しすぎない?もっとシンプルに説明してあげなよ…

18.海外のパネリスト
すぐに銃で撃ってくる警察官ではなく、こういう人達が増えてくれることを願う…

 

最近のコメント

コメント欄

  1. FNell5Tmp

    まあその警官は4年前に殉職されてるんだけどな

  2. RNRFV3TkR

    米1
    ナイスプロット

  3. BPRGN3TUR

    どんでん返し:実は幽霊じゃなくてネズミだった

  4. hOakF6TWp

    アメリカの警官や消防士のこういうのいいよなー 
    日本は外野がうるさくて可哀そうだわ 

  5. JOVGc1T1R

    屋根裏に誰かが住んでるかも

  6. lNalU1TXp

    ※4 アメリカは英雄物語大好きだから。根っこには王女や騎士がいないことへの憧れもあるんだと思うけどね。メディアでも日常的にこういうヒーロー話をたくさん取り上げているし消防士が子供の一番人気の職業だったりする。
    日本はニュースでもなんでも茶化してコメディ化しちゃうところがあるね。かっこつけるというよりは無知を晒して恥をかいて笑うとか。

  7. hORFl6TkR

    70年前に死んで、現地人はただの亡霊でしかない国もどきの島国が極東にありますよ

  8. dOVFl6TlR

    【ニュースの制作会社が偶然同じで偶然放送内容が似ているだけらしいです】すべてネトウヨの妄想です
    (制作会社が同じなのは偶然でお友達番組ではありません,他人に厳しく自分に甘いです)
    株式会社 泉放送制作 お友達番組
    TBS『あさチャン』『ビビット』『Nスタ』『ひるおび!』『サンデーモーニング』『報道特集』、テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』『スーパーJチャンネル』、
    フジテレビ『直撃LIVEグッディ!』『ノンストップ!』『めざましテレビ』『とくダネ!』、日本テレビ『Oha!4』『ZIP!』、テレビ東京『ゆうがたサテライト』『ワールドビジネスサテライト』
    最近やたらどこの局も素人外人出して日本が~とか日本を応援と言って外人呼んで
    実はホルホルしている番組も偶然同じ制作会社で忖度による自演をしている訳ではありません
    そこにスポンサーとして金を出しているのが中国人と韓国人と言うのは単なる偶然である
    朝日新聞系列が原文を作ってテロップや原稿を制作会社が作るなんてすべてネトウヨの妄想である
    制作会社が同じだから最近のテレビは画面が文字だらけで番組内容がバラエティでも同じものだらけなんてのはネトウヨの妄想だ(局が違うのにやっている内容が同じなのは偶然です、ネトウヨの妄想です)

  9. FNVEl4Tmp

    俺幽霊なんだけどこんなのがあるから困っちゃうんだよね。
    突然路頭に迷う羽目に・・・
    まあ居候だから甘えるわけにはいかないんだけども。

    1
  10. JNVGt6TlR

    コメントの老婆は統合失調症発症してるな。本当に見えないはずの人・モノが見えるらしい。患者は壮絶だよ。それを否定せずにストレスを与えず対応した警察官は偉い。

  11. VOekl3TUR

    いやガチでいるんだろ?
    知ってるよ その子には見えているんだ

  12. BOak00Tnp

    こういうの好き

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました