スポンサーリンク
スポンサーリンク

[BidenGate-2-]バイデン大統領、ウクライナ諜報書類を隠蔽…息子ハンター氏疑惑再燃も[海外の反応]

ウクライナ関連諜報資料の存在

バイデン大統領私的オフィスで発見された公文書の中において、イラン、英国、そしてウクライナに関する諜報資料が存在したことが判明。長年の盟友である英国や、対立を続けるイランに並び、ウクライナに関する資料が隠蔽されていたことに対して、大きな注目が集まっている。(注:同書類群は、オバマ政権時代に制作されたものとされ、当時、ウクライナという国家は今ほど知られていなかった。)

バイデン氏&息子ハンター氏とウクライナの接点

バイデン氏、およびその息子バイデン氏と、ウクライナに関しては、ウクライナ紛争以前から様々な疑惑が指摘されている。

BBC&NYP等の報道によると、息子ハンター氏はウクライナ企業「Burisma」をバイデン副大統領(当時)に紹介。そのことで同社から感謝のメールを受け取ったとされる。ハンター氏は同時期に同社の幹部を務めており、月5万ドル(*日本円で600万くらい)の収入を得ていたとされる。

オバマ政権時代、バイデン氏は「ウクライナ-米国」外交の責任者を務めていた。トランプ前大統領や当時の保守派等はバイデン親子への利益誘導疑惑等を追及したが、バイデン・ハンター両氏は否定している。

ウクライナへの不自然な国費巨額投入

現在、米バイデン政権はウクライナに対して約700億ドル(*日本円で約9兆円位)程度の支援を行っている。名目上はウクライナ紛争における支援となってはいるが、米国内にはそれらの資金の多くがバイデン政権や関連政治家などへ「プールされている」との声も多く、また、それら支援金・物資の多くが「使途・行方不明」になっている事態も指摘されている。

また、アフガン撤退において、稚拙な撤退計画により事実上「アフガン内親米派を見殺し」したにもかかわらず、今になって(建前上)ウクライナ支援に積極的に乗り出すバイデン政権に対しては、米世論内にも否定的な意見も多い。(注:中間選挙で下院を共和党が占めたことにより、今後、アフガン撤退におけるバイデン政権の失策が追及されるとの報道も。参考

-バイデンゲートまとめ-

(*三年前の動画ですが、今見ると非常に興味深い…)


-外部リンク-

---アンテナサイト様のおススメ記事---
海外「めっちゃ高騰してる!」日本の古い技術が再び世界的に大流行して海外が大騒ぎ


 

情報


コメント元:保守系ツイッタラーさん

ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

*海外コメント選択においては、人気・順番以外にも、コメントの流れや、興味深い内容を重点的に訳しております。予めご了承ください。

-広告-

 

海外の反応


1.海外のパネリスト

クリントンファミリー以上に、バイデンファミリーは腐ってるね…

 

2.海外のパネリスト

(*トランプ大統領の顧問弁護士だった)ジュリアーニ氏も、バイデンとウクライナの不正な関係を指摘していたよ。

 

3.海外のパネリスト

まだ内容がわからないけど、やっぱり怪しいよね…なんで隠されていたのだろうか…

 

4.海外のパネリスト

法律は「権力者」以外に対してのみ適応される。

 

5.海外のパネリスト

ミット・ロムニーやペロシは、バイデンやハンターの疑惑を指摘するトランプに対して「不正な情報を広めた!弾劾しろ!!」と、かつてほざいてたよね…

 

6.海外のパネリスト

なるほど…だからバイデンはウクライナにこれだけ肩入れするわけか…納得できたわ。

 

-記事紹介(*アンテナサイト様利用*)-

 

7.海外のパネリスト

っていうかさ…こんだけウクライナと疑惑を指摘され続けていたのに、今更「偽善面」して、それで済むと思ってたのかね?

 

8.海外のパネリスト

まだまだ「関連性」が示されたにすぎない…だが、かなり説得力は強い。

 

9.海外のパネリスト

民主党の不正は良い不正…ってことなのかな。

 

10.海外のパネリスト

なんかすべてが繋がった気がする。

 

11.海外のパネリスト

なんとなくバイデンとウクライナの関係はわかってたから、別に何も驚かないよ。

 

12.海外のパネリスト

まじでクソだな。

 

13.海外のパネリスト

あらまぁ…なんという偶然w(皮肉)

 

14.海外のパネリスト

きっとトランプはこういうことを全部知ってたんだろうなぁ…

 

15.海外のパネリスト

これってつまり…今、米国の最高権力者が「犯罪者」ってことだよね?

 

16.海外のパネリスト

またしてもトランプの正しさが証明されてしまったようだ。

 

17.海外のパネリスト

わからないのは、ハンターバイデンのラップトップ疑惑は完全無視を決め込んでいた大手メディアが、この話題にだけ飛びついていることだ。なぜ彼らは「この話題だけ」は報道するのか?やはり民主党内部における「バイデン再出馬封じ」の一部なのか…

 

18.海外のパネリスト

この期に及んでバイデン擁護するリベラルの馬鹿共。

 

*この記事が面白ければ是非↓

 

-広告-

 

コメント欄

  1. NNREkzTVR

    大体ウクライナって元々超腐敗国家で格差が激しく、ウクライナ人女性はヨーロッパで売○婦として有名だったくらいだし
    去年の4月頃までウクライナのアゾフ部隊は国際社会でもテロ組織認定されてたし
    アメリカは昔からちょっかい出して戦争を作ってきたし
    何かも胡散臭いんだわ今回の戦争

    2
    5
    • lNamcyTmp

      全部ロシアの特徴と合致するからウクライナはロシアだよねw

      2

  

最近のコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました