スポンサーリンク
スポンサーリンク

米当局「少なくとも3憶枚の医療用マスクが必要」アマゾンがマスク高額販売に警告[海外の反応]

スポンサーリンク

概要:

本記事では「米国におけるマスク騒動」についての海外報道、および、その反応をご紹介しています。

ニュースソース:米ヤフー

◆「Kate Hudson criticised for wearing ‘ineffective’ face mask – but do they protect against coronavirus Covid-19?

◆「Amazon is reportedly deleting some 3rd-party listings that jack up surgical-mask prices as the coronavirus creates a shortage

◆「A top US health official says the US needs 300 million face masks for healthcare workers

-スポンサーリンク-

 

マスクの高額販売

中国肺炎蔓延が危惧されているアメリカにおいて、マスク等、感染予防に必要な医療品の需要が急速に高まっている。それに伴い、そうした製品の値段が急騰している。

オンライン小売大手アマゾンは、そうした高額販売を行う企業に警告を発し、事態の鎮静化を図っているとされる。

海外メディアによると、同社は、マスクを高額転売している「第三出品者」に対して「適正価格を大きく逸脱しており、アマゾンにおける価格規約に反している。」との警告メールを送っているという。

緊急時の価格吊り上げを禁止

多くの米国の都市には、自然災害等の緊急時、価格を過度に吊り上げる行為を禁止する法律が制定されている。こうした法律は、食料・ガス・避難所等、災害時に人々が必要とする製品の値段を引き揚げ、企業が利益を得ることを罰する内容となっている。
 
一方、こうした法律に対しては「買い占めや品不足を促進させている。」とする反対意見も多く、議論の対象となっているという。
 
2017年、ハリケーン「Irma」が米国を襲った際、アマゾンでは高額転売する業者が続出。アマゾンに利用者の不満が殺到する事態となり、対応を迫られた歴史がある。
 
-スポンサーリンク-
 

中国やイタリアでも…

同様の高額販売や買い占め行為は、中国肺炎の蔓延が社会問題になっている中国やイタリアでも発生している。
 
先日、中国当局は、高額販売や買い占め行為に関連して、274件の不法行為が取り締まられた事を発表。欧州で最もコロナウィルスの感染者を輩出しているイタリアにおいても、フェイスマスクや消毒剤の高額販売が盛んにおこなわれており、当局が調査に乗り出す事態となっているという。
 

米国でもマスク不足の懸念

アメリカ合衆国保健福祉長官Alex Azar氏は、米国における中国肺炎拡大に関連し、今後、医療用として少なくとも3億枚のフェイシャルマスクが必要になるとの見解を明らかにした。同国にはすでに3000万枚の備蓄があるとされるが、2憶7000万枚が不足している計算となる。
 
トランプ政権はすでに中国肺炎対策の追加予算25億ドルを議会に要請しているが、医療用マスクとして著名なHoneywell社製「N95」等は、一枚あたり最低でも12.5ドルするため、必要な数を確保できない可能性がある。さらに、医療従事者に対しては感染予防のため「防護服」や「ゴーグル」の供給が必須であり、予算不足が懸念されている。
 
中国においては、医療従事者に対する感染拡大が大きな問題となっており、3000名以上の医師・看護師が感染している。医療従事者をいかに守るかが、感染拡大防止の大きな焦点となる。
 

マスクの有効性について議論が勃発

 
米女優ケイト・ハドソンさんがインスタにマスクを装着した画像を投稿。コメント欄においてその有効性についての議論が勃発する事態となっている。
 
先日、ケイトさんは1100万人のフォロワーを持つ自身のインスタにマスク姿の写真を掲載。「2020年の旅行」とコメントを付けているが、コロナウィルスについての言及はしていない。
 
その写真に対して14万近くの「いいね!」が押された一方、「マスクは完全な防護策にはならない。ちゃんと調べなさい!」や「目も保護しないと意味ないよ。」等の意見が寄せられている。
 
マスクの実用性については様々な見解が示されており、未だ議論の対象となっている。しかし、ある程度、飛沫感染防止に役に立つことは間違いない。一方、ウィルスの付着した手で目をこすり、感染する可能性が示されるなど、マスクのみによる予防は難しいと思われる。
 
-スポンサーリンク-
 

海外の反応

ソース:米ヤフー米ヤフー 

傾向:若干保守

選考:人気・選択


[wp-rss-aggregator template=”rss%e6%a7%98″]


1.海外のパネリスト

マスクの有効性は疑いようがない。っていうか、自分の意見を押し付けてくるジャーナリスト多すぎる。事実に基づいた記事を書いてくれ。

 

2.海外のパネリスト

目から感染するの?じゃあ、ゴーグル必須じゃん。

 

3.海外のパネリスト

今回が良いきっかけになるかもね。米国は医薬品・医療品の原材料を、中国に頼り切りなんだ。オフショアに依存しすぎると、こういうリスクが発生する。規制や税率を上げても、国内生産に移行していくべきなんだ。

 

4.海外のパネリスト

>>3

つまり、中国がしているような無茶苦茶な労働環境を、米国内でも許容しろといっているのか?

 

5.海外のパネリスト

>>3

トランプ政権は金持ち優遇の減税に夢中。税率を上げる事なんか、絶対にしないよ。

 

6.海外のパネリスト

マスクの存在って、医学的な理由以上に、心理的な安心感を与えてくれるもの。

 

7.海外のパネリスト

医療専門家たちは挙ってマスクの有効性を否定するが、彼ら自身は常にマスクを着用している。彼ら自身の行動こそ、マスクの有効性を示すものだ。

 

8.海外のパネリスト

>>7

彼らはマスクだけではなく、手袋や防護服も来ている。マスクだけでは意味がない。

 

9.海外のパネリスト

>>7

私は医者だが、君の意見は完全に間違っているよ。医療人がマスクをしているのは、自身が感染しない為ではなく、患者に感染を広めないためだ。無論、肺炎用マスクも存在するが、非常に着け心地が悪い。肺炎患者をこれまで20年近く診て来たけど、あんなもの付けながら診察なんかできない。でも幸い、肺炎に罹ったことは一度もないよ。

 

10.海外のパネリスト

感染予防の為には、マスクよりも自らの免疫に期待したほうがいい。

 

11.海外のパネリスト

マジでマスクを転売する奴が多くなってきたな。さっさと法律で規制してくれよ!!

 

12.海外のパネリスト

他者の苦しみに乗じて金儲けする屑共。

 

13.海外のパネリスト

かつて1箱13ドルで売られていたのに、今は59ドルに跳ね上がってる。

 

14.海外のパネリスト

転売屋から買わなければいいだけの話。

 

15.海外のパネリスト

ブラジャーからマスクを作れるよ。医療用よりも着け心地いいし。

最近のコメント

コメント欄

  1. pOalE0T1R

    マスクをしてる日本人をさんざんバカにしてたんだから、欧米人はマスクなんかなくても平気でしょ?

    4
  2. lNemt3Tmp

    マスク高額転売してるヤフオクの転売ヤーとか裁かれろ

    4
  3. VOelUwT0R

    アメリカは「インフルがコロナ疑惑だけど、直ぐに実施せずに3月から本気出す!」とか言って誤魔化していたのに、案外早くバレたな?w

    さて、現在も感染者も続々と発覚している中で、大統領選の講演会なんかの集まりで一体どれ位の人達が感染したでしょーか?

    そして、感染した人達は果たして悪名高い医療制度があるアメリカで、一体どうやって治すのでしょーか?

    1
  4. FORFU1TkR

    本当に何万も値段する転売屋から買ってる奴が居るのか
    そこが謎だわ

    3
  5. NPVEUwTkR

    >>4
    中村江里子みたいな普段のマスク価格を知らない人とか最初はいたかも。
    あと、家族守るためなら仕方ないって言ってる人をネットで見かけた。

  6. VOVEl5TUR

    湿度が高くなるから喉が楽になるんで、医学的どうこう関係なくマスクしてるわ。

    1
  7. FPRFV5TXp

    非常時には、特定の品目に対して各個人・世帯で購入量に制限をかけるような公権力の介入があってもいいんじゃないかな? 台湾がマスクの販売を管理したように。
    まあ自由主義の本場じゃあ、あり得ない話なんだろうけど。

    1
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました