スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型肺炎感染者、50万人にまで膨らむ可能性が指摘される[海外の反応]

スポンサーリンク

現在、42000人にまで広がっている新型肺炎感染者であるが、ロンドンの研究者は、発生地武漢市において、今後最大で50万人が感染するとの予想を発表した。(米ヤフー

ロンドンの医学系大学「ロンドン・スクール・オブ・ハイジーン & トロピカル・メディスン」の研究者たちは、海外メディアに対して、武漢市における新型肺炎のピークが二月中~後半になる可能性を示している。

武漢市の人口比において、約20人に1人が感染すると予想されており、最大で50万人の感染者が発生するという。

米ヤフーの反応(171コメ)

傾向:若干保守

選考:人気・選択


[wp-rss-aggregator template=”rss%e6%a7%98″]


1.海外のパネリスト

現時点で発表されている42000人の感染者という情報も、まったく当てにならない。

 

2.海外のパネリスト

>>1

米国におけるインフルでも、全人口の7%が罹患している。ということは、中国における新型肺炎の感染者がこの程度なわけがない。100万はいくだろう。

 

3.海外のパネリスト

武漢市における新型肺炎の死亡率は、インフルの約30倍。世界的に広がれば混乱は必至だろう。

 

4.海外のパネリスト

潜伏期間は二週間でしょ?武漢市が閉鎖されてずいぶん経つのに、なぜまだ感染者が増え続けているんだい?

 

5.海外のパネリスト

>>4

中国政府は今日、新型肺炎の潜伏期間が24日だと発表したよ。(未確認情報)

 

6.海外のパネリスト

こんなものは、タダの予想に過ぎない。

 

7.海外のパネリスト

実際の死亡率はさらに高いって情報もあるね…

 

8.海外のパネリスト

>>7

それは武漢市に限った話だよ。中国以外での死亡率は0.3%にも満たない。亡くなる人達もその大半が、既往症を持つ人々やご老人の方々が多い。

 

9.海外のパネリスト

はやくワクチンが開発されてくれればいいのだけれど…

 

10.海外のパネリスト

>>9

すでにマウス実験の段階まできているらしいよ。ただ、実際の投入は6月になるらしいけど…

 

11.海外のパネリスト

一方、中国における(食肉用)コウモリの総数は、ゆっくりと増加に転じている…いまのところは…

 

12.海外のパネリスト

>>11

きっとバットマンが人助けをしまくってるんだね!

 

13.海外のパネリスト

インフルよりも新型肺炎のほうが遥かに深刻だ!科学者たちは混乱をもたらさないために、控えめに物事を伝えている!!

 

14.海外のパネリスト

>>13

昨年の10月以降、アメリカではインフルで2万人が死んだんですけど?

最近のコメント

コメント欄

  1. ROVFkwT0R

    えー、潜伏期間一ヶ月なの?

    2
  2. RORFEyT0R

    もう何がなにやら。パンデミックですなあ。

  3. VPRGMwTnp

    竹を食べるネズミをこの感染症特集で初めて知ったわ、中国人頭弱すぎ

    2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました