スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイデン大統領、一般人に「くたばれバイデン!(*隠語)」と直接罵られる…[海外の反応]

スポンサーリンク

そうだね…


バイデン大統領夫妻がクリスマスに行った米子供向けイベント「サンタを探せ」において、両夫妻と電話で会話した「とある保護者」が「両夫妻に良いクリスマスを…そして…Let’ Go Brandon!(*”くたばれバイデン!”の隠語)」等と、ネット上で度々使用される「バイデン大統領を罵倒する隠語」を使用。

これに対して、バイデン大統領「そうだね。僕もそう思うよ…」等と「Let’ Go Brandon!」の意味を理解せず応答。一方、バイデン夫人は若干強張った表情を浮かべていた。

現在、バイデン大統領への罵倒としてよく知られる「Let’ Go Brandon!」というキーワードは、米レース大会の勝利者インタビュー時、会場でこだまする「F@CK Joe Biden!」を、気を利かせたNBCの女性記者が「Let’ Go Brandon!」と言い換えたことから「バイデン大統領を批判する隠語」として、ネット上に急速に広まった。

 

「Let’ Go Brandon!」がミーム化する過程は、こちらの記事に書かれていますので、よろしければぜひぜひご一読を…

情報元


ソース:NBC

反応傾向:もともとNBC女性記者の「気遣い」で生まれたミームの為、それに言及するコメが多かったです。

選考:人気・順番・選択

-広告-

[newpl]

 

海外の反応


1.海外のパネリスト

NBCの女性アナが生み出した最高の流行語だよ。

 

2.海外のパネリスト

バイデン関連の動画で、ここまで「like」数が多いのって珍しいんじゃない?

 

3.海外のパネリスト

「Let’ Go Brandon!」を「極右のスラング」って報じるメディアが多いけど、それは全くの偏向。むしろ、そういうメディアの態度が「Let’ Go Brandon!」を生み出したんだ。

 

4.海外のパネリスト

>>3

左翼が気に入らない言葉は全部「極右のスラング」扱いになる。

 

5.海外のパネリスト

>>3

「Let’ Go Brandon!」ってのはそもそも「バイデンの悪口」を正しく報じない「メディアへの批判」的意味合いも強い。

 

6.海外のパネリスト

「Let’ Go Brandon!(*くたばれ)」と言われて「そうだね」って答えるとかwww自分で同意するなしwww

 

7.海外のパネリスト

夫人は気付いているっぽいね…

 

8.海外のパネリスト

>>7

バイデンは気付いてないw

 

9.海外のパネリスト

バイデン夫人の強張った顔はプライスレス。

 

10.海外のパネリスト

>>9

確実に固まってたねw

 

11.海外のパネリスト

正直ちょっとかわいそうだなと思った…いや、おれ自身バイデンは大っ嫌いなんだけど…。でもね、でもね?その後、買い物に行ったわけだよ…でさ、食料やらガソリンやら買うわけじゃん?そりゃ言うよね…「Let’ Go Brandon!」って…

(*現在、流通不全等により米国ではインフレが続いており、バイデン大統領の経済政策に対して批判が強まっている。ガソリン価格の上昇が特に深刻。)

 

12.海外のパネリスト

史上最強の「Let’ Go Brandon!」。

 

13.海外のパネリスト

バイデン大統領からお墨付きを得たぞw

 

14.海外のパネリスト

この出来事は今後米国史に永遠に残る。

 

15.海外のパネリスト

>>14

バイデンはすぐ忘れちゃうけどね…

 

16.海外のパネリスト

そしてこれが「米国大統領選挙史上、最大の得票数を得た男」らしいですよ…

 

17.海外のパネリスト

正直、左翼が使ってきたトランプに対する「スラング」なんて、こんなレベルじゃなかったよ。

 

18.海外のパネリスト

やっぱりバイデンって何も理解できないんだな…言われたことをオウム返しすることしかできない。

 

-広告-

 

最近のコメント

コメント欄

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました