海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…(コメント評価システム試験中…)

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所


(*動画開始直後、少し音量が大きいのでご注意ください。)

米・ユタ州の高校に所属する5人の女子高生が、黒人への差別用語を連呼している動画を仲間内で共有したところ、ネット上に流出・拡散し、全米で非難を浴びる事態となった。

10秒足らずの動画の中で少女達は、笑いながら”F*** N******(意訳:くたばれ黒人!)”と繰り返し発言している。

ウェバー高校の報道官Lane Findlay氏は、メディアの取材に対して、動画に写る少女たちが、同高校のチアリーディング部に所属している高校2~3年の生徒達であることを認めた。動画自体は1年前に、学校の敷地外で撮影されたものであり、仲間内で共有されていたものが、外部に流出したと説明している。

Findlay氏によると、今後彼女達は校内カウンセリングの受診、チアリーディングチームからの脱退、及び、退学などの処置に直面する可能性があるとしたが、具体的な対応については未定であると、述べた。

転載された動画のコメント欄には、彼女達への批判コメントが殺到しており、中には脅迫めいたものも投稿されているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/school-investigating-video-cheerleaders-giggling-225121374.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守(*反黒人コメント多)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

アフィリエイト会社「Criteo」様の広告を、本日新たに2つ、試験的に導入致しました。

広告設置状況(*PC版):

楽天アフィリエイト様:2箇所
広告コメント評価システム付随広告:1箇所
Criteo様:2箇所

今後、ポップアップ・リダイレクト広告などが発生した場合は、コメント欄にまでご連絡いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

//------------------//

1.海外のパネリスト
学校内でもない、チアリーディングの最中でもない、単なる仲間内のおふざけ…別に黒人に対して送りつけられたものでもない…(一部の黒人NFL選手のように)国家斉唱中に片膝を付いたり、腕を上げたりする行為よりもはるかにマシ。彼女達は、合衆国憲法修正第一条で保障されている「表現の自由」を行使しただけだよ。

2.海外のパネリスト
仮に彼女たちが黒人であれば、差別用語満載のラップを歌ったとしても、まったく問題にならなかっただろう…

3.海外のパネリスト
こんなのが問題になってるの?黒人がいつも使ってる言葉だよ?

4.海外のパネリスト
馬鹿な子達に、SNSを使わせたらいけないという典型例。

5.海外のパネリスト
確かに酷い言葉だと思う…でも、黒人達もよく言ってるからねぇ…白人にだけ厳しすぎるよ…ここまで騒がなくてもよくない?

6.海外のパネリスト
個人的には、これらの単語を使う気にはならないけど…別に法律で規制されてるわけじゃないし…他の人たちが使っていても、たいして気にならないけどなぁ…

7.海外のパネリスト
黒人のラップを聞きすぎて、それに影響されちゃったんだろう…

8.海外のパネリスト
炎上目的のニュースが多すぎる…怒ってばっかりだよ…今年で325千回目くらい…

9.海外のパネリスト
>>8
325000って書けよ!(怒)…325001回目…

10.海外のパネリスト
>>8
わかる…毎日こういうニュースばっかり…怒ってばっかり…

11.海外のパネリスト
>>8
もしこれが黒人少女達による白人への悪口動画だったら…きっと彼女達は英雄になっていただろう…

12.海外のパネリスト
>>8
よく数えたね…

13.海外のパネリスト
>>8
今年っていうか、毎週じゃない?

14.海外のパネリスト
>>8
ヤフーニュースを見ないほうがいい…怒る回数が30万回くらい減る。

15.海外のパネリスト
この動画をきっかけに、黒人達は路上をデモ行進…白人や警察官にこれ以上の悪口を喚き散らしながら…そして、最終的にはホワイトハウスへご招待…

16.海外のパネリスト
ユタ州ってモルモン教(*米発祥の新興宗教)の本拠地だからね…彼らの黒人差別は凄まじいよ…連邦政府からの補助金打ち切りを案じて、公的な差別はもうしてないみたいだけど…

17.海外のパネリスト
”オバマ大統領”や”キング牧師”の名前を冠した道を、白人が歩いてみろ?本当の差別がどんなものか…身に染みてわかるから…

18.海外のパネリスト
この少女達は知らなかったのだろう…差別するのが許されるのは、黒人だけなのだということを…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所

1

英ロンドン警視庁は、”万引き(shoplifting)”や”公共物の破壊(vandalism)”などの軽犯罪対策について、”(犯人検挙率が低く)現実的ではない(not practical)”と述べ、多くの該当事案において捜査が行われていない状況を認めた。

副警視正であるMark Simmons氏によると、限られた人的資源を、より深刻な犯罪の捜査に集中させるため、このような処置が容認されていると説明した。一方、米警察などでは「*割れ窓理論(broken windows theory)」が採用されており、重犯罪への発展を防止するため、むしろ、徹底した軽犯罪対策が重視されている。

(*軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで、凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論。アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案した。「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」との考え方からこの名がある。ブロークン・ウィンドウ理論ともいう。By wiki)

今回の発表に先立ち、先日には、ネット上での誹謗中傷コメントを理由として、2016年度、イギリス全土で3000名以上の逮捕者が出ていることを、海外メディアが報じていた。(参考:当ブログ内記事)それらの事案うち、半数以上は起訴されていない。

専門家などからは、ネット上検閲にのみ、熱心な英ロンドン警視庁の姿勢を批判する声も聞かれている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/10/17/met-say-charging-shoplifters-vandals-not-practical-as-arrests-for-offensive-comments-rise-53-per-cent/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/JackBMontgomery/status/920334424394178566
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

ポップアップorリダイレクト広告を確認された方いらっしゃいましたら、大変お手数ですが、詳細につきまして、コメント欄までご報告いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

//------------------//

1.海外のパネリスト
ネット上の嫌味が、現実社会における女性への蔑視・差別・暴力よりも重罪になる国…ようそこイギリスへ!!!

2.海外のパネリスト
左翼のせいで、どんどんおかしくなっていくね…

3.海外のパネリスト
家で大人しくインターネットをしている人々には強く、路上で傍若無人に暴れまわる者達には弱い…それが今の英警察。

4.海外のパネリスト
”言論の自由”が認められない国には、旅行に行きたくないね…だって危ないじゃないか…もし間違って事実を街中でしゃべってしまったら…

5.海外のパネリスト
ネット上の誹謗中傷コメントだって?ツイッターは、そのために存在してるんだろ?w

6.海外のパネリスト
やったー!これで大手を振って”万引き”や”公共物の破壊”ができる♪

7.海外のパネリスト
警察のお仕事は、路上のパトロールから、ツイッターの監視になりました…

8.海外のパネリスト
>>7
パトカーの維持費が払えなくなったんじゃない?在宅勤務者を増やすための方策なんだよ。

9.海外のパネリスト
”万引き”が、”強盗”にレベルアップ!さらなる高みを目指して!!!

10.海外のパネリスト
アメリカのグローバリスト共が、ヨーロッパで進む様々な破壊工作を参考にしている…これもその内の一つ…

11.海外のパネリスト
”政治的公平性”に従順な警察組織…

12.海外のパネリスト
ゲイ・パレードに参加する暇はあるのに…



13.海外のパネリスト
架空の犯罪者を逮捕するのは、実際の犯罪者を捕まえるよりも簡単だからね…

14.海外のパネリスト
犯罪抑制よりも、言論統制のほうが重要なのさ…

15.海外のパネリスト
シー!皆静かに!!英警察がここを監視してるかもしれない!!!

16.海外のパネリスト
「楽な道」と「困難な道」があるのなら…彼らは常に「より楽な方」を選ぶ。

17.海外のパネリスト
政治家が望むような生き方を強いられる人生…

18.海外のパネリスト
簡単な標的ほど、狙われやすいってことか…

19.海外のパネリスト
警察の任務は全ての犯罪に対応することではないのか?何のために我々は税金を支払っているのだろう…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所


*スイス・デレモント駅での出来事だそうです。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.20min.ch/schweiz/romandie/story/Polizei-hat-Taeter-aus-Gewalt-Video-identifiziert-19909451

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/919566725175226368
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

ポップアップorリダイレクト広告を確認された方いらっしゃいましたら、大変お手数ですが、詳細につきまして、コメント欄までご報告願えますでしょうか?よろしくお願いいたします。

//------------------//

1.海外のパネリスト
ずいぶんと変わってしまったなぁ…スイスも…

2.海外のパネリスト
>>1
この10年でまったく違う国になってしまっている…私はこの国に住みながら、その変化を目の当たりにしてきた…

3.海外のパネリスト
>>2
あなたがスイスの何処に住んでいるのか知らないけど…少なくとも、僕が住んでいる地域では、この動画で写されているような光景は見たことないよ?

4.海外のパネリスト
>>3
大丈夫。そのうち嫌でも見かけるようになるから…

5.海外のパネリスト
>>3
オランダではよく見る光景。

6.海外のパネリスト
>>5
マジで!?オランダにはいつか旅行に行こうと思ってたのに…

7.海外のパネリスト
可愛そうに…スイスの若者達にはある程度の防衛訓練が必要なのではないだろうか?

8.海外のパネリスト
>>7
一応、(男性には)1年間の徴兵制度があるけどね…

9.海外のパネリスト
大量に移民を受け入れれば、もちろん、こういったことは起こりうる。しかも…入ってくるのは若い男ばかりだしねぇ…

10.海外のパネリスト
国境を開放し、多くの外国人を招きいれた報酬がコレ。

11.海外のパネリスト
>>10
ドイツみたいだね…

12.海外のパネリスト
地元民に危害を加えた移民は、即座に追放すべきだと思う。

13.海外のパネリスト
>>12
ほんとそれ。受け入れてくれた国の住民に敬意を払えないのであれば、その国に住む資格は無い。

14.海外のパネリスト
ポーランドは”多文化主義”をお断りします。

15.海外のパネリスト
劣った民族の流入を許し、国を乗っ取られる…ヨーロッパ人ほど馬鹿な連中はいない。

16.海外のパネリスト
>>15
悲しいけれど…君の意見に賛同するしかない…

17.海外のパネリスト
スイスに移民って居たんだ…知らなかった…

18.海外のパネリスト
野獣共め…

19.海外のパネリスト
アメリカでも、移民達は同じような振る舞いをする…反撃でもしてみろ…今度はこっちが差別者扱いされるんだ…ほんとに腐ってやがる…

20.海外のパネリスト
これは欧州社会における新時代の日常風景です。皆さん、慣れましょう。

21.海外のパネリスト
なぜスイスの政治家や有権者は、祖国をこんな惨めな状態にしてしまったの?

22.海外のパネリスト
崇高なる理想のため…そして金のため…


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



//-----------------------------//
Update 2017/10/18
一部語句を修正:
「反移民・反EUを掲げるオーストリア国民党(OVP)」

「反移民・抗EUを掲げるオーストリア国民党(OVP)」
*EUに関しては「反」とするまではいかないと判断。ただしオーストリア自由党(FPO)に関しては完全なる反移民(イスラム教徒)・反EU。
//-----------------------------//

先日行われたオーストリア国政選挙において、反移民・抗EUを掲げるオーストリア国民党(OVP)が勝利をおさめ、第一党となった。同党は、第二位の得票率を得た右派政党オーストリア自由党(FPO)との連立政権樹立を模索している。一方、最大与党であったオーストリア社会民主党(SPO)は、今回の選挙により三番手にまで順位を下げた。

オーストリア国民党の党首であるセバスティアン・クルツ氏(31)は、今回の選挙結果を受けて、次のようなコメントを発表した。

”私達は政治の世界に新たな文化を構築し、この国をよりよい方向へ導いていきます。”

反移民・反EUを標榜する政党に大きな支持が寄せられた事実は、欧州連合にとって大きな衝撃となるであろう。これは、フランスやドイツなどのリベラル国家に対する、ヨーロッパ市民の強い懸念が示された結果とも受け取れる。

今後、フランスやドイツが主体となって進められるEUの移民政策などにおいては、国民の意思を後ろ盾に、オーストリアが断固とした拒否を表明する可能性が高い。

得票率結果(一部)

オーストリア国民党(OVP):31%
オーストリア自由党(FPO):29%
オーストリア社会民主党(SPO):25%

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.express.co.uk/news/world/866746/Austria-election-2017-results-poll-Sebastian-Kurz-OVP-Austria-live-updates
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/919585554441924613
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

アンケートにおいて、リダイレクト広告が確認されたとの報告がありました。もし、同様の症状を経験された方いらっしゃいましたら、コメント欄において、ご報告いただければ幸いです。

誤字修正:「コメント蘭→コメント欄」ご指摘ありがとうございます。

//------------------//

1.海外のパネリスト
オーストリアよ!よくやった!!!

2.海外のパネリスト
フランス人達にも同様のチャンスが与えられた…だが、彼らはル・ペンを選ばず、今、混沌の中に居る…

3.海外のパネリスト
>>2
かつては素晴らしい国だったのにね…残念なことだ…

4.海外のパネリスト(>>2)
ようやくヨーロッパも目覚め始めたのか…

5.海外のパネリスト
ドイツも、オーストリアから学ぶべきだよ。

6.海外のパネリスト
とりあえず…ブルカ(*イスラム民族衣装)を着用してない政治家を選ぼう!

7.海外のパネリスト
大規模移民流入の即時停止を!

8.海外のパネリスト
オーストリアにある全てのモスクを閉鎖し、教会の鐘で祝福しよう。

9.海外のパネリスト
ポーランドやチェコ共和国、そしてハンガリーなどと協力して、ヨーロッパ外からの移民流入阻止に動いてくれるだろう。

10.海外のパネリスト
トランプ率いるアメリカより、お祝いを申し上げます。

11.海外のパネリスト
侵略者達を駆逐してくれ!祖国の文化を守るために…

12.海外のパネリスト
移民問題以外の政策合意はできているのだろうか?

13.海外のパネリスト
>>12
大丈夫だよ。オーストリアが抱えている社会問題の多くは、移民流入と関係しているのだから…

14.海外のパネリスト
国民の声にしっかり耳を傾けてくれる政治家が、イギリスにもいてくれたらなぁ…

15.海外のパネリスト
こうなったらもう…メルケル&ドイツ人達が、難民・移民の世話を一手に引き受けるしかないね♪

16.海外のパネリスト
彼らはヨーロッパの希望となるだろう!

17.海外のパネリスト
この結果は喜ばしいけど、フランスやオランダでは右派政党が苦戦を強いられている…選挙不正でも行われているんじゃないか…

18.海外のパネリスト
>>18
オランダの右派政党は、結構頑張ってるよ?

19.海外のパネリスト
(*右派政党が勝利したため)左翼達による民主制度への、批判が始まりそうだな…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



[注意]
今回の記事には、"Life is Strange"に関するネタばれが含まれています。あらかじめご了承ください。

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Steamレビュー(英語)
[コメント選出基準]
表示順・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

「クロエにキスしますか?」
選択肢の必要性について…さよならウォレン…そして、アルカディア・ベイ…

エピソード4に出てくる、トランプ大統領(*Donald Clamp)への嫌味がちょっと面白かったです…映画「グレムリン2」に出てきたキャラクター(*こちらもトランプさんがモデル…)がもとになっているらしいのですが…大統領就任以前にも関わらず、トランプさんが推し進める「国民皆保険制度撤廃」への、少し予言めいた批判となっています…

百合洋ゲームの最高傑作♪

//------------------//

1.海外のパネリスト(評価:Good)
比類なき感動作。

2.海外のパネリスト(評価:Good
芸術学校に所属する少女が主人公の選択式ノベルゲーム。作りこまれたキャラクター達と、環境設定。音楽や会話も、このゲームの高評価に貢献している。とりあえず、(全5章のうち)最初の章は無料だから、是非お試しあれ!!

3.海外のパネリスト(評価:Bad)
称賛を浴びているゲームだからといって、即座に名作だと勘違いするなかれ!このゲームには、遊ぶ要素なんて存在しない…ただ長いカットシーンを延々と見せられるだけ。パズル的要素もあるが、非常に簡単なものばかり…ごくまれに、ありえないくらい難しいものもあるけど…。ノベルゲームがゆえに、操作性がお粗末なのは許せる…でも、ノベルそのものの質が低い。凡作から抜け出せていない。

4.海外のパネリスト(評価:Good
やっとクリアした…これでようやく眠りにつけるよ…。ストーリーも声優さんの演技も、ただただ素晴らしかった…ゲームプレイに関してはいくつか不満もあるけど、この手の作品には良くあることだし、魅力的な物語展開が、それらの欠点をちゃんと補っている。このゲームは、僕に人生や大切な人の存在について、生まれて初めて真剣に考える機会を与えてくれた。家族が持ちたくなっちゃったよ…

5.海外のパネリスト(評価:Good
100%おススメ!!!いつもシューティングゲームばかりしてるんだけど、この作品だけは別格!

6.海外のパネリスト(評価:Good
良き物語と良き音楽…良ゲーに必須とされるこの二大要素を、"Life is Strange"はしっかりと持っている。5章で終わってしまうのが本当に悲しかった…まだまだ続きがやりたい…

7.海外のパネリスト(評価:Good
ウォーキング・デッド的なゲーム。でも、ストーリーはもっとマシ…ゾンビも出てこないし…超名作だよ…とりあえずクロエはいい子。

8.海外のパネリスト(評価:Good
あ~クリアしちゃった…次、何を遊べばいいんだ…心が空っぽになっちゃってる…

9.海外のパネリスト(評価:Good
まだ一章目だけど結構面白い。アニメーションはちょっとアレだけどね。どうでもいいポスターやアイテム、気付きづらいサイドクエスト…そんなのが大量に詰め込まれている…結構楽しめたよ。

10.海外のパネリスト(評価:Good
YoutuberのPewdiepieが公開しているプレイ動画を見たことがきっかけで、このゲームを買ってみた。美しいシナリオと、美しい音楽が、このゲームの奥深さを感じさせてくれたよ…続きを遊ぶのが待ちきれない…



11.海外のパネリスト(評価:Good
数年ぶりに故郷の町に帰ってきた少女と、その幼馴染の物語…タイムトラベルの概念や、分岐システムも含まれている。二人の少女は共に力を合わせ、町で起きている謎の解明に迫る…そして…彼女達は驚愕の真実にたどり着くのであった…私はあまり感情豊かな人間ではないのだが、このゲームをプレイ中、二度も涙を流してしまった…この体験を、皆さんにも共有してもらいたい…

12.海外のパネリスト(評価:Good
他の人があまり言及していないから、言っておくけど…この作品には色々際どい表現が沢山でてくる…そういうのが嫌な人は、遊ばないほうが良いかもしれない…

13.海外のパネリスト(評価:Good)
とにかく引き込まれてしまうゲームだった…登場人物たちとの関係を築いていく過程が、すごく楽しい…

14.海外のパネリスト(評価:Good
女の子に生まれたかった…そして、女の子の彼女を作りたかった…そう思わせてくれる作品…

15.海外のパネリスト(評価:Bad)
4章と5章の出来が酷い…開発者達がやる気を失っている…

16.海外のパネリスト(評価:Good)
14時間かけてやっとクリアした…とにかく最高だったよ!マックスとクロエの物語が気になりすぎて、止め時が分からなかった…

17.海外のパネリスト(評価:Good
ゲームに登場する様々なオブジェクトを調べていくことにより、物語の全体像を少しづつ把握していくことが出来る。キャラクター達も魅力的…ストーリーは、かなり悲しい部分があるけど…

18.海外のパネリスト(評価:Good
発売当初、あまりにも絶賛する声ばかりだったから、過大評価だと思って無視してた…でも最近、安くなってたので買ってみたら、なぜもっと早く買わなかったのかと後悔したよ…間違いなく名作。アドベンチャーゲームとしては、近年でも最高レベルだと思う。パズルやアクション要素はオマケ。とにかく、ストーリーがメインのゲームだね。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所

1

米Times紙による報道では、昨年、ネット上でのコメントを理由として、3395名が英警察機関により逮捕されていたことが判明した。逮捕の根拠としては、公共の通信手段において、”他者に対する不必要な不安、不都合、不快感”を与えた人物を罰する法律”Communications Act 2003”が利用されている。

今回の調査には、29の警察関連機関からデータ提供が行われたものの、15の警察当局が協力を拒否、もしくは、提出データが不完全なものであったため、実際の数値はさらに大きいものであると考えられている。

逮捕された容疑者のうち、半数近くは起訴に至らず釈放されていることから、一連の英警察による動きは、法律の解釈をいたずらに拡大しており、”言論の自由”を著しく脅かしているとの指摘も出ている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/10/14/british-police-arrest-at-least-3395-people-for-offensive-online-comments-one-year/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/JackBMontgomery/status/919160050077306894
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、楽天アフィリエイト様、及び、コメント評価システムに付随する広告のみを掲載しております。この状況においてポップアップ広告(*意図しないリダイレクトも含む)が発生した場合、よろしければ、左上メニューにありますアンケート(*PC版のみ)orコメント蘭にて、ご報告いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
”他者に対する不必要な不安、不都合、不快感”…それを誰が判断するのだろうか?私が嫌だと思うコメントであっても、他者にとっては平気な場合もある…

2.海外のパネリスト
>>1
君がどう感じるかなど、警察にとってはどうでもいいこと…重要なのは”イスラム教徒様”が、どうお感じになるのか?…ということなんだよ。

3.海外のパネリスト(>>1)
>>2
そのおかげで一般市民が犠牲になるのか…

4.海外のパネリスト(>>2)
>>3
主観的な判断で、ろくな証拠も無しに犯罪者を仕立てあげることができる、腐った法律の存在を恨みな…

5.海外のパネリスト
こういったどうでもいいことには、異様に熱心なくせに…移民集団によるイギリス人少女達への暴力事件などには、いっさい動かそうとしない…

6.海外のパネリスト
”ヘイトクライム”なんてものは、想像上の犯罪…これに刑罰を与えること事態がおかしい…

7.海外のパネリスト
イギリスは警察国家となりつつある…フランスやスウェーデンのように…

8.海外のパネリスト
英警察によるこれらの動きは、彼らを統制するイギリスの政治家達が、ネット上に存在している自分達への批判を恐れ、弾圧していることを示すのだ。

9.海外のパネリスト
今イギリスでは、移民達が関わる様々な犯罪が頻発している…それにも関わらず、警察が標的とするのは、それらの移民犯罪を糾弾する人々だけ…

10.海外のパネリスト
彼らは”被害者”を逮捕している…

11.海外のパネリスト
一方、イギリスに潜伏中のテロリスト達は、自由に街中を闊歩するのであった…

12.海外のパネリスト
所詮”言論の自由”なんてものは、幻想だったんだよ…特に、今のイギリスにおいてはね…

13.海外のパネリスト
年間に3000人近くが逮捕か…それと同じくらい、不法移民も強制送還してくれよ…

14.海外のパネリスト
なぜイスラム教徒達の”ヘイトクライム”は無視されるのか?生粋のイギリス人達は、危機を訴え、生き残ろうとするだけで処罰されるのに…

15.海外のパネリスト
テロリストや移民の犯罪を指摘して、注意を促すことよりも、彼ら(テロリストや移民)の心を言論で傷つけないことのほうが大事…イカレてる…

16.海外のパネリスト
侵略者が勝利し、イギリスは敗北したのだ…かつて”大英帝国”とまで呼ばれた国家は、すでに消滅した…

17.海外のパネリスト
ムスリムを愛する国家は、いずれ”言論の自由”を憎むようになる…

18.海外のパネリスト
この努力を、もっと他の深刻な犯罪に対して費やせばいいのに…

19.海外のパネリスト
「棒や石は骨を折るかもしれないが、言葉は少しも傷つけない(諺)」

世知辛い世の中になったものだね…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所


(*アメリカによるドイツへの諜報活動に関して、コメントするデメジエール内務大臣)

先週月曜日、ドイツのトーマス・デメジエール内務大臣が同国の一部地域において、イスラム教の祭典日を、公的休日に設定するべきであるとの提案をしていたことがわかった。

デメジエール内務大臣は、ドイツにおいて、カトリックの祭典日が(一部地域で)公的休日と、認定されていることを指摘した上で、次のように述べた。

”ムスリムの方々が多く住む地域においては、彼らの祭日も、公的休日として認められるべきではないでしょうか?”

上記の発言は、ニーダーザクセン州の選挙対策集会において述べられたものであるが、同州はキリスト教徒(参考)が大半を占める地域のため、今回の提案は、保守層の有権者を中心に反感を招く可能性が高い。そのため、厳しい州選挙戦を強いられているCDUの議員達は、同党に所属するデメジエール内務大臣の発言に、困惑を隠しきれない様子だ。

ニーダーザクセン州のCDU地域指導者であるBernd Althusmann氏は、苛立った様子で次のようにコメントを残した。

”この国における公的休日は、ドイツの長き伝統に則ったものであり、それらを変更すべき理由は見当たらない。(Public holidays have a long tradition in Germany, I don’t see any need for a change to the current system,”)”

また、前回の連邦選挙で大幅に議席を伸ばしたAfDの副代表Beatrix von Storch氏も、ツイッター上にてデメジエール内務大臣を批判する書き込みを行っている。

”CDUはイスラム教徒用の休日を設定するべきだと主張している…これこそ、AfDが他の政党と異なる大きな特徴だ!我々ははっきりと断言する…そんなものは絶対に必要ない!と…”


//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.thelocal.de/20171013/interior-minister-upsets-colleagues-by-suggesting-germany-could-celebrate-muslim-holidays

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/918872878954754048
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、楽天アフィリエイト様、及び、コメント評価システムに付随する広告のみを掲載しております。この状況においてポップアップ広告(*意図しないリダイレクトも含む)が発生した場合、よろしければ、左上メニューにありますアンケートにて、ご報告いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
誰がこんな奴を政治家にしたんだ?

2.海外のパネリスト
>>1
大多数のドイツ国民

3.海外のパネリスト
中国人用休日、仏教徒用休日、ヒンドゥー教徒用休日とかは無いのに…なぜイスラムだけ特別扱いなの?

4.海外のパネリスト
>>3
イスラムは特権階級なのさ…

5.海外のパネリスト
ドイツがトルコ化して来ている…メルケルよ…これで満足か?

6.海外のパネリスト
そのうち酒場(パブ)が閉鎖されるだろう。

7.海外のパネリスト
我々の目前で、ドイツが滅びてゆく…

8.海外のパネリスト
狂気はとどまる所を知らない。

9.海外のパネリスト
クリスマスが中止になりそう…

10.海外のパネリスト
ドイツがイスラムに屈服している…このまま彼らの奴隷になるのか…それとも反乱を起こすか…終わりの時は近い。

11.海外のパネリスト
キリストを裏切り、アッラーに寝返る…

12.海外のパネリスト
スウェーデン「(その手があったか!)」

13.海外のパネリスト
不法移民として訪れ、家と食料を与えられ、No-Go-Zoneを構築し、様々な混乱をもたらした挙句…今、彼らは私達の国を乗っ取ろうとしている…だがこれは、私達が選んだことなのだ…

14.海外のパネリスト
順序がおかしい…まず外国人であるイスラム教徒達が、ドイツの習慣・文化・伝統を受け入れるべきだろ?

15.海外のパネリスト
来年…ってことは無いにしろ、5年後くらいには、普通に導入されていそう…

16.海外のパネリスト
イスラム教徒って、自分達の国では路上で集団祈祷をしないくせに、ヨーロッパ諸国ではこれ見よがしにするんだよね…挑発&扇動行為だよ…

17.海外のパネリスト
ムスリムのために休日を設定だって?あいつらは皆無職だろ?毎日が休日じゃないか…

18.海外のパネリスト
>>17
休むためではなく、他者を抑圧するための日なのさ…

19.海外のパネリスト
わかってないなぁ…こういうのは一ミリも譲歩しちゃ駄目なんだよ。少しでも妥協すれば、その隙を突いてどんどん要求を積み重ねてくるんだから…追い出すしかないんだ。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



この一件で、ドイツ世論から大きなバッシングを浴びたメルケル首相は、その後、国境開放・難民受け入れ拡大へと、政策の大転換を行うことになりました…

//------------------//
Update 2017/10/15 2:10
タイトルに付けました”水晶の涙事件”というのは、管理人が勝手に命名したものであり、この出来事を示す一般的な名称ではありません。混乱や誤解を招いてしまいましたこと、お詫び申し上げます。
//------------------//

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.youtube.com/watch?v=G3EYY1KP8NQ(日本語版)
https://www.youtube.com/watch?v=9qaxoX9MF0M(英語版)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Youtube(*BBC公式チャンネル:英語版より)
[コメント選出基準]
人気・選択(*コメントの大半が2年前以上のものです。)

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、楽天アフィリエイト様、及び、コメント評価システムに付随する広告のみを掲載しております。この状況においてポップアップ広告(*意図しないリダイレクトも含む)が発生した場合、よろしければ、左上メニューにありますアンケートにて、ご報告いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
僕の不勉強で大変申し訳ないのだけれど、誰か教えてくれないだろうか…なぜ中東の難民達が、石油利権で潤う、豊かな近隣のイスラム国家ではなく、わざわざはるか彼方のヨーロッパにまで来る理由を…

2.海外のパネリスト
>>1
サウジアラビアとかバーレーンにも経済移民は一杯居るよ…ほぼ奴隷状態だけどね…

3.海外のパネリスト
ドイツに難民の受け入れを強いるべきではない…ドイツがパレスチナ難民の世話をしなければいけない道理など、存在していないのだから…

4.海外のパネリスト
泣いたところで、問題の本質は変わらない…

5.海外のパネリスト
>>4
別に市民権欲しさに泣いたわけじゃないでしょ?少女相手に、そんな批判をするべきじゃないよ…あまりに未熟…君はもっと大人になるべきだ!

(*後に、この少女がドイツにおいて永住権を取得したことが判明:参考)

6.海外のパネリスト
まぁ…この少女以外の難民に関しては、冷たくあしらわれて、追放されるのがオチさ…

7.海外のパネリスト
ドイツ人ってのは本当に腑抜けになっちまったなぁ…ナチスと呼ばれることが、そんなに怖いのか?嫌なものは、はっきり嫌だと言えば良いのにさ…もっと自信持てよ!

8.海外のパネリスト
気持ちが悪くなるくらいの茶番劇…私達はこんなものに騙されてはいけない…冷静に物事を判断しなければ…

9.海外のパネリスト
この少女はいずれ、イスラム戦士たちの立派な嫁となるだろう…

10.海外のパネリスト
ってか…この娘は難民じゃなくて、不法移民でしょ?

11.海外のパネリスト
十字軍の再結成が必要だな…

12.海外のパネリスト
>>11
敵はメルケルだけどね…

13.海外のパネリスト
まさにこの瞬間…メルケルは全ての政治的理性を失ってしまったのだろう…

14.海外のパネリスト
なんかねぇ…この少女の言動が芝居がかってる気がしてならないんだよなぁ…まるで合図が出たかのように泣き始めたし…

15.海外のパネリスト
メルケルは逮捕されるべきだよ…

16.海外のパネリスト
左翼達により作り上げられし、感情を揺さぶる扇動広告。誰が主導したのかは知らないが、大したもんだ…恐れ入ったよ…

17.海外のパネリスト
有色人種も白人も…皆が幸せな人生を送る権利がある…(ドイツ人たちも)民族や肌の違いに囚われず、共に愛し合うべきだ!ここアフリカにおいても、黒人と白人が共に助け合って生きている…

18.海外のパネリスト
>>17
私はドイツ人だからあまり英語が得意じゃないんだけど…一応言っておくね。これは人種や民族、肌の色の問題じゃないんだよ…外国人が優遇されれば、必然的にドイツ人が排除されていくことになるんだ…移民を助けたい気持ちはある…でも、この国を明け渡すわけにはいかないんだよ…

19.海外のパネリスト (二年前の投稿)
メルケルさん、よく聞いてください…これらの難民は、近い将来、あなたの国で数々な問題を起こすようになるでしょう…フランスで発生した”シャルリー・エブド襲撃事件”を覚えていますか?同じことがドイツでも発生するようになるのです…彼らの繁殖力はすさまじい…大量の子供達を生み出します…そして、いずれ国の一部を占有し、それらの地域は”No-Go-Zone”と呼ばれる無法地帯となるでしょう…(これはスウェーデンにおいてすでに確認されている)国家内国家が作り出されるのです。また、正規の難民・移民と、テロリスト達を見分ける手段がないことも、決して忘れないでください。賢明なご判断を期待しています…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所


(*移民に関する演説部分の抜粋)

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.youtube.com/watch?v=H8xHdGSJWLs

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Youtube
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
人気・選択
(*演説全体に対する反応となります。)

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、楽天アフィリエイト様、及び、コメント評価システムに付随する広告のみを掲載しております。この状況においてポップアップ広告(*意図しないリダイレクトも含む)が発生した場合、よろしければ、左上メニューにありますアンケートにて、ご報告いただければ幸いです。

問題が無いようでしたら、新たな広告を少しづつ導入していき、その都度アンケート結果を参照させていただければと、考えております。よろしくお願い致します

//------------------//

1.海外のパネリスト
素晴らしい!感動的な演説だ!!アメリカを再び偉大な国家にしてくれ!!!

2.海外のパネリスト
>>1
すごくわかる…彼は魅力的だ…

3.海外のパネリスト
>>1
演説終わりにタバコを燻らせて欲しかった…

4.海外のパネリスト
グローバリスト大敗北の巻…

5.海外のパネリスト
これまで、歴代の米大統領は国連の場で頭を下げ続けてきた…ようやくまともな大統領が現れたようだ…良い仕事だったよ…

6.海外のパネリスト
トランプ大統領!どうかこの国に蔓延る社会主義者達を追放してください!!彼らはアメリカにおいて恐怖と混乱を招こうとしているのです!!!

7.海外のパネリスト
>>6
”社会主義”とは、強奪と抑圧の精神により構成されている思想である。それがゆえ、平和的社会主義者などは存在し得ないのだ…

8.海外のパネリスト
彼と同じ時代を生きていることを感謝したい…彼がこれから残す偉業は、今後数千年に渡り、語り継がれるだろう…

9.海外のパネリスト
>>8
子々孫々に誇ろうではないか…我々はトランプの時代を生きていたのだと…

10.海外のパネリスト
アメリカ国民の気持ちを代弁してくれてありがとう!愛国者達は、この演説を永遠に忘れないだろう…あなたと、あなたの家族に神の祝福がありますように…

11.海外のパネリスト
物怖じせず、大胆に…なおかつ正直に語っている…大変感銘を受ける演説であった…

12.海外のパネリスト
アメリカの政治家達は、*米国愛国者法みたいな下らない法律を成立させ、ネット上の議論を制限してきた…本来、”自由を敵視するテロリスト”への対策であるはずが、”自国民の自由を制限する”法律に変化してしまっている…今ではテロリスト達への怒りを表現することすら許されない…

(*愛国者法は、テロリストによる2001年9月11日の攻撃に対応するため、特に法執行機関のアメリカ国内における情報の収集に関する規制を緩和し、財務長官が持っている資産の移動、特に外国の個人または存在が関与している場合、に対する規制の権限を強化し、法執行機関と移民を管理する当局がテロ行為に関係があると疑われる人物の拘留または移民を国外に追放するための規制を緩和するものである。愛国者法はまた、国内におけるテロ行為を含めるようテロリズムの定義を拡大し、こうして愛国者法は法執行機関の権限が適用される行為の範囲を大幅に拡大した。By wiki)

13.海外のパネリスト
世界の指導者達は、何事においても、まず自国民を最優先にするべきだ…特にカナダのトルドー首相…トランプの演説をよく聞いておけよ?

14.海外のパネリスト
最近、地震やらハリケーンやらが立て続けに発生し…その上、北朝鮮情勢まで緊張してきた…私達には、どうすることも出来ないことばかり…

15.海外のパネリスト
自由社会はようやく信頼すべきリーダーを見つけた…強きアメリカが帰ってきたのだ!!!

16.海外のパネリスト
歴代最高の米大統領だね♪

17.海外のパネリスト
今まさに歴史が紡がれている感じがする…人生で聞く演説の中で、おそらく最も感慨深いものとなるだろう…

18.海外のパネリスト
>>17
君はもっと色んな人の演説を聴いたほうが良いよ…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所

1
(*左がRica Dharさん、真ん中がPuja Mullickさん)

//-------------//
Update 2017/10/12 16:50
語句を修正(ロヒンギャ族→ロヒンギャ):コメントでのご指摘ありがとうございます。
//-------------//

ミャンマーで起きている紛争から逃れるため、バングラデシュの難民キャンプにて生活を行っているヒンドゥー教徒のロヒンギャが、同族において多数派を占めるイスラム教徒のロヒンギャから、様々な迫害を受けていることが判明した。

ロヒンギャは”国を持たない民族(stateless ethnic group:*諸説ある)”であり、主にミャンマーのラカイン州を長年生活の拠点としていた。しかし数ヶ月前、地元民とロヒンギャの間で武力衝突が発生、多くのロヒンギャ(*48万人近く)が、隣国バングラデシュへと避難する事態となっている。

それらロヒンギャの避難民において、同族で多数派を占めるイスラム教徒達が、少数派のヒンドゥー教徒を迫害しているとの報告が寄せられた。被害者の中には、イスラム教への改宗を強制させられたり、または、命を奪われるケースもあるという。

ロヒンギャのヒンドゥー教徒であるPuja Mullickさんによると、彼女は家族と共に、バングラデシュへと避難している最中、イスラム教徒のロヒンギャによる襲撃を受け、家族の大半を失ったという。生き残った彼女も、拠点へと連れて行かれ、イスラム教への改宗を強いられたと、証言している。

”生き残りたければイスラムに改宗しろと言われました…私は(イスラムの女性民族衣装である)ブルカを着るように命じられ、それから数週間、彼らのもとで、イスラムの伝統や文化を学ぶよう強制されました…”

Rica Dharさん(28)も、同様の体験を語ってくれた。

”8月25日の金曜日、彼ら(イスラム教徒のロヒンギャ)は、ヒンドゥー教徒の居住地に攻撃をしかけてきました。彼らは携帯電話や宝石を奪い取った後、私達を近くの丘へ連れて行き、数人の若い女性を除き、全員を処刑しました…その後、彼らは生き残った女性達に向かってこう言ったのです…イスラム教に改宗し、俺達の嫁になれ…と…”

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.dailymail.co.uk/news/article-4921426/Hindu-Rohingya-say-Muslim-majority-force-convert.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/912755420774719490
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
世界中イスラムのあるところでは、必ず問題が起こる…この宗教は、他者との共存を拒むからだ…

2.海外のパネリスト
>>1
イスラム教の内部ですら、対立し合っているからね…

3.海外のパネリスト
これでよく「平和の宗教」を自称できるな…

4.海外のパネリスト
大手メディアは、(イスラム教徒が多数を占める)ロヒンギャばかり取り上げているけど、(彼らに迫害されている)ヒンドゥー教徒の立場や状況については、何も報じない…

5.海外のパネリスト
なんて悲しい話なんだ…ヒンドゥー教徒の人々が救われることを祈っている…

6.海外のパネリスト
国連って本当に役立たずだよな…なんでイスラム教徒のロヒンギャばかり守ろうとするのか…結局、産油国であるイスラム国家に気を使っているだけなんだろ?

7.海外のパネリスト
これは人事ではない…イスラムの脅威は世界中に存在しているのだから…

8.海外のパネリスト
今ミャンマーに住み着いているイスラム教徒のロヒンギャは、もともとがバングラデシュからの不法移民だ!

9.海外のパネリスト
ロヒンギャによる蛮行が徐々に明らかと成り、メディアによるロヒンギャ擁護論が、減少しつつある…

10.海外のパネリスト
何も驚くべきことじゃない…典型的なムスリムの姿だ…

11.海外のパネリスト
なぜ彼らは、平和的に生きることができないのだろうか…

12.海外のパネリスト
イスラム教徒って混乱しかもたらさないよね…

13.海外のパネリスト
ラカイン州の地元民を救え!!!

14.海外のパネリスト
ムスリム達は犠牲者を演じることに関しては超一流だ…平和を維持することに関しては三流以下だが…

15.海外のパネリスト
私は、アウンサンスーチー氏率いるミャンマー政府の主張を信じるよ…

16.海外のパネリスト
今、マスコミが報道しているロヒンギャというのは、150年前、バングラデシュからミャンマーへと移住してきた人々が大半…迷惑をかけているのは彼らのほうだ!

17.海外のパネリスト
ミャンマーの地元民やヒンドゥー教徒も沢山犠牲になっているのに、なぜメディアはロヒンギャの被害だけを報じるのか?

18.海外のパネリスト
ロヒンギャにヒンドゥー教徒もいたとは…知らなかったなぁ…

19.海外のパネリスト
ヒンドゥー教徒も、ムスリムの対処に苦慮しているんだね…

 

このページのトップヘ