海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

 

    @海外報道翻訳所



(*一部誤字を修正。2017/5/22 6:00)

世界ボクシング協会(WBA)の会長であるGilberto Jesus Mendoza氏は、ソーシャルメディアを通じて声明を発表し、先日、東京で行われたミドル級王座決定戦「村田諒太vsアッサン・エンダム」の試合における、疑惑の判定(the controversial scoring)について謝罪(apologise)を行った。

この試合は、判定にまでもつれ込み、三人いる審判のうち、二人がエンダム選手を勝者と定め、エンダム選手の勝利が決まっていた。
 
Mendoza氏の声明は、以下の通りである。(抜粋)”この試合において、正しい判断が下されなかったことに対し、私は怒りと戸惑いを感じている…私が記録したスコアカードによれば、この試合は117-110で村田選手の勝利であった。なによりもまず、村田選手、(村田選手の所属ジムである)帝拳、そして日本にいる全てのボクシングファンに謝りたい。どのような言葉を用いても、この愚かな判定によって、もたらされた傷をいやすことはできないであろう。王座決定戦実行委員会に対して、再戦を行うよう要請したい。”

http://www.maxboxing.com/news/other-boxing-news/wba-issues-apology-for-controversial-scoring-for-muratanjikam-fight

/------------------/
記事:MaxBoxing
コメント元:Reddit
コメント選出基準:順番・選択
/------------------/

/------------------------------------------------/
*試合直後の反応
https://www.reddit.com/r/Boxing/comments/6ca6at/hassan_ndam_njikam_vs_ryota_murata_full_fight/
/------------------------------------------------/

1.海外のパネリスト
なんなんだこの判定は!?ほとんど全ての時間、村田が試合を主導してたじゃないか!

2.海外のパネリスト
>>1
確かにエンダムは手数は多かった。でも、そのほとんどは村田にダメージを与えていない。一方、村田の攻撃は確実にヒットしていた。こんなの馬鹿げている。

3.海外のパネリスト
村田はダウンを取った時から、少し気が緩んだんじゃないかな?その後、積極性が欠いた様に思える。後半のラウンドでもKO(もしくはノックダウン)を狙っていくべきだったかもね。判定は間違っていた。でも、村田も全力を出し切っていなかった。

4.海外のパネリスト
>>3
彼は5つのノックダウンを記録した。審判がそれを認めなかっただけだ。

5.海外のパネリスト
>>4
かろうじてロープに、もたれかかっていたあれが、なんでノックダウンにカウントされないんだ!?世界中どんなレフリーでも、あれはノックダウンと判定するはず…この試合は八百長だったのか?

6.海外のパネリスト
なんでこんなことが起きた?なぜだ?

7.海外のパネリスト
>>6
村田にとってはホームだったはず…ということは、ただ単にジャッジが酷かったということか…

8.海外のパネリスト
俺はエンダムのファンだし、彼を応援していた。でも、この判定はぜったいにおかしい。エンダムは多くのパンチを繰り出していた。でも、それらは村田にほぼガードされいたんだ。そして、村田に反撃をくらうと、エンダムはよろついていた。村田が、もっとアクティブであるべきだったとは思うけどね…

9.海外のパネリスト
これまで見てきた中で、一番酷い試合だ…117-110で村田の勝ちだよ。

10.海外のパネリスト
なにこれ!信じられない!!😠😠😠😠👎👎👎👎👎👎👎👎👎👎

11.海外のパネリスト
ほんとに吐き気がする。この二人のジャッジは、永久に追放されるべきだ。

12.海外のパネリスト
僕のスコアは118-109で村田だった…この結果は到底受け入れられない…

13.海外のパネリスト
村田は少し手を抜いていたように思える…それでも、彼の勝ちだったと思うけどね…負けの原因は彼自身にあるよ。

14.海外のパネリスト
>>13
あんたは覚えてないのか?今回の試合、エンダムは実際には2ラウンドしか勝っちゃいない…逆に、村田は少なくとも三回は彼をノックダウンした。(一回しかカウントされていなかったが…)今年度最低レフリー賞を審判に与えるべきだ。

15.海外のパネリスト
これは腐敗というよりも、”ジャッジの質が低すぎる”という問題だと思う…

16.海外のパネリスト
ジャッジは手数しか見てないんだろうなぁ…馬鹿な奴らだ…

17.海外のパネリスト
こんなふざけた判定で、村田のキャリアが終わるとしたら…本当に悲劇だよ…

/------------------------------------------------/
*WBAの謝罪及び対応」に対する反応
https://www.reddit.com/r/Boxing/comments/6ccq8y/spoiler_wba_prez_i_will_demand_the_championship/
/------------------------------------------------/

18.海外のパネリスト
再試合だって?結果を再考するべきでしょ!?

19.海外のパネリスト
>>18
再試合のほうがいい!

20.海外のパネリスト
>>18
残念ながら、結果が覆ることはまずないだろう…これまでもなかったからね…

21.海外のパネリスト
間違ったスコアを出したジャッジ達への処分は!?こんなんじゃ、やりたい放題じゃない!?再試合がいけないとは言わないけど、それじゃあ腐敗撲滅には程遠いよ…

22.海外のパネリスト
>>21
残念ながら、ボクシングの歴史上、説明責任というものは存在しないんだ…
 
[*ブログランキング参加中*]
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ 

    @海外報道翻訳所



/------------------/
メディア(転載元):4chan
コメント選出基準:順番・選択
/------------------/
1.海外のパネリスト
若い時は断然レイちゃんだった…でも、年をとって…アスカこそ、最高の女性だと気づいたんだ…

2.海外のパネリスト
>>1
最高の女性は、ミサトさんです。

3.海外のパネリスト
>>2
エヴァンゲリオン自体、何がいいのかわからないけど…ミサトさんはまだマシな方。

4.海外のパネリスト
>>2
お子ちゃまは、年上の女性に惹かれやすいからねぇ~

5.海外のパネリスト
エヴァに登場する女の子って、みんな色々問題抱えすぎ…

6.海外のパネリスト
最近エヴァンゲリオンを観始めた。今のところ25話まできたんだけど…アスカを好きな人の気持ちがわからない…超絶自己中じゃない?っていうか、出てくる女の子、みんなちょっと変…いや、アニメは面白いけどね…

7.海外のパネリスト
>>6
多分、彼女達は、もともと好かれるように作られてないんだよ…

8.海外のパネリスト
>>6
でも、アスカってセクシーじゃない?

9.海外のパネリスト
>>8
(*)ジャック・スケリントンみたいでちょっと…(注釈:痩せすぎていると、言いたいみたいです。)

(*米アニメ『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』に登場するキャラクター)

10.海外のパネリスト
>>9
アメ豚発見。

11.海外のパネリスト
>>10
アメリカ人関係ねぇだろ!?むしろ、律子とか、葛城のほうが、現実的なプロポーションしてると思う…常識的に!!!

12.海外のパネリスト
一番可愛い娘だって!?シンジ!!!

13.海外のパネリスト
まあ、ツンデレってのは、年寄りには人気ないからねぇ…

14.海外のパネリスト
>>13
ちょっとまて。アスカはツンデレ娘じゃない!ツンデレ娘ってのはな!!もっと高貴なものなんだよ!!!アスカと一緒にするな!!!!!

15.海外のパネリスト
アスカとレイ、どっちがいいって…これってさ、精神的に疲弊している二人の女の子、どっちの看病をしたい?って、聞いているのと同じことでしょ?やっぱり、委員長(洞木ヒカリ)が一番。

16.海外のパネリスト
アスカを好きな奴なんざ、酔っ払いくらいだろ?

17.海外のパネリスト
レイ好きこそ頭おかしい!彼女は幽霊みたいなもの。実体の存在しないキャラクターなんだ。結局はゲンドウによって形作られたものにすぎない…

18.海外のパネリスト
>>1
年をとったんなら、いいかげん2D女性を追いかけるのをやめなさい。

19.海外のパネリスト
子供のときはレイが、青春時代はアスカが、そして、大人になり、ミサトさんがタイプになった…

20.海外のパネリスト
アスカって、もう少し”本物の女性”らしく描かれていれば、もっと良いキャラクターになったと思う。あんなに嫌みったらしい性格でなくてもよかったんじゃないかな…あと、他のキャラクターと違って、彼女のバックストーリーについては、アニメの最後のほうで、一気に紹介される形になってしまっているのも残念だ。

21.海外のパネリスト
>>20
そう?個人的には、青年期の女の子を、よく描写していると思うけど?

22.海外のパネリスト
君達って奴は…飽きもせず、またこんなスレッド立てて…エヴァで一番の女の子?…初号機でしょ?
 

[*ブログランキング参加中*]
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ 

    @海外報道翻訳所



ドイツのメルケル首相は、EU離脱後(after Briexit)に、移民制限を行う姿勢を見せているイギリスに対し、”(移民制限を行えば)その代償を支払うことになる!(pay a price)”と、強い言葉を用いて牽制した。

”(イギリスに対して)意地悪を言うつもりはない…だが、(離脱後に)EUとの取引において、良いものだけを要求し、その一方、EUからの移民は制限する…そんなことは、到底受け入れられない。”

今週水曜日、ベルリンで行われた会議に出席したメルケル首相は、このように述べた。さらに…

”もしこのような(移民制限)ことが、イギリスによって行われれば、EU側としても、それに対する報復策(compensate for that)を、検討せざるを得ないだろう。”とも、語った。

今年9月に行われる選挙で、4期目を目指すメルケル首相。EU離脱を決定したイギリスに対し、強硬姿勢をとることで、EU内、ひいてはドイツ国内における団結を、より深めたい思惑があると思われる。

/------------------/
メディア(転載元):米・ヤフー(Bloomberg)
URL:https://www.yahoo.com/news/m/2e265631-03bd-395d-81f1-fe85d38ecd08/ss_merkel-says-u.k.-will-pay.html
コメント傾向:若干保守
コメント選出基準:人気・選択
訳者コメント:現在のEU体制における多くの利権を牛耳るドイツ…そして、その弊害を被らされている他のEU加盟国…もし、この構図が正しければ、EU崩壊も近い…?
/------------------/
1.海外のパネリスト
これはメルケルによるイギリスへの脅迫だ。イギリスは、ただ、イスラム教徒の侵略に抵抗しようとしているだけなのに…メルケルさんよ、イギリスのEU離脱が、EUを崩壊へと導くのではない…イスラム移民こそ、EU崩壊の引き金なのだ…

2.海外のパネリスト
>>1
メルケルさんは、まるでヒトラーのようになってきたね…

3.海外のパネリスト (おそらくイギリスの方)
俺たちがどんなルールを作ろうが、俺達の勝手だ。EUを抜けると言っているのに、それが理解できないのかコイツは?

4.海外のパネリスト
イギリスもはっきり言明したらいいんだよ。”白人の移民は大歓迎、でも、アフリカやアラブ系の移民はお断り”ってね…

5.海外のパネリスト
このばあさんは、ほんと何言ってんのかね?こいつが受け入れを決めた移民を、なぜイギリスに押し付けようとするんだ?てめぇが受け入れたんだから、てめぇで世話しな!

6.海外のパネリスト
>>5
ドイツ人ってのは、酔っ払ってることが多いから…

7.海外のパネリスト
>>5
これこそ、共産主義者の考えそうなこと…個(イギリス)よりも、集団(EU)が優先されるのさ…

8.海外のパネリスト
メルケルは、ドイツと同じように、全EUもイスラム教徒のたまり場にしたいんだろう…

9.海外のパネリスト
大丈夫。イギリスは、こんな太った偽善ババアの言うことなんか、無視するし。

10.海外のパネリスト
>>9
おいおい、イギリスだけおいしいとこ取りなんておかしいだろ?俺達にだけ移民を押し付けるつもりか?

11.海外のパネリスト
>>10
イギリスはおいしいところも、まずいところも要らないと決めたんだ。それがBriexitの結果だよ。

12.海外のパネリスト
メルケル…なぜそこまでドイツを憎むのか?なぜドイツを壊そうとする?

13.海外のパネリスト
>>12
すべてのイスラム移民を、ドイツで面倒みりゃいい…それで問題解決だよ。

14.海外のパネリスト
>>12
彼女はポーランド系ユダヤ人だからね…ドイツを憎んで当然。

(*真相は不明。)

15.海外のパネリスト
この人はいつも人を批判してばかり…

16.海外のパネリスト
あと数十年もすれば、アフリカやイスラム系移民によって、ヨーロッパは大きく変貌を遂げることになるだろう…ユールビア(ユーロ+アラビア)の誕生さ…

17.海外のパネリスト
彼女はドイツにとっての裏切り者だ…なぜそれをドイツ人は理解できない!?

18.海外のパネリスト
>>17
これまで三期も続いてきたんだ…ドイツ人は、自国を崩壊させたいんだろ…

19.海外のパネリスト
イギリスが、過ちの代償を支払うだって?じゃあ、メルケルよ…あんたは、いつそれを払うんだ?

20.海外のパネリスト
こりゃいい…ドイツがイギリスを脅してるぞ?アドルフ以来だな…
 
[*ブログランキング参加中*]
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ 

このページのトップヘ