海外報道翻訳所

海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

米:奨学金破産が深刻化…制度に対する理解不足が原因か?[海外の反応]




[ News Infromation ]

現在、アメリカにおける貸与奨学金総額は14億ドル(*1500億円くらい)に達しており、その半数近くにおいて、回収不可になる可能性が高い。毎年、100万人近くの奨学金利用米学生が「債務不履行」に陥っているという。

米政府等が主体となって貸し付ける「奨学金」の場合、民間の金融会社によるローンとは異なり、「貸出基準・説明」等の制約が甘く、それらを利用する学生やその家族の中には「(利息などを含めた)最終支払額・規約等」を確認せず契約してしまう場合も多い。その結果、支払い不能になってしまうという。

[ News Sources ]
[ Comment Infromation ]

[コメント元]
米ヤフー
コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*949件)
[コメント選出基準]
人気・選択

[ Comments ]

1.海外のパネリスト
大学の経済支援部門で働いているけど、返済義務のある奨学金と、返済義務のない給付金の違いを理解していない学生が多すぎる!利子の存在すら理解していないし、支払い総額について把握している人は殆どいなかった。

2.海外のパネリスト
>>1
そもそも、なぜそんな学生たちが「奨学金」を借りることができるのか?授業料さえ手に入ればいいという、大学側の怠慢ではないか?

3.海外のパネリスト
奨学金利用者の半数が債務不履行?でも、別の情報では「奨学金の不履行率は8~10%」となっている。どちらが正しいのか?

4.海外のパネリスト
>>3
多くの借り主には「返済猶予期間」が与えられているのさ。

5.海外のパネリスト
>>3
「債務不履行に陥った奨学金」でも、問題を覆い隠すため「返済猶予期間」にあるものと計上される。

6.海外のパネリスト
>>3
大丈夫。社会主義者達が政権を握れば、全ての奨学金は無効にされるはずだ。返済の有無を悩む必要など無くなるだろう。(*多分皮肉)

7.海外のパネリスト
>>3
返済余地のある「返済猶予期間」の「奨学金(delinquent loan)」と、完全に回収不可能になった「焦げ付いた奨学金(defaulted loan)」の違いじゃない?

8.海外のパネリスト
基礎経済学によれば、こうした「奨学金」の存在こそ、過去数十年に渡り「インフレ率(物価上昇率)」を大幅に上回る「授業料高騰」を可能にさせてきた原因である。このような公的貸金制度を即座に廃止し、常識ある「学費の設定」を促進すべきだ。

9.海外のパネリスト
どんな学生でも大学の学費を払えてしまう「奨学金制度」自体が間違っているのさ。政府がバンバン金を出しすぎなんだよ。コレのせいで、大学側がどんどん学費を釣り上げていく状況が作られている。

10.海外のパネリスト
>>9
じゃあ政府が全部悪いのか?そんなわけないだろ?左翼ってのは、政府批判しかできないのかね…

11.海外のパネリスト
>>9
私が大学に通っていた60年代後半、今と同じように、政府による援助で多くの人々が大学へと通っていた。しかし、それは決して学費の上昇を招くものではなかった。多くの奨学金は「連邦政府が公認した」民間の銀行によって超低金利で貸し出されていた。ここで言う超低金利とは、だいたい「1%」くらいだ。皆しっかりと返済していたし、破産になるような人々はほとんどいなかった。

12.海外のパネリスト
つまりこの記事が訴えていることは、「奨学金」を借りる学生&その親達の経済概念の絶望的乏しさである。「奨学金」を借りることに対する善し悪しを、正確に評価できていない。

13.海外のパネリスト
私の娘は4万ドル(440万円くらい)の奨学金を借りている。もちろん、これが借金であることを了解した上で契約をした。奨学金が抱える真の問題は、それが住宅ローン同様「利息の支払い」を優先させるところにある。奨学金を借りてから8年が経っているが、毎月600ドル(66000円くらい)の返済をしているにもかかわらず、未だ3万5000ドルの返済額が残っている。娘は返済の為、一人暮らしをすることもできず実家暮らしを続け、かつ、毎週5~6日懸命に働いている。全ての人間が(高給取りの)IT系や医療分野に務めているわけではないのだ。もう少し奨学金の利息を減らしてほしい。

14.海外のパネリスト
>>13
「コミュニティ大学(*専門学校的な場所)」や、より学費の低い大学を選ぶべきだった。もしくは、軍に所属していたら、学費を肩代わりしてくれたであろうに…

15.海外のパネリスト
彼らは「ローン」の意味を理解しているのかな?「ローン」っていうのは「お金を借りる」ことであり、最終的に「利子を含んだ金額」で返済しなければいけないものなんだ。こんなことすら分からない人間は、大学を受ける前に、高校教育を受け直すべきだよ。

16.海外のパネリスト
>>15
記事でも書いてあるけど、問題は「奨学金の説明不足」にある。実際に政府が運営している「奨学金の申し込みサイト」を見てご覧。そこには「ローン」という単語は一箇所しか出てこない。その他の場所では「ローン」が「支援(aid)」という単語に置き換えられているんだ。誰が「支援」という単語から「借金」を連想することができるであろうか?誰だって「(返済義務のない)給付金」だと思ってしまうだろう。

17.海外のパネリスト
専門学校に2年、その後、4年制大学で残りの2年の単位を取得したが、未だに毎月、「奨学金の借り換え返済」を勧めてくる会社からダイレクトメールが届く。きっと儲かるんだろうね…

18.海外のパネリスト
>>17
それだけ「利子商売」が「美味い」ってことですな…

デンマーク:移民・難民の「本国送還」を目指す法案が議会可決される




[ News Infromation ]

先日、デンマーク議会において同国における「旧移民・難民政策」を「一新(paradigm shift)」する法案が可決した。同法案では、これまで「移民・難民の統合」を掲げてきた政策方針を転換し「移民・難民の祖国・本国送還」を目指すものとなる。政権与党を含め、賛成多数で可決されたものの、一部人権団体等から大きな非難の声もあがっている。

[ News Sources ]
[ Comment Infromation ]

[コメント元]
VoA公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1100745610796371968
コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*116件)
[コメント選出基準]
順番・選択

[ Comments ]

1.海外のパネリスト
てっきり、すでにデンマークに移住してきている「自称平和の宗教さん達(*イスラム教徒)」を、強制的に追放する法律かと思っちゃった。

2.海外のパネリスト(デンマークの方)
実際、我が国には永住ビザを持っている人々に対しても、祖国が安全になった場合には彼らを「送還」する制度がある。デンマーク在住のソマリア人などは、よく「送還」されているよ。

3.海外のパネリスト
英テリーザ・メイ首相は、そうした不法移民達をイギリスに招こうと必死になっている。彼らはまるで英国人のように扱われているのだ。

4.海外のパネリスト
>>3
もしうまくいったら、どうやって成功したのか…是非とも教えてくれ。

5.海外のパネリスト
常識溢れるデンマークを愛さずにはいられない。

6.海外のパネリスト
スウェーデンとドイツは、しっかり彼らから学びなさい!

7.海外のパネリスト
西ヨーロッパはかろうじてまだ「生きていた」ようだな。全てが終わったわけではないのかもしれない。ただし、スウェーデン…テメーはダメだ。(I fear though that for Sweden it is already too late.)

8.海外のパネリスト
>>7
ステファン・ロベーンとかいう、グローバリストお抱えの裏切り者が仕切っている国ですもの。

9.海外のパネリスト
EUの言い成りにならない「根性のある欧州国家」が存在するとは…大変喜ばしい!!

10.海外のパネリスト
これまで「移民政策支持を訴えていた政治家達」が、次期選挙において(反移民感情の高まりを気にして)この法案に賛辞を送るであろう。

11.海外のパネリスト
デンマーク欧州連合離脱も間近か?

12.海外のパネリスト
少なくとも、彼らはかつて行っていた過ち(*移民受け入れ政策)を悔い、それを正したのだ。それこそ、未だに侵略者を受け入れ続けている国家との違いだ。

13.海外のパネリスト
これぞ、国家の統治権と文化を守るべき正当な移民法である。

14.海外のパネリスト
どうやらデンマークは生き残ることができそうだ。今のうちに「オーレスン・リンク(*デンマークとスウェーデンを結ぶ海底トンネル。)」を閉鎖しておくべき。

15.海外のパネリスト
そもそも、移民や難民に様々な権利を与えすぎていたんだよ。「国境開放論者達」は、それらの権利の価値を理解できていない。

16.海外のパネリスト
ご近所さん(*スウェーデン)にも教えてあげてください。

17.海外のパネリスト(スウェーデンの方)
>>16
30%近くのスウェーデン人は、すでに「移民追放」に傾いている。ただ、残念ながら未だに左翼思想を持つ人々が多くいることも事実だ。

18.海外のパネリスト
法律にするのはいいけど、重要なのはコレを本当に実施できるかってこと。現実的には、かなり難しいとおもうなぁ…

米:ゲイ人権活動家、ヘイトクライム被害を自演・逮捕される[海外の反応]




[ News Infromation ]

著名なゲイ人権活動家であり、自身も「女性→男性トランスジェンダー」でもある人物が、「ヘイトクライム」を装い、自宅を燃やしたとして逮捕された。この火災で、家の中にいたペット5匹が犠牲になったという。

[ News Sources ]
[ Comment Infromation ]

[コメント元]
米ヤフー
コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*156件)
[コメント選出基準]
人気・選択

[ Comments ]

1.海外のパネリスト
彼は、(先日自演事件を起こした)Smollettと同じ部屋に収監してあげてください。

2.海外のパネリスト
>>1
「彼」ではない。

3.海外のパネリスト
>>1
「彼女」ですよ。

4.海外のパネリスト
「自分が別性別である」と考えてしまうことは、ある種の精神障害である。

5.海外のパネリスト
きっとメディアが、彼の人権擁護為に立ち上がってくれることであろう。

6.海外のパネリスト
少数派って、時として注目を集めるために「とんでもないこと」をするよね。まぁ、一部の人間がすることで、全体を推し量るようなことはすべきじゃないけど。

7.海外のパネリスト
また「自演」!?いずれバレるってことが分からないのかな?

8.海外のパネリスト
>>7
(*黒人差別が根強い)米南部地域におけてよく報道される「黒人教会への嫌がらせ」についても、その真偽をしっかり調査すべき。

9.海外のパネリスト
「5匹のペットが犠牲になった」?違うでしょ?彼女が自分のペットを「殺めた」んだよ!ペットが家の中にいるのを知っていたはず!多分自宅が焼失しただけでは、世間の関心を集められないとおもったのだろう。

10.海外のパネリスト
>>9
「ペット」じゃなくて「赤ちゃん」だったら、リベラル界の英雄になれたのに。

11.海外のパネリスト
「地元のイカれた人物」が「活動家」との名称を与えられる世の中。脱税目当ての連中が「慈善/非営利団体」と呼ばれる社会。まともな精神の人々が「忍耐」を求められ、「差別主義者」扱いされる現状。その結果、我々の共同体は破壊していく。

12.海外のパネリスト
男は男だし、女は女。

13.海外のパネリスト
同性愛者達は、自らの性的指向を尊重するように述べる一方、他者の権利は否定する。無実の犠牲者を装う一方、意見が異なる人々に対しては徹底的な弾圧を加える。

14.海外のパネリスト
>>13
だからこそ、彼らはリベラル主義と相性が良いのさ。

15.海外のパネリスト
「ヘイトクライム」が増えていると盛んに言われているが、こうした「自演事案」を考慮しているのか?

16.海外のパネリスト
「差別被害者」を装う以外にも、「保険金」も狙っていたのであろう。

17.海外のパネリスト
この期に及んで、彼女の擁護をする連中がいることに驚きを禁じ得ない。きっと真実を受け入れたくないのであろう。

18.海外のパネリスト
左翼は完全に狂ってる。

スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応いたします。

当ブログの政治傾向:
保守的

RSS(全般):
http://foreignnews.biz/index.rdf

RSS(海外の反応のみ):
http://foreignnews.biz/archives/cat_382414.xml

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

関連コンテンツ
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。
ご意見・ご要望

コメント削除・問合せ等はこちらへ

名前
本文
スポンサーリンク