海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



オバマ政権が、トランプ陣営に対して不適切な諜報活動を行っていたとする疑惑が浮上、下院情報委員会に所属する共和党の議員達などは、騒動の発端となった司法省内部メモの(一部)一般公開を強く求めている。

今回の疑惑は、2016年、米大統領候補となっていたトランプ氏の陣営に対して、当時のオバマ政権が外国情報監視法(FISA)を不適切に活用し、トランプ氏周辺のスキャンダルなどを調べさせていたというものである。

共和党議員の中には、司法省内部メモの公開要求と共に、これらの諜報活動を担っていた司法省スタッフなどに対して、責任を追及する声が強まっている模様。一方、米民主党は、メモの内容が”ひどく歪曲されたものである(skewed)”などとしており、メモの公開には否定的である。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.dailymail.co.uk/news/article-5289689/Republicans-demand-release-secret-FISA-abuse-memo.html
http://edition.cnn.com/2018/01/22/politics/gop-classified-intelligence-fisa-memo/index.html?sr=twCNN012218gop-classified-intelligence-fisa-memo0627AMVODtop

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米CNN公式ツイッター
https://twitter.com/CNN/status/955402201484152832
[コメント傾向]
賛否両論
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供、ありがとうございました。翻訳内容におきまして間違い等ございましたら、ご指摘いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
この出来事は、米民主党を終焉へと導くものになるだろう。

2.海外のパネリスト
メモくらい簡単に捏造できる。信用できない。

3.海外のパネリスト
共和党だって身に覚えがあるんじゃないのか?だからこそあえて、米民主党を責めているんだろ?自分達が疑われないために…

4.海外のパネリスト
アメリカ国民には、真実を知る権利がある!#ReleaseTheMemo(#メモを公開しろ!)

5.海外のパネリスト
こんなものは所詮、トランプが抱える様々な疑惑から、世間の目を逸らす為の三文芝居だよ。

6.海外のパネリスト
米民主党議員から、一体何人の逮捕者が出ることになるだろうか…

7.海外のパネリスト
CNNよ!あなた達はこの話題を連日報じ続けなければいけない!!メモの内容が公開されるまで!!!

8.海外のパネリスト
>>7
フェイクニュースメディアであるCNNに何かを期待しても無駄さ。1時間の放送中、正確な事は一つも報じない連中だからね。毎日、反アメリカ的意見を垂れ流して、視聴者に偏った意見を刷り込むことしか能のない連中なんだよ。

9.海外のパネリスト
メモを公開しろ?じゃあ、トランプの税関連資料も公開してもらおうか?

10.海外のパネリスト
>>9
米政治家全員対象でお願いします。

11.海外のパネリスト
*ミュラーの捜査を妨害するためとしか思えない。

(*ロバート・スワン・ミュラー三世:アメリカ合衆国の法律家、司法官僚。2016年アメリカ合衆国大統領選挙の不正疑惑を捜査する特別検察官に任命されている。)

12.海外のパネリスト
共和党の議員達が、必死になって陰謀論を捲くし立てている姿が、あまりにも滑稽すぎて震える。

13.海外のパネリスト
>>12
毎日毎日ある事ない事好き勝手喚き散らしているのは、むしろ、あんたらリベラルの方だろ?

14.海外のパネリスト
現在、共和党により「司法省内部メモ」が製作されています。しばしお待ちを…

15.海外のパネリスト
このメモには、様々な機密が含まれている。合法的に一般公開することはほぼ不可能だろう。

16.海外のパネリスト
どうせ公開するなら、一部じゃなく、すべての資料を出して欲しい!

17.海外のパネリスト
自国の政府機関職員達に対して、ツバを吐くような不遜行為だ!共和党議員たちは恥を知れ!!!

18.海外のパネリスト
公開させたらいい。どうせ偽物であることが判明するだけなんだから…
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所

1

ツイート意訳:
「Newsbeat」はマルチメディア・ジャーナリストの研修生を募集しています。これは「Creative Access」が提唱する計画の一環として行われるものであり、黒人、アジア人、非白人の少数民族などを対象としています。今回の求人条件に当てはまる方をご存知ありませんか?ぜひこのツイートを広めてください!詳細はこちら

英BBCラジオの有名番組「Newsbeat」がツイッター上にて、「白人以外(non-white)」のジャーナリスト研修生を募集し、大論争が巻き起こっている。

今回の求人は、在英黒人、アジア人、少数民族などの就業を支援する非営利団体「Creative Access」の活動に、BBCが参加する形で行われた模様。

現在、該当ツイートには2400以上もの多種多様な意見が寄せられている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/BBCNewsbeat/status/953602152311803905

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
英BBC公式ツイッター
[コメント傾向]
賛否両論
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
募集要項に”非白人”と書いてしまうのは、明らかに差別でしょ?ジャーナリストと肌の色は、関係ないはず。

2.海外のパネリスト
>>1
直接は関係ないけど、様々な文化背景を理解する能力は、非白人のほうがあるだろうね。

3.海外のパネリスト
私の甥がBBCに就職したがっていたのだが…彼は白人なんだ。どうやってこれを説明すれば…

4.海外のパネリスト
>>3
仕事探しくらい自分でさせなよ…

5.海外のパネリスト
BBCは普段、(少数派に対する)不公平や差別について、しつこく報道しているくせに…。自分達もやっているじゃないか…こんなものは、絶対に許されてはいけない!

6.海外のパネリスト
>>5
私はTV業界に勤めているものだが、これは差別でもなければ区別でもない。もし君がこの件に関して、建設的な議論を望むのなら、よろこんで受けて立つよ?

7.海外のパネリスト
>>6
黒人やアジア人がアンタの上司になってもいいのかい?

8.海外のパネリスト(>>6)
>>7
すでに黒人やアジア人の上司がいるけど、まったく気にならない。僕は中流白人家庭出身だし、おまけに、高学歴&高スキルだからね。仕事探しには困らないよ。

9.海外のパネリスト
>>8
貧しい白人家庭の子供が、一部の人種・性的特権階級に仕事を奪われても構わないと言っているのか?

10.海外のパネリスト(>>6)
>>9
こういった制度は今、どこにでもあるものさ。メディア業界に限った話じゃない。

11.海外のパネリスト
>>10
10年前、私がこの業界を志した時は、こんな制度存在していなかった…こういった求人方法は、メディアにとって、自分たちがいかに”寛容”であるかを、披露するための手段でしかない。

12.海外のパネリスト
酷すぎる募集広告だね…もしこれが”白人限定”の求人だったら、すさまじい非難が寄せられたのちに、即刻削除されていただろう。ツイッター社!差別表現だぞ!!対処しろ!!!

13.海外のパネリスト
白人と黒人のハーフだったらどうなるんだろう…アルバイトくらいになら雇ってくれるのだろうか?

14.海外のパネリスト
>>13
就業時間が、フルタイムの半分(*ハーフ)になります。

15.海外のパネリスト
これは完全なる差別でしょ?責任者の名前を公表してほしい。地元選出の政治家に訴える!!!

16.海外のパネリスト
>>15
とりあえずこのツイートのスクショを撮っておいた。あとで削除されそうだからね…

17.海外のパネリスト
肌の色に関係なく、その職種に最も適した人物が選ばれるべきだと思う。

18.海外のパネリスト
メディア業界(特にBBC)においては、*BAMEの割合がまだまだ少ないからね。こういった制度も、社会的公平性を維持するためには必要なんだよ。

(*BAME:黒人(Black)、アジア人(Asian)、少数民族(minority ethnic)の総称。)

19.海外のパネリスト
>>18
今では、白人も十分少数派ですよ…


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



今週水曜日、スウェーデンのステファン・ロベーン首相は自国メディアの取材に対して、急増する重犯罪に対抗すべく、軍隊の投入も含めた、あらゆる選択肢を検討していることを明らかにした。

同国における凶悪事件の発生件数は、国際基準より低いものの、治安の悪化が深刻化するに従い、国民の間に警察への不信感が高まっているという。

近年、スウェーデンにおいては、銃やハンドグレネードを使った事件が多数報告されている。

こうした治安に関する問題は、今年9月に予定されている議会選挙の争点になると考えられており、移民流入と犯罪増の関係を指摘している右派政党「スウェーデン民主党」の動向が注目される。

今回、ロベーン首相が、治安維持のため軍隊の投入にまで言及した背景には、「スウェーデン民主党」の台頭をなんとしても阻止したいという思惑が、見え隠れしている。

一方、スウェーデン民主党党首であるJimmie Akesson氏は、議会で演説を行い、現スウェーデン社会の実状を皮肉交じりに訴えた。

「スウェーデンの市民達はピザ店で銃撃を受け、路上でハンドグレネードの爆風に晒されている。(-中略-)御覧なさい!これが新たなるスウェーデンの姿なのです!素晴らしき多文化主義の楽園…そう!これこそ、貴方達(スウェーデンの政治家達)が長年かけて作り上げた理想卿の姿なのです!!(“People are shot to death in pizza restaurants, people are killed by hand grenades they find on the street,”(-中略-)“This is the new Sweden; the new, exciting dynamic, multicultural paradise that so many here in this assembly ... have fought to create for so many years,”)」

//------------------//
//News Info
//------------------//

ロイター:
https://www.reuters.com/article/us-sweden-violence/swedish-pm-does-not-rule-out-use-of-army-to-end-gang-violence-idUSKBN1F629L?il=0

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/953991190126489601
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

選挙が近くなるに伴い、スウェーデンの与党政治家達も、現実路線にシフトしてきているようです。

2017年3月:



2017年12月:
「大規模難民の受け入れは失敗だった…」スウェーデン財務大臣、大規模難民の受け入れ失敗を認める。

この手の話題は普段、保守系メディアでしか扱われないのですが、今回は珍しく、ロイターが記事にしていました。

//------------------//

1.海外のパネリスト
もう市民を武装させるしかないね…

2.海外のパネリスト
今更何しても遅いよ。スウェーデンはもう国じゃない…すでに亡国である。

3.海外のパネリスト
あれ?おかしいなぁ…スウェーデン政府はこれまでずっと、移民の統合が上手くいっていると豪語してきたじゃないか?あれは嘘だったのかい?

4.海外のパネリスト
「治安悪化」と「イスラム移民の流入」…関連はあるのかな?

5.海外のパネリスト
>>4
「治安悪化」と「イスラム移民の流入」は、同義語だよ。

6.海外のパネリスト
これまで私達は何度も、スウェーデンの治安悪化を指摘してきた。だがその度に、彼らは我々を”愚かな極右”と罵ってきたのだ…

7.海外のパネリスト
すべての欧州都市に軍隊が展開されるべき!

8.海外のパネリスト
ようやく、スウェーデン社会に多くの問題が存在していることを認めたのか…

9.海外のパネリスト
軍隊に完全なる戸別捜索を行わせ、一人残らず、イスラム教徒たちを国外退去処分にしなくてはいけない。

10.海外のパネリスト
多文化主義的理想社会の実現などは所詮、絵空事である。社会主義者達はその無意味さを悟っていたはずだ。失策のツケを全て市民に押し付けている。彼らは悪以外の何者でもない。

11.海外のパネリスト
制限なき移民制度が、美しきスカンジナビアの国々を滅ぼしている…なんと悲しむべきことか。

12.海外のパネリスト
結局軍隊頼り…なぜお前ら政治家達の失態を、彼らが取り繕わねばならないのか?

13.海外のパネリスト
覚えているかい?トランプがスウェーデンの治安悪化を指摘した時、大手のリベラルメディアがどれだけ彼の発言を馬鹿にしたか…そうとも!トランプはやはり正しかったんだ!!!

参考記事:
やはりトランプは正しかった!?スウェーデンで移民による暴動が発生!!!

14.海外のパネリスト
毒蛇を野外で見つけた。→可愛そうだから家に連れて帰ってみた。→エサを与え、大切に育てた。→なんかおっきくなってきた。→か…噛…まれ…た…

なんなのコレ…

15.海外のパネリスト
この期に及んで、まだ検討している段階なの?腰抜けだねぇ…

16.海外のパネリスト
行動するにしても、すでに数年遅いです。

17.海外のパネリスト
左翼政党が支配しているスウェーデンにおいては、これまで移民受け入れが積極的に行われてきた。その結果、彼らは祖国を荒廃させるだけではなく、ムスリム達の侵略を許す結果となったのだ。

18.海外のパネリスト
考えてる暇があるなら、さっさと動け!!!

19.海外のパネリスト
「国内に(軍隊の)敵がいる」っていうシチュエーション自体が、常識的にまずありえないよね。
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



今月17日、ドイツのメルケル首相と、オーストリアのセバスティアン・クルツ首相が初の首脳会談を行った。この場において、両者の間では、移民問題について激しいやり取りが行われた模様。

海外メディアによると、メルケル首相は、EUの「移民割り当て制度」に反対を表明しているオーストリアに対して、直接、苦言を呈したという。

一方、クルツ首相はそうしたメルケル首相の主張に対して、”移民問題を解決する鍵は、(EUにおける)国境管理の厳格化、及び、(移民を生み出す)起源国家への手厚い支援にある。”などと、反論した。

メルケル首相は、こうした意見に対して一部賛同を示しつつ、「移民割り当て制度」に参加しない国家に対して、批判的な態度を示した。

会談後、記者団の取材に応じたクルツ首相は、「移民割り当て」の話しかしないメルケル首相の姿勢に対して、”(移民割り当ての問題に)時間が割かれすぎた…(took up too much space)”などと、愚痴を漏らしたとされる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

英:デイリーメール
http://www.dailymail.co.uk/news/article-5280377/Angela-Merkel-clashes-Austrian-leader-Sebastian-Kurz.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/953720486583853056
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
クルツさん、馬鹿(*メルケルさん)に何をいっても無駄ですよ。

2.海外のパネリスト
欧州各国におけるメルケル人気が、毎週のごとく下がっていく…ポーランド、オーストリア、ハンガリーなどなど。東ヨーロッパの皆さん!アメリカは貴方達を支援する準備が出来ていますよ!!

3.海外のパネリスト
オーストリアがドイツに説教してくれたぞ!!

4.海外のパネリスト(*写真)
メルケル「ヨーロッパを中東諸国に!」

(*トランプ大統領の標語「アメリカを再び偉大に!」のパロディ)

5.海外のパネリスト
とりあえず…”国境”の存在を認識するところから始めようか…

6.海外のパネリスト(*写真)
国境信号機「赤・赤・赤」

7.海外のパネリスト
メルケル?もしかして、”人道に対する罪人”こと、メルケルのことですか?

8.海外のパネリスト
馬耳東風…

9.海外のパネリスト
オーストリアは非常に賢い…首相も優秀。

10.海外のパネリスト
クルツ氏を首相に選んだ事は、とても良い判断だったと思う。彼なら、オーストリアはもちろん、ドイツをも救ってくれるかもしれない。ただし、メルケルの支配が続けば、ドイツはいずれソマリアレベルにまで、落ちぶれてしまうだろう。

11.海外のパネリスト
いいなぁオーストリアは…立派な首相がいて…我国オランダのルッテ首相なんか自国民を守る気ゼロだから…オランダ人キリスト教徒よりムスリム移民達を優先している。誰か助けて!!!

12.海外のパネリスト
ヨーロッパはメルケル、マクロン&EUのお役人達を排除するべきだ。そうすれば、再興することができるだろう。

13.海外のパネリスト
EUや国連は、世界から国境を無くそうとしていた…しかし今、彼らは国境の必要性を認め始めている。

14.海外のパネリスト
メルケルが今一番知らなければならないのは、一体どれだけの土地が彼女のせいで「No-Go-Zone」化してしまったのかということだ。

15.海外のパネリスト
今ヨーロッパを救うことができなければ、もう無理だろう。我々にはトランプや*ファラージのような、強いリーダーが必要だ。オバマとメルケルは、ムスリムと手を組み、西洋社会の破壊を試みた。かつて、ヒトラーとムスリムがユダヤ人を迫害したように、今、彼らはキリスト教徒を標的にしている。

(*ナイジェル・ファラージは、イギリスの政治家。イギリス独立党党首、欧州議会議員(4期)。イギリスの欧州連合からの脱退と主権回復を目指す欧州懐疑主義運動のパイオニア的存在である。by wiki)

16.海外のパネリスト
メルケルさんって人は、精神的に問題があるんだよ。自分では上手く対処できると思っているけど、実際には多くの問題を生み出してしまっている。しかも、それらの現状を認めようとせず、受け入れない。まったく…本当に困った人だ。

17.海外のパネリスト
今対策を打たねば、今後二年間で、1000万人近い移民がアフリカ大陸からやってくるだろう…

18.海外のパネリスト
国境管理の強化?すでに多くの移民が入り込んでいるのですが…

19.海外のパネリスト
もうさ、オーストリアがドイツを*併合しちゃいなよ…今回は。

(*1938年、ナチス・ドイツによってオーストリアは併合されている。)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所


*「自国領海(*尖閣諸島周辺)に侵入した日本船を、監視・追跡した。」などと、述べています。

//---------//
Update 2018/1/19 3:30
*一部注釈を削除しました。
「(日本を挑発するため)→削除」
コメントでのご指摘ありがとうございます。
//---------//

---記事引用開始---

 小野寺五典防衛相は15日、尖閣諸島(沖縄県石垣島)周辺の日本の接続水域を10、11両日に潜没航行した中国海軍の潜水艦は、「商」級の攻撃型原子力潜水艦だったと記者団に明らかにした。小野寺氏は「国際的な常識から、潜水艦が潜航したまま相手の領海近くに航行することはあってはならない」と中国軍を批判し、「毅然(きぜん)とした対処をしていく」と強調した。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000543-san-pol

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー(元記事:Newsweek)
https://www.yahoo.com/news/china-sent-nuclear-missile-attack-155341316.html
[コメント傾向]
若干保守(+五毛さん:中国系話題時のみ出現)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
中国製ジャンク品のボイコットを!!!

2.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
>>1
じゃあ、iPhoneも買うなよ?あれは中国製だからな?

3.海外のパネリスト
>>1
確かに、裕福であれば中国製品無しでも生活はできるだろう…だが、お金を節約するためには(中国製品を沢山取り扱う)コストコ、ベストバイ、ウォルマートなどの店を利用するしかない。

4.海外のパネリスト
>>1
とりあえずアメリカ製品を優先して買おうよ!

5.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
>>1
もはや中国無しに、米国は生き残れん!現実を見ろ!!

6.海外のパネリスト
中国とロシアさえいなければ…世界も平和になるだろうに…

7.海外のパネリスト
>>6
トランプも忘れないであげて!

8.海外のパネリスト
知ってる?中国海軍は「航空母艦」を*1隻しか保有していないだよ…しかも(旧ソ連製の)中古!米軍が誇るF-22、バージニア級原子力潜水艦&シーウルフ級原子力潜水艦からすれば、「(中国海軍と戦うことは)フレンチフライを食べる」ようなもんさ!

(*実際には2隻保有している:参考

9.海外のパネリスト
いい加減、日本に課せられてきた各種戦後制約を撤廃すべきだ。彼らの再軍備が必須である!

10.海外のパネリスト
日本「潜水艦、バレバレですよ~」
中国「マジで!次は見つからないようするよ!」

11.海外のパネリスト
>>10
一部報道だと、これ見よがしに海面浮上してきたらしい…しかも、中国旗を掲げて…

12.海外のパネリスト
中国っていつもトラブルばかり起こすね…

13.海外のパネリスト
>>12
次、中国の潜水艦が再び侵入してきたら、日本はそれを攻撃するべきだよ。

14.海外のパネリスト
>>13
実際、日本が攻撃してきたら…中国はどう反応するのだろうか?

15.海外のパネリスト
我々アメリカ人が中国製品を買うことにより、中国に資金を与え、同国の軍事化をより促進させているのだ。

16.海外のパネリスト
第二次世界大戦戦勝国の一員として、デカイ面をしているが…中国は肝に銘じておくべきだ。日本は現在、我々(アメリカ)の味方であることを…。

17.海外のパネリスト
中国の潜水艦が海面に浮上した時、彼らは赤旗(中国旗)を掲げていたらしい…せっかくなら、白旗を揚げておけばよかったのに…どうせ、日本の海軍には絶対適わないんだから…

18.海外のパネリスト(*別の書き込み)
>>17
中国の潜水艦が海面に浮上しただって?中国製なのにちゃんと浮上できたの!?www

19.海外のパネリスト
世界を征服すること…それこそが中国の最終目標だ。これを防ぐためには、各国が協力して、中国を”経済的”に追い詰める必要がある。たとえそれが、一時的な経済危機を世界にもたらすことになったとしても、第三次世界大戦の勃発より、はるかにマシであろう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



メルケル首相率いる右派政党”CDU”と、マルティン・シュルツ氏率いる左派政党”ドイツ社会民主党(SPD)”の大連立が、現実になりつつある。先日、両政党は声明を発表、難民危機は終焉を迎えたとし、最大年間22万人の移民受け入れについて合意に至ったことを明らかにした。

移民受け入れはSPDが一貫して訴えてきた政策であり、前回の選挙後、連立交渉に苦しみ続けたメルケル首相陣営が、SPDの支持を得るため、大幅な譲歩を求められた可能性もある。

発表によれば、年間18~22万人の移民を受け入れることに両党が合意したとされ、2015年の難民危機が繰り返されないよう、秩序ある移民政策を導入するとしている。

また、ドイツに住んでいる難民・移民達の家族を受け入れる”家族再会法(family reunion rules)”の再施行も検討されており、毎月1000人程度の家族メンバーが対象になるという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2018/01/13/german-grand-coalition-declares-migrant-crisis-will-let-220000-migrants-per-year/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/952194343808495619
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
ヨーロッパのリベラル政治家達って、米民主党議員よりも救い様がないな…

2.海外のパネリスト
そのうち、SPDは無制限の移民受け入れを要求してくるぞ!

3.海外のパネリスト
移民賛成派の議員って、絶対、どこかからお金をもらってるよね…

4.海外のパネリスト
重婚多産のムスリム達は、短期間で人口を倍増することができる。

5.海外のパネリスト
22万人?0人でいいよ…

6.海外のパネリスト
難民危機は、ドイツにおいて、この先も継続してゆくだろう…

7.海外のパネリスト
とあるTVインタビューにて…

TV「もし、難民申請者がさらにドイツに流入してきたらどうしますか?」
シュルツ氏「ならば、さらに受け入れたらよい。」

8.海外のパネリスト
ドイツ&ヨーロッパに破壊をもたらす最強コンビ(メルケル氏&シュルツ氏)が、結成されてしまった…

9.海外のパネリスト
メルケルさんは一体何がしたいのかね…

10.海外のパネリスト
難民危機が終焉を迎えただって?違うね…これから始まるのさ…

11.海外のパネリスト
神よ、彼らをお許しください。自分が何をしてるのか知らないのです…

12.海外のパネリスト
正規移民や、再移民、移民家族の流入なども考慮すれば、最終的な年間移民流入数は50万人を超えるだろう。

13.海外のパネリスト
メルケルはグローバリストの指示通り動いている。ドイツの人々よ、我々はこれまで幾度も警告を発してきたが、あなた達はそれらを全て無視し、自滅の道を選んだのだ。

14.海外のパネリスト
今後、ドイツ国民の税金が、年間22万に及ぶ移民達に垂れ流されていく。

15.海外のパネリスト
人種置換が着々と進みつつあるね。

16.海外のパネリスト
22万人なんてケチなこと言ってないで、ギリシャに足止めされている数十万人の難民達も、一緒に受け入れたらどうだい?

17.海外のパネリスト
ドイツが何を決めようが彼らの勝手だけど…他のヨーロッパ諸国にそれらを強制するなよ?

18.海外のパネリスト
ヨーロッパはこうして終わる…爆発によってではなく、すすり泣きと共に…

(注:イギリスの詩人、劇作家、文芸批評家であるT・S・エリオットによる1925年の作品「The Hollow Men」の一節を流用・改変したもの。元文章:「世界はこうして終わる…爆発によってではなく、すすり泣きと共に…(This is the way the world ends...Not with a bang but a whimper.)」第一次世界大戦後の混沌とした社会における虚無を詠っている。「世界の終わり」は、戦争のような大規模なイベントによってではなく、静かなる混乱と崩壊によってもたらされるという意味…だと思います…多分。
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



//---------------//
Update 2018/1/17 10:50
*タイトルを変更 ”狂言”であることの断定を避けました。:コメントでのご指摘ありがとうございます。
//---------------//

---記事引用開始---

(CNN) カナダ東部トロントの警察は15日、同市内で登校中の少女が襲われ、イスラム教徒の女性が髪を覆うスカーフ「ヒジャブ」を切り裂かれたとされる事件は「発生していない」と断定した。

警察の報道官は具体的な情報を示さなかったが、本人の供述を裏付ける証拠がなかったと説明。事件の届け出を捜査した結果、実際には起きなかったことが判明するのは異例の展開だと述べた。

警察によると、捜査はすでに終結したという。CNNは少女の家族に取材を試みたが、返答は得られなかった。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://news.livedoor.com/article/detail/14164252/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
CBC公式ツイッター(*カナダ版NHK…リベラル指向がかなり強い。)
https://twitter.com/CBCToronto/status/952932725987581952
[コメント傾向]
炎上中
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供、ありがとうございます。

//------------------//
//Additional Information
//------------------//

以下はCBCホームページからの追加情報となります。
http://www.cbc.ca/news/canada/toronto/scarborough-hijab-attack-1.4487716

*現在、警察は被害を訴えていた少女の名前を非公開にしている。(*これまでは公開していた。)

*同少女に対する法的追求は行われない。

*カナダのトルドー首相は声明を発表、「事件が事実でなかったことに安堵している。」などと述べつつ、急増するヘイトクライムへの危機感を訴えた。

*本事件をいち早く報じていたCBCは、現在、被害を訴えていた少女の名前や画像の使用を、控えている。

//------------------//
//Related Article(事件発生時の記事)
//------------------//

カナダにて、ムスリム少女のヒジャブが切られる事件が発生…自作自演を疑う声も…

//------------------//

1.海外のパネリスト
CBCさん…あなた達は、この事件をヘイトクライムだと決め付けて、大々的に騒ぎまくってましたよね?しかも、警察による公式発表前に…。少なくとも、フェイク・ニュースを垂れ流したことに対する、謝罪をおこなうべきだと思います。

2.海外のパネリスト
>>1
(自作自演を指摘していた)我々の大勝利ですな。

3.海外のパネリスト
誰がこの少女に入れ知恵をしていたのか…君達はそれをしっかりと調査し、報じる責任がある。

4.海外のパネリスト(カナダの方)
まさか、こんな偽情報が出回るなんて…フェイクニュースはアメリカのお家芸だと思っていたのに…ショックだ…

5.海外のパネリスト
不思議なことに…皆、知ってた。

6.海外のパネリスト
捏造されしヘイトクライム事案がまた一つ…

7.海外のパネリスト
CBCを観るカナダ人が1人も居なくなるといいな…そうすれば、フェイクニュースに騙される人もいなくなるだろう…

8.海外のパネリスト
捜査が終結?ちょっとまって!少女やその家族に対する追加の調査は!?リベラル政治家による本件への関与は!?CBCが迅速に事件を報道できた理由は!?まだまだ疑問は沢山あるぞ!!!!!

9.海外のパネリスト
親愛なる大手メディア様。我々市民は、もはや貴方達の意見に左右されるのを止めようと思います。これからは、私達が自らがメディア・ジャーナリストとなり、情報を得てゆきます。

10.海外のパネリスト
この事件が嘘だったことにではなく…この事件が嘘であることを、警察が認めたことに驚いた。

11.海外のパネリスト
よかったね!CBC!!これでフェイクニュース・メディアとして、不名誉な地位を確立できたよ!!!

12.海外のパネリスト
とにかく謝罪をしろ。

13.海外のパネリスト
「大衆を惑わせる報道をした罪」の適用はいつ?

14.海外のパネリスト
もしこの少女が、自主的に嘘をついていたのならば…彼女の家族が全責任を負わねばならない。そうでないのなら、詳細について、しっかりと説明するべきだ。

15.海外のパネリスト
多くの同情を得ていた少女が、今や、炎上の真っ只中にいる…

16.海外のパネリスト
>>15
それはちょっと違うな…これは意図的な炎上商法なんだよ…イスラムへの憎悪を掻き立て、社会問題化させることにより、”イスラム保護法”制定を目論んでいるのさ…

17.海外のパネリスト
>>16
ムスリム達による白人への暴力は、ヘイトクライムやテロとは扱われない…これも全部、トルドー様のご意向ですよ…

18.海外のパネリスト
「Islamofauxbia(イスラム恐怖症と呼ばれることへの恐怖症)」が、この国に蔓延している…


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



---記事引用開始---

香港(CNNMoney) 人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「最後のジェダイ」が、このほど中国でも公開された。しかし興行成績は世界での実績に比べると振るわず、前作にも届かなかった。

調査会社コムスコアによると、「最後のジェダイ」が中国で公開された最初の週末の興行収入は推定2870万ドル(約32億円)。トップに立ったのは中国のコメディー映画の7870万ドルだった。

スター・ウォーズ・シリーズの中国での実績は、前回までの方が好調だった。最初の週末の興行収入は「ローグ・ワン」が3000万ドル、「フォースの覚醒」は5200万ドルに達していた。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://news.livedoor.com/article/detail/14133919/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
https://www.yahoo.com/news/apos-last-jedi-apos-box-155300184.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
(2019年公開予定である)「スター・ウォーズ エピソード9」のチケット売り上げは、酷いことになるだろう。(配給元の)ディズニーはマスコミに金をばら撒いて、「最後のジェダイ」に関するネガティブ報道をコントロールしているみたいだが、多くのスターウォーズファンを失望させた事実を変えることは出来ない。「ハン・ソロ」が主役のスピンオフ映画も製作中らしいけど、こういった切り売り商法は、馬鹿げているよ。第一、ハリソン・フォードが演じない「ハン・ソロ」に、何の意味がある?

2.海外のパネリスト
現在、ルーカス・フィルムは「*キャスリーン・ケネディ」によって支配されている。ゆえに、今後の「スターウォーズ」・「インディ・ジョーンズ」シリーズは、さらにフェミニスト指向の強いものとなっていくだろう。

(*キャスリーン・ケネディ:アメリカの女性映画プロデューサー。特にスティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ゼメキス監督の映画の製作に携わることが多い。)

3.海外のパネリスト
中国人だけじゃない…アメリカ人も最近の「スターウォーズ」には飽き飽きしている。

4.海外のパネリスト
>>3
その点においては…中国人に先見の明があったと、言わざるを得ないねw

5.海外のパネリスト
>>3
米映画史に歴然と輝く興行収入記録を叩き出していますが?ちょっとした銀行並みですよ?

6.海外のパネリスト
>>3
見る人が増えれば、それだけアンチも増える。それゆえ、アメリカ人に、「スターウォーズ嫌い」が増えているとしても、それが「スターウォーズ人気」の陰りを意味するわけではない。熱狂的なファンはいるが、大衆からは見向きもされない「マニア向け映画」を製作しても、しょうがないんだよ。

7.海外のパネリスト
嫌味な記事を書くよなぁ…「最後のジェダイ」がいかに素晴らしい作品であったかは、実際に見た人達皆が理解している。君達の報道なんかに騙されないよ。

8.海外のパネリスト
確かに、「最後のジェダイ」に関しては米国でも酷評が目立つよね…

(注:映画大国アメリカにおいて、映画の論評・レビューは人気が高く、「文学」レベルにまで発展している。それゆえ、使われている語彙や表現の水準も非常に高く、一般的なニュース記事などと比べ、翻訳の難易度が桁違いに高い。当ブログ管理人も何度か映画レビューの翻訳を試みたものの、すべて途中で挫折している。orz)

9.海外のパネリスト
>>8
酷評?誰が言っているの?少なくとも、僕が知っている映画評論家は、この作品を絶賛しているよ?例えば、「リチャード・ローパー(*映画評論家)」なんかは「Sun-Times紙」において、好意的なレビュー記事を寄稿していた。まぁ…ディズニーが経営するテレビ局にも出演していたけどさ…

10.海外のパネリスト
>>8
”インターネット上では、スターウォーズの新作がクソだって言われている…インターネットは俺達よりもはるかに賢い!!…強欲と差別に満ち溢れているけどね…”

11.海外のパネリスト
>>8
そんなレビュー読んだことないけどなぁ…

12.海外のパネリスト
>>8
この作品に文句を言っているのは、一部の狂った昔のファン達だけ。大部分のまともな批評家達は称賛している。

13.海外のパネリスト
かつて、映画を宣伝するため、映画に関連するオモチャが製造・販売されていた…しかし、今ではオモチャを売るために、それに関連する映画が撮られる時代になっている。

14.海外のパネリスト
なんていうか…似たようなストーリーの映画が多すぎるんだよなぁ…新作であるスターウォーズの監督達には、もっとオリジナルの物語を描いて欲しかったよ。

15.海外のパネリスト
>>14
今の映画って、アクションシーンやCGに頼りすぎている。会話にもっと重点を置くべきだと思うんだ…会話なくして、物語は成立しないんだし…

16.海外のパネリスト
今回の作品は、スターウォーズシリーズの最高傑作だと思う。確かに、初代三部作は素晴らしかった…でも、今ではただのゴミ。もちろん、今観ても面白いよ?でも、ゴミはゴミ。

17.海外のパネリスト
スターウォーズの次回作が大失敗することを、ひたすら願っている。こんな偽者スターウォーズなんて、さっさと廃れればいい。

18.海外のパネリスト
まじでつまんない映画だった…返金して欲しい。

19.海外のパネリスト
>>18
分かる。時間の無駄使い。

20.海外のパネリスト
(1977年公開)「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の入場料は1.75ドル…でも、今作の入場料は20ドル…

21.海外のパネリスト
>>20
貨幣価値が変わっているわけで…チケット売り上げ枚数も記載するべきだよ。

22.海外のパネリスト
>>20
ご老人登場。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



今月11日、ドイツ連邦裁判所は”イスラム法自警団(Sharia police)”を自称し、ムスリム自治区設立を訴えていた男性達への州裁判所による無罪判決を破棄、差し戻し判決を下した。有罪となる可能性が強まっている。

これらの男性達は、2014年9月、ドイツの都市”ヴッパータール”路上にて、”イスラム法自警団(Sharia police)”と記したベストを着用し、同地域が”ムスリム自治区(Sharia-controlled zone)”であるとの文章が記載されたパンフレットを配布していたという。

ドイツにおいて、政治的な文言が含まれているユニフォームを公共の場所で着用することは、ネオナチ対策の一環として法律上厳しく禁じられており、彼らは当局に逮捕された。

これら一連の騒動は、当時ドイツメディアでも大きく取り上げられ、社会的な大反発を生んだという。しかし、2016年に下された州裁判所の判決では、”イスラム法自警団(Sharia police)”の活動を、法律違反とは認定せず、容疑者全員に無罪を言い渡した。

今回、ドイツ連邦裁判所は、下級審における審査過程を「不十分なものである。(insufficient consideration)」と厳しく批判、自警団の活動が地域社会に与えた影響を過小評価している、などと述べた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.washingtonpost.com/world/europe/german-federal-court-overturns-sharia-police-acquittals/2018/01/11/fcce9c82-f6df-11e7-9af7-a50bc3300042_story.html?utm_term=.76a870f3d68d
https://voiceofeurope.com/2018/01/germany-new-charges-for-shariah-police-group-that-wanted-to-create-a-shariah-zone-in-wuppertal/#.WltCAPQ4QBE.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/952506206463184896
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
イスラム法に統治されたいのなら、サウジアラビアにでも行けばいいじゃない?

2.海外のパネリスト
ただ一言:強制送還

3.海外のパネリスト
これで分かったろ?ムスリム達が他文化を受け入れることなど絶対にないのだ…彼らにとって、イスラム法こそ、如何なる法律をも超越した、至上の規則なのだから。

4.海外のパネリスト
武装警察はよう。

5.海外のパネリスト
イスラム法自警団だって!?これドイツの話なの?それとも中東?

6.海外のパネリスト
現在のヨーロッパ社会において、イスラム法が存在できる余地はない。なぜ我々が、中世時代の風習に支配されねばならないのか?欧州各国の政府は、ムスリム達に迎合すべきではない!!!

7.海外のパネリスト
民主主義国家に来て、あえて反民主主義的思想を広めようとする彼らの意図が理解できないよ…

8.海外のパネリスト
警察行為を無断で行ったことや、国家の自治権に対する罪は問われていないのか…

9.海外のパネリスト
昨年ロンドンを訪れたけど、まさにムスリム自治区だったよ。

10.海外のパネリスト
同じ事を、イスラム国家でやったら…こんな程度の罰則じゃ済まないだろうなぁ…

11.海外のパネリスト
ようやく人々が抗議の声をあげるようになったか…

12.海外のパネリスト
偽警察など、許されてはならない!!!

13.海外のパネリスト
できるかぎりの厳罰を望む!出来うるならば国外退去処分に!!!

14.海外のパネリスト
ドイツ人たちよ!目を覚ませ!!

15.海外のパネリスト
>>14
無理。支配層のリベラル達が、それを阻止しているからね…

16.海外のパネリスト
西ヨーロッパの終焉が近づいている…10年前、旅行に行っておいて本当によかった。もはや、家族を連れて行きたい場所ではない。

17.海外のパネリスト
なぜドイツ人達は、このような事態を放置しているのだろうか?

18.海外のパネリスト
>>17
差別主義者扱いされたくないんだよ…


    このエントリーをはてなブックマークに追加 @海外報道翻訳所



先週の土曜日、バルト三国を訪問中である日本の安倍首相が、北朝鮮における核・ミサイル問題の脅威を訴え、同国への圧力支援を求めた。

自国でのオリンピックを控え、北朝鮮との融和ムード演出に躍起となっている韓国とは対照的に、安倍首相は、北朝鮮に対する”最大限の圧力”を、主張し続けている。

訪問先であるリトアニアの首都ヴィリニュスにて会見を開いた安倍首相は、次のような声明を発表した。

”我々は緊密に連携を取りながら、世界の脅威となりつつある北朝鮮に対して、法に基づいた国際秩序の強化・遵守の徹底を求めていくべきです。”

先月、国連において北朝鮮への新たな追加制裁が導入され、同国に対する全精製油輸出のうち、75%が禁止されるなど、厳しい処置がとられている。

今回、安倍首相は、第二次大戦中、ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ人達にビザを発行し、数千人の命を救った杉原千畝氏の記念館も視察した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/japan-pm-heads-europe-amid-n-korea-tensions-035714841.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択(*日本人の方と思われるコメントは、できる限り省いています。)

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

元記事であるAFPの文章より:

//***//

[原文]
he hammered home his hawkish message that Pyongyang's nuclear and missile programmes pose a global threat.

[意訳]
安倍首相は、北朝鮮の核・ミサイル問題が国際社会への脅威であるという、彼自身のタカ派的(hawkish)メッセージを繰り返し強調した。

//***//

北朝鮮の核・ミサイル問題は、タカ派・ハト派関係なく、脅威だと思います。

//------------------//

1.海外のパネリスト
アジア諸国は、互いにいがみ合うのではなく、仲良くなって欲しい…

2.海外のパネリスト
アメリカは日本の味方だ。

3.海外のパネリスト
日本国民同様、同盟国に対する配慮も怠らない安倍首相が好きだ。人類社会のために活動する国家は素晴らしい。今回の記事で、初めて勇気ある杉原千畝氏の名前を知った。彼についてこれから調べてみようと思う。安倍首相、貴方に神の祝福があります様に…健康に気をつけ、お仕事頑張ってください。From 米・テキサス。

4.海外のパネリスト
日本・アメリカ・韓国がぐずぐずしている間に、北朝鮮のミサイル開発は更に進んでしまう…さっさと潰しておけばよかったのに…

5.海外のパネリスト
中国や北朝鮮の取り扱いを、日本はよく理解している。もし、米国が日本や韓国と協力して中朝問題の解決に挑めば、良い結果を得ることが出来るだろう。

6.海外のパネリスト
北朝鮮という国は、中国の支援無しに存続することはできない。つまり、全ての責任は中国にある。

7.海外のパネリスト
日本やインドを追い越さない限り、中国がアジアの覇権を握ることはないだろう。ましてや、アメリカに対抗するなど、夢のまた夢。これが現実だよ。

8.海外のパネリスト
日本は今回のバルト3国訪問によって、ロシアとの関係を深めようとしている。

9.海外のパネリスト
>>8
別にロシアは関係ないでしょ?日本が何をしても、千島列島を手放すとは思えない…もし、そんなことをすれば、在日米軍に基地を造られてしまうからね…

10.海外のパネリスト
今回の日本政府による動き(*NATO加盟国との関係強化)は、トランプ政権下における米国の影響力低下を如実に示している…

11.海外のパネリスト
>>10
そう?むしろ、日米韓連合による(対北朝鮮)戦略の一環だと思うけどなぁ…

12.海外のパネリスト
>>10
あんたみたいなリベラル主義者って、ほんと救いようがないね。トランプが示した北朝鮮への断固とした姿勢によって、日米間の絆は、これまでで最も深まっている。負け犬左翼は、せいぜい遠吠えでもしておけ。

13.海外のパネリスト
>>10
だから言っておいたじゃないか…ちゃんとお医者さんに診てもらえって…

14.海外のパネリスト
日本人がユダヤ人を助けたの?日本って東アジアの国でしょ?なんで???

15.海外のパネリスト
何故バルト3国などに行ったのか?

16.海外のパネリスト
>>15
君みたいな単細胞には一生理解できんよ。

17.海外のパネリスト
北朝鮮に核技術を提供したのは、ヒラリーとラムズフェルドだ。アメリカ政府は、米国人の安全なんか気にもしちゃいない。世界の非核化という観点から見れば、安倍首相のほうがはるかに仕事をしている。

18.海外のパネリスト
>>17
非核化などありえない!それは北朝鮮への屈服を意味し、ひいては、そのオーナーである、中国・ロシアへの従属を示すものだ!!!


このページのトップヘ