スポンサーリンク
スポンサーリンク

米:シリコンバレー銀行経営陣、破綻寸前に自社株を大量売り抜けか?[海外の反応]

スポンサーリンク

自社株式巨額売却を実施

経営破綻直前に

複数の米メディアが先日経営破綻した米シリコンバレーの経営陣が、巨額の自社株売りを破綻直前に行っていたと、報じている。

報道によれば、同社CEOのGreg Becker氏が破綻決定前二週間に渡り、同社の株を360万ドル分(*4.8億円位)売却。また、同社CFO、CMOなども、同様に同社株式の売却を行っていたという。

同社を巡っては、バイデン政権などに従業員達が多額の献金をしていたことがわかっている。

-関連記事-

-外部リンク(*自動選別)-

【奇跡】 『その確率は10億分の1』それは、1950年3月1日の夕方に起こった。アメリカで本当に起こった奇跡の話

情報


コメント&記事元:米NYP

*海外コメント選択においては、人気・順番以外にも、コメントの流れや、興味深い内容を重点的に訳しております。予めご了承ください。

海外の反応


1.海外のパネリスト

確実に偶然で草。

 

2.海外のパネリスト

当局は彼らの資産を没収しろ!

 

3.海外のパネリスト

空売りが捗ってしょうがない。

 

4.海外のパネリスト

インサイダーだね。

 

5.海外のパネリスト

>>4

こういう金持ちは罰せられない。

 

6.海外のパネリスト

>>5

サム・バンクマン=フリードって奴がいてだね…

(暗号通貨取引所FTXの元CEO。米バイデン政権の大規模寄付者であったが、見事失脚。)

 

7.海外のパネリスト

まごう事なき犯罪者。

 

8.海外のパネリスト

さっさと捜査してくれよ。

 

9.海外のパネリスト

これにも税金かからないの?

 

[スポンサーリンク]

---アンテナサイト様のおススメ記事---
手榴弾で左足失ったウクライナ軍元兵士、義足つけて東京マラソンに挑戦!


10.海外のパネリスト

あえて「10B5-1(*事前計画売り?)」ルールを適応している。まるで「怪しまれない」よう、細工したかの如く。

 

11.海外のパネリスト

なぜ連邦当局は、彼らの身柄拘束に動かない?

 

12.海外のパネリスト

もし私がこれと同じことをすれば、即座に刑務所行きだっただろう。なぜ彼らは罪を問われないのか?

 

13.海外のパネリスト

まぁ、ナンシーペロシ元米議会議長も、夫と共に米会社の株式を「不透明取引」していたからなぁ…

 

14.海外のパネリスト

そりゃやってるでしょ。CEOなんだし、会社状況を一番よく知っていたはず。

 

15.海外のパネリスト

偶然って怖いわぁ…

 

16.海外のパネリスト

米銀行が連鎖倒産しかけているのに、ウクライナとゼレンスキーには米国民の金がつぎ込まれているのか…

 

17.海外のパネリスト

そもそも、なぜ彼はここまでの自社株を保有していたのか?

 

18.海外のパネリスト

倒産したのにめちゃ金持ちになってるwww

 

19.海外のパネリスト

ペロシに学んだか…

 

20.海外のパネリスト

そして誰も罪には問われない…と。

 

*よろしければご支援の程よろしくお願いいたします。↓

---アンテナサイト様のおススメ記事---
【海外の反応】大谷翔平が“ド軍1号”となる驚愕弾を放つ「彼とソトしか打てない打球」


最近のコメント

コメント欄

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました