スポンサーリンク
スポンサーリンク

トランプ前大統領、メーガン氏に不快感を示すも「キャンセル文化」を恐れる[海外の反応]

スポンサーリンク

トランプ氏警戒…


米前大統領トランプ氏の側近が取材に対して「(*王室批判を行った)メーガンは良くない」等と、トランプ氏が感想を述べたものの、それを公言することに関しては「世間からの大バッシング」を想定し「控えている」と語った。

先日、イギリスの有名司会者「Piers Morgan」氏が「メーガン氏を批判」したことで、事実上解雇されたことに鑑み、トランプ氏も自らが「キャンセル(*逆差別による過度な言論統制)」されることを恐れたとされる。その一方で「私はPiersの味方だ。」と述べたとも…

メーガン氏とトランプ前大統領の確執は古く、前回の大統領選挙においても、ヘンリー・メーガン夫妻は公に「バイデン支持」を呼びかけている。(*多分ヘンリーさんはメーガンさんに利用された形だとは思います。そもそもヘンリーさんからしたらアメリカの選挙なんて、本来どうでもいいわけで…)

その事に関してコメントを求められた当時のトランプ大統領は「私は彼女のファンではない。まぁ、ヘンリー王子の幸運を祈るよ…色々と大変だろうからね。」等と、ヘンリー王子を気遣いながらも、暗にメーガン氏を皮肉った意見を述べていた。

 

情報元


ソース:米FOX1

反応傾向:保守&時々リベさん

*ツイッターはトランプさんへの悪口メイン(*ツイッターにはリベさんが多い)。ウェブの方はメーガンさんの悪口メインでした…

選考:順番・選択

 

海外の反応


1.海外のパネリスト

彼女は、あのインタビューは「非常に良い演技」をしていたよ。説得力はないけどね。

 

2.海外のパネリスト

>>1

多分メーガンは色々精神的な問題を抱えているんだと思う。

 

3.海外のパネリスト

英国女王と共に生活することの困難を、想定できていなかったんじゃないかな。

 

4.海外のパネリスト

メーガンは心理カウンセラーに相談をした方が良い。あまりにも哀れだ。

 

5.海外のパネリスト

どうせ二年以内に離婚するさ。変な女に捕まったヘンリーは気の毒だね。

 

6.海外のパネリスト

>>5

むしろメーガンの方が大変だよ。離婚したらヘンリーは家族のもとに帰れるけど、メーガンには行き場所がない。

 

7.海外のパネリスト(*リベさん)

トランプの意見なんて2セントの価値もない。

 

8.海外のパネリスト(*リベさん)

>>7

それ以下さ。

 

9.海外のパネリスト

彼の言っていることは100%正しい。

 

10.海外のパネリスト

自らの名声を保つためならば、英王室であろうがなんであろうが、傷つける女。

 

11.海外のパネリスト

そう考えると、やっぱり「(*同じく王室に嫁いだ米女優)グレース・ケリー」は立派だったね。

 

12.海外のパネリスト

彼の意見に賛成するけど、トランプにはもっと重要な課題について活動してほしい。国境沿いの不法移民問題等、彼にはもっと働いてもらわないと!

 

13.海外のパネリスト

きっとトランプはエリザベス女王の気持ちを察したんだと思うよ。自分の可愛い孫が「変な奴」を連れてきてしまった。そんな状況でも、やはり家族を完全に切ることは難しい。

 

14.海外のパネリスト

あのインタビュー冒頭において「謝礼金は支払われていない」と宣言していた。でも、後の報道では「報酬が支払われた」とされている。一体どうなっているのか?

 

15.海外のパネリスト

>>14

無報酬な訳ないwww

 

16.海外のパネリスト

トランプの指摘通り、好む好まずは関係なく、英王室は「血脈」により成立してきた。それは受け入れなきゃいけない。

 

17.海外のパネリスト

ちきしょう!せっかく米女を英国に送り込んだのに、速攻で送り返されちまったよwww

 

18.海外のパネリスト

彼の意見は恐らく大半の「米世論」に一致する。

最近のコメント

コメント欄

  1. pPRFEwTUR

    生まれた子供に「ご両親ソックリ」と感想を述べると差別

    1
  2. hOemd3TUR

    英王室に輪をかけて邪悪なメーガン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました