スポンサーリンク
スポンサーリンク

欧米メディア、イスラエルによる「イラン攻撃」が切迫と報道…イランも再報復を宣言…大規模衝突の懸念高まる[海外の反応]

イランへの攻撃が差し迫る

米NBC等の大手欧米メディアが、イスラエルによる「イラン攻撃」が差し迫っていると、相次いで報じている。これに対してイラン政府高官も声明を発表。「もしイランが攻撃されることがあれば、”これまで使用したことが無い兵器”による大規模な反撃を即座に行う」等と、再報復を宣言している。

イスラエル、攻撃自制を求める説得を拒絶か

イスラエルに対しては、アメリカを含め、世界各国から「攻撃自制」を求める説得工作が行われ続けているものの、ネタニヤフ首相は「電話交渉すらも拒絶」していると伝えられている。

米軍への攻撃も示唆

イラン政府高官は、イスラエルによるイラン攻撃に際して「米軍基地」が利用された場合、「米軍関連施設への攻撃も辞さない」との姿勢を明確にした。

-おススメ記事(*アンテナ様リンク)-

【速報】 大谷翔平さん、奪われた24億円戻って来る

【要注意】 ネットで誹謗中傷する年齢層が判明!!(画像あり)

【体験】興味本位で初めてレズセしてみたら、虚無感がすごい

情報


コメント&記事元:The Spectator Index

*海外コメント選択においては、人気・順番以外にも、コメントの流れや、興味深い内容を重点的に訳しております。予めご了承ください。

海外の反応


1.海外のパネリスト

イスラエルもイランも、自らが世界中を危険に晒していることに留意すべきだ。外交的な打開策を模索してほしい。

 

2.海外のパネリスト

「(商業用)飛行禁止区域」の再設定が行われていないみたい…まぁ、すぐに設定することはできるけど。

 

3.海外のパネリスト

あれ?昨日攻撃を開始するんじゃなかったの?

 

4.海外のパネリスト

いつになったらこの混乱は終止符を打つのか?

 

5.海外のパネリスト

どうせ大した反撃じゃないんだろ?

 

6.海外のパネリスト

これまた長い夜になりそうだぜ…

---アンテナサイト様のおススメ記事---
海外「キリスト教徒は日本にキリストの墓があることをどう思っているんだ?」


7.海外のパネリスト

もしイスラエルがイランを攻撃すれば…もはやもとの平安に戻ることはないだろう。

 

8.海外のパネリスト

そもそもイスラエルにイランを攻撃する力は残されているのか?ヒズボラやハマスとの戦いで、相当疲弊しているだろう?

[スポンサーリンク]

9.海外のパネリスト

第三次世界大戦勃発の予感。

 

10.海外のパネリスト

誰も寝てはならない。

 

11.海外のパネリスト

事態を闇雲にエスカレートさせるべきじゃないよ。イスラエル自身の為にも。

 

12.海外のパネリスト

逆にイスラエルの反撃は、もっと早い段階で行われると思っていた。意外と時間をかけている印象がする。

[スポンサーリンク]

13.海外のパネリスト

イスラエルの攻撃を確認し次第、イランは即、全力での再反撃に移るだろう。今度は「パフォーマンス/表向き」ではない。

 

14.海外のパネリスト

すでにイスラエル高官がNBCの取材に対して「イラン攻撃が直前に迫る」と認めているようだ。

 

15.海外のパネリスト

金の価格がやべぇ位上がってる…

---アンテナサイト様のおススメ記事---
海外「なんじゃこりゃ!」日本で何気なく買った小物の品質に外国人たちがびっくり仰天


16.海外のパネリスト

最近、何かと「imminent(差し迫った)」って単語見るなぁ…

 

17.海外のパネリスト

やっぱり米バイデン政権の対応が全ての原因だと思う。イスラエルを全く抑止できていない。第三次世界大戦が勃発すれば、全てはアメリカの責任だ。

 

18.海外のパネリスト

大手メディアにとっては戦争が起きてくれた方がいいんでしょ?視聴率が上がって儲かるものね?

 

19.海外のパネリスト

「イスラエルによるイラン攻撃が差し迫る!」

これ、今日だけで15回聞いた。

 

—いつもご支援ありがとうございます↓—

-アンテナ様記事&人気ブログランキング様-

-記事紹介(*アンテナサイト様利用*)-

コメント欄

  1. FPRGd5TUR

    悪いイランを退治した方がいいね

    2
    8
    • pNRFUwTmp

      悪いのはユダヤだろ

      1
      1
  2. BNVGd5TWp

    ロシアの戦争が終結するまでは戦火を拡大させるべきではない。
    イスラエルは明らかにアメリカが見捨てない前提でイキっているが
    ウクライナとイスラエル両方を支援するほどの余力がアメリカにはない。
    本質はイランではあるがガザが決着しないままイランと正面ぶつかるのは
    精神的に支援する気持ちのある第三国からしても望むことではない。

    3
    • JPRE15T1R

      岸田がアメリカは一人じゃないって言ってたから日本がお金を出すのだろうか?
      安倍さんのように殺されたくないならアメリカとユダヤの操り人形を選ぶのだろうか?

      2
  3. VOREU1T1R

    現地インタビューで、イスラエル人が世界大戦になりそうで心配、みたいな事をニヤニヤしながら言ってたけど
    むしろイスラエルは世界を巻き込みたがってそう

    ハマスの時も米下院外交委員会のマイケル・マコール委員長(共和党、テキサス州)に「私たちの知るところでは、今回のような事が起こりうると、エジプトはイスラエルに3日前に警告していた」と暴露されてたけど
    警告されてたのに対策せず外国人が被害にあって、実質世界を巻き込んだしな

    3
    • RNalF4TlR

      これは宗教的な高揚感があるんだよ
      彼らは本気で世界的な大戦争を望んでいる
      そして自分たちこそその主役だと信じ込んでいる
      終末思想の集団だから

      まあアラブ人も同じようなもんだけど、
      だから飽きもせず争いがおこる

      3
  4. RORGMwTlR

    どっちも要らないから両方消えてくれて構わないけど他国に行って迷惑かけるなよ
    原始人が未来世界に来たところで常識についていける訳がないんだからさ

    5
    1
  5. NNVGM1TlR

    更なる火種が来たね
    後は追い燃料で世界がドッカンだな

  6. RNVFl4TkR

    大雑把には二つ考えられると思う。
    ひとつは本当にネタニヤフが権力維持のためだけに暴走している可能性。
    彼はイスラエル国民から致命的に不人気で、政権維持のために主戦派のあやつり人形状態になっているため。
    ひとつはエスカレートさせる気はないがアメリカに対してチキンレースを仕掛けている可能性。
    正面衝突を許容できないアメリカから何らかの好条件を引き出すために暴れるぞ、と脅してるんじゃないかって話。この場合は直前で攻撃は回避されると思う。相場で小遣い稼ぎもできるしね。
    これまでのイスラエルの行動からすると、後者なんじゃないのかなと思うけど、どうなるやら。

    2
    • lOVE0wT1R

      今、事態の鎮静化の最大級の障害の一つになってるのはネタニヤフ政権の強硬さだものね
      そのうちなぜか不慮の死を遂げることになるんじゃないかと思えるくらいだ

  7. FPVE01T1R

    中東からの石油に企業も国民生活も依存する日本にとって、決して対岸の火事ではない
    今こそ日本は積極的に両者の和平やパレスチナの紛争解決に貢献せねばならない
    この対立が戦争にまで拡大すればアメリカも軍備を割かざるをえず、中国はアメリカが極東にまで手が回らない今がチャンスと見て軍事行動を起こすかも知れない
    日本はパレスチナ難民を積極的に受け入れて保護し、イスラム圏の好感度を上げておくべき
    そうすれば万が一中国との対決となった場合、力を増し続けているイスラム諸国からの協力な日本支持と支援を得られよう
    イスラム諸国とのパイプを太くする事は日本の国益に大きく貢献する

    1
    11
    • lOVGs0TkR

      お前が個人でやれ
      日本を巻き込むな間抜け

      2
      1
    • RORGMwT1R

      女性被害者多数になる世の中はお断り
      ずっと母国にいてください

      2
      1
    • VOVEl3Tmp

      あまりに的が外れていて笑う
      パレスチナ難民は他のイスラム諸国でも受け入れられていないのに
      なんで好感度が上がると思うのか?

      4
      1
  8. pNRFUwTmp

    イスラエルに制裁すればいいんですよ
    イスラエルはなにも時給できない国

    1
    1
  9. JNVEEwTXp

    侵略悪の帝国イスラエルの参戦はイランの正義を世界に示せる、国力の差を見せつけられる意味でも絶好の機会。ドローン合戦ならイランに分があるし長引けば世界は侵略者イスラエルでは無くイランに味方する。

    1
    2

  

最近のコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました