スポンサーリンク
スポンサーリンク

安倍首相VSトランプ大統領!?TPPを巡る日米の心理戦は長期化の様相[海外ニュース]

■安倍首相、TPPを促進していく決意を表明

衆議院での議会演説で、安倍首相は、
トランプ米大統領が離脱を表明した、
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定) の枠組みを、
引き続き継続・維持していく決意を表明した。

 一方で、離脱を宣言したアメリカに対しても、
「トランプ大統領は、貿易における自由と公平性の重要性を理解されている方である。
ゆえに、TPPの持つ経済的・戦略的意義についても、説得によって理解していただけると
信じている。」と述べ、TPPへの再加入に期待を滲ませた。 

■菅官房長官もアメリカに再考を促す

CNBCとのインタビューに応じた菅官房長官は、
アメリカの離脱により、TPPの存立が危うくなっている現状を、
認めたうえで、2018年の条約批准期限までに、
アメリカへの説得を続け、再考を求める意向を示した。

また、日本からアメリカへの4兆円以上の投資があること、
それによって80万人以上の雇用が生まれていることなどを説明し、
現在トランプ政権が推し進めている「アメリカ・ファースト」と、
よばれる保護貿易体制を牽制した。

■安い円はもう終わり?

日本の企業への調査によると、約70%の回答において、
アメリカのトランプ政権は、高いドルを容認することは無く、
必然的に、安い円を望むことは難しいだろう、と答えた。

トランプ大統領は、就任以前より保護貿易の重要性を主張しており、
自国の輸出業者にとって不利益なドル高は、望まれないと考えられる。

一方で、日本における輸出産業にとって、
ドル高円安におけるメリットは多く、
トランプ政権での保護貿易路線は、
多くの日本企業にとっては、不確定要素の多いものである。

(News Reference)

http://www.cnbc.com/2017/01/22/japans-suga-says-a-window-exists-to-for-a-tpp-trade-pact-with-the-us-despite-trumps-no.html
http://www.reuters.com/article/us-japan-companies-yen-reuterspoll-idUSKBN15702X
http://www.reuters.com/article/us-usa-trump-japan-idUSKBN1570OO

 

コメント欄

  

最近のコメント

  • on 米副大統領候補「イギリスは核兵器を持ったイスラム主義国家」[海外の反応]まあイスラム教徒も、穏健派や左派はプロテスタント教徒と思想・信条はそう変わらないんだけどな(特にアハマディア派なんかモロにそう) イスラム教の宗派の中には飲酒OK、豚肉も食って問題なし、火葬もいいぞって公言してる宗派もあるし、アメリカの超穏健派なんかLGBTQ +を容認し擁護してる イスラム教っていっても、メジャーなスンニ正統派が全てじゃない 色々な派閥があるんだぜ
  • on 米副大統領候補「イギリスは核兵器を持ったイスラム主義国家」[海外の反応]イラクが石油の取り引きをドルからユーロに変えたら、共和党ブッシュが大量破壊兵器があると石油利権のために難癖をつけ侵略戦争起こしたり アフリカを戦後もCFAフランみたいなやり方で植民地搾取続けてたり(去年フランスに搾取され続けて貧困の酷かったニジェールがブチギレてたけど、米軍も駐留してたからアメリカも搾取のグル) アフリカや中東苛めして難民作り続けてるのは戦勝国米英仏達だけどな 日本はアフリカ搾取してないし(むしろ日本のアフリカ支援も欧米に吸われてるようなもの)中東と関係良いのにこいつらの尻拭いに付き合わされてる 無知や西洋崇拝厨ほどこの加害者3ヶ国達をヨイショしたり同情したりしてるけど
  • on 米副大統領候補「イギリスは核兵器を持ったイスラム主義国家」[海外の反応]>そこら中の町々で偉そうな顔をしてふんぞり返っている。 これだよ。働き、納税し、法を守る一見善良な市民のように見えても、その国の人達が嫌な気分になる。これだけでも嫌われるには十分な理由。 日本はまだイスラム教徒による犯罪は少ないし、テロらしいテロも起こっていない。でもハラルや土葬の要求、モスクの建設や礼拝所の設置など…日本の在り様を変えてしまう気分が滅入る事が沢山起こってる。犯罪統計とかだけを見てイスラム系移民に甘い顔してる人達はこれが分かってない。
  • on 米副大統領候補「イギリスは核兵器を持ったイスラム主義国家」[海外の反応]ロンドンの白人の人口が何年か前に50%を切ったとニュースで見たんだけど、今はさらに下がってロンドンに白人は30%しかいないんだってな。 これから何度、選挙をやってもパキスタン人しかロンドン市長になれない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました