話題のオモチャ・ハンドスピナーの発明者、世界的なヒット直前に、その特許権を金欠のため手放していた!?[海外の反応]

今話題の新感覚オモチャ「ハンドスピナー(英名:fidget spinner)」の発明者であるキャサリン・ヘッティンガーさんは、彼女が生み出した、世界的ヒット作の恩恵を、受け取ることが出来ない状態であることがわかった。
米・フロリダを拠点に活動しているヘッティンガーさんは、1997年に、ハンドスピナーを発明・特許を取得したが、その8年後の2005年に、更新料である400ドル(大体4万4000円くらい)を払えず、同発明の特許権を放棄せざるを得なかった。

”ただ単純に…お金がなかったの…” 
当時の状況について、彼女はそう答えた。

現在、ハンドスピナーの製造会社や小売店は、同商品の売り上げで莫大な富を生み出しているが、一方、ヘッティンガーさん(62)は、最近、より小さな家へと引越しをすることになり、電話を修理することすらままならず、まともな車を買うお金もない…

”発明家っていうのはね…挑戦し続けるものなのよ…全ての発明のなかで、利益を少しでも出してくれるものは、3%くらいしかない。他の発明家達は、家を抵当に入れたり、色々なものを切り売りしているわ…色んな人に迷惑をかけながら、発明を続けているのよ…とてもつらいことね…”
彼女はガーディアンの取材に、こう語った…

ヘッティンガーさんは、特許を取得し続けていれば、巨額の資本が舞い込んできたことを、素直に認めたが、そのことに対する後悔はなく、むしろ、ハンドスピナーの成功にさらなる刺激を受けていると、述べた。

”色んな人が私にこう言うの…”ほんとは悔しいんでしょ?”って…でもね、私は本当に嬉しいのよ。だって、私が作ったものを、世界中の人たちが理解して、遊んでくれているんですもの…”

現在、彼女は契約エンジニアとして生計を立てる一方で、他の発明家達にアドバイスを行っている。また、自身のハンドスピナーを商品化するため、KickStarterにて募金を募っている。

https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2017/may/03/fidget-spinner-inventor-patent-catherine-hettinger#img-2

/——————/
メディア:英・The Guardian
コメント選出基準:人気
/——————/

1.海外のパネリスト
こういう人が出てきてしまうことは、本当にかなしいこと…でも、よくある…税金逃れや、特許泥棒が横行している現代社会を、浮き彫りにしているね…

2.海外のパネリスト
>>1
2005年に特許が失効しているわけで…12年も経っているからね…特許泥棒とまでは言えないんじゃないか?発明も大事だけど、やはりマーケティングも重要なわけで…

3.海外のパネリスト
>>1
そもそも捨てられていた特許を使っただけに過ぎない。何の問題もないよ。

4.海外のパネリスト
金は金を生む…くたばれ資本主義!

5.海外のパネリスト
彼女にはとても同情するわ…私の息子は運動障害があるんだけど、このオモチャで遊ぶことにより、リハビリにもなっている。もし彼女がクラウドファンディング(*一般人からの資金調達)を行うのなら、喜んで参加させてもらう。

6.海外のパネリスト
>>5
多分、彼女は、自分でそうした行為をすることはないだろう…謙虚そうな人だから…誰かが彼女の代わりに、そうした運動を起こさないといけない…

7.海外のパネリスト
>>6
君がやりなよ。

8.海外のパネリスト
>>6
てか、記事にKickStarterやってるって書いてあるんだから、そこに寄付すればいいんじゃない?

9.海外のパネリスト
これぞ特許のもつ怖さ…特許を申し込み、それを維持するだけでなく、それを裁判で守らなければいけない…一般庶民には、とても活用できる制度ではないのだ…

10.海外のパネリスト
>>9
ほんとにそうだね…なにか解決策がないのか…

11.海外のパネリスト
>>10
今、アメリカでは特許の申請と維持には大体1~2万ドル(110~220万円)くらいかかる。一方で、彼女も言っているように、お金になる特許ってのはそんなに多くない。商売人たちはそうした事情を知っているから、維持できなくなった特許から、金になりそうなものを奪っていくんだ。こういうことにより、素晴らしい発明が、どんどん世に出にくくなる…

12.海外のパネリスト
>>11
商売人たちがすべきことは、個人発明家たちが、特許を維持できなくなるのを、ただ待っていればいい…

13.海外のパネリスト
なんてふざけた話だ…製造会社も、少しくらい分け前をあげたらいいのに…まあ、無理だろうけど…

14.海外のパネリスト
>>13
無論無理だね。

15.海外のパネリスト
才能あふれた素晴らしい女性だ。きっと彼女の人生は美しいものだろう…

16.海外のパネリスト
尊敬に値する人物…優れた性格と感性を兼ね備えている。

17.海外のパネリスト
>>16
私には子供がいないから、オモチャのことは良く分からないけど、もしこれが世界中の人を楽しませているのなら、彼女は何かしら表彰されるべきだと思うわ。

18.海外のパネリスト
特許も薬も同じで、やはり年数が経過したら、その使用権に関しては譲渡されうるべきだと思うね。考えてもみなよ。非常に優秀な薬が、たった一社に独占されてしまうことを…この事柄に色々文句をいう奴らは、ちょっとおかしいと思うね。

19.海外のパネリスト
>>18
凄まじい資本が動く製薬業界と、一個人発明家が生み出したオモチャの話を、ごっちゃまぜにすることほど、馬鹿なことはない。君は”僕はお馬鹿です!”って名前に改名するべきだ。

[*ブログランキング参加中*]
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 

[コメント欄]

  1. 名前:名無し様 投稿日:2017/05/09(火) 21:22:24 ID:e0d623e86 返信

    何が流行るかわからんなほんま プチプチで充分感がすごいわ

  2. 名前:名無し様 投稿日:2017/05/09(火) 22:15:58 ID:5fb75f3d2 返信

    要はカス

  3. 名前:名無し様 投稿日:2017/05/09(火) 23:08:03 ID:408ffef5a 返信

    あれ?
    これ「特許が切れたので、一般人向けに作れるようになった」
    (それまではリハビリ用医療器具的位置だった)
    と聞いたけど?
    つまり、この人は恐らくそれなりに高価な特許料で特許を死蔵させていたにすぎない。
    医療器具に着目して一般人の暇つぶしとして売り出した商売のやり方の方が
    自分は着目点が凄いと思うけどね。

  4. 名前:名無し様 投稿日:2017/05/09(火) 23:11:42 ID:85c90a41c 返信

    マーケティングのやり方で、更新料は払えたと思うけど。

  5. 名前:名無し様 投稿日:2017/05/09(火) 23:14:07 ID:c7880d978 返信

    どういう特許なんだろ?

  6. 名前:名無し様 投稿日:2017/05/10(水) 00:26:22 ID:f1801440a 返信

    流行りもの好きなので持ってるけど、仕事中でも手慰みに回してしまうな
    電話中に無意識にくるくる回す、謎の中毒性がある

  7. 名前:名無し様 投稿日:2017/05/10(水) 03:53:26 ID:8445317ec 返信

    開発の苦労や才能の非凡さが十分に納得できる発明ならば、発明者がそれに見合う利益を得るのも納得できるが
    この場合はどうかな
    むしろこのなんでもないものに商品価値を見出し、投資し、商品に仕立てた製造会社に手柄があるように思えるけどな

  8. 名前:名無し様 投稿日:2017/05/10(水) 07:53:15 ID:49338859b 返信

    一昨年だっけ? 日本の医学ノーベル賞を貰った人は、家畜用のクスリの特許でたんまり儲け、
    (200億円以上。その大半を寄付)のちに共同受賞した人が人間にも効く事を証明したので
    タダでそのクスリを途上国にくれてやったからノーベル賞をもらえた。
    特許で利と名声を両方獲得した例。

  9. 名前:名無し様 投稿日:2017/05/15(月) 20:04:48 ID:e260cf395 返信

    ※8
    「たんまり儲け」とか「くれてやった」とかの言い回しが、君の嫉妬心を反映してるかのようで面白いね。(嫉妬してるとは言ってない)