海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

中国

ファーウェイ幹部逮捕の報復?中国政府が元カナダ外交官を拘束した模様[海外の反応]




News Infromation

---記事引用開始---
カナダの元外交官が中国で拘束されたと所属するシンクタンクが声明で明らかにしました。

国際非政府組織のシンクタンク「ICG(国際危機グループ)」は11日、マイケル・コブリグ氏が中国で拘束されたという情報を確認しているとの声明を発表しました。

そのうえで、所在の確認と解放のため全力を尽くしていると表明しています。コブリグ氏はカナダの元外交官で、北京や香港に駐在した経験があります。

カナダでは1日にアメリカの要請で中国の通信機器大手「ファーウェイ」の孟晩舟副会長が逮捕され、解放を求める中国政府は応じない場合、報復措置を取ることを示唆していました。
---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

News Sources

Comment Infromation

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*96件)
[コメント選出基準]
新しい記事のため投稿されたコメントがまだ少なかったのですが、さっそく五毛さん達が大量に登場していました。(*今回の記事には特に多かったです…)今回は彼らのコメントと、それに対する「海外の反応」を、主にご紹介いたします。

Translator's Comment

コメントでの情報提供、ありがとうございます。

Comments

1.海外のパネリスト(五毛さんっぽい)
米国は、他国に自らの法律を持ち込み、誰これ構わず逮捕すべきではない!他国の自治権を無視するな!

2.海外のパネリスト
>>1
君の下の名前を教えてくれるかな?どうせリン(*中国の女性名)とか…そんな感じだろう?ハンドルネームは洋名なのに、言ってることは中国人そのものだよ…トロールさん。

3.海外のパネリスト
>>1
別に他国に米国法を強制したりなんかしていない。ただ、協力を仰いでいるだけさ。

4.海外のパネリスト
>>1
とりあえず、君は中国名の本名を使って書き込むべきだね。

5.海外のパネリスト(五毛さんっぽい)
これは、アメリカ政府が自国企業の競合となる他国の会社を、意図的に妨害しているだけだ。市場の独占を狙っている。まさに経済戦争である。中国も同様な対応を、米国企業に対して行うべきだ!彼らは、中国製品の優秀さに危機感を抱いているだけ!

6.海外のパネリスト
カナダの緊急事態大臣「Ralph Goodale」氏は、マイケル・コブリグ氏が中国で拘束されたことに関して「解放の為には努力を惜しまない」などと言いながら、「なぜ彼が逮捕されたのかわからない」等とトボけたことほざいている。たとえ10歳の子供でも、文字が読めるのなら、なぜ中国が彼を拘束したのか、正しく理解できるだろう。

7.海外のパネリスト
コブリグ氏が一体何をしたというのか?中国国内にいれば、どんな罪でも、簡単にでっち上げられてしまうのだろう。

8.海外のパネリスト
これはカナダにとって良い教訓となったことだろう。中国と貿易や投資で付き合うということは、こういった事態とも、付き合っていかねばならないのだ。

9.海外のパネリスト(五毛さんっぽい)
中国よ!この惑星の穢を取り除いてくれてありがとう!!

10.海外のパネリスト
>>9
なんでこんなフザケたコメントに、「いいねボタン」が17個も押されているんだ…

11.海外のパネリスト(五毛さんっぽい
この中国人女性起業家が、即座に釈放されなければ…カナダとアメリカは、大きな代償を支払うことになるだろう。あまりにも先見の明がない行動である。

12.海外のパネリスト
>>11
はい。五毛。

13.海外のパネリスト
>>11
アンタの意見に大賛成だね!こんなまどろっこしい事なんかせず、さっさと中国本土に戦争を仕掛けりゃいいんだよ。

14.海外のパネリスト(五毛さんっぽい)
報復などとバカげたことを!こんな小物、あの「美しく聡明な中国技術界の最高の姫君(*「ファーウェイ」の孟晩舟副会長を示している。)」である彼女の代わりになどなるものか!あまりにも小粒すぎる!

15.海外のパネリスト
>>14
美しい?しっかりオバちゃんだけど?

16.海外のパネリスト(五毛さんっぽい)
米は中国企業を排除するのか?じゃあ、代わりになる企業を北アメリカ中からかき集めないとなw

17.海外のパネリスト
>>16
英語がお上手ですねwww

18.海外のパネリスト
それでもリベラルは中国を愛す。彼らの愛に国境は無い。

中国企業ファーウェイの財務責任者、カナダで逮捕される[海外の反応]




News Infromation

---記事引用開始---
【AFP=時事】(更新)カナダ司法省は5日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ、Huawei)の孟晩舟(Meng Wanzhou)最高財務責任者(CFO)をバンクーバーで逮捕したと発表した。米政府が身柄の引き渡しを求めているが、中国政府は逮捕は不当だと猛反発し、即時釈放を要求。ファーウェイ側も、CFOの不正行為は一切把握していないとしている。

 孟容疑者は、ファーウェイ創業者の任正非(Ren Zhengfei)最高経営責任者(CEO)の娘。任氏は中国人民解放軍の技術者だった経歴を持つ。

 カナダ司法省によると、孟容疑者は今月1日に逮捕され、保釈の審理が7日に予定されている。孟容疑者側が報道の禁止を求めたため、この件についての詳細は公表できないという。
---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

News Sources
Comment Infromation

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*165件)
[コメント選出基準]
人気・選択

Translator's Comment

五毛さん(っぽい人たち)が散見されていました。

Comments

1.海外のパネリスト
ファーウェイが中国企業だって?とんでもない!!政府から直接補助金を受け取っている国営企業さ。中国政府と協力して、(大手通信企業)シスコのルーター技術を盗んだりしている。

2.海外のパネリスト
>>1
中国政府は、すでに90年代から、米国通信企業の技術を解析・流用を推奨してきた。ファーウェイなんぞ、こうした中国の盗用活動を示す「氷山の一角」にすぎんよ。

3.海外のパネリスト
この企業って、米国内で販売していたルーターやスイッチに、中国本土へ情報を流出させる「スパイウェア」をこっそり導入していたんだよね。

4.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
>>3
スパイウェアだって?何をスパイしていたというのか?君はまるで「ブルームバーグ」のような「作り話」をするのだな!

5.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
>>3
今回の騒動は、急成長する中国通信企業を合法的に米国から追い出すための、「言い掛かり」にすぎん!中国が情報を盗んでいるだと?アメリカこそ、盗人の鏡ではないか!?

6.海外のパネリスト
>>5
急成長する中国通信企業?急成長できたのは、米国企業の技術を盗んだからだろ?

7.海外のパネリスト
CLIのコマンド構造をパクったとして、シスコから訴えられている企業だもの。こんな連中、信頼性もクソもあったもんじゃないよ。

8.海外のパネリスト
>>7
ファーウェイだけじゃなく、ZTEにしてもそうだけど、結局、中国には民間企業なんてものは存在していない。多かれ少なかれ、国営企業の要素を含んでいるんだ。彼らの資本金は、国営銀行から拠出されているものだし、経営陣たちも、軒並み中国共産党の関係者ばかり…。中国政府の意向を無視できるわけがない。

9.海外のパネリスト
国家の中枢を扱う技術に、こういった敵国が直接経営する企業の製品を、利用すべきじゃない。

10.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
>>9
それはつまり、世界の国家は、米アップル社の製品を避けるべきだと言っているのか?

11.海外のパネリスト(>>9)
>>10
米アップルは米政府とはまったく関係ないよ。少なくとも、ファーウェイと中国政府の関係とは全く異なる。

12.海外のパネリスト
世界で最も信用してはいけない企業のひとつ。中国政府からの直接支援がなければ、彼らに米国企業と競合できる力などない。

13.海外のパネリスト
法律を守らなければ罰せられる。それは中国でも同じことだろう?

14.海外のパネリスト
>>13
数々の法律を破ってきた男が、いまホワイトハウスに住んでいるのですが…

15.海外のパネリスト
*アリババの創業者も、「自分は中国政府と関係はない」と言っておきながら、つい先日、共産党への入党が明らかになっている。中国企業はすべて信用できない。

(*おそらくジャック・マー氏のことであると思われる。)

16.海外のパネリスト
このような貿易戦争をもっと進めるべきだ。いずれ中国は妥協を迫られるであろう。彼らは自分たちが他国から技術を盗んでいることを知っているのだから。

17.海外のパネリスト
中国共産党は、共産主義こそ中国の理想社会であると、さんざん啓蒙してきた。にもかかわらず、党幹部の子女達は、皆、資本主義社会の西洋国家にこぞって留学をしている。まったくおかしなことだね。

18.海外のパネリスト
ファーウェイは、イランの対米国工作に協力してきた。彼女が逮捕されるのは当然。

スポンサーリンク
最新コメント
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

RSS(全般):
http://foreignnews.biz/index.rdf

RSS(海外の反応のみ):
http://foreignnews.biz/archives/cat_382414.xml

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

ご意見・ご要望

コメント削除・問合せ等はこちらへ

名前
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。