海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

その他

ポーランド首相「移民受け入れには同意できない!」メルケル独首相「  ( ̄ω ̄)  」[海外の反応]



Translated Sentences

*ポーランド:モラヴィエツキ首相(ポーランド保守政党”法と正義”出身)

モラヴィエツキ首相の発言:

「(メルケル首相の)ドイツについてはよく存じ上げませんが、ポーランドに関して言えば、オーストリアやチェコ共和国…そして米国等と同様に、国連が提唱する移民受け入れ協定に同意するつまりはありません。なぜなら、我々はそれが私達の法律や、国境を守り、移民を制御する為に必要な(国家としての)意思決定を侵害する恐れがあるからです。それらの事柄は、我々にとって最も重要視されるべきことです。」

News Sources
Comment Infromation

[コメント元]
VoA
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*222件)
[コメント選出基準]
順番・選択

Comments

1.海外のパネリスト(*ポーランドの方)
何言ってるんだ!ポーランドだってムスリム移民労働者を大量に受け入れているじゃないか!?まさに、西ヨーロッパと同じく、自滅の道を歩んでいる最中さ。反移民国家ポーランドなんざ、おとぎ話にすぎんよ。

2.海外のパネリスト
>>1
お医者様に診てもらってくださいね。

3.海外のパネリスト
>>2
(保守・反移民政党と言われている)「法と正義」が政権を担当してから、なぜか移民数が増えているんですが…?

4.海外のパネリスト(*オランダ語→グーグル翻訳)
移民受け入れを決めた欧州のリーダー達を見てみろ?ドイツのメルケル、フランスのマクロン…みんな子供がいない。

5.海外のパネリスト
ポーランドはムスリム国家になりたくないだけさ…

6.海外のパネリスト
メルケルは、歴史上最大級のミスをした政治家として、歴史に残るだろう。

7.海外のパネリスト
>>6
オバマと一緒にね…

8.海外のパネリスト
アイルランドにも、同じような政治家がいればなぁ…

9.海外のパネリスト
>>8
そういえば、「*アイルランド2040年計画」はどうなったの?

(*2040年までに、アイルランドの人口(or 労働者)を50~100万増やす為の国家戦略…らしいです。)

10.海外のパネリスト(>>8)
>>9
みんなブチ切れてるよ。我々は歴史上、外国の侵略(*イギリス等)にとても苦しめられてきた。その痛々しい記憶は、今でも新しい。「外国人労働者の流入」という名の新たな侵略は、絶対に避けるられるべきなんだ。

11.海外のパネリスト(>>8)
>>10
そう思っているのなら、ちゃんとした政治家に票を投じるべきだね!By ポーランド人より…敬具。

12.海外のパネリスト
ようやくヨーロッパ諸国が目覚め始めたようだ。ドイツ、フランス、スウェーデン等に混乱をもたらしている原因が、移民であることに気付いたのだろう。

13.海外のパネリスト
イギリス政府も、同じ様な対応をすればいいのに。

14.海外のパネリスト
(しかめっ面をする)メルケルの顔を、これほどまでしっかりと見たいと願ったのは…これが初めてだ。

15.海外のパネリスト
メルケルの精神性は、旧東ドイツ時代に旧ソ連的な社会構造の中で培われたもの。それゆえ、彼女はドイツ人的思想・哲学などを、一切持ち合わせていないのだよ。

16.海外のパネリスト
ドイツ国旗を渡されたメルケルが、すごく嫌な顔をして、それをどこかに投げ捨てる動画を思い出した。

(*恐らくコレだと思われる。)


17.海外のパネリスト
>>16
僕は彼女の名前を聞くたびに、コレを思い出す。ほんと、彼女はドイツが嫌いなんだね。

18.海外のパネリスト
ポーランドが移民労働者を嫌っているのはよくわかった。でも、イギリスには、沢山のポーランド人移民労働者がいるのだが…

19.海外のパネリスト
>>18
でも、在英ポーランド人労働者は、イギリス人の税金で「飯を食っている(*社会保障費を受給している)」わけじゃないだろ?

20.海外のパネリスト(>>18)
>>19
まぁ…うん、そうだね…じゃあ…いいか…

親移民派カナダ首相に18年前のセクハラ疑惑が浮上[海外の反応]




リベラルであり、親移民の姿勢等で知られるカナダのトルドー首相に、過去のセクハラ疑惑が浮上、釈明に追われる事態となっている。

今回の騒動は、18年前(2000年)に開催された音楽祭において、当時教師をしていたトルドー首相が、その場に居た女性レポーターに痴漢行為を行ったという疑惑である。この話題を報じる「18年前の地元新聞記事」の切り抜き写真がツイッター上に拡散、ネット上などで物議を醸していた。

トルドー首相は遊説先のレジャイナにおいて記者団にコメントを発表。”私はあの日をよく覚えている。大変良い日であった。如何なるネガティブな出来事も、記憶していない。”等と、述べている。

(注釈:トルドー首相の父親は、同じくカナダで首相を努めたピエール・トルドー氏。その為、政治の道に進む前から、彼の存在はカナダ社会において比較的よく知られていた。当時、このセクハラ事件が記事となったのも、彼の知名度が高かったためと思われる。)

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/justin-trudeau-addresses-groping-allegations-200450804.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*2425件)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
カナダ!やっちまったなぁ!!

2.海外のパネリスト
>>1
アメリカも人のこと馬鹿にできないだろ?トランプ支持者さん?(別に全米国人を否定しているわけじゃないけどね…)

3.海外のパネリスト
>>1
そんなに触りたいなら、私に言ってくれればよかったのにぃ~

(*トルドー首相はイケメンの為、女性に大変人気があります。)

4.海外のパネリスト
>>1
リベラル達って「#Metoo」・「#Metoo」って騒ぎ立ててている割には、いつもセクハラ事件を起こすよね?

5.海外のパネリスト
>>1
カナダを馬鹿にしないで!これはトルドーの責任!!

6.海外のパネリスト
さあ皆!今のうちにコメントしておくんだ!!この手の(*リベラルにとって都合の悪い)記事は、速攻で消えていくぞ!!!

7.海外のパネリスト
>>6
他国であるカナダの痴漢首相ではなく、我が国アメリカの痴漢大統領(*トランプさん)を問題にするべきでは?

8.海外のパネリスト
>>6
記事の出現から17時間経った…まだ残っている!たいてい、4~6時間で消えちゃうのに…

9.海外のパネリスト
>>6
一方、反トランプ関連の記事はいつまでも残る…

10.海外のパネリスト
18年前、トルドーさんはトランプ支持者だったんだろう。

11.海外のパネリスト
彼の「眉毛」についてコメントしようとしたら、ヤフーに拒否られた…

(*トルドーさんはユニークな眉で有名。付け眉毛疑惑もあるらしいです…)


12.海外のパネリスト
>>11
絶対不自然だよね…あれ…

13.海外のパネリスト
今さら?トルドーが首相になる前に、話題になるべきだった。

14.海外のパネリスト
>>13
そんなこといったら「ハリウッド・セクハラ疑惑」なんて、まさに「今さら?」でしょ。

15.海外のパネリスト
もし他の政治家に同じ疑惑が出ていたら、彼は間違いなく、その人物に議員辞職を求めていただろう。

16.海外のパネリスト
カナダの放送局はこの話題を報じていない。米国の大手メディアも、トルドー擁護一色だ。

17.海外のパネリスト
こんなの氷山の一角。もっと沢山の女性に色々してるよ。

18.海外のパネリスト
これまでセクハラ問題(#Metoo)をあれだけ啓蒙してきた各著名人達が、この件に関しては、とても静かだね…
 

EU「新たな移民を受け入れてく…」スイス「断る。」[海外の反応]




移民流入に苦しむイタリア、ギリシャなどの地中海諸国を救うため、EUがスイス政府に対して、「第二次移民割当受け入れ要請」を行ったものの、断られていたことがわかった。

スイスのドイツ語紙「SonntagsBlick」が報じた内容によると、スイス移民局報道官が声明を発表し、新たなる「移民割当受け入れ」の計画が、存在していないことを明らかにしたという。

2015年、EUによって行われた「第一次移民割当受け入れ要請」に対して、スイス政府は参加を表明、最終的にイタリアから902名、ギリシャからは579名の難民申請者を受け入れている。

しかし、今回の新たな要請に関しては、「イタリアやギリシャに滞在している移民達の中には、もはや、EU内定住資格(*2017年10月以前にEU移民当局へ登録していることが条件。)を保有している人々がほとんど存在していない。(By スイス移民局)」などとして、拒否している模様だ。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.swissinfo.ch/eng/politics/asylum-seekers_switzerland-says-no-to-relocation-of-migrants-from-italy-and-greece/44229126#.WzjUWJJ0y2k.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1013411208165289984
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*120件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
多くの移民を排出しているイラクは、いち早く自国民を帰還させるべきだ!祖国の再建には、彼らの力が不可欠なのだから!

2.海外のパネリスト
>>1
シリアやアフリカ諸国にも、同じことが言える。

3.海外のパネリスト
拒否するなんて酷いよ!なんで誰も「教養」が無く、「スキル」も無く、「社会保障費にタダ乗りするだけの」移民達を受け入れてあげないのさ!?(*皮肉)

4.海外のパネリスト
全てのヨーロッパ諸国よ!EUの要請に「NO」と言え!!

5.海外のパネリスト
今、欧州諸国は移民達を押し付けあっている。最初から、移民の受け入れなど宣言しなければよかったのに…

6.海外のパネリスト
もう移民たちを祖国に送り戻すしか、方法はないんじゃない?

7.海外のパネリスト
「ほんの僅かな常識」が、スイスに残っていたようだ。

8.海外のパネリスト
ようやく自国民と祖国を徹底的に守ろうとする政治家が現れた!!

9.海外のパネリスト
地中海で移民達をヨーロッパに輸送しているNGO船は、ただの「無料タクシー」に過ぎない。

10.海外のパネリスト
仮に移民たちがスイスに来ても、絶対に幸せにはなれないよ。スイスはイスラム国家ではないのだから…

11.海外のパネリスト
もうさ、全EU内移民をスウェーデンに送っちゃいなよ。

12.海外のパネリスト
メルケル独首相が「難民受け入れ」を最初に主張したんだから、ドイツが責任を取るべきなんだよ。

13.海外のパネリスト
ハラール・チョコレート(*豚由来の素材を使用していないチョコレート)の氾濫を、既の所で食い止められたようだね。

14.海外のパネリスト
どうしたんだスイス?急に「マトモ」になっちゃって…

15.海外のパネリスト
イタリアやギリシャにいる移民達は、ただの不法侵入者だよ。送り返せばいいのさ。

16.海外のパネリスト
この決断により、今後スイスは「ナチス」・「ファシスト」扱いされるだろう。

17.海外のパネリスト
>>16
そもそも、スイスはEUに加盟してないからね…

18.海外のパネリスト
EUにいる移民達を「アフリカ諸国」へと「割当」すればいい。


オーストラリア政府、「外国勢力による政治影響力排除法案」を成立させる…中国対策か?[海外の反応]




先週木曜日、オーストラリア政府が「外国勢力による政治影響力排除法案」を、成立させていたことがわかった。今回の動きは、同国の主要貿易パートナーでもある「中国」への牽制と思われている。

本法案においては、外国勢力の為に活動する国内のロビーイスト達に登録を義務付け、オーストラリア内政治事案への干渉行動が確認された場合、その責任が追及されることを明記している。

同国首相マルコム・ターンブル氏は昨年、”中国勢力が関係する(国内政治事案干渉への)嘆かわしい報告が上がってきている。”などと述べ、早急な対応が必要であると示唆していた。

中国政府は、これらの主張を全面的に否定しているが、今後、オーストラリアにおける中国政府系政治献金、また、中国関連企業のオーストラリア内活動に、大きな影響がでると予想される。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://uk.news.yahoo.com/australia-pass-foreign-interference-bill-amid-tensions-china-031501826--finance.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ニューヨーク・タイムズ紙・公式ツイッターより
https://twitter.com/nytimes/status/1012281981126799361
[コメント傾向(*総コメント数)]
本政策に好意的・若干反トランプ含む(*50件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
まぁ…常識的な判断じゃないですかね?

2.海外のパネリスト
ロシアに支配されている米国にも、同じ法案が必要だ!

(*現在、米国においては前大統領選挙における「ロシアの関与」が、大きな話題となっている。ちなみに、米国にはすでに「外国勢力の政治影響力排除法案」は存在している模様。)

3.海外のパネリスト
「*米国の過ち」から、世界は学んだのさ…「他国に(国内政治を)支配されてはいけない」ということを…

4.海外のパネリスト
オーストラリアに移住しようかな…

5.海外のパネリスト
>>4
私も連れて行って!!!

6.海外のパネリスト
少なくとも、アメリカの大統領選挙においては、「外国勢力」の存在が「法律」を上回ってしまったようだけどね…

7.海外のパネリスト
豪州への愛と尊敬が、日増しに強くなる。

8.海外のパネリスト
中国からの留学生、旅客機、文化流入を止めない限り、いかなる法案も無意味。

9.海外のパネリスト
アメリカの馬鹿なリーダー(*トランプさん)は、オーストラリアと同じ状況が、この国でも発生していることに未だ気付いていない。

10.海外のパネリスト
米議会は彼らを見習い、米大統領選挙の公平性を維持する、新たな法案を提出するべきだ!

11.海外のパネリスト
自国への外国干渉に対しては厳格に対応する一方、太平洋に浮かぶ数々の小国に対する過干渉は、今後も続けるオーストラリアであった…

12.海外のパネリスト
なぜ今なの?これまで「外国勢力の干渉」を、あれだけ歓迎していたじゃない?

(*ターンブルさんは、元々親中派リベラルと評されていたようです。参考

13.海外のパネリスト
オーストラリアも、他国への干渉を止めようね?

14.海外のパネリスト
その一方、ロシア、イスラエル、サウジアラビア、そして、中国からの干渉を受けまくる米国…

15.海外のパネリスト
>>14
対中国経済支援を強化してくれた、オバマ前大統領に感謝しなきゃね!!

16.海外のパネリスト
ちょっと対応が遅すぎる&不十分過ぎるのでは?馬小屋から馬が逃げ出した後に、馬小屋の扉を「ほんの少しだけ」閉めるようなもの。

17.海外のパネリスト
願わくば、トランプ大統領がこの記事を読み、何かを得てくれることを望む。

18.海外のパネリスト
中国政府・企業と商売をしている連中が、オーストラリア政府を「人種差別主義者!」と罵る光景が目に浮かぶ…


国際人権団体アムネスティ「欧州はもっと移民・難民を受け入れるべき!」[海外の反応]




近年、急増する欧州への移民対策として、EU外に移民収容地区の設立を望む声が強くなっている。これにより、本当に助けを必要とする難民達と、ただ単に仕事を求める経済移民とを、容易に判定できるようになるという。

一方、国際人権NGOアムネスティ・インターナショナルは声明を発表し、これらの計画が全ての移民・難民の人権にとって、大きな脅威になると訴えた。

以下は、同NGOのIverna McGowan氏によるコメント:
”私達は、このような計画が、オーストラリアや他の諸国で実施されてきたの見てきました。そして、それにより大きな人権問題が発生することを、経験から知っています。(-中略-)ヨーロッパには移民問題など存在していません。他国と比べ、欧州諸国は難民達をそれほど受け入れていないのですから。(注釈:難民の受け入れ人数が多い国は、トルコ250万人、パキスタン160万人、レバノン110万人となっている。参考)これは民衆の関心をそらすための政治的演出に過ぎません。("We do not have a migration problem in Europe. No European country is in the top number of countries hosting refugees. This is a political tactic to divert attention. ”)”

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.euronews.com/2018/06/26/europe-doesn-t-have-migration-problem-says-amnesty

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1011608158970802181
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*73件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
”ヨーロッパに移民問題が存在していない”だと!?きっと彼らは並行世界(パラレルワールド)の住人なのだろう。

2.海外のパネリスト
アムネスティの言うことなんか、無視しとけばいいんだよ。EUの下部組織みたいなもんさ。ある意味、難民危機を引き起こした原因のひとつでもある。

3.海外のパネリスト
>>2
EUの下部組織っていうか、むしろ、国連じゃない?

4.海外のパネリスト
彼らは完全に正しい…これは「欧州における移民問題」なんかじゃないよ。これは「欧州における侵略」だ。

5.海外のパネリスト
非現実にも程がある。

6.海外のパネリスト
アムネスティの存在こそ、最大の問題。移民船は適切に対処されるべき。

7.海外のパネリスト
彼らって、本当に「極左集団」だよね…誰からも望まれていないのに、勝手に行動している。

8.海外のパネリスト
きっと彼らはヨーロッパに住んでいないのだろう…だからこそ、移民問題を知らないのだ。

9.海外のパネリスト
近い将来、欧州は第三世界へと没落する…

10.海外のパネリスト
ヨーロッパ諸国はアメリカに憧れ、多くの移民を受け入れた。しかし、彼らの国は米国と比べ、あまりにも小さすぎる。上手くはいかないよ。

11.海外のパネリスト
一体どんな人々が、この団体を支援しているのだろうか?

12.海外のパネリスト
あとどれくらいの移民を受け入れたら、「移民問題が欧州に存在する」と、アムネスティが認識できるようになるのだろうか?

13.海外のパネリスト
困っている人を助けるべきとは思う。でも、彼らの現状認識は確実に間違っているよ。

14.海外のパネリスト
これぞ世界最高の人権団体…社会正義守護者(*social justice warrior)の旗手である!!

(*ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー:社会正義を追求する人々の総称。最近では若干否定的・嘲笑的意味合いで使われる場合もある。)

15.海外のパネリスト
とりあえず欧州の港に「豚関連副産物」を、対象にばらまこう

16.海外のパネリスト
現実逃避者リスト:メルケル独首相、マクロン仏大統領、スペインの新首相…そして、アムネスティ…

17.海外のパネリスト
普通に笑える。

18.海外のパネリスト
移民問題の有無を判断するのは彼らではなく、ヨーロッパの市民達だ。そして、多くの欧州民は主張している…「移民問題がある!」と…

19.海外のパネリスト
アムネスティ以上に「左寄り」になることって、果たして可能なのだろうか?
 

オーストリア首相「全ての国家は、移民を拒否する権利を保有している。」[海外の反応]




オーストリア公共放送局「ORF 2」のインタビューにおいて、オーストリア首相セバスティアン・クルツ氏は「移民は彼らの祖国においてサポートをうけるべきである」、「全ての国家は、移民を拒否する権利を保有している」などと、発言していたことがわかった。

以下はクルツ首相の発言:

「私の個人的意見では、全ての国家は、移民の受入数、そして、受け入れ対象の選定を、自ら行えるようになるべきだと思う。」

先日、オーストリアはドイツ・イタリアと共に「意思の枢軸(axis of the willing)」を結成、「不法移民の削減に取り組む意思」を共同で示した。

同国は、すでにハンガリーや他のヨーロッパ諸国とも同様の提携を結んでおり、EUが導入を目指している「移民割当制度の実施」を否定し、国境管理の強化を求めている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2018/06/austrian-chancellor-every-country-has-the-right-to-refuse-migrants/#.WyJXkuS0fuk.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1007229918021812224
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*85件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
私はオーストリアを愛している!常識を持ったリーダーの誕生を、心から喜ぶ!!

2.海外のパネリスト
EUは急速に瓦解しつつあるといえる…もはや半数に近い加盟国が、彼らの方針に反対しているのだから…

3.海外のパネリスト
彼は当たり前のことを言っているだけさ。政治家というものは、自国の繁栄に関して責任をもっているのだから。他国にアレヤコレヤ指示されるべきじゃない。

4.海外のパネリスト
移民受け入れというものは、「受動的侵略」に等しい。

5.海外のパネリスト
こういう人がもっと他の欧州諸国にも現れてくれればいいのに…

6.海外のパネリスト(*画像)
今のうちに、EU加盟国数分の「脱退名」を考えておかないとね…(例:オーストリアEU脱退は"Auxit"、フランスEU脱退は"Frexit"など…)

7.海外のパネリスト
大規模移民によるグローバリゼーションに対して、大手を振って反旗を翻してくれる人物の存在を、神に感謝したい。

8.海外のパネリスト
これは正しいことです。なぜならば、多すぎる移民の受け入れはホスト国の文化を壊すのみならず、その社会に適応できない多くの人々を生み出してしまうからです。そもそも、彼らは異なる文化の人々ですからね。彼らは客人であり、ホスト国の社会を変化させることは許されません。

9.海外のパネリスト
拒否することは素晴らしい!しかしもっと大事なのは、今いる不法移民達を追い出すことだ!

10.海外のパネリスト
もし国家が自らの道を選べないのだとしたら、それはもはや国家ではない。

11.海外のパネリスト
移民の多くは中年男性がほとんど…ただの侵略兵ですよ。

12.海外のパネリスト
オーストリア首相の好感度がうなぎのぼり…

13.海外のパネリスト
国家には、移民をしてくる人物を「正規移民」・「不法移民」のどちらかに、選別する権利もある。

14.海外のパネリスト
これを実現させようとすれば、現在EUから受け取っている(移民政策以外の)膨大な恩恵を、投げ捨てることになる。それでもいいのか?

15.海外のパネリスト
グローバリゼーション(Globalization)が、地球(Globe)を壊している…

16.海外のパネリスト
トランプはメルケル(独首相)とマクロン(仏大統領)の面を引っ叩き、これらの反EU諸国を支援するべきだ!オーストリア・ファースト!!ポーランド・ファースト!!そして、アメリカ・ファースト!!!

17.海外のパネリスト
それじゃあオーストリア人たちも、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、そして、アメリカで拒否されてもいいんだね?

18.海外のパネリスト
全ての国家は、「大規模移民」と「(移民達の)爆発的出生率」による民族置換戦略を、妨害する権利がある。


オーストリア政府、国内7ヶ所に及ぶイスラム寺院の閉鎖を決定、イスラム指導者の追放も検討されている模様[海外の反応]




先週金曜日、オーストリア政府は国内7ヶ所に及ぶイスラム寺院「モスク」の閉鎖を決定、また、海外からの資金提供を受けている宗教団体や「政治思考の強いイスラム指導者」の精査・追放も計画されているという。

オーストリア首相セバスティアン・クルツ氏の声明によれば、ウィーンに存在するトルコ系強硬派イスラム寺院、および、アラブのイスラム系団体が所有する6つのモスクにおける強制閉鎖を決断したと述べた。

今回の処置は、2015年に制定された「国内の宗教団体に対する外国からの資金提供を禁じる法律」などに基づいて行われた。海外からの資金提供疑惑がある「イスラム教指導者」約40名に対する「滞在許可資格」の精査も、今後、行われる予定になっている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://apnews.com/2b38a9dd8c084901952a9618ab00a702

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1005052490562326529
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*463件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
オーストリアの新たな門出を飾るに、ふさわしき第一歩だ。

2.海外のパネリスト
>>1
今回の処置を決定した自国政府を、オーストリア国民は誇りに思うべきだよ。

3.海外のパネリスト
>>2
イスラム過激派に「人権」などという概念は存在していない。彼らが崇めるものは「破壊」だけだ。如何なる犠牲を払っても、祖国を彼らから守らねばならないのだ。

4.海外のパネリスト
全ての欧州諸国は、オーストリアを見習うべきだ。ヨーロッパは今、存続の危機にある。

5.海外のパネリスト
中東などに存在するイスラム教国は、自国において、イスラム以外の宗教を弾圧しているくせに、西洋諸国には、イスラム教の保護を求めている…なんと馬鹿げたことか…

6.海外のパネリスト
>>5
まさしく、そのとおり!一体彼らは、自分達を何様だと思っているのか!?

7.海外のパネリスト
これは「反撃」と呼ばれるにふさわしい行為。より多くの国家や国民が、この「反撃」に参加してくれることを望む。

8.海外のパネリスト
イスラム指導者達を追放するのは構わないけど、アメリカに送りつけないでね?サウジアラビアあたりにお願いします。

9.海外のパネリスト
こういったことが、ヨーロッパ全体で行われればいいのに…

10.海外のパネリスト
イギリス政府もオーストリア政府の行動を参考にして欲しい。

11.海外のパネリスト
彼らの決断は、欧州を救う「きっかけ」になりうるだろう。

12.海外のパネリスト
移民達を追い出すか…それとも彼らに支配されるか?

13.海外のパネリスト
たった7つだけ?もしかして、オーストリアには7つしかモスクがないのかな?

14.海外のパネリスト
クルツ首相!ぜひとも我らがメイ英首相に対して助言をしていただけませんか?あまりにも出来損ないなので、非常に困っているのです。

15.海外のパネリスト
もっと前に行われているべきだったんだ。むしろ、遅すぎたくらいさ。

16.海外のパネリスト
オーストリア国民は、祖国を存続させる意思を示したのだ。

17.海外のパネリスト
欧州文化を守るためには、言葉だけではなく、実際の行動が必要である。

18.海外のパネリスト
仮にイスラム寺院が閉鎖されたとしても、ムスリム達は路上で祈るだろう。


スロベニア総選挙、反移民を訴える右派系政党が大勝![海外の反応]




今週日曜日、スロベニアで行われた総選挙の結果、反移民を訴える中道右派:スロベニア民主党(SDS)が第一党の得票率を獲得した。

開票結果によると全投票の内、約25%がSDSを支持しており、第二党となった中道左派「LMS党」の得票率(12.7%)を、大きく上回っている。一方、過半数の支持は得られておらず、内閣を樹立するためには、他党との連立が不可欠であるという。SDSを率いるのは同国元首相であるJanez Jansa氏であり、反移民を強く訴えているハンガリーのオルバーン・ヴィクトル首相の熱烈な支援者であることが、よく知られている。

選挙戦などを通じて、SDSは移民対策に投じられている国費を、国家の安全保障等に費やすべきであると主張、”スロベニア人の安全と幸福を最優先に考える国家を目指す!”などと、訴えてきた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.bbc.com/news/world-europe-44349007?ocid=socialflow_twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
BBC公式ツイッター
https://twitter.com/BBCWorld/status/1003338491697270784
[コメント傾向(*総コメント数)]
左右両方(*70件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
共産主義の弾圧を経験した国家は、賢い判断を下すことができる。

2.海外のパネリスト
スロベニアなんかに移民するやつはいないよ。所詮人口300万人程度の小国ではないか?むしろ、移民労働者を排出する立場だろ?クロアチアみたいにね…。

3.海外のパネリスト
素晴らしい知らせだ!他の欧州諸国も彼らに続いて欲しい!!

4.海外のパネリスト
スロベニア、スロバキア、ハンガリー、チェコ、ポーランド、イタリア、オーストリア、デンマーク…移民流入主義を止めてくれ!!!

5.海外のパネリスト
移民に反対だって?じゃあ、メラニアを引き取ってくれるのかい?

(注:トランプ米大統領の嫁メラニア夫人は、スロベニア出身。)

6.海外のパネリスト
誰か、メラニアにこのニュースを知らせてくれ!

7.海外のパネリスト
さすがに、これでEUも従来の移民政策を変更することになるだろう。私は親EU主義者であるが、この政策に関しては、以前より問題が多すぎると思っていた。

8.海外のパネリスト
悲しいことだ。「反移民政党の勝利」を知らせるニュースに、歓喜のコメントが溢れている…

9.海外のパネリスト
移民流入を議論する前に、君たちスロベニア人の(他国への)出稼ぎ移民について議論すべきでは?

10.海外のパネリスト
私はソロベニアを愛していた…大好きな国家の一つだったのに…この記事を読んで大変落ち込んでいる。スロベニアの人々は他国の人々に対しても、親切で友好的だった。どうか、あの当時を思い出して欲しい。

11.海外のパネリスト
>>10
スロベニア人は何も変わってはいないよ…今でも親切で有効的さ。

12.海外のパネリスト
今こそ欧州諸国は団結して、望まれぬ移民を食い止めるべきなんだよ。ネオ・リベラル主義者達が「奴隷的労働者」の確保を目論んでいるが、そんなくだらない目的のために、祖国の文化や風習を壊されるわけにはいかない!

13.海外のパネリスト
スロベニアのような中・東欧諸国とは違い、我々西ヨーロッパ諸国は多様性を重んじてきた。それがゆえ、彼らとは違い、多くの面で社会の質を改善することができたのである。

14.海外のパネリスト
結局「無国境主義」というものは、どの国においても、全く人気を得ることができていない。

15.海外のパネリスト
どうやら欧州諸国の中には、EUが作り出した「移民流入地獄」から、抜け出す意思を持つ国家もあるようだ。

16.海外のパネリスト
>>15
個人的意見として、EUは存続すべきだと思う。だが、その移民政策については抜本的な見直しが必要だ。

17.海外のパネリスト
近年のヨーロッパにおける選挙では、「反移民」を訴えることこそ、勝利を手にするための「必須条件」になりつつある。

18.海外のパネリスト
>>17
既存政党が、国民の声を長年無視し続けてきた「ツケ」だよ。


スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

アクセスカウンター
  • 累計:

ご意見・ご要望

コメント削除・問合せ等はこちらへ

名前
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。