先週月曜日、東ドイツの都市ケムニッツにおいて、外国人(イラク&シリア人)が引き起こした暴力事件に抗議する極右勢力のデモが発生。それらに対抗する左派集団も集結し、両者が衝突する事態となった。

地元警察によれば、左右の両団体は、互いに(ロケット?)花火を打ち合っており、放水車が出動したという。数名のけが人が確認されている。

数千人近い人々が今回の騒動に参加していたとされており、ドイツ政府・関係当局は、彼らに対して冷静になるように呼びかけた。また、メルケル独首相の広報官も声明を発表し、”「私的制裁」は認めない。”などと述べた。

今回の混乱は、2015年、メルケル政権が主導した「難民受け入れ政策」により、ドイツ内で保守回帰の傾向が強まり、同国社会で大きな亀裂が生じていることを如実に示したといえる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/german-government-condemns-far-demo-eastern-city-fatal-133137044.html
https://www.yahoo.com/news/three-sought-xenophobic-attack-migrant-eastern-german-town-075022487.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*69+44件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供、ありがとうございました。ご紹介が遅れてしまい、申し訳ありません。次回は、同じく情報提供を頂きました「アーシア・アルジェント氏」に関する記事の予定です。

//------------------//

1.海外のパネリスト
何をもってして極右&極左なのか?そして、何をもってして保守&リベラルなのか?…そこらへんの基準をもうすこし明確にしてくれないものだろうか?

2.海外のパネリスト
>>1
共産主義者(ボリシェビキ)から見て、「右側」にいる連中はすべて「極右」なのだよ。

3.海外のパネリスト
そろそろ「移民」と「メルケル首相」に、最後通牒を突きつけるべき時が来ているんじゃないか?

4.海外のパネリスト
>>3
もう遅いよ。

5.海外のパネリスト
>>3
ドイツ人でもない君が、なぜドイツの未来を案じているのか?祖国であるアメリカの心配をしたまえ。

6.海外のパネリスト
「左派」は「左派」と紹介されるのに、なぜ「右派」だけが「極右」と報じられるのか?貴方達メディアは、イスラム(による)侵略を正当化し、それに反するものを「過激派」扱いしている。

7.海外のパネリスト
>>6
歴史を学べば、「極右」よりも「極左」のほうが、遥かに危険な存在であることが分かる。

8.海外のパネリスト
結局、行き過ぎた「左翼思想」が、一般大衆の「極右」支持へと繋がっているのさ。これは(*赤狩りが始まった)1920~30年代のアメリカでも起きていた事。

(*一般的に、米国の赤狩りは1950年頃に、マッカーシズムの下で行われていたものが有名であるが、1920~30年代においても、時の司法長官アレキサンダー・ミッチェル・パーマーによる「パーマー・レイド(左翼狩り)」などが行われていた。参考

9.海外のパネリスト
「デモを行う権利」が憲法で保証されている、米国に住んでいてよかった…

10.海外のパネリスト
さすがのドイツ人達も、ついに「堪忍袋の緒が切れた」ようだね。

11.海外のパネリスト
左翼たちは、カール・マルクス像の周りに集まっているのだろう。彼らのヒーローだからな…

12.海外のパネリスト
いや~ほんと…ドイツ人ってのは昔から「言論の自由をいかにして弾圧すべきか?」について、大変よくご存知でいらっしゃる。

13.海外のパネリスト
国家とは、その土地に住む人々によって築き上げられてきた社会であり、文化の集合体を意味する。もしその土地に、異なる社会の、そして、異なる文化を持つ人々が大量に流入した場合、一体何が起こるか…皆さん想像できますか?

14.海外のパネリスト
まぁいいんじゃない?こういうことが起これば起こるほど、独保守政党AfD(*ドイツのための選択肢)への支持は増えるわけだし。今年11月の米中間選挙において、「米民主党」なんかに投票しようと思っている連中は、よくこの騒動をしっかり見ておけよ!これは他人事じゃないんだぞ?

15.海外のパネリスト
っていうかさ…今回のデモは、そもそも外国人犯罪が発端になっているわけでしょ?当局がしっかり移民犯罪を取り締まっていればよかっただけの話。移民達は皆噂している…「独警察には移民を捕まえられない」ってね。実際、俺の従兄弟もイラク人移民に自動車を盗まれた。犯人は一応捕まったものの、自動車はすでに壊されており、その後、警察は犯人をすぐに釈放…しかも、その壊された自動車の処理代金を被害者である従兄弟に要求してきたんだ!きっとドイツ政府は、「なぜドイツ国民が怒っているのか?」を、まったく理解できていないのだろう。

16.海外のパネリスト
二年前、ケルン駅で行われた新年祭において、多数のドイツ人女性たちが数千もの移民達によって、おぞましいセクハラ被害を受けた。(参考)しかし、ドイツのメディアは当初、その内容を報じようとしなかった。「イスラム恐怖症」と批判されることを恐れたのだ。今やドイツ人は、祖国ドイツから他国へと移民せざるを得なくなった。なぜなら、この国は外国人によってすでに支配されているからだ。

17.海外のパネリスト
警察官を大増員し、(移民・外国人達に)奪われた街を取り返せ!!!

18.海外のパネリスト
ドイツ人、イタリア人、そして、スウェーデン人達は、祖国が外国人に蹂躙されている現状を、なんとも思わないのか?