海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

移民問題

ポーランド首相「移民受け入れには同意できない!」メルケル独首相「  ( ̄ω ̄)  」[海外の反応]



Translated Sentences

*ポーランド:モラヴィエツキ首相(ポーランド保守政党”法と正義”出身)

モラヴィエツキ首相の発言:

「(メルケル首相の)ドイツについてはよく存じ上げませんが、ポーランドに関して言えば、オーストリアやチェコ共和国…そして米国等と同様に、国連が提唱する移民受け入れ協定に同意するつまりはありません。なぜなら、我々はそれが私達の法律や、国境を守り、移民を制御する為に必要な(国家としての)意思決定を侵害する恐れがあるからです。それらの事柄は、我々にとって最も重要視されるべきことです。」

News Sources
Comment Infromation

[コメント元]
VoA
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*222件)
[コメント選出基準]
順番・選択

Comments

1.海外のパネリスト(*ポーランドの方)
何言ってるんだ!ポーランドだってムスリム移民労働者を大量に受け入れているじゃないか!?まさに、西ヨーロッパと同じく、自滅の道を歩んでいる最中さ。反移民国家ポーランドなんざ、おとぎ話にすぎんよ。

2.海外のパネリスト
>>1
お医者様に診てもらってくださいね。

3.海外のパネリスト
>>2
(保守・反移民政党と言われている)「法と正義」が政権を担当してから、なぜか移民数が増えているんですが…?

4.海外のパネリスト(*オランダ語→グーグル翻訳)
移民受け入れを決めた欧州のリーダー達を見てみろ?ドイツのメルケル、フランスのマクロン…みんな子供がいない。

5.海外のパネリスト
ポーランドはムスリム国家になりたくないだけさ…

6.海外のパネリスト
メルケルは、歴史上最大級のミスをした政治家として、歴史に残るだろう。

7.海外のパネリスト
>>6
オバマと一緒にね…

8.海外のパネリスト
アイルランドにも、同じような政治家がいればなぁ…

9.海外のパネリスト
>>8
そういえば、「*アイルランド2040年計画」はどうなったの?

(*2040年までに、アイルランドの人口(or 労働者)を50~100万増やす為の国家戦略…らしいです。)

10.海外のパネリスト(>>8)
>>9
みんなブチ切れてるよ。我々は歴史上、外国の侵略(*イギリス等)にとても苦しめられてきた。その痛々しい記憶は、今でも新しい。「外国人労働者の流入」という名の新たな侵略は、絶対に避けるられるべきなんだ。

11.海外のパネリスト(>>8)
>>10
そう思っているのなら、ちゃんとした政治家に票を投じるべきだね!By ポーランド人より…敬具。

12.海外のパネリスト
ようやくヨーロッパ諸国が目覚め始めたようだ。ドイツ、フランス、スウェーデン等に混乱をもたらしている原因が、移民であることに気付いたのだろう。

13.海外のパネリスト
イギリス政府も、同じ様な対応をすればいいのに。

14.海外のパネリスト
(しかめっ面をする)メルケルの顔を、これほどまでしっかりと見たいと願ったのは…これが初めてだ。

15.海外のパネリスト
メルケルの精神性は、旧東ドイツ時代に旧ソ連的な社会構造の中で培われたもの。それゆえ、彼女はドイツ人的思想・哲学などを、一切持ち合わせていないのだよ。

16.海外のパネリスト
ドイツ国旗を渡されたメルケルが、すごく嫌な顔をして、それをどこかに投げ捨てる動画を思い出した。

(*恐らくコレだと思われる。)


17.海外のパネリスト
>>16
僕は彼女の名前を聞くたびに、コレを思い出す。ほんと、彼女はドイツが嫌いなんだね。

18.海外のパネリスト
ポーランドが移民労働者を嫌っているのはよくわかった。でも、イギリスには、沢山のポーランド人移民労働者がいるのだが…

19.海外のパネリスト
>>18
でも、在英ポーランド人労働者は、イギリス人の税金で「飯を食っている(*社会保障費を受給している)」わけじゃないだろ?

20.海外のパネリスト(>>18)
>>19
まぁ…うん、そうだね…じゃあ…いいか…

スウェーデン:女性学生活動家、難民の送還を阻止する為、飛行機の離陸を妨害する[海外の反応]




Update

2018/10/25 11:17
*情報を追加:コメントでのご指摘、ありがとうございます。

News Infromation

スウェーデンの女性学生活動家が、アフガニスタン難民の強制送還を防ぐ為に飛行機内で着席を拒否し、同機が離陸できない状態にしていたことがわかった。(*安全上、離陸時には飛行機内の全乗員が着席している必要がある。)

21歳の学生活動家であるElin Erssonさんは、51歳のアフガニスタン出身難民の強制送還を防ぐため、7月23日、スウェーデン・イェーテボリ発トルコ・イスタンブール着の飛行機内にてパイロット等の忠告に従わず、「(離陸を阻止するための)着席拒否」という抗議行動を行った。この様子は彼女のフェイスブック上で生放送されており、1300万回の再生回数となったとされる。

ネット・メディア等には、彼女の行動を称賛する意見も存在する一方、このアフガニスタン出身難民が、自身の家族(妻と娘)に対して、繰り返し暴力を振るっていたことが明らかとなっている。彼女の努力にもかかわらず、この男は後に送還されたという。

Erssonさんには「航空法」に違反した疑いがもたれており、今後起訴される可能性がある。

News Sources
Comment Infromation

[コメント元]
Dw English(*独公営メディア)公式Youtubeチャンネル:
https://www.youtube.com/watch?v=LhXQvvUf0h0
[コメント傾向(*総コメント数)]
Erssonさんに批判的(*182件)
[コメント選出基準]
人気・選択

Comments

1.海外のパネリスト
スウェーデン人を代表して言わせていただきたい…我々は彼女の「醜い振る舞い」を、決して容認することはない!

2.海外のパネリスト
>>1
こういうタイプの人はアメリカにも沢山いる。彼らは世界、または、人類共通の問題なのだ。

3.海外のパネリスト
>>1
彼女は自己陶酔型のお馬鹿さん。

4.海外のパネリスト
この動画に出てくる(親移民の)女性(1:50頃~)…イカレテル人だってのは、付けているイヤリングの大きさですぐにわかった。

5.海外のパネリスト
>>4
きっとアフリカで買ったんだろう。彼女は「移民は労働力確保に必要だ。」と述べているが、彼らの殆どは結局「社会保障受給者」になることを、彼女は知っているのだろうか?

6.海外のパネリスト
こういう人間を許容するスウェーデン…故に、国が滅びるのだ。

7.海外のパネリスト
まず彼女をどこかに強制送還しよう!彼女は不法移民を擁護することにより、スウェーデン国民を危険に晒している。

8.海外のパネリスト
>>7
で…アンタはスウェーデン人なのか?

9.海外のパネリスト
>>8
スウェーデン人である事と、>>7のコメントと…一体何の関係があるの?

10.海外のパネリスト
彼女は「飛行機の運行を妨害した罪」に問われるべきだよ。

11.海外のパネリスト
抗議行動をしようがしまいが、いずれにせよ、彼は強制送還されていただろう。彼女のしたことは、多くの人々の人生に、混乱を与えただけだ。

12.海外のパネリスト
>>11
欧州を侵略しようとしている全ての「第三世界住民」は、今すぐ、ヨーロッパ諸国から追放されるべき。

13.海外のパネリスト
もし彼女が難民達を助けたければ、「強制送還」を妨害するのではなく、彼らの祖国に出向き、そこで生活環境改善の為に、行動を起こすべきなのだ。

14.海外のパネリスト
典型的なナルシストさん。自分の抗議行動を、ネット配信している時点で…しかも、守ろうとしている相手は、嫁と子供に暴力を振るうDV男だし…

15.海外のパネリスト
51歳の難民…なんで欧州を目指す難民は、大人の男ばかりなんだ?

16.海外のパネリスト
結局、アフガニスタンという国が不安定になっている大きな原因は、アフガニスタン人自身にあるんだよ。そんな国の人達を多く招き入れれば、結局、自らの社会に混乱を招くだけ。

17.海外のパネリスト
>>16
彼女みたいな人達には、そういう正論は通用しない。彼らは自分達こそ「最上モラルを持ちし者」と、勘違いしているからね…

18.海外のパネリスト
いずれ、彼女は自分の過ちに気付くでしょう。多くの活動家が、自分の行動を悔いてきたように…。私もかつては、そういった人々の一人だった…そして、自分の優しさによって、自分が傷つくことになった。人に優しくすることは良いこと…でも、その優しさに漬け込む人々が大勢いることを、忘れないでね。

独:移民に襲われた娘を助ける為に反撃した父親…暴行罪で告訴される可能性が浮上[海外の反応]




Update

2018/10/10 6:17
*情報を追加:コメントでのご指摘、ありがとうございます。

News Infromation

独ミュンヘンのハッカーブリュッケ駅において、アフリカ系移民から襲われた娘(21)を助けるため、反撃を行った父親が、暴行罪で告訴される恐れがでているという。

報道によると、酔っ払った28歳のエリトリア出身移民男性が、ドイツ人女性に対してセクハラ(*スカート内をまさぐる行為)を行ったとされる。その様子を見た彼女の父親は、即座にこの男性の顔に打撃(*度合いは不明)を加え、行為を止めさせようとした。その後、騒動に気付いた駅員によって警察が呼ばれたという。

警察の発表では、現在、移民男性に対して「セクハラ罪」、そして、女性の父親に対しては「暴行罪」により、それぞれ告訴が行われる予定であるとされる。

以下は、本事案に関するミュンヘン警察の公式見解。

”この事件が最終的に、どのように評価されるかについては、裁判所に委ねられています。警察は法に基づき、今回、「セクハラ罪」と「暴行罪」が共に存在すると推定したのです。”

また、同警察の広報官は犯罪に直面した場合「(反撃ではない)別の解決法」を模索するよう訴え、治安当局への連絡を求めた。

News Sources
Comment Infromation

[コメント元]
VoE:
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1048228364786524161
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*392件)
[コメント選出基準]
順番・選択

Comments

1.海外のパネリスト
この世界は、着実に狂ってきている。

2.海外のパネリスト
>>1
いや、狂っているのではない。世界は今、自らの崩壊に直面しながらも「沈黙」しているのだ。イジメっ子は、なぜイジメをするのか?なぜなら、それが「可能」だからだ。異常な事態を起こさせない対策・対応こそ、一番必要なのだよ。

3.海外のパネリスト
外部の敵より、内部の敵が一番恐ろしい。ドイツ国民が、そうした人々と戦う決意を決めた時、欧州の人々は貴方達をサポートするだろう。

4.海外のパネリスト
一体、ドイツの社会・行政に何が起きているのか?父親が娘を守れないような国は、存在するべきではない。

5.海外のパネリスト
自らの子供を犯罪から救ったこの男性に、万雷の拍手を送りたい!

6.海外のパネリスト
私は、ドイツを含め、フランス、イタリア、オーストリア、デンマーク、スウェーデン等のヨーロッパ諸国の人々が、近く目を覚ましてくれることを、固く信じている。

7.海外のパネリスト
>>6
僕もそう思うよ。でもね、行政は常にムスリム・移民達の犯罪を覆い隠そうとするから…むしろ、彼らの破壊活動を、支援しているようにさえ思える。

8.海外のパネリスト
もし自分の子供が危機に晒されれば、「警察を呼ぶ」なんて事を考えている暇はない。即座に何らかのを対応するだろう。それこそ、親のあるべき姿だ。

9.海外のパネリスト
>>8
移民達はメルケル首相の寵愛を受けているからね…これがその結果さ。

10.海外のパネリスト
ただ一言「イカレてる」。

11.海外のパネリスト
たった今、ダグラス・マレー氏による「The Strange Death of Europe」を読み終えた。これはヨーロッパが抱えた「長年の問題」に光を当てた作品である。我々は今悟らねばならない。さもなければ、かつてのローマ帝国同様の結末をたどることになるだろう。

(*The Strange Death of Europe:低出生率、大規模移民、そして、教育による自民族否定等によって、自己破壊を行っている欧州社会を、客観的に分析したイギリスの作家ダグラス・マレー氏によるレポート書籍。)

12.海外のパネリスト
ジャーマニスタンへようこそ!

13.海外のパネリスト
今日、常識が非常識になった。無意味な法律は、我々を守らないどころか、自衛すら許さない。

14.海外のパネリスト
ヨーロッパ大陸は、イスラム大陸へと変貌しつつある。

15.海外のパネリスト
これは欧州全体で広がっている現象だ。国境を開放すべき&移民を受け入れるべきと主張する人々も、未だ大勢存在しているんだよ…

16.海外のパネリスト
もし俺がこの父親だったら、「顔に打撃を加える」くらいじゃ済まないけどね…

17.海外のパネリスト
地元民と移民…その優先順位が明らかにおかしい。動物レベルの連中は、ヨーロッパにくるべきじゃないんだ。

18.海外のパネリスト
つまり、クズ共が好き勝手暴れまわっても、防衛行動は許されないということか…

ハンガリー首相「移民は、我らの国家を、私たちが認識できない形に変貌させるだろう」[海外の反応]



(*オルバーン氏に否定的な英BBCのドキュメンタリー)

News Infromation

先日、ハンガリーのオルバーン・ヴィクトル首相はラジオ局の取材に答え、「来年の欧州議会選挙は、EU共同体の方針に大きな変化をもたらすものとなるだろう。現時点で、親移民議員と反移民議員間における戦いは、まだ勝敗を決していない。」と、述べた。

公共コシュート・ラジオ局において発言を行ったオルバーン氏は、”現在、欧州議会では親移民派議員が大勢を占めており、EU市民の総意と異なる決断を下している。これは民主主義の危機だ。投票者は政治家たちに移民対策への姿勢を鮮明にするように求めている。私は、移民が民族置換政策であり、失策であると断言する。”と語った。

また、次のようにも主張している。

”EUは人口減少問題を、移民によって解決しようとしているが、こうした方策は、我々の文化を変化させ、ついには我々の村や都市、そして国家を、我々の知るものとは異なるものへと変貌させるだろう。私たちにはハンガリーの人々、家族が必要なのだ。”

News Sources

https://voiceofeurope.com/2018/09/orban-europe-needs-change-or-we-wont-recognise-our-cities-and-countries-anymore/#.W69ieG3B4yw.twitter
https://www.youtube.com/watch?v=_vUCb225t4s(2:35)

Comment Infromation

[コメント元]
VoE
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1045999453948260352
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*183件)
[コメント選出基準]
順番・選択

Comments

1.海外のパネリスト
親移民の連中は「多文化社会」の素晴らしさを高らかに説くが、このままいけば、今から30年後、「イスラム&ムスリム」に統一された世界が誕生するだろう。

2.海外のパネリスト
彼の主張は完全に正しい。ヨーロッパ、及び、イギリスのイスラム化は、食い止められねばならない!

3.海外のパネリスト
「多様性社会」は確かに素晴らしい。試しに日本に行ってみるといい。日本の伝統文化を守る日本人達がいる。それは、中国でも、イタリアでも同じこと。こうした世界の多様性は、確かに素晴らしいものだ。これこそ本来あるべき「多様性世界」なのだよ。

(注:このコメントは、一つの国の中に多様性を持ち込むのではなく、様々な文化を持つ世界の国家が各々尊重されるべきと、訴えている模様。)

4.海外のパネリスト
もし「イスラム法(*シャリア)」が、ムスリム達が訴えているように「完成された統治システム」なのであれば、なぜ彼らは「イスラム法によって管理された自国」を逃れ、「西洋社会」に流入してくるのか?

5.海外のパネリスト
>>4
社会保障制度目的ですよ…それだけです。彼らは怠け者であり、能力もないですからね…

6.海外のパネリスト(>>4)
>>5
まぁ、そうだろうね…

7.海外のパネリスト
メルケル独首相&マクロン仏大統領による「欧州民族置き換え政策(#GreatReplacement)」

及び、

オルバーン・ハンガリー首相&サルヴィーニ伊内相による「欧州防衛&イスラム移民防止政策」

8.海外のパネリスト
来年とは言わず、今すぐ欧州議会選挙を開始してくれ!オルバーンを次期EU大統領に!!!

9.海外のパネリスト
>>8
オルバーン「すまんが、私の役目はハンガリーの民を守ることなのだよ…」

10.海外のパネリスト
とりあえず、移民受け入れを停止するところから始めようか?その後は、減税政策や、子供を持つ夫婦に対する補助金の策定、及び、古き伝統であるキリスト教の保護と推奨等が必要だ。

11.海外のパネリスト
基本理念として、他国へと移民する人々は、その国の「法律と文化」を尊重しなければいけない。

12.海外のパネリスト
とある調査によれば、2050年、全人口におけるイスラム教徒の割合が、ドイツ・フランス・ノルウェー等において20%近く、スウェーデンにおいては30%以上になると考えられている。

13.海外のパネリスト
欧州をイスラム侵略から救おうとする彼の姿勢に、万雷の拍手を送りたい!他のヨーロッパ指導者達は、キリスト教の精神をイスラムに売り払おうとしているが、彼はそれを守ろうと懸命に努力している!!

14.海外のパネリスト
EUが目論む「多様性社会」の最終目標は、「移民の無制限受け入れ」ではない。それは「訪問者(イスラム移民)」達に対する、我々の絶対服従であり、降伏なのだ。

15.海外のパネリスト
後世の人々は、いずれこのように述べるであろう…「信じられないかも知れないが、かつて、この地にはヨーロッパと呼ばれた国々が存在していたのだ」、と…

16.海外のパネリスト
賢き人による賢き言葉。

17.海外のパネリスト
社会主義は欧州社会の政治体制から、排斥されるべきなのだ。

18.海外のパネリスト
「移民は、我らの国家を、私たちが認識できない形に変貌させるだろう」

すでにいくつかの欧州国家は、かつての面影が完全に消え去っていますけどね…

19.海外のパネリスト
>>18
それな!

20.海外のパネリスト
少なくとも、移民達に投票権を渡してはいけない。

ドイツ:数千人が参加する反移民デモが発生…対抗する左派勢力との衝突も確認される[海外の反応]




先週月曜日、東ドイツの都市ケムニッツにおいて、外国人(イラク&シリア人)が引き起こした暴力事件に抗議する極右勢力のデモが発生。それらに対抗する左派集団も集結し、両者が衝突する事態となった。

地元警察によれば、左右の両団体は、互いに(ロケット?)花火を打ち合っており、放水車が出動したという。数名のけが人が確認されている。

数千人近い人々が今回の騒動に参加していたとされており、ドイツ政府・関係当局は、彼らに対して冷静になるように呼びかけた。また、メルケル独首相の広報官も声明を発表し、”「私的制裁」は認めない。”などと述べた。

今回の混乱は、2015年、メルケル政権が主導した「難民受け入れ政策」により、ドイツ内で保守回帰の傾向が強まり、同国社会で大きな亀裂が生じていることを如実に示したといえる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/german-government-condemns-far-demo-eastern-city-fatal-133137044.html
https://www.yahoo.com/news/three-sought-xenophobic-attack-migrant-eastern-german-town-075022487.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*69+44件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供、ありがとうございました。ご紹介が遅れてしまい、申し訳ありません。次回は、同じく情報提供を頂きました「アーシア・アルジェント氏」に関する記事の予定です。

//------------------//

1.海外のパネリスト
何をもってして極右&極左なのか?そして、何をもってして保守&リベラルなのか?…そこらへんの基準をもうすこし明確にしてくれないものだろうか?

2.海外のパネリスト
>>1
共産主義者(ボリシェビキ)から見て、「右側」にいる連中はすべて「極右」なのだよ。

3.海外のパネリスト
そろそろ「移民」と「メルケル首相」に、最後通牒を突きつけるべき時が来ているんじゃないか?

4.海外のパネリスト
>>3
もう遅いよ。

5.海外のパネリスト
>>3
ドイツ人でもない君が、なぜドイツの未来を案じているのか?祖国であるアメリカの心配をしたまえ。

6.海外のパネリスト
「左派」は「左派」と紹介されるのに、なぜ「右派」だけが「極右」と報じられるのか?貴方達メディアは、イスラム(による)侵略を正当化し、それに反するものを「過激派」扱いしている。

7.海外のパネリスト
>>6
歴史を学べば、「極右」よりも「極左」のほうが、遥かに危険な存在であることが分かる。

8.海外のパネリスト
結局、行き過ぎた「左翼思想」が、一般大衆の「極右」支持へと繋がっているのさ。これは(*赤狩りが始まった)1920~30年代のアメリカでも起きていた事。

(*一般的に、米国の赤狩りは1950年頃に、マッカーシズムの下で行われていたものが有名であるが、1920~30年代においても、時の司法長官アレキサンダー・ミッチェル・パーマーによる「パーマー・レイド(左翼狩り)」などが行われていた。参考

9.海外のパネリスト
「デモを行う権利」が憲法で保証されている、米国に住んでいてよかった…

10.海外のパネリスト
さすがのドイツ人達も、ついに「堪忍袋の緒が切れた」ようだね。

11.海外のパネリスト
左翼たちは、カール・マルクス像の周りに集まっているのだろう。彼らのヒーローだからな…

12.海外のパネリスト
いや~ほんと…ドイツ人ってのは昔から「言論の自由をいかにして弾圧すべきか?」について、大変よくご存知でいらっしゃる。

13.海外のパネリスト
国家とは、その土地に住む人々によって築き上げられてきた社会であり、文化の集合体を意味する。もしその土地に、異なる社会の、そして、異なる文化を持つ人々が大量に流入した場合、一体何が起こるか…皆さん想像できますか?

14.海外のパネリスト
まぁいいんじゃない?こういうことが起これば起こるほど、独保守政党AfD(*ドイツのための選択肢)への支持は増えるわけだし。今年11月の米中間選挙において、「米民主党」なんかに投票しようと思っている連中は、よくこの騒動をしっかり見ておけよ!これは他人事じゃないんだぞ?

15.海外のパネリスト
っていうかさ…今回のデモは、そもそも外国人犯罪が発端になっているわけでしょ?当局がしっかり移民犯罪を取り締まっていればよかっただけの話。移民達は皆噂している…「独警察には移民を捕まえられない」ってね。実際、俺の従兄弟もイラク人移民に自動車を盗まれた。犯人は一応捕まったものの、自動車はすでに壊されており、その後、警察は犯人をすぐに釈放…しかも、その壊された自動車の処理代金を被害者である従兄弟に要求してきたんだ!きっとドイツ政府は、「なぜドイツ国民が怒っているのか?」を、まったく理解できていないのだろう。

16.海外のパネリスト
二年前、ケルン駅で行われた新年祭において、多数のドイツ人女性たちが数千もの移民達によって、おぞましいセクハラ被害を受けた。(参考)しかし、ドイツのメディアは当初、その内容を報じようとしなかった。「イスラム恐怖症」と批判されることを恐れたのだ。今やドイツ人は、祖国ドイツから他国へと移民せざるを得なくなった。なぜなら、この国は外国人によってすでに支配されているからだ。

17.海外のパネリスト
警察官を大増員し、(移民・外国人達に)奪われた街を取り返せ!!!

18.海外のパネリスト
ドイツ人、イタリア人、そして、スウェーデン人達は、祖国が外国人に蹂躙されている現状を、なんとも思わないのか?


スペイン:数百名のアフリカ系移民が国境沿いに殺到、暴徒と化す[海外の反応]



(*暴動後の様子…不法移民達の所有物や武器(?)が残されている模様。)

今月26日、アフリカ大陸北部にあるスペインの飛地領「セウタ」の国境沿いにおいて、アフリカ系不法移民400~600人が殺到する事件が発生、一部は暴徒化していたという。この騒動により、不法移民11名と、国境警備兵4名が病院に運ばれた。

地元警察によると、不法移民達は排泄物などを利用した「手製の火炎放射器(火炎瓶?)」を、国境警備兵に投げつけていたという。

セウタのスペイン地方当局は、不法移民が同国に侵入した総数について、未だ明らかにしていない。一部の欧州メディアは「800人の不法移民がセウタに入り込んだ」と報じている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2018/07/600-africans-storm-spanish-border-using-exceptional-violence-four-border-guards-hospitalised/#.W1nivTJeMLg.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1022497633179512834
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*193件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト(*画像)
「寛容」の名の下に、我々は「不寛容(*不法移民)」を受け入れているのだ。

2.海外のパネリスト
>>1
これは戦争である!我々は戦わねばならないのだ!!

3.海外のパネリスト
>>1
トマホークを一発打ち込めば済む話。

4.海外のパネリスト
メルケルの子供たち(*移民)は、「タダ乗り社会保障費祭り(moneyfornothing )」に殺到しているのさ。

(*名曲です…エリック・クラプトンもサポートで参加!)


5.海外のパネリスト
今、スペインにおいては老人達が負債(家賃の滞納?)を理由に、家を追い出されているにもかかわらず、これらの侵略者達(移民)には豊富な経済支援が政府から与えられている。

6.海外のパネリスト
欧州を目指す移民って「男」ばっかり…こいつら「男」達が作り出した混乱によって、祖国の女性や子供たちは苦しめられているのに…

7.海外のパネリスト
こういう連中から、一体どのような「良さ・善」を期待できるというのか?

8.海外のパネリスト
この事態を招いたのは、現スペイン政府の親移民姿勢が原因でしょ?

9.海外のパネリスト
(不法)移民を好き好んで受け入れている国家の存在が、到底信じられない。トラブルしか起こさないのに…

10.海外のパネリスト
>>9
これらの移民こそ、我々の置き換えとなる人々なのだよ…

11.海外のパネリスト
彼らは移民や難民ではなく、「経済移民」。僕がモロッコに居た時、同国政府は自国民に対する住宅・仕事の供給を行っていたらしいが、それでも多くの人々は、「無償の社会保障費」を求め、欧州を目指していた。

(*モロッコはアフリカ大陸の中において、比較的経済水準が高い。ちなみに、セウタの隣国。)

12.海外のパネリスト
これはもう「宣戦布告」と捉えて、いいんじゃないだろうか?

13.海外のパネリスト
大した技術者達だ。スペインにおけるAI・医療・エネルギー分野の発展は、間違いないだろう…

(*かつて、移民の多くが技術者や医者であると言われていた。)

14.海外のパネリスト
柔和な移民政策を導入したことを、近い将来、スペインは後悔することになる。

15.海外のパネリスト
>>14
スペイン政府が、移民問題で対立するイタリアとEUの「仲介者」になろうとしたことが、最大の間違いだったんだよ。

16.海外のパネリスト
いや~…これは間違いなく「難民」ですなw(皮肉)

17.海外のパネリスト
(移民流入元である)モロッコは紛争状態ではない。つまり、彼らの大半は難民ではない。

18.海外のパネリスト
他国への入国を目指し「手製の火炎瓶」を使う移民…それはただの侵略軍です。


スウェーデン反移民政党「移民達の流入が、犯罪の増加と関係している!」[海外の反応]




総選挙を9月に控え、急速に支持を集める(*参考記事)スウェーデンの反移民・右派政党「スウェーデン民主党」の党首Jimmie Åkesson氏が、同国の夕刊紙「Aftonbladet」の取材に答え、移民の流入が、スウェーデンにおける犯罪率の上昇に関係しているとの見解を発表した。

この取材の中でÅkesson氏は、近年、スウェーデン社会の犯罪率が上昇している理由として、移民の過剰流入により、治安維持が正常に機能しなくなっている可能性を示唆した。

同氏によると、この問題を解決するためには、過去に問題を起こした移民達をスウェーデン内に滞在させないことが、非常に重要であると強調している。現在、スウェーデン政府は「対女性暴力」や「重傷害事件」を起こした移民の大半に、受け入れ許可を出しているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2018/07/migrants-are-behind-rise-in-violent-crime-in-sweden-and-should-be-deported-sd-party-leader/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
PeterSwedenさん(*スウェーデンの保守系ジャーナリスト)の公式ツイッター
https://twitter.com/PeterSweden7/status/1018185630260572160
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*185件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
移民と犯罪の関係を否定する人々も、移民と一緒に追放すべきだと思う。

2.海外のパネリスト
>>1
それな。

3.海外のパネリスト
トランプ大統領は移民によって欧州が変化していると語った…果たして、彼は正しいのだろうか?

[添付画像内容]

*英国におけるモスク数推移:
1961年:7
1971年:30
1981年:149
1991年:443
2001年:614
2011年:1500
2015年:1750

4.海外のパネリスト
「女性への暴力」や「混乱」の増加を望む人など、果たして存在するだろうか?

5.海外のパネリスト
スウェーデンで発生する犯罪の、約半分は移民が犯人だという。(*未確認情報)これはスウェーデン政府の失態である。彼らは自国民を守るという、当然の責務を放棄しているのだ。

6.海外のパネリスト
問題を起こした移民の強制送還は、必ず実施されねばならない。これは当然のことだ。

7.海外のパネリスト
多様性=犯罪増加

8.海外のパネリスト
ようやくまともなニュースが、スウェーデンから届いたよ。

9.海外のパネリスト
こんなこと公言して大丈夫?差別者扱いされちゃわない?

10.海外のパネリスト
移民と犯罪率の関係?そんなもの「博士号」を持って無くても、簡単に理解できるだろう?

11.海外のパネリスト
あのスウェーデンにも、僅かな希望が残されているようだ。

12.海外のパネリスト
制限なき移民の受け入れは、このように多くの問題を生み出す。そしてそれは、地元民の間に、移民達への大きな怒り・憎しみも創り出す。大規模移民は社会を支えるどころか、むしろ差別主義を助長させてしまう。

13.海外のパネリスト
犯罪を起こした移民はもちろん、その家族や親戚も強制送還対象とすべき。

14.海外のパネリスト
私はリベラルだけど、この意見には賛成。暴力事件を起こした移民は、そっこく追放されるべき。でも、大部分の移民は平和的で、勤勉な人々であることを忘れないで。

15.海外のパネリスト
>>14
大部分のナチス党員は平和的で、勤勉でしたよ?

16.海外のパネリスト
9月の総選挙において、与党「スウェーデン社会民主党」は、スウェーデン国民の怒りを知るだろう。

17.海外のパネリスト
移民擁護の方針を貫く「スウェーデン社会民主党」の支持者のうち、約40%は移民系らしい(*未確認情報)…移民システムが崩壊するのも頷ける。

18.海外のパネリスト
スウェーデン人は武器を取り、侵略者達を撃退すべきなのだ!


オランダ:イスラム政党「多文化や移民を受け入れられない人々は、この国から去れ!」[海外の反応]




オランダ・イスラム政党「DENK」の党首であるTunahan Kuzu氏が、同国メディア「NOS」の取材に答え、”近年、(オランダの都市)ザーンダムやプーレンブルグのような街では、多様な文化を持つ人々(*移民)が多く流入している、そうした現在のオランダの状況を好ましく思えない人々は、この国から出ていくべきだ。”と語り、物議を醸している。

「DENK」は、オランダの都市部、特に、イスラム人口が密集している地域(アムステルダム・ニーウ=ウェストなど)において、急速に支持を集めているオランダのイスラム政党である。一方、様々な言動により、議論の的になるケースも少なくない。

2017年3月に行われた、最新のオランダ総選挙の結果において、「DENK」は約20万票を獲得、3議席を確保している。また、今年行われた地方選挙では、「アムステルダム・ニーウ=ウェスト(Amsterdam Nieuw-West)」において、地域最大政党に躍り出ている。従来の左派層の支持を、一気に集めた形だ。

一部のオランダメディアは、「DENK」が、トルコ・エルドラン大統領と親密な関係にあることを指摘している。オランダの政党のうち、唯一「DENK」だけが、オスマン帝国(トルコ)による「アルメニア人虐殺」を認めていない。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2018/07/muslim-party-leader-in-the-netherlands-tells-dutch-to-leave-their-country-if-they-dont-like-diversity/#.W0X9ruYxK4U.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1017029030833545217
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*618件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
今後、この「粗暴な要請」は、いずれ「脅迫」となり…そして「実力行使」へと発展していく…

2.海外のパネリスト(風刺画)
むしろ、去るべきは彼の方!

3.海外のパネリスト
>>2
自発的には無理だろう…強制退去処分にするしか…

4.海外のパネリスト
これこそ、在欧州イスラム教徒達の真意なのだ。我々が将来待ち受ける混乱は、この程度ではない。

5.海外のパネリスト
ムスリムはオランダの価値観、法、そして、秩序を支配している。彼らの受身の姿勢が、この事態を招いたのだ。

6.海外のパネリスト
>>5
まさにそのとおりだ。自分たちの文化、信仰、価値観を守ろうとしなければ、いずれ、我らの国家内に、移民達の国家が樹立することになる。

7.海外のパネリスト
まぁ、欧州がどうなろうが、俺達には関係ないし…。好きにしてくれ…

8.海外のパネリスト
>>7
君の意見はよく分かる。でも、この国に取り残されている私達の立場にもなってくれ。米国へ移民しようかな…

9.海外のパネリスト
>>7
カリフォルニアへ行けばいい…あそこのリベラル達は、移民なら誰でも大歓迎してくれるぞ?

10.海外のパネリスト
>>9
いや、彼らは移民が「白人」と分かった瞬間、即座に拒絶するだろう。

11.海外のパネリスト
昔から、ムスリム達は西側諸国を内側から侵略すると宣言していた。まさに有言実行だね。

12.海外のパネリスト
国が奪われているという事実は、今や明白であり、これ以上無視することは難しい。現実を直視すべき時が来ている。

13.海外のパネリスト
ムスリム移民達は、友好・融合の為にヨーロッパを訪れたのではない。侵略・支配の為にここにいるのだ。

14.海外のパネリスト
これは政治的、社会的制度を利用した内戦である。

15.海外のパネリスト
彼らに1インチを譲れば、彼らは我々から全てを奪う…これは大昔からの知恵。左翼やリベラル達は歴史を知らない…だからこそ、わざわざ破滅の道を選んでしまうんだ。

16.海外のパネリスト
これは「侵略」ですか?え?「多様性」なんですか?はい…わかりました。

17.海外のパネリスト
我々は、オランダに「サヨナラ」を告げるべきか?

18.海外のパネリスト
賃借人に追い出される大家。

19.海外のパネリスト
多様性ファシズム、ここに極まれり…
 

英保守党政治家「急進派イスラム教徒達は英少女達を傷つけ、自分達の子供を産ませようとしている」→党員資格停止処分に…[海外の反応]




イギリス保守党の女性議員が、一年以上前、自身のブログに投稿した「急進派イスラム教徒への過激な批判」をキッカケに、党員資格停止処分となっていたことがわかった。

イングランド・イースト・サセックスの行政教区ルイスにて、地元議会の議長つとめている保守党のCarola Godman Irvine氏は、昨年、マンチェスターで発生した急進派イスラム教徒によるテロ事件後、自身のブログに次のような文章を掲載したという。

”この数十年に渡り、「イスラム教徒」と呼ばれるこれらの急進派は、イギリスの固有文化、自由、価値観、住民、そして、英国式キリスト教信仰に対する敵対心を、明確に示してきた。(-中略-)戦術的に私達イギリス人を駆逐するため、彼らはこれまで、敢えて息を潜めていたのだ。(-中略-)多くの若いイギリス人の少女・女性達が、彼らにより傷つけられてきた…それは、ムスリムの子供を増やすためである。これこそがまさに、*ロッチデールで発生したことなのだ。(2017年5月30日投稿)”

(注:イングランド・グレーター・マンチェスターの都市ロッチデールにおいて、2012~2016年までに少なくとも40名の未成年イギリス人少女たちが、パキスタン移民系イギリス人により様々な暴力を受けていた事件。ロザラム児童性的搾取事件等、同様の事件が英国では多数報告されている。参考

この文章は、約一年前以上に投稿されたものであるが、先日、英政治専門メディア「Politics Home」が、この内容を報じたことにより、保守党が調査に乗り出す事態となった。調査が終了するまで、Carola Godman Irvine氏の党員資格は停止されるという。

Carola Godman Irvine氏はメディアの取材に答え、同投稿が22名の犠牲者を出したマンチェスターテロ事件直後に書かれたことを強調、「テロ事件直後にこの議論を行うことは適切であった。一年も経った今になってこの記事を報じるのは、適切ではない」などと述べた。さらに、この文章を公開したことに関しては「後悔していない」とも語っている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.theargus.co.uk/news/16354479.tory-suspended-after-claims-that-islamist-extremists-rape-british-girls-to-create-muslim-babies/?ref=twtrec
https://www.politicshome.com/news/uk/political-parties/conservative-party/news/96806/excl-senior-tory-official-suspended-after

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1018454800705445890
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*207件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
イギリスにおいては「真実が貴方を不自由」にする。

(注:聖書には「真実が貴方を自由にする」という文言がある。)

2.海外のパネリスト
現在英国が陥っている「*ジョージ・オーウェル的(orwellian)」ディストピアは、他国にとって反面教師となるべき存在なのだ。

(*ジョージ・オーウェル(1903年6月25日 - 1950年1月21日):イギリスの作家、ジャーナリスト。全体主義的ディストピアの世界を描いた『1984年』の作者で知られる。)

3.海外のパネリスト
真実を語っただけで「党員停止処分」になるのか?

4.海外のパネリスト
イギリスも相当キテるね…

5.海外のパネリスト
>>4
一部の人達だけだよ…マトモな人たちもまだ大勢いる。

6.海外のパネリスト
むしろ彼女は称賛させるべきだと思う。正しいことを述べたのだから。

7.海外のパネリスト
グローバリストによる「政治的公平性弾圧」再び…ってところかな。

8.海外のパネリスト
現在の英国において、「言論の自由」はムスリム達にのみ与えられる特権だ。

9.海外のパネリスト
欧州諸国の状態を見てご覧。彼女の言っていることが事実であると、理解できるだろう。

10.海外のパネリスト
彼女が語った内容で、唯一間違っている部分は「イスラム教」という言葉だ。彼らは「教」ではなく、「病」である。

11.海外のパネリスト
今やムスリム達がイギリスの実権を握っている。ゆえに、このような対応がなされることも、当然ではないか?いずれイスラム法廷が設置されることだろう。

12.海外のパネリスト
これは「自滅主義」ですよ。

13.海外のパネリスト
我々は「スペード」を「スペード」と、まともに呼ぶことすらできなくなっている。(We can't call a spade  ; a spade:直言する)。これが民主主義国家のあるべき姿なのかね?イスラム教徒達が我々を滅ぼそうとしているのに、文句一つ垂れるなと?おかしなことだ。

14.海外のパネリスト
この国の左翼政治家達は、私達の人種を廃絶しようとしている。

15.海外のパネリスト(画像)
政治家達は「好ましくない事実」から目を背け、「都合の良い嘘」に惑わされている。

16.海外のパネリスト
「自分達の子供を産ませる」うんぬん…ってのはちょっとよく分からないけど、少なくとも、移民達が英治安当局を見くびっているのは間違いないだろう。彼らを非難・追求すれば、もれなく「差別者扱い」されてしまうのだから。

17.海外のパネリスト
「欺瞞の時代には、ただ真実を述べることが革命的行動と見做されるだろう。by ジョージ・オーウェル」

18.海外のパネリスト
「真実」こそ「偏向」と戦う最大の武器である。


スウェーデン歯科衛生士、移民達の実年齢を告発したことにより罰金刑となる[海外の反応]




//-----------//
Update 2018/7/17 12:55
解雇に至った理由を掲載。:コメントでのご指摘、ありがとうございます。
//-----------//

未成年を自称する移民達の大半が「成人」であることを証言したスウェーデンの歯科衛生士に、罰金刑が課せられていたことがわかった。今後、懲役刑が課せられる可能性もあるという。

複数の海外メディアの報道によると、2016年、スウェーデン・ゴトランド島の歯科衛生士(dental hygienist)であるBernt Herlitz氏が、同国を訪れる「自称未成年」の移民達を診察したところ、彼らのうち80%が「完全なる成人」であることが判明した。Herlitz氏はその事実を、講演会の場において公表、その後、診察を依頼した移民局に通告したとされる。しかし、患者の個人情報を同意なく流出させたとして、解雇処分になってしまった。

その後、Herlitz氏は当時の雇用者に対し不当な解雇処分であるとして、損害賠償請求を行い、第一審では見事勝訴をおさめた。しかし、同国最高の弁護団を従えたGotland地方当局は上級裁判所への控訴を行い、徹底抗戦の姿勢を顕にした。今月4日、上級審での判決は下級審の判決を覆すものとなり、Herlitz氏に対する47万5000クローナー(約550万円くらい?)の罰金処分が決定したとされる。

破産の危機に追いやられたHerlitz氏は、各方面に支援を要請、その結果、罰金額を大きく上回る60万クローナーの寄付金が集まったという。Herlitz氏に対しては、今後、罰金刑の他に、懲役刑が課せられる可能性も残されている。

欧州を目指す移民達の間では、年齢詐称が頻発している。これは、未成年者を装うことにより「難民申請の受理簡易化」や「犯罪刑罰の軽減」を、狙っているものと思われる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.thenewamerican.com/world-news/europe/item/29473-swedish-dental-expert-fined-50-000-for-exposing-adult-migrants-masquerading-as-children
https://www.rt.com/news/432606-swedish-dentist-underage-migrants/
https://blinks.news/sweden-20180712/
https://www.youtube.com/watch?v=KtZFMcvWAyU
https://www.thegatewaypundit.com/2017/10/swedish-dentist-reveals-80-migrant-children-actually-adults-fired-now-may-lose-home/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
TheNewAmerican
[コメント傾向(*総コメント数)]
超保守(*104件)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供、ありがとうございます。今回のニュースは「Blinks様の記事」を参考にさせていただきました。

//------------------//

1.海外のパネリスト
自滅を求める国家を、助けることはできない。

2.海外のパネリスト
>>1
社会主義政治家は、国民の生命・財産を、自分のものだと勘違いしているんだ。

3.海外のパネリスト
>>1
それはスウェーデンのこと?それともイギリス?フランス?ドイツ?スペイン?

4.海外のパネリスト
>>3
すくなくともイタリアは目覚めたよ…ずいぶん寝坊してるけど…

5.海外のパネリスト
スウェーデン人達に、一体何が起きているというのか?

6.海外のパネリスト
>>5
これはスウェーデンだけの問題じゃない。現実を見ろ!アメリカにも色んな連中が入り込んでいる。あのトランプとて、この流れは止められない。

7.海外のパネリスト
>>6
いや、できるさ!イスラエルだってパレスチナのテロリスト達を、国境沿いで食い止めている。

8.海外のパネリスト
>>5
きっと「*Swedish Fish candy」を食べすぎて、砂糖の過剰摂取状態になってるんだよ。

(スウェーデン産の魚型キャンディ。結構甘いらしいです。)

9.海外のパネリスト
我々は「真実は貴方を解き放つ(the truth will make you free:ヨハネの福音書)」と、教えられてきた。だが、スウェーデンにおいては「真実は貴方を罰する」と、教えられているようだ。

10.海外のパネリスト
子供を自称する移民達の口内に「第3大臼歯(親知らず:10代後半~20代前半頃に生えてくる。)」が存在していると報告しただけ。何が間違っているのか?むしろ、それを報告しなければ職務違反であろう。

11.海外のパネリスト
馬鹿なスウェーデンに何を期待しているのか?イスラム法に支配されている欧州諸国に?自衛銃の保有を認めず、言論の自由を認めない…自ら侵略を招く愚かな人々だ。

12.海外のパネリスト
知り合いのスウェーデン人達は、大体、現在の左翼政府を支持しているようだ。それどころか、世界中の国家が、同じような体制になるべきだと考えている。だがいずれ彼らも「多様性社会」が「多様な分裂・対立を招く社会」であることに、気づくことだろう。

13.海外のパネリスト
事実を述べたら罰金&懲役刑になるの?新しい形の独裁政治だね。

14.海外のパネリスト
とりあえず、イスラム法を崇拝する人々は追放したほうがいい。なんなら、(移民取締が厳しい)ポーランドの警察に応援を頼んだらどうか?

15.海外のパネリスト
スウェーデン人達に武器を提供して、反乱を起こさせよう!国を荒廃させる政治家達を打ち倒すのだ!

16.海外のパネリスト
これって米国でも同じことが起きているよね?移民・難民たちは、わざと年齢を低く偽って、奨学金などの様々な社会保障制度を不法に利用している。彼らには身分を証明する書類が存在しない。結局、自己申告を信じざるを得ないんだ。

17.海外のパネリスト
これは現実逃避であり、スウェーデン政府の腐敗を示す明確な証拠である。

18.海外のパネリスト
スウェーデン語の記事を直接読んだけど、この人が罰金刑になったのは「移民達の実年齢を公表した」からではなく、「患者の情報を無断で公表した」からだよ。むしろ、罰せられて当然じゃない?

19.海外のパネリスト
>>18
彼が明らかにしなければ、政府は全ての情報を隠蔽していただろう。彼は人々が知るべき真実を告げ知らせただけ。その勇気に我々は感謝すべきだ。


スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

アクセスカウンター
  • 累計:

ご意見・ご要望

コメント削除・問合せ等はこちらへ

名前
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。