海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…


カテゴリ: 全記事




首都ワシントン連邦地方裁判所のJohn Bates判事は、不法移民に対する強制退去処分猶予政策「DACA」の再開を、米政府に命ずる判決を下した。「DACA」を支持する判決は、これで三例目となる。

今回の決断においては、過去二回の判例とは異なり「既存の対象者保護」のみならず、「新たなDACA候補者の受け入れ」をも命じている。

John Bates判事は、アメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)に対して90日間の猶予期間を与えると発表、DACA政策の停止に関する詳細な説明を求めた。

以下はBates判事によるコメント:

”DACA政策の停止は「独断的」かつ「日和見的」である。米政府機関は、同政策の不法性について十分な証明を行っていない。”

これに対して、ホワイトハウス報道官:Sarah Huckabee氏は、強い不快感を示しながら、”これは犯罪を増長させるものであり、国家の安全保障において、重大な危機である”などと発言した。

DACA政策は、2012年、オバマ政権時に策定されたものであり、若年層の不法移民に対して二年間の合法的労働機会を与えるものである。現在までに、70万人の対象者が存在しているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.theguardian.com/us-news/2018/apr/24/daca-judge-orders-trump-restart-dreamers
https://www.apnews.com/05273ca69203429394912a574dd19b5e/White-House-condemns-ruling-on-Trump's-'Dreamers'-program

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
https://www.yahoo.com/entertainment/judge-rules-trump-administration-must-013700478.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
DACAは、もともと臨時的な政策だったはず。立法府よって法律と認定されていない以上、この政策を恒久的に行い続けることは、不法であると言わざるを得ない。

2.海外のパネリスト
ここアリゾナ州においては、DACA対象者への学費支援が否定されている。つまり、彼らを米市民とは認定していない。

3.海外のパネリスト
>>2
不法移民達は一旦自国へ帰るべきなんだよ。そして、合法的な手続きを経てから、再びアメリカへと戻ってくればいいのさ。

4.海外のパネリスト
一体、どれだけの新規不法移民を受け入れさせるつもりだ?

5.海外のパネリスト
>>4
一人でも多すぎるというのに…

6.海外のパネリスト
>>4
「オバマ王」の時代には、彼らの身元調査すら、まともに行われていなかった。

7.海外のパネリスト
この問題は、たった一人の判事によって決められるような事柄ではない。DACA支持者達は今回の判決に狂喜乱舞しているが、あまり楽観視しないほうがいい。

8.海外のパネリスト
>>7
米国大統領に命令を下すことができるのは「アメリカ合衆国最高裁判所」だけである。

9.海外のパネリスト
こんなのは馬鹿げているよ。

10.海外のパネリスト
>>9
はい、君…「差別主義者」ね。

11.海外のパネリスト
”DACA政策の停止”だって?何を言っているんだ?DACA政策は当初の予定通り”終了”しただけだ。延長されなかったに過ぎん。

12.海外のパネリスト
>>11
判事達が求めているのは、DACA政策を”終了”させるのに値する”説明・根拠”だ。もし彼らを説得することができれば、DACAを穏便に止めることができるだろう。

13.海外のパネリスト
>>11
CNNの記事では、トランプがDACAを停止したと書いてあったけど?

https://edition.cnn.com/2018/02/17/politics/donald-trump-daca-blame-the-wall/index.html

14.海外のパネリスト
>>13
言わずもがな…これはCNNの記事ですよ?過度に物事が誇張されたフェイクニュースに決まってるじゃないですか?この記事内には、実際、いくつかの事実誤認がある。

15.海外のパネリスト
いつから米国の判事達は、自分達で法律を作り上げるようになったんだ?

16.海外のパネリスト
米民主党の要望:高税金・無国境化・社会保障費のバラマキ・不法移民優先社会・武器所有権の剥奪・男女共同トイレの導入…

17.海外のパネリスト
判事は法律に従って判決を下すべき人々であり、法律の性質をでっち上げる人々であってはならない。

18.海外のパネリスト
支持する政党(米民主党)に阿った判決を下す判事が多すぎる…彼らは法律にのみ従うべきだ。




日本のロボット技術開発が非常に先行している理由の一つには、少子高齢化が進む同国の現状が大きく関係している。

人口1億2000万人を有する日本は、現在、世界でも有数の高齢化社会を迎えつつある。全人口の内、およそ34%が60歳以上であり、2050年までには、この数値が50%近くにまで上昇すると考えられている。

それと同時に、子供を授かろうとしない若者達が急増していることも、事態をさらに混乱させている。一部の専門家達は、日本の若者達が「異性関係」への興味を失っていることに警鐘を鳴らす。近年発表された報告によると、30代日本人男性の内、約3割近くが「未経験」であるという。

また、ある研究グループの調査では、今後50年間で日本の人口が、現在の半数にまで減少するとの試算も出ている。それゆえ、日本政府は子育て支援の拡充など、出生率の上昇に向け、懸命な努力を行う一方、移民の受け入れに活路を見出すべきとする意見もある。ロボットなどの最新技術は、そうした少子高齢化に対処する有効な選択肢の一つだ。

現在、日本では家庭用ロボットの普及が進んでおり、2025年までには、300万台にまで家庭用ロボットが増えると見積もられている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.cbsnews.com/news/robots-replacing-humans-cbsn-originals/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米CBS公式ツイッター
[コメント傾向]
中立?
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
アフリカや中東などの第三国から、沢山、移民を受け入れたら良いじゃないか?w

2.海外のパネリスト
ロボットとは、仮に愛し合ったとしても、子供は授かれないよ…

3.海外のパネリスト
人よりも、ロボットの数が多くなる時代が来るかもね…

4.海外のパネリスト
日本人は少子高齢化の対策として、高齢者の就労支援や移民の受け入れよりも、「ロボットの導入」という道を選んだわけだ…

5.海外のパネリスト
そのうち、「子供型ロボット」も誕生するのかしら?

6.海外のパネリスト
日本人の考えていることが、本当に理解できない。

7.海外のパネリスト
きっと日本人男性には「テストステロン(男性ホルモン)」が少ないんだよ。運動したら増えるらしいよ!

8.海外のパネリスト
不十分過ぎる育児支援をモット充実させて、ふざけた長時間労働の是正を行うべき!そうすれば、人々はもっと「異性関係」に興味を持ち、多くの子供を授かるようになるはず!!

9.海外のパネリスト
>>8
貴方の意見に賛成。もし、日本社会が過労死を減らし、人生の余暇を人々に与えることが出来れば…そして、日本人男性の「女性嫌悪・蔑視(misogyny)」を修正させることが出来れば…出生率は自ずと上昇するでしょう。あと、未婚女性がシングルマザーとして、安心して生きていける社会を目指すべき。

10.海外のパネリスト
欧米において、(家族や恋人よりも)自分の趣味や興味を優先する男性は、アダルト・チルドレンと評価されてしまうだろう。おそらく、日本の女性達は、そうした日本人男性達の正体を、よく見抜いているんだ。

11.海外のパネリスト
アニメと労働によって衰退する日本。

12.海外のパネリスト
中絶が多すぎるんじゃない?

13.海外のパネリスト
しょうがないな…人口減に悩む日本に、我が国の不法移民達を差し上げようじゃないか?!

14.海外のパネリスト
「救いはロボットか?」…ロボットが妊娠できるの?

15.海外のパネリスト
試しに移民を受け入れてみたら?めちゃくちゃ子供が生まれるよw

16.海外のパネリスト
私は長年サイボーグについて研究してきたが…人型ロボットの存在には正直、気持ち悪さを感じる。

17.海外のパネリスト
なんだか変な記事ね…私はロボットよりも、絶対人間の方が好き!

18.海外のパネリスト
日本は今後、「バージン島」として有名になるだろう…

19.海外のパネリスト
少子高齢化の対策?普通に男女でラブラブすればいいじゃないか?!何も難しいことなんかないだろ!?

20.海外のパネリスト
よろしければ…僕が日本人女性達のお相手になりますよ?

21.海外のパネリスト
さっき「ベクシル 2077日本鎖国」を見た…ロボットは少子高齢化の救済策にはならないと思う…

(*ベクシル 2077日本鎖国:2007年8月18日に公開された日本のCGアニメーション映画。)

22.海外のパネリスト
この話題…10年くらい前から、米メディアで繰り返し報じられてる。




(*少年保護の為、動画自体に加工がなされているようです。)

//------------------//
Update 2018/4/28 22:28
*タイトルを変更:コメントでのご指摘、ありがとうございます。
//------------------//

スクールバス内で虐められる黒人少年の映像がネット上で拡散、多くの批判が殺到している。この動画は、少年の母親が自身のフェイスブック上に投稿したものである。

今回の出来事は米バージニア州グリーンズビル郡で発生したとされ、同地区の教育委員会は調査に乗り出すと発表した。

動画の中では、7歳の黒人少年がスクールバス内において、周りの生徒達から馬鹿にされている様子が映し出されている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/m/532a6c82-aada-3604-9a88-e5cd679ad187/ss_a-video-of-a-7-year-old-being.html
http://metro.co.uk/2018/04/20/school-bus-bullies-leave-boy-7-tears-making-fun-old-shoes-7484877/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
"同地区の教育委員会は調査に乗り出すと発表した。"…絶対ウソだね。

2.海外のパネリスト
>>1
虐めた子供達の親が責任を負うべきだ!

3.海外のパネリスト
>>1
せいぜい全校集会を開いて”皆さん、こんなことをしてはいけません。次回から気をつけてください!以上!!”くらいでしょ?すぐに元通りさ…

4.海外のパネリスト
>>1
もしこの子が復讐のために学校で銃を乱射しても、こういった虐めの問題は無視され、銃規制の話ばかりに関心が移ってしまう。

5.海外のパネリスト
学校も悪いし、親たちも悪い!

6.海外のパネリスト
>>5
基本は親が一番悪いよ。子供達は親の姿を見て育つのだから。子猿は親猿の真似をするものさ。

7.海外のパネリスト
かつて私の子供も学校で虐められていたが、イジメっ子の親がちゃんと自分達の子供を指導をしてくれたおかげで、平穏な学校生活を送れるようになった。

8.海外のパネリスト
僕たちが子供だった頃と、現代における学校のあり方は、2つの点で大きく異なっている。まずひとつ目は「スマホ」の存在。大人はもちろん、子供で「スマホ」なんかを持っている奴は、当時、誰も居なかった。虐めの様子がネット上に拡散し、いつまでも残り続けるなんていうことは、絶対にあり得なかったんだ。2つ目は「スクールバス・ドライバーさんの倫理観」。昔なら、スクールバス内でこんな事態が発生したら、すぐにドライバーさんが飛んできて、争いを止めていた。

9.海外のパネリスト
>>8
昔は、教師や校長がイジメっ子のケツをよくぶっ叩いていた…今じゃ無理だけどね。

10.海外のパネリスト
>>8
わかる…昔、スクールバスのドライバーさん達は本当に怖かった。子供達が騒ぎすぎると、バスを止めて俺達にこう言うんだよ。「静かにしないとバスから下ろすぞ!歩いて帰るか!?」…そりゃ、皆、静かになるよねw

11.海外のパネリスト
>>8
子供達の争いに介入するのは、あまりにもリスクが高い時代なんだよ。下手したら虐待の容疑をかけられるかもしれない。

12.海外のパネリスト
私にも7歳の子供がいる…この子と重なって見えてツライ。

13.海外のパネリスト
こういった問題を放置し続けるのであれば、米国における学校内銃乱射事件の発生は、決して無くならないだろう。

14.海外のパネリスト
子供達の言葉が一つも理解できないんだが…何語を喋っているんだ?

15.海外のパネリスト
教育者の皆さん…「*ゼロ・トレランス方式 (不寛容政策)」はどこに行ったのですか?

(*ゼロ・トレランス方式 :割れ窓理論に依拠して1990年代にアメリカで始まった教育方針の一つ。「zero」「tolerance(寛容)」の文字通り、不寛容を是とし細部まで罰則を定めそれに違反した場合は厳密に処分を行う方式。)

16.海外のパネリスト
これは明らかに家庭内の問題。警察、学校、政府などに責任を押し付けてはいけないよ。

17.海外のパネリスト
この子が可愛そうで、動画を見てられない。自分の息子も、同じ目に遭うかもしれないと思うと…心が張り裂けそう…

18.海外のパネリスト
私は教師をしているが…この種の問題は、我々が教育に「モラル」よりも「学力」を求めた結果、生み出されているものだ。虐めや学校内銃乱射事件の解決に、「代数学」など何の役に立とうか?校内警察官達も、このような隠れた小競り合いには対応してくれない。私達に必要なのは何より「モラル教育」なのだ。
 




本日、北朝鮮指導者である金正恩氏が韓国内へ訪れ、文在寅大統領との首脳会談を行った。文大統領は、今後も両国首脳による会談を複数回行いたいとの意思を表明し、中国と北朝鮮の国境沿いにある「白頭山」へ、訪問したいとの希望を述べた。

韓国政府によると、金正恩氏は「今後、貴方の早朝の眠りを妨げることはしません。("won't interrupt your early morning sleep anymore,")」などと述べ、ミサイル発射実験の中止を示唆したという。

1953年の朝鮮戦争休戦協定以来、北朝鮮の指導者が韓国の地を訪れるのは、これが初めてのケースとなる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.foxnews.com/world/2018/04/26/north-koreas-kim-jong-un-crosses-border-into-south-korea-to-meet-moon-jae-in-for-historic-summit.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
https://finance.yahoo.com/news/kim-jong-un-walk-across-border-summit-moon-022722512.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
この会談が上手くいくことを祈っているよ。

2.海外のパネリスト
>>1
決して油断してはならない。

3.海外のパネリスト
>>1
北朝鮮国民を虐げている金独裁政権が続く限り、何も良くはならないだろう。

4.海外のパネリスト
なかなか歴史的な瞬間だったね。

5.海外のパネリスト
>>4
この男(金正恩)を信じる奴なんざ、馬鹿だけさ。

6.海外のパネリスト
なによりも結果が全て。

7.海外のパネリスト
最近、金正恩の行動が理解できない。一体何を企んでいるのか?

8.海外のパネリスト
>>7
核開発の時間を稼ぎたいのだろう。彼らの最終目標は米国への核攻撃にある。

9.海外のパネリスト
北朝鮮の「野草汁」を手土産として持参してきたらしい…

(注:おそらく、北朝鮮の貧しい食糧事情を揶揄している。)

10.海外のパネリスト
トランプ大統領のノーベル平和賞受賞が、いよいよ現実味を帯びてきた!

11.海外のパネリスト
>>10
彼はまだ何もしてないよ。

12.海外のパネリスト
少なくとも、オバマ時代には絶対に起こりえなかった会談だね。

13.海外のパネリスト
これぞまさにトランプ効果!

14.海外のパネリスト
>>13
だから!バカンプは関係ないっていってるだろ!!

15.海外のパネリスト
トランプのノーベル賞受賞うんぬんで盛り上がっているけど…そもそも、なんでオバマはノーベル賞を受賞したんだっけ?

16.海外のパネリスト
>>15
黒人だからさ。

17.海外のパネリスト
>>15
何もしなかったからだよ。

18.海外のパネリスト
北朝鮮が「核実験場の放棄」を宣言したのは、その場所(山)が崩壊したため、使えなくなったからだ。これをもって、北朝鮮が「核廃絶に合意した」と勘違いするべきではない。





//-------------//
Update 2018/4/27 12:25
*竹島についての注釈を追加:コメントでのご指摘ありがとうございます。
//-------------//

本日行われる南北首脳会談の晩餐会にて、韓国政府が「人々の春」と銘打った「マンゴームース」を提供する予定であることがわかった。しかし、このデザートに描かれている南北統一図に、日本と領有権を争う竹島(韓国名:独島)が描かれていたことから、日本政府を激怒させている。日本政府は、「不味いデザート」を取り除くよう、要請しているという。

今回、「日本海(*韓国政府は「東海」と主張している)」に浮かぶ竹島(韓国名:独島)の存在を巡り、日本外務省の報道官は「大変遺憾なことである。」との声明を発表した。それと同時に、「このデザートが提供されないことを要求する。」などと述べ、厳重な抗議を行う姿勢を示している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/m/ab67f823-8f62-3940-91d9-bcbc3f13942b/ss_japan-livid-over.html
*ニュース元:NewYorkPost

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

この記事には800件以上ものコメントが寄せられていますが、そのほとんどが、記事タイトルの誤字(現在は修正されています。)に関する指摘・ジョークでした。欧米社会においては、メディアの誤字にとても厳しいみたいです。

*当初の記事タイトル
「日本政府、南北首脳会談での”不味い砂漠(distasteful desert)”に、怒り心頭」

*単語意味
desert:砂漠
dessert:デザート

//------------------//

1.海外のパネリスト
タイトルは「デザート(dessert)」、記事の質は「荒涼(desert)」…

2.海外のパネリスト
校正係を雇ったほうが良いよ。なんなら僕がやろうか?

3.海外のパネリスト
きっとこのデザートは、サボテンが原材料になっているんだろう。

4.海外のパネリスト
むしろ”美味しい砂漠(tasteful desert)”なんて、存在しているのか?

5.海外のパネリスト
>>4
”美しい砂漠”ならあるけどね…さすがに食べられない。

6.海外のパネリスト
カリフォルニア州パームスプリングスの砂漠は美味い。

7.海外のパネリスト
タイトルを付けたのは「NewYorkPost」?それとも、「米ヤフー」?

8.海外のパネリスト
>>7
「米ヤフー」が記事をコピーする際に、ミスタイプしたみたいだ。

9.海外のパネリスト
>>7
「NewYorkPost」が最初に間違えてたよ。

10.海外のパネリスト
>>7
どっちも馬鹿だからなぁ…

11.海外のパネリスト
このニュースの記者や編集者は、さぞ恥ずかしい思いをしているだろう。

12.海外のパネリスト
皆…もっと記事の内容に関心を持とうよ…

13.海外のパネリスト
こんな小学生レベルの間違いをしておきながら、どうやって彼らは、自分達の報じるニュースの信憑性を主張するのだろうか?

14.海外のパネリスト
>>13
「米ヤフー」や「NewYorkPost」を本気で信頼している人間なんかいない。ある種のバラエティーみたいなものだからね。

15.海外のパネリスト
”不味い砂漠(distasteful desert)”…そりゃ、基本的に砂だからね。食感はジャリジャリすると思うよ。

16.海外のパネリスト
全ての編集者を解雇すべき!

17.海外のパネリスト
きっと"サンドイッチ(Sandwich)"のことじゃない?

*Sand=砂

18.海外のパネリスト
1905年、日本は竹島を正式に併合した。しかし、当時の韓国政府はそのことに抗議を行っていない。それが故、戦後、連合軍は日本に対して、竹島の返還を命じなかった。1956年、日本がまだGHQの統治下にあった頃、韓国が竹島を不当に襲撃・占領する事態が起こる。その後、(*)日本の漁民400名近くを勾留、1名が亡くなっている。この件に関してGHQは声明を発表。韓国側の行為が不法であると主張し、オランダ・ハーグにおける国際司法裁判所の裁定を求めるよう訴えた。日本政府も同様の要請を行い続けているが、現在までに対応はなされていない。
 
(注:日韓基本条約が結ばれるまでの間、竹島周辺等においては、韓国政府により日本漁船328隻が拿捕、漁師3929人が拘束され、そのうち44人が死傷した。参考)

1
(注:逮捕時の動画は、ショッキングな内容のため掲載を見送りました。)

米アラバマ州のワッフル店にて食事をとっていた黒人女性が、プラスチック食器代である50セント(*約55円)の支払いを巡り、店員と口論に発展。通報により駆けつけた警察官が、黒人女性を床に押し付けるなどした為、彼女の衣服が乱れ、胸が露出する事態となった。

この様子は彼女の友人によって撮影されており、現在、ネット・メディアなどで多く拡散している。映像の中では、警察官の一人が黒人女性に対して「お前の腕をへし折るぞ!」と、叫んでいる様子も映し出されている。

女性の継父によれば、彼女は一週間前にも同店で食事をとっており、その際、プラスチック食器が無料で配られていたという。そのため、今回プラスチック食器代として50セントを要求されたことに、抗議したと伝えられている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://abcnews.go.com/US/shes-owed-apology-father-woman-arrested-alabama-waffle/story?id=54669482

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ABC公式ツイッター
https://twitter.com/ABC/status/988574957528494080
[コメント傾向]
賛否両論
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
そもそも、なぜ彼女は逮捕されたの?

2.海外のパネリスト
これこそ現代アメリカ社会が抱える”差別”・”偏見”・”愚かさ”の例証事案である。一体、いつになったら法の番人である警察官達が、正しい職務のあり方を理解できるようになるのだろうか?

3.海外のパネリスト
如何なる肌の色をしている女性であれ、男性(警察官)によってこのような扱いを受けるべきではない。

4.海外のパネリスト
羽交い締めにされたというよりは、逮捕されることに抵抗したから、取り押さえられているだけだと思う。黒人・白人・差別主義者関係なく、命令に従わなければ同じ目に遭う。

5.海外のパネリスト
警察や店の対応に不満があるのなら、弁護士を呼べばいい。彼女の異常な対応は、「メディア用」としか思えない。

6.海外のパネリスト
なんて酷いことを…

7.海外のパネリスト
もし彼女が白人であったならば、このような扱いは受けなかっただろう。

8.海外のパネリスト
女性警察官を連れて行くべきだったね。

9.海外のパネリスト
各飲食店には、任意の客に給仕を拒否する権利がある。

10.海外のパネリスト
いくらなんでも、これはちょっとやり過ぎ。

11.海外のパネリスト
警察による新たな発表では、今回の事案は「50セントのプラスチック食器」を巡る騒動ではなく、この黒人女性が「アルコール飲料」を、店内に無断で持ち込もうとしたことが原因らしい。

http://mynbc15.com/news/local/gallery/city-issues-statement-on-viral-waffle-house-arrest-video

12.海外のパネリスト
とりあえずお巡りさんの言うことには従おうよ…なぜ抵抗するの?

13.海外のパネリスト
50セントくらい払えばいいのに…

14.海外のパネリスト
このワッフル店に、今まで1000回以上訪れてるけど…プラスチック食器の料金を、求められたことなんか一度もない。

15.海外のパネリスト
確かに、女性にも非があるかもしれないけどさ…床に押し付けたり、胸を露出させるような状況に追い込むべきじゃない。もっと穏便な方法があったはず。ロンドン警視庁を見習うべきだよ。

(注:ロンドン警視庁の仕事ぶりに対する遠回しな嫌味(*仕事をしない)が、含まれている可能性も…)

16.海外のパネリスト
自分の正当性については後でいくらでも主張できるのだから、その場は大人しく指示に従っておけばよかったのに。

17.海外のパネリスト
なんか臭うんだよね…猿芝居感が凄い。最初から(人種問題関連の)騒動を引き起こそうと、していたんじゃないか?

18.海外のパネリスト
もし君が黒人であるのなら、今すぐアメリカを去れ。今はトランプがこの国を支配しているのだから。

19.海外のパネリスト
ワッフル店はこの女性に謝罪するべきだ!

20.海外のパネリスト
>>19
食器の費用を請求して、何が悪い?





ドイツ政府は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によって選定された1万人の移民受け入れについて、同意したことを明らかにした。

今回の決定はメルケル独首相と、国際連合難民高等弁務官事務所コミッショナーであるフィリッポ・グランディ氏の会談において発表された。

メルケル独首相は「この受け入れ合意により、不法移民の流入を抑止し、合法移民の受け入れに置き換えていきたい。」などと語っている。受け入れ元の国家等は公表されていない。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.independent.co.uk/news/world/europe/germany-migrants-angela-merkel-refugees-un-a8318646.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/988617395542601735
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
リベラル社会主義への支持者を増やすためならば、如何なる犠牲も厭わない…ということか。「1万人の移民を受け入れる」というが、彼らがドイツの市民権を得るようになれば、さらに6万人の親族がドイツに移住してくるだろう。

2.海外のパネリスト
「一旦受け入れた後で、周辺の弱小欧州諸国に押し付ける。」までが既定路線。

3.海外のパネリスト
さよならドイツ。

4.海外のパネリスト
ここまで移民政策に失敗しておきながら、なぜ再び移民を受け入れようとするのか?

5.海外のパネリスト
目を覚ませ!彼らは難民などではない!!アイツ等はヨーロッパにイスラム化をもたらす兵士たちだ!!!

6.海外のパネリスト
メルケルなんて絶対信じない!即刻弾劾すべき!

7.海外のパネリスト
ドイツ国民の意思が、完全に無視されている。

8.海外のパネリスト
国家崩壊をもたらすほどの自国嫌悪に陥っているのか?それとも、ただ単に裏切りものであるのか…メルケル首相の真意を探ることは非常に難しい。

9.海外のパネリスト
これぞまさに「地獄への道(highway to hell)」。



10.海外のパネリスト
国連難民高等弁務官事務所に選定された移民?どうせムスリムしか選ばないんでしょ?

11.海外のパネリスト
ドイツは「イスラムとの戦い」に敗北しつつある。

12.海外のパネリスト
より多くのテロ事件が、ドイツで発生することになるだろう。

13.海外のパネリスト
来年…いや、9ヶ月後には、1万人の受け入れ数が、2万人になってそう。

14.海外のパネリスト
1万人の新たな移民を支えるために、1万人以上のドイツ人達に、より高い税金が課せられるのだ。

15.海外のパネリスト
「No-Go-Zone」が増えすぎて、もはやドイツは国家としての体裁を成していない。

16.海外のパネリスト
逃げろ!今のうちに!!走れ!!!

17.海外のパネリスト
連立パートナーである「ドイツ社会民主党」のご機嫌取りか…(反移民政党)AfDの人気に、相当焦っているんだろう。

18.海外のパネリスト
我が国イギリスに居る難民達を、今すぐドイツへと送り届けて差し上げろ。ドイツ国民は、移民擁護派のメルケルを首相に選ぶ人々なのだから…きっと喜んでくれる。





(注:ニュース・コメントの内容が若干古い可能性があります。何卒ご了承ください。)

現地時間今週月曜の午後、カナダ・トロント北西部「ヤング通り」にて、車が歩行者の列に突入する事件が発生。現時点で確認されている限り、10名の死者、及び、15名の怪我人が出ている。

カナダ・オンタリオ州リッチモンドヒル在住のAlek Minassian容疑者(25)が、車を運転していた人物として逮捕されている。彼はこれまで、警察の監視対象にはなっていなかった。

Minassian容疑者は「ヤング通り」の歩道を車で暴走し、歩行者を跳ねたとされている。会見を行ったトロント警察本部長Mark Saunders氏は「一連の行動が慎重に計算された行為であることは、疑いようがない。(中略)本事案がテロである可能性は排除できない。現時点では、全ての選択肢が残されている。」などと語った。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/toronto-fire-says-numerous-casualties-vehicle-hits-crowd-182502742.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

今回の事件を、イスラムテロと断定している海外コメントが散見されていますが、現時点で、公式には如何なる発表もされていません。予めご了承ください。

//------------------//

1.海外のパネリスト
被害に遭われた全ての方達に、哀悼を捧げます。

2.海外のパネリスト
>>1
貴方に同意する。犠牲者、または、そのご家族の為にネットでの募金活動を行うべきだ。

3.海外のパネリスト
今回の事件に対応したトロントの救急隊員、消防士、警察官、医師、そして、看護師達に、心からの敬意を表する。

4.海外のパネリスト
>>3
このような事態を招きながら、それでも、カナダ国民は国境解放を支持するのか?

5.海外のパネリスト
>>3
ジャスティン・トルドー加首相を讃えよ!アラーは偉大なり!!(*皮肉)

6.海外のパネリスト
今のカナダ社会においては「テロが起こりうるのか?」ではなく「いつテロが起きるのか?」と、問われるべきであった。

(*おそらく、遠まわしにカナダの「移民受け入れ姿勢」を批判している。)

7.海外のパネリスト
容疑者の名前と顔写真を出せ!

8.海外のパネリスト
>>7
名前は記事に書いてあるだろ!ちゃんと読めよ!

9.海外のパネリスト
>>7
なんでろくに記事も読まずコメントするの?顔写真にしても「Youtube」で探せば、いくらでも出てくる。

10.海外のパネリスト
>>7
Alek Minassianだよ。イラン系らしい…(注:未確認情報)

11.海外のパネリスト
我々の首相(*トルドー氏)は、今どこにいるんだ?

12.海外のパネリスト
>>11
あんなヤツ、いてもいなくても一緒さ。役立たずのクソッタレ野郎だからね…

(注:トルドー加首相はリベラル・移民擁護派であり、右派系の人々からは非常に嫌われています。)

13.海外のパネリスト
>>11
そのうち、(*犠牲者への哀悼を示すため)嘘泣きをしながらテレビで演説をするだろう。

14.海外のパネリスト
容疑者についての詳細な情報が未だ公開されていない。賢明な諸君なら、それが何故か理解できるね?

(*「イスラム教徒への差別を助長しないため、容疑者がムスリムであることを隠している」と、暗に主張している。ただし、現時点で容疑者についての詳細情報は、発表されていない。)

15.海外のパネリスト
>>14
容疑者の名前は「Alek Minassian」…Minassianという名前は、アルメニア人に多い。アルメニアはキリスト教国だよ?

16.海外のパネリスト
ちょっと前なら「車の暴走」と聞いても、すぐに「事故」だと判断していた。でも今や、「車の暴走」=「テロ(故意)」と、即座に連想するようになってしまったよ…。

17.海外のパネリスト
>>16
全てのムスリム・中東移民を排除すれば、再び「車の暴走」=「事故」と判断できる時代に戻れる。

18.海外のパネリスト
>>17
今回の容疑者は白人男性ですよ?

19.海外のパネリスト
まぁ…とりあえず「*多様性は我らが力(diversity is our strength)」ってことだよね?

(*多様性は我らが力(diversity is our strength):移民擁護派の人々・政治家が好んで使う言葉であり、反移民派からは度々バカにされる表現。トルドー加首相も使用している。)
 




//-------//
Update 2018/4/24 19:20
一部語句を修正「カルフォルニア→カリフォルニア」:コメントでのご指摘、ありがとうございます。
//-------//

先週土曜日、米ジョージア州ニューナンにて、約400名の武装警察官達による厳重な護衛のもと、小規模のネオナチ集会(*30名程)が実施された。その際、彼らに抗議するため左翼団体Antifa(*反ファシズム団体)が現れたものの顔を隠していたため、周囲を警備していた警察官により、数名が逮捕される事態となった。

(*左翼団体Antifa…近年、アメリカなどで勢力を広げる左派系抗議団体。反ファシズムを標榜しており、ネオナチのみならず、穏健右派の言論集会などにも出現、過激なデモを繰り返している。黒い衣装を身にまとい、顔を黒布で覆っている事が多い。参考参考

AR-15などを装備した武装警察は、50名ほどのAntifaメンバーに対して(*Antifaデモ参加人数自体は数百名規模と報じられている。)、顔を覆っているマスクを取るように指示、命令を拒絶した数名を逮捕したという。米ジョージア州法においては、白人至上主義団体などへの牽制として、顔を覆う行為を禁止する条項が1951年に制定されている。しかし、この法律はこれまで、ほとんど使用されたことがないという。

//------------------//
//News Info
//------------------/

https://www.yahoo.com/news/militarized-cops-tiny-georgia-neo-035904259.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

アメリカ各州においては、白人至上主義団体対策として、「顔を覆う行為」を禁じている法律が存在しているようです。米国メディア等では度々、日本の「マスク文化」を疑問視する意見が散見されていますが、このような文化的背景が、多少なりとも影響しているのかもしれません。

//------------------//
//Notification
//------------------//

現在、スマホのコメント欄において、ライブドアブログの強制広告「オーバーレイ&コメント内広告」が表示されています。ご不便をおかけしてしまい申し訳ありません。今後サーバー変更等、検討していきたいと思います。

//------------------//

1.海外のパネリスト
彼らが顔を隠しているのは、監視カメラの顔認識機能対策だろう。

2.海外のパネリスト
>>1
なぜそんな対策をする必要が…?

3.海外のパネリスト
>>1
(Antifa団体に寛容であった)オバマはもう居ない!残念だったな!!!

4.海外のパネリスト
カリフォルニア州バークレーでも、同じ法律を制定するべきだ!!!

(注:2017年、カリフォルニア州バークレーにおいて、親トランプ団体(右派・ネオナチ)と反トランプ団体(左派・Antifa)が、断続的に衝突を繰り返す自体が発生した。参考

5.海外のパネリスト
>>4
カリフォルニアでは無理だろう。

(注:カリフォルニア州は、米民主党の大票田であり、リベラルの牙城といわれている。)

6.海外のパネリスト
>>4
もうあるよ?

7.海外のパネリスト
素晴らしい対応だ!法律は平等に適用されねばならない!!

8.海外のパネリスト
法律が存在している以上、賛同するしないにかかわらず、それに従うべき。私はリベラルであるが、如何なる団体・人物も法律を無視することは、決して許されるべきことではないと思う。なぜなら、これらの法律こそ、アメリカをアメリカたらしめている存在なのだから。

9.海外のパネリスト
>>8
アリゾナ州には「ロバをバスタブで寝かせてはいけない。」という、謎すぎる法律があるよ。

(*実話だそうです…)

10.海外のパネリスト
基本的に、アメリカの各州には「顔を覆う行為」を禁止する法律が存在している。これは60~70年代に白人至上主義団体対策を目的として制定されたものであるが、これまでAntifa団体へは適用されてこなかった。

11.海外のパネリスト
とても喜ばしいニュースだ!左翼が弾圧される話題はいつでも大歓迎だよ。

12.海外のパネリスト
>>11
ネット上で「匿名」という名の「マスク」を被るネオナチ支持者…

13.海外のパネリスト
自らの素性を明かして集会を行っている人々と、自らの素性を隠して過激な抗議を行う人々…どちらが社会的により危険な存在であるかは、至極明白である。

14.海外のパネリスト
>>13
ハロウィーンの時はどうしたらいいの?

15.海外のパネリスト
>>13
Antifa団体なんかに所属していることが職場に知れたら、仕事を続けられなくなるからね。素性を隠さざるを得ないんだよ。

16.海外のパネリスト
我々には「言論の自由」がある。しかし、「顔を隠して過激な行動」を行う自由は与えられていない。

17.海外のパネリスト
Antifaの人達って、マスク無しでは抗議できないのかね?

18.海外のパネリスト
私の街:ルイジアナ州ニューオーリンズでは、「ハロウィーン」と「マルディグラ(*キリスト教祝賀祭)」を除いて、「顔を覆う行為」全般が禁止されている。「顔を覆う行為」は犯罪を促進しかねない。決まりは決まり。しっかりと守られるべきだ。
 




先週の日曜日、フランスのテレビ局「BFMTV」に出演したマクロン仏大統領は、"アフリカ大陸における人口の爆発増は、ヨーロッパに前例がないほどの「大移民時代」をもたらすだろう。"と述べ、欧州諸国とアフリカ諸国が運命共同体であると主張した。

およそ二時間に渡るインタビューにおいて、マクロン仏大統領は”極貧・異常気象・地域紛争などの諸問題により、この先、ヨーロッパを目指すアフリカ人達が更に増加するであろう”と語った。さらに、”ヨーロッパ大陸が島ではないため、アフリカ人達の流入は不可避であり、もはやヨーロッパとアフリカは運命を共にする存在である。”などと、訴えたという。

一部の専門家による試算では、今後30年間で、ヨーロッパに移り住むであろうアフリカ人の総数を、1億5000万人~2億人としている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2018/04/17/macron-europe-migration-destiny-africa/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米breitbart公式ツイッター
https://twitter.com/BreitbartNews/status/986293518602833920
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・順番

//------------------//

1.海外のパネリスト
仏国民は、祖国の終焉(*マクロン大統領)に賛成の票を投じたのだ。

2.海外のパネリスト
彼の支持率が急降下しているのも頷ける。

3.海外のパネリスト
国境を開放したことによって、フランスが得られた利益とは一体何なのか?

4.海外のパネリスト
正直、Breitbartってあまり好きなメディアじゃないけど…この記事は大変興味深い。

5.海外のパネリスト
数億人の移民を養う能力が、フランス・ドイツ・スウェーデンなどの欧州諸国にあるとは思えない。

6.海外のパネリスト
かつて、人類はアフリカ大陸からヨーロッパ大陸へと渡ってきた。今、その歴史が再び繰り返されようとしている。

7.海外のパネリスト
>>6
そして、偉大なる西洋文明は塵と化すだろう。これは人類の進化ではなく、大幅な退化である。

8.海外のパネリスト
マクロンは裏切り者だ!刑罰を課せられるべきである!!フランスに栄光あれ!!!By 貴方達の友人:英国より…

(*イギリスとフランスは、歴史上あまり仲が良くない…らしいです。)

9.海外のパネリスト
国境管理を諦めるだと?ふざけたことを…もし第二次世界大戦中、イギリスが同じ政治姿勢を採用していたら、連合国は敗北していただろう。

10.海外のパネリスト
こんな人間を大統領に選ぶとは…フランス人というのは本当に馬鹿な連中だな。

11.海外のパネリスト
ヒラリーが前回の米大統領選で勝利していたら、これと同じ事を述べていたはず。

12.海外のパネリスト
流入を止められない?止める気がないだけだろ!!

13.海外のパネリスト
仏国民がいずれ直面するであろう近未来の実状を、彼は率直に語っているだけさ。

14.海外のパネリスト
「大移民時代」に突入するのはフランス・オンリーでお願いします。

15.海外のパネリスト
なぜ欧州の人々は、政治家達によって祖国が壊されていくのを黙って見ているのか?

16.海外のパネリスト
さっさと国境を封鎖しろ!マクロン!!!

17.海外のパネリスト
そのうち、フランスは移民達が逃げ出すほどの”肥溜め国家”へと、変貌を遂げることであろう。

18.海外のパネリスト
ヒトラー「やあヨーロッパ。私を呼んだかい?」


このページのトップヘ