海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…


カテゴリ: 全記事


1

//---------//
Update 2018/1/9 4:45
コメント一部修正「ドイツ警察→ドイツ地方警察」*コメントでのご指摘ありがとうございます。
//---------//

独保守政党”ドイツのための選択肢(AfD)”に所属するBeatrix von Storch議員が、ツイッター上にムスリムなどへの憎悪扇動コメントを投稿したなどとして、ドイツ地方警察から検察に対し、捜査依頼が行われている事がわかった。

今回の騒動は、「ケルン大晦日集団暴行事件」が発生したケルンなどを管轄するノルトライン=ヴェストファーレン州警察(以下:NRW警察)の公式ツイッターが、「新年の挨拶」をドイツ語、英語、フランス語のみならず、(イスラム教国の主要な使用言語である)アラビア語でも行ったことに対して、Storch議員が自身のツイッター上に、非難コメントを発表したことが発端となっている。

非難コメントの内容は以下の通り:

”一体、この国はどうなってしまったのか?なぜNRW警察の公式ツイッターがアラビア語でツイートしているのか?(中略)野蛮で女性への暴力を好むムスリム男性達に、そこまでして媚を売りたいのか?”

これらのコメントが投稿されてからわずか12時間後、ツイッター社は、憎悪を扇動する内容が含まれているなどとして、Storch議員のツイッターアカウントを凍結した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

英:インディペンデント紙
http://www.independent.co.uk/news/world/europe/beatrix-von-storch-germany-afd-anti-muslim-twitter-north-rhine-westphalia-new-years-eve-a8138086.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/948256786020274181
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//News Info
//------------------//

コメントでの情報を参照させていただきました。ありがとうございます。

//------------------//

1.海外のパネリスト
これはメルケルによる権力維持計画の一環…しかし、ここまでのことをせざるを得ないほど、追い込まれているという事なんだろう…辞任も近いな…

2.海外のパネリスト
親愛なるドイツよ…もう過去に縛られるのは止めなさい…メルケルの言いなりになる必要などないのです。5年後10年後の祖国を考えて行動してください!

3.海外のパネリスト
全ての意見が妨害され、ファシスト達が望む考えだけが許される社会…

4.海外のパネリスト
酷いね…「言論の自由」を尊重するか、愚弄するか…それが今、我々の分岐点になりつつある…彼らが貴方の言葉を嫌う時、貴方は真実を話しているのだ…

5.海外のパネリスト
”真実”って~のは痛ぇ~よなぁ…AfDに投票を!!!

6.海外のパネリスト
良きドイツ人とは、何もしゃべらぬものだ!by メルケル

7.海外のパネリスト
「言論の自由」が消え去り、メルケルはドイツを第二次世界大戦前の権威主義社会へと、退化させてしまった…在独イスラム教徒を批判する者達は皆、迫害される…

8.海外のパネリスト
ドイツの女性達よ…気をつけなさい…あなた達にとっての暗黒時代がすぐそこまで来ている…

9.海外のパネリスト
イスラム=左翼=銀行=大企業=オバマ…全ては侵略部隊なのさ…

10.海外のパネリスト
正しい事を述べることが、なぜ「ヘイトスピーチ」認定されてしまうのか?融和的ムスリムなどはお伽噺話にすぎん!!ほとんど全てのイスラム教徒達は、如何なる国の法律よりも、自分達の教え(イスラム法)を最優先しているのだから…

11.海外のパネリスト
偽善戦士達(Social Justice Warrior)が多くなってきたからね…左翼の意見は良い意見…でも、保守が考えを述べると、すべて犯罪行為…

12.海外のパネリスト
社会が抱える問題を指摘すると、ネット上から除外される…イスラム教国からの資金が、SNS企業にも流れ込んでいるのだろう…

13.海外のパネリスト
人々が悟る間も与えず、メルケルはドイツを共産主義国へと変貌させたのだ。

14.海外のパネリスト
現代ヨーロッパにおいて、国民における「言論の自由」は、各国政府の権限によって個別に審査・付与されるものとなった…

15.海外のパネリスト
キリスト教徒、民主主義、西洋社会に対するイスラム教徒達の差別的・扇動的なコメントは全て許される一方、欧州人が訴えるイスラムの弊害は、全て”ヘイトスピーチ”扱いされてしまう…

16.海外のパネリスト
ナチス時代に逆戻りだね…

17.海外のパネリスト(*風刺画意訳)
ドイツ人A「我々は難民達を一生懸命保護してあげているのに、何故彼らは私達を攻撃してくるのか?」
ドイツ人B「きっと私達の対応が不十分なのだろう!もっと難民を受け入れてあげよう!そうすれば、彼らも攻撃を止めてくれるはず…」

18.海外のパネリスト(*風刺画意訳
ドイツ人「私の子供がムスリム移民達に暴力を受けている!」
ドイツ警察「うるさい差別主義者め!逮捕する!!!」
 



*イギリスを目指す難民達が集団で生活をしているフランス・カレーの”ジャングル”を訪れたアレンさんが、彼らの境遇に同情し、”英国を代表して、(英政府の対応を)皆さんに謝罪する。(7:00~)”などと述べている。

難民擁護派として知られる英ポップ歌手リリー・アレンさんが、移民達の犯罪に巻き込まれた女性被害者達を侮辱し、謝罪に追い込まれる事態となった。

自身のツイッター上にて、他のユーザー達と、”イスラム教徒達による女性暴力問題(参考:ロザラム事件)”を議論していた際、アレンさんは、”ムスリム移民によって暴力を受けた女性達は、いずれ、(イスラム教徒達が存在しなくとも)暴力を受ける運命(there’s a strong possibility)にあった。”などと、主張を繰り広げたという。また、”白人の男は、継娘に手を出す。”などとも書き込んでいる。

これらのコメントは、壮絶な批判(a barrage of criticism)を各所から招くこととなり、アレンさんは該当ツイートを削除。被害者などに対して、しぶしぶながら謝罪文を掲載した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2018/01/06/lily-allen-apologises-after-saying-grooming-gang-victims-would-be-raped-by-somebody-else/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/949747669186072576
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
リベラル主義っていうのは、もう病気だね…

2.海外のパネリスト
彼女のIQって、*部屋の温度すら無いと思う…

(*米国の場合、華氏 (F)が使われるため、「部屋の温度」が摂氏20℃の場合、68度となる。白人男性平均の標準は大体100。)

3.海外のパネリスト
>>2
ないね。

4.海外のパネリスト
現実が見えなくなっちゃってるのかな…

5.海外のパネリスト
>>4
金儲けに目が眩みすぎてるんでしょ…どうせ、イスラム教について大した知識もないんだろうし…

6.海外のパネリスト
最近、ポップ歌手達の凋落が激しいね…マドンナにしても政治活動家になっちゃったし…

7.海外のパネリスト
もしこれを右派系の人物が述べたら、メディアから大バッシングを受けていただろう…被害者の女性達に対する侮辱以外のなにものでもない!

8.海外のパネリスト
>>7
こんなことを平気で言ってしまうような人間が、芸能人をやってること自体おかしい。

9.海外のパネリスト
きっと注目されたかったんだろうなぁ…でも、絶対に彼女の曲は聞かないよ…

10.海外のパネリスト
ふざけた奴だ…

11.海外のパネリスト
彼女の主張がぶっ飛びすぎてて…まったく理解できないんだけど…

12.海外のパネリスト
これってつまり…ムスリムの男性は、女性に対して自由に暴力を加えていい…ってこと?

13.海外のパネリスト
歌手としてのキャリアも、これで終わり…イギリスの教育水準は、アメリカよりもはるかに高いと思っていたのに…英国の子供達は、意外と馬鹿なんだねw

14.海外のパネリスト
まぁ…見た目からして、ちょっと変な人だから…

15.海外のパネリスト
左翼思想に毒されている人たちが多いなぁ…いい加減、悔い改めるべき時なんじゃない?

16.海外のパネリスト
>>15
今更悔い改めても遅い…ロンドンにしろ、パリにしろ…すでにムスリム達に占領されているのだから…

17.海外のパネリスト
こういう偽善者の存在こそ、独裁政治を生み出す要因となるのだ。

18.海外のパネリスト
え?女性への暴力って運命だったの?

19.海外のパネリスト
彼女はNo-Go-Zoneに住むべきだね…





イギリス北西部ランカシャー州に位置する都市ブラックバーンにおいて、新規のイスラム教男子校が建設予定であることが分かった。この計画はすでに地元当局から承認を得ている模様。

複数のイスラム教系学校を運営している教育団体”Tauheedul Education Trust”は「ブラックバーン、及び、ダーウェン地方評議会」に対して、同地域における学校新設計画を申請した。これによると、予定されている新学校は、生徒数800人規模のフリースクールであり、旧家畜市場跡に建設されるという。

”Tauheedul Education Trust”は、2012年からすでに新学校の運営を始めており、現在は、廃校となっているブラックマウンテン大学の建物を間借りしている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

英新聞:Lancashire Telegraph
http://www.lancashiretelegraph.co.uk/news/blackburn/15806992.APPROVED__New_800_pupil_Islamic_boys__school_WILL_be_built_in_Blackburn/?ref=twtrec#comments-anchor

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/948885495655911424
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
左翼の友達がこう言っていた…「過激派を支持しているムスリムなんて、全体の5~10%くらいしかいない」と…つまりこの学校からは、毎年40~80人ほどのテロリスト支持者が卒業するわけだ…

2.海外のパネリスト
まったく驚かない…こういう事態になるよ…そりゃ…

3.海外のパネリスト
ブラックバーン市民よ!立ち上がれ!!抵抗するのだ!!!

4.海外のパネリスト
>>3
この都市における人口統計を調べてごらん…

*注:英wikiによる情報では、ブラックバーンにおける人種別人口割合は以下の通り:白人系69.22%(*イギリス平均89.99%)、インド系14.31%、パキスタン系11.45%。

5.海外のパネリスト(>>3)
>>4
郊外にはもっと白人がいるはず!こんなことを許していたら、街が乗っ取られてしまう…

6.海外のパネリスト(>>4)
>>5
君の意見には全面的に賛成する…でもね、ブラックバーンには移民やムスリム達が多く住んでいるんだ…イスラム教学校の新設に賛同を示す人々も多い…

7.海外のパネリスト(>>3)
>>6
人口統計なんざクソくらえ!ここはイギリスだ!!!

8.海外のパネリスト
英政府は、この国の子供達に、イギリス式の文化や教育を施そうとしているのか…それとも、イスラム式の文化や教育を与えようとしているのか…我々の目前で、英国社会は急激な変化を遂げている…それは偶然に起きているものではない…

9.海外のパネリスト
ブラックバーンにある*聖シラス小学校は今、生徒のほとんどがムスリム達に置き換わってしまった…私達が彼らを迎え入れ、そして、彼らにこの国を与えたのだ…

(*聖シラス小学校のHP:http://www.stsilasprimary.co.uk/

10.海外のパネリスト
ここに白人は残っているのか?

11.海外のパネリスト
>>10
ヨーロッパのことかい?

12.海外のパネリスト
侵略者達にとって居心地の良い街造りをしてどうすんだよ!

13.海外のパネリスト
イスラム団体による隔離社会構築の実例…今時、男子校っていうのも…女性の先生もいないんだろうなぁ…

14.海外のパネリスト
テロリスト養成学校になる雰囲気がプンプンしますな…

15.海外のパネリスト
英国民の税金は絶対に投入するなよ!?

16.海外のパネリスト
この学校が生み出すものは、技術者、医者、科学者か…それとも、女性差別者、暴力者、テロリストなのか…

17.海外のパネリスト
体罰が凄そう…

18.海外のパネリスト
私は8年間、ブラックバーンに住んでいたけど…あそこはまさに地上の地獄だったよ…町の中心部は酷く寂れているし、夜はゴーストタウンになる…地元民も皆、戦々恐々としている…周囲にはNo-Go-Zone化している区画もあるし…
 




今週木曜日、チェコの大統領であるMilos Zeman氏は、同国のテレビ局”Barrandov”とのインタビューにおいて、EUが適切な対応を取らなければ、1000万人ものイスラム移民が欧州に押し寄せる事態となる、などと述べた。Zeman大統領は、反イスラム集会に出席するなど、イスラム教への批判的な言動で、よく知られている。(参考

Zeman大統領は、”もしEUが、口先だけではなく、実際に国境管理を強化しなければ、近い将来、アフリカ大陸などから、1000万人規模の難民達が押し寄せてくることになるだろう。”などと、語った。また、中東やアフリカなどから訪れるムスリム移民達により、ヨーロッパ文化が危機に晒されるとの懸念を示したという。

この他にも、インタビューのなかでは、難民達の価値観と、ヨーロッパ諸国の伝統的価値観の違いが指摘されており、欧州社会におけるイスラム教徒の増加が、同地域におけるムスリム共同体・自治区の誕生へとつながり、さらにそれが、ヨーロッパ全体の犯罪率上昇に影響するとの主張がなされている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

ブルガリア英語系ニュース社Novinite:
http://www.novinite.com/articles/186733/Milos+Zeman%3A+Further+10+Million+Refugees+from+Africa+Threaten+the+EU

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/949256217809088512
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
一体いつになったら…ヨーロッパの人々は、自分たちが侵略されていることに気づくのだろうか?彼ら(移民/難民)は、貴方達に”忍耐”を求めることで、侵略を行っているのだ…

2.海外のパネリスト
この人が言っていることは正しい!

3.海外のパネリスト
イギリスも移民・難民問題を抱えている…どうやって解決したらいいのか…

4.海外のパネリスト
別に難しいことじゃない…こんなのは当たり前のことなんだ…誰でもわかることさ…

5.海外のパネリスト
東ヨーロッパ諸国よ!手を取り合いEU共同体と袂を分かつのだ!彼らが決めた難民受け入れにより、西ヨーロッパはすでに崩壊してしまった…

6.海外のパネリスト
移民達が歩んだ跡には、ぺんぺん草も生えない…

7.海外のパネリスト
*ヴィシェグラード・グループに属する国家は、自由に真実を述べている。それに比べ、西ヨーロッパの政治家達は、”多様性社会の実現計画”という無謀な社会実験(賭け事)によって、骨抜きにされてしまった。

(*ヴィシェグラード・グループ:チェコ・スロバキア・ハンガリー・ポーランドの4カ国を示す。)

8.海外のパネリスト
あまり議論されていないけど…混乱が生じている国から、多くの難民を受け入れること自体、それらの国々における改革を遅らせる要因になりかねない…なぜなら、行動を起こすべき若者たちが、こぞって祖国を放棄しているのだから…彼らは他国へ逃げるのではなく、自国を救う選択をすべきだ!!!

9.海外のパネリスト
まさに「不都合な真実」って奴だね…多少誇張されすぎているかもしれないけど…

10.海外のパネリスト
最近じゃあ、”真実を述べること”が、革命級の難易度になりつつある…

11.海外のパネリスト
名探偵シャーロック・ホームズ大統領!

12.海外のパネリスト
オランダ首相は、この国のキリスト教徒を守る気が無い…イスラム教徒による侵略を、みすみす許している…

13.海外のパネリスト
ムスリム達に多文化への理解や統合を求めても無駄…彼らはそういう連中なのだから…

14.海外のパネリスト
真実を述べてくれる人がいて嬉しい…

15.海外のパネリスト
現在ヨーロッパで起きていることは、15世紀の人々を、大量に現代社会へ連れてきているようなもの…上手くいくわけがない…

16.海外のパネリスト
気付くの遅っ!

17.海外のパネリスト
犯罪の種を自ら招き、そして、治安維持に躍起になる…愚かな政治だ…

18.海外のパネリスト
だから、追い出せってば…

 




---記事引用開始---

 【ワシントン=黒瀬悦成】米外交専門誌「ディプロマット」(電子版)は3日、北朝鮮が昨年4月に発射した新型の中距離弾道ミサイル「火星12」が作動不良で発射場から約39キロ離れた同国内の町に落下し、建物などに被害が出ていたことが分かったと報じた。

 北朝鮮は昨年8月と9月に火星12をそれぞれ1発発射し、日本上空を越えて太平洋に着水させている。同誌は、火星12が将来の発射実験で日本上空で作動不良を起こし、日本を攻撃するかのような落下軌道をとった場合、「たとえ弾頭を積んでいなくても北東アジアに深刻な危機をもたらす恐れがある」と警告した。


 墜落の際、搭載していた燃料が大爆発を起こしたとみられるが、死傷者の有無は不明。発射が成功していれば、ミサイルは日本海北部に着水するはずだったとしている。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://news.livedoor.com/article/detail/14113760/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
https://www.yahoo.com/news/north-korea-bombed-itself-failed-124300801.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・順番

//------------------//

1.海外のパネリスト
こんなのまだ序の口…北のロケットマン(*金正恩委員長)は、これからもっと大きな失敗をしてくれるはずさ…

2.海外のパネリスト
>>1
北京に落ちたら面白いだろうなぁ…

3.海外のパネリスト
>>1
将軍様の頭上に落ちてくればよかったのに…

4.海外のパネリスト
>>1
失策の数ではトランプといい勝負だな…

5.海外のパネリスト
*Acme社のミサイルだったんじゃない?w

(Acme社:米ギャグアニメである「ワイリー コヨーテとロード ランナー」に出てくる架空商品会社である。色々と欠陥品が多い。wiki)

6.海外のパネリスト
>>5
なぜこのコメントに低評価が入れられているのだろう…なかなか面白いじゃないか?君たちは、もっとユーモアのセンスを磨いたほうがいいよ。

7.海外のパネリスト
このミサイル墜落によって、北朝鮮市民が犠牲になったかもしれない…だが、金政権下においては、すでに数千人の国民が迫害を受けてきたのだ…

8.海外のパネリスト
所詮、北朝鮮のミサイル技術なんて、半世紀遅れのものばかりさ…

9.海外のパネリスト
日本はよく北朝鮮に我慢ができるね…

10.海外のパネリスト
>>9
第二次大戦後の取り決めで、攻撃用の兵力を保持することができないんだよ。

11.海外のパネリスト
>>9
日本には組織立った有能な軍事戦力がある…いざとなれば対応は可能だろう…むしろ、問題は韓国のほう…

12.海外のパネリスト
>>9
日本に何をしろと?もし、彼らが北と交戦になれば、必ず中国が出てくるだろう…日本はそのことを良く理解しているのさ…

13.海外のパネリスト
>>9
アメリカが日本の防衛を約束しているからね…

14.海外のパネリスト
>>9
いっとくけど…日本がその気になれば、数ヶ月足らずで、ICBMに搭載可能な核弾頭を製造することができる。

15.海外のパネリスト
とりあえず…この米ヤフーの記事、文法や表現が酷すぎるんだけど…

16.海外のパネリスト
>>15
おいおい…今更何言ってるんだ?米ヤフーの記事にまともな文章を求めるほうが、間違っている。

17.海外のパネリスト
>>15
大丈夫…正確な部分もある。

18.海外のパネリスト
>>15
きっとリベラル系大学出身の記者が書いたんだろうなぁ…左翼思想を徹底的に叩き込まれたものの、基礎的な読み書きを教わらなかったのだろう…
 




ドイツ・ニーダーザクセン州を対象とした最新の調査結果により、移民流入と、犯罪増加の因果関係が明らかにされた。

今回の研究は、ドイツ連邦家族省の資金提供により、スイス・チューリッヒ大学が実施したものである。これによれば、移民流入が発生し始めた2015~2016年にかけて、調査対象地域のニーダーザクセン州では、10.4%の犯罪増加を記録した。それらの増加した犯罪のうち、約9割近くが移民によって実行されていたという。

調査担当者によると、移民関連の犯罪は警察に通報される場合が多く、そのため、本結果において移民の犯罪率が押し上げられた、との見解を示している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.dw.com/en/german-study-links-increased-crime-rate-to-migrant-arrivals/a-42006484

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/948608289683771392
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
一方、イギリスでは…

”イスラムはイギリス社会、及び、イギリス国民の生き方と、完全に共存が可能である。By テリーザ・メイ(現英首相)2015年3月23日”

2.海外のパネリスト
>>1
メイさんには辞めていただくしかないな…イランにでも引っ越してもらおう…

3.海外のパネリスト(>>1)
>>2
もしくはイギリスのベンガルこと、*ブラッドフォードでの隠居を薦める…

(*ブラッドフォード:アジア系住民(特にパキスタン出身者)が多い。これは繊維産業に従事するため第二次世界大戦後に移住してきたものである。by Wiki

4.海外のパネリスト
>>3
アメリカのモガディシュこと、*ローレンスもいいですよ!

(*ローレンス:アメリカ合衆国マサチューセッツ州の北東部、エセックス郡の北西部に位置する都市である。別名「移民の都市」by Wiki

5.海外のパネリスト
アメリカ人よ!目覚めるのだ!!このままいけば…いずれこの国もドイツのようになってしまう…

6.海外のパネリスト
ドイツ人ってのは”政治的公平性”のためなら、全てを犠牲にできる人達だから…

7.海外のパネリスト
移民の身元調査と、移民法の厳格化は…もはや不可避だね…

8.海外のパネリスト
え!?”移民流入が犯罪増と関連している。”だって!!そりゃあ凄い発見だよドイツ君!!!次の研究発表は、さしずめ…”水は湿っている。”ってとこかな?

(*至極当たり前の事柄を、大げさに発表していることへの皮肉だと思われる。)

9.海外のパネリスト
”問題の種”を自ら招き入れているのだから…どうしようもない…アメリカのほうがまだマシ…

10.海外のパネリスト
*サディク・カーンさん…よくこの記事をお読みなさい…

(*サディク・カーン:英・ロンドンの市長。イスラム教徒であり、またパキスタン移民2世でもある。)

11.海外のパネリスト
移民達が何故ホスト国で犯罪を実行するのか…何を考えているのか…何故我々を見下しているのか…これらの疑問を投げかけることも、今のドイツでは、ヘイトスピーチになってしまうのだろう…

12.海外のパネリスト
>>11
なぜ善意で移民達を受け入れた我々が、そのような疑問に悩まされねばならぬのだろうか…この国の文化・法律を守るべき第一義的責任は、むしろ彼らにあるはず…ゲストだからといって、それらが無視されて良いわけがない…

13.海外のパネリスト
こういった話題をドイツ国内で話すと、逮捕される…まるで小説「1984」の世界観だ…

14.海外のパネリスト
え~!?これって本当なんですか?信じられない!こんなこと想像もできなかったですよ~…あ~ショック。(*多分皮肉)

15.海外のパネリスト
やっぱりフランスとドイツってのは、お似合いだね…全てが一緒だ…特に移民政策とかね…近い将来、イスラム共和国の誕生を共に味わうことになるだろう…

16.海外のパネリスト
このニュースが、一般の人々に知れ渡ることはない…どうせ何処も取り上げないさ…

17.海外のパネリスト
メルケル!メルケルはどこにいるのか!?

18.海外のパネリスト
この期に及んで、未だ移民の問題を直視できない奴らはいったい何なんだ…マジで腹が立つ…

19.海外のパネリスト
これは新しい形の戦争なんですよ…
 




//------------//
Update 2018/1/4 20:00
誤字を修正 エルドラン首相→エルドアン首相 *コメントでのご指摘ありがとうございます。
//------------//

先日、トルコ政府宗教局(Diyanet)がネット上に声明を発表、イスラムの教義上、9歳の女児でも結婚が可能であるとの見解を示し、同国の野党や女性団体などから、激しい反発を招いている。トルコの法律において、結婚が認められている年齢は18歳からとされているが、現実には宗教上の慣例などにより、18歳未満で結婚する人々も多い。

トルコ政府宗教局の解釈によれば、イスラム教義上、男子は12歳から、そして女子は9歳から、青年期(adolescence)が始まるとしており、それゆえ、婚姻関係を結ぶ権利も保有するなどと、主張している模様。

一方、トルコの野党や女性団体などは、トルコ政府宗教局の姿勢を激しく非難しており、一部の野党議員は、政府に対して、国内の児童婚問題について、詳細な調査を実施するよう要請した。

これらの抗議の声に対して、トルコ政府宗教局は新たな声明を発表。一連のコメントは、イスラム教義の一般概念を説明したものであり、早婚を推奨するものではないとの見解を示した。以下はその内容。

”身体的・精神的に未熟であり、かつ、家族を持つにふさわしき責任感を保有していない若い女性が、結婚を強制されることは、同意と意志を婚約の条件とするイスラムの教えに、一致しない行為である。("Forcing a young girl to marry someone before they obtain the psychological and biological maturity, and before they gain the responsibility to make a family and become a mother, would not comply with Islam which puts consent and will as a condition in a marriage,")”

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.bbc.com/news/world-europe-42558328

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/948230845726363649
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
EUは本気で、トルコを仲間に引き入れるつもりなのか?ヨーロッパで児童婚を流行らせたいのか!?

2.海外のパネリスト
吐き気がする…

3.海外のパネリスト
こんな奴らを、EUに加入させるべきじゃない!

4.海外のパネリスト
やってることが発展途上国だよね…

5.海外のパネリスト
>>4
発展途上国とか、先進国とか…そんなの関係ないよ…いかなる場所においても、子供達には、子供の期間を自由に生きる権利が与えられるべきなんだ。21世紀の今、こうした中世的風習が未だに残っている事実に、気持ち悪さを感じる…

6.海外のパネリスト
子供の人権を無視するような国家が、ヨーロッパの一員になりたいだって?ありえないねw

7.海外のパネリスト
トルコ政府宗教局は病的だよ…よくこんな考え方を思いつくね…

8.海外のパネリスト
原始時代の発想・知性である…トルコがEUに所属したら、ヨーロッパは終わる。

9.海外のパネリスト
イランでも民衆による抗議デモが盛んになっているし…トルコのエルドアン首相もやばいな…

10.海外のパネリスト
>>9
どうだろう…トルコの人達にそれだけの根性があるかなぁ…

11.海外のパネリスト
ひとかけらの良識を持つ人間ならば…これがいかにおぞましい事であるのか、理解できると思う。だが…トルコにおいては、全人口の99.8%がイスラム教徒…これが常識なのだろう…

12.海外のパネリスト
>>11
まさに「平和の宗教」を自認する人々の真の姿…(ムスリム移民の大流入が発生しているヨーロッパにおいて)女性への暴力が増加するのも、当然のことだ。

14.海外のパネリスト
1400年前の伝統を未だに続けている…あまりにも野蛮…

15.海外のパネリスト
このニュースを知って、本当に気分が悪くなってきたんですけど…

16.海外のパネリスト
我々ヨーロッパ人は断固として彼らと戦わねばならない!私達がこれまで、懸命に作り上げてきた文明社会を、なぜ自ら手放さねばならないのか?戦わねばならないのだ!!

17.海外のパネリスト
生物学的に子供を授かれる年齢と、実際にそれを受け入れられる年齢は違う…車と一緒さ…ペダルを踏むことはできても、安全に運転できるとは限らない…

18.海外のパネリスト
>>17
すごく分かりやすい喩えだねw

19.海外のパネリスト
>>18
あり。
 



(*警察官への暴力に対して、抗議を行うフランスの警察官達。警察官を標的とした暴力事件が日常的に起きているにも関わらず、その事が報道されないことにも、不満を述べている。)

2017年の大晦日、フランス全土で1000台近くの車が燃やされる事件が発生、わずか1日だけで510名もの逮捕者が出たという。また、パリ郊外の*都市シャンピニー=シュル=マルヌでは、女性警察官が集団で暴行を受ける事案も発生しており、フランス社会に衝撃を与えている。

(*シャンピニー=シュル=マルヌは移民が多く住む地域として知られており、フランス政府により「問題区画(Sensitive urban zone:”ほぼNo-Go-Zoneと同義語”)と認定された3つのエリアが存在する。)

これらの事件に関連し、フランスのマクロン大統領は声明を発表。”大晦日の夜、職務を遂行していた警察官に、集団で暴行を加えた卑劣な容疑者達は、必ず逮捕・罰せられる。法律は維持されねばならない。危険を顧みず職責を全うする警察官諸君に対して、賛辞を贈ると共に、最大限の支援を約束する。(“The culprits of the cowardly and criminal lynching of the police doing their duty on the night of December 31st will be found and punished. Force will sustain the law. Honor to the police and full support to all officers crudely attacked.”)”

近年フランスにおいては、警察官への暴力が増加しており、特に、移民が多い地域においては、その傾向が顕著である。2005年には、移民対応などを巡り警察官に対する不満が爆発、フランス全土で大規模な暴動が発生している。(参考

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.thelocal.fr/20180102/france-shocked-by-new-years-eve-attacks-on-police
http://www.breitbart.com/london/2017/01/03/france-claims-no-incident-after-1000-cars-torched-new-years-eve/
http://www.breitbart.com/london/2018/01/02/cowardly-criminal-lynching-police-france-female-officer/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/948204262441529344
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

「パリは燃えているか?」



//------------------//

1.海外のパネリスト
フランスは終わった…

2.海外のパネリスト
>>1
いや…まだ終わってはいない…終わりの時が近いだけだ…

3.海外のパネリスト
だから(大統領を)ル・ペンにしとけって言っただろ?

4.海外のパネリスト
>>3
マクロンは資本家達に人気があったのさ…国民ではなくてね…

5.海外のパネリスト
車が燃えた?中東式の新年行事だろw

6.海外のパネリスト
これぞ、多文化主義の豊かなる実り!

7.海外のパネリスト
フランスは多様性思想に飲み込まれている。

8.海外のパネリスト
自業自得…かわいそうだけどね…

9.海外のパネリスト
地獄へようこそ!

10.海外のパネリスト
ヨーロッパを、EUの好き勝手にはさせない!ここは我々の土地・国家である!!

11.海外のパネリスト
素晴らしい!まさに文化統合の良きお手本ではないか!!

12.海外のパネリスト
君達はマクロンを選んだ…その結果がこれさ…

13.海外のパネリスト
新年に炎上する車…フランスが誇る多くの伝統の一つとして、これもいずれ仲間入りするのかな?

14.海外のパネリスト
まるでアフリカみたいだ…

15.海外のパネリスト
まず強制収容所に移民達を隔離…そしてその後、少しずつ強制送還していくべき…

16.海外のパネリスト
これって保険下りるの?それともテロだから保障外になるのかな…

17.海外のパネリスト
マクロンよ…これらの”難民達”が、フランスにどのような利益をもたらすというのか?彼らは暴動と炎を生み出すだけだ…

18.海外のパネリスト
移民をもっと受け入れれば…事態は改善していくはずさ…(*皮肉)
 




---記事引用開始---

ドイツでは2018年から、ソーシャルメディアにヘイトスピーチ(憎悪表現)やフェイクニュース、違法コンテンツの速やかな削除を義務付ける新法が施行される。

「明らかに違法な」投稿を24時間以内に削除しないサイトは、最大5000万ユーロ(約68億円)の罰金を科せられる可能性がある。

規制の対象は、利用者200万人超のSNSとメディア企業。


---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.bbc.com/japanese/42532490

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/search?q=germany%20hate%20speech&src=typd
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
彼らは”ヘイトスピーチ”という名の真実を恐れているのさ…

2.海外のパネリスト
ヨーロッパを目指す移民達は、より良き生活を求めているのではない…我々の社会を侵略しようとしているだけだ!

3.海外のパネリスト
ドイツ終了のお知らせ。

4.海外のパネリスト
誇り高き国家の没落した姿…本当に悲しい…

5.海外のパネリスト
あまりにも主観的な考え方である…ただの独裁政治ではないか…

6.海外のパネリスト
誰が、そして、何を基準に…”ヘイトスピーチ”を判断するのか?

7.海外のパネリスト
こういった制限を課すほうが…移民による犯罪を防止するより、はるかに簡単だもんね♪

8.海外のパネリスト
ナチ待望論急浮上不可避…

9.海外のパネリスト
安心して!これからも、ありったけのヘイトスピーチを、米国からドイツに送り続けるから!

10.海外のパネリスト
東ドイツ時代の悪いクセが、なかなか治りませんね?

11.海外のパネリスト
この期に及んでまで…ドイツ国民は傍観者であり続けるつもりなのか…

12.海外のパネリスト
イスラムの教義では、キリスト教徒の迫害を公認しているのだが…これは”ヘイト・スピーチ”にならないの?

13.海外のパネリスト
ゲシュタポの再興…

14.海外のパネリスト
中傷や炎上行為は、むしろ左翼達のお家芸だろ?

15.海外のパネリスト
自分達に都合の悪い意見を持つ人々を抑圧する…現ドイツ政府は、ヒトラーの名を忘れてしまったようだ…

16.海外のパネリスト
これぞまさにファシズム!

17.海外のパネリスト
>>16
リベラル御用達政治思想だね!!

18.海外のパネリスト
国連:世界人権宣言 第十九条 "すべて人は、意見及び表現の自由に対する権利を有する。この権利は、干渉を受けることなく自己の意見をもつ自由並びにあらゆる手段により、また、国境を越えると否とにかかわりなく、情報及び思想を求め、受け、及び伝える自由を含む。”
 




---記事引用開始---

韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相は2日、南北高官協議を今月9日に行い、来月開幕する平昌冬季五輪に北朝鮮選手団が参加する可能性について話し合うことを提案した。

これに先立ち、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は1日に発表された「新年の辞」で、選手団の派遣を検討していると述べていた。金委員長は、双方が「可能性について喫緊に会談」すべきだと語った。

また韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、金委員長の発言について朝鮮半島の緊張緩和に寄与するとの考えを示している。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

BBC日本語版:
http://www.bbc.com/japanese/42539124

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
https://www.yahoo.com/news/south-korea-proposes-high-level-talks-north-053424089.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
金正恩って、本当にお父さんそっくりだね…生き残る為ならば、なんでもする…この交渉も、どうせ時間稼ぎに利用されるだけさ…

2.海外のパネリスト
愚かな政治家によって、戦争は生み出される…

3.海外のパネリスト
>>2
それじゃあ、第二次世界大戦はどうなの?不可抗力な戦いも沢山あったはず…

4.海外のパネリスト
>>2
我々は北朝鮮をこれまで野放しにしてきた…その結果、彼らに巨大な力を与え、世界中を脅かす存在にまでしてしまったのだ…

5.海外のパネリスト
将軍様は如何なる妥協もしないだろう…

6.海外のパネリスト
>>5
最近、彼太りすぎじゃない?クリスマス太り(Christmas chin)かな…w

7.海外のパネリスト
>>5
もちろんしない…極度に飢えている自国民に対して、卵一個すら与えない人だからね…

8.海外のパネリスト
韓国政府は、(オリンピックのほかに)核問題に関しても協議するつもりだって…

9.海外のパネリスト
>>8
交渉を始めた矢先…韓国の大統領が辞任、北朝鮮がさらに力を得る…そんな近未来が容易に想像できてしまう…上手くいった所で、所詮、北の言いなりになるだけだよ…

10.海外のパネリスト
北朝鮮が態度を軟化させてきているのは、ある程度、制裁の効果が出てきている証左だろう…だからこそ今、韓国から無償の援助を受けようとしているのさ…もちろん、見返りなんて何もありゃしない…この40年間、同じことの繰り返し…

11.海外のパネリスト
オリンピックが政治の道具になるのは嫌だけど…平和のためなら仕方ない…

12.海外のパネリスト
政治の道具に使われなかったオリンピックなんてないよ…

13.海外のパネリスト
>>12
1980年のモスクワ…1984年のロス…この二つは特に酷かった…

14.海外のパネリスト
交渉で得られる韓国側の利点?金正恩の専属理容師を、特別に貸し出してくれるらしい…

15.海外のパネリスト
北朝鮮の核問題をここまで大きくしてくれた中国には、本当に感謝している!彼らは国際的な制裁決議を一切無視して、これまでずっと北朝鮮の支援を続けてきたのだから…(*皮肉)

16.海外のパネリスト
>>15
中国は東アジア地方における最大のトラブルメーカーだよ…ほとんど全ての隣国と、領土・領海問題で対立している…最近では、インドとも軍事的に睨み合っている状態だ…

17.海外のパネリスト
これは韓国人たちの問題なのだから、韓国人たちに対応させればいい…君達の努力に敬意を表する!頑張ってくれたまえ!!!

18.海外のパネリスト
>>17
戦争になったら、核ミサイルをアメリカに撃ち込むと宣言しているのだが…それでも無関係かね?

19.海外のパネリスト
金正恩の髪を切ってる奴を教えてくれ!それ以外は興味ない!!!
 

このページのトップヘ