海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…(コメント評価試験再開中…)


カテゴリ: 全記事




独政府機関であるドイツ連邦統計局によると、昨年(2016年)、難民申請者のために費やされた国税総額が、一昨年度(2015年)にくらべ、73%増の92.3億ユーロ(1.22兆円)に達していることが判明した。この予算額は、難民申請者支援に対する補助金、社会保障費などに当てられ、連邦・州・地方政府による合計の拠出額となる。2015年度の総額は52億ユーロ(6873億円)であった。

これらの数値を計算すると、ドイツを訪れた難民申請者1人に対して、毎月1000ユーロ(12.5万円)が支払われていることになる。内訳としては、354ユーロ(4.6万円)が住居手当に、また、食料・衣服・家庭用医薬品などの購入費に135ユーロ(1.7万円)、そして、結婚をしている夫婦に対し、244ユーロ(3.2万円)等が支払われているという。

難民申請者関連予算の増大に関して、一部の専門家などからは、家賃の上昇や、多くの自治体において、必要のない(難民申請者用)賃貸契約が行われている現状を、根本原因として指摘する声もある。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/11/02/german-asylum-seeker-73-per-cent-nine-billion/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/926952688771895296
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
きっとメルケルさんは今幸せだろう…多くのドイツ国民を犠牲にして、沢山の難民を救うことができたのだから…

2.海外のパネリスト
>>1
そうだね…だからこそ、ドイツ国民は彼女を再選させたのさ…(自傷行為とも言う…)

3.海外のパネリスト
ドイツ政府も、まさかこれだけ費用がかさむとは、思ってなかっただろう…他のヨーロッパ諸国に対して、(ドイツと)同様の難民対応を求めるのは、もうやめて欲しい…

4.海外のパネリスト
結局、労働者階級や中間層の人間達が、最終的に、この混乱の代償を支払うことになるんだ…

5.海外のパネリスト
一般市民が、難民流入による家賃の上昇で苦しむ中…一部の実業家・企業家達は、これらの移民政策により、莫大な利益を生み出している…

6.海外のパネリスト
ドイツが自ら崩壊して行く様を、敵達(*多分ムスリムを意味する。)は、ほくそ笑みながら眺めているのさ…

7.海外のパネリスト
しょうがないよね…ドイツ人がこれを望んだんだし…

8.海外のパネリスト
よし!カナダもドイツの後に続くぞ!!!

9.海外のパネリスト
イスラムにとって、メルケルは最高の政治家であろう…すでに、ヨーロッパはムスリム達の手に落ちた…

10.海外のパネリスト
ドイツは今、イスラム法を厳守する難民達に、占拠されようとしている…メルケル首相、あなたはこの現状を認識しているのか?

11.海外のパネリスト(*イギリスの方)
EUを離脱すべき理由が、また一つ、出てきてしまった…難民支援に関して、これ以上支払う気はない!まず、イギリス国民の面倒を優先的に見るべきだ!!!

12.海外のパネリスト
これだけの支出を、永続的に続けられるとは思えないけど…

13.海外のパネリスト
社会保障が手厚い国に難民達は押し寄せる…そして、その国の財政を破綻させるのだ…ほんと、滑稽な光景だね…

14.海外のパネリスト
国税の無駄遣い…ドイツ人よ、目を覚ませ!!!

15.海外のパネリスト
もし仮に、「国家専用119番窓口」が各国に設置されていたら、ドイツは毎日、そこに電話をかけつづけていることだろう…

16.海外のパネリスト
リベラリズムという旗印のもと、進められたメルケルの破滅的政策は、ドイツ国家とその文化に、決定的な崩壊をもたらした。

17.海外のパネリスト
メルケル「まったく!ヨーロッパを壊すのは大変だわ…」
オバマ「アメリカを壊すのはもっと大変だよ…白人連中が銃をもっているからね…」

18.海外のパネリスト
難民支援以外にも、我々ドイツ人は国営テレビ局運営のため、強制的に*10億ユーロ(1314億円)もの税金を、支払わされているんだ…

19.海外のパネリスト
石油利益で潤う中東のイスラム教国ですら拒むムスリム難民達を、ヨーロッパやアメリカは、喜んで受け入れている…何故なんだ!!!!!

 




//------------------//
//News Info
//------------------//

http://boards.4chan.org/a/thread/164813988#q164813988

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
4chan
[コメント傾向]
アニメ/漫画板
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

断然はるみち。





//------------------//

1.海外のパネリスト
セーラームーンのスレッドを立ててみた!

2.海外のパネリスト
木野 まこと>火野 レイ>愛野 美奈子>水野 亜美>タキシード仮面>土萠 ほたる>天王 はるか>海王 みちる>ちび>月野 うさぎ

3.海外のパネリスト
>>2
なんで「ちび」と「うさぎ」がそんなに順位低いの!最強の二人組なのに!!!

4.海外のパネリスト
>>3
私も「ちびうさ」好きだよ。@@(ネタばれ)に色々と良く似ているよね…

5.海外のパネリスト
>>4
セーラームーンのスピンオフとして、「ちびうさ」が大人になった時のストーリーが見たい…

6.海外のパネリスト
「火野 レイ」と「愛野 美奈子」のツートップ!これは譲れない!!

7.海外のパネリスト
>>6
すごいわかる。

8.海外のパネリスト
セーラームーンRを見終わった…(続編である)Sってどんな感じ?Rよりも面白いかな…期待してもいい?

9.海外のパネリスト
>>8
Rに比べるとメロドラマ的展開が少し多くなる。キャラの心理描写はより繊細に、かつ、アニメとしての質も向上しているよ。

10.海外のパネリスト
>>8
Sはつまらなかった…脚本が駄目。

11.海外のパネリスト
>>8
あまり期待しないほうが良いかも…

12.海外のパネリスト
>>8
私のSに対する反応→「?」

13.海外のパネリスト
クリスタルは酷かったなぁ…セーラームーンに対する関心が一瞬で失せた…最近、ようやく気持ちが戻ってきたけど…

(*2014年7月以降、ニコニコ生放送など放映されたセーラームーンアニメ最新版)

14.海外のパネリスト
>>13
このスレッドを見て、クリスタルの製作者達に対する怒りが再び湧き上がってきた…

15.海外のパネリスト
セーラームーンSって、ちょっと色々詰め込み過ぎているような気がする…暗い話とか、百合好きな人には、堪らないんだろうけど…

16.海外のパネリスト
>>15
私はこのSシリーズにおけるキャラクターの心理描写と、コメディーの部分が好き。

17.海外のパネリスト
>>16
Sの第一話冒頭、テストで酷い点数を取ったウサギに、レイが優しい言葉をかけてあげるシーンが好き。最初のシリーズではアレだけ、喧嘩していたのに…セーラー戦士としての成長を感じることが出来た。

18.海外のパネリスト
セーラームーンR:
日常描写:7/10
ロマンス:2/10
戦闘シーン:5/10
アニメーション:6/10

セーラームーンS:
日常描写:9/10
ロマンス:6/10
戦闘シーン:8/10
アニメーション:9/10

19.海外のパネリスト
はるかさんが好きすぎる…なんでだろう…別にこういう女性はタイプじゃなかったんだけど…

20.海外のパネリスト
>>19
それはね…はるかさんこそ、セーラームーンにおける最高のキャラクターだからだよ!

 




//---------//
2017/11/20 3:36 
時事通信世論調査記事へのリンクを追加:コメントでのご指摘ありがとうございます。
//---------//

日本政府はここ数ヶ月にわたり、自国民に対して、北朝鮮からの核攻撃に備えるよう警告を発している。(Japan has for months urged its citizens to prepare for a possible nuclear war from North Korea)各学校では避難訓練が行われ、漁師たちは降り注ぐミサイルから逃れるよう指導されている。日朝関係の緊張は現在、頂点を迎えつつあり、それゆえ、多くの日本国民は外交ではなく、実際の「*行動(take action against」によって、北朝鮮・金政権への対応を行うべきであると、考え始めているようだ。

(注釈:時事通信社HPでは”(北朝鮮への)圧力”という表現になっています。)

先週金曜日に発表された日本の世論調査(*時事通信)によれば、約54%の回答者が、日米両政府による北朝鮮への「行動(take action against)」を求めているとされ、対話を重視すべきと答えた割合は、39.4%に留まった。また、全体の52.8%が北朝鮮の動向を憂慮していると述べており、さらに、15.4%は非常に憂慮していると回答した。この調査は先週の月曜から4日間行われ、延べ2000名の日本人が参加している。

近年、北朝鮮は日本に対するミサイル発射実験を繰り返し行っており、日本国民の懸念を深める事態となっている。先日、日本を訪れたトランプ米大統領は、日本の安倍首相と共に、北朝鮮への圧力を深めていくことを確認した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/japan-wants-war-north-korea-135210061.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
誰だって、自分を脅してくる人間を好きにはなれないでしょう…日本人の侍魂を呼び起こしてしまったのかもね…もし戦うのであれば、できるだけ早いほうが(日本の)被害も少なくて済むだろう…

2.海外のパネリスト
仮に日本が、北朝鮮との戦争を望んでいたとしても、彼らを責めることはできない。領土上空にミサイルを何度も撃ち込まれている訳だし…

3.海外のパネリスト
>>2
確かに…誰も彼らを止めることはできない…

4.海外のパネリスト
アジア全体を考えれば、金正恩を排除した後、南北朝鮮統一をすることが、もっとも望ましいことであろう。

5.海外のパネリスト
>>4
中国は反対するだろうけどね…

6.海外のパネリスト
日本を本気で怒らせる前に…中国は飼い犬の手綱をしっかりと握っておくべきだ…

7.海外のパネリスト
考えてもみろ…もしどこかの馬鹿が、フロリダ上空に無許可でミサイルを飛ばしてきたら…米国がそれを黙って見過ごすと思うか?日本にだって反撃する権利はある!

8.海外のパネリスト
北朝鮮の存在しない世界は、間違いなく、より良いものになるだろう。

9.海外のパネリスト
つい最近も、北朝鮮からの脱走兵から、寄生虫が発見されたニュースが報じられていた…彼らのためにも、そろそろ戦争をするべきなのかもしれない…

10.海外のパネリスト
>>9
大丈夫だよ…そのうち勝手に自滅するさ…

11.海外のパネリスト
金正恩は退陣すべき!そのことに関して、交渉の余地はない!!

12.海外のパネリスト
>>11
でもねぇ…彼はこの国(米国)のリベラル達に人気があるんだよ…

13.海外のパネリスト
アメリカも日本と一緒に戦ったらいい…さあ、戦争しようぜ!

14.海外のパネリスト
>>13
もちろん、君もその戦争に兵士として参加するんだよね?

15.海外のパネリスト
>>13
こういう好戦的な人間が増えている現状に、深い悲しみを覚える…戦いを避けられること以上に、喜ばしいことはない…君達は戦争の恐ろしさを知らないんだ…

16.海外のパネリスト
>>13
まず、お前が行け!

17.海外のパネリスト
日本人は北朝鮮事案に関して、アメリカ人なんかよりもはるかに真剣に、そして、深刻に、この状況を捉えている。金政権による核・ミサイル攻撃の脅威は、多くの日本人に恐怖を与えてきたのだろう…

18.海外のパネリスト
イラクのサダム・フセインを排除した時、ついでに、北朝鮮も倒しておくべきだった…





*一年前の「アトラス」


[BBCツイッター動画内の文章意訳]

ボストン・ダイナミクス社提供動画

このロボットは、いくつかの動作を実行できる。

これは「アトラス」と名づけられており、ボストン・ダイナミクス社により製作された。

同社は、このロボットの性能をさらに高め、いずれ、探索・救助作業等に使用したいと望んでいる。

現在のところ、「アトラス」は動作デモ版のみが公開中。

「ロボットによる最終戦争勃発」を危惧する人々もいるかもしれないが…

(失敗もするので)まだ大丈夫…

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/BBCWorld/status/931473198629163008

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
BBC公式ツイッター
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
ロボット様の下僕になります!

2.海外のパネリスト
頼むから電源スイッチだけは設置しといてくれよ…

3.海外のパネリスト
>>2
分かりやすく、そして、操作しやすい場所にね…胸パネルの内部とかは絶対駄目。

4.海外のパネリスト
>>2
あと、遠隔自爆機能も…

5.海外のパネリスト
動きが超絶キモイんですけど…

6.海外のパネリスト
ターミネーター…

7.海外のパネリスト
>>6
マジそれ…

8.海外のパネリスト
>>6
人間は技術進化の恩恵を、正しく享受することができない…全て兵器に利用されてしまう…

9.海外のパネリスト
このロボットに投資をするべきか…それとも…来るべきロボットの反乱に備え、地下シェルターを購入するべきだろうか?

10.海外のパネリスト
>>9
両方。

11.海外のパネリスト
ロボットが人類を滅ぼすための第一歩を…今まさに…

12.海外のパネリスト
最後の可愛らしい失敗で、俺達の目を欺いたつもりか?馬鹿にするなよ!アトラス!!お前の野望など、すでにお見通しだ!!!

13.海外のパネリスト
バク転するロボットなんか必要ないでしょ?そんな暇とお金があるのなら、病気の治療法開発にもっと投資を行うべき!!!

14.海外のパネリスト
近い将来、これらのロボットは我々人間を、はるかに凌駕する力を手に入れるだろう…そして、我々は裁きの日を迎えるのだ…

15.海外のパネリスト
「探索・救助作業」だって?笑わせるな!お前らの目的はロボットの兵器化だろ!?

16.海外のパネリスト
>>15
両サイドがロボットなら別にいいんじゃない?

17.海外のパネリスト
>>16
そうはならないだろう…

18.海外のパネリスト(>>16)
>>17
やっぱ…そうだよね…

19.海外のパネリスト
この一歩は小さいが、ロボットにとっては偉大な一歩である。by ロボット。

 



(*動画の最初、少し音量が大きいです。ご注意ください。今回のニュースとは異なる事件に関するものです。)

米バージニア州フェアファックス公立学校において、教師がムスリム女生徒が着用しているヒジャブ(*イスラムの民族衣装であり、頭に被る布を示す。)を、強制的に取っていたことが分かった。女生徒がツイッター上に一連の騒動を書き込み、事件が発覚、この教師は休職処分となっている。

フェアファックス公立学校は今回の事案について”不適切であり、受け入れられない”との声明を発表した。現在、この事件に対する、詳細な調査を進めているという。米イスラム団体は、同学校の対応を評価しつつ、この教師へのさらなる厳格な処分を求めているとされる。

近年、アメリカでは教師によってムスリム女生徒のヒジャブが取られる事案が多数報告されている。今年の5月には、ニューヨーク市ブロンクス区の学校で臨時教員をしている人物が、態度の悪い女生徒のヒジャブと取ったとして、問題となった。この教員は後に”ヘイトクライム罪”にて起訴されている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/muslims-students-getting-hijabs-pulled-230211335.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
これ見よがしに、リベラルがイスラムを擁護しているのが笑える…でも、よく考えてみな…彼らは女性達を下僕のように扱っているし、同性愛者なんか動物以下。「忍耐」なんて言葉は彼らの辞書にはないし、イスラム以外の人々は皆「異端者」として扱われている…彼らは我々の社会を乗っ取ろうとしているんだ…いい加減そのことに気づきなよ?俺の住んでいるテキサス・リチャードソンにも、大きなモスクが建った…こういったことがどんどん起きている…彼らは米国の法律など気にしない…イスラム法だけが彼らの法律なんだ…

2.海外のパネリスト
アメリカはイスラム国家ではない。この国の文化に統合するか、それが嫌なら出て行くべきだ。

3.海外のパネリスト
ヒジャブを取られた?ムスリム国家において、異教徒達がどんな扱いを受けていると思う?そんな生易しいもんじゃないぞ?

4.海外のパネリスト
生徒が鉤十字(*ナチスのロゴ)のアクセサリーをしていたら、強制的に没収されるだろう…それと同じことさ…危険な思想は取り払われねばならない。

5.海外のパネリスト
腰パン野郎よりかは、ヒジャブ女子のほうが、はるかにマシだと思うけどね…w

6.海外のパネリスト
>>5
どっちも嫌。

7.海外のパネリスト
この国の教育システムには、差し迫った課題が山積しているにも関わらず、行政が関心を寄せるのは、ヒジャブの問題だけ…無能な奴らだ…

8.海外のパネリスト
教室内で帽子を被ることが禁止されているのだから、ヒジャブも着用するべきじゃない。

9.海外のパネリスト
>>8
ヒジャブは宗教衣装だからね…*ヤムルカみたいなもの…例外処置になりうるのでは?

(*ヤムルカ:ユダヤ教の民族衣装の一種。男性がかぶる帽子のようなもの。)

10.海外のパネリスト
法律上、ヒジャブの着用が認められているのだから、教師もそれを尊重しないと…それが嫌なら、新たな法律を作るしかないよ。

11.海外のパネリスト
この教師は、クリスチャンが着用している十字架を取るだろうか?*灰の水曜日に、額に描かれた十字架を消し去るだろうか?教育現場においては、半端な例外は作らずに、全ての宗教関連要素を排除するか、全てを受け入れるか…そのどちらかを選ばねばならないだろう…

(*灰の水曜日:キリスト教における復活祭儀式の一つ。信者各自の額に灰の十字を記す。)

12.海外のパネリスト
スキーマスクや、ハロウィーンの仮装マスクを着用して、登校してもいいのかな…

13.海外のパネリスト
>>12
もしそれが君の宗教に関連するものであれば、許可されるだろう…

14.海外のパネリスト
ベトナム戦争に従事し、その後、警察や地域の消防隊員を勤め上げた私からすると、今、この国に蔓延る差別と偏見の根深さに、失望を感じざるを得ない。かつて、アメリカの子供達は「他者を尊敬する心」を持つように教えられてきた…だが最近では、自分とは異なる意見に対して、一方的に非難を浴びせかける者ばかりだ…私達は「モラル」だけではなく、「恥を恥じる心」すらも失っている…

15.海外のパネリスト
>>14
我々と異なる宗教を持つからといって、我々の規則を守らなくても良い理由にはならないでしょう?彼らは、この国の法律を超越した存在なのですか?

16.海外のパネリスト
>>14
これこそまさに、米国におけるリベラルの”立ち居振る舞い”そのもの。

17.海外のパネリスト
仮に、この教師が、ユダヤ教徒の生徒から「ヤムルカ」と取ったら…こんなもんじゃ済まないほどの反発が起きていただろう…

18.海外のパネリスト
>>17
僕ユダヤ教徒だけど、学校では「ヤムルカ」着用を禁止されているよ…

 




ドイツ人ジャーナリストであり、モデルでもある”Anabel Schunke”さんのフェイスブックが、30日間の凍結処分になっていることがわかった。移民による犯罪を皮肉ったジョークが、フェイスブックの規約に反した模様。

Anabelさんによると、彼女はフェイスブックのタイムライン上で、警察やメディアなどで使われている(女性への暴力を行う)北アフリカ系移民の犯罪者を示す略語”NAFRI(North African repeat offenders)”を揶揄し、一時凍結処分を受けたという。

以下は問題となったコメント:

”NAFRIとは「女性への暴力」を行う犯罪者のことか…それとも、次世代を担う新ドイツ人達のことか…(“Sexual assault or in neo-German: to do the NAFRI.”)”

凍結処分後、Anabelさんの弁護士と、フェイスブック社の弁護士が話し合いを行ったものの、議論は平行線のまま終わったとされる。

この騒動に関しては、ドイツの右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」党首”Alice Weidel”氏もツイッター&フェイスブック上で言及、ドイツ政府が推し進める検閲強化の姿勢に懸念を示した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2017/11/germanys-extreme-censorship/#.WgyiQgSZ-Zs.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/930894074839740417
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

Wikiより…

::-引用 開始-::

重大な被害がもたらされる恐れがあるというだけで、自由な言論と集会への抑圧を正当化することはできない。(中略) 議論を通じて、虚偽や誤りをあぶり出す時間があれば、また教育のプロセスを通じて、邪悪を回避する時間があれば、講じるべき解決策は、強制された沈黙ではなく(not enforced silence)、より多くの言論である (英語: the remedy to be applied is more speech)。
—ルイス・ブランダイス、ホイットニー対カリフォルニア州事件判決

::-引用 終了-::

:関連記事リンク(*直接記事に飛びます):

【大阪地裁】李信恵裁判 保守速報に対して200万円の高額賠償命令

//------------------//

1.海外のパネリスト
ネット、大手メディア、そして、法律…すべてがグローバリストの支配下に置かれている…彼らに歯向かうものは皆、厳しい検閲の対象となるのだ…

2.海外のパネリスト
”NAFRI”という略語は、もともと独警察やマスコミ内にて使われていた…なぜジャーナリストが使ってはいけないのか?これは皮肉でもジョークでもない…(北アフリカ移民に犯罪者が多いのは)事実だ。フェイスブックの判断はおかしい!

3.海外のパネリスト
自国政府による自国文化の破壊…

4.海外のパネリスト
白人を馬鹿にするジョーク(White joke)を言えば、英雄扱いされたであろう…

5.海外のパネリスト
こんなことをする国(ドイツ)に、民主主義を説く資格はない…

6.海外のパネリスト
数年のうちに、ヨーロッパの国々はイスラムに支配される…そして、女性達はヒジャブの着用を義務付けられ、拒否するものは石打にされるだろう…

7.海外のパネリスト
>>6
そして、(この事態を招いた)リベラル達も同様に迫害される…

8.海外のパネリスト(>>6)
>>7
彼ら(リベラル達)はそのことに気づいていないんだ…いずれ自分たちも被害者になりうることを…

9.海外のパネリスト(>>7)
>>8
「*嘘泣き症候群(Crocodile tears)」なんですよ…

(*偽の同情心を表す偽善者を示す。)

10.海外のパネリスト
この表現って、法律的上は問題ないわけでしょ?つまり、フェイスブックの規約は、法律よりも尊いわけだ…

11.海外のパネリスト
>>10
ドイツ政府も、ネット上における「ヘイトスピーチ規制」を強化しているよ…ヘイトスピーチを放置したSNS会社に対して、最大で5000万ユーロ(*65億円くらい)の罰金を課すことが決定されている…(参考

12.海外のパネリスト
これはヨーロッパ人が決めたこと…彼らが定めた未来理想図の一部なんだよ…

13.海外のパネリスト
まるでナチスだ…

14.海外のパネリスト
ジョークが犯罪扱いされる社会…

15.海外のパネリスト
北朝鮮、旧ソ連、そして、ジンバブエ…これらの国々と肩を並べ始めたドイツ…

16.海外のパネリスト
紛争、戦争、混乱が起こる時…最初の犠牲者は常に”真実”である。

17.海外のパネリスト
イスラム法が蔓延れば、自由は駆逐される…

18.海外のパネリスト
>>17
「イスラム法」を「共産主義」に置き換えても、意味は通じるね…ほんと…似たもの同士だ…

19.海外のパネリスト(ドイツの方)
アメリカの皆さん…お願い…ドイツを救って…

20.海外のパネリスト
>>19
助けたいけど無理かも…神様に祈るか…もしくは、アメリカにおいで…

 




米ニュースメディア”Politico”によれば、トランプ大統領が、度々(often)、自らのボディーガード(SP)を勤めていたKeith Schiller氏に、マクドナルドで「クォーターパウンダー」をテイクアウトしてくるよう、要請していたことが分かった。

トランプ大統領は、ホワイトハウス専属シェフに対して「クォーターパウンダー」を作るよう求めたものの、トランプ大統領の味覚に合わなかった、とも伝えられている。

Schiller氏はトランプ氏の私的護衛の立場を経て、大統領執務室管理長(Oval Office operations head)にまで上り詰めた人物であるが、今年9月に離職している。先日には、前回の大統領選挙における不正疑惑について、議会で証言を行った。(参考

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://uk.news.yahoo.com/donald-trump-sent-aide-mcdonalds-didnt-like-private-chefs-burgers-150016558.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
英ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//



//------------------//

1.海外のパネリスト
こんな”下らない記事”を書いて、お金を貰えるなんて…いい仕事だね。

2.海外のパネリスト
反トランプ的な話題なら、何でもニュースにするんだな…「がらくた(rubbish)」みたいなもんだ。

3.海外のパネリスト
>>2
そのニュースを読んで、わざわざコメントをしている君も相当な暇人だね…

4.海外のパネリスト
>>2
「がらくた(rubbish)」?…私の国(米国)では、そんな言葉は使わない…「trash(ゴミ)」って言うよ…

5.海外のパネリスト
>>2
別に反トランプじゃないでしょ?君達は少し神経質なんだよ…トランプを褒めていない記事は、全部アンチに見えてしまうんだ…

6.海外のパネリスト
大手メディア「ドナルド・トランプが水を飲んだぞ!ヒトラーと一緒だ!!!」

7.海外のパネリスト
なぜかアメリカのニュースを嬉々として報じる英ヤフー…

8.海外のパネリスト
>>7
米CNNのコピペメディアにすぎん…

9.海外のパネリスト
大手メディアは、アメリカのトランプ大統領が「呼吸をしている」などと伝えています。昨年の大統領選挙における勝利以降、繰り返し”息を吸ったり・吐いたり”しているそうです。(*皮肉)

(注:トランプさんが行う全ての事柄に対して、非難を浴びせるメディアの姿勢を批判している。)

10.海外のパネリスト
別に何も問題ないでしょ…「クォーターパウンダー」や「ビックマック」を、無性に食べたくなる時くらい、誰にだってあるわけだし…米大統領は、マックのバーガーを食べちゃだめなの?

11.海外のパネリスト
「I'm Not Loving it!(これ大嫌い!)」…記事スペースの無駄。

(注:マクドナルドのキャッチフレーズ”I'm Loving it!(これ大好き!)”のパロディ。)

12.海外のパネリスト
他のメディアでは、トランプはピクルスが苦手だと報じていたよw

(注:https://www.dailystar.co.uk/news/world-news/659720/McDonalds-menu-Quarter-Pounder-apple-pie-Donald-Trump-US-president-White-Houseより…”They tried to create the Quarter Pounder for Trump, who requested it with cheese, “extra ketchup, no pickles” 訳:(ホワイトハウスの)調理スタッフは、チーズ入り、ケチャップ増し増し、かつ、Noピクルスの「クォーターパウンダー」を、トランプのために料理した。)

13.海外のパネリスト
トランプは、中国との間で年間2452億ドル(26兆円くらい?)もの貿易協定を結んだ。なぜメディアはこれをもっと伝えないのか?これだけの利益があれば、バーガーくらい、いくらでも買えるだろう…

14.海外のパネリスト
小学校の学級新聞レベルのニュースを、垂れ流しているようではね…今の報道各社には、改革が必要だ。

15.海外のパネリスト
リベラルメディアは日に日に見境が無くなって来ている…

16.海外のパネリスト
大人が書いた記事とは思えない…

17.海外のパネリスト
ヤフーがウェブ上に”問い合わせ用電話番号”を掲載していない理由が、なんとなく分かった…抗議の殺到を嫌がっているんだろう…臆病者め…このコメントだって削除するつもりさ…

18.海外のパネリスト
オバマなんか、大統領時代、わざわざニューヨークに行ってディナーを食べていた。それに比べれば、はるかに安上がりじゃないか…

 


1


・ドイツの学校で、イスラム教義に関する宿題が出され、海外のネットを騒がしている。

・問題となっている宿題は、イスラム教の信仰告白である「シャハーダ」を答えさせるというもの。

・後日、生徒とイスラム教指導者との懇談会が予定されていたとされる。

・この課題を発見した保護者(*ポーランド出身)は激怒。”私の子供にこんな宿題はさせない!私達はカトリック信者なのだから!!(*ポーランドはカトリック大国)”などと、述べているという。

・この保護者の友人により、今回の騒動がFacebookで紹介され、ネットで拡散した。

・記事を投稿した人物は次のように述べている。”学校に子供を預けてはいけない!彼らは私達の知らぬ間に、子供達をムスリムに改宗させようとしている!!!”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2017/11/polish-mother/#.WgWl25EqsfQ.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/928973794970144769
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

記事の構成を試験的に変更してみました。(*要点抽出型)しばらく、従来の方式と併用していきたいと思います。読みづらい・分かりにくい等の問題がありましたら、お知らせいただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
ついに、ここまで来ちゃったか…

2.海外のパネリスト
ドイツ人がこれを望んでいるのだから、好きにさせてあげよう…あ、でも…アメリカでは絶対嫌だよ?

3.海外のパネリスト
コレを学校で教えているってことは…もちろん、*使徒信条も教えているんだよね?

(*使徒信条:キリスト教のうち、西方教会における基本信条(信仰告白)のひとつ。)

4.海外のパネリスト
あ~アメリカ人でよかった!…オーストラリア在住だけど…

5.海外のパネリスト
やぱりポーランド人は賢いね…ちゃんと抗議ができる。

6.海外のパネリスト
ヨーロッパの事を思うと悲しくなる…どうかイスラム化を止めてほしい…

7.海外のパネリスト
なぜドイツはこんな状態になっているんだ?

8.海外のパネリスト
>>7
私はドイツ出身だが…同じ問いかけを、いつも自問している…

9.海外のパネリスト
ドイツはヨーロッパの遺産となったのだ…

10.海外のパネリスト
保護者達は、自分の子供が学校で、どのように教育されているのかについて、常に気を配るべきだ!必要があれば、転校させることも考慮するべき!!教育機関が、子供達の思想信条に介入することなど、あってはならない!

11.海外のパネリスト
一方、カナダの保護者達は、教師に対していかなる抗議もできない、チキンぶりを発揮するのであった…

12.海外のパネリスト
ドイツの保護者達は、なぜこの事態を放置しておけるのか?子供達を守る気が無いのか?

13.海外のパネリスト
>>12
子供達のイスラム化を妨害することは、ドイツにおいて犯罪に等しいのだよ…

14.海外のパネリスト(>>12)
>>13
俺がドイツ人なら、とっくに逃げ出してるね…

15.海外のパネリスト
国民の税金を使って、こんな教育をしているとは…怒りが倍増する…

16.海外のパネリスト
リベラルが私達に与えるものは、行き過ぎた世俗主義と、一方的な忍耐、そして、マルクス主義的文化論だけだ…我々は自国の文化と、国境を守らねばならない!

17.海外のパネリスト
こういう宿題を出すなら、ムスリムの生徒達にも、他宗教に関する課題をやらせないと公平じゃないよね…だって、それが民主主義だもの…

18.海外のパネリスト
わかってないなぁ…多文化主義を吹聴して、アフリカ人や中国人を受け入れ続けたところで…いつか、ヨーロッパがアフリカや中国になるだけなんだよ…それを多様性とは言わない…

19.海外のパネリスト
左翼がイスラムを利用し、西洋文明を滅ぼす…

 




イングランド中部スタッフォードシャー州の”宗教教育常任諮問委員会(SACRE)”は、学校教育の一環として行われている宗教施設への訪問活動に関して、一部の保護者から(主にモスク訪問に対する)反対意見が噴出していることに懸念を表明、”イスラム恐怖症(Islamaphobia )”を広げかねない事態であるとして、そうした保護者達への対応マニュアルを各学校に通達していることがわかった。

同委員会が送付した書簡には、宗教施設への訪問活動を擁護する文言が掲載されており、”神聖な宗教施設への訪問は、*アグリード・シラバスに掲げられた理想と、多文化主義社会イギリスを生きる一市民としての教養を、生徒達に身につけるさせるという、宗教教育(RE)が担うべき役割を果たすものである。(Visits to sacred spaces bring the agreed syllabus to life and underpin the role of RE in helping to prepare and equip pupils for life and citizenship in today's diverse and plural Britain.:*意訳)”などと、主張している。

(*アグリード・シラバス:英公立学校における宗教教育の内容を定めた要領。)

同書簡においては、その他にも、宗教施設を訪問する前準備として、各宗教指導者を事前に学校へ招待し、生徒達に多文化理解を促進させるための講義を受けさせることなども、奨励しているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.stokesentinel.co.uk/news/local-news/parents-raise-concerns-over-school-765718#ICID=sharebar_twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/929979554764029953
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
キリスト教の教会にも行ってくれればいいんだけどね…

2.海外のパネリスト
子供達にイスラム教とテロの関係を教えちゃ駄目だよ…無知であるほうが幸せなこともある…

3.海外のパネリスト
イギリスの政治家達は、国内のムスリム達に多大な社会保障を与えている…彼らは、我国に忠誠を誓わない者達に従事しているのだ…

4.海外のパネリスト
保護者の意見を尊重するべき。

5.海外のパネリスト
何故、子供達にイスラムを押し付けようとするのか?

6.海外のパネリスト
ならば、ムスリムの子供達も、キリスト教の教会へ連れて行こう!

7.海外のパネリスト
英国に住む良識のある人々よ…子供達をイスラム化しようとする学校に対して、抗議活動を行って欲しい!

8.海外のパネリスト
俺なら、自分の子供に、こんな授業を受けさせることはしない。断固拒否するね…

9.海外のパネリスト
イスラム施設を訪れる子供達の安全は確保されているのだろうか…

10.海外のパネリスト
キリスト教の施設は?イスラム教の宣伝工作じゃないよね?

11.海外のパネリスト
どうせやるなら、ストーンヘンジへの訪問活動にするべきだよ。あれこそまさに、我々ケルト民族の歴史だ!

12.海外のパネリスト
いい加減、イスラムの押し付けは止めて欲しい…

13.海外のパネリスト
引率教員が女性だったらどうするの?男性とは同じ場所に入れないんじゃない?

14.海外のパネリスト
むしろ…他文化を理解する必要があるのは、ムスリム達のほうではないのだろうか…

15.海外のパネリスト
西ヨーロッパ社会が好んで使う言葉:”イスラム恐怖症(Islamaphobia)”…この言葉を使えば、如何なる伝統的な文化でも、容易に滅ぼすことができる…それはまるで”*クリプトナイト”のような言葉だ…

(*クリプトナイト:スーパーマンの唯一の弱点である鉱石)

16.海外のパネリスト
これらモスクへの訪問活動は、子供達をムスリムに改宗させることを目的としている…すべての子供をイスラム教徒にすれば、この国から”イスラム恐怖症(Islamaphobia)”を消し去ることができるからね…

17.海外のパネリスト
テロリスト達の巣窟に、無垢な子供達を連れて行く…そんな裏切り者教師達は、追放されねばならない!

18.海外のパネリスト
ヒジャブやブルカの着用、割礼、意に沿わない婚約…これらの強制してくる宗教を、恐れない人などいるのか?

 




ドイツの右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が、同国議会に対して、在独シリア難民50万人の送還処置を求めていることが分かった。彼らの祖国であるシリアの内戦が、最近、収束しつつあることを要請の根拠としている。

AfD共同代表による声明では、ドイツ・メルケル首相に対して、シリア・アサド大統領との対話を行い、ドイツ国内へと逃れてきたシリア難民の送還手続きを開始するよう、訴えている。また、アサド政権に対しても、難民帰還のために発生する諸費用の一部負担を求めているとされる。

「ドイツのための選択肢(AfD)」は、今年9月に行われたドイツ総選挙において、94議席を獲得するなど、ドイツ国内の反移民感情を追い風に勢力を広げており、メルケル首相の対応が注目されている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.westmonster.com/germanys-afd-demand-500000-syrians-be-sent-home-now-isis-have-been-defeated1/#.WgmxN7NkFj4.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/930085614334173184
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

AfD共同代表による演説動画



//------------------//

1.海外のパネリスト
難民達は、一時的な滞在を許可されていただけなんだし…ずっと居座るのは、ただの侵略者にすぎない。

2.海外のパネリスト
駄目だよ…一旦受け入れたんだから、一生彼らの面倒をみなきゃw

3.海外のパネリスト
ぜひ米国も、AfDの行動を真似しよう!!

4.海外のパネリスト
フランス、オランダ、スウェーデンにも、こういう、根性のある野党がいればいいのに…

5.海外のパネリスト
私の国であるイギリスでは、移民達はウサギのように、増殖を繰り返している…彼らを祖国に送還できる日が、いつかくるのだろうか…

6.海外のパネリスト
正しい要求だと思う…最後まで貫き通してほしい…メルケルは反対するだろうけどね…

7.海外のパネリスト
祖国で迫害される恐れが、ほぼ無くなった今…彼らはもはや難民ではない!

8.海外のパネリスト
シリアに留まった人々にとって、ヨーロッパにいる難民達は、祖国を見捨てた裏切り者となるわけだ…

9.海外のパネリスト
二つの選択肢を難民達に与えよう…刑務所への収監か…祖国への片道切符か…彼らに選ばせれば良い…

10.海外のパネリスト
ようやく常識的な主張をする政党が出てきた。

11.海外のパネリスト
いつになったら、英国でも同じような主張をする政治家が出てくるのだろうか…イギリスの国民保健サービス(NHS)、住宅供給、刑務所などは…全て移民達のために存在している…

12.海外のパネリスト
”リベラル達はテロを非難する一方で、イスラム教を擁護している…それはまるで、木の枝を折る振りをしながら、その根っこに、肥料を蒔く行為と同じだ。” By *Zineb El Rhazoui

(*モロッコ出身のフランス人ジャーナリスト。世俗主義・人道主義の立場から、イスラムの教義を痛烈に批判している。フランスの風刺新聞”シャルリー・エブド”においてコラムを担当。参考

13.海外のパネリスト
仮にアサド政権の協力を得られず、全ての費用をドイツが負担することになったとしても、難民を送り返すことの利益は十二分にある。どこかに野ざらしになっているであろう「飛行船ツェッペリン」を探し出して、移民の輸送用に再利用すればいい。

14.海外のパネリスト
ヨーロッパの人々がついに目を覚まし始めたようだ…イスラム侵略を食い止めるためには、国民一人一人が行動を起こすしかない…これは戦争なのだから…

15.海外のパネリスト
難民を送還するのはいいけど…捕まえられるかな…

16.海外のパネリスト
どうせ欧州司法裁判所(ECJ)から反対されるのがオチ…彼らはたとえ犯罪者であっても、難民は保護しろと言っているからね…

17.海外のパネリスト
素晴らしい提案だと思うけど…実現しないんだろうなぁ…

18.海外のパネリスト
国際法では、難民に対して、安全な場の提供を義務付けているが、「永続的な保護」は明記されていない…時期が来れば送り返すのは当然だ。

19.海外のパネリスト
俺の国も、難民の送還を早く始めて欲しい…

 

このページのトップヘ