海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…(コメント評価点検中…)


カテゴリ: 全記事




今週水曜日、米トランプ大統領が自身のツイッター上に、反イスラム動画をリツイートしていたことが分かった。この動画は、イギリスの保守系団体「Britain First」副代表Jayda Fransen氏がツイートしたものである。リツイートされたことを知ったFransen氏は、”GOD BLESS YOU TRUMP!(トランプさんに神の祝福を!)”とツイートを行い、喜びを示した。一方、イスラム教徒への嫌悪を助長するものであるとする非難の声も、多数寄せられている模様。ただし、現在までに同リツイートは削除されていない。

トランプ大統領がリツイートした反ムスリム動画は、合計で三本に及ぶ。一つ目は、足の不自由な少年をムスリム移民(*後に移民ではないことが判明…宗教・人種については非公表)が苛めるもの。二つ目は、キリスト教における聖人である聖母マリアの像を、ムスリムと思われる男性が壊すもの。三つ目が、中東地域と思われる国家での暴行事件を写したものになっている。

今回の騒動に対して、英メイ首相の報道官が非難コメントを発表。”(反ムスリム動画をリツイートしたトランプ大統領の行為は)間違っている。(動画を紹介した)保守系団体「Britain First」の狙いは、緊張を高めたり、嘘を広めることにより、憎しみの感情を沸き立たせ、社会を分断させることにある。(A spokesperson for UK Prime Minister Theresa May said Trump was "wrong" to share the videos, adding that "Britain First seeks to divide communities through their use of hateful narratives which peddle lies and stoke tensions.")”などと、述べた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://edition.cnn.com/2017/11/29/politics/donald-trump-retweet-jayda-fransen/index.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
トランプさんのツイッター
[コメント傾向]
賛否両論
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
我が大統領!あなたの精神には多大な欠陥が存在しています!!今すぐ医者に相談を…!!!

2.海外のパネリスト
>>1
国の安全を守ろうとする行為が、君には精神異常に見えるのか?

3.海外のパネリスト
>>2
トランプが我々の安全を守ろうとしているだって?(ラスベガスで)白人が銃を乱射しても、何も反応を示さなかった男だぞ?

4.海外のパネリスト
>>3
ちゃんと追悼のコメントを発表している。あんたが(リベラルメディアである)CNNを見ている間にな…

5.海外のパネリスト
この動画を紹介した人物(Jayda Fransen氏)が、先日、ヘイト罪で起訴されたことを知っているのか?

参考:
6.海外のパネリスト
>>5
今、ヨーロッパにおいては(移民・難民・ムスリムなどに対する)如何なる言動も、すべてヘイト罪に認定されてしまうのだよ…

7.海外のパネリスト
>>5
俺はイギリス人だけど…国民誰もが銃を持つ国(アメリカ)よりか、(ヨーロッパのほうが)はるかに安全だと思う…

8.海外のパネリスト(>>6)
>>7
難民達によって侮辱され、傷つけられたヨーロッパの女性達や、こども達の前で…君は、それと同じ事を言えるのか?ヨーロッパは”(難民・移民・ムスリムにより)蹂躙”されている…

9.海外のパネリスト
>>8
あんたが何処から情報を得ているのか知らないが…もし僕が君なら、もっと信頼のおけるニュースソースを探すだろうね…言っとくけど、ヨーロッパは”蹂躙”なんかされていない…暴力事件だって、移民・難民関係なく、世界中どこでも起こりうる…ラスベガスでの銃乱射事件のようにね…

10.海外のパネリスト
ついに「ムスリム嫌い」を隠さないようになったな…

11.海外のパネリスト
>>10
これらの動画を見て、よく大統領を批判できるな?

12.海外のパネリスト
>>11
むしろ、なぜ君達トランプ支持者達は、この動画を見て、大統領を非難しないのだ?彼は憎悪を助長しているんだぞ!?

13.海外のパネリスト
こんな動画をツイッターで紹介してもいいの?なぜツイッター社はトランプのアカウントを凍結しない?

14.海外のパネリスト
ムスリム達による(アメリカや白人社会への)暴言の証拠は、今や、巷に溢れかえっている…それにも関わらず、未だに、それらの存在を否定する人や、難癖をつけてくる人が後を絶たない…

15.海外のパネリスト
>>14
イスラム自体、異教徒の迫害を公式に認めているからね…

16.海外のパネリスト
エグイ動画を俺の(ツイッター)タイムラインに流しやがった馬鹿野郎を突き止めたら、アメリカの大統領だったでござる…

17.海外のパネリスト
>>16
わかる…最初、偽アカウントだと思った…

18.海外のパネリスト
トランプさん…あんた、何を考えているんだい?

19.海外のパネリスト
>>18
大統領は、アメリカ国民全員が、これらの動画の存在を知るべきであると、考えているのさ…これこそ、イスラム過激派の真実の姿だからな…ありがとよトランプ!愛してるぜ!!!

 




英バークシャーに住むJack Bennettさん(10歳)が、自身の化粧写真をインスタグラム上に投稿し、欧米のネット上で話題となっている。Bennettさんのインスタグラム(@makeuupbyjack:一部、若干過激な写真もありますので、ご注意ください。)におけるフォロワー数は、現在までに、33万人を超えており、人気の高さが伺える。


今年5月、親の薦めによって開設されたBennettさんのインスタグラムには、すでに、MACやNYXなどの大手化粧品企業がスポンサーとして商品を提供しており、美容関連ニュースサイト「Refinery29」などは、Bennettさんについて、化粧品業界を担う風雲児などと紹介している。


一方、男児の化粧姿をあからさまに称賛するマスコミの姿勢に対して、一部では反発も強まっている模様。米保守系メディア「Breitbart」は、米リベラル系メディア「NewYorkTimes」によるBennettさんの特集記事を痛烈に批判。「児童の性的対象化を促進する行為である。(The article further justifies itself with the notion that this kind of pre-teen sexualization is becoming the norm.)」などと論評している。


//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.instagram.com/makeuupbyjack/?hl=en
https://www.nytimes.com/2017/11/22/style/his-eye-makeup-is-way-better-than-yours.html?mtrref=www.google.com
http://www.breitbart.com/big-journalism/2017/11/27/nolte-new-york-times-nambla-izes-pre-teen-boys-makeup/
https://twitter.com/BreitbartNews/status/935280923641335808
https://spur.hpplus.jp/beauty/biyouban/201705/25/EBZmiGk/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター&Bennettさんのインスタ
[コメント傾向]
保守系ツイッター:保守
Bennettさんのインスタ:応援的
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
*Bennettさんのインスタより…
//------------------//

1.海外のパネリスト
天使かと思った!

2.海外のパネリスト
ほんとに化粧が上手ね!私も勉強しないと…

3.海外のパネリスト
*オーバーリップやりすぎw

(*オーバーリップ:リップラインよりもオーバー気味でメイクをすること。)

4.海外のパネリスト
アイライナーの引き方が上手…ちゃんと左右対称になってる…どうやったらそんなに綺麗にできるの?

5.海外のパネリスト
せめて、あなたの半分くらいの化粧力が私にもあれば…もっと美しくなれるのに…

6.海外のパネリスト
化粧落としは何を使ってる?

7.海外のパネリスト
クラスの女子達より、化粧が上手いな…

8.海外のパネリスト
この子を批判する人たちがいるけど…何が悪いの?男の子が化粧をしたところで、誰かが傷つくわけじゃないでしょ?彼を犯罪者の如く責めるのはやめて欲しい!

9.海外のパネリスト
一重まぶた用の化粧講座を開いて欲しいなぁ…

10.海外のパネリスト
私の全盛期よりも、はるかに綺麗…

//------------------//
*保守系ツイッター…
https://twitter.com/BreitbartNews/status/935280923641335808
//------------------//

11.海外のパネリスト
旧約聖書にでてくる不浄の町”ソドムとゴモラ”のようだ…

12.海外のパネリスト
男が男で無くなる時代…嘆かわしい…

13.海外のパネリスト
リベラル達は、アメリカにおける性別の種類を「一つ」に統合しようとしている…

14.海外のパネリスト
え?まだハロウィーン期間だっけ!?

15.海外のパネリスト
新手のダッチワイフみたいなもん…狂ってる…

16.海外のパネリスト
こんな話題が、メディアの一面を飾るのか…

17.海外のパネリスト
男児に女児のような格好をさせる…こんなにも残酷な虐待はない!彼らの精神を蝕んでいる!!!

18.海外のパネリスト
非男化が推奨される社会になったのか…

 


1

先週、日本の安倍首相は、議会での発言において、”移民受け入れ枠の増加は行わない(no intention” of accepting more migrants)”とする姿勢を示した。

さらに、受け入れる移民に関しても、”日本の経済・産業界を支えうる人物( “where they are truly needed” to “keep Japan’s economy and infrastructure sustainable”)”に制限する意向を、同時に表明している。

今回の安倍首相による意思表明に先立ち、先々週には、国際連合難民高等弁務官事務所コミッショナーである”フィリッポ・グランディ”氏が、日本政府に対して、”難民の更なる受け入れ”を求めたばかりであった。

2016年度、日本は28名の難民を受け入れていたが、2017年度は1~6月の半年間で、3名に留まっている。

日本は単一民族国家として知られ、厳格なポイント制による移民管理を導入、高技能を保有する移民のみを受け入れる一方で、2017年度に発表された「世界平和度指数(Global Peace Index)」においては、世界で最も安全な国の一つとして列挙されている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2017/11/japan-accepted-3-refugees-six-months-wont-change-migration-policy/#.Wh1mbSedDrM.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/935502756873490432
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
たとえ”3名”でも多すぎる…

2.海外のパネリスト
>>1
日本のすごいところは、その3名の難民をしっかり追跡・調査しているところなんだ。これこそ、一番重要なポイント…ヨーロッパはそれを怠ったのさ…

3.海外のパネリスト(>>1)
>>2
(*これだけ少ないのだから)いっそ、祖国に送り返しちゃえばいいのに…

4.海外のパネリスト
賢明な判断である!!!

5.海外のパネリスト
ヨーロッパとは違い、日本には、国民を裏切るような政府が存在していないんだね…

6.海外のパネリスト
”日本人の生活が一番!” By 安倍首相

7.海外のパネリスト
我々も見習うべきだよ…

8.海外のパネリスト
日本の人々は、日本が日本であり続けることを望んでいる…国連の脅迫になんぞに、屈するはずが無い!

9.海外のパネリスト
自国の文化をいかにして守るべきか…その術を彼らは心得ているのだろう。

10.海外のパネリスト
日本の(難民に対する)姿勢を、非難することはできない…フランスやドイツが、移民によって侵略されている姿を見ているからね…

11.海外のパネリスト
>>10
それは違う…フランスやドイツは侵略されているのではなく、むしろ、自ら進んで、祖国を売り飛ばしているんだよ…自分の国を守ろうとする気概が、まったく感じられない…

12.海外のパネリスト(>>10)
>>11
フランスやドイツの政治指導者達は、祖国が崩壊しつつあることを、いい加減悟るべき…自国民の生活が犠牲になっているのだから…

13.海外のパネリスト
>>12
むしろ…彼らは祖国の崩壊を望んでいるのさ…

14.海外のパネリスト(>>10)
>>13
そうかも…でも、何故なの…意味が分からない…

15.海外のパネリスト
確かに…日本ではテロが起こらないよね…

16.海外のパネリスト
全世界は、日本を手本にするべきだろう…

17.海外のパネリスト
自国と自国民を最優先する…それは国家として、当然のこと。

18.海外のパネリスト
日本の文化と伝統を愛する日本人は、(移民無き)安定した社会を望む…論理的であり、自然であり、大変普通であり、かつ、正しい判断だ。

19.海外のパネリスト
アメリカやヨーロッパにおける多様性の”強さ(*皮肉)”を目撃し、日本人は、彼らが持つ真の”強さ”に気づいたのだろう…団結、単一性、共有価値観、そして国家への信頼…それこそ、彼らの”強さ”である。

 




//-----//
Update
2017/11/29 3:51
一部誤字を修正 SDP→SPD *コメントでのご指摘ありがとうございます。
//-----//

今月17日、第2ドイツテレビ(ZDF)によって最新世論調査の結果が発表され、回答者の68%が、連立不成立の場合、再選挙を望んでいることが分かった。反対を表明したのはわずか29%であったという。メルケル首相による連立協議が難航する中、ドイツ国民の苛立ちを顕著に表した結果となっている。

また、政党支持率においても、政権与党であるCDU/CSU与党連合は、17年ぶりの低水準(29%)に落ち込んでいる一方、右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」は、前回から2%増の14%にまで、支持率を上げている。

現在、メルケル首相は再選挙回避に向け、ドイツ社会民主党(SPD)との連立交渉に最後の希望を託しているとみられるが、SPDの政党方針には、高税金高福祉・大規模移民の受け入れ・国境の開放などが存在しており、世論の批判を受け、難民・移民流入への締め付けを強め始めているメルケル首相率いるCDU/CSU与党連合にとっては、難しい選択を迫られることになるであろう。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/11/27/merkel-looks-left-right-grand-coalition-despite-majority-germans-want-fresh-elections-new-chancellor/
http://www.breitbart.com/london/2017/11/17/majority-germans-favour-snap-election-merkel-coalition-talks-stumble/
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/935126467675074560
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Related Articles
//------------------//

ドイツ:連立交渉失敗によりメルケル首相の求心力が急低下?所属政党内から新たなリーダーを模索する動きも…

ドイツ:名門大学の教授がネット上で移民脅威論を展開…所属大学は同教授の解雇を検討中…

ドイツ:難民関連費用、わずか一年で73%増を記録…総額1.22兆円に達している模様…

//------------------//

1.海外のパネリスト
さっさとメルケルを追い出せ!

2.海外のパネリスト
権力維持のためなら、形振り構わなくなっているな…それでも、彼女は満足していることだろう…メルケルが作り出した”馬鹿げた左派的無責任計画(*insane progressive foolhardy problem:移民政策を示していると思われる。)”は、今や、世界中の政府に影響を与えているのだから…

3.海外のパネリスト
ドイツは右派政党を必要としている!しかも、早急に!!

4.海外のパネリスト
きっと、首相の座を渡したくないんだろうなぁ…再選挙になれば、多くの議席を失うことは確実だし…

5.海外のパネリスト
オバちゃん奮闘記…

6.海外のパネリスト
>>5
誰のために奮闘しているのかってことだよね…少なくとも、ドイツ国民のためではないだろう…

7.海外のパネリスト
メルケルはまさに”*西の魔女”だよ。悪い魔女は懲らしめないとね…

(*西の魔女:1900年、ライマン・フランク・ボームによって発表された児童文学「オズの魔法使い」にでてくる悪い魔女。)

8.海外のパネリスト
きっと、自分が願うことは何でもかなうと信じていたんだろうなぁ…100万人の移民流入に関しても、議会を無視して、独断で決めちゃったわけだし…

(注:実際には、議会の圧力に屈した部分も多少あると思います。当時は、移民・難民受け入れを求める世論も強く、議会においても、彼らを支援する声が少なくありませんでした。参考

9.海外のパネリスト
(*移民・難民受け入れ大歓迎の)ドイツ社会民主党が政権入りだって!?絶対にありえない…そんなの最悪だよ!再選挙が一番!!!

10.海外のパネリスト
メルケルはまだ、ドイツを壊し足りないんだろう…

11.海外のパネリスト
ドイツ国民は、もう彼女を必要としていない。自由を愛する指導者に、道を譲るべきだ。

12.海外のパネリスト
>>11
ヒトラーの忘れられし妹:メルケル…

13.海外のパネリスト(>>11)
>>12
実娘だよ…

14.海外のパネリスト
ドイツにおける右派・左派政党間の隔たりは、本当に深いものだね…

15.海外のパネリスト
再選挙による新たな政治体制構築を、ドイツ国民は心から望んでいる。

16.海外のパネリスト
独裁者というのは、いつの世も、権力に固執するものなんだね…

17.海外のパネリスト
もし次回の選挙で、再び「AfD」が野党になれば…ドイツ社会民主党が、数百万人規模の移民・難民受け入れを決定するだろう…

18.海外のパネリスト
「CDU/CSU&ドイツ社会民主党」の連立って、いわば「右左連立」みたいなものでしょ?互いに反発し合うことになるんじゃないかな…

 




米インディアナ大学病院に勤める女性看護師が、自身のツイッター上に白人女性への差別的コメントを投稿していたことが判明した。彼女はその後、同大学病院から解雇されている。

先週の金曜日、この看護師は、”Night Nurse(夜の看護師)”というハンドルネームを使用して、”白人女性は犯罪者や差別主義者しか生み出さない…(子供を)狼にでも与えておけ!(*意訳)”などと、ツイッター上にコメントを投稿したという。

該当ツイートを確認したインディアナ大学病院は、今週の日曜日、同看護師の在籍を認めると共に、彼女の解雇を決定、公に発表している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.foxnews.com/health/2017/11/26/indiana-night-nurse-says-white-women-raising-sons-who-are-rapists-and-killers-sparking-probe.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Fox News公式ツイッター
https://twitter.com/FoxNews/status/935148626778771456
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Related Articles
//------------------//

黒人生徒に向かって白人教師が暴言を放ち、大問題に…一方、教師を擁護する声も…

米:チアリーダー達が、黒人男性コーチに”股割り”を強要されている動画に、全米が激怒…

英警察、”差別主義者”の批判を恐れ黒人に対する職務尋問ができない模様…

//------------------//

1.海外のパネリスト
黒人の子供達は犯罪者にならないとでも?

2.海外のパネリスト
へぇ~それは知らなかった…とりあえず…新しい仕事が早く見つかるといいね♪

3.海外のパネリスト
確かに、彼女のコメントは馬鹿げているし、看護師という役職にふさわしくない人物であることは認める。でも、ここに寄せられる意見を読んでいると、彼女が行ったツイート内容にではなく、彼女の人種(*アフリカ系アメリカ人)に対する怒りで満ちているように思える。

4.海外のパネリスト
こういう精神性の人は、医療現場にいるべきじゃない。

5.海外のパネリスト
面接「なぜ前の仕事を辞められたのですか?」…w

6.海外のパネリスト
米民主党支持者の成れの果て。

7.海外のパネリスト
白人を罵倒する人達って、差別主義者認定されないのかな?

8.海外のパネリスト
ようやく正しい裁きが下される時代になった…

9.海外のパネリスト
彼女は来年、ハーバード大学に教授として迎え入れられるだろう…

(注:ハーバード大学は、比較的リベラル指向の強い大学と評されている。参考

10.海外のパネリスト
この看護師さんには、乳幼児の面倒を見て欲しくないよね…

11.海外のパネリスト
よくこんな人が看護師になれたな…

12.海外のパネリスト
>>11
関連当局に対して、彼女の看護師資格取り返しを訴えよう!!!

13.海外のパネリスト
え?この看護師って白人でしょ!?(*皮肉)

14.海外のパネリスト
>>13
残念。黒人でした…

15.海外のパネリスト
なんでこんなコメントを、投稿しちゃったのかしら…

16.海外のパネリスト
>>15
CNNを見過ぎたんだろう…

17.海外のパネリスト
差別反対!

18.海外のパネリスト
>>17
それを(差別発言が飛び交っている)Fox News公式ツイッターに書き込むとは…凄まじい皮肉だね… 

19.海外のパネリスト
こうして仕事を失った彼女は、今、国から社会保障費を受け取るのであった…

20.海外のパネリスト
彼女の親こそ、彼女のような差別主義者を生み出した人物、そのものではないか?

 



ぽっちゃりモデル(Plus-size model)として活動しているAlyssa Alexanderさんが、約2万人のフォロワーを抱える自身のインスタグラムにて驚きのビフォーアフター写真を掲載、話題となっている。

通常、ビフォーアフター写真は、ダイエット前後の写真を掲載し、「どれだけ痩せたか?」を誇示するものが多いが、彼女の写真は、「どれだけ太ったか?」、そして、「(太ったことにより)いかに幸せになったのか?」ということを主張している。

Alyssaさんはこの写真に、次のようなコメントを添えた。(*一部抜粋)

//---

この写真は皆さんが想像しているものとは違います。これは「どれだけ痩せたか?」を示すものではありません。これは「(*太ることにより)いかに幸せになったのか?」を表すものなのです。

もちろん、痩せている頃の写真(*左)を好む方もいるでしょう…しかし、私は彼女が嫌いです…もはや、痩せていた頃の自分に戻るつもりはありません。

この頃の私はとても惨めでした…公の場で水着が着れなくなる事を恐れ、常に体重を気にしていたのです。いつも自己を抑圧し、全ての食事におけるカロリーを計算、毎日5マイル(約8キロ)のジョギングと、数時間に渡るジムでの運動を自分に課し、太ることで彼氏に嫌われないよう、毎日怯えながら生きていました。とても不安定で、強迫観念に捉われた少女だったのです…他人の目を常に意識し、完璧な人間であることに固執していました…

//---

Alyssaさんはメディアの取材に対して、次のように答えている。

”私は、太ることにより、より多くの幸せが得られることを悟りました…少しくらい太ったとしても、健康で幸せな人生が送れることを、多くの人たちに示したかったのです。それを、恥ずかしく思う必要などありません。(I wanted to show that you can still be a healthy, happy person even if you are plus-size or may have a little extra fat or curves on you. It’s not something to be ashamed of or hide)”

彼女は痩せすぎに対する警告を発すると同時に、バランスのとれた食生活、適度な運動による健康的な生活を推奨しており、”非抑制的な肥満”に対しては支持しない姿勢を示している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/lifestyle/plus-size-model-gained-weight-may-now-also-happiness-194840733.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー&Alyssaさんのインスタ
[コメント傾向]
米ヤフー:若干保守(*女性に対してちょっと厳しい…)
Alyssaさんのインスタ:応援的
[コメント選出基準]
人気・選択・順番

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、アメリカにおいては”ぽっちゃりモデル(body-positive model:自己身体肯定モデル)”が、よく話題になっています。近年、モデル業界における過度なダイエット・拒食症の蔓延が社会問題となり、これらの風潮を後押ししているものと思われます。

//------------------//
//Related Articles
//------------------//

米:ぽっちゃりモデルさん、セルライト満載の写真をSNSに投稿し、物議を醸す…

米:セクハラ被害を訴えるハッシュタグ”#MeToo”が、SNS上で大流行中

アメリカ:女子高生が黒人差別用語を連呼する動画が拡散、全米に衝撃を与える…

//-------------------------------------------------------//
//-----From 米ヤフー-----//
//-------------------------------------------------------//

1.海外のパネリスト
なんでメディアはいつも、女性ばかり取り上げるんだ?デブ&ハゲ&ひ弱なオッサンも、たまには特集してくれ!俺だってモテたいんだよ!!!!!

2.海外のパネリスト
>>1
Fox Newsを見れば?毎日特集してるよ…

(注:Fox Newsは米保守系メディアであり、トランプ大統領の報道を連日行っている…)

3.海外のパネリスト
>>1
禿げた男性を好んでくれる女性もいる…ハゲのポニーテール(*後ろ髪だけ束ねる)は、結構人気あるんだよ?

4.海外のパネリスト
>>1
でも、最終的には人格が最重視されると思う…

5.海外のパネリスト
>>1
やばいな…もしそんな特集が報じられたら…今の仕事を辞めて、モデル業を始めないと…w

6.海外のパネリスト
最近、女性用洋服サイズの通常基準が、徐々に引き上げられてきている…良い傾向だとは思うけど…少し大きすぎるかな…多少は痩せる努力もしたほうがいいよ…健康にもいいし…

7.海外のパネリスト
>>6
僕の彼女は太っているけど、血圧・コレステロール共に正常値だよ。健康か否かは、体重うんぬんよりも、遺伝が果たす役割が大きいと思う。

8.海外のパネリスト
>>6
洋服のサイズは変わらないのに…キツくなっていくのは何故…

9.海外のパネリスト
米ヤフーは、デブ化とブス化を推奨している…

10.海外のパネリスト
デブはデブ…如何なる美辞麗句を並べ立てようとも、現実は変わらない…

11.海外のパネリスト
>>10
だから何?太ってたらいけないの?人生を楽しく生きていければ、それでいいじゃない?

12.海外のパネリスト
デブであることがニュースになる世の中…

13.海外のパネリスト
>>12
トランプのニュースばかりの世の中…

14.海外のパネリスト
>>12
今は、”全員一等賞(Everyone wins a trophy)”の時代だからねぇ…

15.海外のパネリスト
高校時代の女友達…十数年経ったら、皆デブになってた…

16.海外のパネリスト
インスタグラムに写真を載せているだけで、モデルを名乗るとは…ただの”かまってちゃんナルシスト”だろ…

17.海外のパネリスト
なんで太った女性ばかりが称賛を浴びるんだ!?三段腹(spare tires)男子も取り上げてくれよ!!!男女平等の精神は何処に行った!?

18.海外のパネリスト
別に太ろうがどうしようが、彼女達の勝手だけど…そういう女性を避けるのも、俺達(男)の勝手だから…

//-------------------------------------------------------//
//-----From Alyssaさんのインスタ-----//
//-------------------------------------------------------//

19.海外のパネリスト
どっちの写真も美しい…

20.海外のパネリスト
これまでの人生…私は「痩せすぎてる!」、もしくは、「太りすぎてる!」のどちらかしか、言われてこなかった…家族からこういう言葉を浴びせられると、本当にツライ…特に、子供を生んだ後なんかは、体重に関していつも馬鹿にされて悩んでいた…だからこそ、あなたのポジティブな生き方に救われました。ありがとう。

21.海外のパネリスト
右の写真(right one)こそ、正しい姿(right one)だよ。

22.海外のパネリスト
痩せている頃のあなたは、ちょっと嫌な感じ…でも、太っている貴方となら、是非友達になりたいわ。

23.海外のパネリスト
体重を減らしたからって、必ず幸せになれる訳じゃない…多少体重が増えても、健康的な生活を送ることが一番だと思います。

24.海外のパネリスト
美しさの基準は、人それぞれ…

25.海外のパネリスト
右の写真からは、幸せが湧き出てきている…

 




英BBCによると、ドイツのメルケル首相が、”ドイツ自由民主党”、及び、”緑の党”との連立交渉失敗をきっかけに、窮地に追いやられている状況が判明した。

報道によると、彼女が所属している政党CDU内部において、メルケル首相に代わる新たなリーダーの選出運動が、水面下で活発化しているのだという。

そうした状況下において、メルケル首相は、左派政党”ドイツ社会民主党”との連立交渉を懸命に模索しているとされる。

前回の選挙後、”ドイツ社会民主党”は、政権与党入りを明確に否定していたものの、現在はその方針を転換、話し合いには応じる姿勢を示している。しかし、現在までに大きな進展はない模様。

ドイツ自由民主党、及び、緑の党との連立交渉失敗に続き、”ドイツ社会民主党”との協議が破談に終われば、メルケル首相に残された選択肢は、「少数政党政権の発足」、もしくは、「総選挙の再実施」のみとなり、彼女の求心力低下はもとより、ドイツ社会をより混迷へと導く事態にもなりかねない。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.express.co.uk/news/world/884535/Angela-Merkel-demise-coalition-failure-Germany-EU-elections

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/934790237716451329
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Related Articles
//------------------//

ドイツ:名門大学の教授がネット上で移民脅威論を展開…所属大学は同教授の解雇を検討中…
ドイツ:メルケル首相による連立協議が頓挫、再選挙の可能性も…[海外の反応]
ドイツ:難民関連費用、わずか一年で73%増を記録…総額1.22兆円に達している模様…

//------------------//

1.海外のパネリスト
さっさと辞任したほうが良い…

2.海外のパネリスト
素晴らしいニュースだ!メルケルを中東に追放しよう!!彼女が愛する偽難民達と共に、生活をさせてあげようじゃないか…

3.海外のパネリスト
もしこれが本当なら、大祝賀会を催す必要があるな…

4.海外のパネリスト
ドイツ国民はメディアが垂れ流すフェイク・ニュースに騙されず、正しい判断をしている。目覚めるべき時が来たのだ…

5.海外のパネリスト
確かに、メルケルは去るべきであるが…もうすでに時を逸しているのではないかという、不安もある…あまりにも多くの移民達が、すでに入り込んでいるのだから…

6.海外のパネリスト
彼女はドイツをめちゃくちゃにしただけさ…

7.海外のパネリスト
ようやくドイツ発の、良い知らせを聞くことができた…

8.海外のパネリスト
むしろ、遅すぎるくらいさ…メルケルが行ってきたことを考えればね…

9.海外のパネリスト
仮に彼女がいなくなったとしても…怪しげな新指導者が代わりに出てくるだけ…今や政治は選ぶものではなく、片道切符の旅路となったのだ…有権者はその乗客に過ぎん…

10.海外のパネリスト
彼女によってもたらされた無国境主義と移民政策は、とても優れたアイデアである。”ヨーロッパの崩壊”を具現化したのだから…

11.海外のパネリスト
まぁ、自業自得だよね…

12.海外のパネリスト
メルケルはドイツ国民に対する反逆罪で起訴されるべきだ。彼女はドイツ国家を壊したのだから…

13.海外のパネリスト
じゃあ、ムガベ元ジンバブエ大統領を呼び寄せよう!ドイツの新たな首相に!!

14.海外のパネリスト
>>13
そうだね…彼ならきっと良い仕事をするだろう…

15.海外のパネリスト
ドイツに破壊と混乱をもたらすという彼女の義務は、すでに完遂されている…メルケルは誇りをもって首相を辞するであろう…

16.海外のパネリスト
この記事に書かれている内容が事実だといいなぁ…でも、後任者は誰になるんだろう…もともと、今のドイツ危機を招いたのは、メルケルだけじゃなく、彼女の所属政党にも責任はあるわけで…願わくば、メルケルより酷い指導者が出てこないことを祈る…

17.海外のパネリスト
新たな総選挙がドイツで行われ、正しい秩序がヨーロッパに戻ることを期待したい。

18.海外のパネリスト
メルケルがこれまで行ってきた業績に、グローバリスト達は、さぞ満足しているだろう…

 




米・ニュージャージー州の高速道路において、ガス欠になった車の運転手である女性のため、20ドル分(*約2200円)のガソリンを購入・無償で提供したホームレスが、話題となっている。彼はその後、助けられた女性によって呼びかけられた「ファンド・レイジング(資金収集活動)」により、30万ドル(*約3300万円)もの資金を受け取ることになったという。

Kate McClureさんは、先月、米・ニュージャージー州の高速道路(*フィラデルフィア近郊)を走行中、車がガス欠に見舞われた。そのため、辺りはすでに暗くなっていたが、McClureさんは、最寄の「ガソリンスタンド」へと向かおうとしていたとされる。その時、近くにいたホームレスの男性(*Johnnyさん)が彼女に話しかけ、鍵をかけた車の中で待つよう説得、ガソリン20ドル分を彼女の代わりに購入し、無償で提供したとされる。

(*一般論として、海外では夜間、女性が一人で出歩くことは非常に危険。特に高速道路においては他車との接触事故も想定される。)

助けられたMcClureさんは、翌日Johnnyさんのもとを訪れ、その20ドルを返金した。しかし、その後も両者の交流は続き、McClureさんはJohnnyさんのために、「ファンド・レイジング(資金収集活動)」を行う決心をする。

McClureさんはその時の心境について、次のように語った。

「あの日、途方にくれていた私を助けてくれたこの人に…もっとお礼がしたかったんです…彼はとても優しくて、素晴らしい人…彼と話す度に、彼を助けたいと思う気持ちが、どんどん強まっていきました。(“I wish that I could do more for this selfless man, who went out of his way just to help me that day. He is such a great guy, and talking to him each time I see him makes me want to help him more and more.”)」

当初、Johnnyさんが住むアパート代、及び、仕事が見つかるまでに必要な当面の資金を集めるために開始された、「ファンド・レイジング(資金収集活動)」であったが、最終的に目標金額1万ドル(*約110万円)を大きく超える、30万ドル(*約3300万円)が集まったという。

Johnnyさんはこの知らせに非常に驚きつつも、「必要以上の資金に関しては、慈善団体などへ寄付をしたい。」などと、述べている。

海外メディアの報道によれば、Johnnyさんはホームレスになる前、アメリカ海兵隊にてパラメディック(医療補助隊)などを務めていたとされる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/woman-raises-over-300-000-182108225.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

欧米社会で非常に好まれている逸話「善きサマリア人」の現代版ですね。

//------------------//
//Related Articles
//------------------//

米:高校教師、トランプTシャツを着ていた生徒に、裏返すよう求める…
米:女児に依頼され、新居の幽霊探しを手伝うお巡りさんが話題に…
日本人の老夫婦に席を譲ってあげたんだけど…

//------------------//

1.海外のパネリスト
このホームレスが持つ美しき心が、彼に多くの富をもたらしたのだ…

2.海外のパネリスト
なお、米国歳入庁がアップを始めたようです…

3.海外のパネリスト
それらの資金を、退役軍人に分けてあげて欲しい…

4.海外のパネリスト
>>3
君が彼ら(退役軍人)のために、「ファンド・レイジング(資金収集活動)」をしたらいいじゃないか…

5.海外のパネリスト
>>3
Johnnyはすでに慈善団体への寄付を決めている。場合によっては、退役軍人への援助に、それらのお金が使われることもあるだろう。

6.海外のパネリスト
>>3
これはあんたの金じゃない…使い道は彼が決めればいい。

7.海外のパネリスト
退役軍人をホームレスにする…これ以上、不名誉な行為がありえるだろうか…

8.海外のパネリスト
路上生活者を見下すべきじゃない…今の時代、誰にとっても他人事ではないのだから…

9.海外のパネリスト
米海兵隊の厳しい環境下で精神を病み、ホームレスになってしまったのかな…何とか立ち直って欲しい…

10.海外のパネリスト
馬鹿みたいなニュースばかりだったから、こういう報道はとても新鮮に感じる…

11.海外のパネリスト
キリスト教徒の模範となるべき人物だ…こういう人が、もっとこの国に増えてくれたらいいのに…

12.海外のパネリスト
>>11
この女性を含め、沢山の人が彼を応援している…すでにそういう人達が、この国には沢山いるってことさ…

13.海外のパネリスト
これを機に、この男性が己の人生を取り戻してくれることを願う…

14.海外のパネリスト
私も同じような体験をしたことがある。治安の悪い通りでガス欠になった時、近くにいた黒人のホームレスが、「この辺りは危険だから…」と言って、近くのガソリンスタンドまで護衛をしてくれた。私はてっきりお金目当てだと思っていたから、車に戻ってきた時、お金を渡そうとすると、彼は受け取りを拒否した。とりあえず、わずかばかりのお金を、彼のポケットにねじ込んでおいたよ…善い行いには、善い報いがあるべきだからね。

15.海外のパネリスト
30万ドル…このホームレスは、助けた女性よりも金持ちになったなw

16.海外のパネリスト
>>15
それは違う…彼は余分な資金を寄付すると述べている…

17.海外のパネリスト
寄付する必要なんて無いのに…全額貰っておけば良い…お金を提供した人たちも、彼を助けるためにお金を出しているのだから…

18.海外のパネリスト
この国の政府は、彼を海兵隊として奉仕させ、その後、ゴミのように使い捨て…そして今、多額の資金を手に入れた彼から、多くの税金をせしめようとしている…

 




//------------------//
//News Info
//------------------//

http://boards.4chan.org/v/thread/397771703#q397771703

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
4chan
[コメント傾向]
ゲーム板
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

この手のスレッドでは、「PCゲーマーさん VS 家庭用ゲーム機ゲーマーさん」間で、若干の揉めるていることが多いです…

//------------------//
//Related Articles
//------------------//

2017年のゲーム王は日本なのか!?
ペルソナ5(海外発売日2017/4/4)、海外レビューにおいて高得点続出!
ニーア・オートマタ、米・AMAZONでの評価[星5が87%!]

//------------------//

1.海外のパネリスト
ブラック・フライデーにPS4を買う予定なんだけど…何かおススメなのってある?ちなみに、「ペルソナ5」はすでに購入予定だよ!

2.海外のパネリスト
遊びたいソフトもろくに分からないのなら、PS4を買うべきじゃない。

3.海外のパネリスト
「ブラッドボーン」と「ニーア」。

4.海外のパネリスト
>>3
PC版を遊べばいいのに…もっと高画質だよ?

5.海外のパネリスト
>>4
「ブラッドボーン」はPC版出てない…

6.海外のパネリスト
>>4
スレ主はPS4を買うと言っている…PCゲームの話はしていない…君は字が読めないのか?

7.外のパネリスト
>>4
また出たよ…PCゲーマーはいつもそうだ…いつもいつも家庭用ゲームに口を挟んでくる…あんた達は、自分達の庭で遊んでいればいいだろ!?ほっといてくれよ!

8.海外のパネリスト
「ペルソナ5」は良い選択!「龍が如く0 誓いの場所」もおススメ!

9.海外のパネリスト
「Plants vs. Zombies Garden Warfare 2(*日本未発売?)」が面白かった…

10.海外のパネリスト
シリーズ物でよければ「地球防衛軍4.1」とか、「ドラゴンズドグマ」。

11.海外のパネリスト
とりあえず80年代の映画を見とけ…それで十分。

12.海外のパネリスト
>>11
???

13.海外のパネリスト
「Horizon Zero Dawn」は、今セールになってるよ…これから年末商戦で、色んな名作ソフトが安くなるだろう。

14.海外のパネリスト
バイオハザードシリーズは絶対遊んで欲しい!

15.海外のパネリスト
「グランツーリスモSPORT」に、来月”GTモード”が追加されるらしい…安くなってるし、買ってみてね!!

16.海外のパネリスト
名作ゲームの数:PS1>PS2>PS3>PS4

17.海外のパネリスト
「GameStop(*米大手ゲームショップ)」のネット通販で、PS4を買おうとしたら、売り切れてた…ブラックフライデー期間中(*セール期間中)には入手できないだろう…他のサイトも駄目だった…

18.海外のパネリスト
>>17
同じく…とりあえず最寄の店舗が開店する前に並ぶつもり…手に入らなかったら泣く。

19.海外のパネリスト
おススメタイトル一覧:

>Alien: Isolation
>Until Dawn
>Assassin's Creed Origins
>Batman: Return to Arkham
>Batman: Arkham Knight
>The Last of Us Remastered
>Uncharted: Nathan Drake Collection
>Uncharted 4

 



(*冒頭の音量にご注意ください。ちょっと大きいです…)

米バージニア州において、娘の鞄に盗聴機を仕掛けた母親が、警察に逮捕される事件が発生した。この女性は、9歳になる娘の鞄に盗聴器を仕掛け、娘が学校で苛められている証拠を掴もうとしていたという。

彼女はこれまで再三に渡り、娘の所属学校である”オーシャンビュー小学校”に対して、苛め被害を訴えてきたが、対応が取られなかったとしている。

現在、彼女は盗聴容疑(*最大量刑5年)、及び、未成年者を非行に導いた罪などで起訴されている。

海外メディアの取材に対して、この女性は次のように語った。

”こんなのは間違っています。この期に及んでまで、行政からは(娘の苛めに対する)返答がまったくないんですよ?…彼らが何もしてくれないのであれば、私が行動するしかないじゃないですか?(There is nothing fair about this. The thing that bothers me the most is that I am yet to get a response from anyone in the administration. If I’m not getting an answer from you what am I left to do?)”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/lifestyle/mother-charged-putting-recording-device-113042097.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Related Articles
//------------------//

黒人生徒に向かって白人教師が暴言を放ち、大問題に…一方、教師を擁護する声も…
アメリカ:女子高生が黒人差別用語を連呼する動画が拡散、全米に衝撃を与える…
逆差別!?白人比率が増えたアメリカの学校、運営予算を大幅カットされる!

//------------------//

1.海外のパネリスト
私も娘が苛められていることを、学校に相談したことがある…でも、「こんな忙しい時期に、苛めの問題ですか…」って言われた…苛められるのに、最適な時期なんてあるの!?この女性は、自分の娘を守ろうとしただけ…むしろ、称賛されるべきです!

2.海外のパネリスト
おそらく、僕も彼女と同じことをするだろう…もしくは…もっと過激な行動に出ちゃうかも…とりあえず、この学校はオカシイよ…娘を案ずる保護者を刑務所送りにするなんて…異常現象だ…

3.海外のパネリスト
馬鹿げてる…この人は罰せられるべきではない…警告で十分…むしろ学校側が、苛めの問題に対して、もっと真剣に取り組むべきだよ…

4.海外のパネリスト
この学校に、1億ドル規模の損害賠償請求をしてほしい…そうすれば、学校側も起訴を取り下げるだろう…

5.海外のパネリスト
すばらしい教育&司法制度だ!!!(*皮肉)

6.海外のパネリスト
絶対的正義であるべき法によってもたらされた、絶対的不義なる判断…

7.海外のパネリスト
>>6
誰がこんな法律を作ったのか?彼らは誰を守ろうとしたのか?彼女はただ、一日中スマホの録音機能をオンにしていただけではないか…

8.海外のパネリスト
この学校は、クラスルームでどんな会話がなされているのかを、公表されたくなかったんだろう…今の公立学校は、秩序を維持するのが精一杯…教師達はベビーシッターの役割を担っている…

9.海外のパネリスト
誰しも苛めのような苦しみを味わうべきじゃない…その経験は、心の中にずっと残り続けるのだから…

10.海外のパネリスト
本来、個人のプライバシーを守るために作られた法律が、子供の保護を怠った学校の不手際を覆い隠すために利用されている…

11.海外のパネリスト
今の時代、どのスマホにも録音機能は搭載されている…いわば盗聴器みたいなもの…スマホを持っている生徒達全員を逮捕するつもりか?

12.海外のパネリスト
そもそも、学校内での盗聴を拒む理由がわからない…

13.海外のパネリスト
彼女を逮捕した警察と、彼女を訴えた学校が罰せられるべき!!!

14.海外のパネリスト
私がこの女性なら、国と学校を相手に裁判を起こすね…苛めは絶対に許してはいけないもの…

15.海外のパネリスト
娘を守るための盗聴行為であるのなら、認められるべきだと思う。娘がどのような境遇に置かれているのか…それを知ろうとする行為が罪になるとは考えられない。彼女に対する起訴は完全に間違っている。

16.海外のパネリスト
俺、学校の授業を録音してたんだけど…起訴されなくてよかった…

17.海外のパネリスト
アメリカの法律は狂ってる…被害者を罰するなんて…

18.海外のパネリスト
警察と学校は、盗聴には敏感だけど…苛めには無関心なのね…

19.海外のパネリスト
子供を守らなかった学校を裁判所に訴えよう!!!

 

このページのトップヘ