海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…


カテゴリ: 全記事




---記事引用開始---

アメリカ・サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長が12月12日、心臓発作で死亡した。65歳だった。リー市長は11月、民間団体が市内に建てた慰安婦像の寄贈を受けたことで、日本側から反発の声が上がっていた。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご参照ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/12/edwin-lee_a_23305502/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米FoxNews公式ツイッター
https://twitter.com/foxandfriends/status/940556617220743168
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供ありがとうございます。

想像以上に、リー市長への罵詈雑言が多かったです。不法移民に寛容な政策を行っていたため、リベラル層からは称賛を得る一方、保守派からは非難の対象になっていたようです。特に、2015年1月1日、サン・フランシスコで発生した不法移民による”Kathryn Steinleさん射殺事件”に言及するコメントが目立ちました。

//------------------//

1.海外のパネリスト
Kathryn Steinleさんとは、異なる同じ場所(*地獄)に行くことであろう…

2.海外のパネリスト
素晴らしいニュースだ!!!

3.海外のパネリスト
安らかにお眠りください…

4.海外のパネリスト
因果応報。

5.海外のパネリスト
あまりのも愚かで馬鹿な男が、この世を去った…

6.海外のパネリスト
ぜんぜん悲しくない。

7.海外のパネリスト
ようやく、中国系政治家が一人減ったぞ!

8.海外のパネリスト
あまり好きな人じゃなかったけど…とりあえず、お悔やみ申し上げます…

9.海外のパネリスト
Kathryn Steinleさんは、当時まだ32歳だった…彼はむしろ、長生きしすぎたくらいさ…

10.海外のパネリスト
こいつさえ居なければ…Kathryn Steinleさんは、まだ生きていたかもしれない…

11.海外のパネリスト
これでサン・フランシスコは救われた!!!

12.海外のパネリスト
彼の家族はさぞ辛かろう…こいつの地獄行きは、すでに決定事項だからな…

13.海外のパネリスト
大切なのは、次、誰が市長になるのかということ…

14.海外のパネリスト
>>13
もちろん、不法移民出身者ですよ…この都市はすでに、彼らのものですから…

15.海外のパネリスト
(*米保守メディア)Breitbartが喜びそうなニュースだね…

16.海外のパネリスト
サン・フランシスコの市民として、まず、彼のご家族にお悔やみ申し上げる…ただし次の市長には、不法移民たちではなく、我々の生活を守る人物を選ばねばならない…

17.海外のパネリスト
リベラル出身のクズ野郎。

18.海外のパネリスト
次は共和党市長を希望する!!!

 




---記事引用開始---

(CNN) 米国のトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めて大使館を現在のテルアビブからエルサレムへと移転する方針を明らかにしたことについて、イスラエルのネタニヤフ首相は11日、トランプ大統領を擁護し、欧州各国もこの判断に追随すると信じていると語った。外相らとの会談のために訪れているベルギー首都ブリュッセルで述べた。

---記事引用終了---

*詳細な情報は、元記事をご参照ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-35111802-cnn-int

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
CNN公式ツイッター
https://twitter.com/cnni/status/940207406222635008
[コメント傾向]
リベラル?
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供ありがとうございました。

//------------------//

1.海外のパネリスト
あんたは知らないのかもしれないが、欧州において、トランプは”良き模範的リーダー”とは見なされていない。彼に追随しようとする国家など存在しないのだよ…

2.海外のパネリスト
>>1
EUの庇護下にいる我々ヨーロッパ市民は、絶対にトランプなんか信用しない!!!

3.海外のパネリスト
彼は夢でも見ているのか…

4.海外のパネリスト
ネタニヤフさん…私はトランプが下した決断が、イスラエルにとって良い未来をもたらすとは、とても思えません。これは、ただ単に、憎しみと怒りを広めるだけです。

5.海外のパネリスト
1947:アメリカ=アメリカ
1967:アメリカ=イスラエル+アメリカ
2014:アメリカ=イスラエルwithアメリカ

米国民諸君…気分はどうだね?

6.海外のパネリスト
ヨーロッパ諸国は知っている…イスラエルは(ユダヤ人によって)盗まれた土地であることを…

7.海外のパネリスト
(この問題に関するパレスチナとの)平和交渉が成立しない限り、いかなる欧州国家も、エルサレムへの大使館移設を実行しないだろう。

8.海外のパネリスト
こういった策略を講じている限り、憎しみの連鎖は、今後も永続的に続いてしまう。彼らに必要なのは、策略ではなく、和平協議なんだよ。

9.海外のパネリスト
第三次世界大戦勃発の兆し…

10.海外のパネリスト
むしろEUは、この決断を下した米国に対して経済制裁を行うべきだ!!!

11.海外のパネリスト
ヨーロッパの政治家は馬鹿ばかりだからね…この提案を受け入れるとは思えない…

12.海外のパネリスト
(コメント欄において)ネタニヤフさんフルボッコwうけるwww

13.海外のパネリスト
トランプに追随しろだって!?ふざけんな!!!!!

14.海外のパネリスト
こんな要求に答える国家は、自主権を放棄するようなもの…イスラエルの属国ですよ。

15.海外のパネリスト
所詮、ネタニヤフもトランプと大差はない…「エルサレム首都宣言(*米大使館移設)」は平和への希望を断ち切り、混乱を招くだけだ。

16.海外のパネリスト
>>15
いっとくけど…「(エルサレムへの)米大使館移設法案」は、1995年、ビル・クリントン政権時に成立していたものだからね?(注:中東情勢を鑑み、何度も実施が延期されていた。)

17.海外のパネリスト
米国製品のボイコットを!トランプに我々の意思を示そうではないか!!!

18.海外のパネリスト
移設っていうか…イスラエルからの大使館撤去を検討すべきでは?(注:国交断絶を意味する。)

 




米ニューヨークタイムズ紙が報じたリーク情報によると、中国政府が、北朝鮮国境沿いにおいて、難民受け入れ態勢を整えていることがわかった。朝鮮半島における何らかの有事を、想定しているものと思われる。

今回明らかとなった内部資料は、中国国営通信社である「中国移動通信社」より流出したものとされる。これによると、今月初旬、同社の幹部が難民収容施設建設予定地を、視察したことなどが記載されているという。

中国外務省の報道官は、一連の報道に関して、”そんな計画は知らない。”などと、述べている模様。また、「中国移動通信社」の経営陣達も、取材を拒否している状態だ。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/china-preparing-influx-north-korean-044436066.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・順番

//------------------//

1.海外のパネリスト
いよいよ、中国が朝鮮戦争再開への覚悟を決めたのか…

2.海外のパネリスト
もし中国政府が、難民の流入を想定しているのだとすれば…朝鮮半島で何らかの有事が起きたとしても、核戦争にまでは結びつかないと、考えているのではないか?

3.海外のパネリスト
中国が北朝鮮を侵略するというシナリオもありえる…実現すれば、最も好ましい状況だ…我々も戦争を避けられるし、韓国も消滅を避けられる…

4.海外のパネリスト
>>3
でも…北朝鮮の核技術が中国に渡ってしまう…

5.海外のパネリスト
>>4
中国はすでに核保有国だよ…

6.海外のパネリスト
経済発展のためには、周辺環境における平和的安定が不可欠…中国は自らの利益を守るために、朝鮮半島における紛争は望まないであろう。

7.海外のパネリスト
北朝鮮を制御する鍵は、中国が握っている…しかし、彼らはそれを使う気が無い…自分達さえ面倒に巻き込まれなければ、それでいいと思っているんだ…

8.海外のパネリスト
中国が北朝鮮に侵攻するかもね…出来損ないの操り人形を追放するため…

9.海外のパネリスト
>>8
今の金正恩が、はたして中国の操り人形とまで言えるのか…非常に疑わしい…彼はこれまで、国内の中国勢力を徹底的に排除してきた…すでに自らの独裁政権を、確立しているのではないだろうか…

10.海外のパネリスト
30年に渡り、米海兵隊に従事してきた私から言わせてもらうと…北朝鮮は自分達の戦力を、過信しすぎている。確かに、彼らは100万人規模の陸軍を保持しているかもしれないが、近代戦において、これらの戦力はまったく意味を成さない。米軍は多数の核弾頭を搭載した「トライデント原子力潜水艦」を2隻も保有している。数発のミサイルを撃ち込めば、即座に北朝鮮を壊滅させることができるだろう。

11.海外のパネリスト(*韓国の方?)
朝鮮半島で紛争が勃発した際、最初に逃げてくる(北朝鮮の)難民は、間違いなく、戦場から離脱した兵士達となる…これらの人間は、何としても見つけ出し、そして、追い返さなければいけない…難民に偽装した兵士達は、将来、かならずトラブルメーカーとなるだろう…

12.海外のパネリスト
>>11
米韓による北朝鮮侵略を、中国が黙ってみているとは思えない…それを許すくらいなら、自分達で北朝鮮を占領するだろう…

13.海外のパネリスト
こうやって戦争の準備をワザとらしくすることにより、北朝鮮包囲網を強めている米国に対し、暗に不快感を示しているのさ…これが友国のすることかね?

(*中露を友国と評したトランプ大統領への当て付け?)

14.海外のパネリスト
国連は、中国に北朝鮮の世話をしっかりするよう、警告を発するべきだ!

15.海外のパネリスト
北朝鮮ってすごい食糧難らしいね…毎回思うんだけど…釣具を用意して、海沿いで魚を釣ればいいんじゃないかな?

16.海外のパネリスト
>>15
なんなんだ…この馬鹿100%のコメントは…

17.海外のパネリスト
>>15
北朝鮮の近海には、もう魚がいないんだよ…だからこそ、日本にまで北朝鮮の漁船が、流れ着く事態になっているんだ…

18.海外のパネリスト
>>15
海沿いって…彼らは国を自由に移動することすら、許されていないのに…

 



(訳:イスラム化はヨーロッパ全土に広がっている。これはイタリア・ボローニャから、送られてきた動画だ。)

*イスラム教の開祖であるムハンマドの記念日を祝う行進とのこと…参考

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/V_of_Europe/status/940311229045800960

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
ボローニャは伝統的に、共産党の力が強い都市だからね…まぁ…お似合いなんじゃない?

2.海外のパネリスト
>>1
この町を観光で訪れた時、ガイドの人がこう言っていた…”ボローニャはイタリアで一番の共産主義都市です。ここで面倒を起こすと、ボコボコにされますよ”ってね…

3.海外のパネリスト
ヨーロッパ諸国の政府は何をやっているんだ…自分達の国で起きている事態に、まだ気づいていないのか?

4.海外のパネリスト
>>3
わざとだよ…彼らは新世界秩序の確立を目論んでいるのさ…我々を道連れにしてね…

5.海外のパネリスト
これはある種の戦争…平和的侵略とも言える…いずれ、本格的な攻撃が行われるだろう…

6.海外のパネリスト
>>5
同意。

7.海外のパネリスト(>>5)
>>6
なるべく早く、ヨーロッパが正気を取り戻してくれるといいんだけど…

8.海外のパネリスト
ムスリム達に、ヨーロッパは渡さない!!!

9.海外のパネリスト
>>8
すでに占領されていますが…?

10.海外のパネリスト
イカレタ集団による侵略行為!

11.海外のパネリスト
(移民・難民に対する)社会保障費削減を断行できる政治家が必要だ!国に寄与しない者達を、国が面倒を見る必要は無い!!!

12.海外のパネリスト
今のヨーロッパに、自国文化を守ろうとする気力は残っているのかな…多分、無いだろうなぁ…

13.海外のパネリスト
>>12
無いだろうね…彼らは自ら課した”政治的公平性”という概念に、囚われすぎているのだ…

14.海外のパネリスト
侵入し、征服された…一発の銃弾も放たれる事なく…

15.海外のパネリスト
>>14
いずれ人々が目覚めるときが来れば…多くの銃弾が、飛び交うことになるだろう。

16.海外のパネリスト
いつになったら世界は、イスラム移民を拒否するようになるのか?全てはバリーの責任だ!!!

17.海外のパネリスト
>>16
バリーって誰?

18.海外のパネリスト
>>17
オバマのことだよ。

(注:幼少期のあだ名…オバマ氏に対する蔑称として使用される場合もあるようです。)

19.海外のパネリスト
この先、さらに人数が増えてきたら…色々大変そうだね…

 




今月、米イリノイ州シカゴで開催された経済会議にて、演説を行ったオバマ前大統領が、独裁者ヒトラーと、トランプ大統領を比較するかのような発言を行い、物議を醸している。

スピーチの中で、オバマ前大統領は”自己中心主義の台頭”を危惧し、次のように語ったとされる。”我々は民主主義の土台を、しっかりと支えていかねばなりません。さもなければ、それは簡単に崩れ去ってしまうでしょう。(民主的なワイマール共和国において、ヒトラーの台頭を許した歴史的経緯を例に挙げながら)結果として、600万人の人々が亡くなりました…私達も気をつけねばなりません…誰に票を投じるべきかという事に…”

この発言に対して、トランプ大統領の支持者は即座に反応。オバマ前大統領(のコメント)に対して”愛国的でない!”などと罵倒する意見や、「(ユダヤ人のために)エルサレムに大使館を移設する決断をしたトランプと、ホロコーストを命じたヒトラーを比べるのは馬鹿げている!」などのようなコメントが寄せられた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/barack-obama-accused-comparing-donald-032539289.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守(トランプさん支持層というよりも、オバマさん嫌いが多い印象。)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
馬鹿なオバマめ…お前の”アメリカ大改革”という下らん野望は、政治のど素人(トランプさん)によって、すでに食い止められている!

2.海外のパネリスト
彼が大統領時代に作り上げた”クソみたいな政策”を、トランプがことごとく潰しているからね…そりゃ、イライラもするだろう…

3.海外のパネリスト
今はトランプが大統領だ…オバマよ、いい加減慣れろ。

4.海外のパネリスト
こういうニュースを聞いて、リベラル達は狂喜乱舞しているんだろ?

5.海外のパネリスト
左翼や共産主義者達って、いつも誰かを攻撃しているよね…それはそうと…ファシズムと共産主義…犠牲者をより多く生み出してきたのは、どっちだと思う?

6.海外のパネリスト
こんなことばかりいつも言っているから、反トランプの連中はいつまで経っても、まともに相手をされないんだよ…もう少し国家にとって、ためになる議論をしてくれ!

7.海外のパネリスト
こいつはもう大統領ではない…話を聞く価値も無い。

8.海外のパネリスト
何を言おうと、オバマ・ケアは破棄されたのだよ…諦めたまえ…

9.海外のパネリスト
>>8
彼が口を開くたびに、米民主党への支持意欲を失う…

10.海外のパネリスト
民主的社会主義、恐怖を利用した政治、政治的対抗馬への策略、大きな政府・強権政府の実現…政策的に言えば、トランプよりも、オバマのほうがヒトラーに近い。

11.海外のパネリスト
わかったかい?これがリベラル達の戦い方さ…とにかく、相手を侮辱するんだ…まともに議論をする能力が無い連中だからね…悪口しか言えないんだよ。

12.海外のパネリスト
世界を回りながら、オバマはトランプ批判を繰り広げている…彼のパスポートを没収したほうがいい。

13.海外のパネリスト
”オバマ・ケア”が消滅した今となっては、オバマが残した功績は、もう何も無い。トランプが、全てを消し去ってくれたのだ!ありがとう…トランプ!!!

14.海外のパネリスト
頼むから、トランプの邪魔をしないでくれ!

15.海外のパネリスト
誰であれ、議論の場にヒトラーを持ち出す奴は、その時点で敗者決定。

16.海外のパネリスト
”自己中心主義の台頭”?ご自身のことですか?

17.海外のパネリスト
これらの言葉は、権威的集産主義を8年間に渡り我々に押し付け、世界中の外交を混乱に陥れた共産主義者によって述べられたものである…彼はまさしく独裁者そのものであり、ヒトラーであった。

18.海外のパネリスト
オバマさんは日に日に見苦しくなっていくね…綺麗に去っていけばよかったものを…自ら晩節を汚している…

 


子供の時に撮った家族写真に、将来、結婚することになる男性の姿が写っていたとして、海外のニュースサイトで話題となっている。

現在、イギリスに住むVerona Koliqiさん(*花嫁)は、2016年の夏、祖国であるコソボへと里帰りをした際、近所に住んでいたMirand Buzakuさん(*花婿)と顔なじみになった。最終的には、Buzakuさんのインスタグラムに掲載されていた写真にKoliqiさんが一目ぼれをして、交際に発展。その後、Buzakuさんがプロポーズをしたことにより、婚約に至ったという。

そうした中、10年前、家族旅行先であるモンテネグロで撮った一枚の家族写真が、彼女のもとに送られてきたという。

Koliqiさん曰く、”従姉妹が、この写真をコンピューター上で見つけ、”いかに私達が変わってしまったのか?”ということを、共に笑いあうために、私に送ってきてくれたのです。”

彼女がこの写真を婚約者であるBuzakuさんに見せたところ、彼は写真を凝視し始め、このように口走ったという。”ちょっと待って…これ僕じゃない!?”。当時の様子を、Koliqiさんは次のように語った。”私達は顔を見合わせて、こう言いました…こんなのありえない!って…”

その後、Buzakuさん一家が、Koliqiさん一家と同時期に、モンテネグロの海岸を訪れていたことが、確認された。

この運命的な体験について、Koliqiさんはこう述べている。

”こんな話は、聞いたことがありません。「運命の人とは、実際に出会う前に、最低でも1回、どこかで(互いが気づかぬ内に)巡り合っているものなのだ。」なんていう言い伝えも、ありますけどね…”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/lifestyle/man-finds-fiancees-childhood-beach-photo-185625030.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守(*皮肉多し…)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
よかったね!長年のストーカー行為が報われて…

(*これが一番人気のコメントでした…)

2.海外のパネリスト
神様、お願いします…もし、私がすでに将来の嫁さんと、どこかで巡り合っていたとしたら…どうか、そのままにしておいてください…私は、生涯独身でいたいのです…

3.海外のパネリスト
>>2
超わかる…

4.海外のパネリスト
この女性は、どうやって彼のインスタグラムを知ったのだろうか?

5.海外のパネリスト
>>4
記事をちゃんと読めよ…顔見知りだったって書いてあるだろ!

6.海外のパネリスト
>>4
アメリカで同じ事をしたら、ハラスメントで訴えられる…

7.海外のパネリスト
俺なんか将来の嫁と出会う前から、彼女と同じ空気を吸い続けてきたんだぜ!

8.海外のパネリスト
インスタグラムの写真に一目ぼれ?加工してたんじゃないの?

9.海外のパネリスト
僕にも幼馴染の女友達がいてね…昔一緒に撮った写真を彼女に送ったんだ…そしたら、”接近禁止令請求”の証拠として、警察に提出されたよ…

10.海外のパネリスト
>>9
うけるw

11.海外のパネリスト
>>9
今日イチレスに認定しますw

12.海外のパネリスト
あれ!僕も後ろのほうに写ってるっぽいなぁ……可愛い姉妹がいたら、ぜひ紹介してください…

13.海外のパネリスト
こういった体験は、誰しもができるものじゃない…この思い出を大切にしてね。

14.海外のパネリスト
私も同じような経験をしたよ!私と妻は、同じ小学校の同学年クラスだったんだけど、お互いのことを、まったく知らなかった…結婚後、学校にいた双子の話をしたら、偶然、2人とも同じクラスメートだったことがわかったんだ…運命だよねぇ…

15.海外のパネリスト
>>14
普通、同じクラスだった人を忘れるかね…?

16.海外のパネリスト
>>14
嘘乙。

17.海外のパネリスト
>>14
典型的なヤフーの嘘つき荒らし。

18.海外のパネリスト
>>14
良い話だ…なんか文句言ってる奴ら(>>15~>>17)もいるけど、気にしないでいいよ…

19.海外のパネリスト
>>14
俺も俺も!!!結婚した女性と、ほぼ同じ時期、同じ場所で…って…そういえば俺…嫁居なかったわ…orz

 




スウェーデンの公共テレビ局"スウェーデン・テレビ(SVT)"によると、スウェーデン防犯協議会(BRA)が取りまとめた最新の犯罪統計において、性関連犯罪の件数が昨年に比べ、33%増加していることがわかった。性的被害の報告が急増した理由の一つとしては、近年、欧米社会で広がりをみせる性被害告白運動:”#Metoo(私も)”キャンペーンの影響を、指摘する意見もある。

防犯協議会の報告書では、本年度11月分だけで、868件の性的嫌がらせ事案が確認されているという。これは、昨年の同時期に比べて33%増の報告件数である。また、より深刻な「性的暴力」に関する統計においても、同月で631件を記録しており、2016年度11月と比べ、16%増となっている。

スウェーデン政府は、防犯協議会に対して、これらの性関連犯罪が急増した原因を突き止めるよう要請を出すと共に、それらの行為に関わった人物に対する、厳罰化を検討しているとされる。しかし、現在までのところ、同政府は、該当犯罪の実行者の国籍・人種に関する調査に対しては、否定的な見解を示している模様。(However, the government still refuses to investigate the ethnicity of offenders)

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://speisa.com/modules/articles/index.php/item.4025/sweden-dramatic-increase-in-reported-sexual-crimes.html?utm_campaign=shareaholic&utm_medium=twitter&utm_source=socialnetwork

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/939466977374097410
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Notification
//------------------//

当ブログを観覧中、ポップアップ広告が出現する、もしくは、他のページへと移行される状態が確認された場合、大変お手数ですが、コメント欄までお知らせいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

/------------------///

1.海外のパネリスト
スウェーデン政府は、こんな統計、気にもしていないよ…だって、彼らはこれらの犯罪を推奨している側だもの…

2.海外のパネリスト
もう開き直っちゃえよ…どんどん移民を受け入れたらいいのさ…

3.海外のパネリスト
移民の犯罪は増える一方、彼らへの処罰は減るばかり…

4.海外のパネリスト
なぜこんな事態になっているんだ…

5.海外のパネリスト
ヨーロッパ・リベラリズムにとって、スウェーデンはお手本となるべき国家である。

6.海外のパネリスト
もうスウェーデンは終わった…彼らはこれまで、お花畑を生きてきたのだ…もう救うには遅すぎる…我々は、彼らの失敗から学ばねばならない…

7.海外のパネリスト
米ハリウッドみたいになってきたねw(*米ハリウッドにおいては、最近、セクハラ騒動が盛んに報じられている。)

8.海外のパネリスト
ストックホルムにおける「女性への暴力事件」の95%は、全人口のたった16%に過ぎない、難民達によって引き起こされている…(注:未確認情報です。)

9.海外のパネリスト
スウェーデンにも、現状を嘆いている賢い人々がいるはず…そんな人々に対しては、同情を禁じ得ない…

10.海外のパネリスト
今回の調査では、16歳未満の女性が被害に遭った事件について、統計対象となっていない…しかし、それらの数も確実に増えている…

11.海外のパネリスト
慣れろ…(Get used to it.)

12.海外のパネリスト
スウェーデン人自身が自己防衛を放棄しているのだ…外部の我々に出来ることなど…もう…何も無い。

13.海外のパネリスト
こうした報告書を作成する意味ってあるのかな…だって…スウェーデン政府はこれまで、何も行動を起こしてこなかったじゃないか…最初から、国民を守る気がないんだよ。

14.海外のパネリスト
やっぱり…これらの犯罪者ってムスリム達なのかな?

15.海外のパネリスト
>>14
聞かなきゃ分からんのか?

16.海外のパネリスト(>>14)
>>15
いや…わかるけどさ…

17.海外のパネリスト(*インドの方)
ヨーロッパに住んでいる妹達が心配だ…

18.海外のパネリスト
>>17
インドも大概だろ…

19.海外のパネリスト
多文化主義=民族浄化政策

 


[動画キャプション意訳]

中国・南西部において、野性のゾウが路上に出現し、バスを襲う事件が発生した。

攻撃されたバスには運転手1名が取り残されていたが、後に、無事脱出している。

バスは損傷したものの、運転手は警告を無視し、逃げ出すことはせず、車両内部にて待機することを選択した。

この運転手は、ゾウが去った後、救い出されている。

このバスを襲ったゾウは、ちかくのトラックに対しても、攻撃を加えた。

幸運なことに、このトラックには誰も乗っていなかった。

当局は、引き続き、このゾウの動向を見守ると述べている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/BBCWorld/status/939944632884047873

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
BBC公式ツイッター
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Notification
//------------------//

当ブログを観覧中、ポップアップ広告が出現する、もしくは、他のページへと移行される状態が確認された場合、大変お手数ですが、コメント欄までお知らせいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

/------------------//

1.海外のパネリスト
ゾウたちは頭が良い…自分達に危害を加えてくる人間達のことを、覚えていたのさ…

2.海外のパネリスト
襲われる方(人間)が悪い。

3.海外のパネリスト
がんばれゾウ!!!

4.海外のパネリスト
反撃開始!

5.海外のパネリスト
(中国で社会問題となっているPM2.5などの)大気汚染に嫌気が差したんだろう…

6.海外のパネリスト
誇張した報道をやめろ!これは”攻撃”なんて恐ろしいものじゃない。ただ、興味を持って近づいてきているだけだ!!!

7.海外のパネリスト
>>6
その通り!懐いているようにすら見えるよ…

8.海外のパネリスト
このゾウは幸運だ。もし、彼がアリゾナ州に出現していたら、警官により、即座に撃たれていただろう…

9.海外のパネリスト
そこは彼ら(ゾウ)の領域…人間は立ち入るな!

10.海外のパネリスト
車を使って、背中を掻いているだけじゃない?

11.海外のパネリスト
ゾウを責める気にはなれない。中国人たちは象牙のために、ゾウ達を沢山狩っているのだから…怒って当然だよ…

12.海外のパネリスト
素晴らしいニュースじゃないか…あの”中国”で、未だ、ゾウのような希少動物が、生存していたのだから…

13.海外のパネリスト
中国警察が、ゾウを撃たない判断をしたことに驚いた…

14.海外のパネリスト
人間たちがゾウに対して行ってきた、様々な暴虐を思えば…これくらい、大したことじゃないよ。

15.海外のパネリスト
多分、トランプを探していたんだろう…

16.海外のパネリスト
俺はゾウの味方をする!

17.海外のパネリスト
このゾウは、攻撃する気なんか無かったと思うよ…もしそうなら…きっとこのバスはひっくり返されていただろう…

18.海外のパネリスト
自然は我々に怒っているのだ…

19.海外のパネリスト
車とゾウ…最初にこの地に居たのはどっちだと思う?

 



お気に入りのクリスマス人形(*Elf on the Shelf)を飼い犬に壊され、悲しんでいる少女のために、病院のスタッフ達が、その人形に手術を施し、回復させたという。

(*Elf on the Shelf :サンタを手助けすると言われている小さな妖精を模った人形。クリスマスのシーズンには、子供のいる家庭などにおいて、飾られていることが多い。)

フロリダ州オークランドに住むJenn Thelanさんは、ある朝、飼い犬のジャーマンシェパード:Zoey(2)によって、クリスマス人形”Sam”が壊されていることを知る。お気に入りの人形を壊され悲しむ娘のAubrieさん(7)に対し、看護師としてArnold Palmer小児病院に務めているJennさんは「心配しないで…私の病院(勤務先)には、Samを治すことができる、素晴らしい医療スタッフ達が沢山いるのよ…」などと語りかけ、実際に、その人形を病院に持ち込んだという。

Jennさんの同僚である医師や看護師達も、この救援(劇)に協力。見事、Samの手術に成功したという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.popsugar.com/moms/Elf-Shelf-Goes-Hospital-44342623?utm_campaign=desktop_share&utm_medium=twitter&utm_source=popsugar
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
ABC公式フェイスブック
https://www.facebook.com/ABCNews/videos/10156653634893812/
[コメント傾向]
中立?
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
病院スタッフの善意には敬意を表するけれども…増大する医療費負担を考慮すれば、こういう茶番を微笑ましいとは思えない…

2.海外のパネリスト
僕も看護師をしているが、よくこんなことをする時間があるね…他に患者はいなかったのかい?

3.海外のパネリスト
今回の手術における費用請求書を娘さんがみたら…きっと、犬が人形を食べてしまえばよかったのに…と、感じることだろう…

4.海外のパネリスト
この動画はスタッフ達の休憩時間に撮られたものだと思う。こんなことくらいで、文句を言うのはおかしいよ…

5.海外のパネリスト
恐ろしいほどの時間と施設の無駄…

6.海外のパネリスト
この病院は小児科専門…彼らは子供達を幸せにしようとしただけのこと…意地悪なこと言わないで、受け入れてあげましょうよ…

7.海外のパネリスト
彼らの行動が与えた素晴らしき感動は、この娘の心にずっと残り続けるだろう…

8.海外のパネリスト
この病院で数年間、看護師をしていたけど、とても楽しい職場だった。私の初孫も、この病院で生まれたのよ…ここのスタッフ達は、日夜、患者である子供達の命を救う為、懸命の努力をしている…

9.海外のパネリスト
クリスマス人形(*Elf on the Shelf)は大金持ちのはず…その気になれば、この病院そのものを買い取る事だってできるよ!

10.海外のパネリスト
嫌なニュースばかりだったから、こういう心温まる話題を見ると嬉しくなるね…

11.海外のパネリスト
少なくとも一人の子供を喜ばすことができたんだから、それで良いじゃない?何故皆、そんなに文句ばかりいうの?

12.海外のパネリスト
とても美しい話だ…しかしその一方…私は今、体調を壊しているにも関わらず、125ドル(*1万3500円くらい)の医療費を払えないため、病院に行く事すらできない…

13.海外のパネリスト
別に嫌な人になりたいわけじゃないけど…この小芝居をするために、一体、どれくらいの費用が請求されたのかが気になる…わざわざ手術室を貸し切ったわけでしょ?こんな人形よりもはるかに重症で、かつ、治療を受けられない人々が、世の中には沢山いる…

14.海外のパネリスト
君達…今はクリスマスの時期だよ?子供達の夢をかなえるべき時だ…それなのに、ここに寄せられるコメントは、すべて金の無駄だの、施設の無駄だの……別に、君達の財布から盗んだものじゃない…ほっときなよ…

15.海外のパネリスト
人形をストレッチャーに乗せて、手術室に運び、ガーゼを1~2枚巻いてあげる…たったそれだけのことで、私達の医療費が上昇することはない…非難コメントをする人達の気が知れない…

16.海外のパネリスト
大人にとっては馬鹿げた行為であっても、子供達にとっては大きな意味を持つ場合もある…子供心をいつまでも忘れない人間で、あり続けるべきだ。

17.海外のパネリスト
人形が壊れた?ゴミ箱に捨てろ!新しい人形を買えばいい…

18.海外のパネリスト
私の息子も、かつてこの病院にお世話になっていた。ここのスタッフ達は、子供達のことをよく理解し、彼らの心を支えることができる人々だった。これらの撮影をしている最中であっても、決して、他の子供達の世話を、蔑ろにするような人々ではない。

 



(*景気上昇のおかげで失業率は低いが、正社員の枠が少なく、賃金が非常に低いドイツ社会の現状…65歳以上の労働者も増えている。)

//-----------//
Update 2017/12/11 15:00
一部語句を追加:難民→調査対象となった難民(sampled refugees)コメントでのご指摘、ありがとうございます。
//-----------//

ドイツ紙「ディ・ヴェルト」が報じた最新の統計情報によれば、ドイツ第二の都市”ハンブルグ”において、同地区に在住する調査対象となった難民(sampled refugees)1067名の内、仕事をしている人々は、たったの20名であることが判明した。約98%の難民が、無職中である計算となる。

これらの現状について、*ドイツ自由民主党などは、失業率の高さや、統合支援活動の不足などを原因として指摘している。その上で、難民申請を通過し、一定のドイツ語能力が確認された人々に関しては、より手厚いサポートを行うべきであるなどと、訴えている模様。

(*ドイツ自由民主党は、大手企業との関係が強いと、いわれている。)

現在、ハンブルグにおいては、難民の就職援助に対して、多額の税金が投入されている。しかし、その効果は未だ、目に見える形では発現しておらず、それどころか、高技能労働者の不足が社会問題となっている状態である。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2017/12/98-per-cent-of-refugees-in-germanys-second-largest-city-are-unemployed/#.Wig9iDTxuJw.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/938482542143033346
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
難民の98%が無職…しかも、そのほとんどが男っていう…こいつらは労働者じゃない…ただの侵略者である…

2.海外のパネリスト
>>1
本当にそれ…絶対そうだよ…

3.海外のパネリスト
彼らは(他国を攻める)軍人だもの…今すぐ、祖国に送り返すべきだね!

4.海外のパネリスト
ドイツ語もまともにしゃべれない連中が、仕事を得られるわけがない…

5.海外のパネリスト
なんでこんな人たちを、国家が面倒見なきゃいけなんだろう…

6.海外のパネリスト
あれれ???難民を受け入れた時、政治家達は、彼らが医者や技術者ばかりだって、言ってなかったっけ!?

7.海外のパネリスト
こいつらはただの経済移民…難民なんて表現はおかしいよ…本当の難民に失礼だ!

8.海外のパネリスト
ヨーロッパに押し寄せる難民って、みんな犯罪者にしか見えないんだけど…

9.海外のパネリスト
ドイツの難民が働いていないだって!?何を言ってるんだ!!!公共物の破壊、女性への暴力、イスラム思想の強制…彼らはフルタイムで働いている!!!!!

10.海外のパネリスト
自由に使えるお金(社会保障費)を貰えるんだから、働く気なんか起きないよね…

11.海外のパネリスト
君達は知らないのかもしれないけど…ドイツにおいては難民の就労に関して、様々な制約があるんだ…一方的に難民が悪いわけじゃない。

12.海外のパネリスト
>>11
それはドイツが馬鹿なだけだろ?低賃金労働者として難民を受け入れておきながら、その環境整備を怠っていたというだけの話…

13.海外のパネリスト
貧しい国家の人々を助けることに関して異議はない…ただし、彼らをヨーロッパに住まわせることに関しては、大反対だ!!!

14.海外のパネリスト
メルケル氏の偉大なる業績に最大限の賛辞を送ろう!!!

15.海外のパネリスト
僕はポジティブな人間だからね…働くことを決意した2%の難民の存在を喜びたい…

16.海外のパネリスト
大量の難民達が流入したことによって、ドイツにおける平均IQ(知能指数)は、劇的に低下することであろう…

17.海外のパネリスト
ドイツを経済的に破綻させるまで、彼らは決して働かない…

18.海外のパネリスト
これも難民によってもたらされた…素晴らしき多様性文化の一つですよ…

 

このページのトップヘ