海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…(コメント評価試験再開中…)


カテゴリ: 全記事




スウェーデンの公共テレビ局"スウェーデン・テレビ(SVT)"によると、スウェーデン防犯協議会(BRA)が取りまとめた最新の犯罪統計において、性関連犯罪の件数が昨年に比べ、33%増加していることがわかった。性的被害の報告が急増した理由の一つとしては、近年、欧米社会で広がりをみせる性被害告白運動:”#Metoo(私も)”キャンペーンの影響を、指摘する意見もある。

防犯協議会の報告書では、本年度11月分だけで、868件の性的嫌がらせ事案が確認されているという。これは、昨年の同時期に比べて33%増の報告件数である。また、より深刻な「性的暴力」に関する統計においても、同月で631件を記録しており、2016年度11月と比べ、16%増となっている。

スウェーデン政府は、防犯協議会に対して、これらの性関連犯罪が急増した原因を突き止めるよう要請を出すと共に、それらの行為に関わった人物に対する、厳罰化を検討しているとされる。しかし、現在までのところ、同政府は、該当犯罪の実行者の国籍・人種に関する調査に対しては、否定的な見解を示している模様。(However, the government still refuses to investigate the ethnicity of offenders)

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://speisa.com/modules/articles/index.php/item.4025/sweden-dramatic-increase-in-reported-sexual-crimes.html?utm_campaign=shareaholic&utm_medium=twitter&utm_source=socialnetwork

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/939466977374097410
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Notification
//------------------//

当ブログを観覧中、ポップアップ広告が出現する、もしくは、他のページへと移行される状態が確認された場合、大変お手数ですが、コメント欄までお知らせいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

/------------------///

1.海外のパネリスト
スウェーデン政府は、こんな統計、気にもしていないよ…だって、彼らはこれらの犯罪を推奨している側だもの…

2.海外のパネリスト
もう開き直っちゃえよ…どんどん移民を受け入れたらいいのさ…

3.海外のパネリスト
移民の犯罪は増える一方、彼らへの処罰は減るばかり…

4.海外のパネリスト
なぜこんな事態になっているんだ…

5.海外のパネリスト
ヨーロッパ・リベラリズムにとって、スウェーデンはお手本となるべき国家である。

6.海外のパネリスト
もうスウェーデンは終わった…彼らはこれまで、お花畑を生きてきたのだ…もう救うには遅すぎる…我々は、彼らの失敗から学ばねばならない…

7.海外のパネリスト
米ハリウッドみたいになってきたねw(*米ハリウッドにおいては、最近、セクハラ騒動が盛んに報じられている。)

8.海外のパネリスト
ストックホルムにおける「女性への暴力事件」の95%は、全人口のたった16%に過ぎない、難民達によって引き起こされている…(注:未確認情報です。)

9.海外のパネリスト
スウェーデンにも、現状を嘆いている賢い人々がいるはず…そんな人々に対しては、同情を禁じ得ない…

10.海外のパネリスト
今回の調査では、16歳未満の女性が被害に遭った事件について、統計対象となっていない…しかし、それらの数も確実に増えている…

11.海外のパネリスト
慣れろ…(Get used to it.)

12.海外のパネリスト
スウェーデン人自身が自己防衛を放棄しているのだ…外部の我々に出来ることなど…もう…何も無い。

13.海外のパネリスト
こうした報告書を作成する意味ってあるのかな…だって…スウェーデン政府はこれまで、何も行動を起こしてこなかったじゃないか…最初から、国民を守る気がないんだよ。

14.海外のパネリスト
やっぱり…これらの犯罪者ってムスリム達なのかな?

15.海外のパネリスト
>>14
聞かなきゃ分からんのか?

16.海外のパネリスト(>>14)
>>15
いや…わかるけどさ…

17.海外のパネリスト(*インドの方)
ヨーロッパに住んでいる妹達が心配だ…

18.海外のパネリスト
>>17
インドも大概だろ…

19.海外のパネリスト
多文化主義=民族浄化政策

 


[動画キャプション意訳]

中国・南西部において、野性のゾウが路上に出現し、バスを襲う事件が発生した。

攻撃されたバスには運転手1名が取り残されていたが、後に、無事脱出している。

バスは損傷したものの、運転手は警告を無視し、逃げ出すことはせず、車両内部にて待機することを選択した。

この運転手は、ゾウが去った後、救い出されている。

このバスを襲ったゾウは、ちかくのトラックに対しても、攻撃を加えた。

幸運なことに、このトラックには誰も乗っていなかった。

当局は、引き続き、このゾウの動向を見守ると述べている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/BBCWorld/status/939944632884047873

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
BBC公式ツイッター
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Notification
//------------------//

当ブログを観覧中、ポップアップ広告が出現する、もしくは、他のページへと移行される状態が確認された場合、大変お手数ですが、コメント欄までお知らせいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

/------------------//

1.海外のパネリスト
ゾウたちは頭が良い…自分達に危害を加えてくる人間達のことを、覚えていたのさ…

2.海外のパネリスト
襲われる方(人間)が悪い。

3.海外のパネリスト
がんばれゾウ!!!

4.海外のパネリスト
反撃開始!

5.海外のパネリスト
(中国で社会問題となっているPM2.5などの)大気汚染に嫌気が差したんだろう…

6.海外のパネリスト
誇張した報道をやめろ!これは”攻撃”なんて恐ろしいものじゃない。ただ、興味を持って近づいてきているだけだ!!!

7.海外のパネリスト
>>6
その通り!懐いているようにすら見えるよ…

8.海外のパネリスト
このゾウは幸運だ。もし、彼がアリゾナ州に出現していたら、警官により、即座に撃たれていただろう…

9.海外のパネリスト
そこは彼ら(ゾウ)の領域…人間は立ち入るな!

10.海外のパネリスト
車を使って、背中を掻いているだけじゃない?

11.海外のパネリスト
ゾウを責める気にはなれない。中国人たちは象牙のために、ゾウ達を沢山狩っているのだから…怒って当然だよ…

12.海外のパネリスト
素晴らしいニュースじゃないか…あの”中国”で、未だ、ゾウのような希少動物が、生存していたのだから…

13.海外のパネリスト
中国警察が、ゾウを撃たない判断をしたことに驚いた…

14.海外のパネリスト
人間たちがゾウに対して行ってきた、様々な暴虐を思えば…これくらい、大したことじゃないよ。

15.海外のパネリスト
多分、トランプを探していたんだろう…

16.海外のパネリスト
俺はゾウの味方をする!

17.海外のパネリスト
このゾウは、攻撃する気なんか無かったと思うよ…もしそうなら…きっとこのバスはひっくり返されていただろう…

18.海外のパネリスト
自然は我々に怒っているのだ…

19.海外のパネリスト
車とゾウ…最初にこの地に居たのはどっちだと思う?

 



お気に入りのクリスマス人形(*Elf on the Shelf)を飼い犬に壊され、悲しんでいる少女のために、病院のスタッフ達が、その人形に手術を施し、回復させたという。

(*Elf on the Shelf :サンタを手助けすると言われている小さな妖精を模った人形。クリスマスのシーズンには、子供のいる家庭などにおいて、飾られていることが多い。)

フロリダ州オークランドに住むJenn Thelanさんは、ある朝、飼い犬のジャーマンシェパード:Zoey(2)によって、クリスマス人形”Sam”が壊されていることを知る。お気に入りの人形を壊され悲しむ娘のAubrieさん(7)に対し、看護師としてArnold Palmer小児病院に務めているJennさんは「心配しないで…私の病院(勤務先)には、Samを治すことができる、素晴らしい医療スタッフ達が沢山いるのよ…」などと語りかけ、実際に、その人形を病院に持ち込んだという。

Jennさんの同僚である医師や看護師達も、この救援(劇)に協力。見事、Samの手術に成功したという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.popsugar.com/moms/Elf-Shelf-Goes-Hospital-44342623?utm_campaign=desktop_share&utm_medium=twitter&utm_source=popsugar
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
ABC公式フェイスブック
https://www.facebook.com/ABCNews/videos/10156653634893812/
[コメント傾向]
中立?
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
病院スタッフの善意には敬意を表するけれども…増大する医療費負担を考慮すれば、こういう茶番を微笑ましいとは思えない…

2.海外のパネリスト
僕も看護師をしているが、よくこんなことをする時間があるね…他に患者はいなかったのかい?

3.海外のパネリスト
今回の手術における費用請求書を娘さんがみたら…きっと、犬が人形を食べてしまえばよかったのに…と、感じることだろう…

4.海外のパネリスト
この動画はスタッフ達の休憩時間に撮られたものだと思う。こんなことくらいで、文句を言うのはおかしいよ…

5.海外のパネリスト
恐ろしいほどの時間と施設の無駄…

6.海外のパネリスト
この病院は小児科専門…彼らは子供達を幸せにしようとしただけのこと…意地悪なこと言わないで、受け入れてあげましょうよ…

7.海外のパネリスト
彼らの行動が与えた素晴らしき感動は、この娘の心にずっと残り続けるだろう…

8.海外のパネリスト
この病院で数年間、看護師をしていたけど、とても楽しい職場だった。私の初孫も、この病院で生まれたのよ…ここのスタッフ達は、日夜、患者である子供達の命を救う為、懸命の努力をしている…

9.海外のパネリスト
クリスマス人形(*Elf on the Shelf)は大金持ちのはず…その気になれば、この病院そのものを買い取る事だってできるよ!

10.海外のパネリスト
嫌なニュースばかりだったから、こういう心温まる話題を見ると嬉しくなるね…

11.海外のパネリスト
少なくとも一人の子供を喜ばすことができたんだから、それで良いじゃない?何故皆、そんなに文句ばかりいうの?

12.海外のパネリスト
とても美しい話だ…しかしその一方…私は今、体調を壊しているにも関わらず、125ドル(*1万3500円くらい)の医療費を払えないため、病院に行く事すらできない…

13.海外のパネリスト
別に嫌な人になりたいわけじゃないけど…この小芝居をするために、一体、どれくらいの費用が請求されたのかが気になる…わざわざ手術室を貸し切ったわけでしょ?こんな人形よりもはるかに重症で、かつ、治療を受けられない人々が、世の中には沢山いる…

14.海外のパネリスト
君達…今はクリスマスの時期だよ?子供達の夢をかなえるべき時だ…それなのに、ここに寄せられるコメントは、すべて金の無駄だの、施設の無駄だの……別に、君達の財布から盗んだものじゃない…ほっときなよ…

15.海外のパネリスト
人形をストレッチャーに乗せて、手術室に運び、ガーゼを1~2枚巻いてあげる…たったそれだけのことで、私達の医療費が上昇することはない…非難コメントをする人達の気が知れない…

16.海外のパネリスト
大人にとっては馬鹿げた行為であっても、子供達にとっては大きな意味を持つ場合もある…子供心をいつまでも忘れない人間で、あり続けるべきだ。

17.海外のパネリスト
人形が壊れた?ゴミ箱に捨てろ!新しい人形を買えばいい…

18.海外のパネリスト
私の息子も、かつてこの病院にお世話になっていた。ここのスタッフ達は、子供達のことをよく理解し、彼らの心を支えることができる人々だった。これらの撮影をしている最中であっても、決して、他の子供達の世話を、蔑ろにするような人々ではない。

 



(*景気上昇のおかげで失業率は低いが、正社員の枠が少なく、賃金が非常に低いドイツ社会の現状…65歳以上の労働者も増えている。)

//-----------//
Update 2017/12/11 15:00
一部語句を追加:難民→調査対象となった難民(sampled refugees)コメントでのご指摘、ありがとうございます。
//-----------//

ドイツ紙「ディ・ヴェルト」が報じた最新の統計情報によれば、ドイツ第二の都市”ハンブルグ”において、同地区に在住する調査対象となった難民(sampled refugees)1067名の内、仕事をしている人々は、たったの20名であることが判明した。約98%の難民が、無職中である計算となる。

これらの現状について、*ドイツ自由民主党などは、失業率の高さや、統合支援活動の不足などを原因として指摘している。その上で、難民申請を通過し、一定のドイツ語能力が確認された人々に関しては、より手厚いサポートを行うべきであるなどと、訴えている模様。

(*ドイツ自由民主党は、大手企業との関係が強いと、いわれている。)

現在、ハンブルグにおいては、難民の就職援助に対して、多額の税金が投入されている。しかし、その効果は未だ、目に見える形では発現しておらず、それどころか、高技能労働者の不足が社会問題となっている状態である。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2017/12/98-per-cent-of-refugees-in-germanys-second-largest-city-are-unemployed/#.Wig9iDTxuJw.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/938482542143033346
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
難民の98%が無職…しかも、そのほとんどが男っていう…こいつらは労働者じゃない…ただの侵略者である…

2.海外のパネリスト
>>1
本当にそれ…絶対そうだよ…

3.海外のパネリスト
彼らは(他国を攻める)軍人だもの…今すぐ、祖国に送り返すべきだね!

4.海外のパネリスト
ドイツ語もまともにしゃべれない連中が、仕事を得られるわけがない…

5.海外のパネリスト
なんでこんな人たちを、国家が面倒見なきゃいけなんだろう…

6.海外のパネリスト
あれれ???難民を受け入れた時、政治家達は、彼らが医者や技術者ばかりだって、言ってなかったっけ!?

7.海外のパネリスト
こいつらはただの経済移民…難民なんて表現はおかしいよ…本当の難民に失礼だ!

8.海外のパネリスト
ヨーロッパに押し寄せる難民って、みんな犯罪者にしか見えないんだけど…

9.海外のパネリスト
ドイツの難民が働いていないだって!?何を言ってるんだ!!!公共物の破壊、女性への暴力、イスラム思想の強制…彼らはフルタイムで働いている!!!!!

10.海外のパネリスト
自由に使えるお金(社会保障費)を貰えるんだから、働く気なんか起きないよね…

11.海外のパネリスト
君達は知らないのかもしれないけど…ドイツにおいては難民の就労に関して、様々な制約があるんだ…一方的に難民が悪いわけじゃない。

12.海外のパネリスト
>>11
それはドイツが馬鹿なだけだろ?低賃金労働者として難民を受け入れておきながら、その環境整備を怠っていたというだけの話…

13.海外のパネリスト
貧しい国家の人々を助けることに関して異議はない…ただし、彼らをヨーロッパに住まわせることに関しては、大反対だ!!!

14.海外のパネリスト
メルケル氏の偉大なる業績に最大限の賛辞を送ろう!!!

15.海外のパネリスト
僕はポジティブな人間だからね…働くことを決意した2%の難民の存在を喜びたい…

16.海外のパネリスト
大量の難民達が流入したことによって、ドイツにおける平均IQ(知能指数)は、劇的に低下することであろう…

17.海外のパネリスト
ドイツを経済的に破綻させるまで、彼らは決して働かない…

18.海外のパネリスト
これも難民によってもたらされた…素晴らしき多様性文化の一つですよ…

 




57カ国のイスラム諸国が加盟する国際機関”イスラム協力機構”が声明を発表。ヨーロッパ諸国における年金制度を維持するため、ムスリム移民の大規模流入が必要であると訴えた。

英メディア:Euractivなどを通して公開されたこの声明においては、欧州に押し寄せるイスラム国家からの移民を、”相互に利益をもたらすもの(win-win boon)”であると、表現している。同機構の広報責任者であるMaha Akeel氏は、欧州社会が世界の貧困国(*イスラム国家など)に対して国境を開放し、それによって、”ヨーロッパの再活性化”を果たす義務がある、などと語った。

また、この記事の中でAkeel氏は、欧州各国が移民の受け入れによって、財政的利益を享受していることも指摘しているが、英シンクタンク”Migration Watch UK”が公開したデータによると、国家財政に貢献している移民は”欧州移民(EEA migrant)”に限られており、"非欧州移民(non-EEA migrant)"に関しては、むしろ、大幅な赤字を計上している状態にある。

参考資料:
figure-1
*Migration Watch UKのホームページより。非欧州移民(non-EEA migrant:赤いグラフ)における財政負担が毎年増加している様子がうかがえる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/12/08/europe-needs-muslim-migrants-pensions/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/939157061442719745
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

今回の記事に関しては、翻訳に迷う箇所が多少ありました。(特に、移民の財政貢献に関する部分。)もし、不正確な部分等ございましたら、ご指摘いただければ嬉しく思います。

//------------------//

1.海外のパネリスト
(イスラム国家からの)移民が国家財政に貢献しているだと?あいつらはほとんどが無職なんだぞ?そんな状態で、税金を払っているとでもいうのか?

2.海外のパネリスト
”ムスリム達が欧州の年金制度を支える。”…はっはっは、なかなか笑えることを言うじゃないか…現実には、むしろ俺たちが、あいつらの社会保障費を確保するため、毎日汗水垂らして働いているのだから…

3.海外のパネリスト
2016年度、世界中61カ国においてムスリムによる攻撃が確認されており、4万人以上もの死者・けが人を出している…誰がこんな奴らを招くものか!!!

4.海外のパネリスト
>>3
彼らが定着する土地はどこであれ、イスラムの封建的制度が持ち込まれてしまう…

5.海外のパネリスト
イスラム教徒達は、自分の祖国で生きていくべきなんだよ…もし本当に助けが必要なのであれば、それらの国々に、支援物資や資金を送れば良いだけの話。

6.海外のパネリスト
ヨーロッパはムスリム移民を必要としていません!以上!!

7.海外のパネリスト
働きもしない移民はいらねぇ…

8.海外のパネリスト
そもそも、彼らの出身国における状況を改善しない限り、根本的な問題は解決しない。アフリカ諸国などにおいては、貧富の格差が異常に広がっているわけで…これらの移民達は、まずそういった課題に対して、取り組む姿勢を見せるべき。

9.海外のパネリスト
欧米的教育を拒否し、仕事も拒否し、法の遵守も拒否する…誰がそんな人々を望むのかね?

10.海外のパネリスト
私の国カナダにおいても、同じような議論(*移民受け入れ)が繰り広げられている。しかし、国家というものはただ単に、人口、労働者、年金を確保すれば、維持できるというものではない!伝統や文化に対する畏敬の念が存在しなければ、その土地で生きていくことはできないだろう。多文化主義における最大の問題点は、ここにある。

11.海外のパネリスト
むしろ、ムスリム移民達には早急にお帰りいただきたいのですが…彼らにも、祖国に面倒を見るべき高齢者が大勢いることでしょうし…とりあえず、ヨーロッパの社会保障費に依存するのはやめていただきたい…

12.海外のパネリスト
メルケル独首相「は~いみなさん!メルケル・サンタからのクリスマスプレゼントですよ~」>難民

13.海外のパネリスト
寄生虫共め…(*Spongers:”Parasite”とほぼ同義語らしい…

14.海外のパネリスト
アメリカに滞在している中東難民において、低所得者向け食料費補助制度”food stamps”の利用者は91.4%、及び、資金援助制度(Cash Welfare)の利用者は68.3%に達している…(*2015年度:オバマ政権時代)

15.海外のパネリスト
>>14
でしょうね…

16.海外のパネリスト
年金を口実に、どんどんムスリム移民をヨーロッパに送り込む計画ですね、わかります…

17.海外のパネリスト
>>16
ヨーロッパだけじゃなく、最終的には世界征服が目的だからね…

18.海外のパネリスト
白人欧州社会の終焉…本来、西洋世界に属すべきではない人々を、受け入れ続けた結果の末路…

 



(*警察同行の下、リンケビューにて取材を行ったジャーナリストの動画。途中で、危険を察した警察により退去勧告が発せられた模様。3:22~)

スウェーデンにて検事正を務めるLise Tamm氏が、メディアの取材に対して、首都ストックホルム郊外の都市リンケビューの現状を、”戦争状態にある(like a war zone)”などと、説明していたことがわかった。リンケビューは移民の割合が多く、「No-Go-Zone(警察管理外地域)」として知られている。

*参考記事(当ブログ内リンク)
やはりトランプは正しかった!?スウェーデンで移民による暴動が発生!!!

公共ラジオ放送局「Sveriges Radio」が報じるところによると、Tamm氏は現在、スウェーデン国家犯罪対策部門の責任者を務めており、これら「No-Go-Zone(警察管理外地域)」の秩序回復のために、様々な紛争国家の研究を行い、解決の糸口を探っているのだという…

Tamm氏はリンケビューの治安について、次のように語った。”リンケビューはまるで戦争状態のようです…現地の警察官達は、本来、軍が担うべき(危険な)仕事を行わねばなりません…(Rinkeby is almost like a war zone. When the police work there, they work as the armed forces would have done)”。Tamm氏は、事態解決のため、「No-Go-Zone(警察管理外地域)」における警察官の増員と共に、ソーシャルワーカーや、公共サービス拡充の必要性を訴えている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/12/06/swedish-deputy-no-go-zone-war-zones/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/938390049724518401
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
こんなのフェイク・ニュースですよ…だって(移民・難民に信者が多い)イスラムは平和と愛の宗教ですもの…きっと、キリスト教徒達が暴れているだけなんでしょう…(*皮肉)

2.海外のパネリスト
>>1
wwwww

3.海外のパネリスト
あれれ…スウェーデンでの治安悪化を指摘した私達の大統領を、”嘘つき”呼ばわりしてなかったっけ?

4.海外のパネリスト
>>3
スウェーデンの政治家達は、すでに公知となっているこれらの出来事を、この期に及んで、否定し続けている…

5.海外のパネリスト
スウェーデンだけじゃない…オランダ、ベルギー、ドイツ、フランス、イタリア、ギリシャ、スペインが、後に続くだろう…

6.海外のパネリスト
国境を解放し、イスラムに支配されし国家が…また一つ増えた…

7.海外のパネリスト
ムスリム移民達に、人間としての、まともな礼儀作法を求めても無駄。

8.海外のパネリスト
これぞまさに”多様性(Diversity)”のあるべき姿…

9.海外のパネリスト
自分で招いた災害…ヨーロッパよ…いい加減、目を覚ませ…

10.海外のパネリスト
イギリスやヨーロッパの左翼達は、未だに、こういった惨状を認めようとしない…何故なのか…

11.海外のパネリスト
スウェーデンの男達よ!今すぐ武装して、これらの野蛮な侵略者達を追い出すんだ!!己の国家と、文化、そして、女性達を守れ!!!

12.海外のパネリスト
>>11
移民達により、彼らの国家が乗っ取られる日も近いだろう…

13.海外のパネリスト
イスラムによる侵略の道…

1.モスクを建てる。
2.自分達(ムスリム)専用の土地(町)を作る。
3.人数を増やす。
4.犠牲者を装う。
5.地元政府に歯向かう。
6.社会保障を食い物にする。
7.イスラム法導入を目指す。
8.ホスト国からの分離独立を試みる。
9.自治権を確保する。

14.海外のパネリスト
スウェーデン人たちは、自分達にとって都合の悪い情報を知ろうとしない…

15.海外のパネリスト
ロンドンもムスリムの手に落ちた…悲しい事だ…

16.海外のパネリスト
政治家達は罰せられるべきだ!この状況を招いた張本人達なのだから…

17.海外のパネリスト
どうやら…文化多様主義・多文化主義は見事、失敗に終わったようだね…www

18.海外のパネリスト
いつになったらスウェーデン人達は祖国を取り戻すために立ち上がるのか!?スウェーデンを再び偉大な国家に!!!

 



(訳:いないいないばあ!正確には”Peek-a-boo” *イヴァンカさん公式ツイッターより…)

今週火曜日、トランプ米大統領の娘であるイヴァンカ氏が、自身のスカートに隠れる子供達との微笑ましい写真を、ツイッター&インスタグラム上に掲載した。しかし、写真に添えた文章にスペルミスがあったため、コメント欄にて大バッシングを浴びる事態となっている。

イヴァンカ氏のツイッターとインスタグラムには、それぞれ別の写真が掲載されている。ツイッターには、3人の子供達がスカートの中に入り込んでいる様子。インスタグラムには、パジャマを着た息子セオドア君が、スカートの隙間から顔を覗かせている写真が紹介されている。

これらの写真には、”Peek-a-boo(いないいないばあ!)”のミススペリングである”Peak-a-boo”という言葉が添えられていたため、イヴァンカ氏の公式ツイッターには「”ハヌカー”(ユダヤ教の冬期祭事:イヴァンカさんは夫の影響でユダヤ教に改宗している。)の綴りは、今のうちに、ちゃんと辞書で調べておいたほうがいいよ…」、「(父親である)トランプ大統領も、そのうち刑務所で”いないいないばあ”をすることになる…」などの中傷コメントが、殺到している。

Peak-a-boo! ♥️

Ivanka Trumpさん(@ivankatrump)がシェアした投稿 -



//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/lifestyle/ivanka-trump-posts-sweet-photo-194300893.html
https://twitter.com/IvankaTrump/status/938192427709620226

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー&イヴァンカさん公式ツイッター
[コメント傾向]
米ヤフー:同情的
イヴァンカさん公式ツイッター:批判的
[コメント選出基準]
人気・順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

イヴァンカさんの公式ツイッターには大量の罵詈雑言が寄せられています。一方、インスタグラムでのコメントはそれほどでもありません…

//------------------//
//イヴァンカさん公式ツイッターより
//------------------//

1.海外のパネリスト
あんたの父親であるトランプは、変態であり、女性蔑視者であり、ロリコンであり、裏切り者であり、売国奴であり、嘘つきである!存在自体が、この国における史上最大の災難だ!!

2.海外のパネリスト
>>1
そうだな…そして、その人物が我々の大統領であることを忘れるなよ…彼は2025年(*次回の選挙も勝った場合)まで、アメリカを導くことになるだろう!!!

3.海外のパネリスト
”peek”ですよ…この程度の単語も、まともに書けないんですか?

4.海外のパネリスト
この写真を見ていると、映画「*クリスマス・キャロル(*おそらくディズニー版)」で、スクルージがカーテンに隠れているシーンを思い出す…いや、他意はないよ…

(*クリスマス・キャロル:1843年12月19日に出版された英作家チャールズ・ディケンズによる中篇小説。強欲な金持ちであるスクルージが、クリスマス・イブに体験した奇跡の影響で、改心する物語が描かれている。何度か映画化もされており、特にディズニー版(1983年版)がおすすめ!)

5.海外のパネリスト
トランプ一家に対する選挙不正疑惑への追求が強まる中、よく笑顔ができるね…

6.海外のパネリスト
これらの写真がどれだけ奇妙なものであるか…多分、あなたには理解できないのでしょうね…自分のイメージ改善のために子供達を使うなんて…親も親なら娘も娘…どちらも変態だわ。

7.海外のパネリスト
”PEAK”じゃなくて”PEEK”よ!頭の出来は父親そっくり!

8.海外のパネリスト
とりあえず、この写真はキモイ。

9.海外のパネリスト
ぜひ”いないいないばあ”を一緒に遊びましょう!!あ、でも…あなたは”いないいない”だけでいいの…もう、表舞台には出てこなくていいのよ…

//------------------//
//米ヤフーより
//------------------//

10.海外のパネリスト
(文句を言う)暇人が多いね…景気もよくなっているというのに…

11.海外のパネリスト
正統ジャーナリスト精神ここにあり!ネット荒らし達の意見を、一般世論として紹介している…

12.海外のパネリスト
メディアも本当に酷くなったものだ…こんなにも偏った報道は見たことがない…(イヴァンカ氏を)叩ければそれでいいのか?

13.海外のパネリスト
こういった行為(イヴァンカさんを罵る)に関してリベラル達を誡めると、必ず逆切れされる…絶対だ…最近はそういった反応も楽しめるようになってきたけどね…

14.海外のパネリスト
とりあえずイヴァンカさん綺麗すぎる!!!

15.海外のパネリスト
彼女のスペルミスを、ドヤ顔で指摘・非難している連中の学歴が知りたい…

(*イヴァンカさんは、名門ペンシルベニア大学を優等 (cum laude) で卒業している。)

16.海外のパネリスト
イヴァンカさんの子供達は幸せだね…

17.海外のパネリスト
大丈夫…米ヤフーニュースなんか毎回ミススペルの嵐だもの…

18.海外のパネリスト
トランプは嫌いだけど、イヴァンカさんと彼女の子供達は好き!たかがスペルミスくらいで、彼女を罵倒している連中の存在が信じられない!!!

 




//--------//
Update 2017/12/8 14:05
誤字を修正 パキスタン→パレスチナ (何故…orz) *コメントでのご指摘ありがとうございます。
//--------//

今週水曜日、アメリカのトランプ大統領は国務省に対して、現在、テルアビブに設置されている在イスラエル米大使館を、エルサレムへ移設するよう、命ずる方針であることを明らかにした。在イスラエル米大使館の移設は、昨年行われた米大統領選挙におけるトランプ氏の政権公約でもあるが、中東諸国からの反発は必死で、事態は混迷を極めている。

また、トランプ大統領が発表した声明では、”エルサレム”を、イスラエルの首都として公式に認めると述べられており、イスラエルによる”70年間の実効支配(seven-decade old fact)”を受け入れた形となっている。

ただし、米大使館を実際に移設するまでには、少なくとも3~4年程度はかかる見通し。

今回の発表を前に、トランプ大統領はパレスチナのアッバス議長、ヨルダンのアブドゥッラー2世国王、そして、イスラエルのネタニヤフ首相と電話会談を行い、内容について伝えていた模様。

イスラエルのネタニヤフ首相は、「米大使館の移設」に関して歓迎する意向を表明、一方、パレスチナのアッバス議長は強い不快感を示した。”これまでの和平交渉、及び、該当地域や世界の平和と安定にとって、甚大なる代償が伴う結果になりうる(“gravity of consequences...the peace process and security and stability in the region and world.”)”などと、警告を発している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.foxnews.com/politics/2017/12/05/trump-to-recognize-jerusalem-as-israels-capital-forge-ahead-with-moving-us-embassy.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
FoxNews公式ツイッター&CNN公式ツイッター
https://twitter.com/FoxNews/status/938227416794886144
https://twitter.com/cnni/status/938470275036991488
[コメント傾向]
FoxNews公式ツイッター:保守
CNN公式ツイッター:リベラル
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

今回の判断に関して、ネット上の米世論(ユダヤコミュニティーを除き)では、左右問わず、否定的な意見が目立ちました…

//------------------//
//FoxNews公式ツイッターより(保守)
//------------------//

1.海外のパネリスト
この決断は”過ち(Mistake)”なんて軽い表現では済まされない…トランプは、常に思いつきで行動を実施し、かつ、事前の根回しもやらない…彼はアメリカ国民にとって、大きな不安要素である。

2.海外のパネリスト
神よ!イスラエルと米国を守り、祝福したまえ!!!

3.海外のパネリスト
トランプの存在は、今、世界平和に対する最大の脅威になりつつある。

4.海外のパネリスト
>>3
あんた何言っているんだ?これまでも、米国はずっと戦争に明け暮れてきたし…イスラエルやイスラムも、平和とは程遠い存在だ…

5.海外のパネリスト
>>4
イスラエルに関して言えば…本来、共有すべき場所(エルサレム?)を、彼らが独占しているから、紛争が起きているんだろ?

6.海外のパネリスト
>>5
"共有すべき場所"とは?イスラエルの人々は、すでに自国領土の一部(エルサレム?)を、平和のために手放している…それにも関わらず、未だに攻撃を受け続けているのだ!

7.海外のパネリスト(>>5)
>>6
この50年、イスラエルは近隣国に攻め込み、領土拡張を進める一方、パレスチナは国土縮小を余儀なくされてきた…その上、彼ら(イスラエル)は、パレスチナの土地に入植地すら作ろうとしている…

8.海外のパネリスト
この行動により、新たな中東戦争勃発への機運が高まることであろう…

9.海外のパネリスト
アメリカを再び危険にしよう!(*トランプ大統領の標語「アメリカを再び偉大にしよう!」のパロディー)

//------------------//
//CNN公式ツイッターより(リベラル)
//------------------//

10.海外のパネリスト
これは酷く間違った判断である!まともな常識を持つ人物が、思いつく発想とは思えない…トランプは全てを崩壊させてしまった…

11.海外のパネリスト
中東においては、小さな歪ですら、大きな争いを生んでしまう…このような大きいミスが、平和をもたらすとはとても思えない…最初から、彼ら(*米国・イスラエル)は和平など望んではいなかったのだ…

12.海外のパネリスト
そもそもアメリカの大統領が、他国の首都を認定する必要があるのか?

13.海外のパネリスト
>>12
認定したんじゃないよ…再確認しただけさ…

14.海外のパネリスト
ある意味最適なタイミングでの発表だったと思うよ…宗教間対立を煽ることにおいてはね…

15.海外のパネリスト
トランプさん…あんた、エルサレムの場所を知っているのかい?

16.海外のパネリスト
これが「世界の警察(Peacekeepers)」を自認する国家のすることか…

17.海外のパネリスト
中東諸国を挑発することにより、彼らから戦いを仕掛けさせようとしているんだろう…

(注:過去の中東戦争においては、(*様々な挑発等もあり)アラブ諸国がイスラエルへ攻撃を仕掛けた結果、逆にイスラエルが領土を拡大させてきた経緯を持つ。)

18.海外のパネリスト
司会者「紳士淑女の皆様…米大統領のご登場です!!!」
う@こ「~」

 




ドイツメディア:”ドイチェ・ヴェレ”によると、2017年度、222件もの難民申請者送還処置が”安全上の懸念”を理由として、輸送機のドイツ人パイロットにより、拒絶されていたことがわかった。

キャンセルされた送還処置222件の内、140件はフランクフルト空港発、40件はデュッセルドルフ空港発の飛行機であることが判明している。

難民申請者送還処置を請け負っているルフトハンザドイツ航空の広報によれば、各パイロットには、”安全上の懸念”が生じた場合、乗客(移民・難民申請者)の搭乗を拒否する権利が与えられているとされる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.rt.com/news/411994-german-pilots-refuse-deport-asylum-seekers/#.WibzJm3WSYo.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/938127738199781377
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
それなら軍の飛行機を使えばいいじゃないか…

2.海外のパネリスト
>>1
送還処置を拒むパイロット達も一緒に乗せてけ!

3.海外のパネリスト
彼らは皆解雇されるべきだよ…まったく、ドイツ人は何を考えているんだ…

4.海外のパネリスト
難民申請者達は、歩いてドイツまで来たはず…ならば、歩いて祖国まで帰ればいい。飛行機など使ってはいけない…地球温暖化が進むじゃないかw

5.海外のパネリスト
仕事を拒むものは、仕事を失うべきだ。

6.海外のパネリスト
空軍のパイロットを連れて来い!

7.海外のパネリスト
難民に同情しているというよりかは、飛行中、ハイジャックされることを、恐れているだけではないのか?

8.海外のパネリスト
>>7
もしそうなら、警備を強化するべきだ…彼らを乗客扱いする必要はない。

9.海外のパネリスト
そんなに難民達を助けたいのであれば、パイロット達の豪華な自宅に、住まわせろ。

10.海外のパネリスト
左翼思想の成れの果て…

11.海外のパネリスト
これらのパイロット達は、本当にドイツ人なの?

12.海外のパネリスト
救いようの無い人々もいる…

13.海外のパネリスト
ドイツ人パイロットはもう駄目だ…代わりに、ポーランド人パイロットを雇おう!

14.海外のパネリスト
送還できなかった難民申請者の滞在費は、全部、これらのパイロット達に払わせるべき…

15.海外のパネリスト
どけ!俺が代わりに操縦してやる!!!

16.海外のパネリスト
ドイツもここまで落ちぶれたか…そりゃ、中世時代に逆戻りするはずだよ…

17.海外のパネリスト
よければ米空軍がお手伝いしますよ?

18.海外のパネリスト
ドイツ国家の新たなる標語:”我々は奴隷となるのだ!”

 




先週土曜日、米空軍大将であるジョン・ハイテン司令官が、中国やロシアなどによって進められている対衛星用宇宙兵器の開発について、懸念を示していたことがわかった。

米カリフォルニア州シミバレーにて行われた軍事会議の席において、ハイテン司令官は次のようなコメントを述べている。”中露両国は宇宙兵器の実用化に向けた活動を行っている。それらは、ジャマーや、レーザーなどであり、彼らは、これら計画について、隠そうともしていない。”

ハイテン司令官は、1991年の湾岸戦争時、米軍が衛星からの情報を有効活用していたことを目の当たりにしたことをきっかけに、将来の対米紛争準備として、中露が対衛星用宇宙兵器の開発を急いでいるとの見解を示した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://edition.cnn.com/2017/12/02/politics/russia-china-space-weapons/index.html?sr=twCNN120217russia-china-space-weapons0515PMVODtop

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
CNN公式ツイッター
https://twitter.com/CNN/status/937165759922524160
[コメント傾向]
リベラル
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供ありがとうございます。

//------------------//

1.海外のパネリスト
アメリカだってやってるでしょ?

2.海外のパネリスト
>>1
だから何?我々は中国やロシア、北朝鮮やイランのような国とは違う。

3.海外のパネリスト
もし彼らが宇宙兵器の開発に成功したら…トランプは誰を責めるのだろうか…

4.海外のパネリスト
>>3
もちろんヒラリーだよ…

5.海外のパネリスト
>>4
違う!オバマだ!!

6.海外のパネリスト
我々の愛すべき大統領が、ツイッターで衛星の座標を教えてくれることだろう…

7.海外のパネリスト
中露に宇宙兵器など必要ない。なぜなら、彼らが保有する最強の自爆兵器が今、アメリカの大統領になっているのだから…

8.海外のパネリスト
近代戦において、敵国の情報収集能力を阻害することは不可欠…彼らはこれらの兵器を、すでに持っていると思う…

9.海外のパネリスト
中国やロシアは我々の友人だ、と…トランプはかつて述べていたのに…

10.海外のパネリスト
アメリカも、他国を攻撃することの出来る武器を沢山保持している…他国を責める権利はない。

11.海外のパネリスト
宇宙法は、現在の世界情勢を反映したものに更新されるべきだ。

12.海外のパネリスト
一番の問題は、トランプが軍関係者達の助言を聞き入れないということなんだ。彼は大統領の座を降りるべきだよ…

13.海外のパネリスト
今アメリカは、宇宙飛行士を宇宙に送るために、ロシアに金を払って頼んでいる状態…宇宙兵器の開発で遅れをとっていたとしても、別に驚かないね…

14.海外のパネリスト
これは、中露の脅威を過度に煽ることによって、我々の税金から軍事費をさらにせしめようとする米軍の企みに過ぎない。彼らは常に新しいおもちゃ(*新兵器)を必要としているのさ…

15.海外のパネリスト
科学を軽視する共和党の責任。

16.海外のパネリスト
米政府にはもっと女性が必要。男ばかりだと戦争の話しかしない…

17.海外のパネリスト
NFLの黒人選手と戦う暇があるのなら、中露対策をしっかりやってくれ!

18.海外のパネリスト
中露「大丈夫!僕達は、そんなもの作ってないよ!!」
トランプ「そうなんだ!じゃあOK!!」

 

このページのトップヘ