海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…(コメント評価システム試験中…)


カテゴリ: 全記事



(*カナダ国境沿いに、移民用の簡易テントが設置されているというニュース動画。)

アメリカからの移民が隣国であるカナダに殺到している。今年5月には400人ほどであったが、日を追うごとに移民の数は増加し、今月(8月)に至っては、すでに3800人に達したという。

国境沿いにあるチェックポイントには、それらの移民に対応するため、多くの人員が投入されている。

2010年のハイチ地震以降、約6万人のハイチ人が、米国での一時滞在許可を得た。しかし、今年末には、それらの権利が失効するため、追放処分を恐れる人々が、次々にカナダを目指す事態になっている。一方で、カナダはハイチを”安全であり、かつ、安定している国”と評価しており、これまで半数以上の難民申請を却下している。

カナダ・アメリカ間は世界で最も長い国境線を有するため、一部の移民達は山や森など、警備の薄い地域を通って、カナダに不法入国しているとも指摘されている。また、ウェブサイト上などには、”不法にカナダへ入国する方法”などの情報が拡散しており、Marc Garneau運輸相は、それら不法移民に対する(送還などを含めた)厳しい対応を、示唆している。

これまで、移民を歓迎する姿勢を誇示してきたカナダ政府であったが、急増する移民への対策に手をこまねいている状態であり、同国の野党や、反移民団体などから激しい反発を招いている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/canada-struggles-refugee-surge-us-014915753.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Related Articles
//------------------//


//------------------//

1.海外のパネリスト
何かを激しく望む時…あなたは注意するべきだ。それを得たときに、必ず幸せになるとは限らないのだから…

2.海外のパネリスト
>>1
カナダ政府はかつて”移民を歓迎する!”と言っていた。だが、今、彼らは”移民に悩まされている!”と嘆く…なんなんだ…こいつらは…

3.海外のパネリスト
>>1
あれだけ移民反対のトランプを馬鹿にしていたくせに…本当の馬鹿はお前らだろ!

4.海外のパネリスト
>>1
トルドー加首相が彼らを招いたのだから、(移民達を)ぜひとも丁重に扱ってくれたまえ!

5.海外のパネリスト
>>1
アメリカが移民問題で苦しんでいた時、彼らは我々をあざ笑っていた。我々の移民に対する反応は”大袈裟だ!”とな…

6.海外のパネリスト
駄目だよ。絶対に駄目だ。今更そんな泣き言は絶対に許さない。米国内の移民達に、詳細な地図を配るべきだ!カナダへの旅路で迷わないように…

7.海外のパネリスト
不法移民たちよ、カナダで幸せに暮らせよ!

8.海外のパネリスト
>>7
そろそろ寒くなる時期だけどね…

9.海外のパネリスト
>>7
ついでにハリウッドの連中も、カナダへ追放しよう!

(注:ハリウッドスターにはリベラル派が多い。)

10.海外のパネリスト
もちろん、全ての移民にカナダ国籍を付与するんだよね?え!選別するの!?この差別主義者め!!!

11.海外のパネリスト
>>10
”全ての移民を歓迎する”って、カナダ首相が言ってたのにね…

12.海外のパネリスト
>>10
もしカナダが駄目ならドイツに行こう!メルケルならきっと歓迎してくれるよ!!!

13.海外のパネリスト
>>10
国籍どころか、一人当たり1000万ドル(日本円:約11億円)の補助金をくれるさ!www

14.海外のパネリスト
国境警備を強化して、さらに、不法移民を拘留しているだって!?あのカナダに、そんなまともなことが出来たのか!?

15.海外のパネリスト
アメリカに送り返してこないでねぇ~♪

16.海外のパネリスト
一方、トルドー加首相は差別撲滅キャンペーンに忙しく、国内の移民対応がまともに出来ていない模様。

17.海外のパネリスト
>>16
カナダ人として思う。トルドーはクズの中のクズだ。カナダ国民の税金で好き勝手遊んでいる!

18.海外のパネリスト
カナダよ、彼らを全て受け入れろ。そして、決して…決して!そのことに不平・不満を述べてはならない。君たちが彼らを求めたのだから…

 




今月19日、フィンランド警察は、先週金曜日に発生したナイフによる連続刺傷事件の実行犯として、18歳のモロッコ人男性を逮捕した。現時点で、二名の犠牲者(フィンランドの女性:15歳と67歳)、及び、8名のけが人が確認されている。この事件は、同国における初のテロ事件として認定された。

海外メディアの情報によると、犯人の男は、昨年、フィンランドへ難民として訪れたものの、保護申請を却下されていたという。また、この人物以外にも協力者が複数いる模様で、すでに数名が逮捕されている模様。

先日スペイン・バルセロナで発生したテロ事件との関連についても、捜査が行われているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/08/19/finland-terror-attack-killer-18-year-old-moroccan-victims-finns-swedes-italian/
https://www.yahoo.com/news/several-people-stabbed-finnish-city-slideshow-wp-164843271.html
https://www.reuters.com/article/us-finland-stabbing-idUSKCN1AZ00G?il=0

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

//------------------//

1.海外のパネリスト
*ウルフ・ブリッツァー「トランプは食事の際、(肉を切るため)ナイフを使っていた!この犯人はトランプを模写したのだ!!」

(*米CNNの司会者。反トランプで有名な人物らしい…参考

2.海外のパネリスト
>>1
ジョークにしても酷いね…無教養丸出し。

3.海外のパネリスト
>>1
じゃあ、どうやって肉を切れと…?

4.海外のパネリスト
>>1
不覚にもウケたw

5.海外のパネリスト
>>1
このコメントこそ、現代メディアの腐敗を象徴するものだ。

6.海外のパネリスト
>>1
トランプを叩ければ何でもいいのね…

7.海外のパネリスト
その美しさと治安の良さで知られた北欧諸国も、今や移民流入により、その名声を著しく落としている。アメリカとヨーロッパの間が、海で区切られていることに感謝する…

8.海外のパネリスト
リベラルが間違っていることを、移民達が次々と証明しているな…

9.海外のパネリスト
>>8
この期に及んで、移民の大規模流入に賛同する人々などいるのかね?馬鹿なリベラルを除いて…

10.海外のパネリスト
>>9
私はリベラル主義者だが、ムスリム移民の流入には絶対反対だ!リベラルと言うだけで、決め付けないで欲しい。

11.海外のパネリスト
彼(犯人)はただ、イスラムの教えを広めようとしただけさ…
(注:犯人の祖国であるモロッコはイスラム教国。)

12.海外のパネリスト
ムスリム達を祖国に帰して、西洋文明を再興させるべき!

13.海外のパネリスト
イスラム教国であるサウジアラビアは、これらムスリム移民達を”トラブルを起こす人々”として扱い、受け入れを拒否している。我々も彼らに習うべきではないか?

14.海外のパネリスト
民主党支持者にとって、この事件は間違いなくトランプの責任であり、弾劾に値する事案である…そうだろ?

15.海外のパネリスト
>>14
左翼というものは、自らの国を崩壊させるまで、決して満足することはないのだ。

16.海外のパネリスト
フィンランドは無国境主義を誇示していた。その結果がコレだよ。

17.海外のパネリスト
>>16
そういった政策を支持したリベラル達だけが、犠牲になればよかったのに…

18.海外のパネリスト
これは、メルケル独首相からフィンランド国民への、ささやかなお土産です。

 




韓国の文在寅大統領は、就任後初めて、北朝鮮との交戦条件(red line)について言及した。一方、アメリカのトランプ大統領は、それらの事項について、答えることを拒否し続けている。

海外メディアの報道によると、文大統領は北朝鮮による”一線を超えた”行為について、”核弾頭を搭載し,
たICBMを発射(launch)した場合(if it launched an intercontinental ballistic missile (ICBM) and weaponized it by fitting a nuclear warhead on top of the rocket.)”と、明言したという。しかし、この文大統領の発言については、報道会社により解釈(英語訳)が異なっている状態である。(*詳細は下記参照)

文大統領とは異なり、アメリカのトランプ大統領は、就任以来、北朝鮮との交戦条件に関する回答を一貫して拒否し続けている。その理由について、トランプ大統領は次のように述べている。”私はそのこと(交戦条件)についてはしゃべらないし、今後も答えない。---(中略)---私は他の政権(*オバマ政権)とは違い、軍事情報(*モスル侵攻作戦)を事前に漏らすような失態はしない。絶対にしない。(“We don’t talk about that, we never do.(中略)I’m not like the other administration that would say we’re going into Mosul in four months. I don’t talk about it.”)”
(注:大統領就任前、トランプ氏は、オバマ政権において軍事情報の漏洩が行われていると、厳しく批判していた。参考)

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.newsweek.com/trump-wont-draw-red-lines-north-korea-south-korea-key-military-ally-just-did-651809
https://www.yahoo.com/news/south-korea-just-drew-red-113613226.html
http://www.businessinsider.com/r-south-koreas-moon-says-north-korean-nuclear-tipped-icbm-is-a-red-line-2017-8

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

文大統領によって語られた北朝鮮との交戦条件について、現在、海外メディアでは二つの異なる英語訳が存在している模様。

A訳:(NewsweekBusiness InsiderDaily Expressなど…)
if it launched an intercontinental ballistic missile (ICBM) and weaponized it by fitting a nuclear warhead on top of the rocket.
”核弾頭を搭載したICBMを発射(launch)した場合”

B訳:(BloombergFinancial TimesReuterなど…)
if it(North Korea) completed an intercontinental ballistic missile (ICBM) and weaponized it by fitting a nuclear warhead on top of the rocket.
”核弾頭を搭載したICBMを完成or兵器化(complete)した場合”

一つの動詞が異なるだけではあるが、まったく別の意味になっている。仮に”A訳”の文章が正しければ、”核弾頭を搭載していないICBM”の発射については、容認するとも読み取れる内容である。日本・韓国のメディアなどは、概ね”B訳”の解釈を使用している。(参考参考)。どちらがより正確な訳であるかは不明。今回参照した記事はNewsweek(A訳)によるものであり、海外のコメントも、その文章に対する反応となる。

//------------------//

1.海外のパネリスト
へ?核ミサイルを撃つまで交戦しないって!?ジョークだよね!?

2.海外のパネリスト
>>1
ほんとそれ。北が核を使ったことに気づいた時には、もう全てが終わっている…

3.海外のパネリスト
>>1
残念ながらジョークじゃないみたい…

4.海外のパネリスト
>>1
韓国メディアの報道では、”核ミサイルの発射”じゃなくて、”核ミサイルの完成/兵器化”になっていたよ。この記事(Newsweek)の執筆者が、表現を変化させたんじゃない?

5.海外のパネリスト
オバマ前大統領も、よく交戦条件(Red Line)って言葉を好んで使っていたなぁ…ほとんど実行はされなかったけど…

6.海外のパネリスト
>>5
共和党支持層(Red States)に対する憎しみが強すぎたんでしょ。

7.海外のパネリスト
核ミサイルの発射が交戦条件…それってつまり何もしないってことじゃないか!

8.海外のパネリスト
馬鹿げたことを言う人だね。それじゃあ、(ICBMではない)短距離ミサイルによる核攻撃は許容するのか?

9.海外のパネリスト
これってつまり、核ミサイル以外の攻撃には反撃しないってこと?船が沈められたり、迫撃砲で攻撃されても?あ、でも…そういったことには、もう慣れっこなのかな…韓国は…

10.海外のパネリスト
韓国を標的とする短距離ミサイルの発射は、交戦条件にならないわけだ…素晴らしい提案だね!韓国の人たちは、この大統領を今すぐ弾劾したほうがいいよ。

11.海外のパネリスト
北朝鮮が世界に対して何かよからぬことをする前に、さっさと壊滅させるべきだと思う。

12.海外のパネリスト
>>11
これまで、アメリカの大統領は臆病者ばかりだった。だが、今、俺達には強きリーダー・トランプがいる。北朝鮮なぞ恐るるに足らず!

13.海外のパネリスト
米メディアは、トランプのことを”おしゃべりクソ野郎(trigger happy)”だと、よくこき下ろしているから、これまで交戦条件について一切言及していないっていうのは、かなり意外だった…実際はかなり慎重な人物かもね…

14.海外のパネリスト
こんな交戦条件、ほぼ意味ないでしょ?なんで発表したの?

15.海外のパネリスト
韓国の大統領は、一体自分を何様だと思っているんだろうか…(*Moon thinks he is controlling what we do→直訳:文大統領は、アメリカの行動をコントロールできると思っている。)

16.海外のパネリスト
ICBMが発射されても、核弾頭が搭載されているかどうかなんて、着弾するまでわからないじゃないか…

17.海外のパネリスト
こんな人物を大統領に選出するなんて…韓国人も愚かな決断をしたものだ…こいつは、戦争を回避するためならば、祖国をも売る男…いわゆる、政治的小心者にすぎない。

18.海外のパネリスト
この記事さ…なんでトランプが出てくるの…関係なくない?

19.海外のパネリスト
今頃、北の小太りさんは、ミサイル発射や核実験に関して、韓国から公認が降りたと、大喜びしていることだろう…

20.海外のパネリスト
っていうか、仮にこの交戦条件が満たされたとして…韓国政府はどうするの?降伏?

 




Update 2017/8/19 21:17
「ノースカロライナ州における銅像引き倒し事件の参考リンクアドレス修正。」

先週金曜日、アメリカ南部ヴァージニア州シャーロッツヴィルにて、*南北戦争における南部連合軍司令官ロバート・E・リー将軍”の銅像撤去を巡り、それに反対する白人至上主義集団と、彼らに対抗するカウンタープロテスト間にて激しい衝突が発生。白人至上主義側の1人が車でカウンタープロテストの集団に突撃し、女性1名が犠牲となっている。

(*1861年から1865年にかけて、アメリカ合衆国の北部諸州とアメリカ連合国を称した南部諸州との間で行われた内戦を示す。(by Wiki)現在でも、旧南部同盟地域を中心に、リー将軍の人気は根強いとされる。一方、黒人やリベラル層などからは、それら南部同盟の兵士達を英雄視する風潮に、嫌悪感を示す人々も多い。)

事件後、マスコミの取材に応じたトランプ大統領は、騒乱に関わった双方の責任を指摘しながらも、リー将軍の銅像撤去に反対する人々を賞賛(“fine people")し、理解を示した。また、”(アメリカ合衆国初代大統領)ジョージ・ワシントンもかつて奴隷のオーナーであった。(George Washington was a slave owner)”などと、白人至上主義を擁護するかのようなコメントを出したため、メディアなどから、壮絶なバッシングを受けている。一方、CBSによる新たな世論調査によれば、共和党支持層の67%が、トランプ大統領のこういった姿勢を評価しているという結果も明らかになっている。(参考)

シャーロッツヴィル事件は全米各地に影響を与え、ノースカロライナ州では南部同盟の兵士像が、リベラル集団により引き倒される事件が起きており(参考)、また、白人至上主義側でデモに参加していた人々の個人情報がネットで特定され、会社を解雇されるなどの事態も発生しているという。(参考)

この話題を掲載しているヤフーの記事には、現在約2万3000件以上ものコメントが寄せられ、このトピックに対する米国人の関心が、非常に高いことが見てとれる。(*平均コメント数は0~500件ほど。1万件を超えることは非常に稀。)

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/trump-stands-remarks-charlottesville-george-washington-slave-owner-211815404.html
http://www.huffingtonpost.com/entry/trump-white-nationalists-charlottesville_us_59938783e4b009141640f628

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー&米ハフィントン・ポスト
[コメント傾向]
米ヤフー(*若干保守)
米ハフィントン・ポスト(*リベラル)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでのリクエスト、ありがとうございました。

今回、米ヤフー(*若干保守)だけでは少し意見に偏りが見られたので、米ハフィントン・ポスト(*リベラル)の反応も追加しています。

//------------------//
From 米ヤフー(*若干保守)
//------------------//

1.海外のパネリスト
一人の馬鹿のために、なぜ保守派全体がその責めを負わねばならないのか?

2.海外のパネリスト
メディアが国の分断を煽っている…こんな状態では、団結など不可能だ。

3.海外のパネリスト
左翼は高き理想を掲げ、まるで小さき聖人のごとく振舞うが、いざ意見の異なる人々と対峙すると、その攻撃的な本性を表す。人類史上最も危険な人種である。

4.海外のパネリスト
少なくとも、白人団体は事前に(銅像撤去反対の)デモ許可を当局から得ていたわけだから、それを妨害した抗議者達(黒人とその支持者)が間違っているよ。

5.海外のパネリスト
仮に銅像の撤去を望んでいたとしても、それは法にのっとった形で要求されるべきだ。

6.海外のパネリスト
いいぞトランプ!彼ら(白人至上主義者達)は、何も間違っちゃいない!!もっと言ってやれ!!!

7.海外のパネリスト
”双方に責任がある”…正しい認識だと思うけどな…特に、今回は左翼(抗議者)のほうが、デモ申請を怠っていたということもあるし…

8.海外のパネリスト
別にトランプを支持しているわけじゃないけど、銅像を撤去することに意味があるとは思えない。過去の出来事なわけで…トランプが言っているように、奴隷制に関わった人物全てを排除しようとしたら、ジョージ・ワシントンもアメリカの歴史から、削除されることになるだろう。

9.海外のパネリスト
私は大統領を支持する!メディアのバッシングを恐れない姿勢が気に入った!!

10.海外のパネリスト
大手のメディアは、黒人至上主義者による白人への差別的なメッセージに対して、一切非難を浴びせない。これが君達のジャーナリズムなのか?

//------------------//
From 米ハフィントン・ポスト(*リベラル)
//------------------//

11.海外のパネリスト
ついにトランプがナチズムの支援者であることを認めたぞ!

12.海外のパネリスト
去年の大統領選挙で、ヒラリーよりはマシだと思ってトランプに票を入れた諸君…気分はどうかね?

13.海外のパネリスト
>>12
ウィスコンシン州に住む実家の連中(トランプに票を入れた)に、同じ事を言っておいたよ。

14.海外のパネリスト
>>12
共和党の支持者は、この事態をむしろ喜んでいるだろう。

15.海外のパネリスト
議会の政治家達は、トランプの語った内容ではなく、トランプ自身を糾弾すべきなのだ。

16.海外のパネリスト
>>15
弾劾手続きを進めるべきだね。

17.海外のパネリスト
白人至上主義者達は平和的デモ活動だと言いながら、様々な武器を用意していた。彼らが望んでいるものは混乱だけだ。

18.海外のパネリスト
>>16
ピッチフォーク持ってる奴もいたぞ!

19.海外のパネリスト
いつになったら共和党の議員達は、アメリカ国民の恥であるこの男(*トランプさん)に、終止符を打つのか?トランプが大統領の座を去るまで、我々は税金の支払いをボイコットすべき!

20.海外のパネリスト
トランプの発言は、ナチスと連合軍を同列に非難するようなもの。

 




Update:2017/8/19 13:47
(一部誤字修正 ”フランス飛地領”メリリャ”出身→スペイン飛地領”メリリャ”出身” コメントでのご指摘ありがとうございます。)

今週木曜日、スペイン・バルセロナの観光地"ランブラス通り"、及び、カタルーニャ州”カンブリス”において、歩行者の列に車が突っ込む事件が連続して発生した。特に"ランブラス通り"では、多くの死傷者が確認されており、現在までに犠牲者は14名、重軽傷者は100名を超えているという。スペイン警察は一連の事件を”テロ攻撃”と認定、捜査を始めている。

海外メディアによると、事件発生から数時間後、今回の犯行に関わった複数の人物が、警察により射殺、もしくは拘束されたとしている。また、犯人グループの一部がモロッコ北部にあるスペイン飛地領”メリリャ”出身であること、テロ組織ISISが犯行声明を発表したことなども報じられた。

現在、スペインではアフリカ大陸などから移民が殺到しており(参考)、先日も、観光地の海水浴場に大量の移民を乗せた船が漂着するなどの事件が、起きたばかりである。(参考:当ブログ記事)

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/barcelona-lorry-crash-truck-ploughs-pedestrians-city-centre-152356629.html
http://www.telegraph.co.uk/news/2017/08/17/everything-know-barcelona-terror-attack/
https://www.theguardian.com/world/live/2017/aug/18/barcelona-cambrils-terror-attack-suspects-killed-latest-updates

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

シャーロッツヴィルでの争いに言及するコメントが多く見られました。

次回更新予定:本日午後3時ごろ
予定更新内容:「トランプ大統領、白人至上主義者に同情?シャーロッツヴィル事件が米国を二分する騒ぎに…(仮題)」

//------------------//

1.海外のパネリスト
我々は戦争の真っ只中にいる。世界はその事実を無視し続けているんだ…
(注:移民問題を軽視する人々に対するコメントだと思われる。)

2.海外のパネリスト
西洋社会は脆い…差別主義者の烙印を恐れるあまり、何も出来なくなっている。これではムスリム達に
無条件で降伏しているようなものだ。

3.海外のパネリスト
結論を急ぐべきじゃないとは思う…でも、やっぱり…最近の急激な移民流入が、この惨事をもたらしたのだと、感じざるを得ない。何らかの対策は必要。

4.海外のパネリスト
リベラルの連中は、犯行グループが使用した車の色が白(White:白人という意味もある。)だったことを口実に、車会社を攻撃し始めるだろう。

(*先日アメリカで発生した南部ヴァージニア州シャーロッツヴィルでの、白人至上主義集団vs抗議集団との争いを揶揄しているコメントと思われる。)

5.海外のパネリスト
早合点はいけない!!!…犯人がイスラム教徒なのは間違いないけど!

6.海外のパネリスト
これで何度目なの…

7.海外のパネリスト
移民達は、”平和の宗教(*イスラム教を意味する皮肉。)”を我々の国に持ち込むことにより、”文化的円熟”を、我らの社会に与えてくれたのだよ…

8.海外のパネリスト
もし、イスラムが”平和”、”愛”、そして”相互理解”を尊重する宗教であるのなら…それはもう、イスラムではない。

9.海外のパネリスト
アメリカでは白人至上主義に抗議し、南軍兵士像が引き倒され賞賛された(参考)…ならば、イスラム教徒からのヘイト・クライムに抗議して、モスクを壊すことも正当化されるのだろうか?

(注:原文が分かりにくかったので、かなり訳補しています。)

10.海外のパネリスト
リベラル達が静かだね…抗議しないの?

11.海外のパネリスト
移民を受け入れるからこういうことになるんだ…いずれドイツ、フランス、イギリスなど(移民が多い国家)では、こういったテロ攻撃が日常の光景となるだろう…

12.海外のパネリスト
色々賛否はあるだろうけど、少なくとも、トランプはこういった事態が米国で起こらないように、一生懸命努力していると思う。

13.海外のパネリスト
政治家達は真実を語りたがらない…一番大切なことは、警察予算の増額や治安対策の徹底なんかじゃない…イスラム教徒の増大をいかに食い止めるかということなんだ。彼らの侵略を止めない限り、何も解決はしない。

14.海外のパネリスト
よく左翼達は、”イスラムテロリストは、イスラム教徒全てを代表しているわけじゃない。”って主張している。でも…そんな君達だって、一部の過激な言動をする人間をことさら取り上げて、保守派全体を”差別主義者orナチス”扱いしてるじゃないか…

15.海外のパネリスト
リベラルの論理から行くと、このテロ攻撃にイスラム教徒はまったく無関係…でも、シャーロッツヴィルでの争いは、全部白人の責任!ってことらしい…

16.海外のパネリスト
何言ってるんだ!これはテロじゃない!!多様性と無国境主義が生み出した美しき果実さ…

17.海外のパネリスト
"*スナック・バーは偉大なり!"ってね!…

(*Aloha snackbar:イスラム教徒によるテロ事件を批判するためのスラング。”アラーは偉大なり!”を揶揄したものらしい…)

18.海外のパネリスト
もしこの事件の犯人がイスラム教徒だと確定したら(いや、ほぼ確定してるけど…)…君達左翼達は誰を非難するのかな?この期に及んで、白人を非難するのかい?

19.海外のパネリスト
ムスリムor黒人が居るところには、必ず争いが生まれる…

 



(*メルケル首相の演説中、抗議者による笛の音や罵声が聞こえる。)

ドイツ・メルケル首相がフランクフルト郊外の街で演説中、抗議者達から野次られるという事態が発生した。難民問題で揺れるドイツ世論を象徴する場面として、海外メディアが報じている。

ブルームバーグなどの報道によれば、メルケル首相はそれらの抗議を完全に無視し、ドイツ製ディーゼル車の排ガス不正問題や、国内の治安維持などについて32分間演説を続け、”(この四年間で)ドイツ国民の生活はより良くなった。(people are doing better)”などと、述べたとされる。

最新の世論調査においては、内紛が続き支持率を落としていた保守派政党AfD(ドイツのための選択肢)が復調の兆し(*10%を獲得)を見せており、次回の選挙において、初の議席を獲得する見込みだ。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/m/7da8f7cd-2584-3372-8d31-08810304dc96/ss_merkel-jeered-on-the-campaign.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
もし、メルケルが今度の選挙で再選するようなことがあれば、それはドイツ国家にとっての破産宣告となる。ヒットラーはすら成し遂げられなかったヨーロッパ大陸の破壊を、彼女は成し遂げるだろう…

2.海外のパネリスト
>>1
”成し遂げる”じゃなくて、”成し遂げた”…ね。

3.海外のパネリスト
リビアの故ガタフィー大佐はかつてこう述べていた。”ヨーロッパには5000万人のイスラム教徒がいる。彼らこそ、イスラムがヨーロッパに勝利するための原動力となるのだ。刀を使わず、銃を使わず、占拠もせず…我々は、ヨーロッパ大陸をわずか数十年で、イスラム大陸へと変貌させることができるだろう……”…イスラムに支配されたくなければ、イスラム移民を拒絶するほかない…

4.海外のパネリスト
>>3
今いる連中も、追い出すしかない…

5.海外のパネリスト
野次られた?逮捕しろよ!裏切り者だぞ!?

6.海外のパネリスト
>>5
彼女は現代のマリー・アントワネット。

7.海外のパネリスト
移民を利用してドイツを破壊したんだ。罵声を浴びせられて当然!

8.海外のパネリスト
”ドイツ国民の生活がより良くなった。”だって!?嘘こけ!!!

9.海外のパネリスト
>>8
おかげさまでドイツはめちゃくちゃです。

10.海外のパネリスト
"政治的公平性"という概念が、ドイツとドイツ社会を破滅に導いたのさ。一番の問題は、メルケルに変わる政治家が存在しないということ。他の連中は、彼女よりもはるかにリベラルだからね…。結論:ドイツはもう終わり。

11.海外のパネリスト
>>10
それ、わかるわぁ…AfDが唯一の希望だったんだけど、マスコミに煽られて自滅しちゃった…残りはクズばかり…メルケルよりも信頼できない…

12.海外のパネリスト
メルケルの抗議者「メルケル辞めろ!」:メルケルの支持者「アラーは偉大なり!!!」

13.海外のパネリスト
>>12
ウケる!…でも…悲しい事実だなぁ…

14.海外のパネリスト
イスラムの侵略が続けば、こうした抗議活動もできなくなるんだろう…

15.海外のパネリスト
ドイツに流入している移民の多くは男…つまり!彼らはいずれドイツ人女性と結婚し、イスラムの血を引く子供を授かるわけだ…そしていずれ…ドイツ語とドイツ文化は消滅していく…

16.海外のパネリスト
>>15
(経済界などが)安い労働力を確保しようとした結果がコレだよ…

17.海外のパネリスト
リベラルメディアは、こういった難民侵略者達に対する抗議活動を過小評価するけど、実際には大きな声になりつつある。大手メディアの報道は信用できない!

18.海外のパネリスト
メルケルのもたらした災難は、第二次世界大戦における敗戦以上の苦しみを、ドイツ国民に与えることだろう…

19.海外のパネリスト
国内の治安維持?あんたがその治安を乱した張本人だろ!!!

20.海外のパネリスト
それでも彼女は再選する…もういい…もういいや…ドイツ人を理解しようとするのはもう止めよう…疲れちゃったよ…

 




海外メディアによる報道では、今週火曜日、韓国の文在寅大統領が演説を行い、同政府の事前承諾がおりない限り、朝鮮半島での軍事行動は容認できない、との見解を示した。これは現在、北朝鮮との軍事的緊張が高まりつつある、米政府への警告として捉えられている。

文大統領による演説(意訳):”朝鮮半島における軍事行動は、韓国政府の決断によってのみ実行されうるものであり、如何なる国家も、韓国政府の合意無しに軍事行動を遂行してはならない。(Military action on the Korean peninsula can only be decided by South Korea and no one else can decide to take military action without the consent of South Korea)”

さらに、文大統領は”全ての手段を用いて、戦争を食い止める。("The government, putting everything on the line, will block war by all means,")”と語り、北朝鮮へ再び交渉の場に着くよう、訴えていたとされる。(”Moon also urged the North to come to the dialogue table”)

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.express.co.uk/news/world/841677/South-Korea-Trump-North-Korea-War-Nuclear-Moon
https://www.yahoo.com/news/m/4ae65aeb-07d1-3770-b36d-7e64e723fb1a/ss_south-korea%27s-president-moon.html
https://www.youtube.com/embed/XlkjMpN6uU4

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

文大統領によるこの演説は、(直接の名指しこそ避けているが…)文脈から察するに、アメリカへの(*韓国政府の事前承認が無い軍事行動に対する)牽制であることは、ほぼ間違いないと思われる。一方、この言動は欧米メディアなどで広く報じられ、そのことに動揺した韓国政府が、”これらの報道は過度に誇張されている。”とする声明を、発表する事態にもなっている。

http://www.breitbart.com/news/report-south-korea-office-says-reports-seoul-warned-u-s-are-excessive/

//------------------//

1.海外のパネリスト
そりゃあ、素晴らしい!全ての米軍と供給物資を韓国から引き上げよう!もちろん、米企業も含めて!!韓国に全てを任せようではないか!!!なぁに、彼らならきっと北朝鮮としっかり対峙していけるさw

2.海外のパネリスト
韓国の承認があろうがなかろうが、我々の脅威に対しては粛々と対応するのみ。

3.海外のパネリスト
グアムが攻撃されたら、韓国に攻撃許可を取ってる余裕なんかないだろ…

4.海外のパネリスト
>>3
仮に韓国が(報復で)攻撃されたとしても、しょうがないと思う…だって、彼らは標的になっていることを知りながら、好んで北朝鮮の隣に住んでいるんでしょ?

5.海外のパネリスト
この大統領は、なんてという愚かな宣言をしているんだろう…アメリカや、同盟国が北から攻撃を受けても、”韓国政府による決断を待て!”というのか?

6.海外のパネリスト
ようやく、韓国のリーダーが左翼としての本性を現したみたいだね…

7.海外のパネリスト
”朝鮮半島”じゃなくて、”韓国内”って言えばよかったのに…これじゃあ、仮に北朝鮮が韓国を攻撃しても、助けられないじゃん…(注:北朝鮮を攻撃できないという意味。)

8.海外のパネリスト
彼は馬鹿だねぇ…核攻撃されるかもしれないのに、わざわざ韓国の判断をアメリカが待つわけないだろう…北朝鮮シンパ(共鳴者)なのかなぁ…

9.海外のパネリスト
韓国政府の意向なんざ、知ったこっちゃないね。俺達はアメリカ国民を守るための行動するのみ!

10.海外のパネリスト
この大統領の両親は*北朝鮮出身らしいから(参考)…でも、朝鮮戦争で命を懸けて共に戦った同盟国アメリカに対する態度がコレとは…

11.海外のパネリスト
韓国っていうのは、嘘を付いて生きてきたような国家…

12.海外のパネリスト
アメリカや同盟国の助け無しには、彼らは今存在すらしていないだろう…北朝鮮の攻撃に、どのように対処するかはアメリカが決める。自国の防衛に関して、他国の意向を忖度する国家など存在しない!

13.海外のパネリスト
北朝鮮へ先制攻撃する際には、事前に知らせてくれということなんだろうけどね…もちろん、北朝鮮が先に攻撃してきた場合には、まず無理だけど…

14.海外のパネリスト
(朝鮮戦争における)アメリカの支援がなければ、今頃、彼も”北の小太りさん”に、敬礼をしていたことだろう…

15.海外のパネリスト
米韓関係を見直す時期が来ているのかもしれない…

16.海外のパネリスト
つまり…朝鮮半島情勢については、韓国単独で対処できるということだね?それはよかった…韓国内にいる米兵達は、これで大手を振って帰国することができる…韓国の大統領が狂った人で本当によかった…

17.海外のパネリスト
事前の交戦許可を求めるだって?そういった要請は、まず北朝鮮にするべきじゃない?韓国にミサイル攻撃する際は、事前に報告してください…ってね…

18.海外のパネリスト
別にかまわないけどさ…北から攻撃されても、アメリカに助けを求めないでね♪

19.海外のパネリスト
韓国・ソウルがミサイル攻撃された暁には、彼の言葉を思い出すことにしよう…

20.海外のパネリスト
リベラル羊は、獰猛な狼にとって格好の標的…

 




Update:2017/8/17 2:22
Song Info追加&タイトル変更:コメントでのご指摘ありがとうございます。

//------------------//
//Song Info by Wiki
//------------------//

ジョー・ストラマーとミック・ジョーンズによるこの曲のタイトルは、BBCが第二次大戦中に占領地向け放送で使用した「こちらロンドン (This is London calling ...)」にちなむ。歌詞は、1979年に起きたスリーマイル島原子力発電所事故へのストラマーの関心を反映している。

ストラマーは言う。「俺達は斜面を滑り落ちまいとあがき、爪の先で引っ掛かっている。誰も俺達を助けてはくれない」サビの歌詞の一節 "London is drowning/And I live by the river" は、テムズ・バリアー建設の影響でテムズ川が氾濫し、ロンドン中心部が水没するのではないかという懸念による。

歌詞は、まだバンドが当時多大な借金にあがいていた事への絶望感を反映している。マネージメント不在でこのアルバムを1枚で出すか2枚組にするかの言い争い。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.youtube.com/watch?v=EfK-WX2pa8c&list=RDEfK-WX2pa8c

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Youtube
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
論争はいらない。ただ、この音楽を楽しみたい…

2.海外のパネリスト
>>1
(クイーンによる)ボヘミアン・ラプソディの動画でも、色々と騒いでいる人たちがいるよね…

3.海外のパネリスト
このバンド&曲は、イギリス人としての誇りを思い起こさせてくれる…

4.海外のパネリスト
>>3
ピンク・フロイドは?w

5.海外のパネリスト
今日はコーヒーじゃなく、紅茶を飲もう…

6.海外のパネリスト
>>5
今日はクッキーじゃなく、ビスケットを食べよう…

7.海外のパネリスト
>>5
今日はパンケーキじゃなく、*クランペットを頂くとしよう…

(*イギリスの伝統料理。セクシーな女性を意味するスラングでもある…)

8.海外のパネリスト
>>5
今日はサイダーを飲んで下痢をしよう!

9.海外のパネリスト
>>5
今日はワインを飲んで旦那を殴る!

10.海外のパネリスト
若い人たちにとっては、”ホラー映画の主題歌”ってくらいの認識なんだろうなぁ…

11.海外のパネリスト
>>10
もしそうなら人生の敗者確定。

12.海外のパネリスト
”ロックなんざクソだ!”っていう奴を、*ポール・シムノン風にギターでぶん殴りたい!

(*元ザ・クラッシュのベーシスト。同バンドによる2枚組アルバム『ロンドン・コーリング』ジャケットでのベース破壊写真が非常に有名。)

13.海外のパネリスト
”ISISがやってくるぞ!(The isis is coming )”って予言してる!?

14.海外のパネリスト
>>13
マジだwww

15.海外のパネリスト
>>13
0:55あたりだね…

16.海外のパネリスト
>>13
実際は”氷河期がやってくる!(the iceage is coming?)”だけどね…w

17.海外のパネリスト
一部の世代にはたまらない…

18.海外のパネリスト
これこそリアル・パンクであり、本物のブリティッシュ・ロック!

19.海外のパネリスト
>>18
私は生粋のロンドン人だが、当時はクラッシュよりも*ダムドのほうが、ロンドンの子供達には人気があったよ。

(*1976年に結成されたイングランド出身のパンク・ロック・バンド。)

20.海外のパネリスト
>>18
これパンクなの?

21.海外のパネリスト
Briext後は、これを国歌にしよう!

22.海外のパネリスト
>>21
でも、首都がメインテーマの曲だからなぁ…

 




海外メディアの報道によれば、カナダとの国境沿いに集結しているアメリカからの移民(*ほとんどがハイチ人)を制御するため、カナダ警察が逮捕をチラつかせる事態となっているという。

現在、トランプ政権下での強制送還を恐れ、カナダを目指す移民の数が急増している。カナダ当局も、モントリオールにあるオリンピック・スタジアムを開放するなどして、移民対策を進めているが、流入規模があまりにも大きく、圧倒されている状態だ。

移民が殺到しているケベック州首相フィリップ・クイヤール氏は、彼らに対する審査を適切に遂行する意向を示している。(*無条件での受け入れは拒否。)

また、これまで移民受け入れを積極的に推進していたジャスティン・トルドー首相の報道官も、次のように述べ、移民に対する厳しい対応を擁護した。

”もちろん、カナダは世界中の移民に対して開かれた国であります。ただし、それは現在起きているような無条件での入国を、許可するという意味ではありません。(Yes, Canada does remain an open and welcoming country for immigrants from around the world, but that doesn’t mean there is a free ticket into the country through the irregular crossings that are happening now,)”

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.miamiherald.com/news/nation-world/world/americas/haiti/article166945867.html
https://www.forbes.com/sites/andyjsemotiuk/2017/08/12/illegal-immigrants-flee-to-canadian-border-as-trump-cracks-down-on-immigration-in-the-u-s/
https://www.youtube.com/watch?v=ojjIKi4jHoU

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
https://www.yahoo.com/news/m/afaeef39-6301-31b5-8e4b-947e5975ace7/ss_for-haitians-in-u.s.%2C-the.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
逮捕なんかしちゃ駄目だ!彼らが怖がって、アメリカから出て行かなくなるじゃないか!!!

2.海外のパネリスト
きっとカナダに向かっている移民達は、逮捕されることなんか気にしていないよ。

3.海外のパネリスト
そのうち馬鹿なリベラルたちが、こういった移民を補助する金を出せと騒ぎ出すぞ!

4.海外のパネリスト
>>3
いずれカナダ首相も、同様の要求をアメリカにしてくるだろう…

5.海外のパネリスト
しかし、彼らはどうやってカナダ国境まで移動しているんだろうか?徒歩ではないだろうし…交通費もかなりかかるはず…

6.海外のパネリスト
>>5
道中で車を盗んだんじゃない?

7.海外のパネリスト
>>5
ニューヨークからなら、50ドルで長距離バスが出てるよ。

8.海外のパネリスト
>>5
支給された社会保障費を使ったに決まってる。

9.海外のパネリスト
>>5
いい質問だ。同じようなことをギリシャやイタリアにいる移民達を見て思った。彼らはどうやって携帯を手に入れたのだろうか?彼らには住所がないはず…毎月の支払いはどうしているのか…しかも、別大陸へと移動していながら、普通に通話できているのは何故なのか…わからない…

10.海外のパネリスト
>>5
移民様はすべてを無料で手に入れられるのさ!

11.海外のパネリスト
>>5
実際、不法移民って結構金持ってるんだよ…下手したら俺やあんたらよりも金持ちかもしれない…

12.海外のパネリスト
>>5
町のスーパーで、こういった移民を見かけたんだけど、カート一杯の酒をクレジットカードで買い込んでいた…

13.海外のパネリスト
カナダ警察が移民に対して逮捕をチラつかせているだって!?アメリカ大陸の誇る”地上の楽園”に、何が起きているんだ!?

14.海外のパネリスト
>>13
夢から覚めたのさ。(reality set in for canada.)

15.海外のパネリスト
>>13
どうせ逮捕してもすぐ釈放するんでしょ?

16.海外のパネリスト
>>13
侵略者様達がわざわざ来てくださったんだ!有難く、カナダを侵略してもらいなさい!!!

17.海外のパネリスト
>>13
シー!!!そんなこと言っちゃイカン!リベラルたちが発狂するぞ!!!

18.海外のパネリスト
カナダの”ホスピタリティ(寛容さ・もてなしの姿勢)”には恐れ入った!あれだけアメリカの移民政策を批判していたくせに、いざ、自分達の国に移民が殺到するやいなや、ここまで辛らつな対応ができるとは…

19.海外のパネリスト
>>18
カナダがアメリカの移民政策を批判していたのは、それにより、アメリカからの移民が増えることを懸念していたからさ…

 



(*中印両軍の高官による会談が行われたことを知らせる、インドの英語ニュース)

紛争地”ドクラム高原”を巡る、中国とインドの緊張が高まっている。

事の発端は、先月16日、中国が”ドクラム高原”を併合するため軍、及び、道路を設営するための建設作業員を同地域へと派遣したことに始まる。この中国政府の動きに対して、”ドクラム高原”の領有権を主張しているブータン政府は軍隊を派遣、中国軍の侵入を阻止しようとしたが、押し切られてしまう。その後、ブータン政府は、隣国インドへ助けを求め、その要請に応じたインド軍が同地域へ急行、現在まで、中国軍とのにらみ合いが続いている。

先週水曜日、中国外務省は国営紙「環球時報」の海外版「Global Times」にて声明を発表、インドに対して、次のような警告を発した。”インドは、(中国が領有権を主張するドクラム高原地域から)軍を引き上げねばならない。国境を無断で侵入し、駐留することは、中国の統治権に対する重大な侵害である。”

また、一部の報道によれば、8月19日を期限とし、中国軍が戦闘を開始するとの情報も流れている。

8月5日「環球時報」の海外版「Global Times」の記事より…
”中国政府は”ドクラム高原”におけるインド軍との均衡状態を長引かせるつもりは無い。インド軍を追放するための小規模軍事作戦(a small-scale military)が二週間以内(8月19日)に発動される可能性がある。”(注:この記事は上海社会科学院の研究員による寄稿文とされており、信憑性は不明。しかしながら、非常に厳しい検閲を通り、国営紙に掲載されたことを考慮すれば、この文章が(間接的に)中国政府の意向を示しているとも、捉えられる。)

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/says-china-countdown-war-india-113220364.html
http://www.breitbart.com/national-security/2017/08/12/world-view-china-india-prepare-border-war-doklam-plateau/
https://www.ft.com/content/f2040a30-7e67-11e7-9108-edda0bcbc928

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
やめろ!もし中国がインドを崩壊させてしまったら…誰が俺の電話サポートをするんだ!?

(注:パソコンなどのサポートセンターがインド・中国には多くある。)

2.海外のパネリスト
>>1
逆に、インドが中国を崩壊させたら…ウォルマートが困るだろう…

3.海外のパネリスト
中国って、いつも他国を脅迫することにより、自分の要求を通そうしているけど…今回は、それが上手くいってないみたいだね…

4.海外のパネリスト
国連、役にたたねぇ…仲介役すら出来てない…なんでこんな奴らに、高い分担金払らなきゃいけないんだ!?

5.海外のパネリスト
>>4
彼ら(国連)はポップコーンを片手に、この騒乱を楽しげに鑑賞しているのさ…

6.海外のパネリスト
僕の予想では、トランプが北朝鮮を攻撃する時、中国はその混乱に乗じて、インドを攻撃するだろう。

7.海外のパネリスト
>>6
北朝鮮が滅び、そして、中国が負ける…一石二鳥じゃないか!

8.海外のパネリスト
>>7
戦闘経験豊富なインド軍とは違い、今の中国軍は実戦経験が少ない。インド軍の優位は明らかだ。

9.海外のパネリスト
中国にとって、核保有国であり、将来的な競争相手になりそうなインドを、今のうちに無力化させたいという気持ちがあるのだろう…

10.海外のパネリスト
アメリカはパトリオット・ミサイルをインドに提供したほうがいいと思う。中国への良い牽制になる。

11.海外のパネリスト
インドよ、中国の独裁者・習近平に気をつけろ!物腰は柔らかいが、積極的な領土拡張論者だ。

12.海外のパネリスト
口先だけだよ。中国なんざ”張り子の猫”さ…

13.海外のパネリスト
>>12
”張り子の猫のう@こ”…ね。

14.海外のパネリスト
>>12>>13
猫に謝れ!

15.海外のパネリスト
中国が消滅したら、誰が俺のチャーハンを作るんだ!

16.海外のパネリスト
米国は中国との貿易を取り止めるべきだ…いや、取り止めておくべきだったのだ…30年前に…

17.海外のパネリスト
>>16
そんなことしたら…IPhoneの部品が輸入できなくなってしまうじゃないか…

18.海外のパネリスト
南シナ海と同じようなことが起きているね…中国っていうのはいつも自分達の利益だけしか考えない。仮に、それが紛争を招いたとしても、自分達を不機嫌にさせた周辺国の責任だと主張する…どうしようもない奴らだ…

19.海外のパネリスト
中国は、国際社会における北朝鮮への軍事的言動を諌めてきた…ならば、彼らもインドに対して、威圧的言動を控えるべきではないのか?

 

このページのトップヘ