海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

文化・事件

イスラエル政府、安倍首相夫婦を招いた晩餐会で「靴デザート」を提供…物議を醸す[海外の反応]




世界中どこを探しても、夕食時、靴をテーブルに置くことが許容される文化は少ない。ましてや、日本人のエチケットにおいては、外靴を室内に持ち込むことは明確なるご法度である。

今月2日、イスラエルで行われた「日本-イスラエル間での高官協議」後、両国の首脳夫婦はイスラエル首相ネタニヤフ氏の住居にて、晩餐会に参加した。この席では、イスラエルが誇る著名なシェフ:Segev Moshe氏によって料理が振る舞われている。

しかし、デザートとして提供された「チョコレート・プラリーヌ」が、「靴を模した容器」に入れられていた為、その後、大きな騒動へと発展した。

イスラエルの人気地元紙”Yediot Aharonot”によると、「日本政府関係者、イスラエル外務省スタッフ・外交官は、このデザートのアイデアに驚愕していた」と、報じている。匿名のイスラエル当局者は、同紙の取材に対して、「無神経な判断である。日本文化において、靴ほど侮辱的なものはない。日本人は室内はおろか、仕事場ですら、それらを使用しないのだから。これは超一流の嫌がらせだ。」

また、匿名の日本政府関係者もコメントを寄せており、「靴を食卓に置くような文化は、世界中どこにもない。あの著名なシェフは一体何を考えていたのか?もしユーモアのつもりであるならば、まったく面白くない。安倍首相の気持ちを考慮すれば、大変心苦しい。」

一方、今回の件に関してはイスラエル外務省も正式に意見を発表。料理人:Segev Moshe氏に対する尊敬の念を示しながらも、「料理の選定に関して、我々は一切関与していない。」などと述べた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/benjamin-netanyahu-shinzo-abe-israel-japan-dinner-shoe-a8341401.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
調理人:Segev Moshe氏のインスタグラムより。
https://www.instagram.com/p/Bidx3pWgMnF/?utm_source=ig_embed
[コメント傾向]
批判的
[コメント選出基準]
順番・選択・英語のみ

//------------------//

1.海外のパネリスト(*Segev Moshe氏自身のコメント)
SegevArt(*Segev Moshe氏のお店)がお届けする「世界的チョコレート芸術作品」。器となっている金属の靴は「Tom Dixon Studio」さんに造っていただきました。


2.海外のパネリスト
貴方にとって、これが「芸術作品」なのですか?少なくとも、子供達に向かって、これが創造性の賜物であるとは、教えられません。いつの時代から「芸術」が「人の心を傷つけるもの」になってしまったのでしょう?

3.海外のパネリスト
おめでとうございます!あなたは日本の人々を、反ユダヤ・イスラエル主義へと変貌させることに見事成功されました!「畳に靴を置く事」は、「嘆きの壁」に対する「無礼」と匹敵する行為です。

4.海外のパネリスト
日本人がどう感じるか否かに関わらず…これは普通に酷いよ。

5.海外のパネリスト
「さあ!豚ども!!飯の時間だぞ!?」レベルの扱い。

6.海外のパネリスト
この写真を見て、無意識に「嫌いボタン」を探してしまった…

7.海外のパネリスト
お前はただのクソッタレだ!

8.海外のパネリスト
次回作が楽しみだね…君なら、イラン政府首脳陣に「豚のベーコン」を提供しかねない。

9.海外のパネリスト
靴が本物とか偽物(器)とか…そんなの関係ない。「靴」というのは「足」のためにある。食事を「口」に運ぶ場所である「テーブル」に、置かれるべきではないんだ。

10.海外のパネリスト
明らかなる愚行、もしくは、国際的な侮辱とでも喩えるべきか?

11.海外のパネリスト
ちょっと皆、騒ぎ過ぎじゃない?メディアに踊らされすぎているよ。ここで大騒ぎしている連中も、ほとんど日本人以外だし…

12.海外のパネリスト
著名な料理人であろうがなかろうが、靴に料理をいれるな!

13.海外のパネリスト
これマジなの?てっきりフェイク・ニュースだと思った。

14.海外のパネリスト
恐ろしいまでの無知。日本文化で育った人全てを馬鹿にする行為だ。

15.海外のパネリスト
ここのコメントを読んでいて興味深いのは、「怒りの意見」を投稿している大部分の人間が、欧米人・非日本人であるということだ。まるで「卒業舞踏会にチャイナドレスを着て出席した米女学生」を非難しまくるネット民のごとき…実際、ほとんどの在米中国人達は喜んでくれていたのに。(参考)イスラエルを叩きたいが為に、他国を利用するな。

16.海外のパネリスト
よくこれを首脳晩餐会に出そうと思ったな…

17.海外のパネリスト
俺は日本人じゃないが、すごく嫌な気分だ。

18.海外のパネリスト
もう少し日本の文化について勉強するべきだったね。

19.海外のパネリスト
「世界的チョコレート芸術作品」っていうか…「世界で最も愚かな給仕例」って感じ。


[米ヤフー知恵袋]親になるべきでない人物は存在するか?[海外の反応]




//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー知恵袋複合:
123
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Notification
//------------------//

一部のコメントにおいては、「好ましくない表現」が含まれています。予めご了承ください。

//------------------//
Q:「親になるべきではない人物」を考えることは、間違っているのか?
//------------------//

1.海外のパネリスト(*質問者)
人種や宗教などではなく、精神疾患や就業状態、知的レベルによって、親になるべき、もしくは、なるべきではないといった考えを持つことは、間違っていることなのだろうか?

2.海外のパネリスト(*ベストアンサー)
まったく間違ってないね。俺の知り合いの中にも、「コイツは親になるべきじゃない」と思う奴は何人もいる。だからといって、それを指摘するわけでもないけど…ただ、彼らを反面教師にして、自分は良き親であるよう、心がけている。

3.海外のパネリスト
少なくとも「親になるべき人間」が、国家や法律によって定められるべきではないと思う。それは、我々の権利を著しく阻害するものになるだろう。ただし、人々が自発的に「自らの親としての資質」を自問することは必要だ。「家族を持つ権利を誰しもが有している」と考える人もいるが、やはり、子供の世話ができる人々のみが、子供を授かるべきであろう。

4.海外のパネリスト
精神的にあまりにも未熟な人々や、まともに仕事をしていない人物に関するものであれば、「親になるべきではない」という議論も許されてしかるべき。自らの人生すらまともに生きられない人々が、他者の人生(*子供)を背負うことなど絶対にできない。精神的疾患に関しては、遺伝してしまう可能性もあるし…”負の遺産”をわざわざ後世に伝える意味がわからない。

5.海外のパネリスト
「知的レベル」での判別は賛成だが、精神疾患や就業状態によって区別することに関しては、なんとも言えない。

6.海外のパネリスト
自由主義社会においては、如何なる意見であっても、それを保有することは許される。ただし、それが間違った行為を誘発しない限り…

7.海外のパネリスト
私達は常日頃から様々な機会(*大学・就職など)で、能力を測られ、評価され、そして、判定されている。しかしながら、「親になる」ということに関しては、如何なる「テスト」も存在していない。誰もが「親になれる」状態だ。クズみたいな奴らが次から次に子供を授かる一方で、素晴らしき人格者達が不妊に悩まされている状況をみると、いたたまれない気持ちになる。だからといって、「子を持つ権利」を制限することには反対だ。それは人間の生物学的基本権利であり、決して乱されるべきではない。

//------------------//
Q:精神疾患者は親になるべきではない?
//------------------//

1.海外のパネリスト(*質問者)
なぜ一部の精神疾患者は、自らの”惨めさ”を”愛すべき子供達”に与えようとするのだろうか?もし自分がそうなら、絶対子供を授からないだろう。皆さんはどう思うか?

2.海外のパネリスト(*ベストアンサー)
個人的意見だけど、やはり「不十分な人々」には「親になること」を諦めてもらうよう、働きかけることは必要だと思う。遺伝要素が強いとされる著しい「健康面の疾患」や、「身体的な醜さ」を保有している人々も、ここには含まれる。

ただし、精神疾患に関していえば、「環境(後天性)」によって生じるものと、「性質」として受け継がれていくものを区別すべきだ。

一方、身体的にせよ、精神的にせよ、全ての疾患は「(医療行為などにより)軽減されうる」という前提も考慮されなければいけない。それらが必ずしも、生活の質を貶める要素にはならないのだから。

最終的には、人々が己の判断で決めるべきことだとは思う。

3.海外のパネリスト
頭が良く、精神状態も良いとされている人々(*政治家達)が、世界中で戦争やら紛争やらを引き起こしてるからねぇ…

4.海外のパネリスト
私は子供を授からないと決めている。子供達に、私の精神疾患が遺伝するかもしれないからね。

5.海外のパネリスト
むしろ子供を持つことによって、「精神疾患」になる場合もある…

//------------------//
Q:「遺伝性精神疾患」と「子供を授かること」
//------------------//

1.海外のパネリスト(*質問者)
皆さんのなかで、家族・親戚内に「精神疾患者」がいながら、「子供を授かる」決断をした人はいる?その決断をした時、「子供に精神疾患が遺伝すること」について考えたりしなかった?そして、実際に生まれた子供達の様子はどう?

私自身、かなり重い「精神疾患」を抱えていて、かつ、私の家族・親戚にはアルコール依存や、様々な精神疾患を持つ人々が沢山いる。おそらく、私の家族・親戚のうち、3/4は何かしらの障碍を保有している。

私は今20代で、長く付き合っている彼氏がいるんだけど、その人は「将来的に子供が欲しい」と熱望している。でも、私は自分や家族の性質が遺伝してしまうことを気にして、子供を授かることに躊躇している。

皆の意見を聞きたい。

2.海外のパネリスト(*ベストアンサー)
僕から見れば、貴方は「親になる過程」において、非常に責任感のある対応をしていると思う。今の時代、とても多くの人々が「経済的な余裕」や「自身の人間としてのスキル」を考慮せず、子供を授かっている。

人間というものは、「生まれ」よりも「育ち」がより重要である。実際、僕の母親は「精神疾患」を持っていたし、僕自身もそれを受け継いでしまった。でも、それは遺伝のせいではなく、やはり「育て方」に問題があったように感じる。彼女はいつも怒鳴ってばかりいたからね。そういった環境が、僕の精神疾患を重くさせたのさ。

子供に「遺伝的疾患」を受け渡してしまうことへの危機感は、よく理解できる。誰しも、自分の子供に「心身の障碍」を与えたいとは願わないからね。でも、子供には柔軟性・適応力がある。これまでにも、様々な人々が色々な「困難」を抱えながらも、子供達をしっかり育ててきた。仮に、子供が貴方と同じ「問題」を保有することになっても、貴方は、それに対処する適切な知恵を、彼らに伝えることができるだろう。楽観的に考えれば、そういった障碍を持ち、理解することによって、貴方の子供は、より多くの人々を受け入れられる人物になれる可能性もある。

僕は23になるが、いつか子供を授かりたいと思っている。もちろん、家を買ったり、経済的に余裕ができてからだけど…。例え、自分の子供に僕の「性質」が遺伝してしまっても、僕は彼らを支え続けるよ。

君がどういう判断を下すにせよ、幸運を祈ってる。

3.海外のパネリスト
私の家族も結構怪しいんだよね…確証はまだないんだけど。特に、母方の親族がすごく仲悪いの…その「性格の不安定さ」が、私にも遺伝してるっぽい。父方の親族にも、「精神疾患」を持ってる従姉妹がいるし…。ただ、これらが全て遺伝なのかは正直よくわからない。具体的な「症状」が出てきたのは、10代の頃だったから。

こういった事をずっと考えた末に、私は自分自身の子供ではなく、「養子」を迎え入れたいと思うようになった。自分の「性質」を遺伝させたくないからね。

仮に「精神疾患」を保有していても、「養子」という選択肢もある。彼らが勉強している時に「邪魔をしない常識」さえ持っていれば、それでいいのよ。

4.海外のパネリスト
個人の経験から言わせてもらえば、やはり「精神疾患」は遺伝しうると感じる。もちろん、例外もあるだろうし、「育児環境」などにも大きく影響されるとは思うけど。あまりにも「重い疾患」であれば、それを子供に与えてしまうことを躊躇するだろうけど、「軽い疾患」であれば、一緒に努力していけばいいんじゃないかな?

5.海外のパネリスト
「養子」を受け入れたほうが良いと思う。というか、「親になること」自体を諦めることも一つ。別に「子供」がいなくても、世界が終わるわけじゃない。「子無し夫婦」も沢山いるし、「普通とは少し違う生き方」ってだけ。

家族・親族が様々な(遺伝的)問題を保有しているにもかかわらず、無責任に子供を授かることは、「ありえないくらい利己的」な行為。生まれてくる子供に、人生を賭けた「一か八かの賭け」を強制するべきではない。

この世には、様々な事情から帰る家を失った「美しき子供達」が大勢いる。是非、そういった子供達の良きガイド役となってあげてください。

ソフトバンク傘下スプリントとT-モバイルの合併発表に懸念の声多数…[海外の反応]




---記事引用開始---
 【ニューヨーク=有光裕】ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位スプリントと同3位TモバイルUSは29日、合併することで合意したと発表した。

 2019年半ばまでの実現を目指す。米規制当局が合併を承認すれば、契約数で約1億2600万件となり、首位ベライゾン・コミュニケーションズや2位のAT&Tに対抗する第3勢力が誕生する。

 合併は株式交換で行われ、新会社の株式保有比率は、TモバイルUSの親会社で独通信大手ドイツテレコムが42%、ソフトバンクが27%となる。TモバイルUSのジョン・レジャー最高経営責任者(CEO)が新会社トップに就任する。
---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://news.livedoor.com/article/detail/14650162/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
https://finance.yahoo.com/news/t-mobile-sprint-finally-announced-163846316.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
80年代、流行語にもなった”規制緩和”という言葉を、もう一度思い出すべきだ。それは、独占的な商業活動を抑制し、企業間の競争を促進させることで、消費者利益を増大させようとする試みであった。現在、それとは真逆の出来事が起きている。特に通信分野において…このような動きは、結果として消費者の不利益につながるであろう。

2.海外のパネリスト
>>1
しょうがないね…現米政府の責任者(*トランプさん)が、80年代ビジネスシーン出身者なのだから…

3.海外のパネリスト
通信料爆上げ決定だね。

4.海外のパネリスト
>>3
顧客が多くなるわけだから、逆に価格が下がるんじゃない?むしろ、顧客を奪われたライバル通信会社の通信料は高くなるだろうね。

5.海外のパネリスト
>>3
合併が進めば進むだけ、雇用は減る…

6.海外のパネリスト
これからの米通信業界は、3つの巨大企業(Verizon Wireless・AT&T Mobility・新会社)によって独占されるわけだ…

7.海外のパネリスト
>>6
まだわからないよ?FCC(連邦通信委員会)の許可が下りたわけじゃないからね。

8.海外のパネリスト
>>6
君さぁ…”独占”の意味わかってる?”独(Mono:1つ)”だよ?

9.海外のパネリスト
>>6
かつてトランプは、スプリントによって約5万人の新規雇用が生み出されると豪語していた…あの話はどこにいったのか?

10.海外のパネリスト
合併に伴う諸費用は、すべて消費者が負担することになる。

11.海外のパネリスト
「*MetroPCS」を10年近く利用してるけど、結構便利だよ。月50ドル(*5500円くらい)で使い放題だからね。ただ、スマホ本体は割引なしで買う必要がある。

(*MetroPCS:T-Mobile社の前払い型通信サービス)

12.海外のパネリスト
そろそろ通信費の安い会社に移りたい…年間2000ドル(*22万円くらい)を、わずか数件の電話の為に費やすのはもう嫌だ…

13.海外のパネリスト
>>12
年に数件の電話しかしないのなら、スマホ自体いらないんじゃ…

14.海外のパネリスト
>>12
僕の携帯費用は年80ドル(*8000円)だよ。電話とメールしかしないからね…はっきりいって、これで十分。

15.海外のパネリスト
>>12
スマホを持つ人間の気が知れない。なんでこんなものに多額の金を使うのか?

16.海外のパネリスト
5G(次世代移動通信)とか、心底どうでもいい。とにかく通信費を安くしてくれ!

17.海外のパネリスト
>>16
5Gが導入されれば、通信費のさらなる高騰を招くだろう。5Gの運用においては、通信設備への追加投資が必要となり、それらを設置する人手や、メンテナンス費用など…それら全てが通信費に跳ね返ってくる。

18.海外のパネリスト
この合併が失敗に終わることを、心から願う。

19.海外のパネリスト
>>18
なぜ?

20.海外のパネリスト
>>18
業界大手である「Verizon」や「AT&T」の対抗馬が増えることは、我々にとっても、良いことなんじゃない? 

21.海外のパネリスト
>>19
巨大企業の誕生は、いつの時代も、決して望まれるべきではないからだ。

22.海外のパネリスト
>>18
大丈夫。どうせ失敗するよ…
 

米:スクールバス内で虐められる少年の動画がネットで拡散…[海外の反応]



(*少年保護の為、動画自体に加工がなされているようです。)

//------------------//
Update 2018/4/28 22:28
*タイトルを変更:コメントでのご指摘、ありがとうございます。
//------------------//

スクールバス内で虐められる黒人少年の映像がネット上で拡散、多くの批判が殺到している。この動画は、少年の母親が自身のフェイスブック上に投稿したものである。

今回の出来事は米バージニア州グリーンズビル郡で発生したとされ、同地区の教育委員会は調査に乗り出すと発表した。

動画の中では、7歳の黒人少年がスクールバス内において、周りの生徒達から馬鹿にされている様子が映し出されている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/m/532a6c82-aada-3604-9a88-e5cd679ad187/ss_a-video-of-a-7-year-old-being.html
http://metro.co.uk/2018/04/20/school-bus-bullies-leave-boy-7-tears-making-fun-old-shoes-7484877/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
"同地区の教育委員会は調査に乗り出すと発表した。"…絶対ウソだね。

2.海外のパネリスト
>>1
虐めた子供達の親が責任を負うべきだ!

3.海外のパネリスト
>>1
せいぜい全校集会を開いて”皆さん、こんなことをしてはいけません。次回から気をつけてください!以上!!”くらいでしょ?すぐに元通りさ…

4.海外のパネリスト
>>1
もしこの子が復讐のために学校で銃を乱射しても、こういった虐めの問題は無視され、銃規制の話ばかりに関心が移ってしまう。

5.海外のパネリスト
学校も悪いし、親たちも悪い!

6.海外のパネリスト
>>5
基本は親が一番悪いよ。子供達は親の姿を見て育つのだから。子猿は親猿の真似をするものさ。

7.海外のパネリスト
かつて私の子供も学校で虐められていたが、イジメっ子の親がちゃんと自分達の子供を指導をしてくれたおかげで、平穏な学校生活を送れるようになった。

8.海外のパネリスト
僕たちが子供だった頃と、現代における学校のあり方は、2つの点で大きく異なっている。まずひとつ目は「スマホ」の存在。大人はもちろん、子供で「スマホ」なんかを持っている奴は、当時、誰も居なかった。虐めの様子がネット上に拡散し、いつまでも残り続けるなんていうことは、絶対にあり得なかったんだ。2つ目は「スクールバス・ドライバーさんの倫理観」。昔なら、スクールバス内でこんな事態が発生したら、すぐにドライバーさんが飛んできて、争いを止めていた。

9.海外のパネリスト
>>8
昔は、教師や校長がイジメっ子のケツをよくぶっ叩いていた…今じゃ無理だけどね。

10.海外のパネリスト
>>8
わかる…昔、スクールバスのドライバーさん達は本当に怖かった。子供達が騒ぎすぎると、バスを止めて俺達にこう言うんだよ。「静かにしないとバスから下ろすぞ!歩いて帰るか!?」…そりゃ、皆、静かになるよねw

11.海外のパネリスト
>>8
子供達の争いに介入するのは、あまりにもリスクが高い時代なんだよ。下手したら虐待の容疑をかけられるかもしれない。

12.海外のパネリスト
私にも7歳の子供がいる…この子と重なって見えてツライ。

13.海外のパネリスト
こういった問題を放置し続けるのであれば、米国における学校内銃乱射事件の発生は、決して無くならないだろう。

14.海外のパネリスト
子供達の言葉が一つも理解できないんだが…何語を喋っているんだ?

15.海外のパネリスト
教育者の皆さん…「*ゼロ・トレランス方式 (不寛容政策)」はどこに行ったのですか?

(*ゼロ・トレランス方式 :割れ窓理論に依拠して1990年代にアメリカで始まった教育方針の一つ。「zero」「tolerance(寛容)」の文字通り、不寛容を是とし細部まで罰則を定めそれに違反した場合は厳密に処分を行う方式。)

16.海外のパネリスト
これは明らかに家庭内の問題。警察、学校、政府などに責任を押し付けてはいけないよ。

17.海外のパネリスト
この子が可愛そうで、動画を見てられない。自分の息子も、同じ目に遭うかもしれないと思うと…心が張り裂けそう…

18.海外のパネリスト
私は教師をしているが…この種の問題は、我々が教育に「モラル」よりも「学力」を求めた結果、生み出されているものだ。虐めや学校内銃乱射事件の解決に、「代数学」など何の役に立とうか?校内警察官達も、このような隠れた小競り合いには対応してくれない。私達に必要なのは何より「モラル教育」なのだ。
 

米:50セントの食器を巡り店員と口論になった黒人女性、警察官により羽交い締めにされる。[海外の反応]

1
(注:逮捕時の動画は、ショッキングな内容のため掲載を見送りました。)

米アラバマ州のワッフル店にて食事をとっていた黒人女性が、プラスチック食器代である50セント(*約55円)の支払いを巡り、店員と口論に発展。通報により駆けつけた警察官が、黒人女性を床に押し付けるなどした為、彼女の衣服が乱れ、胸が露出する事態となった。

この様子は彼女の友人によって撮影されており、現在、ネット・メディアなどで多く拡散している。映像の中では、警察官の一人が黒人女性に対して「お前の腕をへし折るぞ!」と、叫んでいる様子も映し出されている。

女性の継父によれば、彼女は一週間前にも同店で食事をとっており、その際、プラスチック食器が無料で配られていたという。そのため、今回プラスチック食器代として50セントを要求されたことに、抗議したと伝えられている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://abcnews.go.com/US/shes-owed-apology-father-woman-arrested-alabama-waffle/story?id=54669482

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ABC公式ツイッター
https://twitter.com/ABC/status/988574957528494080
[コメント傾向]
賛否両論
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
そもそも、なぜ彼女は逮捕されたの?

2.海外のパネリスト
これこそ現代アメリカ社会が抱える”差別”・”偏見”・”愚かさ”の例証事案である。一体、いつになったら法の番人である警察官達が、正しい職務のあり方を理解できるようになるのだろうか?

3.海外のパネリスト
如何なる肌の色をしている女性であれ、男性(警察官)によってこのような扱いを受けるべきではない。

4.海外のパネリスト
羽交い締めにされたというよりは、逮捕されることに抵抗したから、取り押さえられているだけだと思う。黒人・白人・差別主義者関係なく、命令に従わなければ同じ目に遭う。

5.海外のパネリスト
警察や店の対応に不満があるのなら、弁護士を呼べばいい。彼女の異常な対応は、「メディア用」としか思えない。

6.海外のパネリスト
なんて酷いことを…

7.海外のパネリスト
もし彼女が白人であったならば、このような扱いは受けなかっただろう。

8.海外のパネリスト
女性警察官を連れて行くべきだったね。

9.海外のパネリスト
各飲食店には、任意の客に給仕を拒否する権利がある。

10.海外のパネリスト
いくらなんでも、これはちょっとやり過ぎ。

11.海外のパネリスト
警察による新たな発表では、今回の事案は「50セントのプラスチック食器」を巡る騒動ではなく、この黒人女性が「アルコール飲料」を、店内に無断で持ち込もうとしたことが原因らしい。

http://mynbc15.com/news/local/gallery/city-issues-statement-on-viral-waffle-house-arrest-video

12.海外のパネリスト
とりあえずお巡りさんの言うことには従おうよ…なぜ抵抗するの?

13.海外のパネリスト
50セントくらい払えばいいのに…

14.海外のパネリスト
このワッフル店に、今まで1000回以上訪れてるけど…プラスチック食器の料金を、求められたことなんか一度もない。

15.海外のパネリスト
確かに、女性にも非があるかもしれないけどさ…床に押し付けたり、胸を露出させるような状況に追い込むべきじゃない。もっと穏便な方法があったはず。ロンドン警視庁を見習うべきだよ。

(注:ロンドン警視庁の仕事ぶりに対する遠回しな嫌味(*仕事をしない)が、含まれている可能性も…)

16.海外のパネリスト
自分の正当性については後でいくらでも主張できるのだから、その場は大人しく指示に従っておけばよかったのに。

17.海外のパネリスト
なんか臭うんだよね…猿芝居感が凄い。最初から(人種問題関連の)騒動を引き起こそうと、していたんじゃないか?

18.海外のパネリスト
もし君が黒人であるのなら、今すぐアメリカを去れ。今はトランプがこの国を支配しているのだから。

19.海外のパネリスト
ワッフル店はこの女性に謝罪するべきだ!

20.海外のパネリスト
>>19
食器の費用を請求して、何が悪い?


米:ネオナチ集会への抗議に現れた左翼集団のメンバー、顔を隠していたため逮捕される[海外の反応]




//-------//
Update 2018/4/24 19:20
一部語句を修正「カルフォルニア→カリフォルニア」:コメントでのご指摘、ありがとうございます。
//-------//

先週土曜日、米ジョージア州ニューナンにて、約400名の武装警察官達による厳重な護衛のもと、小規模のネオナチ集会(*30名程)が実施された。その際、彼らに抗議するため左翼団体Antifa(*反ファシズム団体)が現れたものの顔を隠していたため、周囲を警備していた警察官により、数名が逮捕される事態となった。

(*左翼団体Antifa…近年、アメリカなどで勢力を広げる左派系抗議団体。反ファシズムを標榜しており、ネオナチのみならず、穏健右派の言論集会などにも出現、過激なデモを繰り返している。黒い衣装を身にまとい、顔を黒布で覆っている事が多い。参考参考

AR-15などを装備した武装警察は、50名ほどのAntifaメンバーに対して(*Antifaデモ参加人数自体は数百名規模と報じられている。)、顔を覆っているマスクを取るように指示、命令を拒絶した数名を逮捕したという。米ジョージア州法においては、白人至上主義団体などへの牽制として、顔を覆う行為を禁止する条項が1951年に制定されている。しかし、この法律はこれまで、ほとんど使用されたことがないという。

//------------------//
//News Info
//------------------/

https://www.yahoo.com/news/militarized-cops-tiny-georgia-neo-035904259.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

アメリカ各州においては、白人至上主義団体対策として、「顔を覆う行為」を禁じている法律が存在しているようです。米国メディア等では度々、日本の「マスク文化」を疑問視する意見が散見されていますが、このような文化的背景が、多少なりとも影響しているのかもしれません。

//------------------//
//Notification
//------------------//

現在、スマホのコメント欄において、ライブドアブログの強制広告「オーバーレイ&コメント内広告」が表示されています。ご不便をおかけしてしまい申し訳ありません。今後サーバー変更等、検討していきたいと思います。

//------------------//

1.海外のパネリスト
彼らが顔を隠しているのは、監視カメラの顔認識機能対策だろう。

2.海外のパネリスト
>>1
なぜそんな対策をする必要が…?

3.海外のパネリスト
>>1
(Antifa団体に寛容であった)オバマはもう居ない!残念だったな!!!

4.海外のパネリスト
カリフォルニア州バークレーでも、同じ法律を制定するべきだ!!!

(注:2017年、カリフォルニア州バークレーにおいて、親トランプ団体(右派・ネオナチ)と反トランプ団体(左派・Antifa)が、断続的に衝突を繰り返す自体が発生した。参考

5.海外のパネリスト
>>4
カリフォルニアでは無理だろう。

(注:カリフォルニア州は、米民主党の大票田であり、リベラルの牙城といわれている。)

6.海外のパネリスト
>>4
もうあるよ?

7.海外のパネリスト
素晴らしい対応だ!法律は平等に適用されねばならない!!

8.海外のパネリスト
法律が存在している以上、賛同するしないにかかわらず、それに従うべき。私はリベラルであるが、如何なる団体・人物も法律を無視することは、決して許されるべきことではないと思う。なぜなら、これらの法律こそ、アメリカをアメリカたらしめている存在なのだから。

9.海外のパネリスト
>>8
アリゾナ州には「ロバをバスタブで寝かせてはいけない。」という、謎すぎる法律があるよ。

(*実話だそうです…)

10.海外のパネリスト
基本的に、アメリカの各州には「顔を覆う行為」を禁止する法律が存在している。これは60~70年代に白人至上主義団体対策を目的として制定されたものであるが、これまでAntifa団体へは適用されてこなかった。

11.海外のパネリスト
とても喜ばしいニュースだ!左翼が弾圧される話題はいつでも大歓迎だよ。

12.海外のパネリスト
>>11
ネット上で「匿名」という名の「マスク」を被るネオナチ支持者…

13.海外のパネリスト
自らの素性を明かして集会を行っている人々と、自らの素性を隠して過激な抗議を行う人々…どちらが社会的により危険な存在であるかは、至極明白である。

14.海外のパネリスト
>>13
ハロウィーンの時はどうしたらいいの?

15.海外のパネリスト
>>13
Antifa団体なんかに所属していることが職場に知れたら、仕事を続けられなくなるからね。素性を隠さざるを得ないんだよ。

16.海外のパネリスト
我々には「言論の自由」がある。しかし、「顔を隠して過激な行動」を行う自由は与えられていない。

17.海外のパネリスト
Antifaの人達って、マスク無しでは抗議できないのかね?

18.海外のパネリスト
私の街:ルイジアナ州ニューオーリンズでは、「ハロウィーン」と「マルディグラ(*キリスト教祝賀祭)」を除いて、「顔を覆う行為」全般が禁止されている。「顔を覆う行為」は犯罪を促進しかねない。決まりは決まり。しっかりと守られるべきだ。
 

[動画]米マクドナルド店員、態度の悪い客に平手打ちをする。[海外の反応]



米フロリダ州ジャクソンビルのマクドナルドにて、従業員が態度の悪い客を平手打ちする出来事が発生、この状況は動画に撮られており、ネット上に拡散している。

出来事を目撃した人物の証言によれば、最初に客が従業員に対してコーヒーカップを投げつけ、口論が始まったとされる。

動画の中で、従業員は「私にコーヒーを投げつけたわね!?」などと、叫びながら客に殴りかかっている。

殴られた客は、メディアの取材に答え、次のようなコメントを残した。

「言葉になりません。(従業員の行動に)大変驚かされました。この対応はプロとして失格です。例え、事前に何があったとしても(*コーヒーを投げつけられたとしても)、このような行動は避けられねばなりません。彼らの仕事は客商売なのですから、客を殴りつけるべきではないのです。彼らは会社の顔です。こんなことは馬鹿げています。」

本事案についてマクドナルド社に問い合わせをしているが、現時点で返答はない。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.kiro7.com/news/trending-now/mcdonalds-employee-in-florida-slaps-customer/731694301

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
http://boards.4chan.org/news/thread/245429
[コメント傾向]
政治版
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
最低賃金で働かされ、かつ、熱々のコーヒーを投げつけられてもなお、プロとして最高の仕事をしろと?なんなんだコイツ(客)は?

2.海外のパネリスト
>>1
時給が低いからといって、プロとしての矜持を失ってよい訳ではない。どこにだって酷い奴はいる。客だけではなく、同僚の中にだって…。そういった連中に対しても、最適な対応ができるスキルは絶対に必要だ。いちいち殴りかかってては生きていけない。

3.海外のパネリスト
>>2
ちょっと待て。君は熱々のコーヒーを投げつけられた経験はあるのか?試しに一度、自分で浴びてみろよ?

4.海外のパネリスト
>>2
裏拳を食らわせてやることこそ、こういう腐った客に対する最適な対応なのさ。

5.海外のパネリスト
>>2
「塩抜きポテト」を頼んでくるレベルなら「酷い客」で済むけど…今回は身体的な被害を受けているわけだし…

6.海外のパネリスト
>>2
俺は年収1000万を稼いでいるが、もし誰かが俺の顔にコーヒーを投げつけてきたら、回し蹴りを食らわせてやる。

7.海外のパネリスト
仕事ってのはそういうもの。だからこそ金をもらっている。嫌ならやめればいいだけ。

8.海外のパネリスト
>>7
彼らの仕事は給仕をすることであって、馬鹿にされたり、虐げられたりすることではない。

9.海外のパネリスト
素晴らしい従業員だ!飲食業に携わった人間なら、一度は夢見た対応である!”顧客第一主義”などクソくらえ!

10.海外のパネリスト
フロリダね…まぁ、こういうことが起こっても不思議じゃない。とりあえず、ファーストフード店員を見下すような奴は、殴られて当然だよ。

11.海外のパネリスト
こんな奴…”客”と呼ぶべきじゃない。

12.海外のパネリスト
まったく、黒人ってのは自制ってものを知らない…

13.海外のパネリスト
>>12
じゃあアンタは、火傷するような温度のコーヒーを顔に投げつけられても、我慢できるんだな?

14.海外のパネリスト
アメリカのサービス業って、いつも問題ばかり起こすよね…何故なんだろう…

15.海外のパネリスト
熱いコーヒーを他者の顔に投げつければ、通常、平手打ちじゃ済まないくらいの法的代償が求められる。これを理解できない奴は、ただの馬鹿。

16.海外のパネリスト
殴られるべき人間が殴られただけ。

17.海外のパネリスト
基本的人権の中には、正当防衛も含まれる。仕事中であろうがなかろうが、この権利は消失しない。

18.海外のパネリスト
>>17
今回の件は「正当防衛」とはいえないだろう。むしろ「報復」と判断されるべきものだ。家に押し入ろうとしている強盗を撃つことは「正当防衛」であるが、逃げようとしている強盗を撃つことは「正当防衛」にはならない。


仏:ムスリム女性が「顔を覆うヴェール」を取るよう命じられ、暴動が発生[海外の反応]




今週日曜日、フランスの南西部トゥールーズにて車が燃やされるなどの暴動が発生、数百名の警察官が出動する事態となった。

事件の発端は、日曜の午後5時頃、地元の警察官がフランスで禁止されている「顔を覆うヴェール(*イスラム女性民族衣装ブルカと思われる)」を着用している女性を発見。身分証明証の提出を求めたところ、写真が曖昧だったため、女性が着用していた「顔を覆うヴェール」をはずすよう命じたという。

しかし、当該女性は命令を拒絶、叫びながら助けを求めた。その後、彼女は逮捕され、パトカー内に連行された。

その後すぐ、30名ほどの地元民が集まり警察官達に対して攻撃を始めたという。この襲撃に対して、警察も応戦、催涙銃などの火器が十数回使用された。

//------------------//
//News Info
//------------------//


http://www.breitbart.com/london/2018/04/17/cars-burned-riot-woman-remove-full-face-islamic-veil/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//


[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/986186885734326272
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
フランスのイスラム化は急速に進んでいる。彼らはこの戦いに負け始めているのだ。

2.海外のパネリスト
撃っちゃえばよかったのに…

3.海外のパネリスト
ヴェールくらいで、なぜここまで大騒ぎするのか?

4.海外のパネリスト
「No-Go-Zone」に住んでる人達の保険加入料が凄いことになってそう…

5.海外のパネリスト
いずれアメリカもこうなってしまうのだろうか?

6.海外のパネリスト
>>5
すでにこうなっているよ。現在、アメリカにおける第二位の宗教がイスラムだからね。

7.海外のパネリスト
人々は理解するべきだ…ムスリムの目的が我々の支配であることに。

8.海外のパネリスト
難民達を歓迎して受け入れた結果がコレですよ。

9.海外のパネリスト
英警察が、イスラムに対して及び腰になっている理由がよくわかる。

10.海外のパネリスト
異文化集団の流入は、その数が一定数を越えた時、内戦に発展する。理想論などは通用しないんだ。

11.海外のパネリスト
マクロン大統領!軍に対して不満を述べている場合ではありません!フランス国民を守るために、一致団結すべきです!!!

(*軍事予算縮減などを巡り、軍トップとマクロン大統領間に対立が生じていた。参考

12.海外のパネリスト
国家の法律を守れない人々は、その国から出ていくべきだ。

13.海外のパネリスト
彼らを祖国に送り返そう!

14.海外のパネリスト
ムスリム達にとって、イスラム法は地元法よりも遥かに大切なもの。だからこそ、女性や子供に対する人権侵害が、いつまでも無くならない。

15.海外のパネリスト
>>14
あと5~10年もすれば、イスラム教徒がフランス全人口の10%を占めるようになる。

16.海外のパネリスト
フランスはシリアを爆撃した…そして今、イスラム思想がフランスを爆撃している。

17.海外のパネリスト
巨大なる”文明の衝突”…これは決して宥和をもたらすものではない。

18.海外のパネリスト
フランス、スウェーデン、そして、ドイツ…これらはすでに失われた国家である。

米:大谷選手への声援が大きすぎると、日本人観客が注意された模様[海外の反応]



(注:ニュースの試合とは異なる映像となります。)

米メジャーリーグ「ロサンゼルス・エンゼルス」に所属する投打二刀流選手「大谷翔平」が、メジャーデビュー以降、快進撃を続けている。投打に渡る大活躍により、彼の行く場所はどこであれ、多くのファン達によって埋め尽くされている。そうした最中、ちょっとした騒動が発生したらしい。

USA Todayによると、先週金曜日、(エンゼルスにとっては敵地となる)カウフマン・スタジアムのビジターダグアウト側客席で大谷選手を応援していた三名の女性ファンが、声援(screaming:叫んでいた)が大きすぎるとして、(エンゼルスチームの)セキュリティースタッフから注意を受けた。観客数が少なかったこともあり、彼女達の声援が特段、目立ってしまったという。

この女性客達は日本人交換留学生とされており、アメリカの大学に通っている模様。注意を受けた後は、静かに試合を見守ったとされている。

大谷選手自身も、今回の騒動に対してコメントを寄せた。

”(女性達の声援に)気付いてましたよ。僕以外の選手にも同じように声援を送ってほしい。(---中略---)応援には感謝しています。”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://sports.yahoo.com/shohei-ohtanis-fans-loud-angels-asked-quiet-151600850.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

このニュースは、米ヤフーの準Topとして紹介されていました。日本人の話題が準Top級で扱われることは少なく(安倍首相を除く)、米国内における大谷選手への注目の高さが伺えました。

//------------------//

1.海外のパネリスト
テニスやゴルフでならわかるけど…日本の野球では、これが普通なのかな?

2.海外のパネリスト
>>1
日本の野球ファンはサッカーのプレミア・リーグ並に応援するよ。歌とか歌ったりする。

3.海外のパネリスト
>>1
彼女たちが白人だったら、何も文句を言われなかっただろう。

4.海外のパネリスト
>>1
ファンに「黙れ!」と注意するのはおかしくない?そんなことしたら、誰も球場に来てくれなくなるよ。

5.海外のパネリスト
>>1
ここは日本ではなくアメリカなのだから、ここの文化を尊重して欲しい。

6.海外のパネリスト
なるほど!これはつまり「応援してくれるファン」は必要ないということだね?!ありがとう、知らなかったよ!!

7.海外のパネリスト
>>6
注意されたらすぐ静かになったらしい…なかなか良い娘達じゃないか?

8.海外のパネリスト
>>6
君は知らないかもしれないが、バッターボックスに立つ選手達は極度の緊張状態にある。邪魔をするべきじゃない。

9.海外のパネリスト
わずか1ヶ月前まで、一部のスポーツ記者たちは大谷選手を酷評していた…手のひら返しがすごい。

10.海外のパネリスト
>>9
その昔、彼らはメジャーに来たばかりの「イチロー」を、「過大評価されている。」などと馬鹿にしていた。

11.海外のパネリスト
大谷の攻略法発見!!

12.海外のパネリスト
>>11
日本の野球試合では、観客が楽器を持ってきて応援する。多少の声援くらい、彼にとっては蚊に刺されたようなものさ。

13.海外のパネリスト
野球場で騒いじゃいけなかったらどこで騒げばいいの?こんなのは間違っている。これからも大声で応援していこう!!これは野球の伝統である!!!

14.海外のパネリスト
>>13
全ての野球ファンはエンゼルスの試合を全てボイコットしたほうがいいね。静かにして欲しいそうだから…

15.海外のパネリスト
>>13
多分、エンゼルスがホームチームに配慮したんじゃないかな?本拠地なら注意しなかったと思うよ。

16.海外のパネリスト
耳栓でもしておけばいいんじゃない?

17.海外のパネリスト
>>16
走塁中、コーチの指示を聞く必要があるから無理。

18.海外のパネリスト
別の記事によれば、最近、メジャーリーグの観客動員数が凄まじく下がり続けているらしい…なんでだろうねぇ?(*皮肉)

19.海外のパネリスト
>>18
天気が悪いからじゃない?

20.海外のパネリスト
このニュースを参考に、ヤンキースやレッドソックスのファン達が、大谷選手の打順で(嫌がらせのために)大騒ぎする光景が目に浮かぶ。

21.海外のパネリスト
>>20
多少罵倒されるくらい、野球選手なら皆慣れっこだよ。

22.海外のパネリスト
自分を応援してくるファンを注意するなんて!?大谷にはメジャーリーガーとしての矜持はないのか!?

23.海外のパネリスト
>>22
ちゃんと記事読んでる?大谷選手は彼女たちに感謝を示しているよ。注意したのは気を利かせたエンゼルスのスタッフ。


米:スターバックスで待ち合わせをしていた黒人男性客、警察に逮捕される[海外の反応]




---記事引用開始---

【AFP=時事】米東部ペンシルベニア州フィラデルフィア(Philadelphia)にあるコーヒーチェーン大手スターバックス(Starbucks)の店舗で、黒人の男性客2人が友人を待っている間に逮捕される出来事があった。その様子を写した動画が拡散し、ソーシャルメディアでは非難が噴出。同社のケビン・ジョンソン(Kevin Johnson)最高経営責任者(CEO)が謝罪に追い込まれる事態になった。

 問題の動画はツィッター(Twitter)に12日に投稿され、これまでに数百万回再生された。米人気ヒップホップグループ、ザ・ルーツ(The Roots)のドラマー、クエストラブ(QuestLove)さんが「黒人がスターバックスで待っているのは犯罪なのか」と批判するなど広範な反発を招いた。

(中略)

 自身も黒人であるフィラデルフィアのリチャード・ロス(Richard Ross)警察本部長によると、スターバックスの店舗従業員は、2人が店内の席に座ったが注文するのを拒否したため、不法侵入だとして緊急通報した。駆け付けた警官らは2人に退去を「丁寧に」求めたが、最終的に逮捕することになったという。

---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://news.livedoor.com/article/detail/14584702/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
https://www.yahoo.com/gma/protesters-rally-philadelphia-starbucks-where-two-black-men-011509852--abc-news-topstories.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
注文もせず居坐っていたから、店側に退店を命じられたんでしょ?そもそも、なんで従わなかったの?

2.海外のパネリスト
>>1
私の友人はスターバックスで何も注文をせず、数時間に渡り不動産取引を行っていたが、誰にもそれを、咎められることはなかった。

3.海外のパネリスト
>>1
「友達と待ち合わせしている」から従わなかったんだよ。君が彼らの立場でも、同じことをするだろ?

4.海外のパネリスト
>>1
(*黒人が差別されることは)貧しい地域で日常的に見られる光景。ニュースにするまでもない。

5.海外のパネリスト
「ブラック・ライヴズ・マター(黒人権利要求)」運動においては、デモ参加者よりも報道陣のほうが多い。何故なのか?

6.海外のパネリスト
>>5
デモなんかやるだけ時間の無駄。それより白人店をボイコットし、黒人店だけを利用すればいい。俺達白人も、白人の店だけを利用することにするよ。いいキッカケを与えてくれてありがとう!スターバックス!!!

7.海外のパネリスト
>>5
「ブラック・ライヴズ・マター(黒人権利要求)」運動は、今回の事件と関係なくない?スレ違いだよ。

8.海外のパネリスト
この騒動によって明日以降、スターバックスは「注文無し滞在」を全面許可するでしょう!ホームレスの皆さん!!チャンスですよ!!!

9.海外のパネリスト
>>8
他のファーストフード店にも、似たような人たちが殺到しそうだな…

10.海外のパネリスト
>>8
俺白人だけど、スターバックスのフリーWIFIを注文無しで使ったことが何度もある。やっぱり「注文するか、退店してください。」って忠告された。でも、ちゃんと従ったから何も問題なかったよ。

11.海外のパネリスト
なぜ全てにおいて、抗議しないと気がすまないのか?ただコーヒーを買って、家で飲めばいいじゃないか。

12.海外のパネリスト
無理に拒否せず、何か注文すればよかったのに…

13.海外のパネリスト
>>12
ろくに記事も読まずコメントする連中がほんと多い。彼らは待ち合わせていた友達が来てから、コーヒーを頼もうとしていたんだよ。

14.海外のパネリスト
何も注文もせず買いもせず、その上、店のトイレを使おうとしたらしい。あまりにも非常識な行為だ!(*不確定情報)

15.海外のパネリスト
例えどの店であれ、お巡りさんから退店を命じられえれば、丁寧に応じるのは当たり前のこと。

16.海外のパネリスト
今回の事案に対する抗議に対して、抗議しよう!!!

17.海外のパネリスト
最初っから騒動にする気満々…事前にカメラとかを仕組んでおいたんだろうなぁ。

18.海外のパネリスト
「黒人権利の追求」は大変結構だけど、「商業者権利の追求」も気にしてあげてください。

19.海外のパネリスト
図書館とかで待ち合わせすればよかったのに…金もかからないし…


スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

アクセスカウンター
  • 累計:

ご意見・ご要望

コメント削除・問合せ等はこちらへ

名前
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。