海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…(コメント評価システム試験中…)


カテゴリ: 文化・事件




(注:記事中におきまして”汚染水”との記載がございますが、これは元記事に基づいた表現となります。当ブログとして、その行為(*トリチウムを含んだ水の放出)を肯定、もしくは、否定するものではありません。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。コメントでのご指摘ありがとうございました。)

東京電力の発表によれば、2011年の福島第一原子力発電所事故以降、発生し続けている汚染水対策として、海への放出が決定したという。一方、地元漁業関係者などは、この方針に強く反発している。

同会社会長である川村隆氏は、海外メディアの取材に答え、原子炉の冷却化処理により、大量の汚染水が貯まっている状態であることを明らかにした。また、これらの汚染水には、取り除くことが非常に難しい放射性物質”トリチウム”が含まれており、77万7千トンにも及ぶ汚染水の処理として、太平洋への破棄を決断した、と述べた。

2011年3月に起きた東日本大震災では、地震と津波により、15000名以上の人々が犠牲となった。また、福島第一原子力発電所の事故も同時に発生し、甚大な被害をもたらしている。

現在、復旧・除染作業は順調に進んでいるものの、損傷した原子炉を冷やすために大量の水が使用されており、汚染水の処理が喫緊の課題となっている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/fukushima-apos-nuclear-waste-dumped-183144282.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

(注:あまりにも不謹慎なものは省いています。)

1.海外のパネリスト
人間の最大の敵は、やはり人間なのか…

2.海外のパネリスト
>>2
歴史は繰り返される…

3.海外のパネリスト
周辺の魚から、放射性物質が検出されたって聞いたんだけど…大丈夫なのかな…

4.海外のパネリスト
>>3
誇張されているんだよ。Youtubeの動画を全部信じるべきじゃない…

5.海外のパネリスト
>>3
私はレストランを経営しているんだが…福島の事故以降、太平洋産魚貝を使った料理が、あまり注文されなくなった…

6.海外のパネリスト
中国のほうに流してくれたらいいのに…

7.海外のパネリスト
1960年代、アメリカはもっと多くの放射性物質を海へと放出していたんだけどね…

8.海外のパネリスト
なんで日本は、最新式の原子炉を利用していなかったんだ…

9.海外のパネリスト
>>8
現在、アメリカで稼動している原子力発電所のほとんどが、1960年代に建てられたものなんだけど…

10.海外のパネリスト
>>8
仮に最新式を使っていたとしても、地震は止めようがないでしょ?

11.海外のパネリスト
安価なエネルギーのために、地球を壊すような真似をするべきじゃない!原子力の使用は停止されるべきだ!

12.海外のパネリスト
>>11
原子力は石炭の代わりとして登場した。再び石炭を燃やす時代に戻れと?それとも、ランプの光で本を読むつもりか?

13.海外のパネリスト
これまで原子炉の冷却に使われていた水は、どうやって処理されていたのだろうか…

14.海外のパネリスト
>>13
回収した後、再び使用されていたらしい…

15.海外のパネリスト
海は循環している。これは日本だけの問題ではないんだ。なぜ国連が動かない?原子力エネルギーを支持する連中は馬鹿ばかりだ!

16.海外のパネリスト
>>15
ならもっと深刻な公害をもたらすエネルギーを支持するのか?この程度のトリチウム汚染水であれば、海にまざって、ほぼ無害化するだろう。

17.海外のパネリスト
>>15
個人的意見では、原子炉発電所における技術革新が求められていると思う。核廃棄物も極力抑えること、そして、メルトダウンを起こさないこと…そういった問題が解決されれば、僕はこのエネルギーを支持するよ。

18.海外のパネリスト
>>15
国連だって?笑えるw

 




ラスベガス発ポートランド行きの飛行機内にて、オレゴン州出身の女性(27)が、同乗した19歳の女性に対して痴漢行為を働き、8か月の自宅軟禁処分となった。

(注:アメリカなどには、軽犯罪者への罰則として、刑務所に収監するほかに、旅行などを禁じた自宅軟禁処分が課せられる場合があるそうです。)

報道によれば、Heidi McKinney容疑者(27)は、当時酒に酔っており、被害者の女性にしつこく話しかけ、酒を飲ませようとしたり、同意無しに体を触る・舐めるなどの行為を行ったとされる。

McKinney容疑者は、最終的に罪を認め、被害者に対して謝罪の手紙を出したという。事件自体は昨年5月に発生したものである。

8ヶ月の自宅軟禁処分以外にも、3年間の保護観察処分、3000ドル(日本円:33万円)の賠償金支払い、及び、アルコール摂取の制限も、McKinney容疑者には課せられている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/woman-sexually-abused-teenager-flight-105300730.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
もし俺(男)が同じことをしたら、即刻刑務所行き確定です。

2.海外のパネリスト
どうせなら僕に痴漢行為をしてくれたらよかったのに…いや、冗談ですよ…^^;

3.海外のパネリスト
>>2
多分、彼女は君(男)に興味無いと思うよ…

4.海外のパネリスト
>>2
仮に痴漢行為をされる側だったとしても、男である以上、君もわいせつ罪で共に逮捕されることになる…

5.海外のパネリスト
女性陪審員は、この事件の被告(女性)に同情的となり…そして、男性陪審員は、この事件の被害者と羨むわけで…そりゃ刑罰も軽くなるよね…

6.海外のパネリスト
この事件の犯人が男性だったら刑務所行きは確定…もし、黒人だったら…いや、言うまい…

7.海外のパネリスト
>>6
逮捕される前に、飛行機から突き落とされてるだろう…

8.海外のパネリスト
もしこの犯人がゲイで、被害者が普通の男だったら…きっとメディアはゲイの肩を持つはず…

9.海外のパネリスト
女性犯罪者に対して優しくない?男女差別だ!!!

10.海外のパネリスト
19歳の女性に対してこれだけの痴漢行為・アルコール摂取の強要をしながら、たった8ヶ月の自宅軟禁処分?信じられない…

11.海外のパネリスト
>>10
この国では、19歳へのアルコール提供が禁止されている…だが、彼らを戦場へ送ることは、まったくもって合法なのだ…

12.海外のパネリスト
私は女性だけど、こういった犯罪を行う女性に対しては、もっと厳しい刑罰が下されるべきだと思う。

13.海外のパネリスト
今度飛行機に搭乗する時は、是非こういう美人な変態さんと、ご一緒したい…

14.海外のパネリスト
>>13
変態同士は決して巡り合わない…それが自然の法則…

15.海外のパネリスト
>>13
女性に生まれ変われ!

16.海外のパネリスト
機内にお酒って持ち込めたっけ?

17.海外のパネリスト
>>16
機内で買うんだよ。

18.海外のパネリスト
>>17
持ち込めるよ?いつも持ち込んでるもん。

19.海外のパネリスト
>>18
え?ペットボトルに入った水はダメだったんだけど…

20.海外のパネリスト
>>16
ってか、空港で酒売ってるし…

21.海外のパネリスト
結局白人女性がこの国における、一番の権威者なんだよね…

 




(*一部の表現を修正しました。まぎわらしくてすみません。7/16 5:20)

先週の木曜日、シアトル発北京行きのデルタ航空機内にて一人の乗客(23)が突然暴れだし、それを制止しようとした乗務員が、その乗客の頭をワインボトルで殴る事件が発生した。現在、この乗客は、ワシントン州にて刑事告発されている。

起訴状によると、ファーストクラスに搭乗していたこの乗客は、トイレから出てきて後、突然、機内にある非常ドアを開けようとしたのだという。さらに、それを止めに入った乗務員や他の乗客に対して殴る蹴るなどの暴行を加えたとされる。

乱闘が激しくなる中、1人の乗務員が2本のワインボトルを手に取り、暴れている乗客の頭を目掛けて攻撃を与えた。これにより2本のワインボトルのうち、1本は割れたと報告されている。その後、この乗客は取り押さえられ、警察に引き渡されたが、犯行動機については黙秘を続けているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/gma/delta-flight-returns-seattle-passenger-assaults-flight-attendant-054204424--abc-news-topstories.html
(転載元:Good Morning America)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
この乗務員は昇進に値する!

2.海外のパネリスト
>>1
甘いね。デルタ航空だよ?割れたワインボトルの費用を、彼らの給料から天引きするさ。

3.海外のパネリスト
>>1
昇進?何に?パイロット?w

4.海外のパネリスト
そのうち、機内の様子を写した携帯の動画が流出するだろう…なんて腐った世の中だ…

5.海外のパネリスト
最近、この国には憤慨すべき出来事が多すぎる…ナルシズムとニヒリズムに満ちた現代よりも、70年前に生まれて、祖国のために戦いたかった…

6.海外のパネリスト
>>5
女性が一切の権利を保有せず、黒人への差別が今以上に激しかった時代に?

7.海外のパネリスト
1975年…始めて飛行機に乗ったとき、私はまだ8歳であった。当時は今のように規制が厳しくなかったから、乗務員が私をコックピットに入れてくれて、どのように飛行機を飛ばすのかを説明してくれたよ。

8.海外のパネリスト
>>7
同じ体験をしたことある!いい思い出♪

9.海外のパネリスト
今のアメリカ人は、目的地に着くまで、黙って座っていることすらできないのか…

10.海外のパネリスト
酒の提供を停止すべし!それで万事解決!!

11.海外のパネリスト
>>11
別に酒飲みだけが問題を起こすわけじゃないでしょ…

12.海外のパネリスト
>>11
馬鹿な人間を排除する!それで万事解決!!

13.海外のパネリスト
>>11
少なくともワインボトルは必要でしょうが!!!

14.海外のパネリスト
今後一生、この乗客が飛行機に搭乗できないようにするべきだ。

15.海外のパネリスト
>>14
そうだね。もし海外に行きたいときは、泳いだらいいよ。

16.海外のパネリスト
>>14
そんなこと言ったら、またリベラルが差別だのなんだの騒ぎ立てちゃうよ…

17.海外のパネリスト
なぜこの乗客が、こんな行為をしたかについての記述がない…

18.海外のパネリスト
>>17
同じこと思った…

19.海外のパネリスト
自己中の多い世の中になってしまったね…

 


(*一部の語句に注釈を付けました。ご指摘ありがとうございます。2017/7/14 10:50)

ニューヨーク州ロングアイランドにあるイスラム教モスクの傍に、巨大なキリストの絵が掲げられていたとして、地元警察が”偏見事案(bias incident:ヘイトクライムとほぼ同義)”の疑いで捜査をしている。

関係者によれば、先週の金曜、モスクで働く従業員の一人が、建物(モスク)を囲っているフェンスに、一枚のキリストの絵が掛けられているのを発見した。

モスクに設置されている監視カメラには、一人の男が同施設周辺を歩き回り、そして、キリストの絵をフェンスへと設置しているシーンが、記録されていたという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/m/c8c532df-dc89-3833-9358-19a61e1b9f1a/ss_a-painting-of-jesus-was-left.html
https://www.yahoo.com/news/image-jesus-left-outside-mosque-214049528.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー(上記のニュースソースより…)
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
キリストの絵を掲げることが罪なの?なんで警察がこんなことで動くんだよ…

2.海外のパネリスト
イスラム教にとっても、キリストは重要な預言者の一人でしょ?何が問題なのさ?

3.海外のパネリスト
これが彼らのやり方。この国に入ってくるなり自分達の文化を押し付け、キリスト教に関連する全てのものを排除しようとする…

4.海外のパネリスト
かつてリビアのガタフィー大佐はこのように語った…”ヨーロッパには5000万人のムスリムがすでに潜入している…これは、イスラムが偉大な勝利をいずれ収めることを暗示しているのだ。我々は剣を使わず、銃を使わず、征服もせず…たった数十年でヨーロッパ大陸を、イスラム大陸へと変貌させるだろう…”

5.海外のパネリスト
すばらしい芸術作品じゃないか。プレゼントにはもってこいだね!

6.海外のパネリスト
他宗教に対する親愛の情を示す方法は人それぞれ…キリスト教徒は”キリストの絵”を送り…イスラム教徒はテロを起こす…

7.海外のパネリスト
逆に、イスラム教の開祖であるムハンマドの絵を、教会の外に掲げたら…あ、そうか!君達には、それもできないんだったね!禁止事項ばかりだなぁ…まぁ、楽しい人生が送れることを願うよ。

(*イスラム教では偶像崇拝が禁止されているため、預言者達を描いたり、その絵を保持することはできない。)

8.海外のパネリスト
イスラム教の侵略がとうとうアメリカにも届いてしまった…毎日のようにイスラム教の勢力は拡大し、その一方、キリスト教が隅に追いやられている…リベラル、社会主義者、共産主義者よ…この事態を招いたお前らも、いずれ彼らに迫害されることになるんだ…

9.海外のパネリスト
ムスリムと、彼らのトロイの木馬(別名:モスク)は、アメリカから即刻排除されるべきだ!

10.海外のパネリスト
そのうち、ムスリムの前でホットドッグを食っただけでも”ヘイトクライム”で、逮捕される時代が来るかもね…

11.海外のパネリスト
>>10
もしそんな時代が来たら、奴らの前でベーコンバーガーを食ってやるさ!

12.海外のパネリスト
愛の象徴であるキリストが、イスラム教では憎しみの象徴となるのか…

13.海外のパネリスト
>>12
キリストというよりは、キリストを描く行為が気に食わないのかもね…

14.海外のパネリスト
アメリカに住むムスリム達に聞きたい。他宗教との融和を重んじ、平和を愛するイスラム教を国教としているサウジアラビアに、一体どれだけキリスト教の教会が存在しているのかと…答えはゼロだ。偽善者共め…

15.海外のパネリスト
たちの悪いイスラムという感染症は、いまやリベラリズムよりも深刻な問題になりつつある…

16.海外のパネリスト
>>15
いや、この状況を作り出したリベラリズム以上に酷いものなどない…

17.海外のパネリスト
>>15
リベラリズムもイスラムも同じようなもん。

18.海外のパネリスト
偏見事案で捜査だって?それじゃあ、左翼達が偏見で捜査されるのも、時間の問題だね!

19.海外のパネリスト
素晴らしい!ムスリム達が自分達への攻撃に対して、公に非難の声をあげたぞ!…それで…ムスリムテロリストたちによる攻撃への非難はいつになるのかな?

 




(一部誤字を修正しました。ご指摘ありがとうございます。2017/7/4 4:20)

アメリカ・ニュージャージー州において、寝ている女性のベッドに潜り込むなど、複数に渡るストーカー行為により、韓国籍のSungjae Song容疑者が逮捕された。一件の暴行未遂、二件の窃盗、一件の窃盗未遂、一件の住居侵入、そして、三件の嫌がらせ行為にて起訴されている。

警察によれば、6月18日、Song容疑者は女性宅に無許可で侵入し、彼女が寝ているベッドに忍び込んだという。その後、寝ている女性に対して、朝まで一緒に寝ても良いかと尋ねたところ、驚いた女性が大声をあげ、それに威圧された容疑者が逃げ去ったという。

この他にも、複数の女性達に対して付きまとい行為を行った疑いがかけられている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/man-allegedly-crawled-woman-apos-181100005.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
なんか以前公開されていた手配スケッチと、ぜんぜん顔ちがくない?w

2.海外のパネリスト
>>1
それ思った!あれ完璧白人だったよね!

3.海外のパネリスト
>>1
メディアは何でも白人を責め立てるから…

4.海外のパネリスト
>>1
これでしょ!


5.海外のパネリスト
>>2
僕はあの手配スケッチをみて、すぐにアジア系だってわかったよ!

6.海外のパネリスト
>>4
なんか*オースティン・パワーズみたいだねw

(*1997年製作のアメリカ映画、そのシリーズ作品、およびそれらの主人公である。by wiki)

7.海外のパネリスト
女性の叫び声で怖くなって逃げるとか…これからぶち込まれる刑務所はもっと怖いところなのに…なんで犯行を思いとどまらなかったんだ…

8.海外のパネリスト
>>7
彼は刑務所内で精神的なケアをうけるべきだね…

9.海外のパネリスト
少なくともベッドに潜り込む前に尋ねるべきだった…

10.海外のパネリスト
これぞ江南スタイル!

11.海外のパネリスト
>>10
ウケルw

12.海外のパネリスト
>>10
www

13.海外のパネリスト
まぁ…そこまで凶悪なことをしたわけじゃないからね…精神疾患の治療を受けるべきだと思うよ…自分の国(韓国)でね…

14.海外のパネリスト
中華料理のデリバリーが住所を間違えただけさ…

15.海外のパネリスト
>>14
彼は韓国人だよ…

16.海外のパネリスト
>>14
なぜ白人は、アジア人のことを全て”中国人”で統一してしまうのか…

17.海外のパネリスト
インターネットには変な写真や動画が散乱しているからね…若い子達の精神がおかしくなっちゃってるんだろう…

18.海外のパネリスト
被害者が無傷だって聞いた時から、犯人が白人じゃないって確信してたよ。

19.海外のパネリスト
>>18
黒人じゃないってこともな!

20.海外のパネリスト
>>19
いやいや!白人様の犯罪指向にはとてもじゃないが、かないませんよ!!!

21.海外のパネリスト
すんごい礼儀正しい変態だね。

22.海外のパネリスト
この男は在米韓国コミュニティーの恥だ!

23.海外のパネリスト
>>23
大丈夫!君達には金正恩がいるじゃないか!!

24.海外のパネリスト
強制送還しろ!

25.海外のパネリスト
>>24
北朝鮮へ!!
 
[*おすすめネット記事*]

トランプ大統領、CNNを暴行




//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.reddit.com/r/AskReddit/comments/3fgaib/redditors_who_are_child_free_by_choice_what_made/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Reddit
[コメント選出基準]
人気・順番

//------------------//

1.海外のパネリスト
Child-Freeを選択した理由は?後悔はしていない?

2.海外のパネリスト
ただ単に子供が好きじゃなかったから…

3.海外のパネリスト
>>2
同じく…多分一番分かりやすい理由だと思う。

4.海外のパネリスト
自分に子供を授かる資格があると思えなかったって事と…あと、子供に興味を持てなかったってことかな…子供がいなければ、好きなことをできるし、彼らの心配をする必要もない。社会も色々大変になってきていることだし…(地球温暖化など…)

5.海外のパネリスト
僕は自分のことが良くわかっている。だから、Child-Freeを選んだ。僕も僕のパートナーも、仕事人間だからね…子供を持つなんてできないよ…育児よりも、仕事を優先させたいんだ…僕のことをひどい奴だと言う人もいるかもしれない…でも、こんな家庭に子供が生まれるべきではないと思うんだよ。

6.海外のパネリスト
>>5
私達カップルもあなたと一緒の意見です。私は、子供のために自分のキャリアを諦めたくない。旅行とか、お金、人間関係…そして、夫…それらを子供のために犠牲にはできない…自分勝手な人間だと思われてもかまわない。こんな世界に子供を授かるより、はるかにマシ。

7.海外のパネリスト
>>5
君は十分に責任感ある男だよ。

8.海外のパネリスト
>>5
自分たちが仕事人間であることを理由に、子供を持たないという選択をする…とても誠実な行動だと思います。

9.海外のパネリスト
>>5
あなたは”ひどい奴”なんかじゃない!むしろ、”素晴らしい人間”さ!!!自分が子供を必要としないことを自覚し、子供を幸せに出来ないことを悟った上で、この決断をしたんだ。なにも間違っていない。

10.海外のパネリスト
ある人々は子供を育てる性格と能力に恵まれている…だが、すべての人々がそうではない…私は社交的な人間ではないし、規則は嫌いだし、ライフスタイルもめちゃくちゃだ…育児なんてとてもじゃないけど、できるとは思えない。でも、子供を授からないという選択をすることにより、私は”私(という人間)”を、生きることが出来る…

11.海外のパネリスト
>>10
ありがとう。とても勇気付けられた…

12.海外のパネリスト
子供を授かる授からないという問題について、僕達はよく、”お金”、”家賃”、”育児手当(社会保障)”なんかを議論しがちだけど…本当に考えるべきことは、子供を授かることが、”私達(カップル・夫婦)を幸せにするのか?”、そして、”(生まれてくる)子供達が幸せになれるのか?”ということだと思う。

13.海外のパネリスト
私は10歳の時から、子供を授かりたいとは思っていなかった…歳をとって、養子を迎えようかと考えたこともあった…でも、周囲にいる子供達と接するにあたり、自分が子供を愛せない人間であることに気づいてしまった。育児をするよりも、ペット達(猫2匹、犬1匹)の世話をするほうが、私にはあっているみたい…

14.海外のパネリスト
例えば、金魚の場合…仮にエサを与え忘れて死んでしまったとしても、また次の金魚を買えばいい…しかし、子供の場合はそうはいかない…もし同じことをすれば、警察のお世話になることだろう。現在、僕は44歳になる…子供を授かるにはもう遅い…彼らを育てるほどの注意力やエネルギーは、もう無い…それらに加えて、子供達のTVや音楽の趣味には付いていけないだろう…あと、彼らは臭い!

15.海外のパネリスト
俺達夫婦は金が好きだからねw親戚の子供で十分さ。フルタイムで父親になるつもりはないね!

16.海外のパネリスト
>>15
いい叔父さんになりそうw私にも大好きな叔父がいたんだけど、自分達の子供を授かったら、それっきりぜんぜん遊びに来てくれなくなっちゃった…きっとあなたの姪っ子や甥っ子は幸せでしょうね!

17.海外のパネリスト
ようやくChild-Freeについて語れる時代が来たか!俺は覚えている限り、幼い頃からずっと、子供を授からないと心に決めて生きてきたんだ!幼少時代、俺は貧しい家庭に生まれ、一生懸命日々を生き抜いてきた…馬鹿にされ、けなされ、嘲られ…家族の夜逃げを手伝ったこともあった…典型的な下流階級出身者だ。でも、俺はその後大学へと進み…そして、なりたかった職業に就くこともできた…今では立派な家に住み、その家賃をしっかり払っている。妻になった女性とも、子供についてしっかりと話し合った。最初は戸惑っていたけど、今では俺の考えを理解してくれている。子供なんかいらん!金をくれ!

18.海外のパネリスト
>>17
私の友達は、それが原因で離婚しちゃった…彼女は子供を授かりたいとは思っていなかったの…でも、彼女の旦那さんと、旦那さんの家族がしつこい人達でね…”あなた達は良い両親になれる!”とか…”私達も子供の面倒をみるから!”とか…色々言われたみたいで…結婚から一年経った頃、旦那さんからも”いい加減さ…よくない?(so, have you changed your mind yet?)”って言われたらしい…きっと彼らは子供を授からないという彼女の考え方が理解できなかったのね…なんて馬鹿げた古臭い人達なのかしら…

19.海外のパネリスト
私は40代になるが、子供は要らない。そのことに関して後悔もしていない…私の人生は私のものだ。私は子供を育てるための装置ではない…

 




スウェーデン国家警察Dan Eliasson警視総監が、同国政府に対し、”No-Go-Zone(警察管轄外地域)”の急増に対応するよう、要請を出したことが判明した。報道によれば、この一年間のみで、スウェーデン国内における”No-Go-Zone(警察管理外地域)”のエリアは、55箇所から61箇所へと増加している。

”助けてください!我々を助けてください!!”…記者会見において、Eliasson警視総監は、同国の犯罪水準が急増していることに言及しながら、スウェーデン警察が直面している窮状をこのように訴えた。さらに同氏は、5000人の犯罪者がそれぞれ200ほどのグループに所属し、61箇所の”No-Go-Zone”を形成しているとも語った。スウェーデンの地元紙”Göteborgs-Posten”によると、それらの多くが移民出身者(heavily migrant-populated)であるという(参考)。一方で、Eliasson警視総監は、それら犯罪率の急増と、移民流入との関係については否定している。(注釈:警察の立場から、移民流入を一つの原因として指摘することは、差別の問題(*ヘイトスピーチ)もあり、はばかられたのであろう。また、Eliasson警視総監自身が、かつて移民流入を促進させたとの指摘もあるため、責任を逃れるため保身を図った可能性もある。)

スウェーデン国家警察によれば、それら61箇所の”No-Go-Zone”は、監視対象にはなっているものの、そのうち23箇所については、完全なる無法地帯(particularly vulnerable)となっているという。先月(6月)初め、車への放火(参考)や発砲事件が頻発しているとして、港湾都市”ヨーテボリ”郊外にある”ティネレッド:Tynnered(*正確な日本語名はわかりませんでした。)”が、新たに”No-Go-Zone”に認定された。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/06/29/sweden-police-commissioner-begs-help-no-go-zones-rises/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Related Article
//------------------//

スウェーデン:お婆さん「移民達が路上で悪さしている!」警察「はい、ヘイトスピーチ!起訴するね♪」国民「は?(怒)」[海外の反応]

//------------------//

1.海外のパネリスト
なんでスウェーデンの人たちって、ここまでなっているのに現状を理解できないのかな…まあ、人のこと気にしてる場合じゃないけど…

2.海外のパネリスト
>>1
その通り!他の船が沈むのを気軽に見ている場合じゃない…俺達の膝まで水はきている…

3.海外のパネリスト
>>1
スウェーデンでは、大手のメディアがこういったことを報道しないんだ。みんな、メディアの報じることをそのまま鵜呑みにしてしまうんだよ…

4.海外のパネリスト
俺の町、シェフィールド(イギリス)では、先週外国人による刺傷事件が2件発生した…でも、BBCや地元メディアは、犯人について特定しようとしない…昼間から警察のパトロールが行われているし、夜はほぼ”No-Go-Zone”化している…これはスウェーデンだけの問題じゃない…ヨーロッパ全体に広がっている課題だ…しかも、年々酷くなっている…

5.海外のパネリスト
>>4
シェフィールドって労働党(*リベラル系)の地盤だよね?

6.海外のパネリスト
>>5
うん。労働党とイギリス自由民主党(*中道左派)が競っている感じだけど…大体、労働党が勝ってる。

7.海外のパネリスト
>>4
あそこは労働組合の力がつよいからね…

(注:労働党は、もともと労働組合(Trade Union)から派生した政党であるので、その結びつきは非常に強いと思われる。)

8.海外のパネリスト
こういった事態を引き起こした人間は厳しく罰せられるべきだよ。これはヨーロッパ人に対する虐殺行為だ!

9.海外のパネリスト
警視総監のような人が、ここまで言うとは…これって、スウェーデンとかでもちゃんと報道されているのかな?編集されちゃってる?

10.海外のパネリスト
>>9
隠すんじゃない?ってか、この警視総監がいずれ”ヘイトスピーチ罪”で逮捕されるかもよw

11.海外のパネリスト
>>9
別にほっとけばいいんじゃない。彼らはこれまで”社会主義の楽園(socialist paradise)”を自称してきたのだから…さぞかし、幸せな国家になることだろう…

12.海外のパネリスト
>>9
俺たちがフェイスブックとかを使って拡散すればいいのさ!やってやろうぜ!!

13.海外のパネリスト
スウェーデン政府や、同国のメディアがこういった事態を無視していることは、本当に恥ずべきことだ…

14.海外のパネリスト
イギリスの政治家達は、BBCなどの大手メディアだけではなく、こういった記事も読むべきだと思う。そうすれば、スウェーデンの二の舞を演じずにすむんじゃないかな…

15.海外のパネリスト
ヨーロッパは死刑制度を復活させるべき。こういった連中(*No-Go-Zoneの形成者)には、厳しく対応しなきゃダメだ。もちろん、これらの状況を招いた政治家や大手メディアも、同様に裁かれなきゃいけない。

16.海外のパネリスト
スウェーデンの未来はきっと明るいはずだ!考えてもごらん…あと数年もすれば、"No-Go-Zone"はたったの1箇所にまで減少するだろう…スウェーデン全体が"No-Go-Zone"になるからね…

17.海外のパネリスト
Dan Eliassonだって!?2015年難民危機が発生した時、当時警察長だったこいつは、地元警察や税関の意向を無視して、国境警備の強化を妨害したんだ!それ以後、(難民流入が社会問題になる)2016年11月の内閣決議まで、国境検問はおざなりの状態になっていた…それだけじゃない!2016年1月、ヨーテボリ近郊で起きた、社会福祉士の刺殺事件において、この男は、量刑を軽減させるため、犯人である移民男性の年齢を18歳以下であると嘘をついて発表したんだ。実際には十代ですらなかった…今、彼は(移民たちによる)犯罪の急増に苦慮している…なんと皮肉なことか!

(注:上記内容の真意は不明です。)

18.海外のパネリスト
>>17
これマジ?聴取とかされてないの!?

19.海外のパネリスト
スウェーデン人にこの事で不満をいう資格はないよ。だって、これは彼らが選んだ道だもの…その結果、彼らの国は、彼らのものでは無くなったのさ…

 




//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.reddit.com/r/changemyview/comments/65w579/cmv_eugenics_is_a_good_idea_just_gone_about_in/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Reddit
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Reference info
//------------------//

優生学(ゆうせいがく、英: eugenics)は、応用科学に分類される学問の一種で、一般に「生物の遺伝構造を改良する事で人類の進歩を促そうとする科学的社会改良運動」と定義される。 1883年にフランシス・ゴルトンが定義した造語である。優生学は20世紀初頭に大きな支持を集めた。その最たるものがナチス政権による人種政策である。しかし、多くの倫理的問題を引き起こしたことから、優生学は人権問題としてタブーとなり、第二次大戦後は公での支持を失っていった。by wiki

//------------------//

(*コメントの一部には厳しい表現も含まれます。あらかじめご了承ください。)

1.海外のパネリスト
個人的な解釈だけど、優生学のコアとなる理念自体に、誤りはないと思うんだよね。過去にナチスとかが誤った形でそれを利用したことはあったんだろうけど…もちろん、僕は彼らの主張には賛同しないよ。ただ、全ての子供達が様々な障害から、解き放たれるべきだとは感じるんだ…

2.海外のパネリスト
優生学は良いものかも知れない…でも、それを実践しようとすると、かならず大きな問題を生じさせてしまう…それはまるで共産主義のようだ。人間というものは本来不完全なもの。こうしたシステムを行うにはもともとふさわしくないのだ。

3.海外のパネリスト
AIに誰が子孫を残すべきかを決めさせればいい。

4.海外のパネリスト
仮に優生学を政府が導入したとしても、完全に障害や病気を防ぐことはできない。そういったものは、遺伝のみによって生じるわけではないからだ。我々の遺伝情報を政府に管理させるというリスクを負ってまで、行うべきことではないだろう。

5.海外のパネリスト
恐らく、こういった理論を支持する人たちというのは、遺伝こそ、社会に弊害をもたらす諸悪の根源だと信じているのだろう…こういった考え方は社会にとって好ましいものではない。

6.海外のパネリスト
以前から、精神疾患を持つ人々と、高IQの関連性はよく指摘されているし、また、ダウン症の人々における幸福度が高いことも有名だ。重い疾患を抱えている人のなかにも、社会に貢献している人々は大勢いる。君はそういった人々が必要ないと言いたいのか?

7.海外のパネリスト
>>6
障害を抱えている人々のなかにも、素晴らしい人生を歩んでいる人々がいることは認める。でもね、その一方で、(遺伝疾患のために)本当に苦しい思いをしながら生きていかざるを得ない人々がいるのも事実だ…

8.海外のパネリスト
優生学における最大の問題は、”遺伝的に優れている”というものを、私達が正確に判断できるのかということなんだ…。もしパーフェクト・ヒューマンを生み出せたとしても、異なる環境下においては、非常に脆弱であるかもしれない…現代における完全な遺伝が、後世においても完全である保障はどこにもないんだ。(遺伝の)進化というものは、自然に任せるべきものなのだよ。

9.海外のパネリスト
基本的な考え方として、優秀な人々が、優秀でない人々よりも、多くの子孫を持つことは、理にかなっていることであると思う。だが、それが強制されるようなことがあってはいけない。人々の優劣を誰が決めるのかについて…また、その実践方法(強制的な堕胎や不妊など)に、大きな問題を持つからだ。

10.海外のパネリスト
>>9
誰が遺伝の優劣を決めるのか…この解明が不十分であることこそ、優生学における最大の欠点であろう。個人的には、子供を欲するカップルに対して遺伝子検査を実施した後、その結果を踏まえて、彼らに最終的な判断をさせればいいと思う…

11.海外のパネリスト
>>10
遺伝子検査には賛成だね。僕の知り合いも、子宮にいる子供に検査を行おうとしている。出来る限り沢山の検査がしたいんだって…できれば無料化して欲しいね。

12.海外のパネリスト
全ての夫婦に、子供を持つための”試験”を義務付けることはいいことなんじゃないかな…ある程度の問題は、これで解決できるだろう。だた、別の問題を作り出すかもしれないけど…。僕の女友達が、今、彼女のパートナーと、子供を授かるかどうかについて悩んでいるんだ。二人とも、子供達に継承する可能性のある遺伝的な疾患を持っている…そのリスクについて、決めかねているらしい…。もし、僕が彼らの立場であれば、絶対子供は授からない。自分の子供を苦しめるようなことはしたくないから…もちろん、これは彼らが決めることだけどね…

13.海外のパネリスト
20世紀優生学の失敗には、大きく分けて三つ原因がある。一つ目が、”個人の身体自治性に対する侵害”。二つ目が、”患者に対するインフォームド・コンセントの欠落”。そして、三つ目が”非科学的な施術”。それらに比べると、21世紀優生学においては、多くの面で改善が見られている。もちろん、問題点も依然として残ってはいる。一部の遺伝疾患に関しては、出生前診断などにおいて確定することが可能となり、妊婦の選択に多大な貢献をしている。(*これらは隠れた優生学である。)一方で、インドや中国などでは、合法的な堕胎により、新生児において、男女比に著しい差異が生まれるなどの問題も発生している。こういった事態に対処するためには、新たな倫理基準の策定や、社会的な議論が行われるべきであろう。

14.海外のパネリスト
いずれ、受精卵に対する遺伝検査がより身近になれば、夫婦間において、生み出しうる最良の受精卵を選び出すことが可能になるだろう。政府もこうした医療行為に対して援助を行うべきであると思う。深刻な遺伝疾患のみならず、肥満などの体質であっても、結果的に多くの医療費負担をもたらすことになるのだから…

15.海外のパネリスト
本当に重篤な遺伝疾患を抱えている人々は、そもそも子孫を残すことはできないだろう。ならば、わざわざ、それを推奨するようなことを行う必要もないのではないか?

16.海外のパネリスト
>>15
確かに、隠れた自然淘汰は日常的に行われている。しかしながら、それにも関わらず、非常に多くの遺伝疾患が、子供達へと受け継がれているのが実状だ。不妊や断種といった手段は行き過ぎていると思うが、両親に対する遺伝子検査という方法であれば、受け入れやすいだろう。新たに生まれる命に関する情報を、彼らに与えることは重要であると思う。

17.海外のパネリスト
遺伝疾患を持っていたとしても、それがその人の人生の優劣を決めることにはならない…幸せになれる人は、幸せになれる…

18.海外のパネリスト
私達がみんな、社長になれるわけじゃない…みんながみんな、科学者や芸術家になれるわけじゃない…資本主義ってものは、多様性を求めるもの。優生学のような考え方とは、元々相容れないのさ…

19.海外のパネリスト
過去の優生学は、劣ったものを排除しようとするネガティブなものだったけど、個人的には、優秀な遺伝を促進させるポジティブなものであれば、問題ないんじゃないかと思う…

 




先週、既婚の女性教師助手が、十代の学生と不適切な関係を複数回持ったとして、逮捕される事件が発生した。

容疑者であるLindsey Jarvis(27)は、最近まで米ケンタッキー州レキシントンにある小学校で、教師助手として働いており、また、それ以前には同州の中学校でも勤務していた。

被害者の学生は16歳以下とされているが、彼の正確な年齢について、また、彼女の教え子であったかどうかについては、被害者の身元を保護するため公開されていない。(The student’s age and school district have not been disclosed to protect his identity.)

調査官によると、容疑者の携帯には、十代の学生との恋愛関係(romantic relationship)を伺わせる大量の証拠が、保存されていたという。捜査にはすでに数ヶ月が費やされている。

現在、Jarvis容疑者は、暴行容疑で二つ、不浄容疑(sodomy)、そして、「未成年と不適切な関係を持った容疑」で起訴されているが、彼女は、それら全ての容疑に関して否認している。

地元紙の報道によれば、Jarvis容疑者は”夫と見られる男性”と共に裁判所に出廷していたという。現在は保釈金を支払い、釈放されている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://dailycaller.com/2017/06/21/married-teacher-traumatized-male-teen-with-sex-romps-cops-say/
https://www.thesun.co.uk/news/3841074/teacher-lindsey-jarvis-arrested-sexual-relationship-pupil-woodford-county-middle-school/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米・DailyCaller
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//



一緒の出廷してあげる夫さんのメンタルが凄い。

//------------------//

1.海外のパネリスト
その学生は、被害にあったとは思ってないんじゃない?

2.海外のパネリスト
なんで俺は、こういう事件の被害者になれなかったんだ!羨ましい!!!

3.海外のパネリスト
僕が学生時代、こういう先生はどこにもいなかった…

4.海外のパネリスト
(親の承諾があれば)14歳くらいからでも結婚が許可される地域がほとんどな訳だし、問題なくない?

5.海外のパネリスト
俺が学生の時は、太ったおばさんしかいなかったよ…

6.海外のパネリスト
>>5
うちはお婆ちゃんだけだった…

7.海外のパネリスト
十代の男子が綺麗な先生と”不適切な関係”を持つと、被害者になるのか…いや、まぁそうなんだろうけど…

8.海外のパネリスト
僕の学校にも30代の綺麗な先生がいた。友達がすっごい熱をあげてたよw僕は当時、チアリーダーをしていた彼女がいたから、まったく興味なかったけどね…

9.海外のパネリスト
>>8
学生の頃は、年上の女性に夢中だった…同世代の女子以上の魅力があったんだ…

10.海外のパネリスト
こんな先生がいたら、毎日笑顔で登校できた自信がある…

11.海外のパネリスト
>>10
俺はむしろチアリーダーの彼女欲しかったよ…

(*チアリーダーは、アメリカの若者にとって”高値の花(学校のアイドル)”のような存在っぽいです…)

12.海外のパネリスト
この容疑者が小学校の教師助手だったことを鑑みれば、被害に遭った学生が、12歳以下だった可能性もある。その場合は、確実に”児童虐待”にあたるのだから、同様の事件を起こした男性教師達と同様の処罰が下されるべきだ。

13.海外のパネリスト
僕の知ってる女性教師は、ほとんどが近寄りがたいほど醜い人達ばかりなんだけど…

14.海外のパネリスト
>>13
分かる…旦那が不憫に思える女性教師しかいない…

15.海外のパネリスト
高校に入学したとき、めっちゃタイプの先生がいたなぁ~…チャンスがあればお近づきになりたかった…それ以外の女性教師はみんな*ミセス・ダウト以下だったけど…

(*1993年の米コメディ映画。ロビン・ウィリアムズ主演で世界的に大ヒットした。by wiki)

16.海外のパネリスト
なんて可愛そうな学生だ!俺が!!!俺が彼の”苦しみ”を代わってあげられたら…どんなにかよかったのに!!!!!!

17.海外のパネリスト
いいかい諸君!男性の最盛期は18歳、そして、女性の最盛期は36歳と言われている…こういった事案は起こるべくして起きているのだよ…

18.海外のパネリスト
>>17
男性の最盛期が18?私は65ですが、まだバリバリ現役ですよ?

19.海外のパネリスト
>>18
同じく!5年前に離婚した63歳の初老だが、未だに元気一杯だ!25歳年下の彼女もいるぞ!

20.海外のパネリスト
っていうか、夫さんが超絶可愛そうなんですけど…

 




先週の土曜日、中国海警局に所属する4隻の船が、東シナ海における日本領海内に侵入したことが確認された。両国間の長期に渡る緊迫した関係に、さらなる刺激を与える結果となっている。

日本沿岸警備隊によると、それら4隻の中国船は、日中がそれぞれ領有権を主張している尖閣諸島周辺を巡視していたという。

日本外務省報道官は、この事案に関して、岸田外務大臣が駐日中国大使館に対し、抗議を行ったことを明らかにした。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/m/fb4e8955-4df6-3abc-882a-93864d162463/ss_china-sails-into-disputed.html
(転載元:CNN)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでも指摘されていますが、英語風のハンドルネームを付けた中国人の方と思わしきコメントが多数ありました(*だいたい反日or反米コメント)。ほとんどが低評価だったので、ここではあまり紹介していませんが…

//------------------//

1.海外のパネリスト
中国ってのは世界の問題児だ!中国製品をボイコットしよう!!!

2.海外のパネリスト
>>1
賛成!

3.海外のパネリスト
>>1
中国を支援することになってしまうのなら、多少高くとも別の商品を買う!これは中国との戦いだ!!

4.海外のパネリスト
>>1
俺達は、共産主義国である中国から何も買うべきじゃないんだよ。あいつらはその金を、ろくでもないことにしか使わないんだから…

5.海外のパネリスト
>>1
中国がここまで台頭してきたのは、アメリカの責任でもある…

6.海外のパネリスト
面白いねぇ~…英語のハンドルネームを付けた中国人達のコメントが溢れてるwそんなに意見が言いたいのなら、チベットに関するコメントもしてほしいんだけどなぁ~…何とかお願いできませんかね…”領土泥棒(land grabber)”さん?

7.海外のパネリスト
日本よ!その土地を守りたいのなら、開発を進め、地盤の拡張工事を行ったほうが良い。中国も色々な場所で同じようなことをしているのだから…

8.海外のパネリスト
勝手に領海に入ってきたんだから、攻撃しちゃえばいいんだよ。あいつらは全てを奪おうとしてくる。あんなにでかい国土を持っているのに…なんて貪欲な連中だ!

9.海外のパネリスト(多分中国の方:英語名ですが…)
>>8
確かパールハーバーで”我々”を攻撃してきたのは、”釣り上がった目(Slanty-eyed)”をした、日本人共(*sons of Nippon)だったはず…第二次世界大戦において、中国はドリトル将軍一団を助けるなど、アメリカとは非常に親密な関係だったのだ!

10.海外のパネリスト
>>9
お前中国人だろ?

11.海外のパネリスト
ちょっと調べてみた!日本は日中戦争以前の1895年には、すでに尖閣諸島の領有権を主張している。かつ、第二次世界大戦後、GHQは尖閣を沖縄の一部として占領した後、それを日本に返還している。さらに、1969年の中国地図には、尖閣が日本の領土であると記載されている。中国がこの列島周辺に興味を持ち出したのは、1970年代に国連が豊富な地下油田の存在を指摘してからだ。

12.海外のパネリスト
このコメント蘭で騒いでいる中国人達よ。すまんが、尖閣諸島は日本のものだ。君達の嘘は、もうばれている。

13.海外のパネリスト
そんな船沈めてしまえ!中国製品も締め出すべき!!!

14.海外のパネリスト
共産主義者というのは限度というものを知らない…いずれ中国が内部崩壊する時のことを思うと…恐ろしいね…

15.海外のパネリスト
中国はチベットに自国民を住まわせ、ビジネスを行わせ、最終的に、中国の一部にしてしまった。また、海底資源を盗むために、人口島すら建設している。だが、日本を敵にまわさないほうが良い。彼らは君達よりもはるかに賢い戦士達だからだ。そんなに土地が欲しければ、北朝鮮でも占領すればいいじゃないか。世界もそれを望んでいるだろう。

16.海外のパネリスト
日本は、世界第三位の海軍力を誇る国家だ。もし状況が許せば、南シナ海から中国を追い出すことくらい、簡単に出来るだろう。

17.海外のパネリスト
中国は歴史上、何度も日本に負かされているのに、また日本に噛み付いているのか…

18.海外のパネリスト
みんな、目を覚ませ!中国の目的は世界征服なんだ!すべての国を降伏させ、さらに消滅させる…それこそがあいつらの目的なんだよ!!!

19.海外のパネリスト
日本の外務大臣が中国大使館に抗議をしたって?そんなことせず、さっさと撃沈させちゃえばいいのに…日本にはアメリカが付いているんだし!

このページのトップヘ