海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…(コメント評価システム試験中…)


カテゴリ: 文化・事件



(動画内容:東ロンドンの小学校が、ムスリムの保護者達に対して、イスラム教儀式である断食を子供達に行わせないよう要求したところ、激しい批判を受けたというニュース動画。2015年放送。)

大ロンドン都市圏南部クロイドン区にあるWolsey Academy小学校が、生徒の保護者達に対して、学校給食を全てハラール(イスラム教徒専用食)に変更するとの提案を行い、その賛否を尋ねたことが、物議を醸している。

これらの出来事に対して、一部の保護者達は強く反発を示し、ソーシャルメディア上で激しい議論が巻き起こされた。

ハラールは、イスラム法に基づき許可された食材を意味し、食肉の場合、イスラム教徒の肉屋が、イスラム式の食肉処理を行い、家畜を取り扱うことになっている。ただし、その過程においては動物達に多大な苦痛を与える工程も含まれているため、動物愛護団体などからは、強い懸念が示されている。

同地区のイスラム教団体は取材に対して、”多くのムスリム児童が通う小学校においては、子供達がムスリムとしての尊厳を持ち続けられるよう、配慮がなされるべきです。一方で、過度な論争を避けるために、ハラールへの全面移行ではなく、生徒達が自分で食事内容を選択できるようにするべきだったと思います。”などと、述べた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.westmonster.com/croydon-primary-school-proposes-only-serving-halal-meat/#.WczRNHxOFTQ.twitter
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
(https://twitter.com/V_of_Europe/status/913352321798729728)
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
みんな狂ってしまったのだろうか…ヨーロッパはヨーロッパの法律によって統治されるべきだ!それが嫌なら出て行けばいい…

2.海外のパネリスト
>>1
その通り!

3.海外のパネリスト
何度も言うけど、イスラムってのは”トロイの木馬”だから…

4.海外のパネリスト
ベーコンを全ての人たちに…Yummy!

5.海外のパネリスト
イスラム式の食肉処理法(ハラール)を禁じるヨーロッパ諸国も増えてきている。ロンドン?スーパーで普通に売ってるよ…

6.海外のパネリスト
ムスリムを受け入れれば、遅かれ早かれ、その国はイスラム国家になる…

7.海外のパネリスト
世界初の都市であるロンドンが、ムスリム達の手に落ちた…

8.海外のパネリスト
豚肉を給仕すべき!食べたくなければ、食べなければいいんだし…

9.海外のパネリスト
イスラム式の食肉処理法は、動物達にとって苦痛でしかない…

10.海外のパネリスト
>>9
イギリス人ってもっと清潔なイメージがあったんだけどなぁ…午後4時ピッタリに紅茶を飲む!みたいな…そういった文化も、すでに消えてしまったのかもね…

11.海外のパネリスト
選択制にしたほうがいい。イスラム法に従う必要なんかない…ここはイギリスだ。

12.海外のパネリスト
文化統合が非常に上手く進んでいるね…逆の方向に…

13.海外のパネリスト
ムスリム&左翼連合による工作としか思えない…

14.海外のパネリスト
そもそも、何でイスラム教徒がキリスト教国に来るんだろう…

15.海外のパネリスト
>>14
彼らの目的が、キリスト教の破壊だからさ…

16.海外のパネリスト
保護者は子供達に弁当を持参させ、給食費の支払いを拒否するべき!もしくは転校しよう!!!

17.海外のパネリスト
ありえない!ハラールなんかいらないよ!

18.海外のパネリスト
イギリスはもう…イギリス人のものではないのだ…(That's when you know your country is no longer your country)







(*Update 2017/9/29 16:50 各コメントの評価を記載。)

米カリフォルニア州サンフランシスコにて、第二次世界大戦中の日本軍慰安婦を題材とした、銅像の除幕式が執り行われた。同様の銅像は世界各国に建てられているが、アメリカの大都市(*地方都市には前例がある。)における設置は、これが初めてとなる。

アメリカ各都市の慰安婦像を巡っては、様々な論争が繰り広げられており、カルフォルニア州グレンデールでは設置反対の訴訟が起こされ、最高裁まで争われた結果、敗訴となっている。

サンフランシスコ在住の韓国人、中国人、そして、フィリピン人コミュニティーが合同で主催した今回の記念式典は、同都市の中国人街にて行われた。一方、日本人コミュニティーなどからは、慰安婦像設置に反対する声が聞かれている。この銅像を制作した”Steven Whyte”さんのもとには、1000件を超える抗議のメールや電話が殺到したという。

在サンフランシスコ日本総領事であるJun Yamada氏は、NBCの取材に対して次のように答えた。”(慰安婦像の設置は)物理的な銅像の設置という形式を取ることで、確かな証拠の提示も無しに、一方的解釈を真実(perpetuate and fixate)として定着させようとする試みである。(“perpetuate and fixate on certain one-sided interpretations without presenting credible evidence, in the form of physical statues.”)”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.nbcnews.com/news/asian-america/san-francisco-install-statue-honoring-world-war-ii-era-comfort-n803621
https://www.voanews.com/a/san-francisco-statue-wwii-comfort-women/4041188.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
(https://www.yahoo.com/news/statue-honoring-wwii-comfort-women-004225792.html)
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択(*低評価なコメントは省いています。)

//------------------//

1.海外のパネリスト(Good 38:Bad 10)
南部連合軍兵士達の像は撤去されていくのに、まったく関係のない銅像が、次々に建てられていく…なぜだ?

2.海外のパネリスト(Good 1:Bad 1)
>>1
中国人街ですもの…

3.海外のパネリスト(Good 1:Bad 7 *コメント選定時はほぼ互角)
>>1
在米中国人達は、アメリカ人よりも主義・主張が激しいからね…

4.海外のパネリスト(Good 53:Bad 22)
私は韓国系アメリカ人だが、慰安婦像の設置には強く反対する。我々はアメリカ人である以上、韓国系であろうが、日系であろうが、米国繁栄のために共に協力し、助け合わねばならない。如何なる国家であれ、民族であれ、完全な存在などあり得ないのだから。過去の事は、過去の事として対処するべきであり、こういった行為は、偉大なるアメリカがこれまで築き上げてきた、平和と協調を乱すものだ。

5.海外のパネリスト(Good 2:Bad 0)
>>4
(慰安婦像の設置は)日本の名声を汚すために仕組まれた、中国政府の差し金。

6.海外のパネリスト(Good 4:Bad 1)
>>4
韓国は、70年前の出来事を気にするよりも、今現在、彼らの国で蔓延する売春問題について、もっと真剣に取り組んだほうがいい…

7.海外のパネリスト(Good 20:Bad 8)
>>4
韓国政府はこの件に関して、すでに多額の賠償金を得ているはずだ…もし、文句が言いたいのなら、それらをまず返金するべきだろう…

8.海外のパネリスト(Good 41:Bad 13)
アメリカに何の関係があるのか…まぁ…サンフランシスコのような街なら、これも日常的な風景なのかもしれないが…

9.海外のパネリスト(Good 33:Bad 24)
従軍慰安婦と呼ばれる人々は、当時、ただの一般的な売春婦に過ぎなかった。もちろん、奴隷などではないし、日本軍によって強制連行されたわけでもない。

10.海外のパネリスト(Good 38:Bad 10)
1970年代、世界各地の米軍基地には、似たようなシステムが構築されていたよ…

11.海外のパネリスト(Good 8:Bad 1)
これは日本と韓国の問題でしょ?何でアメリカに持ってくるの?この国に移住してきたんだから、こういった政治案件は、祖国に置いて来るべき。

12.海外のパネリスト(Good 28:Bad 13)
取り壊しちゃえよ…代わりに、学校とか公共施設を建てたほうがまだマシ…

13.海外のパネリスト(Good 8:Bad 3)
韓国は、売春婦の一大輸出国である…

14.海外のパネリスト(Good 11:Bad 6)
なぜサンフランシスコなの?韓国で良くない?

15.海外のパネリスト(Good 12:Bad 6)
戦時中ってのは、皆、酷いことをするものさ…

16.海外のパネリスト(Good 14:Bad 10)
中国人と韓国人っていうのは、常に嘘をついて生きている人達だからね…特に、韓国人における”憎しみの文化”は、そうそう消えるものじゃないんだよ…(台湾人は良い人たちだよ。)

17.海外のパネリスト(Good 7:Bad 5)
こうした慰安婦達って、韓国人経営者の支配下で給与を貰いながら働かされていた。日本軍は彼らの行き過ぎた行為に対して、その都度、是正や指導を行っていたとされる。しかも、1944年の米軍による報告書では、当時の慰安婦達は栄養状態が非常によく、贅沢品を買うだけの給与があったことを示唆している。

18.海外のパネリスト(Good 7:Bad 3)
ホロコースト記念館も世界中にあるわけだし、別にいいんじゃない?

19.海外のパネリスト (Good 9:Bad 7)
韓国政府は自身の歴史観を、より世界基準に合わせたものに訂正するべきだ。

 



(*スウェーデンの音楽祭にて、観客の女性達に対する大規模なセクハラが発生したことを伝えるニュース動画。難民の関与が指摘されている。)

スウェーデンの民政省(Ministry of Youth and Civil Affairs)は、移民による「女性への暴力」事件対策として、”女性の権利”を記したガイドブックを製作、移民や、その支援者達に配布する方針を示した。これにより、女性が持つ基本的権利について、啓蒙していくとしている。

このガイドブックは”Youmo In Practice”と名付けられており、支援者等が、若年層の移民にスウェーデン的性価値観を教える際、教材として使用されることを想定している。また、本ガイドには、女性が男性の要求を拒む権利についても、触れられているという。

近年、スウェーデンにおいては移民によって引き起こされる「女性への暴力」事件が急増しており、特に、難民収容施設や、音楽祭などにおいて、多数の事件が報告されている。犠牲者の多くは未成年者であり、一部の報告によれば、同国で発生する「女性への暴力」事件の90%は、移民(もしくはそれに属する人々)によって、実行されているとの指摘もなされている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/09/12/sweden-sex-guidebook-migrant-sex-attacks/
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
(https://twitter.com/V_of_Europe/status/907539754559967232)
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
なかなか笑える対応だね。その内、「女性への暴力」を食い止めるためと称して、移民達に金を配り始めそう…

2.海外のパネリスト
>>1
同感…なんでこんな政府が未だに存続しているんだ!?

3.海外のパネリスト
素晴らしい!これでスウェーデンの女性達も、一安心だね!!(*皮肉)

4.海外のパネリスト
>>3
「女性への暴力」の予防策って…普通、催涙スプレーとか護身術じゃないの?

5.海外のパネリスト(>>3)
>>4
このガイドブックには、「女性には拒否する権利があります!」って書いてあるらしいからね…期待できると思うよ!!!(*皮肉)

6.海外のパネリスト
”女性が持つ基本的権利”…そんなの…移民達にとっては、どうでもいいこと…

7.海外のパネリスト
40近い自称”少年”の移民達に、この本を読み聞かせるつもりか…?

8.海外のパネリスト
完全に狂ってる…

9.海外のパネリスト
一体コレに何の意味があるの?っていうか、まず、犯人になりそうな人物を追放するのが先でしょ?

10.海外のパネリスト
リベラルの馬鹿さ加減には、ほんとに驚かされる…

11.海外のパネリスト
そもそも、こんなガイドブックを必要とするような連中を受け入れるなよ…

12.海外のパネリスト
彼らって文字が読めるの?

13.海外のパネリスト
無駄…

14.海外のパネリスト
スウェーデンの女性達は、自国政府を訴えたほうがいい…

15.海外のパネリスト
移民達が標的にしているのは、白人女性だけ…

16.海外のパネリスト
英バーミンガムでも、このガイドブックを配布して欲しい!

(注:バーミンガムは移民の割合が多い地域として知られている。参考

17.海外のパネリスト
こんなくだらないことに、国民の税金を使ったのか…?

18.海外のパネリスト
「平和の宗教」にとって、女性は家畜同然なのさ…

 



スウェーデンにある小学校の集合写真が、ソーシャルネット上で話題となっている。特に、スウェーデンの隣国ノルウェーでは、強い関心が寄せられているようだ。

この写真には、地元スウェーデン人と思われる女の子1人と、複数の外国人風の子供達が写されている。中にはヒジャブを着用している生徒も見受けられる。ノルウェーの地元紙”Ekte Nyheter”は”一枚の写真が全てを語る”と題して、この写真を紹介した。

ノルウェーのネット上では、この報道に多くの関心が寄せられており、”スウェーデンに何が起きたというのか?いずれ、ノルウェーもこうなってしまうのか?”などと、懸念する声が聞かれている。

ある統計によれば、ノルウェーの首都オスロでは、全132校中52の学校において、移民出身生徒の割合が、過半数を占めている状態になっているという。

2014年、ノルウェーの現法務大臣であるPer-Willy Amundsen氏は、”2050年までにノルウェー人が少数派になる”との調査結果を引用しながら、”我々は今、「民族置き換え(replacing the population)」の危機に直面している。”と述べていた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://speisa.com/modules/articles/index.php/item.3962/swedish-class-photo-creates-reactions-in-norway.html?utm_campaign=shareaholic&utm_medium=twitter&utm_source=socialnetwork
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
(https://twitter.com/V_of_Europe/status/912778231044075521)
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
英ロンドニスタンの小学校はもっとすごいぜ!

2.海外のパネリスト
なにを狼狽しているんだい?君達ヨーロッパ人はこれを望んでいたんだろ?

3.海外のパネリスト
>>2
私の子供がこれと似たような状況になったら、100%転校させるわ…

4.海外のパネリスト
これはただの民族虐殺だよ…

5.海外のパネリスト
ノルウェーも今行動しないと…そのうちスウェーデンのようになる。

6.海外のパネリスト
醜いことだ…

7.海外のパネリスト
スカンディナヴィア人達を絶滅危惧種に認定するべきだ!

8.海外のパネリスト
この白人少女が写真から消えた時、グローバリスト達は文化濃縮と多文化主義の実現に歓喜し、涙を流すだろう…

9.海外のパネリスト
ヨーロッパのことはもう、無視することにしたんだ。だって、彼らが選んだことだもの…

10.海外のパネリスト
おぞましい…

11.海外のパネリスト
なぜブロンドの女教師と白人生徒がいる?!多文化主義の浸透がまだまだ不十分だ!!(*皮肉)

12.海外のパネリスト
>>11
みんな黒人生徒になったら、そもそも多文化主義じゃなくなるでしょ…

13.海外のパネリスト(>>11)
>>12
多文化主義ってのはな…白人を消滅させることを意味するんだよ!

14.海外のパネリスト
>>13
それはむしろ、”地獄”と呼ばれるべき世界ではないのか?

15.海外のパネリスト
この女の子がかわいそう…

16.海外のパネリスト
これはナイジェリアの小学校ですか?

17.海外のパネリスト
先生が美人…(*/▽\*)

18.海外のパネリスト
おめでとうスウェーデン!君達の国は晴れてゴミ箱となった!偉大なる先祖の顔に泥を塗ったな!!!

19.海外のパネリスト
多分、この教師は更迭されるね…

20.海外のパネリスト
文化破壊…あ、ごめん、文化濃縮だった…w

 



[動画内容]ベルギー・ボルゲルハウトにて、警察が巡回中、地元住民(*おそらく移民出身者)との間で殴り合いとなった。

*ボルゲルハウトについて…(By Wiki

ボルゲルハウトは、ベルギーのフランデレン地域・アントウェルペン(アントワープ)州に属する小さな地区。住民数は4万5000人ほど。

この地域は、高速道路と歴史的建造物(壁)によって、 Intra muros (内壁地区)と、Extra muros (外壁地区)の、二つに分断されている。Extra muros (外壁地区)においては、住民の多くが豊かな白人の高齢者であるとされているが、その一方で、 Intra muros (内壁地区)においては、貧しい移民が多く占めており、ボルゲロッコ(ボルゲルハウト+モロッコ)という俗称も存在している。

動画の事件はIntra muros (内壁地区)での、出来事であると推測される。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/V_of_Europe/status/911674309915136002

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
”No-Go-Zoneなどヨーロッパに存在しない”と、一部の人間は、盛んに訴えているけどね…

2.海外のパネリスト
>>1
実際にここに来てごらん。スウェーデン、ドイツ、フランス、ベルギー、そして、イギリス…あとオランダにも…

3.海外のパネリスト(>>1)
>>2
もちろん、俺は彼らの言うことなんか信じてないよ。今、EU率いるヨーロッパはディストピアになりつつある。あいつらは、その現実を見ようとしないのさ…

4.海外のパネリスト(>>2)
>>3
問題提起する人間は、もれなく差別者扱いされるからね…

5.海外のパネリスト
>>4
いつも思うんだけど…なんで”差別主義者”って呼ばれることを、みんなは、そこまで恐れるのかな?気にしなきゃいいじゃん…

6.海外のパネリスト
なぜだ…なぜヨーロッパは、自ら破滅の道を選ぼうとするのか?

7.海外のパネリスト
移民=ゾンビ…

8.海外のパネリスト
警察の対応甘すぎない?ぶちのめしちゃえばいいのに!!!

9.海外のパネリスト
ここの住民って、きっと、移住先した国の文化を誠実に吸収・統合し、決して面倒事や、犯罪を起こさないっていう…”あの”人達ですよね?

10.海外のパネリスト
>>9
そう!「平和の宗教」を自認する”あの”人達だよ!!

11.海外のパネリスト
私の国には来ないでねぇ~

12.海外のパネリスト
「ヨーロッパの終焉~シーズン3~ 第5373636話目」

13.海外のパネリスト
軍を…軍を呼んでくれ!

14.海外のパネリスト
ヨーロッパの男達よ!自国の女性達がヒジャブ着用を強制されてもいいのか!?嫌なら今すぐ立ち上がれ!

15.海外のパネリスト
>>14
女性には女性が好きなものを着る権利がある。君がそれを決めるべきじゃない。#ヘイト反対

16.海外のパネリスト
彼らを強制送還するか、もしくは、自国民に銃を持たせろ!

17.海外のパネリスト
中東の話なのか、ヨーロッパの話なのか…もう分けわからなくなってきた…

18.海外のパネリスト
ヨーロッパは詰んだ!もう救いようがないよ…

19.海外のパネリスト
豊かなイスラム教国家がムスリム難民を無視する一方、ヨーロッパの政治家は彼らの受け入れを決め、自国を混乱に陥れた…カナダもいずれそうなる…

20.海外のパネリスト
ヨーロッパ全土が"No-Go-Zone"になる日も近い。

 




スウェーデン・ラジオによれば、複数の警備会社が、南部の都市トロルヘッタンにおける”Sylte”地区への警備員派遣を安全上の懸念により、取り止めること決めたという。その一方、警備会社”Securitas”は、警察の護衛がある場合に限り、同地域内への警備員派遣を認める方針を示している。

これらの対応は、当該地域において、警備会社の車が破壊される事件が連続したため、労働組合が、会社に対して同地区への派遣中止を申し入れしたことが、きっかけとなった。

今年6月、スウェーデン警察が発表した、”No-Go-Zone”地域のなかに、”Sylte”地区は含まれておらず、同国全土において、”No-Go-Zone”のエリアが広がっていると思われる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://speisa.com/modules/articles/index.php/item.3955/security-officers-forbidden-to-go-to-parts-of-swedish-city.html?utm_campaign=shareaholic&utm_medium=twitter&utm_source=socialnetwork
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
(https://twitter.com/V_of_Europe/status/911961586599899141)
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Related Article(当ブログ内リンク)
//------------------//


//------------------//
//Translator's comment
//------------------//

ドイツの選挙に関する記事は明日以降となります。遅くなってしまい申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
移民に対する社会保障を打ち切ればいいのさ。すぐに彼らはいなくなるよ…

2.海外のパネリスト
政府が(移民たちに対する)警察の行動を規制しているのさ…

3.海外のパネリスト
面白くなってきました!www

4.海外のパネリスト
警察の巡回を増やしたら良いのに…

5.海外のパネリスト
スウェーデンには軍隊がいないの?隣国であるノルウェーは国境沿いに壁を立てたほうが良いね…

6.海外のパネリスト
戒厳令を発して、軍隊を送り込め!何をぐずぐずしているんだ!?

7.海外のパネリスト
スウェーデンの政治家「え?イスラム侵略?それより、昼食は何を食べようかな~」

8.海外のパネリスト
ムスリム移民増加に伴い、スウェーデンでは「No-Go-Zone」絶賛拡大中…

9.海外のパネリスト
移民居住地に対する、電力・水・ガスなどの公共サービスを停止すべき!!!

10.海外のパネリスト
「No-Go-Zone」における最大問題は、それが拡大しているということよりも、スウェーデン国民・政府が、それを既成事実として受け入れてしまっているということなのだ…スウェディスタン建国への布石である…

11.海外のパネリスト
これと同じことが他のヨーロッパ諸国、及び、アメリカでも、いずれ起こるのか…

12.海外のパネリスト
フランスも似たようなもんだよ。

13.海外のパネリスト
スウェーデン政府は断固として”No-Go-Zone”の存在を認めないけどね…

14.海外のパネリスト
銃の手入れをしておかねば…

15.海外のパネリスト
政治家たちは、この現実を直視しようとしない…彼らにとっては、あまりにも過酷すぎるのだろう…

16.海外のパネリスト
>>15
過酷!?実際の被害を受けているのは一般市民なんだぞ!?

17.海外のパネリスト
なんでこんなことになっちゃってるんだろう…

18.海外のパネリスト
放水車を大量に用意しておかないと…

19.海外のパネリスト
警備会社が自らの安全を危惧する状況…なんなのそれ…

20.海外のパネリスト
領土の一部を、わざわざ譲り渡すような馬鹿な国家が存在するとは…

21.海外のパネリスト
爆撃しかないな…

 



(*2016年1月、移民の急増に苦慮したバイエルン州の知事が、ベルリンにあるメルケル独首相のオフィスに、それらの移民を輸送した時の動画。なお、受け取りは拒否された。)

//------------------//
Update 2017/9/25 5:25
*”ドイツ全人口における不法移民/難民申請者の割合”に関する記述を追加しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。
//------------------//

バイエルン州において、移民による「女性への暴力事件」が前年度比で90%増を記録していることが判明した。また、「女性への暴力事件」全体の件数も48%上昇している。

ドイツ紙”Bild”によると、今年に入り、1~7月だけで685件もの「女性に対する暴力事件」がバイエルン州内にて発生しており、その内、126件が移民によって実行されたものである報じた。なお、これらの犯罪統計において、ドイツ国籍を取得した元移民・元難民や、移民2世などは”移民”としてではなく、”ドイツ国民”として扱われている。(They do not include migrants who have acquired the German citizenship, nor do they include the second-generation immigrants. All these groups are lumped together as “Germans” in the crime statistics.)

バイエルン州において「女性に対する暴力事件」に関わったとされる不法移民/難民申請者(*正規移民は含まないと思われる。)の割合は、全事案のうち、11%を超えている。2015年の難民危機以降、ドイツを訪れた不法移民/難民申請者の割合が、ドイツ全人口のわずか2%程度であることを鑑みれば、その数値は驚愕すべきものだ。(Illegal migrants or asylum seekers account for 11 percent of all -- suspects in Bavaria. This figure is especially horrifying given the fact that these recent migrants -- that came to Germany in the wake of the Migrant crisis -- make up less than 2 percent of total German population.)

与党CSUの議員であり、バイエルン州における内務大臣を務めるJoachim Herrmann氏は、同地域における急激な「女性への暴力事件」の増加理由について、”不明である。(unclear)”と、述べた。

(注:要約に際して、表現を和らげてあります。)

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.truthrevolt.org/news/migrant-rapes-rise-90-percent-bavaria#.WcQuQqfEHL4.twitter
http://www.breitbart.com/london/2017/09/14/migrant-rape-attacks-90-percent-bavaria-year/

(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
(https://twitter.com/V_of_Europe/status/910978345441071105)
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
我々アメリカ人は、無法者達を受け入れてしまった全ての国家に対して、心から同情する…しかし、私達には、君達の面倒はみれない…

2.海外のパネリスト
>>1
なぜなら…俺達は自国民の生活すら、まともに面倒がみれていないのだから…

3.海外のパネリスト
移民擁護派にとっては、自分達の主張を支持する、最高の証拠となるだろう…(皮肉)

4.海外のパネリスト
親愛なるドイツ人よ…もしメルケルを再選させてしまえば、さらに何百万人という移民達が、君達の国を訪れることになるぞ?

5.海外のパネリスト
こいつらをハリウッドに送り込め!あそこにいるリベラルスター達が、これらのムスリム達を大歓迎してくれるぞ!!!

6.海外のパネリスト
なんだこの記事は…なぜちゃんと”イスラム移民”と表記することが出来ない?

7.海外のパネリスト
これはもうブチ切れるしかないでしょ…法律なんて役に立たないんだよ…俺達白人の恐ろしさを、思い知らせてやろうぜ…

8.海外のパネリスト
これらの素晴らしき人々が台頭している現状に関して、メルケルには感謝しないとな…

9.海外のパネリスト
なぜこんなことになってしまっているんだ…

10.海外のパネリスト
アメリカのフェミニスト達は、公の場におけるイスラム教徒のブルカ着用を支持している…淑女達よ…あなた達は、彼らがどんな連中か正しく理解しているのか?”女性の権利”を蔑ろにしている人々なんだぞ?

11.海外のパネリスト
ドイツだけじゃない、フランス・スペイン・イギリスも、同じような状態になっている…旅行先には選ばないほうがいい。

12.海外のパネリスト
自国の女性たちがどれだけ苦しもうが、メルケルには関係ない。だって、少なくとも彼女は安全だからね…

13.海外のパネリスト
教養の低い、無節操な移民達は、常に社会的混乱を生み出す。

14.海外のパネリスト
(ヨーロッパ大陸とイギリスを分断する)イギリス海峡よ、我々を守ってくれてありがとう!!!

15.海外のパネリスト
ドイツは移民たちに舐められているんだよ。

16.海外のパネリスト
>>15
警察や裁判所も、彼らには甘いからね…

17.海外のパネリスト
あの美しいバイエルン州が、今、こんな状態になってしまっているとは…かなしいことだ

18.海外のパネリスト
新たなる*ニュルンベルク裁判を開き、メルケルを処罰すべき!

(*第二次世界大戦においてドイツによって行われた戦争犯罪を裁く国際軍事裁判である(1945年11月20日 - 1946年10月1日)by Wiki)

19.海外のパネリスト
>>18
来るべき選挙において、ドイツ国民が良識ある判断を下してくれることを祈る…

 



(*フランスの路上を、ムスリム集団が占拠している様子。)

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/V_of_Europe/status/911332065039265792

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
パリにはもう…キリスト教徒が存在しないの?

2.海外のパネリスト
同じことをクリスチャンがやったらどうなるだろうか?

3.海外のパネリスト
>>2
警察がすっ飛んできて、みんな逮捕されるよ。

4.海外のパネリスト
もう遅すぎる…

*イスラムによる侵略手順

1.モスクを建てる。
2.自分達の縄張りを作る。
3.ムスリム人口を増やす
4.被害者を装う
5.現地の権威や文化に抵抗する
6.法律闘争を行う。
7.イスラム法を広めようとする。
8.地域社会から孤立する。
9.支配する

5.海外のパネリスト
>>4
それは違う…彼らの侵略手順はたった一つだ…”決して諦めず戦う”。

6.海外のパネリスト
フランスは自国の文化を放棄しちゃったのかな…

7.海外のパネリスト
受け入れてもらったことに感謝するどころか、逆に、混乱と破滅をもたらすとは…

8.海外のパネリスト
>>7
それが彼らの目的だからね…

9.海外のパネリスト
さすが!メルケル軍の威圧感はすごいね♪

10.海外のパネリスト
もし、キリスト教徒やユダヤ教徒が、こういった行為をアラブ諸国ですれば、厳しく罰せられることだろう…

11.海外のパネリスト
フランスには、コレを罰する法律がないの?

12.海外のパネリスト
>>11
「平和の宗教」には、法律が適用されないんだよ…

13.海外のパネリスト
メイ英首相は、Briexitの実施延長を決めた…いずれイギリスもこうなるだろう…

14.海外のパネリスト
イスラム教徒がいかに力を持っているのかを、よく示している…何か手を打たなければ、さらに巨大化してしまう…

15.海外のパネリスト
フランス人に同情はできない。マクロンみたいな人物を大統領に選んだのだから…君達は、これを望んでいたんだろ?

16.海外のパネリスト
>>15
その通り!

17.海外のパネリスト
ヨーロッパがこんな状態になるとはね…

18.海外のパネリスト
>>17
リベラル達が国境を開き、彼らを招いた…

19.海外のパネリスト
コレは祈りなどではない…ただの脅迫だ…

 




今月23日土曜日、米軍の複数の戦闘機(F-15Cイーグル)と、爆撃機(B-1B戦略爆撃機)が、北朝鮮の東の海上において威嚇飛行(in a show of force)していたことが明らかとなった。先日には、北朝鮮が太平洋上で水爆実験を検討していると、報じられたばかりであり、米朝関係のさらなる緊張悪化が懸念されている。

米軍の爆撃機が北朝鮮領空近くを飛行するのは、これまでにも何度か行われていたが、今回は韓国-北朝鮮間に設けられた非武装地帯の中でも、最も北朝鮮領空に近い場所を通ったとされている。

米国防省の報道官は、次のような声明を発表した。

”今回の作戦は米軍の存在を示すためのものであり、米大統領が、(北朝鮮によってもたらされる)いかなる脅威においても、多彩な軍事的選択肢を用いて解決することが可能であることを、明確に(北朝鮮へ)伝えるためのものである。---(中略)---我々はアメリカ本土と、同盟国を守るために、持ちうる全ての軍事力を発揮できるよう、準備を整えている。(We are prepared to use the full range of military capabilities to defend the US homeland and our allies.)”

なお、先日、北朝鮮の核実験場付近で確認された”揺れ”に関しては、現在までのところ、”(核実験ではなく)自然の地震”であると、考えられている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/us-bombers-fly-off-east-coast-north-korea-185154410.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

このニュースとはまったく関係ないのですが…”爆撃機”という言葉を見ると、この曲を思い出します。名曲♪


//------------------//

1.海外のパネリスト
さすがトランプ大統領だ!交渉と称して、多額の支援金を北朝鮮にばら撒いていた弱きオバマとは違う!我々には強い大統領が必要なんだ!!!

2.海外のパネリスト
北の将軍様をぶちのめす日が待ち遠しい…新しい髪形にしてやろうぜ!

3.海外のパネリスト
B-1B戦略爆撃機一つあれば、北朝鮮全土を破壊するだけの核爆弾を搭載できる。30分もかからないだろう…一瞬で終わるさ…

4.海外のパネリスト
>>3
15分でいける!

5.海外のパネリスト
>>3
1990年代の条約により、B-1B戦略爆撃機における核爆弾保有能力は削除されている。巡航核ミサイル(a nuclear cruise missile)ならいけるかも…分からないけど…

6.海外のパネリスト
>>3
米軍による先制核攻撃を、ロシアや中国が黙認するとは思えない…

7.海外のパネリスト
>>3
残念ながら、B-1の核爆弾搭載能力は取り除かれている…今となっては、牙を抜かれた普通の爆撃機さ…

8.海外のパネリスト
力を誇示するのもいいけど…我々の安全確保を最優先にして欲しいな…

9.海外のパネリスト
>>8
大丈夫、トランプならやってくれるさ…

10.海外のパネリスト
私は戦争を心から嫌う…だが、今我々が動かなければ、核保有の風潮は世界中に広がってしまうだろう…ロシアや中国が核拡散抑制に消極的であるのだから、アメリカがそれを阻止せねば…選択肢は限られている…

11.海外のパネリスト
北朝鮮は自国民を犠牲にしながら、イカレタ独裁者の野望を満たすことに全力を注いでいる。この狂乱に、今すぐ終止符を打つべきだ。

12.海外のパネリスト
中国やロシアが、もう少し国際社会に協力的だったらなぁ…

13.海外のパネリスト
米軍に攻撃を加えられれば、間違いなく北朝鮮は韓国に対して、無数のミサイルを飛ばすだろう…事実上、米軍が先制攻撃を行える状況ではないのだ…

14.海外のパネリスト
俺の納めた税金が、国防のために正しく使われることを願う。

15.海外のパネリスト
>>14
今回彼らは飛行しただけ…あんたの税金はその燃料代に使われたのさ…

16.海外のパネリスト
”*トンキン湾事件”の再現なるか?

(*1964年8月、北ベトナム沖のトンキン湾で北ベトナム軍の哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる事件である。これをきっかけに、アメリカ合衆国連邦政府は本格的にベトナム戦争に介入、北爆を開始した。by Wiki)

17.海外のパネリスト
>>16
この事件が起ころうが起こるまいが、最終的に、ベトナム戦争は発生したと思うけどね。当時、アメリカを含む、民主主義(資本主義)国家は、世界各地で急拡大していた共産主義に対する懸念を深めていたし、それを止める手立てを探していた。時間の問題だったんだよ。

18.海外のパネリスト
この行動は明らかな戦術ミスだ…威嚇飛行など燃料の無駄にすぎん。実際の爆撃による威圧を行うべきだ!

19.海外のパネリスト
>>18
急に自称軍事専門家が増えだしたな…

 



(*家宅捜索のため、靴を履いたままイスラム寺院に入った英警察が、ムスリム達から猛抗議を受けている様子。)

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/V_of_Europe/status/909840801999544320
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
女性への暴力や強盗などの犯罪については、まったく良心の呵責を感じないくせに、靴で入ってこられただけで、ここまで怒り狂うのか?

2.海外のパネリスト(トルコの方)
なぜムスリムを挑発する?もっと尊敬の念を示すべきではないか?

3.海外のパネリスト
>>2
なんでこっちが気を使わにゃならんのだ?

4.海外のパネリスト
多分、先進国における”警察”というシステムを、未だに理解できていないのだろう…

5.海外のパネリスト
残念ながら、警察官達の靴は、君達(*イスラム教徒)の尻を蹴り上げるまで、脱げないようになっているんだよ。

6.海外のパネリスト
モスクを閉鎖すべきだ。ムスリム達は自らを法よりも上の存在だと思い込んでいる。自由主義社会において、彼らの居場所はない。

7.海外のパネリスト
警察は祈るためにモスクを訪れたのではなく、捜査のためであり、地域社会を守るためにそこにいるのだ。靴を脱ぐ必要はまったくない。

8.海外のパネリスト
どうせなら、警察犬も連れて行けばよかったのに…

(*イスラム教において、犬は不浄な生き物とされている。)

9.海外のパネリスト
>>8
それなら、警察豚もどうぞ…

(*豚も犬と同じく、イスラム教では不浄な生き物として、非常に嫌われている。それゆえ、豚由来の食材を徹底的に取り除いた食生活(*ハラール)となっている。)

10.海外のパネリスト
平和の宗教…

11.海外のパネリスト
>>10
うそつけ!

12.海外のパネリスト
てっきり、差別主義者認定を恐れた警察が、即座に靴を脱ぎ、メッカに向かって懸命に祈り始めると思ってたのに…想像と違った…驚いたね、こりゃ!

13.海外のパネリスト
もしこれがアメリカの警察なら、有無を言わさず、催涙スプレーを大噴射させていただろう。

14.海外のパネリスト
ここはイギリスなんだからさ…この国の法律と文化を守ってよ。それが嫌なら出てってくれる?聞いた話だけど、”シリア”ってところには沢山土地が余ってるらしいよ?

15.海外のパネリスト
家宅捜索に来てるんだから…そんな礼儀正しく入ってくるわけないじゃないか…

16.海外のパネリスト
愚かな者たちに平等な権利を与えた結果、全ての人々が愚かになってしまった…

17.海外のパネリスト
イスラム教には、沢山規則があるんだなぁ…

18.海外のパネリスト
警察も優しすぎるよ…もっと厳しくていいのに…

19.海外のパネリスト
公務執行妨害で彼らを逮捕すべきだ!

20.海外のパネリスト
イギリスでは、リベラリズムの果実(無知)が順調に育っているね♪

21.海外のパネリスト
ムスリム達は、自らの宗教や文化に対する尊敬を、いつも我々に求めてくる…しかし、私達の宗教・文化に対しては、一切尊敬の念を示すことがない…こういう連中を受け入れてはいけないんだ…

 

このページのトップヘ