海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…(コメント評価システム試験中…)


カテゴリ: 文化・事件




欧米のネット上に、イスラム教に関する”画像”が出回っている。その画像には、”日本はイスラムに対して制限を課す事により、水際で彼らの侵入を防いでいる。("Japan keeps Islam at bay by putting restrictions on Islam and ALL Muslims.")”という題名が付けられており、ムスリム達に対して行われている(とされる)日本の政策を列挙している。

1

内容:

*日本は、イスラム教徒に市民権を与えていない唯一の国家
"Japan is the only nation that does not give citizenship to Muslims"

*日本は、イスラム教徒への永住権付与を認めていない。
• "Permanent residency is not given to Muslims"

*日本は、イスラム教の布教を禁じている。
• "Propagation of Islam in Japan is banned"

*日本は、大学においてアラビア語など、イスラム国家の言語を教えていない。
• "In the University of Japan, Arabic or any Islamic language is not taught"

*日本は、イスラム国家にほとんど大使館を設置していない。
• "Japan is the only country in the world with a negligible number of embassies in Islamic countries"

*日本は、アラビア語で書かれたイスラム経典の輸入を禁止している。
• "One cannot import a ‘Koran’ published in the Arabic language"

*日本は、在日ムスリム達に日本の法律と言語の習得を義務付けている。
• "Muslims must follow Japanese law and language".

*日本政府は、イスラム教徒を、イスラム法のみを遵守する原理主義者と考えている。
• "The Japanese government is of the opinion that Muslims are fundamentalist, and unwilling to change their Muslim laws"

*日本では、イスラム教徒は家すら借りられない。
• "Muslims cannot even rent a house in Japan"

*日本は、イスラム法に支配されていない。
• "There is no sharia law in Japan"

専門家などは、上記の記述に、多くの虚偽が含まれていることを指摘している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.politifact.com/truth-o-meter/statements/2015/nov/17/viral-image/viral-graphic-says-japan-keeps-out-radical-islam-t/
(*少し古い情報(2015年)なのですが、未だに欧米のネット上でたまに見かけるので、今回ご紹介させていただきました。また、Youtubeの動画内で語られている内容とは、かなり違いがあります。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Youtube
(https://www.youtube.com/watch?v=2l43yzyDOCE)
[コメント傾向]
保守系チャンネル動画
[コメント選出基準]
人気・選択(*投稿者のコメントなどは、省いています)

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

ポップアップ広告に関する簡易アンケート」にご協力いただき、本当にありがとうございました。今回のアンケートにより、想像していた以上に多くの方が、この現象を経験されていることが分かりました。ご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ありません。原因の究明に努めたいと思います。

ネット上などには、スパイウェア対策ソフト「Malwarebytes(日本語wiki)」によって、これらのポップアップ広告を止めることができた、とする報告もありましたので、興味のある方はお試しいただければと思います。ただし、公式HPの言語が英語だけ(*ソフトの日本語化は可能)となっておりますので、ご利用の際は、十分ご注意ください。

念のため、管理人も試してみましたが、今のところ問題はありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
日本人ってのは賢いことで有名だからね。イスラムみたいな非寛容集団を取り締まることは、正しい判断だと思うよ。

2.海外のパネリスト
>>1
旅行先の候補として、イスラム国家と日本があったら、絶対日本を選ぶよね…

3.海外のパネリスト
ヨーロッパも日本を見習え!

4.海外のパネリスト
>>3
いつかヨーロッパを訪れてみたいと思い続けてきた…でも、今のヨーロッパはもう…私が思い描いていた、昔のヨーロッパではないのかもしれない…

5.海外のパネリスト
>>4
その考えは正しい。ヨーロッパの指導者達は、差別主義者の烙印を恐れるがあまり、ムスリムへの規制を怠った…それがゆえ、祖国の崩壊を招くことになったのだ…彼らは裁かれるべきだと思うよ…

6.海外のパネリスト
日本は世界で最も尊敬すべき国家であり、その国民も素晴らしい…大胆さには欠けるかもしれないが、非常に謙虚で秩序だった人々だ。日本のイスラムに対する行動は、世界の模範となるべきだし、自国文化を守ろうとする全ての人々にとって、参考となるものだ。

7.海外のパネリスト
>>6
彼らには、自らの伝統・文化を守る権利がある!

8.海外のパネリスト
もし日本がイスラムを受け入れてしまえば、彼らの優れた産業技術は失われるだろう…

9.海外のパネリスト
いいぞ日本、その調子だ!!一歩たりとも引いてはいけない!!もしムスリム達が日本に歯向かってきたら…返り討ちにしてやれ!!!

10.海外のパネリスト
この点に関しては、本当に日本が羨ましい…国境、言語、そして、文化をしっかり守っている…

11.海外のパネリスト
日本ってかなり変な国だけど、イスラム化の波を上手く避けているね。

12.海外のパネリスト
勘違いしている人も多いが、イスラムを否定するリベラルも結構いるよ…僕もそうだし。そもそも、イスラムの教えって、リベラルの考え方とは真逆だからね…。一部の「進歩派左翼」を自称する人達が、差別主義者と呼ばれることを嫌って、ムスリム達に迎合しているだけさ…

13.海外のパネリスト
>>12
同じこと思ってた…「進歩派左翼」の人達に対して、リベラルはもう少し何か対策を考えたほうがいい。

14.海外のパネリスト(投稿日:2016年)
アメリカでトランプが大統領になったぞ!これで世界が平和になる!!!ムスリム達を追い出すんだ!!!

15.海外のパネリスト
僕は日本に3年間住んでいたことがあるんだけど、その期間、イスラム教徒の姿を見たのは一回だけだった。でも…その後、アメリカに戻ってきた時…一番最初に見かけた人物が空港職員のイスラム教徒(女性)だった…この国も日本みたいになってくれればいいのに…。願わくば、日本には今後もイスラム移民受け入れ拒否を続けて欲しいな…

16.海外のパネリスト
別に俺は日本人じゃないけど…イスラム教徒を排除する日本政府の姿勢に感謝したいね!

17.海外のパネリスト
我々は、日本から学ぶべきことが沢山ある…

18.海外のパネリスト
日本で変なことをしたら、侍に切り捨てられるからな!

19.海外のパネリスト
限りなき愛をスコットランドから日本の皆さんへ!あなた達の抵抗に敬意を表します!!イギリスやヨーロッパ諸国とは違い、自国民に誠実な国家だ…

20.海外のパネリスト
トランプも日本と同じ政策を導入してくれればいいんだけど…ヨーロッパみたいには、なりたくないよ…

21.海外のパネリスト
日本に神の祝福がありますように!まさに地上の天国だね!

 




今月4日、イタリア共和国プッリャ州南部の都市ターラントにて、4名のマラリア感染者が確認された。これらの患者は、すべて農業に従事する非欧州移民であるとされている。現在、彼らはモスカーティ病院の感染症病床に入院している。

地元の保健当局によれば、4人の患者は全て”イタリア国内でマラリアに感染した。(got the malaria here in Italy)”と、考えられている。

これらの感染者は、*マグレブ地域出身者が3名、スーダン出身者が1名となっている。彼らは、すでに数ヶ月~数年ほどのイタリア滞在歴があり、現在、感染ルートなどについて調査が進められている。

(*モロッコ、アルジェリア、チュニジア、西サハラの北アフリカ北西部に位置するアラブ諸国を指し、場合によってはリビアやモーリタニアも含められる。by Wiki)

//------------------//
//News Info
//------------------//

「伊:ANSA通信」
http://www.ansa.it/english/news/2017/10/04/4-non-eu-migrants-hit-by-malaria-caught-in-italy-2_58365472-abca-4afc-a789-7fbb89ef2f0b.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
(https://twitter.com/V_of_Europe/status/915585093539950592)
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Related Article(*当ブログ内記事)
//------------------//


//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、こちらの記事のコメント蘭にて、「意図しないポップアップ広告」についての簡易アンケートを行っております。当ブログにアクセスされた際、ポップアップ広告が出現された経験を持つ方いらっしゃいましたら、ご参加いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
イタリアは、マラリア蔓延国になってしまったのか…

2.海外のパネリスト
>>1
その理由は…もちろん、わかってるよね?

3.海外のパネリスト(>>1)
>>2


4.海外のパネリスト
ろくに検査もせず難民を受け入れまくるから、こういうことになるのさ…

5.海外のパネリスト
>>4
この国(アメリカ)でも、同じようなことが起きているよ…

6.海外のパネリスト
これで2回目…怖いわ…

7.海外のパネリスト
>>6
EUの支配から抜け出すべき時がきている!彼らの政策が、イタリアを苦しめているんだ!!!

8.海外のパネリスト
根絶されていた感染症が、再び流行するようになるだろう…移民達が運んでくるからね…

9.海外のパネリスト
別に驚くべきことじゃない…起こるべくして起きている。

10.海外のパネリスト
ヨーロッパは現在、EUという恐ろしい病に感染しているのだ…

11.海外のパネリスト
色々病気を持ち込んでくるんだなぁ…

12.海外のパネリスト
新たなるイタリア悲劇の幕開け…

13.海外のパネリスト
”文化濃縮”の最たる例。

14.海外のパネリスト
アフリカ諸国には、色んな感染症が蔓延してるからね…

15.海外のパネリスト
イタリアよ!目を覚ませ!!

16.海外のパネリスト
これこそ、無国境主義のもたらす果実だよ。

17.海外のパネリスト
別に大したことじゃない。今現在、感染が拡大しているわけでもないんだし…

18.海外のパネリスト
>>17
そうだけど…彼らの血を、イタリアの蚊が媒介している可能性がある。

 



*具体的な撮影場所は「フランス」ということ以外、明らかにされていない。
*動画冒頭において、「Crédit Mutuel」という仏銀行の名前が確認できる。
*なぜこの場所に集まっているのかについては不明。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/V_of_Europe/status/915289344377843713

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Related Article(当ブログ内記事)
//------------------//


//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、”意図しないポップアップ広告の出現”について、アフィリエイト各社に問い合わせを行っております。進展があり次第、ご報告いたします。今回、当コメント蘭にて、簡単なアンケートを取らせていただいております。よろしければご参加ください。

//------------------//

1.海外のパネリスト
公衆の場で祈ることくらい、別に構わないさ…ただ問題なのは…彼らの攻撃的で、非寛容な態度、そして…他文化を完全に拒絶する、彼らの姿勢なんだよ…

2.海外のパネリスト
>>1
そうかな…こうやって自分達の行動を、他者に黙認するよう要求してくる行為は、立派な問題だと思う…

3.海外のパネリスト(>>1)
宗教行事そのものが、誰かに迷惑をかけている訳じゃないでしょ?我慢すべきだよ。

4.海外のパネリスト
>>3
彼らは1日5回も祈る…その度街中を占拠されたら、迷惑でしかない。

5.海外のパネリスト
我々が”イスラム恐怖症”という言葉の是非について議論をしている間に、イスラムの侵略は着実に実行されているのだ。

6.海外のパネリスト
>>5
自国を守る意思のない社会は、いずれにせよ滅びる。

7.海外のパネリスト
>>6
その通り!だからこそ、我々アメリカ人はトランプを選んだのだ!!

8.海外のパネリスト
ムスリム達が路上で祈祷をしている間、俺は教会の鐘をできるだけ多く鳴らしてやる!

9.海外のパネリスト
フランスがイスラム国家になる日も近いね…

10.海外のパネリスト
>>9
悲しい…

11.海外のパネリスト
政治家共は皆、偽善者だ…

12.海外のパネリスト
教祖ムハンマドの教えに対しては、すごく忠実だよね…この人たちは…

13.海外のパネリスト
>>12
その教えを広め、伝えるためならば何でもする…そこが問題。

14.海外のパネリスト
私の国インドにおいて、ムスリム達によるこのような行為は、日常茶飯事だ。これは彼らの戦略なのだよ。私達インド人が彼らの行動を非難すると、なぜか欧米メディアが我々を”非寛容だ!”と、批判しはじめるのだ…

15.海外のパネリスト
欧米メディアってのは、ある種の社会主義団体なんだよ…一般人はもう彼らを信用してないし、見ていない…今や、リベラルの専用媒体さ。

16.海外のパネリスト
なんでスピーカー使ってるの?公共の場所でしょ?周りの人に対して、あまりにも失礼じゃない?

17.海外のパネリスト
>>16
人々を苛立たせ、さらに、威圧するため…

18.海外のパネリスト
銀行(*Crédit Mutuel)に向かって祈祷する意味…w

19.海外のパネリスト
>>18
メッカの方向(東)だから。

20.海外のパネリスト(>>18)
>>19
皮肉にマジレスされた…orz

 




スウェーデン人フェミニスト作家であるUlla Lundegårdさん(66)が、イスラム教における一夫多妻制を擁護する意見を表明し、話題となっている。

Lundegårdさんは、地元タブロイド紙”Expressen”へ寄稿したコラムにおいて、次のように主張した。”ムスリム達のような生き方(一夫多妻制)は、スウェーデンの中年夫婦達が送っている平凡な生活よりも、はるかに刺激に溢れたものであろう!”

このコラムは、ストックホルム近郊都市ナッカの地元当局が、”3人の妻を持つムスリム男性”に、3ヶ所の住居を提供したという報道を受けて、その行動を支持するために書かれたものだ。(参考

彼女は、当局の判断を称賛すると共に、それを批判する人々に対して反論を行っている。

”なぜ、この(ムスリム)男性が重婚をしていることを、ことさら取り上げる必要があるのでしょうか?なぜ、彼の妻達に住居が与えられることを、そこまで非難する必要があるのでしょうか?彼女達には、それぞれ、家を得る権利があるのですから…”

また、イスラム教的一夫多妻制度の受け入れによってもたらされるであろう、”文化濃縮”についても言及した。

”様々な年齢、個性の母親達を持つ子供は、如何なる時も、彼女達から援助を受けられるのです。さらに、これらの妻達は、同じ家で住みながら、同じ夫への愛を共に分け合うことが出来る…なんと素晴らしいことでしょうか?("The children have three mothers with different qualities and ages that can help out when needed. They can even share their love for the man and live in the same house! It's more than any of us can imagine.")”

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://speisa.com/modules/articles/index.php/item.3975/swedish-feminist-why-is-it-so-bad-that-a-muslim-man-has-three-wives.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/914953752590897157
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

この方の意見が、全てのフェミニストを代表しているとは思えませんが…

//------------------//

1.海外のパネリスト
男女平等を叫ぶのであれば、ムスリム女性達にも、複数の夫を迎え入れる権利が与えられるべきだし、女性の意思に反した婚姻は、無効にされるべき!!!

2.海外のパネリスト
一夫多妻(重婚)って、スウェーデンでは認めれているの?

(注:公式には認められていません。)

3.海外のパネリスト
この人は極左の操り人形なんだよ…結局、女性のことなんかどうでもいいのさ…

4.海外のパネリスト
イスラム教徒の侵略も憂慮すべきことだが、より懸念すべきことは、地元民達が、彼らを支援しているという現実にある…

5.海外のパネリスト
彼女はフェミニストなんかじゃない…ただの裏切り者だよ。

6.海外のパネリスト
別に重婚は構わないけど…なんで俺たちがこいつらの家族を、面倒見なきゃいけないんだ?

7.海外のパネリスト
フェミニズムっていうのは、男性と対等な関係を求める運動ではなかったのか?一夫多妻制度を容認することは、それらの権利を、自ら放棄することになりかねない…

8.海外のパネリスト
きっとこの人は、重婚経験者なんだろう…

9.海外のパネリスト
”政治的公平性”とは、社会を食らう病である。

10.海外のパネリスト
?「女性は男性に服従せよ!」
フェミニスト「誰なの!?こんなことを言う人は!?許せない!!!」
ムスリム男性「私だ。」
フェミニスト「あら…ごめんなさい…」

11.海外のパネリスト
姑の相手だけでも手一杯なのに…

12.海外のパネリスト
…などと第4夫人が申しております。

13.海外のパネリスト
イスラムの男性達は、複数の妻達と、その子供達を、正しく養うことができているのだろうか…

14.海外のパネリスト
彼女の存在こそ、スウェーデン人女性にとって最大の脅威。

15.海外のパネリスト
すでにスウェーデンは左翼達の手に落ちた…ヨーロッパにおける肥溜めと化したのだ…スウェーデンの政治家達は、ポーランドを見習うべき!

16.海外のパネリスト
もし、スウェーデン人男性が複数の妻を迎え入れたら、今度は逆にブチ切れするんでしょ?女性を牛扱いしているとか何とか言って…こういう人は、フェミニストを名乗るべきじゃないね…

17.海外のパネリスト
一度、試しにムスリムの嫁になってみたらいい…考えも変わるだろう…

18.海外のパネリスト
さよならスウェーデン…悲しいけれどお別れだ…
さよならスウェーデン…君に出会えてよかったよ…

19.海外のパネリスト
一部のフェミニスト達は、自分たちが何のために、そして、誰のために活動しているのかについて…もう少しよく考えるべきだと思う。

20.海外のパネリスト
これはもう、おぞましい(terrible)とかいうレベルじゃない…狂気(madness)だ。

 



動画の説明によれば、オランダの都市”デン・ハーグ”での、イスラム教徒によるデモ行進としている(*真偽は不明)。英語版wikiによる情報では、同都市の民族別人口割合は、オランダ人48%、欧州移民15.6%、非欧州移民(*イスラム国家出身者を含む)34.4%。宗教別では、第一位がキリスト教28.8%、第二位がイスラム教14.1%となっている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/V_of_Europe/status/914929792495087621

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
これは抗議デモじゃなくて、イスラム教シーア派による毎年恒例の宗教行事だよ。同じような行進が、ヨーロッパ中で行われている。社会保障を要求する活動も、イギリスとかではしてるみたいだけど…

2.海外のパネリスト
>>1
自分の国でやれば良いのに…

3.海外のパネリスト(>>1)
>>2
”平和の宗教”によって支配されている彼らの国は、すでに崩壊しているんだよ…だから、新しい土地に来て、同じような状況を作り出そうとしているのさ…彼らを連れてきた連中を恨むべきだね。

4.海外のパネリスト(>>2)
>>3
イスラム教徒って、いつも仲間割れしている印象がある…仲良く暮らせないのかな…

5.海外のパネリスト(>>1)
>>4
彼らを安定的に統治するためには、強力な支配体制と、厳格な法律、そして、自由の制限が不可欠なんだ。ムスリムは、”力”にしか、敬意を払わないからね…

6.海外のパネリスト
私の故郷がこんな状態になっているとは…悲しい…

7.海外のパネリスト
>>6
いざとなったらポーランドにおいで!いい国だよ!!イスラム教徒もいないし!!!

8.海外のパネリスト
>>7
それはまさに天国のようだね♪

9.海外のパネリスト(>>7)
>>8
Thanks(*・ω・)ノ

10.海外のパネリスト
”俺の町で「アッラーは偉大なり!」などと叫んでみろ…三歩歩く前に@@してやる!”と公言した、ヴェネツィア市長の姿勢を支持せざるを得ない…(参考

11.海外のパネリスト
>>10
侵略者達を、ヨーロッパから追い出すんだ!!!

12.海外のパネリスト
変な政治家に票を入れるから、こういうことになるんだよ…

13.海外のパネリスト
イスラムの戦士達が、オランダの街中を我が物顔で闊歩している…人道主義の終焉も近い…

14.海外のパネリスト
彼らは何に抗議しているの?

15.海外のパネリスト
>>14
同じこと思ってたw

16.海外のパネリスト
>>14
社会保障費の増額要求とか?

17.海外のパネリスト
>>14
すでに他の人が指摘してるけど、これは抗議運動じゃなくて、”アーシューラー”っていう、イスラム教の宗教行事(参考)らしいよ。

18.海外のパネリスト
うおあ!?なんだこれ!?この場所、俺んちから1500mくらいしかはなれてないんだけどwイスラムに侵略されてたしwww

19.海外のパネリスト
>>18
この国は、まるで…スウェーデンのようになってしまったね…

 




今週日曜日の夜、米ラスベガスのコンサート会場において、観客への銃乱射事件が発生した。犯人はマンダレイ・ベイ・ホテルから、観客を狙い、銃を発砲したと考えられている。現在までに死者50名、けが人400名が確認されており、米近代史上最悪の銃乱射事件となった。当時、カントリーミュージックの祭典が開催されていたコンサート会場には、2万2000人の観客が集まっていたと報じられている。

事件発生後、警察は、銃の狙撃場所と思われているマンダレイ・ベイ・ホテル32階の部屋へ急行、犯人と思われる男の自殺体を発見した。犯人の男は、ステファン・パドック(64)であることが判明している。警察の発表では、犯行時、この犯人は10丁の銃を保持していたという。

一部海外メディアによると、テロ組織ISISが今回の事件に関する犯行声明を公開したと報じた。それによると、犯人の男は数ヶ月前にイスラム教徒に改宗しており、「ISISの戦士」になったという。ただし、如何なる証拠も提示されておらず、真偽のほどは不明。米FBIは、この事件の犯人と、テロ組織のつながりを否定している。(*この段落は新情報となります。下記の海外コメントには反映されていません。)

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://time.com/4965058/las-vegas-shooting-isis/
https://www.yahoo.com/gma/active-shooter-situation-las-vegas-police-060406234--abc-news-topstories.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
宗教的な動機であれ、政治的な目的を達成するためのものであれ…これはテロ行為と認定されるべきだ。

2.海外のパネリスト
これだけの凄惨な事件が起きているのに、なぜ下らない冗談を書き込む連中がいるんだ?

3.海外のパネリスト
銃が人を殺めるのではない…銃を持った人が、人を殺めるのだ…

4.海外のパネリスト
ふざけたコメントを投稿するまえに、犠牲になった人々のことを考えろ!

5.海外のパネリスト
自動小銃が使用されたみたいだ…

6.海外のパネリスト
市民の安全を懸命に守ろうとしてくれている警察官達に、感謝を示したい。

7.海外のパネリスト
一体アメリカはどうなってしまったのだ…仮に日常生活への不満があったとしても、他者に迷惑をかけるようなことをするべきじゃない…

8.海外のパネリスト
犯人の動機が分かるまでは、浅はかな推測を控えるべきだろう…

9.海外のパネリスト
この事件に関して、右翼がどうの、左翼がどうの言ってる人達は本当にクズだと思う。これはそういう問題じゃないでしょ?

10.海外のパネリスト
事件発生当時、黒人が犯人だと決め付けたコメントが殺到してたけど、結局、64歳の白人男性が犯人であることが判明した…彼らはどこに消えたのか?

11.海外のパネリスト
銃というものは、”ただの馬鹿”を、”恐ろしい馬鹿”に変貌させてしまう…

12.海外のパネリスト
私の父はラスベガスに住んでいるんだけど、まだ電話に出てくれない…無事を祈ってる…

13.海外のパネリスト
犯人が白人だと分かった途端、みんなの話題が人種や宗教から、犯人の精神状態に関心が移った…もし、彼がムスリムや黒人だったら、差別用語が乱れ狂う事態になっていただろう…

14.海外のパネリスト
白人男性が銃を乱射しても、”テロ行為”とは認定されないのか…

15.海外のパネリスト
僕の妻は、ラスベガス近郊の病院に勤務しているんだけど、沢山の人々が、運び込まれてきているらしい…そこの救急処置室は、亡くなった人達と、けが人で一杯になっているそうだ…

16.海外のパネリスト
警察に対する支援を!彼らは私達の安全を守ってくれている!!

17.海外のパネリスト
我々は狂った国に住んでいるのだ…

18.海外のパネリスト
政治的な話はもう止めよう…ただ犠牲者に対して、追悼の祈りを捧げようじゃないか…




フランスの学者が、40年後の2057年までに、ヨーロッパ全土において白人の割合が大幅に減少し、イスラム教徒が多数派を占めるとの、人口統計予想を発表した。

経済学者であり、政治評論家でもあるCharles Gave氏は、”白人の消滅”と題した論文を、自身が代表を務めるシンクタンクのホームページ上に掲載した。Gave氏によると、今後、ヨーロッパ固有の民族は衰退していく一方、高い出生率を誇るイスラム教徒は、より繁栄していくと主張している。

アメリカとは異なり、フランスでは民族別の人口調査が行われていない。しかし、専門家達による試算では、フランス全人口6700万人のうち、10%を占める670万人がすでにイスラム教徒であるという。

同論文においては、フランス地元女性における出生率が1.4(*フランス政府の公式発表では1.9)、そして、ムスリム女性における出生率が3.4~4であるとの推定が示されている。

これらの数値を参考にした上で、Gave氏は、2057年までにフランスにおける多数派が、イスラム教徒になるとの結論を導き出した。また、新たな移民の流入により、この時期が更に前倒しされる可能性についても指摘している。

---論文より---

”今後40年で、(フランス以外にも)オーストリア、ドイツ、スペイン、イタリア、ベルギー、そして、オランダにおいて、イスラム教徒が多数派を占めるようになるだろう。これは予想ではなく計算である。また、これらの推測に際して、新たなる移民の流入は考慮されていない。”

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.washingtontimes.com/news/2017/sep/26/muslim-majority-in-france-projected-in-40-years/
*大手メディアであるワシントン・ポストと間違われやすい、米保守系新聞社。

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
https://twitter.com/V_of_Europe/status/913663789584838656
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
内戦の勃発も近い…

2.海外のパネリスト
>>1
武器の準備をせねば…我々の政治家達によってもたらされた災いに、対峙すべき時が来たのだ…

3.海外のパネリスト
ポーランド、ハンガリー、スロバキア、そして、チェコ共和国は、移民を拒むことにより、侵略を食い止めている…彼らは、生き抜くことが出来るだろう…

4.海外のパネリスト
>>3
チェコ出身であるDominik Duka枢機卿の言葉。

”ヨーロッパの方々…私達は皆さんが、再びキリスト教文化に立ち返ってくれることを祈っています。是非、民族としての本質を、今一度確認なさってください。そして、古き良き伝統を、次世代へと受け継いでいきましょう!”

”難民の方々…私達は皆さんが、多くの人々から支援・援助を受けられること…そして、勇気をもって祖国へ帰られることを望んでいます。そこには、皆さんの力を必要とする、多くの人々が待っているはずです。ぜひ、彼らの希望となってあげてください。平和と安定の社会を実現するために…”

5.海外のパネリスト
ポーランドは大丈夫だろう。

6.海外のパネリスト
>>5
そうだね…彼らの移民対応はとてもすばらしい…

7.海外のパネリスト
モスクに四六時中入り浸り、社会保障を受け、教育費・医療費・家賃は無償…オマケに、新車も購入している…そりゃ増えていくよ…

8.海外のパネリスト
>>7
しかも、地元文化や民族に対する尊敬の念がない…

9.海外のパネリスト
ムスリムは自らを増やすことは得意だが、統制をとることは苦手なのだ…

10.海外のパネリスト
>>9
”子供と剣”…これが彼らにとっての全て…

11.海外のパネリスト
地球脱出を考えるべき時が、来ているのだろうか…

12.海外のパネリスト
>>11
気持ちは分かる…この国はかつて住みやすい場所だった…馬鹿な政治家たちが、地獄へと変えてしまったのだ…

13.海外のパネリスト
ヨーロッパ人が選んだ結末…彼らは自らの文化・宗教を破棄し、民族の継続を望まなかったのさ…

14.海外のパネリスト
>>13
子供を持つな!家庭を持つな!!人口が多すぎる!!!と…長年、言われ続けてきたんだよ…

15.海外のパネリスト
さようなら、ヨーロッパ…

16.海外のパネリスト
イスラム教徒が多数派を占めるまでに40年もかかるかな?すでに東ロンドンなんかじゃ、ほぼ100%ムスリムしかいないけど…

17.海外のパネリスト
恐ろしいことだ…

18.海外のパネリスト
>>17
確かに…でも、事実だ…

19.海外のパネリスト
(オーストリアの首都)ウィーンの空港では、ムスリム用の儀式所は設置されているのに、キリスト教徒用の礼拝堂は存在していないんだ…ここはヨーロッパじゃないのか?

20.海外のパネリスト
>>19
ヨーロッパは無くなりました。

21.海外のパネリスト
大丈夫だよ。多数派を占めるまでもなく、イスラム教徒の割合が25%を越えた時点で、その国の伝統文化は消滅する。

 

ドイツのビール祭り「オクトーバーフェスト2017」の様子



//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/V_of_Europe/status/911709927776899073
https://twitter.com/V_of_Europe/status/909500984107421697
https://twitter.com/V_of_Europe/status/910210623849533443

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

頂いたコメントを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

//------------------//

1.海外のパネリスト
ムスリム達の侵略が続けば、この祭りもいずれ廃止されるだろう…

2.海外のパネリスト
>>1
同じことを思った…悲しいことだがね…

3.海外のパネリスト
ドイツの女性達は、色々気苦労が絶えないことだろう…彼女達を蔑視する連中が、大量に入り込んできているからな…

4.海外のパネリスト
25年後、ドイツ全土はイスラム法支配下に置かれ、この「ビール祭り」は「水飲み祭り」に変更される…

5.海外のパネリスト
いいねぇ…(*´ `*)

6.海外のパネリスト
こういうドイツは大好き!

7.海外のパネリスト
近い将来、黒人だらけの祭りになるだろう…

8.海外のパネリスト
あれ?これらの写真にはメルケル・イスラム軍の姿が見かけられないが…

9.海外のパネリスト
>>8
(移民が流入する以前の)2008年ごろの写真かもね…

10.海外のパネリスト
これぞ真のドイツ!

11.海外のパネリスト
これらの娘達が、移民達の暴力被害に遭わず、安全に生きていけることを願う…

12.海外のパネリスト
いずれ、このセクシーな女性達が皆、ブルカを着用するようになるのか…

13.海外のパネリスト
こら!イスラム国家(予定)ドイツで、酒など飲んではイカン!!!

14.海外のパネリスト
行きたかったなぁ…

15.海外のパネリスト
「豚肉祭り」を開こうぜ!

16.海外のパネリスト
ドイツ女性ってこんなに美しいの!?

17.海外のパネリスト
>>16
写真うつりが良くないってこともあるけど、この娘達は(ドイツ人にしては)ブサイクな方…

18.海外のパネリスト
ドイツの男達よ!自国の女性達を守れ!!メルケルが放った犬共に注意するんだ!!!

 


2

---UPDATE INFO--- 

2017/10/1 8:50

一時閉鎖に関するコメントが投稿された。

”我々は帰ってきた!色々深刻なトラブルに見舞われていたが…それらのことについては、後で述べるとして…とりあえず、今はそのことを笑い飛ばしてやろう!前進あるのみ!!(VoE is back: There were serious troubles on our path. We will tell about it later, at a moment we can laugh about it. Hope to continue)”

2017/10/1 7:58

”V_of_Europe(ヨーロッパの声)”の復帰を確認。フォロワー数がリセットされているものの、過去のニュース・映像などは維持されている模様。一時アクセス不能になっていたことに関する説明などは、今のところ表明されていない。

--------------------------

本日、保守系ツイッターアカウント”V_of_Europe(ヨーロッパの声)”の閉鎖が確認された。フェイスブック上のアカウントも同時に消された模様。詳細な経緯についてはいまだ不明である。

同アカウントにおいては、連日、移民やイスラムに関する問題など、大手メディアが扱わない話題を中心に、様々なニュース・映像を紹介され、活発な議論が交わされていた。

関連性は不明であるが、一週間ほど前には、ドイツ、及び、スウェーデン(政府?)から、何らかの”圧力”がかけられたことを示唆するコメントが、投稿されていた。

t1
(意訳:ドイツとスウェーデン(政府?)にとって、私達の紹介する情報は、とても目障りなものらしい…何か不都合なことでもあるのかい?)

近年、ドイツでは、ネット上における差別発言(ヘイトスピーチを含む)への対策・罰則強化が急速に推し進めており、(特に保守系)サイト・ブログ・SNSに対して、様々な”圧力”がかけられているという。(参考参考

//------------------//
//News Info
//------------------//

*オリジナル

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
ツイッター検索
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
速報!「ヨーロッパの声」のアカウントが削除される!!!ツイッターはもう駄目だ…

2.海外のパネリスト
”V_of_Europe”はラジオ局に移行したほうがいい…インターネットは規制の山だ…

3.海外のパネリスト
権力者達が「ヨーロッパの声」をかき消してしまった…

4.海外のパネリスト
まるで、独裁者による検閲のようだ…

5.海外のパネリスト
カタルーニャ州独立を問う住民投票が行われる直前の出来事だった…何か関係があるのか…

6.海外のパネリスト
イスラム侵略という”真実”を語ってしまったため、ツイッター社により追放されたのだ…

7.海外のパネリスト
おい!ツイッター!!なんで”V_of_Europe”のアカウントを削除したんだ!?こんなの馬鹿げている!!!

8.海外のパネリスト
イスラム法自警団が、ついにツイッターにまで勢力を拡大してきたのか…

9.海外のパネリスト
「ツイッター、イスラム教に乗っ取られる!?」の巻…

10.海外のパネリスト
フェイスブックのアカウントも、削除されてるみたいだ…

11.海外のパネリスト
ツイッターってのは検閲が大好きなんだね…

12.海外のパネリスト
真実を述べると削除される…

13.海外のパネリスト
誰か移転先しらない!?

14.海外のパネリスト
”言論の自由”なんて、ツイッターには存在しなかったんだ…

15.海外のパネリスト
それだけ、”V_of_Europe”の存在が、リベラルエリート達にとって目障りだったんだろう…

16.海外のパネリスト
仕事から帰ってきたら「ヨーロッパの声」のアカウントが削除されてた…悲しい…

17.海外のパネリスト
え~!?今までのニュースはもう見れないの…

18.海外のパネリスト
青き鳥(*ツイッターのアイコン)の口が、閉ざされてしまった…

19.海外のパネリスト
狂った(Twisted)左翼のツイッター社(Twitter)が、”V_of_Europe”を削除したぞ!

20.海外のパネリスト
ドイツ政府が絡んでいるに違いない…最近推し進めている、ネット検閲政策の一環だろう…

 




(Update 2017/10/1 11:59 *一部表現を修正・参考リンクを追加)

先週木曜日、米連邦裁判所は、匿名の警察官によって提起された黒人至上主義運動(The Black Lives Matter movement)への申し立てを棄却、同運動が訴訟対象外であるとの認識を示した。海外メディアの報道によると、告訴人であるこの警察官は、黒人至上主義運動が主催した*抗議デモにて警備を行っていた際、デモ参加者の襲撃により怪我を負ったとして、同運動に関わる団体・個人を相手に訴訟を起こしていた。

(注釈:昨年7月、ルイジアナ州にて警察官が黒人男性を射殺する事件が発生、黒人至上主義団体などを中心とした大規模な抗議デモが行われた。この事件に関連して、2人の警察官が告訴されたものの、証拠不十分との判断が下されている。参考

本件を担当したルイジアナ州地方裁判所の判事Brian A. Jackson氏は、申し立ての棄却について、”黒人至上主義運動は、社会活動の一環であり、訴訟を受ける存在ではない。それゆえ、同運動に対する如何なる訴えも、棄却されねばならない。("Therefore, all claims against 'Black Lives Matter' must be dismissed because social movements lack the capacity to be sued.")”などと、説明した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://edition.cnn.com/2017/09/28/us/black-lives-matter-cant-be-sued/index.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
(https://www.yahoo.com/news/black-lives-matter-social-movement-070256470.html)
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
もしこの理論が通用するのであれば、白人至上主義団体の活動においても、同様のことが言えるはず…どう判断するのか…

2.海外のパネリスト
黒人至上主義の連中は、憎しみに満ちた、ただの差別主義者集団だよ…反アメリカを標榜するテロリスト達さ…

3.海外のパネリスト
この判事は、きっとオバマが任命したんだろう…

4.海外のパネリスト
運動自体はともかく…襲撃を行った個人は訴訟対象になるんじゃないの?

5.海外のパネリスト
控訴して欲しい!まともな判決を得るまで、決して諦めてはいけない!!

6.海外のパネリスト
テロリスト達が過度に保護される…これが今のアメリカ…

7.海外のパネリスト
黒人版KKK…

8.海外のパネリスト
暴力を用いた”社会運動”の是非について…この判事にはより詳しい説明を、お願いしたいね…

9.海外のパネリスト
”白人への憎しみ”だけが、黒人至上主義団体の存在理由なのだ。

10.海外のパネリスト
こんな連中は消えていなくなるべき!!!

11.海外のパネリスト
彼らこそ、アメリカにおける差別主義の最たる例。メディアからの公認も得ている…

12.海外のパネリスト
また一つ…”黒人利権(black privilege)”が増えてしまった…

13.海外のパネリスト
誰か!この判事を裁いてくれ!!!

14.海外のパネリスト
この国は法律を破る者達を、優遇しすぎている…

15.海外のパネリスト
黒人至上主義運動=便通運動。

16.海外のパネリスト
>>15
その運動になら、僕も毎朝参加してるよ。

17.海外のパネリスト
この判事は黒人なのかな…

18.海外のパネリスト
>>17
少なくとも心の中は真っ黒だろう…

19.海外のパネリスト
一方、保守系白人団体の社会運動に関しては、当然の如く、訴訟対象に含まれるのであった…

 

このページのトップヘ