海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…(コメント評価システム試験中…)


カテゴリ: 文化・事件




先週の水曜日、イタリアの沿岸警備隊は、地中海で不法移民(illegal immigration)の輸送活動をしていたとして、ドイツの保護団体が所有する救出船を拿捕、船内を捜索し、乗組員の調査などを行った。

イタリア警察が人権保護団体の船を取り押さえるのは、これが始めての事案である。イタリア社会においては、非政府組織(NGO)がリビアからの移民(migrants)を同国へと輸送してきているとする疑念が深まっており、今回の伊警察による動きは、そうした国民からの不満を和らげるための処置とも考えられる。

現在、世論調査で最も人気のあるイタリアの政党”五つ星運動”は、これらNGOの行動に関して、”移民たち(migrants)のタクシー業務をしている!”などと、痛烈に非難している。さらに、イタリア議会も、地中海への海軍派遣を決定するなど、移民に対する風当たりは日増しに強くなっているようだ。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/italy-police-seize-ngo-rescue-boat-allegedly-aiding-152717904.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

ニュース記事や海外コメントにおいては、(経済)移民(migrants or immigrants)、不法移民(illegal immigrants)、難民(refugees or asylum seekers(難民申請者))が、混同して使われている場合が多く、翻訳文が分かりづらくなっています。何卒ご了承ください。

//------------------//

1.海外のパネリスト
知っているか?ドイツでは、総人口のうち、すでに20%以上が難民なんだそうな…リベラル政治家に権力を持たせるからこういうことになる…

2.海外のパネリスト
>>1
難民じゃなくて移民(もしくはその子孫)ね…。ちなみに、アメリカにも1200万人近い不法外国人がいるし、白人割合は60%まで下がってる…人の心配してる場合じゃない…

3.海外のパネリスト
ヨーロッパは壮大なゴミ捨て場と化した…ありがとう!オバマ!ヒラリー!!”アラブの春”という名の混乱を、中東・北アフリカで起こしてくれて!!!

4.海外のパネリスト
アラブの連中はいつも”白人のいない世界、キリスト教徒のいない世界を構築する!”とほざいているじゃないか…なら、なぜヨーロッパに来ようとするんだ!?あと、政府開発援助(ODA)は何に使われているんだ!?イギリスは毎年十数億ドルも払っているのに、まったく成果が見えない!!!

5.海外のパネリスト
>>4
アメリカも山ほど払ってる…もちろん、何の役にも立っちゃいない…

6.海外のパネリスト
>>4
彼らに答えを求めても無駄…

7.海外のパネリスト
あいつらの船を沈めるしかない…そうすれば、その噂が広がり、誰も来ようとしなくなるだろう…

8.海外のパネリスト
よし!この調子でどんどん頼む!!ヨーロッパの侵略を手助けする連中を、根こそぎ逮捕してくれ!!!

9.海外のパネリスト
いくら馬鹿でも気づくよな…そろそろヤバイって…

10.海外のパネリスト
NGOの連中は金を貰って移民達を輸送しているのさ…だから、彼らの居場所をすぐに特定できるんだよ。

11.海外のパネリスト
>>10
いくら貰っているんだろうねぇ…

12.海外のパネリスト
アフリカ大陸から来たんでしょ?ならアフリカ大陸へ戻すべきじゃない!?ヨーロッパの人たちはどうしちゃったの?酔っ払ってるの!?

13.海外のパネリスト
NGOの船を使って、これまで流入してきた連中をリビアへ送り返そう!この侵略を止めねば、ヨーロッパが滅びる。

14.海外のパネリスト
こういう人権保護団体を、素晴らしい人々の集まりだと本気で信じている人達がいるんだよなぁ…騙されやすいんだろう…あ、そうそう、実は俺、1200キロ平方メートルの牧草地を保有しているんだ!

15.海外のパネリスト
この密航船の乗務員は、撃たれても文句は言えない…

16.海外のパネリスト
救助するのはかまわないけど、アフリカに返して…

17.海外のパネリスト
ヨーロッパ内のグローバリスト達がこういうNGOを援助しているんだ…彼らこそ、まさにトロイの木馬なんだよ…

18.海外のパネリスト
ムスリム侵略者を手助けする人々は、犯罪者として取り扱われるべき。

 




米・コロラド州の警察官が4歳児の願いに答え、”幽霊探し(hunt for monsters)”のため、彼女の引越し先を捜索する動画が、話題を呼んでいる。

Sidney Fahrenbruchさん(4)は、最近引っ越した家に、幽霊が沢山いると怯えていた。そのため、地域のバーベキュー大会で知り合った警察官のDavid Bondayさんに、家の捜索を依頼、彼はその要請を快諾した。

取材に対して、Fahrenbruchさんは、”みんなが寝静まった後、物音が聞こえるの…”と語り、幽霊達が、彼女や彼女の家族を傷つけるのではないかと、日々不安だったと語った。

捜索を終えたBonday氏は、”いかなる幽霊も発見することが出来なかった。この家は完全に安全である。”と述べ、この結果にFahrenbruchさんも満足したと報道されている。

現在、Fahrenbruchさんは家族に対して、将来Bondayさんのような警察官になり、幽霊などで困っている人を助けたいと語っているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/4-old-girl-asks-colorado-112735797.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
1973年、私が警察官になりたての頃、とあるお婆さんから”家に見知らぬ人々がいる”とする苦情が届いた。それ以前にも、彼女は同じような内容を繰り返し警察へ通報していたようだ。先輩警察官と一緒に彼女の家に行くと、そのお婆さんは”見知らぬ人々が私の家に住み着いている…まったく出て行こうとしない…”と、訴えてきた。先輩警察官は彼女に対して、この家には誰もいないことを懸命に説明していた。すると、彼女は私に向かって、”貴方も彼らが見えないのか?”と問いかけてきたので、私は”いや、見えますよ。”と答えた。そして、その見えざる人々に対し、私はこの家から即刻去るよう命令した。先輩警察官は私を白い目で見ていたが、そのお婆さんはとても喜んでいた。それ以降、彼女からの苦情は無くなった。私は時折、様子を見るため彼女の家を訪ね、楽しく話をした。警察官は、人々の人生に寄り添うべき存在であると思う。

2.海外のパネリスト
>>1
素晴らしいね。あなたはその老婆を救ったのだ。

3.海外のパネリスト
>>1
貴方の職務に感謝します。

4.海外のパネリスト
>>1
アメリカの警官全てがあなたの様な人だったらいいのに…

5.海外のパネリスト
話を聞いてあげる。気にかけてあげる…それが大事なんだね。きっとこの娘はすごく安心しただろう…

6.海外のパネリスト
彼女が大人になれば、本物の幽霊に出会うことだろう…

7.海外のパネリスト
>>6
男…ね…

8.海外のパネリスト
>>7
悲しいこと言うなよ!…まぁ…事実だけどさ…

9.海外のパネリスト
>>7
そうならないで欲しいな…

10.海外のパネリスト
>>6
俺の嫁…

11.海外のパネリスト
>>6
トランプ…

12.海外のパネリスト
なんて可愛らしい…警察官も良い人…いい話…

13.海外のパネリスト
小さな子にとって、夜、お化けを怖がるのは自然なこと。

14.海外のパネリスト
>>13
私の子供も、小さい頃はよく幽霊を怖がって泣き叫んでたわ…今じゃすっかりその事を忘れてるけどね…お化けよりも大きくなったのかな…

15.海外のパネリスト
守り、そして、仕える…これぞ警察官!

16.海外のパネリスト
6歳の息子から”お化けって本当にいるの?”って聞かれたから、”映画に出てくるようなのは存在しない。でも、本当に恐るべきお化けは人間達なんだよ”って答えてあげた。息子はその答えに納得してくれたけど、嫁と娘からは超無視された…

17.海外のパネリスト
>>16
6歳児にその答えは厳しすぎない?もっとシンプルに説明してあげなよ…

18.海外のパネリスト
すぐに銃で撃ってくる警察官ではなく、こういう人達が増えてくれることを願う…

 




(*一部語句を修正 2017/8/1 16:38)

先週、ロンドンの北東部にあるハックニー自治区において、警察との揉み合いの末、黒人男性が亡くなる事件が発生した。その様子は監視カメラによって記録されており、その動画がネット上で広がったため、大きな抗議活動を招く結果となった。

報道によれば被害者であるRashan Charlesさん(20)は、警察に追われ、取り押さえられている最中、”何か”を飲み込もうとしたのだという。その後、 Charlesさんは体調を崩したとされるが、その原因については現在調査中である。(参考)

ハックニー自治区の路上で行われた抗議デモは大規模な暴動へと発展、マットレスなどに火が放たれ、近隣の商店から物が盗まるなどの行為が確認された他に、周囲を取り囲む警察への暴力も散見された。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.dailymail.co.uk/news/article-4740762/Protesters-police-bottles-barricade-east-London-road.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
英デイリーメール
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
浮浪者たちによる抗議と称した暴動…日常の光景ですな…

2.海外のパネリスト
>>1
なんていうか…ロンドンはどんどん酷い町になっていくね…地価の高さに見合わないよ…

3.海外のパネリスト
>>1
警察に対するデモ活動だといいながら、巨大なTVを奪って逃げていく…なんなんだこいつら…

4.海外のパネリスト
>>1
(ムスリムの)ロンドン市長は何もしないからなぁ…ニューヨークと一緒ですよ…

5.海外のパネリスト
>>1
多様性こそわれらが強み……………まったくもってその通り!(Diversity is our strength... Apparently)

6.海外のパネリスト
映画「*ダンケルク」を見た後に、この記事を読んだ…なんでこんな国になっちゃったんだろう…

(*『ダンケルク』は、クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作による2017年の戦争映画である。第二次世界大戦のダンケルク大撤退(860隻の船舶により、フランス・ダンケルクに孤立した331,226名の兵(イギリス軍192,226名、フランス軍139,000名)を、ナチスドイツ軍の包囲網から救出した実際の出来事)が描かれており、イギリス、オランダ、フランス、アメリカ合衆国の4カ国合作映画である。by wiki)

7.海外のパネリスト
>>6
俺もその映画見たし、同じこと思った…

8.海外のパネリスト
>>6
映画を見終わった後、イギリス人の素晴らしさを感じると共に、現在、この美しい国に蔓延る異物を悟らざるをえなかった…

9.海外のパネリスト
こんなやり方で自分達の正当性を主張できると思っているのか?

10.海外のパネリスト
なんでダイアン・アボットみたいな奴が、労働党で重宝されてるのか理解できん…

(*英労働党の黒人女性政治家。今回の暴動に関して”(暴動を起こした)彼らの怒りは理解できる。”と述べている。)

11.海外のパネリスト
かつてアメリカのコメディアンである故ロビン・ウィリアムズはこう言った…”アメリカにおいて、警察はこう叫ぶ…止まれ!さもなければ撃つぞ!!…だが、イギリスの警察はこう叫ぶんだ…止まれ!さもなければ大声で止まれと叫ぶぞ!!”

12.海外のパネリスト
>>11
ウケるw

13.海外のパネリスト
>>11
それでも…アメリカよりまだマシだもん…

14.海外のパネリスト
>>11
言い得て妙…

15.海外のパネリスト
もう撃ってもいいよ。我慢する必要なんかない…

16.海外のパネリスト
>>15
放水車くらいならいいかもね…

17.海外のパネリスト
こういう人たちってのはさ…騒ぐきっかけが欲しいだけなんだよ。物を盗んだり、警察と大手を振って喧嘩ができるからね…社会正義なんてものには最初から興味ないのさ…

18.海外のパネリスト
>>17
それな杉。(Very true.)

 




昨夜、北朝鮮は二回目となる大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行った。日本などの近隣国による分析では、一回目よりもミサイルの飛距離が長く、さらに、弾道は高くなっているとされる。

日本政府の菅義偉官房長官は声明を発表、昨夜の北朝鮮によるミサイルは高い弾道で約45分間(*前回7/4の実験よりも5分間長い)飛行した後、日本領土である北海道の西側日本海上に着弾したと述べた。

米ペンタゴンの報道官は、北朝鮮が発射したミサイルがICBMであることを認めた。さらに、専門家達によれば、今回の実験により、北朝鮮の保有するミサイルが、多くの米都市(例:ロサンゼルスやシカゴなど)を射程範囲に収めていることが確認されたという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/japan-nkorea-fires-possible-missile-could-land-off-153358285.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
もし海上以外の場所にミサイルを着弾させたらどうなるか…北の子豚ちゃんは理解してるんだろうな?

2.海外のパネリスト
>>1
クリミア紛争と同様、きっとアメリカは動かない…

3.海外のパネリスト
ゴジラを北朝鮮に突っ込ませろ!ボコボコにしちまえ!!!

4.海外のパネリスト
>>3
とりあえず行動することが大事。(経済)制裁はもはや効果がない。

5.海外のパネリスト
あぁ…戦争が近づいちゃったね…

6.海外のパネリスト
>>5
まだ大丈夫じゃない?仮にあっても短期決戦で終わるよ。

7.海外のパネリスト
次はアメリカ本土にミサイルが落ちるだろう…その時、政治家連中は議論に夢中で、何もできないはずだ…

8.海外のパネリスト
独裁者のノミ野郎を排除すべし!

9.海外のパネリスト
>>8
そのノミ野郎が、同盟国である韓国に銃口を向けているからね…手が出しにくいんだよ…

10.海外のパネリスト
アメリカの諜報機関は何をしているんだ!もうこの国には存在していないのか?!

11.海外のパネリスト
おでぶちゃん制御不能…

12.海外のパネリスト
>>11
どっち?

13.海外のパネリスト
>>11
米朝おでぶちゃん対決…

14.海外のパネリスト
>>11
北のおでぶちゃんにとっては…これが正常なんだ…

15.海外のパネリスト
もういい加減どうにかできないの?どこかの国が核攻撃されるまで、じっと待つつもり?

16.海外のパネリスト
>>15
案ずることなかれ!我々の大統領がきっとすぐに猛反撃してくれる!…ツイッター上でな!!!!!

17.海外のパネリスト
もう爆撃しちゃえよ…ミサイル基地と独裁者…両方排除しよう!

18.海外のパネリスト
中国に言ってやれ…お前のおしゃべりな飼い犬をどうにかしろと…さもなければ、お前の庭に巨大な@@@が降り注ぐことになるぞ…とな…

19.海外のパネリスト
狂気的な挑発には、狂気的な反応を!

20.海外のパネリスト
>>19
まかせろ!トランプならやってくれる!!

 




今週の日曜日、アメリカ海軍所属のEP-3電子情報偵察機が東シナ海上空を飛行中、中国のJ-10戦闘機により妨害を受けたことが判明した。米側による説明では、中国軍機が急速に接近してきたため、米軍機は回避行動を余儀なくされたという。(*一部の報道では300フィート(*約100メートル)前方まで接近していたとされる。)

後日、この件に関して中国国防省は声明を発表、中国側の行動は”合法で、かつ、不可欠であり、規則を遵守したものである。”などと延べた。さらに、米軍機による中国国境近くでの偵察飛行を”非友好的行為”であるとして、強い懸念を示した。

一方、米ペンタゴンの報道官も事件に言及、中国軍機による妨害飛行について”危険を伴う異常な事例(uncharacteristic example of unsafe behaviour)”であると、非難している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/china-urges-us-stop-unfriendly-recon-flights-101420552.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

いつものことながら、中国人さんが頑張ってます…低評価ばかりですけど…

//------------------//

1.海外のパネリスト
米企業から金をむしり取り、米軍の知的財産を盗み出している中国が、アメリカの偵察飛行に文句を言っている…大した度胸だな…

2.海外のパネリスト(*おそらく中国の方)
>>1
アメリカは世界最大の犯罪者!

3.海外のパネリスト
>>2
お前ら中国人は第三世界の負け犬だろ。

4.海外のパネリスト
中国が南シナ海で推し進めている人工軍事島の建設は、”非友好的行為”にはならないのか?

5.海外のパネリスト
きっと偵察されたくないことが一杯あるんだろうね…

6.海外のパネリスト
他国の技術を勝手に盗んだり…国際空域・海域を移動する飛行機や船に嫌がらせをしたり…中国によるこれらの行動を、”非友好的行為”と言わずしてなんと言うのか?

7.海外のパネリスト
今後は、偵察機に護衛機も同行させるべきだね。中国軍機がちょっかい出してきたら、レーダー照射してやればいいよ。

8.海外のパネリスト
今回の米軍機による飛行は、中国国境から120キロ以上離れている。まったく問題のない行為だ。それに、こういった偵察飛行は、世界中どの国家でも行っている。

9.海外のパネリスト
中国に言ってやれ…"慣れろ!"ってな…

[参考記事]


10.海外のパネリスト
きっとアメリカの行動が不安で仕方ないんだろうね…

11.海外のパネリスト
中国自身もインドや、他の国に対して散々偵察飛行してるくせに…ほんと、偽善者国家。

12.海外のパネリスト
南シナ海に中国が建設している人工島を爆撃して、地球上から消し去ってやれ!

13.海外のパネリスト
人の土地に平気で押し入り、文句を言われると逆ギレ…世界中が自分の領土であるかのような振る舞いする…それが中国。

14.海外のパネリスト
北朝鮮有事に備えて、国境沿いに中国が軍隊を集結させているらしい…歴史は繰り返されるのか…

15.海外のパネリスト
そうかわかったぞ!中国で大気汚染が広まっているのは、上空からの偵察を妨害するためだったんだ!!!

16.海外のパネリスト
中国の欲するものは唯一つ…自由世界の征服…それだけ。国家としての誇りや誠実さなどは存在しない。

17.海外のパネリスト
新冷戦時代における新たな敵の誕生だね…そろそろ中国から米企業を撤退させることについて、真面目に検討を始めるべきだと思う…彼らの高圧的な態度には、もう我慢ならない…

18.海外のパネリスト
”非友好的行為”を止めろだって?嫌なこった!!!

 




(*タイトル&記事内容を一部修正しました。2017/7/23 15:38)

ドイツ内務省によるに統計では、2016年度にバーデン=ヴュルテンベルク州で発生した難民申請者達(asylum seekers)による地元女性への暴力事件が、2015年度に比べ、およそ二倍近くになっていることが判明した。

それらの暴力事件は、2015年の256件から、2016年には482件へ倍増しており、犯人の大半が、アフガニスタン、及び、シリア出身の難民申請者であるという。

先週末、同州で行われた祭りの会場にて、移民(*難民申請者)の若者達による地元女性への暴力事件が大きく報道されたばかりであり、新たに発表されたこの報告が、ドイツ社会に与える影響は少なくないと思われる。(参考1参考2参考3

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/07/21/migrant-sex-attacks-german-state-double/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
報告されていないケースが多くあることも忘れてはいけない…難民として認められた連中のことも…この統計には含まれていないんだ…

2.海外のパネリスト
全部メルケルのせいだ!ドイツ人よ目を覚ませ!!

3.海外のパネリスト
>>2
もはやメルケルに全責任を押し付けることは出来ない。これはドイツ人の責任でもある。彼らがメルケルを首相にしたのだ…

4.海外のパネリスト
>>3
そして今もなお、彼女はドイツ国民から支持されている…

5.海外のパネリスト
>>3
次世代には、ドイツにおける多数派はムスリム達になるだろう…そしてイスラム法に統治されることになる。

6.海外のパネリスト
子供たちよ、ドイツの現状をよく見ておくんだ。仮にヒラリーが大統領戦に勝っていたら、アメリカもこうなっていただろう…ヒラリーの敗北を嘆いていた連中が多くいたが、彼らは理解していないのだ…我々が大きな災難を、幸いにも、避けることができたということに…

7.海外のパネリスト
簡単な解決法…まずメルケルを解任すること…メディアが正直にニュースを報道すること…そして、政治家が真実を国民に告げること!

8.海外のパネリスト
>>7
ヨーロッパのメディアは本当にひどいからね…CNNが可愛くみえるよ…

9.海外のパネリスト
ドイツの政治は腐敗している…もう軍事クーデターしか残された道はない…

10.海外のパネリスト
もうお仕舞いだね…彼らは乗っ取られてしまうだろう…

11.海外のパネリスト
>>10
一度彼らを中に入れてしまったら…もう二度と追い出すことは出来ない…最初に入れちゃだめなんだ…

12.海外のパネリスト
なんでこんなことになっているの…ドイツ人の考えていることが本気でわからない…

13.海外のパネリスト
ってか、メルケルを強制送還すればよい。

14.海外のパネリスト
>>13
どこに?w

15.海外のパネリスト
>>14
東ドイツ。

(*メルケルさんは旧東ドイツ出身。生まれは旧西ドイツであるハンブルグ。)

16.海外のパネリスト
ファシスト主義の人間達ほど、自分たちのことを反ファシズムだと標榜するものさ…

17.海外のパネリスト
早くグローバリスト達を追い出さないと、ドイツ語を話せないドイツ人が大量に生まれることになるぞ…

18.海外のパネリスト
なんでこういうことに関して、フェミニスト達は非難の声を上げないの?

 



(*動画はアメリカでのムスリム増加に関する報告になります。)

(*コメントでの誤字を修正いたしました。ご指摘ありがとうございます。修正箇所:イギリス&ウェールズ→イングランド&ウェールズ 2017/7/23 8:15)

イギリス国家統計局(ONS)によれば、2016年度、イングランド、及び、ウェールズにて生まれた子供のうち、28.2%が海外で生まれた(移民の)女性達により出産されたことが明らかとなった。具体数で言えば、新生児69万6271人のうち、おおよそ20万人が、海外で生まれた移民者によって生み落されたことを示す。この割合は、過去最高の値となる。

他のヨーロッパ諸国による統計情報とは異なり、今回のONSによる発表では、イギリスで生まれた移民家庭出身者や、移民の父親を持つ、イギリス生まれの妊婦が占める割合について、公開されていない。

移民コミュニティにおける出生率は、国家の平均を上回る傾向にある。年間60万人を超す移民が流入することを考慮すれば、将来的に、イギリス社会において大規模な人種変動が発生し、それまでの住民たちが消え去り、移民、もしくは、移民の子孫達が繁栄していく可能性が考えられる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/07/19/mothers-born-abroad-now-account-28-2-births-england-wales/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
この数値には、現在妊娠中の子供達は含まれていないことに留意すること…つまり、イングランド&ウェールズの子供達のうち、3割近くが外国人の子供なのだ…我々の文化・価値観を憎む…外国人達の子供なのだ…

2.海外のパネリスト
>>1
彼らの繁殖能力は凄まじい…1980年代、エチオピアの人口は3500万人だったが、今では1億400万人…ナイジェリアは7400万人だったが、今では1億9100万人…パキスタンは8000万人だったが、今では1億9600万人だ…私達は悟らねばならない…これは差別でも憎しみでもなく、生存競争であるのだと…このまま何もしなければ、私達の国は彼らの国になる…私達の子供は、自分の国を失うことになるのだ…

3.海外のパネリスト
第三世界の住人における人口増加は、地球規模の脅威である。この地域からヨーロッパ諸国への大規模移民が続けば、いずれヨーロッパ諸国も、この人口増加に寄与するようになるだろう…そうすれば、この惑星は終わりだ…彼ら(第三世界の住人)にこの問題の処理させるべき…それが解決するまで、彼らの移動を制限しなくてはいけない…

4.海外のパネリスト
これは移民による民族浄化だ…彼らの侵略を食い止めねば…

5.海外のパネリスト
アメリカの都市でも同じことが起きている…徐々に徐々に…白人の姿が消えていく…街を歩くたび、レストランに立ち寄るたび、高速道路を車で走行するたびに…それを感じる…

6.海外のパネリスト
これってイスラムの教えでもあるんだよね…異教徒(非ムスリム)の国において子供を増やし、そして、その国を征服する…彼らを歓迎している国っていうのは、結局、彼らの侵略を手伝っているだけなんだよ…

7.海外のパネリスト
>>6
なんで多文化主義者は、こんな簡単なことを無視しようとするのだろうか…

8.海外のパネリスト
>>7
あいつらは狂っているんだ…

9.海外のパネリスト
そういえば、”ムハンマド”っていう名前をつけた子供達を、よく見かけるようになったな…

(注:”ムハンマド”はイスラム教の開祖。イスラム教徒が好んでつける名前の一つ。)

10.海外のパネリスト
>>9
二年くらい前の調査では、イギリスにおける男の子の名前で、一番人気が”ムハンマド”だったような…今もその傾向は続いているみたいだね…(参考

11.海外のパネリスト
ムスリム達は恐ろしいほどのスピードで子供を量産する…それはまさしく(あのアインシュタインですら解明できなかった)複利法によって計算された利子のごとく…

12.海外のパネリスト
>>11
故ヤーセル・アラファート(*元パレスチナ自治政府大統領)が、かつてこう述べていた…”パレスチナ人の秘密の武器は、女性の子宮である…”

13.海外のパネリスト
まさにグローバリストによる国家自殺…

14.海外のパネリスト
>>13
自己嫌悪によるヨーロッパ白人による同民族の集団虐殺…己の民族を己で消し去る…人類史上初の出来事が起ころうとしている…

15.海外のパネリスト
こうなったら外国人に対する強制去勢を実施するしかないね…

16.海外のパネリスト
さようならイギリス…

17.海外のパネリスト
白人の子供を見ると、彼らの将来が不安になる…彼らは、いずれ彼ら自身の国で、敵として迫害されることになるかもしれないのだ…

18.海外のパネリスト
40年後、イギリスでは少数派に対する迫害が問題になるだろう…彼らはかつて”イギリス人”と呼ばれていた人々だ…

19.海外のパネリスト
>>18
40年後?もうすでに起きてますよ…

 




サウジアラビア警察は、同国の厳格なドレスコードに反するミニスカートやクロップトップ(おへそがみえるようなTシャツ)を着て公共の場を歩き、その動画を投稿したとして、サウジ在住の女性を逮捕した。今週の火曜日、同国の国営メディアが報じている。

逮捕された女性(*名前は公表されていない。)は、イスラム法服装規定に逸脱する”みだらな服装(immodest clothes)”を着用した疑いを持たれている。警察は、彼女の身柄を検察庁へと送還した。

先週末、スマートフォン向けの写真共有アプリケーション”Snapchat ”にて公開された動画には、ミニスカート姿でサウジアラビアの歴史的要塞や砂漠などを1人で歩き回る女性の様子が収められていた。撮影場所の一つには、同国でも特に保守的な部族が治める場所も含まれており、動画が公開されて以降、同国内にて彼女を批判する声が噴出していた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/saudi-woman-miniskirt-video-arrested-public-outcry-151803611.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
アメリカ人であることを、神に感謝する…

2.海外のパネリスト
彼女は美しい!もはや服など着る必要もないほどに…

3.海外のパネリスト
>>2
あの国の男達は、自分達の欲望を覆い隠すために、こういうことをするんだよ。

4.海外のパネリスト
僕の家のちかくを歩き回ってくれれば良かったのになぁ…

5.海外のパネリスト
ミニスカートの流行が、サウジアラビアの体制を打ち倒すきっかけになりますように…実現すれば、もっとも平和的な革命となるだろう…

6.海外のパネリスト
こんな国が、国連における”女性人権委員会”のメンバーとは…トランプが国連を軽視するのも理解できる…(参考

7.海外のパネリスト
>>7
アメリカは国連を脱退するべきだね…

8.海外のパネリスト
>>7
UN=Useless Nations(無価値な国家連合)

9.海外のパネリスト
公共の場での鞭打ち…もしくは…もっと重い罰になるかもしれない…ひどいことだ…

10.海外のパネリスト
>>9
なんでこういう時に、リベラル共はだんまりなんだ?いつも女性の人権がどうとか、差別がどうとかほざいてるくせに…

11.海外のパネリスト
>>9
僕もそれを恐れている。なんとかして彼女を救って欲しい…

12.海外のパネリスト
少なくとも、国外に脱出してからビデオを公開すべきだったね…

13.海外のパネリスト
アメリカ空軍基地で訓練を受けているサウジの兵士(男)たちって、アメリカの女性がいると、彼女達に近づき、ジロジロながめるんだ…嘘だと思うんなら、訓練をしている(米空軍の)連中に聞いてみな…まったく…変態共め…

14.海外のパネリスト
なんでアメリカは、こんな国といつまでもビジネスを続けているのだろう…金を稼ぐために、私達の価値観や文化を無視するつもりか?

15.海外のパネリスト
これぞ、”平和の宗教(religion of peace)”のあるべき姿なのですよ…

16.海外のパネリスト
やっぱり本場の”女性差別(war on women)”はすごいね…

17.海外のパネリスト
この事件を聞いて、民主党支持者が怒っている…ならば、なぜ君達はイスラム移民を受け入れろというのか?彼らはこの国に、そういった制度(イスラム法)をもたらそうとしているんだぞ?

18.海外のパネリスト
まるで中世時代みたい…でも、サウジの男達は、海外で好き勝手女性遊びをするんだろうな…

19.海外のパネリスト
>>18
だからあいつらはヨーロッパへ来るんだよ…偽善者の集まりだ…

20.海外のパネリスト
女性(の服装や行動)に関して、これだけ厳しい法律があるっていうことは…つまり、その国の男達が、それだけクズってことだろう。

 




//------------------//
//Related Article
//------------------//

//------------------//

ミネソタ州在住のオーストラリア出身女性が、通報に駆けつけた警察官により銃撃され亡くなった事件で、関与した警察官の素性が明らかとなった。

瞑想とヨガのインストラクターであり、来月に結婚を控えていたJustine Damond(旧姓:Justine Maia Ruszczyk)さん(40)は、先週の土曜日、自宅近くで騒動を聞きつけ、警察へと通報した。その後、ミネアポリス署に所属する警察官、Matthew Harrity氏(勤務歴1年)と、Mohamed Noor氏(勤務歴21ヶ月)がパトカーで現場へと急行、Harrity氏が運転を担当し、Noor氏は助手席に座っていたという。

パトカーが自宅近くへと近づいてきたことを知ったDamondさんは、パジャマ姿で外に出てパトカーの運転席側へと近づいていった。運転席に座っていたHarrity氏の証言によれば、Damondさんが駆け寄ってきた時(*話しかけていたとの報道もある。)、パトカーの近くで”大きな音”が発生、その直後、Noor氏が近づいてくるDamondさんを銃撃したのだという。

(注:周辺でバイクを乗り回す若者たちがいたとの情報もある。)

その後、2人の警察官は救急車が来るまで、Damondさんに対する救護処置を施したものの、その場で死亡が確認された。検視によれば、腹部への銃撃が致命傷となったとされる。なお、ボディーカメラ(*電源が切れていた)とパトカーの車載カメラは、共に現場を捉えていない。現在、両警察官は休職処分となっている。

米ABC関連報道機関によると、銃撃を行ったNoor氏には、これまで少なくとも三件の苦情が寄せられていたという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/gma/minneapolis-police-officers-identified-fatal-shooting-australian-woman-003247249--abc-news-topstories.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守(*普段であれば人種問題について、中立的立場をとる人々が多い印象がある。)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

各報道により、Mohamed Noor氏が、ソマリア系アメリカ人であることがすでに確認されている。(名前よりイスラム教徒であることが推察される。)しかし、活字メディアのなかには、銃撃を行った警察官がソマリア系であること(*黒人であること)を報じない会社も存在しており、”逆差別”を指摘する声も聞かれる。

//------------------//

1.海外のパネリスト
メディアの偏向ぶりを見てみろ。彼らは銃撃した警察官が”黒人”であることを報道しない…白人警察官が黒人を撃ったら、24時間体制で報道特集を組むくせに…ニュースヘッドラインには”白人警察官”という文字がこれでもかと躍ったことだろう…

2.海外のパネリスト
”大きな音”がした?だからなんだ!?それが銃撃していい理由になるとでも思っているのか!?

3.海外のパネリスト
警察官になるべきでない人物が、政治的公平性の名の下に、その職を得たのであろう…

4.海外のパネリスト
被害者と加害者の人種が入れ替わったら、どうなっただろうね?

5.海外のパネリスト
>>4
暴動が発生、”差別大国アメリカ”の大合唱。

6.海外のパネリスト
>>4
どっかの都市が、文字通り火に飲まれただろう…

7.海外のパネリスト
なんでこの警官は即座に逮捕されないの?

8.海外のパネリスト
>>7
お前知らないの?彼は黒人様だぞ?

9.海外のパネリスト
この記事のタイトルさ…おかしくない?…「黒人警官、非武装の白人女性を銃撃!」とするべきでしょ?

(*元記事のタイトル「ミネアポリスの警察官、大きな音に驚き、オーストラリア出身の女性を銃撃する。(Minneapolis police officers were startled by noise before fatal shooting of Australian woman)」)

10.海外のパネリスト
>>9
正しいタイトルだ。

11.海外のパネリスト
なるほど、銃撃した警官が黒人のムスリムだったわけだ…どうりで、事の詳細が判明するまで時間がかかると思った…

12.海外のパネリスト
>>11
まだ全ての状況が分かったわけじゃないけどね…

13.海外のパネリスト
ボディーカメラの電源が切られていたとか…偶然にしては出来すぎてる…

14.海外のパネリスト
なんで暴動が起きないの?

15.海外のパネリスト
>>14
暴動が起きるのは、黒人が被害者の時だけだよ。

16.海外のパネリスト
パジャマ姿の女性が、一体どんな脅威だったっていうのさ?なんで撃たれなきゃいけないの…何かがおかしいよ…

17.海外のパネリスト
パトカー内にいる警察官(助手席)が、自分のパートナー(運転席)の方向に発砲するとか…聞いたことないんですけど…もし、運転席に近づいてきた人物が脅威であれば、運転席の警察官が対応するでしょ?

18.海外のパネリスト
素晴らしきイスラム法の実践者だ!彼は異教徒に対して、正しい行いをしたのである!

 




ミネソタ州在住のオーストラリア出身女性が、自宅へ駆けつけた警察により銃で撃たれ、亡くなる事件が発生した。地元紙Star Tribuneが報じている。

犠牲となったJustine Damond(旧姓:Justine Maia Ruszczyk)さん(40)は、在米歴3年の瞑想インストラクターであり、近く結婚を控えていたという。先週の土曜日、彼女はミネソタ州ミネアポリスの自宅近くで騒動を聞きつけ、警察へと通報した。夜11:30頃、彼女の自宅へ2人の警察官が急行したが、その内1人が彼女を銃で撃ったという。

ミネソタ州の発表によれば、警察官の体に装着されているボディーカメラの電源が切られていたため、銃が発砲された経緯について、未だ断定できていないという。さらに、パトカーに備えられている車載カメラも、その現場を捉えていなかった。関係者の証言によれば、Damondさんは、パトカー内の警察官と話している最中、助手席に座っていた警察官からドア越しに撃たれたとされる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://uk.news.yahoo.com/minneapolis-police-kill-australian-woman-145717815.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
英ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
Translator's Comment
//------------------//



続報として、彼女を撃った警察官が黒人であり、かつ、イスラム名を持つことが判明。事態はさらに複雑化している。以下に紹介しているコメントは、この情報が公開される以前のもの。

//------------------//

1.海外のパネリスト
2つのボディーカメラと、1つの車載カメラ…その全てが機能していなかったなんて…証拠隠滅としか思えない…我々納税者は、警察官の訓練不足、また、各種カメラが有効に使われていない現状を、大変懸念している…彼らが保持している銃と同様に、彼らの体に装着されているカメラもまた、使用されることを前提としているのだ…これは法と秩序に対する著しい侮辱である。政治家達よ!今こそ立ち上がる時だ!!それができないのであれば、選挙で落とすのみ…

2.海外のパネリスト
撃たれたくなければ警察を呼ばないこと…外にいる犬も、家に入れておいたほうがいい…標的にされるかもしれないから…

3.海外のパネリスト
ボディーカメラと車載カメラ、どちらも事件を捉えていないとか…話が上手すぎるでしょ…

4.海外のパネリスト
どうせ彼(*発砲した警察官)は無罪になるよ…しかも懲戒免職ではなく、辞職で済ますんじゃない?

5.海外のパネリスト
>>4
ありえそう…

6.海外のパネリスト
>>5
もちろん年金も付くだろうね…

7.海外のパネリスト
>>6
そして、別の部署が彼を再雇用する…

8.海外のパネリスト
>>6>>7
いやいや、さすがに今回は無理でしょう?犠牲者が白人女性ですよ?

9.海外のパネリスト
>>8
犠牲者が黒人なら、すぐに釈放されていただろう…

10.海外のパネリスト
通報した市民を撃つなんて…さすが警察だね!!!

11.海外のパネリスト
>>10
まあ…通報を受けて駆けつけたからには…誰かを撃たないと気がすまなかったんじゃない?

12.海外のパネリスト
>>10
とりあえず撃て!運がよければ、犯罪者に当たるだろう!!…これが最近の警察。

13.海外のパネリスト
多分だけど…構えていた銃を間違えて誤射しちゃったっていう感じなのかな…

14.海外のパネリスト
>>13
それが一番ありえそう…

15.海外のパネリスト
>>13
あ、ごめん!じゃ、済まされないけどね…

16.海外のパネリスト
>>13
もしそうなら、警察はそう発表すればいい…なぜ隠す?

17.海外のパネリスト
>>13
仮にそうだとしても、なぜボディーカメラの電源が切られていたんだ?

18.海外のパネリスト
こういうことは言いたくないけど…こういった事件の場合、被害者が白人の場合に限り、それを教訓に、法律や規則の変更が行われる…

19.海外のパネリスト
>>18
それは語られるべきこと…遠慮する必要はない。

20.海外のパネリスト
アメリカにおける日常の風景…

 

このページのトップヘ