海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…(コメント評価システム試験中…)


カテゴリ: 文化・事件



(*動画の最初、少し音量が大きいです。ご注意ください。今回のニュースとは異なる事件に関するものです。)

米バージニア州フェアファックス公立学校において、教師がムスリム女生徒が着用しているヒジャブ(*イスラムの民族衣装であり、頭に被る布を示す。)を、強制的に取っていたことが分かった。女生徒がツイッター上に一連の騒動を書き込み、事件が発覚、この教師は休職処分となっている。

フェアファックス公立学校は今回の事案について”不適切であり、受け入れられない”との声明を発表した。現在、この事件に対する、詳細な調査を進めているという。米イスラム団体は、同学校の対応を評価しつつ、この教師へのさらなる厳格な処分を求めているとされる。

近年、アメリカでは教師によってムスリム女生徒のヒジャブが取られる事案が多数報告されている。今年の5月には、ニューヨーク市ブロンクス区の学校で臨時教員をしている人物が、態度の悪い女生徒のヒジャブと取ったとして、問題となった。この教員は後に”ヘイトクライム罪”にて起訴されている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/muslims-students-getting-hijabs-pulled-230211335.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
これ見よがしに、リベラルがイスラムを擁護しているのが笑える…でも、よく考えてみな…彼らは女性達を下僕のように扱っているし、同性愛者なんか動物以下。「忍耐」なんて言葉は彼らの辞書にはないし、イスラム以外の人々は皆「異端者」として扱われている…彼らは我々の社会を乗っ取ろうとしているんだ…いい加減そのことに気づきなよ?俺の住んでいるテキサス・リチャードソンにも、大きなモスクが建った…こういったことがどんどん起きている…彼らは米国の法律など気にしない…イスラム法だけが彼らの法律なんだ…

2.海外のパネリスト
アメリカはイスラム国家ではない。この国の文化に統合するか、それが嫌なら出て行くべきだ。

3.海外のパネリスト
ヒジャブを取られた?ムスリム国家において、異教徒達がどんな扱いを受けていると思う?そんな生易しいもんじゃないぞ?

4.海外のパネリスト
生徒が鉤十字(*ナチスのロゴ)のアクセサリーをしていたら、強制的に没収されるだろう…それと同じことさ…危険な思想は取り払われねばならない。

5.海外のパネリスト
腰パン野郎よりかは、ヒジャブ女子のほうが、はるかにマシだと思うけどね…w

6.海外のパネリスト
>>5
どっちも嫌。

7.海外のパネリスト
この国の教育システムには、差し迫った課題が山積しているにも関わらず、行政が関心を寄せるのは、ヒジャブの問題だけ…無能な奴らだ…

8.海外のパネリスト
教室内で帽子を被ることが禁止されているのだから、ヒジャブも着用するべきじゃない。

9.海外のパネリスト
>>8
ヒジャブは宗教衣装だからね…*ヤムルカみたいなもの…例外処置になりうるのでは?

(*ヤムルカ:ユダヤ教の民族衣装の一種。男性がかぶる帽子のようなもの。)

10.海外のパネリスト
法律上、ヒジャブの着用が認められているのだから、教師もそれを尊重しないと…それが嫌なら、新たな法律を作るしかないよ。

11.海外のパネリスト
この教師は、クリスチャンが着用している十字架を取るだろうか?*灰の水曜日に、額に描かれた十字架を消し去るだろうか?教育現場においては、半端な例外は作らずに、全ての宗教関連要素を排除するか、全てを受け入れるか…そのどちらかを選ばねばならないだろう…

(*灰の水曜日:キリスト教における復活祭儀式の一つ。信者各自の額に灰の十字を記す。)

12.海外のパネリスト
スキーマスクや、ハロウィーンの仮装マスクを着用して、登校してもいいのかな…

13.海外のパネリスト
>>12
もしそれが君の宗教に関連するものであれば、許可されるだろう…

14.海外のパネリスト
ベトナム戦争に従事し、その後、警察や地域の消防隊員を勤め上げた私からすると、今、この国に蔓延る差別と偏見の根深さに、失望を感じざるを得ない。かつて、アメリカの子供達は「他者を尊敬する心」を持つように教えられてきた…だが最近では、自分とは異なる意見に対して、一方的に非難を浴びせかける者ばかりだ…私達は「モラル」だけではなく、「恥を恥じる心」すらも失っている…

15.海外のパネリスト
>>14
我々と異なる宗教を持つからといって、我々の規則を守らなくても良い理由にはならないでしょう?彼らは、この国の法律を超越した存在なのですか?

16.海外のパネリスト
>>14
これこそまさに、米国におけるリベラルの”立ち居振る舞い”そのもの。

17.海外のパネリスト
仮に、この教師が、ユダヤ教徒の生徒から「ヤムルカ」と取ったら…こんなもんじゃ済まないほどの反発が起きていただろう…

18.海外のパネリスト
>>17
僕ユダヤ教徒だけど、学校では「ヤムルカ」着用を禁止されているよ…

 




ドイツ人ジャーナリストであり、モデルでもある”Anabel Schunke”さんのフェイスブックが、30日間の凍結処分になっていることがわかった。移民による犯罪を皮肉ったジョークが、フェイスブックの規約に反した模様。

Anabelさんによると、彼女はフェイスブックのタイムライン上で、警察やメディアなどで使われている(女性への暴力を行う)北アフリカ系移民の犯罪者を示す略語”NAFRI(North African repeat offenders)”を揶揄し、一時凍結処分を受けたという。

以下は問題となったコメント:

”NAFRIとは「女性への暴力」を行う犯罪者のことか…それとも、次世代を担う新ドイツ人達のことか…(“Sexual assault or in neo-German: to do the NAFRI.”)”

凍結処分後、Anabelさんの弁護士と、フェイスブック社の弁護士が話し合いを行ったものの、議論は平行線のまま終わったとされる。

この騒動に関しては、ドイツの右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」党首”Alice Weidel”氏もツイッター&フェイスブック上で言及、ドイツ政府が推し進める検閲強化の姿勢に懸念を示した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2017/11/germanys-extreme-censorship/#.WgyiQgSZ-Zs.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/930894074839740417
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

Wikiより…

::-引用 開始-::

重大な被害がもたらされる恐れがあるというだけで、自由な言論と集会への抑圧を正当化することはできない。(中略) 議論を通じて、虚偽や誤りをあぶり出す時間があれば、また教育のプロセスを通じて、邪悪を回避する時間があれば、講じるべき解決策は、強制された沈黙ではなく(not enforced silence)、より多くの言論である (英語: the remedy to be applied is more speech)。
—ルイス・ブランダイス、ホイットニー対カリフォルニア州事件判決

::-引用 終了-::

:関連記事リンク(*直接記事に飛びます):

【大阪地裁】李信恵裁判 保守速報に対して200万円の高額賠償命令

//------------------//

1.海外のパネリスト
ネット、大手メディア、そして、法律…すべてがグローバリストの支配下に置かれている…彼らに歯向かうものは皆、厳しい検閲の対象となるのだ…

2.海外のパネリスト
”NAFRI”という略語は、もともと独警察やマスコミ内にて使われていた…なぜジャーナリストが使ってはいけないのか?これは皮肉でもジョークでもない…(北アフリカ移民に犯罪者が多いのは)事実だ。フェイスブックの判断はおかしい!

3.海外のパネリスト
自国政府による自国文化の破壊…

4.海外のパネリスト
白人を馬鹿にするジョーク(White joke)を言えば、英雄扱いされたであろう…

5.海外のパネリスト
こんなことをする国(ドイツ)に、民主主義を説く資格はない…

6.海外のパネリスト
数年のうちに、ヨーロッパの国々はイスラムに支配される…そして、女性達はヒジャブの着用を義務付けられ、拒否するものは石打にされるだろう…

7.海外のパネリスト
>>6
そして、(この事態を招いた)リベラル達も同様に迫害される…

8.海外のパネリスト(>>6)
>>7
彼ら(リベラル達)はそのことに気づいていないんだ…いずれ自分たちも被害者になりうることを…

9.海外のパネリスト(>>7)
>>8
「*嘘泣き症候群(Crocodile tears)」なんですよ…

(*偽の同情心を表す偽善者を示す。)

10.海外のパネリスト
この表現って、法律的上は問題ないわけでしょ?つまり、フェイスブックの規約は、法律よりも尊いわけだ…

11.海外のパネリスト
>>10
ドイツ政府も、ネット上における「ヘイトスピーチ規制」を強化しているよ…ヘイトスピーチを放置したSNS会社に対して、最大で5000万ユーロ(*65億円くらい)の罰金を課すことが決定されている…(参考

12.海外のパネリスト
これはヨーロッパ人が決めたこと…彼らが定めた未来理想図の一部なんだよ…

13.海外のパネリスト
まるでナチスだ…

14.海外のパネリスト
ジョークが犯罪扱いされる社会…

15.海外のパネリスト
北朝鮮、旧ソ連、そして、ジンバブエ…これらの国々と肩を並べ始めたドイツ…

16.海外のパネリスト
紛争、戦争、混乱が起こる時…最初の犠牲者は常に”真実”である。

17.海外のパネリスト
イスラム法が蔓延れば、自由は駆逐される…

18.海外のパネリスト
>>17
「イスラム法」を「共産主義」に置き換えても、意味は通じるね…ほんと…似たもの同士だ…

19.海外のパネリスト(ドイツの方)
アメリカの皆さん…お願い…ドイツを救って…

20.海外のパネリスト
>>19
助けたいけど無理かも…神様に祈るか…もしくは、アメリカにおいで…

 


1


・ドイツの学校で、イスラム教義に関する宿題が出され、海外のネットを騒がしている。

・問題となっている宿題は、イスラム教の信仰告白である「シャハーダ」を答えさせるというもの。

・後日、生徒とイスラム教指導者との懇談会が予定されていたとされる。

・この課題を発見した保護者(*ポーランド出身)は激怒。”私の子供にこんな宿題はさせない!私達はカトリック信者なのだから!!(*ポーランドはカトリック大国)”などと、述べているという。

・この保護者の友人により、今回の騒動がFacebookで紹介され、ネットで拡散した。

・記事を投稿した人物は次のように述べている。”学校に子供を預けてはいけない!彼らは私達の知らぬ間に、子供達をムスリムに改宗させようとしている!!!”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2017/11/polish-mother/#.WgWl25EqsfQ.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/928973794970144769
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

記事の構成を試験的に変更してみました。(*要点抽出型)しばらく、従来の方式と併用していきたいと思います。読みづらい・分かりにくい等の問題がありましたら、お知らせいただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
ついに、ここまで来ちゃったか…

2.海外のパネリスト
ドイツ人がこれを望んでいるのだから、好きにさせてあげよう…あ、でも…アメリカでは絶対嫌だよ?

3.海外のパネリスト
コレを学校で教えているってことは…もちろん、*使徒信条も教えているんだよね?

(*使徒信条:キリスト教のうち、西方教会における基本信条(信仰告白)のひとつ。)

4.海外のパネリスト
あ~アメリカ人でよかった!…オーストラリア在住だけど…

5.海外のパネリスト
やぱりポーランド人は賢いね…ちゃんと抗議ができる。

6.海外のパネリスト
ヨーロッパの事を思うと悲しくなる…どうかイスラム化を止めてほしい…

7.海外のパネリスト
なぜドイツはこんな状態になっているんだ?

8.海外のパネリスト
>>7
私はドイツ出身だが…同じ問いかけを、いつも自問している…

9.海外のパネリスト
ドイツはヨーロッパの遺産となったのだ…

10.海外のパネリスト
保護者達は、自分の子供が学校で、どのように教育されているのかについて、常に気を配るべきだ!必要があれば、転校させることも考慮するべき!!教育機関が、子供達の思想信条に介入することなど、あってはならない!

11.海外のパネリスト
一方、カナダの保護者達は、教師に対していかなる抗議もできない、チキンぶりを発揮するのであった…

12.海外のパネリスト
ドイツの保護者達は、なぜこの事態を放置しておけるのか?子供達を守る気が無いのか?

13.海外のパネリスト
>>12
子供達のイスラム化を妨害することは、ドイツにおいて犯罪に等しいのだよ…

14.海外のパネリスト(>>12)
>>13
俺がドイツ人なら、とっくに逃げ出してるね…

15.海外のパネリスト
国民の税金を使って、こんな教育をしているとは…怒りが倍増する…

16.海外のパネリスト
リベラルが私達に与えるものは、行き過ぎた世俗主義と、一方的な忍耐、そして、マルクス主義的文化論だけだ…我々は自国の文化と、国境を守らねばならない!

17.海外のパネリスト
こういう宿題を出すなら、ムスリムの生徒達にも、他宗教に関する課題をやらせないと公平じゃないよね…だって、それが民主主義だもの…

18.海外のパネリスト
わかってないなぁ…多文化主義を吹聴して、アフリカ人や中国人を受け入れ続けたところで…いつか、ヨーロッパがアフリカや中国になるだけなんだよ…それを多様性とは言わない…

19.海外のパネリスト
左翼がイスラムを利用し、西洋文明を滅ぼす…

 




イングランド中部スタッフォードシャー州の”宗教教育常任諮問委員会(SACRE)”は、学校教育の一環として行われている宗教施設への訪問活動に関して、一部の保護者から(主にモスク訪問に対する)反対意見が噴出していることに懸念を表明、”イスラム恐怖症(Islamaphobia )”を広げかねない事態であるとして、そうした保護者達への対応マニュアルを各学校に通達していることがわかった。

同委員会が送付した書簡には、宗教施設への訪問活動を擁護する文言が掲載されており、”神聖な宗教施設への訪問は、*アグリード・シラバスに掲げられた理想と、多文化主義社会イギリスを生きる一市民としての教養を、生徒達に身につけるさせるという、宗教教育(RE)が担うべき役割を果たすものである。(Visits to sacred spaces bring the agreed syllabus to life and underpin the role of RE in helping to prepare and equip pupils for life and citizenship in today's diverse and plural Britain.:*意訳)”などと、主張している。

(*アグリード・シラバス:英公立学校における宗教教育の内容を定めた要領。)

同書簡においては、その他にも、宗教施設を訪問する前準備として、各宗教指導者を事前に学校へ招待し、生徒達に多文化理解を促進させるための講義を受けさせることなども、奨励しているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.stokesentinel.co.uk/news/local-news/parents-raise-concerns-over-school-765718#ICID=sharebar_twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/929979554764029953
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
キリスト教の教会にも行ってくれればいいんだけどね…

2.海外のパネリスト
子供達にイスラム教とテロの関係を教えちゃ駄目だよ…無知であるほうが幸せなこともある…

3.海外のパネリスト
イギリスの政治家達は、国内のムスリム達に多大な社会保障を与えている…彼らは、我国に忠誠を誓わない者達に従事しているのだ…

4.海外のパネリスト
保護者の意見を尊重するべき。

5.海外のパネリスト
何故、子供達にイスラムを押し付けようとするのか?

6.海外のパネリスト
ならば、ムスリムの子供達も、キリスト教の教会へ連れて行こう!

7.海外のパネリスト
英国に住む良識のある人々よ…子供達をイスラム化しようとする学校に対して、抗議活動を行って欲しい!

8.海外のパネリスト
俺なら、自分の子供に、こんな授業を受けさせることはしない。断固拒否するね…

9.海外のパネリスト
イスラム施設を訪れる子供達の安全は確保されているのだろうか…

10.海外のパネリスト
キリスト教の施設は?イスラム教の宣伝工作じゃないよね?

11.海外のパネリスト
どうせやるなら、ストーンヘンジへの訪問活動にするべきだよ。あれこそまさに、我々ケルト民族の歴史だ!

12.海外のパネリスト
いい加減、イスラムの押し付けは止めて欲しい…

13.海外のパネリスト
引率教員が女性だったらどうするの?男性とは同じ場所に入れないんじゃない?

14.海外のパネリスト
むしろ…他文化を理解する必要があるのは、ムスリム達のほうではないのだろうか…

15.海外のパネリスト
西ヨーロッパ社会が好んで使う言葉:”イスラム恐怖症(Islamaphobia)”…この言葉を使えば、如何なる伝統的な文化でも、容易に滅ぼすことができる…それはまるで”*クリプトナイト”のような言葉だ…

(*クリプトナイト:スーパーマンの唯一の弱点である鉱石)

16.海外のパネリスト
これらモスクへの訪問活動は、子供達をムスリムに改宗させることを目的としている…すべての子供をイスラム教徒にすれば、この国から”イスラム恐怖症(Islamaphobia)”を消し去ることができるからね…

17.海外のパネリスト
テロリスト達の巣窟に、無垢な子供達を連れて行く…そんな裏切り者教師達は、追放されねばならない!

18.海外のパネリスト
ヒジャブやブルカの着用、割礼、意に沿わない婚約…これらの強制してくる宗教を、恐れない人などいるのか?

 




ロンドン警視庁トップであるクレシダ・ディック警視総監が、十代の犯罪者に寛大な現法治システムを批判、より深刻な犯罪行為への発展を防ぐためにも、年齢・犯罪の種類に関係なく、懲役刑の即時適応・長期化(must be jailed earlier and for longer)を訴えた。

ディック氏は、南ロンドン在住16歳の少年が、3年間に渡り、数多くの犯罪に関与しながら、低年齢を理由に一日も刑務所に収監されなかった実例を挙げ、若者に対するこのような甘い対応により、彼らが「法律を恐れなくなっている(‘simply not fearful’ of the courts)」とした。それゆえ、犯罪者の年齢・犯罪の軽重を問わず、懲役刑を迅速、かつ、長期化させることが、地域社会の治安維持に必要であると主張している。また、厳罰を示唆することにより、若年層の非行を事前に食い止める効果も期待できると述べた。

ディック氏のコメント:”私達警察官は、ロンドンにおいて、国家の対応をまったく恐れない若者達の増加を、目撃しています。若者達は禁固刑を現実的でない、もしくは、脅威と感じておらず、犯罪行為を思い留まらせるものになっていないのです。(They don’t see imprisonment as particularly likely or a serious threat and it does not in any sense deter them from criminal activity.”)

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.dailymail.co.uk/news/article-5068265/Time-lock-teenage-thugs-says-police-chief.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/929337278748602369
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
ロンドン警察は、ゲイばっかりだからね…そりゃ、なめられるよ…



2.海外のパネリスト
ようやく治安の悪化を認めたのか…

3.海外のパネリスト
あれだけ移民を受け入れてしまったのだから、秩序が崩壊するのも無理はない。

4.海外のパネリスト
遵守されない法律に意味などあるのか?

5.海外のパネリスト
英警察にとって、危険な暴力事件を取り締まるよりも、ネット上の悪口を規制することのほうが、はるかに優先度が高いのさ。

6.海外のパネリスト
最近の子供達は、学校で「他者を敬う」という事を教わっていない…イスラムと権力者達に対する畏敬を除いては…

7.海外のパネリスト
今や誰もイギリス警察を信頼しなくなった…彼らは弱く、不適格である。

8.海外のパネリスト
米テキサスの警察を参考にしたほうがいい…

9.海外のパネリスト
これまでイギリス社会が享受していた、リベラル政策のツケが回ってきたんだろう…

10.海外のパネリスト
あれ?左翼達は、ロンドンの治安は悪くないって主張してなかったっけ?

11.海外のパネリスト
働かない警察を恐れるものなどいない。

12.海外のパネリスト
警察を責めないで欲しい。全ては裁判所と、偽善社会が生み出した弊害なのだから…

13.海外のパネリスト
法を破ったものを罰さなければ、無法国家となる…罰するべき人々は、罰せねばならない。

14.海外のパネリスト
アメリカでは、法律よりも警察のほうが怖いけどね…撃ってくるから…

15.海外のパネリスト
法律を守らない若者?…イスラム移民のことでしょ?

16.海外のパネリスト
ロンドンにおいては、女性への暴力や、窃盗くらいでは、逮捕されても、すぐに釈放されてしまう…

17.海外のパネリスト
”若者”…やっぱり”ムスリム”とは言えないのか…

18.海外のパネリスト
私達が数年前から知っていたことを、ようやく認識できたようだ…

19.海外のパネリスト
ハイヒールを履き、爪にネイルを塗る男性警察官がいる限り、この手の問題はなくならないよ。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-5001290/Policemen-don-women-s-shoes-highlight-domestic-violence.html
(*家庭内暴力などへの啓蒙活動で行われたことのようです。)

 




米ジョージア州の公立高校において、白人教師が、態度の悪い黒人生徒を罵倒する出来事が発生。その様子を捉えた動画がネット上で拡散、大問題となっている。

海外メディアによれと、ロックデール郡公立高校で物理教師をしているPaul Hagan(60)氏が、授業中、クラスメートと一緒に笑っていた17歳の黒人生徒に対して、”ニヤついて私を見るな(Don't smile at me)…いいか?君のような人間はいずれ撃たれる…賭けてもいい…21になる頃には、君は誰かの銃弾によって倒れていることだろう…もしかしたら…その引き金を引く人物は、私であるかもしれない…”などと、述べたという。

この様子は他のクラスメートによって撮影されており、ネット上で拡散、大手メディアなどが報じる事態となった。現在、同高校は本件に関する調査を実施、問題を起こした教師は休職処分となっている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/gma/thats-people-shot-georgia-teacher-suspended-allegedly-threatening-005204864--abc-news-topstories.html
http://metro.co.uk/2017/11/07/teacher-threatens-to-put-a-bullet-through-students-head-7061953/
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

ポップアップ・リダイレクト広告を確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
僕は黒人であり、教師でもある…機嫌の悪い日もあるし、素行不良の生徒にイラつくこともある。子供達が毎日、学校でどのような振る舞いをしているのか…もし彼らの親達がそれを知ることが出来れば、私達の苦労を、少しは理解してもらえるだろう…

2.海外のパネリスト
>>1
私も32年間教壇に立っていた…その間、生徒達から数え切れぬほどの侮辱や、暴力を受けてきたが、この教師が述べたような言葉を、生徒に投げかけたことは一度も無い。”機嫌の悪い日”?…私達教師は、常に大人として自己を律するべきだ…子供のようになってはいけない。

3.海外のパネリスト
>>1
”機嫌が悪かった”としても…言いすぎだと思う…

4.海外のパネリスト
>>1
とりあえず、あなたの文章は読みづらい(*カンマの使い方)…まさか、英語(*国語)を教えてたりしてないでしょうね?

5.海外のパネリスト
なぜこの教師が、この暴言を述べたのか…その原因が知りたい…

6.海外のパネリスト
教室にある全ての椅子に「緊急脱出装置」を取り付け、態度の酷い生徒は、強制的に天井へ吹き飛ばしちまおう。

7.海外のパネリスト
>>6
教師の椅子にもね…

8.海外のパネリスト
>>6
”馬鹿にも教育を施さねばならない!”…これこそ現代の米国教育が抱える問題点なんだ。振る舞いや成績に関わらず、不良達の面倒を見続けるが故に、優秀な子供達の教育がおざなりになっている。

9.海外のパネリスト
子供達の中には、すごく失礼だったり、騒がしいのもいるからね…この動画ではそういった部分が、カットされているのだろう…。

10.海外のパネリスト
確かに…この教師が述べたことは褒められたもんじゃない…でも、この話題を無理やり人種問題に置き換え、騒ぎを大きくしようとしている人々がいることも確かだ…この黒人生徒の保護者は、さぞかし多額の示談金を、学校からせしめることであろう…

11.海外のパネリスト
昔なら、こういう生意気な生徒は、教師に定規でぶん殴られた挙句…家に帰った後、そのことを知った親からまた殴られていた…それが普通だったんだ…

12.海外のパネリスト
>>11
現代社会の文明化に感謝…他人(教師)に自分の子供を殴らせるとか…ありえない…

13.海外のパネリスト
>>11
時代は変わる…変わらねばならぬ事もある…

14.海外のパネリスト
記事中の人種に関する言及って必要かな?この教師は、別に黒人差別につながるようなことは、何も述べてないわけだし…人種間対立を煽ってまで、アクセス数がほしいのかい?

15.海外のパネリスト
教師という職業には、特別な能力を持つ、献身的な人物が就くべきです。

16.海外のパネリスト
(*本来親が行うべきである)子供を叱ることほど、教師として楽しい事はない。

17.海外のパネリスト
>>16
クズ。他の仕事を探せ。

18.海外のパネリスト
>>17
君は私を誤解している。私が言いたいのは…

”夜中までゲームをしてはいけない!”・”不良みたいな振る舞いはしてはいけない!”・”赤ん坊ではないのだから、年相応に行動しなさい!”・”あなたはまだ12歳なんだから、スマホは必要ありません。”・”深夜テレビは見なくていい。とりあえず宿題をしっかりやりなさい!”・”ユーチューバーになりたい?もっと現実的な夢を持ちなさい!とりあえず、進級のためにもっと勉強をするべきです!”・”たかか5ドルのために、トイレで(男子生徒に)@@をしてはいけません!自分を大切にしなさい!!!(これ実話だから…先週、数人の中1女子をコレで指導した…)”

みたいな…本来親が叱るべき事柄を、私が代行しているんだよ。

 




2019年、オリンピックを翌年に控えたネオ東京……

//---//
Update 11/9 12:25
一部語句を修正 「語る気もねぇ…」→「漫画版じゃなければ語る必要はない…」コメントでのご指摘ありがとうございます。
//---//

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://boards.4chan.org/a/thread/164421692

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
4chan
[コメント傾向]
アニメ板
[コメント選出基準]
順番・選択(*掲載順は一部調整しています。)

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

ポップアップ・リダイレクト広告を確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

//------------------//

1.海外のパネリスト
馬鹿なアニメ(animes)ファンに”アキラ”は語れねぇ…

2.海外のパネリスト
>>1
漫画版じゃなければ語る必要はない…

3.海外のパネリスト
>>2
これ。

4.海外のパネリスト
そんなに名作かね?キャラデザ酷くない?

5.海外のパネリスト
>>4
エヴァンゲリオン以前のアニメは、どれも大体酷い。

6.海外のパネリスト
糞科学者達が、大した理由も無く、化け物を生み出そうとしたっていうプロットが気にくわねぇ…

7.海外のパネリスト
>>6
いや理由ならあるよ。彼らはそれらの進化が人間に超能力を与えると信じていたんだ。それを実証するため、特別な力を持つ不良達が被験者となったのさ。あの化け物は、実験失敗による副産物だよ。

8.海外のパネリスト
アニメ版の”アキラ”は確かに奥深い…全1200ページもある漫画版は、まだ読んでないけど…

9.海外のパネリスト
SF好きな人間からすると、そんなに複雑な世界設定でもないんだけどね…

10.海外のパネリスト
もう一度漫画を読み返してみた…素晴らしいアクションやストーリー展開…物語の一員になったかのような没頭感を得ることが出来たよ…唯一の不満は、各所に散りばめられた様々な伏線が、回収されないまま残ってしまっていることかな…ビッグバンとの関連とか…エンディングとか…でも、1982年連載開始された作品としては、本当に細部まで良くできている。

11.海外のパネリスト
アニメ&漫画、両方ともエンディングが嫌い。あと、エヴァ人気も理解できない。

12.海外のパネリスト
>>11
悲劇が名作を生み出すのだよ…

13.海外のパネリスト
>>12
エヴァは悲劇じゃない。

14.海外のパネリスト
>>1
「anime」に「(複数形の)s」をつけてる馬鹿に、馬鹿扱いされるとは…

(*このスレの大半が、この「anime」という単語の不加算・加算問題でした…かなり省略しています。)

15.海外のパネリスト
>>14
ドイツだと「animes」っていうよ。

16.海外のパネリスト
>>15
俺ドイツ人だけど、「animes」なんて表現聞いたこと無い。みんな「anime」って言ってる…wikiだと、「animes」が結構使われてるみたいだけど…

17.海外のパネリスト
>>16
ドイツ語で単語(複数形)の語尾に「s」が付く場合は、英語からの外来語がほとんど。「anime」はもともと日本語単語なわけだから、「s」をつけるのは、文法的におかしい。

18.海外のパネリスト
>>15~>>17
いいかげん、その言語学的水掛け論をやめたまえ…下らないスレッドでは、こういう不毛な議論が活発になる傾向がある…

 



(*スウェーデンの警察官さんが踊っている有名な動画。役者さんが扮装しているだけ、との噂もあります。音量が大きいので、ご注意ください。)

最近、続発している警察署、及び、警察官個人への襲撃事件の余波を受け、スウェーデン政府は、警察官の安全確保に向けた対策強化を検討している。

先週には、スウェーデン南部の都市ベクショーや、中部の都市ヴェステロースにて、警察署、及び、警察官宅を標的とした攻撃が発生。先月上旬には、南部の都市ヘルシンボの警察署が爆破される事件も起きた。また、今年の8月には、首都ストックホルムにて警察官が刺されている。

スウェーデン警察組合は、警察に対する暴力が急増していることに懸念を表明、これらの出来事が退職者の増加を招く可能性があると、主張した。同組合が実施した調査によれば、70%の警察官が、過去2年間で「身の危険」を感じる機会が増えたと、答えている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.thelocal.se/20171031/sweden-promises-better-protection-for-police-after-violent-attacks
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

記事中、警察への暴力事件増と、移民大規模流入との、直接的な関連を示す文言はありませんでしたが、過去2年間(*シリア内戦に伴う大規模移民流入開始時期:2015年)において、警察官が感じる「危機感」が増えていることから、間接的な移民の影響は伺えます。

//------------------//

1.海外のパネリスト
俺達はずっと警告を発していた…でも君達はそれを無視し続けてきたじゃないか…

2.海外のパネリスト
本来、住民を守るべき人々が、保護を必要とする…それはもう社会が機能していない証左だよ。

3.海外のパネリスト
まず撃とう!話はそれからだ!

4.海外のパネリスト
メシウマ話にしか聞こえないのですが…(Bet that makes everyone feel better)

5.海外のパネリスト
俺達の町や都市も、いずれ似たような状況になるんだろうなぁ…

6.海外のパネリスト
これを機に、国境管理も強化してくれればいいんだけど…

7.海外のパネリスト
国内のムスリム達を追放することが、最善の方策であることは間違いないだろう…

8.海外のパネリスト
こんなのまだ序の口。本番はこれから…

9.海外のパネリスト
警察が自分達すら守れないのなら、彼らの存在意義は何処にあるんだ?

10.海外のパネリスト
スウェーデン警察には、ゲイが少なすぎるんだよ。イギリス警察を見習え!(*おそらく皮肉)


(*ゲイパレードにて、ロンドンの警察官(男性)が、恋人(男性)にプロポーズしている。)

11.海外のパネリスト
>>10
英警察には、ゲイはいるけど、愛国者はいない。

12.海外のパネリスト
我々はかつて、スウェーデンを福祉国家として尊敬していた…だが今、あなた達の国は、只のゴミ箱になってしまった…なぜこんなことに…?

13.海外のパネリスト
>>12
スウェーデンは、社会保障が手厚いことで知られていたからね…我々国民にとっては、とても信頼できるものだったよ…今はもう、侵略者達に奪い取られてしまったけど…

14.海外のパネリスト
誰が警察を守るの?軍隊?

15.海外のパネリスト
>>14
問題の本質は、警察の業務を政治家たちが邪魔していることなんだよ。銃を一度でも使うと、必ず処罰されるんだぜ?

16.海外のパネリスト
スウェーデン政府は、警察を守るなんて、大層なこと言っているけど、どうせ何もしない。彼らに対応できるようなレベルじゃないんだよ…同国の右派も頼りないし…

17.海外のパネリスト
>>16
この国の右派は、ほとんど”社会主義”出身者だからね…議会にいる連中はだいたいそう。

18.海外のパネリスト
左翼政府を信用するから、こういうことになる…

 



[内容意訳文]

たった今日本に着きました。(14時間かかりました!)国際女性会議への参加を楽しみにしています。

//-------//
Update 2017/11/5 23:00
海外コメントに注釈を追加。コメントでのご指摘ありがとうございます。
//-------//

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/IvankaTrump/status/926022831195922432

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
イヴァンカさんの公式ツイッター
[コメント傾向]
なぜかイヴァンカさんに否定的…
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

なぜこんなにも非難コメントが…夫さんの影響でユダヤ教に改宗していることも、多少影響しているかもしれません…(*米国においてはユダヤ教に嫌悪を示す人達が一定数いる模様…参考)イヴァンカさんへの優しいコメントは、ほとんど日本人の方からのみ…

//------------------//

1.海外のパネリスト
あんたの夫と父親が喧嘩したら、どっちの味方になるんだい?

(*イヴァンカさんの夫は超イケメン金持ちのユダヤ教徒)

2.海外のパネリスト
>>1
より貯金額の多いほうさ…

3.海外のパネリスト
>>1
もちろん父親だろ。現夫はいずれ最初の”元”夫になる。

4.海外のパネリスト
きっと彼女は民間機なんか使ったことないんでしょうね…

(*今回は民間機”a 14-hour commercial flight”での旅行だったようです。参考

5.海外のパネリスト
すでにご存知かもしれませんが…イヴァンカ・ブランドと、トランプ・ホテルの米国内格付けが、順調に低下しているそうですよ!

http://www.businessinsider.com/ivanka-trump-trump-hotels-have-low-brand-perception-2017-11

6.海外のパネリスト(日本の方)
日本へようこそ!

7.海外のパネリスト
国際女性会議への出席!?女性を裏切り続けているあなたに、そんな資格はない!!!

8.海外のパネリスト
そんなことしてる暇あるなら、アメリカの女性を救ってください。

9.海外のパネリスト
政治のことは良く分からないけど…彼女が着ている青いコートは素敵だと思う…

10.海外のパネリスト
国税を使った旅行をせいぜい楽しんでね♪

11.海外のパネリスト
女性と減税に関する貴女の活動に感謝します!(*皮肉の可能性も…)

12.海外のパネリスト
ファースト・レディーを気取るな!あんたはアメリカの代表ではない!!!

13.海外のパネリスト
どうせ商談のために行くだけでしょ…

14.海外のパネリスト(日本の方)
ぜひ日本で楽しい時間を過ごしてくださいね!

15.海外のパネリスト
彼女のブランドのために服を作っている(発展途上国の)女性達には、国際女性会議に出席するだけの資金的余裕はないのだ…

16.海外のパネリスト
あれ?また妊娠してる?でも残念だねぇ…その子が生まれる頃には、おじいちゃん(トランプ大統領)も、夫さんも、逮捕されちゃっているんだから…

17.海外のパネリスト(日本の方)
大歓迎します!

18.海外のパネリスト
共和党によって15億ドル(1550億円くらい)もの医療費関連予算が削減され、企業減税へと費やされた…地元選出の政治家達に、抗議意見を送ろう!!!

19.海外のパネリスト 
もう日本に住み着いちゃいなよ!帰ってこなくて良いよ!!

20.海外のパネリスト
次期大統領候補に幸運を!!!

21.海外のパネリスト
>>20
刑務所の中で大統領職は大変じゃない?

(*トランプさん一家は、現在、大統領選挙での不正疑惑により、一部の人々・反トランプ派から非難を受けている。参考
 




イスラム教をテーマとした公園が、ドイツ・ベルリン南東部のノイケルン区に新設(*現在建設中)された。地域社会からの反応は概ね好意的だという。同地区には移民が多く住んでいることが知られている。(*住民の4割が移民関係

同公園は、イスラム文化圏特有の市場”バザール”をテーマとしており、イスラム寺院(モスク)を模した遊具も確認されている。

地域住民の中には、この公園の存在がムスリムの子供達とその家族にとって、ドイツへの統合を促進する手助けになるとの意見があるものの、一部には、宗教をモチーフとする公共施設への税金投入に、疑問を投げかける声も聞かれているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.youtube.com/watch?time_continue=50&v=SfE5Ic8E6y8

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/926203863908184066
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

新規にユナイテッドブレイズ様の広告を追加しています。ポップアップ・リダイレクト広告等、問題が確認された場合は、大変お手数ですが、コメント欄にまで詳細をお知らせいただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
おいおい…いい加減にしてくれよ…

2.海外のパネリスト
公平を期すために、ダビデの星(*ユダヤ教の象徴的シンボル)も掲げよう!

3.海外のパネリスト
ドイツにドイツ人はいないのか?

4.海外のパネリスト
>>3
メルケルが踏み潰してしまったよ。

5.海外のパネリスト(>>3)
>>4
なぜ彼らは自分達の文化を、わざわざ壊すような選択をするのだろうか…

6.海外のパネリスト(>>4)
>>5
今ドイツにおいては、SNSの監視が強化されている…ムスリムに関する問題提起をネット上で行うと、処罰されてしまうんだよ。

7.海外のパネリスト
祖国が目前でイスラム化していってるにも関わらず、政治家達は何もしない…自分の国が滅びてもいいのか?

8.海外のパネリスト
猫の遊び場としては良さそう…

9.海外のパネリスト
ジャーマニスタン建国中…

10.海外のパネリスト
メルケルは、言語に絶するほどの悪だ!

11.海外のパネリスト
>>10
彼女はヒトラーの妹なんだよ…

12.海外のパネリスト
第二次世界大戦後ですら、ドイツは奇跡的な回復を果たしてきた…しかしメルケル後において、それは望めないだろう…

13.海外のパネリスト
自治体の土地を利用している…っていうのがね…

14.海外のパネリスト
自分の生まれ故郷が…リベラル達に蹂躙されている…

15.海外のパネリスト
ムスリムの子供達は、遊び場ですら、イスラムのイデオロギーを叩き込まれるのか…

16.海外のパネリスト
ドイツはもう終わった…二度と昔のドイツには戻れないだろう。

17.海外のパネリスト
やっぱりイスラム圏の人々は、砂場(*砂漠)が恋しいのだろうか?

18.海外のパネリスト
ラクダの遊具がないよ…?

19.海外のパネリスト
こうなったらしょうがない…ドイツにヨーロッパ中のムスリムを集結させよう!そして、彼らが出てこないよう、独国境沿いに壁を建築すればいい!!

 

このページのトップヘ