海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…


カテゴリ: トランプさん関連




(*一部修正いたしました。2017/2/10)

1.トランプ大統領と、その三番目の妻メラニア夫人との唯一の子供

かれはドナルド・トランプ氏と、その三番目の妻である、メラニア・トランプさんとの間に生まれた、現在までに唯一の子供である。2006年5月20日生まれで、現在は10歳。ニューヨークにあるトランプタワーにて両親と共に生活をしている。トランプ夫妻は、バロン君の誕生する一年前の、2005年1月に結婚をしている。

2. すぐにホワイトハウスに移る予定はない。

マンハッタンにある名門であり、学費の非常に高いことで知られるコロンビア進学学校に通っているため、そこを卒業した後に、ホワイトハウスへと移り住む予定である。

3.彼は60年ぶりとなるファースト・ボーイ

彼は、ジョン・F・ケネディ氏の息子ケネディJr氏以来、ホワイトハウスに住むことになる60年ぶりのファースト・ボーイ(大統領の息子)となる。

4. バロン君はスーツがお好き。

メラニア夫人によれば、バロン君は、父親を真似てスーツを着ることが好きで、スウェットなどはあまり着ないのだという。

5.キャビア入り保湿剤を使用!?

バロン君は子供の頃、お風呂に入りながら、キャビア入り保湿剤を使っていた。これはメラニア夫人のブランド製品である「Caviar Complex C6」というものである。しかし、メラニア夫人の化粧品事業が失敗したため、現在は使っていない。

6.お父さん(トランプ)が大好き。

父親であるトランプ氏の影響を非常に強く受けており、すでに5歳のときには、父親のような、ビジネスマン、もしくは、ゴルファー(トランプ氏はゴルフの達人)になりたいと願っていたという。彼は、物を作り、そしてそれを壊し、また異なる物を作ることを好むのだという。メラニア夫人によれば、彼の外見は二人から受け継いでいるものの、内面はまさに”リトル・トランプ”であるという。

7.乳母は雇っていない。

トランプ夫妻は、バロン君を育てるに当たって、乳母を雇うことはせず、自分達で育てたことを強調している。アメリカのセレブにおいては、乳母を雇って子供を育てることは、比較的一般的である。また、トランプ氏は、バロン君が幼少時代、家政婦のような若い女性を雇っていたことはあるが、基本的には、メラニア夫人が、海外出張の多いトランプ氏に代わり、しっかりとバロン君を育てている、とも述べている。

メラニア夫人が、バロン君の学校の送り迎えを自らしていることも有名。

8.二カ国語を自在に操る。

メラニア夫人がスロベ二ア出身のため、バロン君は、英語とスロベ二ア語を流暢に話すことが出来る。トランプタワーで一緒に住んでいるメラニア夫人の両親(バロン君の祖父母)とは、スロベ二ア語で会話しているという。

9.バロン君の部屋。

バロン君にはトランプタワーのまるまる1フロアーが、与えられているという。ホワイトハウスへの引越しを急ぐ必要はなさそうだ。

10.日本で大人気!

大統領選における勝利演説におけるバロン君の態度は、日本においても話題を呼んでおり、漫画家の「ほりた・ゆうすけ」さんの描いたバロン君のパロディ漫画などは、欧米メディアでも取り上げられた。

11.表に出てくることはない?

最近メディアにおいては、バロン君の名前を見ない日はないが、今後とも、彼が表立って活動することはないという。メラニア夫人は、「彼を普通の子供として育ててあげたい。普通に学校やスポーツを楽しんでほしい。目立たせるようなことはしたくない。」と、述べている。

12.ホワイトハウス(ワシントンDC)に引っ越したら、どこの学校にいくの?

現在、様々な候補が挙げられているが、どれも推測にすぎない。一部では、シドウェル・フレンズという私立学校が有力視されているが、リベラル色の強いことでも知られているため、専門家は否定している。

記事参考:http://www.nickiswift.com/32376/things-didnt-know-barron-trump/
コメント:https://www.youtube.com/watch?v=X42TsYx79mY

1.海外のパネリスト
メラニア夫人似でほんとよかったね!

2.海外のパネリスト
>>1
そう?彼女そんなにかわいくないけど…

3.海外のパネリスト
10歳で、しかも身長が177cm…すごくね!

4.海外のパネリスト
>>3
両親とも背が高いからね。

5.海外のパネリスト
すごくかっこいいよね。

6.海外のパネリスト
>>5
確かに!でも、成長したらどうなるかなぁ~。今のところ、まさに”トランプ・ミニ”って感じだけど…

7.海外のパネリスト
トランプは大っ嫌いだけど、バロン君はほっておいてあげてほしい。彼はまだ子供だし、関係のないことだ。

8.海外のパネリスト
金持ちの子供ってのはいいね。

9.海外のパネリスト
前嫁との子供たちと違って、バロン君は本当に美しいわ。きっと大人になってもかっこよくなる!

10.海外のパネリスト
>>9
どうかなぁ~成長したら今のかわいらしさはなくなると思うけど?

11.海外のパネリスト
おいこら!バロン君の悪口は許さないぞ

12.海外のパネリスト
トランプの息子達のなかで、唯一のハンサムだ。

13.海外のパネリスト
二ヶ国語しゃべれるなんてすごいね。ほとんどのアメリカ人にはできないことだ。

14.海外のパネリスト
大統領選の勝利演説の時、バロン君が寂しそうに見えたんだ。父親に愛されていないからじゃないか?

15.海外のパネリスト
>>14
心理学者さまがご登場ですよ。

16.海外のパネリスト
>>14
そうだね。きっと愛されてないんだろう。1フロアーまるまる与えられているけど…

17.海外のパネリスト
>>14
バロン君は、トランプの1票を求めているわけですな?(ニヤリ

18.海外のパネリスト
父:トランプ(70)、息子:バロン君(10)…なんていうか…ね…

19.海外のパネリスト
 >>18
言われてみると…すごいねw
 




米・トランプ大統領はFox Newsとのテレビ・インタビューのなかで、オバマ前大統領が、自分のことを「好きである。」と、述べた。

オバマ前大統領について、問われたトランプ大統領は、「とても不思議な事なのだが…私達はとても仲が良いんだ。彼が認めるかどうかはわからないが…彼は私のことが好きだし、私も彼が好きだ。」とし、インタビュワーを勤めたFoxNewsのビル・オライリー氏が、「なぜそれがわかるのか?」と質問をしたところ、「感じるんだよ。(I can feel it.)」と、単調に答えた。

 その後、トランプ氏は、選挙戦中のオバマ前大統領との関係にも触れた。

「私達はとても厳しい選挙戦を戦ってきた。彼はヒラリーよりもよく戦ったよ。彼は私に対してとても卑劣であったし、私もまた彼に対してそうであった。私達は互いにおそろしい言葉を投げかけあったんだ。でも、その後、私達は一緒の車に乗って、ペンシルベニア・アベニューをドライブした。そのことについては、あまり話してないけどね…政治とは不思議なものだ…」

この話を聞いたオライリー氏は、すかさず「何を車の中で話したのか?」と質問、トランプ大統領は、オバマ前大統領が感じている、アメリカが直面している”巨大な危機”について、トランプ大統領に打ち明けたとしたが、詳細に関する言及はさけた。一方で、それが「軍事問題」であることは、明らかにした。

このインタビューに先立ち、トランプ大統領は、就任後わずか二週間たらずで、オバマ政権時代に決まった様々な政策を停止・破棄している。そして、オバマ前大統領も、トランプ大統領のイスラム教徒入国停止処置などに対して、激しい非難をしている。

記事参考:http://www.independent.co.uk/news/world/americas/donald-trump-barack-obama-i-can-feel-he-likes-me-us-president-white-house-opinions-a7567151.html

コメント:https://www.youtube.com/watch?v=4pBDMwgf-JU

(*一部コメント修正しました。)

1.海外のパネリスト
そりゃ疑わしいね。オバマは誠意のある男だが、このオレンジ野郎には一生理解のできない概念だろうし…

2.海外のパネリスト
>>1
確かに!くそったれトランプ!!

3.海外のパネリスト
>>1
変態リベラル共め…

4.海外のパネリスト
こいつは自分のおめでたい妄想のなかだけで生きてるんだ。もうちった大統領にも専念しろよ?バノンの飼い犬さんよ?

(*バノン氏はトランプ大統領の最側近人物。色々物議を呼ぶ発言をする人でもある。)

5.海外のパネリスト
この男は5年間に渡り、オバマがアメリカ人でないと騒ぎ立て、大統領になるやいなや、彼が成し遂げた全てを壊そうとしている。そりゃ、オバマにさぞや好かれることだろう(棒)

6.海外のパネリスト
>>5
彼の頭の中では、この非常識こそ、常識なのさ。

7.海外のパネリスト
はっきり言ってやろう。オバマはお前が嫌いだ!

8.海外のパネリスト
トランプターズ(おそらくTrump+retardの合成語:トランプ好きのアホ共)も、この発言には苦笑せざるを得ないんじゃないか?

9.海外のパネリスト
思い込むの激しいやつだな…

10.海外のパネリスト
>>9
しかもとびきりね…

11.海外のパネリスト
”CNNは偽ニュースだ!”、お前ら労働者階級のトランプターズは、それしか言葉を知らないのか?

12.海外のパネリスト
>>11
大手のメディアはみんな偽ニュースだよ。リベラル連中はトランプの支持者が馬鹿ばかりだと盛んにはやし立てやがる。マジでむかつく。

13.海外のパネリスト
>>11
お前らはアメリカ人じゃねぇ!!

14.海外のパネリスト
そのうちコイツ、「ユニコーンはいる!」と言い出すぞ?

15.海外のパネリスト
>>14
「ユニコーン発見!By CNN」 CNN=偽ニュース

16.海外のパネリスト
俺も、”前”嫁(前大統領とかけてる?)とは今でもまあ仲いいよ。でも、もう女性としては見れないけどね…え、なんでかって?…あいつが@@@だからだよ!!!!

17.海外のパネリスト
>>16
www

18.海外のパネリスト
トランプと同様、あいつの支持者も空想のなかで生きてるからなぁ~

19.海外のパネリスト
なんかちょっと北の将軍様っぽくなってきてるね…




先週の木曜、トランプ大統領は、韓国最大の電子製品メーカー・サムスン電子が、アメリカ国内に新たに工場を建てることに関連して、ツイッターでサムスンに対して謝辞を述べた。

(訳:ありがとうサムスン!君達を迎えられて嬉しいよ!!)

トランプ大統領は、長年にわたりサムスン製スマートフォンの愛用者として知られている。2013年のツイッターには、当時、iPhone5と比べ、一回り大きな画面を備えた同社のスマートフォンを称えるツイートをしている。「iPhone5の画面は小さすぎる!サムスンのほうが良い!」。しかしながら、まだ大統領候補になる以前のツイートであったためか、わずか2つのお気に入りと、2つのリツートしか得ることができていなかった。

トランプ大統領のサムスン愛は、その後も続き、2013年9月のツイートでは、


(訳:なんでアップルは大画面のiPhoneを出さないんだ!?サムスンはお前らの仕事を奪うぞ!?スティーブ・ジョブズも墓場で目を回してることだろう。)

と、述べている。

また、2016年2月、FBIへのテロリスト容疑者の情報提供を拒否したアップルに対して、

(訳:私はiPhoneもサムスンも使っている。だが、もしアップルがテロリストの情報を渡さないというなら、渡すまで私はサムスンしか使わない!!!)

と、激しくアップルを非難している。


1.海外のパネリスト
どっちの企業もアメリカでスマホを作ってるわけじゃないけど…少なくとも、アップルは国内で数千人の雇用を生み出してるわけでしょ?なんでサムスンを選ぶのさ?やっぱりアメリカ人のことなんでどうでもいいんだろ…

2.海外のパネリスト
>>1
個人の趣向にぐだぐだいってんじゃねぇ!スマホ選びに政治を巻き込むな!!

3.海外のパネリスト
>>1
トランプがアップルのファンじゃなくてよかった。

4.海外のパネリスト
>>1
サムスンにアメリカの市場を荒らさせるな!関税をかけろ!!!

5.海外のパネリスト
知り合いの13歳の女の子のほうが、よっぽどか大人だ…

6.海外のパネリスト
>>5
少なくともお前よりはな…ほら、表にスクールバスがお待ちだぞ?

7.海外のパネリスト
やったぜ!サムスンのスマホは爆発するからな!!

8.海外のパネリスト
>>7
人の不幸を喜ぶ…典型的なリベラル人だね。

9.海外のパネリスト
iPhoneなんざ、ホモとフェミニストと社会主義者しかつかわねぇ。

10.海外のパネリスト
トランプに愛されてる…だからサムスンを使わないの。

11.海外のパネリスト
>>10
俺も。トランプと一緒で、家をめちゃくちゃにされるからね…

12.海外のパネリスト
あんな小さな手をしてるくせに、なんでデカイ画面が必要なんだ?

(*トランプ大統領は、手が小さいことでよくいじられているみたいです。)

13.海外のパネリスト
いいんじゃない。彼も韓国の大統領みたいに弾劾されるんだしさ…

14.海外のパネリスト
いつになったら左翼の負け犬連中は成長するんだい?彼は勝ったんだ。慣れろ!

15.海外のパネリスト
>>14
人気投票じゃ負けただろ?慣れろ!

16.海外のパネリスト
>>14
下等なものを受け入れることは苦痛なのだよ。

17.海外のパネリスト
アップルは同性愛や中絶を支持している…アンドロイド会社はしてない…

18.海外のパネリスト
>>17
だから、あんたは女性差別の大統領を支持してるわけかい?笑えるね。

19.海外のパネリスト
アメリカファーストはどした?
 




アメリカ大手のテレビ局CBSは、トランプ大統領就任後初めてとなる世論調査の結果を公表した。

トランプ大統領の仕事ぶりに対する評価は、支持するが40%、支持しないが48%、どちらともいえないが12%であった。共和党支持者の間では、10人に8人がトランプ氏を支持し、民主党支持者の間では、逆に、10人に8人が不支持を表明した。無党派層の間では、不支持(46%)が支持(36%)を大きく超えた。

大統領就任直後に行われた世論調査で、不支持率が支持率を超えるのは、統計開始(1953年)以来始めてである。

また、トランプ大統領によって発令されたイスラム教徒の入国停止処置に対する評価に関しては、支持するが45%、支持しないが51%となった。

調査は2月1日~2日、ランダムで選ばれたアメリカに住む成人1019名に、電話を通して行われた。誤差は±4ポイントである。

http://www.cbsnews.com/news/americans-sharply-divided-along-partisan-lines-over-travel-ban-trump-cbs-news-poll/

1.海外のパネリスト
あれ、CBSって選挙の時、ヒラリーが地すべり的に勝つっていってたよね?

2.海外のパネリスト
大手報道機関(MSM=メインストリームメディア)ばかり見ていたら、きっとトランプが99%のアメリカ人に嫌われていると勘違いしてしまうだろう。

3.海外のパネリスト
電話調査の信頼性ってどの程度あるのかな。たとえば、支持政党に関しても、いくらでもごまかせるよね?

4.海外のパネリスト
世論調査なんて無意味だね。大統領選でもはっきりしただろ?だいたいアメリカ人の半分は民主党支持者だし、あいつらは常にアメリカとトランプを嫌っているんだ。

5.海外のパネリスト
たった二週間で、もう60%(実際は51%)のアメリカ人に嫌われてるのかw

6.海外のパネリスト
俺も世論調査してみたぜ。みんなお前ら大手メディアの世論調査を信じないってよ。

7.海外のパネリスト
おい、みろよ!偽者メディアがまた嘘の調査をでっちあげたぞ!w

8.海外のパネリスト
あ~また世論調査か。大統領選ので懲りてなかったのね。まあいいよ。「結果の反対」が正しいってこと、みんなもうわかってるから…

9.海外のパネリスト
「世論調査結果:ヒラリー・クリントンがドナルド・トランプを全米で14%リードしている。」(CBS 2016/10/10より)。これでわかるでしょ?CBSの世論調査がどれだけ信頼性があるかってことに…

10.海外のパネリスト
質問の仕方がおかしいでしょ?「難民を受け入れないことに…」じゃなくて、「身元もよくわからない人間を受け入れないことに…」賛成か反対か…とするべき!そうしたら、支持率80%を超えるよ。

11.海外のパネリスト
どうぜ不法移民を対象に調査したんだろ?w

12.海外のパネリスト
共和党の連中は、黒人が大統領になったことにショックを受けすぎて、自分達がどれだけ馬鹿な大統領を担ぎ上げたのか理解できてない。

13.海外のパネリスト
アメリカよ、案じることなかれ。このアホ大統領は、任期の4年と持たず弾劾される。しかし、それまでに、アメリカは、環境破壊・経済恐慌・社会不安の嵐に苛まれる。それはまさしく、「Make America Sick Again(アメリカを再びボロボロにしよう。)」といえる。世界中は、そんな我々を嘲笑うだろう。

14.海外のパネリスト
トランプは必ず勝利する。もう諦めろCBS!




カツラなのか!?自毛なのか!?そして染めて(塗って?)いるのか!?数々の疑問がささやかれながらも、誰もそのことを確かめようとしなかったトランプ大統領最大の謎である頭髪問題に、長年、トランプ大統領の主治医をつとめる医師が、ついに真相を口にした。

彼の主治医をつとめる、ハロルド・バーンステイン医師は、ニューヨークタイムズの独占インタビューに答え、トランプ大統領が、プロペシアという名前で市場に流通しているフィナステリドという薬を、薄毛対策のために少量服用していることを明らかにした。

髪の毛ふさふさのバーンステイン医師は、自身もフィナステリドを利用しており、効果を実感しているという。「トランプの髪の毛はぜんぶ彼自身のだ。もちろん、私のもね…」と、述べた。

https://www.yahoo.com/beauty/donald-trump-reportedly-takes-a-hair-growth-drug-172452204.html

1.海外のパネリスト
頭の先から、足のつめまで、胡散臭い野郎だ…

2.海外のパネリスト
リベラルのくずども。もうあきらめろ。これから8年間はトランプの天下だ。

3.海外のパネリスト
左翼メディアのクソ記事にはイライラさせられる。

4.海外のパネリスト
この毛生え薬の副作用の一つに、「歴代最悪の大統領になってしまう。」というものがあります。あ、でも心配はいりません。確立は45人に1人程度ですから…

(*トランプは第45代アメリカ大統領)

5.海外のパネリスト
毛生え薬より、頭をよくする薬を服用すべきじゃね?

6.海外のパネリスト
トランプの髪なんかより、オバマとクリントンが作り出した面倒事のほうが、よっぽど気になる。

7.海外のパネリスト
あ~、こういう変な毛生え薬を使ってるから、副作用で頭がおかしくなってるのか。納得。

8.海外のパネリスト
もうさ、トランプの馬鹿げた言動には飽き飽きだよ。髪の毛?しらねぇえよ!!!

9.海外のパネリスト
で?っていう…

10.海外のパネリスト
この薬の副作用は、ナルシストになること、嘘つきになること、信じられないくらい手が小さくなること、オレンジ色の肌になること、いじめっ子になること、隠さなきゃいけないほど太ること、女性に対して最悪な言動をするようになること等です。このような症状がでたらすぐにかかりつけのお医者様にご相談くださいませ。そのお医者様があなたにパンチを食らわせてくださいます。

11.海外のパネリスト
もっと他に報じることないの?

12.海外のパネリスト
なんか小動物を頭に乗せてるみたいだよねw

13.海外のパネリスト
彼は頭のツノを隠すために、ああいう髪型にしてるのさ。

14.海外のパネリスト
彼と何度も握手したことあるんだけど…手はすげぇ毛むくじゃらだったよ?

このページのトップヘ