海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…(コメント評価システム試験中…)


カテゴリ: トランプさん関連



(*移民に関する演説部分の抜粋)

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.youtube.com/watch?v=H8xHdGSJWLs

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
Youtube
[コメント傾向]
不明
[コメント選出基準]
人気・選択
(*演説全体に対する反応となります。)

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、楽天アフィリエイト様、及び、コメント評価システムに付随する広告のみを掲載しております。この状況においてポップアップ広告(*意図しないリダイレクトも含む)が発生した場合、よろしければ、左上メニューにありますアンケートにて、ご報告いただければ幸いです。

問題が無いようでしたら、新たな広告を少しづつ導入していき、その都度アンケート結果を参照させていただければと、考えております。よろしくお願い致します

//------------------//

1.海外のパネリスト
素晴らしい!感動的な演説だ!!アメリカを再び偉大な国家にしてくれ!!!

2.海外のパネリスト
>>1
すごくわかる…彼は魅力的だ…

3.海外のパネリスト
>>1
演説終わりにタバコを燻らせて欲しかった…

4.海外のパネリスト
グローバリスト大敗北の巻…

5.海外のパネリスト
これまで、歴代の米大統領は国連の場で頭を下げ続けてきた…ようやくまともな大統領が現れたようだ…良い仕事だったよ…

6.海外のパネリスト
トランプ大統領!どうかこの国に蔓延る社会主義者達を追放してください!!彼らはアメリカにおいて恐怖と混乱を招こうとしているのです!!!

7.海外のパネリスト
>>6
”社会主義”とは、強奪と抑圧の精神により構成されている思想である。それがゆえ、平和的社会主義者などは存在し得ないのだ…

8.海外のパネリスト
彼と同じ時代を生きていることを感謝したい…彼がこれから残す偉業は、今後数千年に渡り、語り継がれるだろう…

9.海外のパネリスト
>>8
子々孫々に誇ろうではないか…我々はトランプの時代を生きていたのだと…

10.海外のパネリスト
アメリカ国民の気持ちを代弁してくれてありがとう!愛国者達は、この演説を永遠に忘れないだろう…あなたと、あなたの家族に神の祝福がありますように…

11.海外のパネリスト
物怖じせず、大胆に…なおかつ正直に語っている…大変感銘を受ける演説であった…

12.海外のパネリスト
アメリカの政治家達は、*米国愛国者法みたいな下らない法律を成立させ、ネット上の議論を制限してきた…本来、”自由を敵視するテロリスト”への対策であるはずが、”自国民の自由を制限する”法律に変化してしまっている…今ではテロリスト達への怒りを表現することすら許されない…

(*愛国者法は、テロリストによる2001年9月11日の攻撃に対応するため、特に法執行機関のアメリカ国内における情報の収集に関する規制を緩和し、財務長官が持っている資産の移動、特に外国の個人または存在が関与している場合、に対する規制の権限を強化し、法執行機関と移民を管理する当局がテロ行為に関係があると疑われる人物の拘留または移民を国外に追放するための規制を緩和するものである。愛国者法はまた、国内におけるテロ行為を含めるようテロリズムの定義を拡大し、こうして愛国者法は法執行機関の権限が適用される行為の範囲を大幅に拡大した。By wiki)

13.海外のパネリスト
世界の指導者達は、何事においても、まず自国民を最優先にするべきだ…特にカナダのトルドー首相…トランプの演説をよく聞いておけよ?

14.海外のパネリスト
最近、地震やらハリケーンやらが立て続けに発生し…その上、北朝鮮情勢まで緊張してきた…私達には、どうすることも出来ないことばかり…

15.海外のパネリスト
自由社会はようやく信頼すべきリーダーを見つけた…強きアメリカが帰ってきたのだ!!!

16.海外のパネリスト
歴代最高の米大統領だね♪

17.海外のパネリスト
今まさに歴史が紡がれている感じがする…人生で聞く演説の中で、おそらく最も感慨深いものとなるだろう…

18.海外のパネリスト
>>17
君はもっと色んな人の演説を聴いたほうが良いよ…

 



(*最初に入ってきたメラニア夫人が「立たなくていいですよ…(don't get up)」と、言っている…優しい…)

//------------------------//
Update 2017/10/8 6:50
非難コメントの一部を掲載 コメントでのご指摘ありがとうございます。
//------------------------//

今週日曜日、ラスベガスで発生した銃乱射事件で足を負傷し、現在入院中のThomas Gundersonさん(28)が、病院を訪れたトランプ米大統領を起立して出迎え、全米で話題となっている。彼の行動を称賛する意見が多く寄せらている一方で、彼に対する非難の声も集まっているという。

カルフォルニア州ニューポートビーチ出身のGundersonさんは、トランプ夫妻との面会後、その動画をフェイスブック上に掲載、ネット上で急速に拡散した。彼は次のようなコメントを、動画に添えている。”偉大なるこの国の大統領が、僕と握手をするため、わざわざここまで来てくれたんだ…寝てなんかいられないよ!(~中略~)確かに、この国には課題が山積している。でも、僕は祖国、米大統領、そして、星条旗に対する畏敬の念を、これまで忘れたことはない。足の怪我に関係なく、僕は米大統領に対するふさわしい礼儀を、起立することにより示したかったんだ。”

動画掲載後、Gundersonさんのもとには、多くの称賛や回復を祈るコメントが集まる一方、トランプ大統領を起立して出迎えた行為を、批判する意見も多く寄せられているという。

[非難のコメント]

*起立する力を温存しておいたほうがいい…そうすれば回復することが出来るだろう…トランプによって医療保険制度が撤回される前に…("Should have saved his energy. Hopefully, he's able to heal fast and return home before that 'great president' makes it impossible for nearly everyone to have healthcare,") 

*(国家斉唱を拒み、片膝をついた)NFL選手に対する嫌味?彼らは人種差別への認識を深めてもらおうとしただけよ…

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/las-vegas-survivor-faces-backlash-171850988.html
(*一部海外のニュースサイトにおいては、稀に日本向け広告などで大きな音が発生する場合があります。特にイヤホンを使用されている方は、くれぐれもご注意ください。)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

「意図しないポップアップ広告」についての問い合わせ結果(一部)

*楽天アフィリエイト様
「同様の報告がこれまで確認されていないため、対策に関しては分からない。(注:要約です)」

他のアフィリエイト会社様に関しては、現在、返答待ちの状態です。

//------------------//

1.海外のパネリスト
左翼には恥という概念がないのか?彼は被害者なんだぞ!?

2.海外のパネリスト
起立してくれてありがとう!一日も早い回復を祈ります…

3.海外のパネリスト
大統領を礼儀正しく出迎えた人間が、こんな扱いを受けるとは…酷い国になったものだ。俺はオバマが大嫌いだが…もし、彼と出合うことがあったならば、最大限の敬意を払っただろう…

4.海外のパネリスト
民主党支持者は、”憎しみ”によって構成されている…

5.海外のパネリスト
この若者は正しい行いをした。神の祝福が彼にありますように!馬鹿げた連中の戯言など、気にしなくていい!!

6.海外のパネリスト
他者を慈しむ心を一切持たず、ただ人を憎んで生きている…大統領を罵倒するためならば、ここまでするのか…

7.海外のパネリスト
リベラル達には礼儀作法ってものが理解できないのだろう…2020年、次回の大統領選挙において、トランプを支持する理由がまた一つ増えた。

8.海外のパネリスト
自らが大統領を愚弄するばかりか、それを他者にまで強要するとは…なんてクズな奴らだ…

9.海外のパネリスト
左寄りの人々は理解するべきだよ…彼らは負けたんだ…その結果を受け入れなきゃ…

10.海外のパネリスト
なぜ敬意を示した人間が、ここまで批判されねばならないのか?

11.海外のパネリスト
落ちるとこまで落ちたな…

12.海外のパネリスト
いつから大統領と握手をしただけで、抗議を受ける時代になったのか…

13.海外のパネリスト
この人は何も間違ったことをしていない!下らない粗捜しは止めろ!!

14.海外のパネリスト
他国の指導者(参考)に深々と頭を下げたオバマを熱狂的に支持する一方、自国の大統領と握手した人物は徹底的に叩く…

15.海外のパネリスト
オバマに起立拒否したら、今度は差別主義者だとして、非難しまくるんだろうなぁ…

16.海外のパネリスト
ここまでいくと…もう病気の域だね…

17.海外のパネリスト
苦情を言う奴しかいない…それが今のアメリカ…

18.海外のパネリスト
別にトランプを支持しろとか、票を入れろとか言っているわけじゃない…アメリカ合衆国大統領に敬意を示すことは、当たり前のこと…民主党支持とか、共和党支持とか…そんなの関係ないよ…




先週の水曜日、トランプ米大統領は新たな移民政策を発表した。この法案では、アメリカ在住のアメリカ人または合法在留者が家族を呼び寄せることに対して、大幅な制約を課すことが柱となっている。これにより、今後10年で合法移民の流入総数を半分にまで減少できると目算されている。

トランプ政権によるこの決断は、数十年続いてきたアメリカの移民政策に対する、行政史上最も大きな変更となるだろう。大統領就任以降、イスラム教国家からの入国一時停止処置や、難民受け入れ拒絶など、移民規制を強めようとするトランプ大統領の意向を強く示したものと言える。

発表された移民制度改革の一つとして、”利点重視認可システム(merit-based system )”の導入が検討されている。アメリカ永住を許可する「グリーンカード」を発行する際、申請者の技能スキル、教育水準、言語レベルなどが最重要評価項目として取り扱われることなり、アメリカ国内に在住している家族や親族との関係が、永住権取得に有利であった従来のシステムを大幅に変更するものとなる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.nytimes.com/2017/08/02/us/politics/trump-immigration.html
http://www.breitbart.com/immigration/2017/08/04/cutting-immigration-in-half-would-make-americans-wealthier/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ニューヨーク・タイムズ and 米Breitbart
[コメント傾向]
米ニューヨーク・タイムズ (リベラル)
米Breitbart(保守)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

今回、米リベラルメディア代表であるニューヨーク・タイムズに寄せられた海外コメントと、米保守系メディア代表である米Breitbartの海外コメントを両方掲載しております。比較していただければ幸いです。

//------------------//
//Comments From 米ニューヨーク・タイムズ(リベラル)
//------------------//

1.海外のパネリスト
アメリカ人ノーベル賞受賞者達の中には、移民家庭出身者も非常に多くいる。彼らのような人々によってこの国は支えられ、造られてきたのだ。家族を引き裂くような移民制度改革は、家族単位の移民を受け入れてきたアメリカの伝統を汚すものである。

2.海外のパネリスト
私はリベラル主義の民主党支持者であるが、この法案に関しては支持する。いかなる問題も見つけることが出来ない。民主党支持者の中には文句をいっている人達もいるが、彼らには賛同できない。

3.海外のパネリスト
この国では、高いスキルを必要とする職において、現在、人手不足が深刻化している。だからこそ、多くのスキルを保持した移民を受け入れる必要があるのだ。国境を封鎖するのではなく、多くの外国人を受け入れ、教育を施すべきだ。

4.海外のパネリスト
技能スキル、教育水準、言語レベルだけで人物を評価するのは間違っている。私の家族も移民であるが、最初は英語をまったく話せなかった…だが、テーラーとして一生懸命働き、この国に尽くしてきたのだ…

5.海外のパネリスト
トランプはただ単に白人移民を増やしたいだけ。これは黒人系移民を除外しようとする政策に他ならない。

6.海外のパネリスト
私はこの政策に賛成だ。理由は単純…この国には人が多すぎる。1860年南北戦争時、アメリカの人口は3100万人であったという。しかし、今では3億2500万人にまで膨れ上がった。たった150年でここまできてしまったのだ…移民を制限すべきときが来ていると思う。

7.海外のパネリスト
正直になれよトランプ…あんたは外国人が怖いだけなんだろ?でもな、こんなことしてもアメリカは安全になったりはしない。もっと全ての人々が利益を享受できる政策を作り出すべきなんだよ…あんたには無理かもしれないがな…

8.海外のパネリスト
移民が流入してくれないと農業が衰退してしまう…移民制限が行われているジョージア州では多くの農家で人手不足が進み、収穫が満足にできず、そのまま作物が腐っていく被害が出ている。言っておくが、農業は非スキル職ではない。どの作物を収穫し、どれを残しておくか…それを見極めるためには経験と、高い能力が必要になる。もちろん、長時間労働に耐えうる体力も…アメリカ人にこれができるのか?

9.海外のパネリスト
トランプは移民を利用して自分の人気を上げようとしているだけだ!差別主義者め!!!

10.海外のパネリスト
別に驚くことではない。これと同じ移民制度を、すでにカナダでは数年前から実施している。あのリベラルで有名なカナダにおいて…だ。つまり、この政策を否定することは、リベラル大国カナダを非難することでもある。君達はこのことを肝に銘じておくべきだ。

//------------------//
//Comments From 米Breitbart(保守)
//------------------//

11.海外のパネリスト
アメリカに神の祝福を!トランプ大統領に神の祝福を!!

12.海外のパネリスト
移民の流入を半分に減らすのも大事だけど、それ以上に、今この国にいる不法移民を追放することも重要。そのためにトランプを支持してきたんだ…

13.海外のパネリスト
半分と言わず、前面的に停止したら良い…すくなくともトランプが大統領である(できれば)2024年までは…

14.海外のパネリスト
>>13
90%は削減して欲しいよね…とにかく、この法案に反対する共和党議員がいたら、次の選挙では絶対票を入れないから!!!

15.海外のパネリスト
>>14
100%でいいんだよ。この国に移民は必要ないし、我々には受け入れ義務もない。

16.海外のパネリスト
これでアメリカ人はより豊かになるだろう。そして、私達の税金が不法移民たちの社会保障費に費やされることもなくなるのだ!

17.海外のパネリスト
>>16
その通りだと思う。アメリカ人の両親が、子供達の医療費すらまともに払えず困っているのに、なんで不法移民たちが医療処置を無料で受けられるのか?我々は我々の子供を最優先に考えるべきなんだよ。

18.海外のパネリスト
この政策によって成し遂げられるであろう犯罪率の減少だけでも、すさまじい経済効果となるはずだ…

19.海外のパネリスト
アメリカの仕事はアメリカ人のもの。

20.海外のパネリスト
とりあえず移民に対する社会保障費の減額と、無料の住宅供給を停止しよう。不法移民にもこれらの資格が与えられているとか…信じられないよ…

 




アメリカにおける先月の雇用統計が発表され、6月に引き続き、7月も好調であることが判明した。非農業部門雇用者は20万9000人増を記録し、それに合わせて、失業率も4.3%まで下落したことが確認されている。

今回発表された数値は、事前に市場が予想していた18万人の非農業部門雇用者増を上回るものである。

飲食業や事務職、医療関係などで特に雇用が創出されている一方、トランプ政権が力を入れている採掘業、製造業の二業種については、変化が見られていない。

*なお、トランプさんも大喜びの様子…

(意訳:素晴らしい雇用統計が発表された!だが、これはまだ始まりにすぎない。多くの規制改革が引き続き行われる。アメリカに更なる勢いを!)

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/economics/2017/08/04/july-jobs-creation/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
もしこれがオバマ政権時なら、キリスト再臨の如く報道されていたことだろう…

2.海外のパネリスト
>>1
アンチ・トランプ達よ…君達にこの言葉を送る…”嘘つきは数字を語るが、数字は嘘をつかない。(Liars can figure but figures don't lie)”

3.海外のパネリスト
大統領選挙戦中のトランプ語録:”私達は勝利し続ける…そして皆さんは私にこう言うだろう…大統領、私達はあまりにも勝ちすぎました!…と…”

4.海外のパネリスト
こうして民主党支持者が少しずつトランプのファンになっていく…上げ潮は全ての船を浜へと押し戻すのだ…

5.海外のパネリスト
昨日、トランプの演説を聴きに言ったよ!彼はこんな感じのことを言ってた。”雇用統計の数値には満足している…だが、まだ救うことの出来ていない数百万人(*失業者)のことを、私は忘れていない。それらの人々のために、これからも努力していく!”

6.海外のパネリスト
>>5
本当に愛すべき大統領だわ…私の夫も彼の演説を聴いてすごく感動していた…本当に素晴らしい人…

7.海外のパネリスト
オバマ時代には公表された雇用統計をあれだけ疑っていたくせに、自分の時は信じるのか?

8.海外のパネリスト
>>7
もちろん、信じるさ。オバマ時代に腐敗した労使局を、トランプが徹底的に浄化したのだから…

9.海外のパネリスト
トランプ経済はすでに軌道に乗りつつある!一般のアメリカ人ならそのことを知っているはずだ。メディアは嘘ばかりつく!!

10.海外のパネリスト
俺達(*トランプ支持者)は相変わらず勝利し続けてるな…でもまだだ…まだ勝利することを止めるわけにはいかない!

11.海外のパネリスト
2014.7 - 209,000 雇用増
2015.7 - 215,000 雇用増
2016.7 - 250,000 雇用増
2017.7 - 209,000 雇用増

別に大したことじゃないだろ?

12.海外のパネリスト
>>11
オバマ政権時、GDPが3%を達成することは一度もなかった。だが、トランプが大統領になり、数々の規制改革を推し進めた結果、GDPは3%に限りなく近づいている。

(注:最新の報告ではアメリカのGDPは2.6%まで改善したとのことです。参考

13.海外のパネリスト
"アメリカ経済は破綻する!”と、あれだけ煽っていたのに...ほんとメディアってやつぁ...

14.海外のパネリスト
なんかオバマの政策を支持する奴らがちらほらいるけど…じゃあ何でヒラリーはトランプに負けたんだ?彼女はオバマの政策を引き継ぐと言っていたんだぞ?

15.海外のパネリスト
リベラル達の恐れていたことが起きてしまった…トランプ大統領の政策による雇用増である!

16.海外のパネリスト
>>15
オバマは1100万人の雇用を生み出しましたが?

17.海外のパネリスト
>>16
190億ドルの国税を費やしてな…高すぎる買い物だ…

18.海外のパネリスト
トランプ政権にとって良いニュースがあると、途端に荒らす人間が現れる…

19.海外のパネリスト
>>18
そういう連中は無視するのが一番…

 




トランプ米大統領と、オーストラリア首相間での電話会談記録が流出した問題で、”メルケル独首相は難民受け入れを後悔している”と、トランプ大統領が語っていたことが明らかとなった。米ワシントン・ポストが報じている。

リークされた米豪首脳電話会談記録によれば、トランプ大統領はオーストラリアのターンブル首相に、次のように語ったとされる。”今ドイツで起きていることを見てみろ。ヨーロッパ諸国で起きていることを…彼らは愚かにもこれらの災難(難民/移民)を自ら招きいれたんだ…今日私はメルケル首相とも話をしたんだが…信じてくれ…彼女は(移民/難民の受け入れを)後悔していたよ…ドイツはもうめちゃくちゃだ…(“Look at what has happened in Germany. Look at what is happening in these countries. These people are crazy to let this happen. I spoke to Merkel today, and believe me, she wishes she did not do it. Germany is a mess because of what happened.”)”

この会談はトランプ大統領が就任してすぐに行われたものであるが、最終的に、オバマ政権時代に締結された難民受け入れの履行を求めるターンブル首相に対してトランプ大統領が激怒、電話を”ガチャ切り”する事態となっている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.express.co.uk/news/world/836896/president-trump-leaked-phone-call-transcript-germany-migrant-crisis-merkel-australia

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
ツイッター
(https://twitter.com/V_of_Europe/status/893401651037564929)
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Related Article(*当ブログ内記事)
//------------------//


//------------------//

1.海外のパネリスト
トランプみたいな政治家がイギリスにもいてくれたらなぁ…

2.海外のパネリスト
>>1
この国の政治家達は意図的にイスラム教徒を受け入れてるんだ…この国を分断するために…

3.海外のパネリスト
メルケルはグローバリスト達のリーダー。

4.海外のパネリスト
これって本当の話なのかな…仮にメルケルが自身の決断を後悔しているのなら、なぜ未だにそれを継続しようとしているのだろうか…

5.海外のパネリスト
>>4
いや、ドイツは移民の追放や制限を強めてきているよ。

6.海外のパネリスト
ドイツだけじゃない…EU全体がめちゃくちゃだ…

7.海外のパネリスト
移民/難民の弊害を理解しつつ、他のヨーロッパ諸国には彼らの受け入れを求める…メルケルって奴はほんとに…

8.海外のパネリスト
どうせ自身の選挙に不利益な政策だったと後悔しているだけでしょ…こんな人、もう首相にさせちゃ駄目よ…

9.海外のパネリスト
ありえない。あのメルケルがこんなこと言うわけないだろ…確実にフェイクニュースだ。

10.海外のパネリスト
>>9
仮にそう言ったとしても、嘘だよねw

11.海外のパネリスト
いまさら何言ってるんだか…もう遅すぎるよ…この侵略を止めることはできない。メルケルはその責任を取るべきだ。

12.海外のパネリスト
>>11
何事においても、遅すぎることはない…

13.海外のパネリスト
メルケルを追放すべし!

14.海外のパネリスト
難民/移民に金や家を与える必要はない…強制送還あるのみ…ヨーロッパ諸国を見てみろ…

15.海外のパネリスト
政治生命の危険を感じたから、急遽方針転換しようとしているだけでしょ?自分のことしか考えてないんだよ…彼女は…

16.海外のパネリスト
後悔するには遅すぎる…もう元には戻れない…

17.海外のパネリスト
>>16
100万人のムスリムたちは、30年後には1000万人へと増加するだろう…

18.海外のパネリスト
>>16
最近になって、ようやく移民の受け入れを制限しているみたいだけどね…

19.海外のパネリスト
ヨーロッパを救うためにはメルケルが辞任するしかない…

 




(*タイトル&記事アドレスを変更いたしました。ご指摘ありがとうございます。2017/7/22 6:00)

トランプ米大統領はインタビューに答え、先月、G20の夕食会において、日本の安倍総理夫人である”安倍昭恵”さんが、隣に座ったことを明らかにした。”素晴らしい女性(terrific woman)である。”と、安倍夫人を褒め称えながらも、彼女は”英語を話さなかった。(she doesn't speak any English)”とも語った。しかし、会食の様子を捉えた映像では、安倍夫人が流暢に英語を話している様子が映し出されている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/did-japans-first-lady-akie-183231524.html
(転載元:International Business Times)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

いつもは親トランプの意見が多い米ヤフーなんですが、今回は否定的なコメントが多かったです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
大丈夫だよ。トランプも英語しゃべれないからw

2.海外のパネリスト
もし僕がトランプの隣に座ったとしても、同じ対応をするね…

3.海外のパネリスト
>>2
あんたなんかにゃ、一生トランプの隣には座れないさ。

4.海外のパネリスト
彼は身振り手振りが激しいだけで、大した話はしないから…

5.海外のパネリスト
トランプ大統領と会談する人たちって、みんな、あまり嬉しそうじゃないんだよね…

6.海外のパネリスト
彼女を責めないであげて!

7.海外のパネリスト
安倍昭恵さんは、旦那である日本の総理から”家庭内野党”と称されるくらいだからね…夫の意見と対立することもあるんだろう…変な誤解を招かないためにも、あえて話しかけなかったんじゃないかな…

8.海外のパネリスト
夕食会の間、トランプの話を笑顔で聞くことは、さぞかし、つらいことだっただろう…かわいそうに…

9.海外のパネリスト
あんな吐き気がする顔をずっと見ていなきゃいけなかったのか…昭恵さんには同情するよ…

10.海外のパネリスト
トランプにセクハラされることを警戒してたんじゃないかな…

11.海外のパネリスト
新しい首脳夫人のあり方だね!他の人たちとは一味違う!!

12.海外のパネリスト
アメリカ人も、トランプのしゃべっている言語が理解できない。

13.海外のパネリスト
きっとトランプが下品なことでも口走ったのだろう…

14.海外のパネリスト
世界のリーダーやその配偶者たちは、トランプを嫌っている。彼は大統領の身分に値しない人物だ。

15.海外のパネリスト
彼女は英語をしゃべれるよ。だが、トランプ語はしゃべれなかったようだ…

16.海外のパネリスト
トランプの隣に座らせただって!?なんてことを…だれか!彼女に精神的なケアを!!

17.海外のパネリスト
多分、イギリス、カナダ、オーストラリアのVIP達も、同じことをトランプにしてやりたかったと思うよ…

18.海外のパネリスト
彼女はただ、良き日本人であろうとしただけ。あまりべらべらとしゃべらず、黙って相手の話すことを笑顔で聞く。それこそが嫌な相手と上手く付き合っていく方法であることを、彼女は知っていたんだろう。

 




ヨーロッパ外遊中のトランプ大統領は、最初の訪問国となるポーランドにおいて、熱狂的な歓迎を受けた。ポーランドの首都ワルシャワで行われたトランプ大統領の公開演説には、数千人のポーランド国民が参加したとされる。

ポーランドの現政権与党は、2015年以降、反移民・反グローバリズムの姿勢を鮮明にしており、その支持者の中には、トランプ大統領の主張する内容に、共感を覚える人々が多くいるようだ。

集まった数千人の観衆を前に、トランプ大統領は難民の割り当てを巡り、EUと確執が深まっているポーランドへの支持を、暗に示した。

”我々は共通の価値観を保有し、共存して生きることを望む人々であれば、いつでも歓迎する。しかし、テロリストや過激派に対しては、常に、国境を閉じていなければならない。~(中略)~我々が先祖から受け継いだ伝統や文化は、これまで存在したことがないものである。ゆえに、もし私達がこれらを守れなければ、それは、もう二度と復活することはないであろう…だからこそ、我々は失敗するわけにはいかないのだ。”

また、第二次大戦中ナチス・ドイツに抵抗したポーランドの自由闘士達を称え、次のように述べた。

”ポーランドが生み出してきた歴史は、ポーランド人がいかに強く、不屈であり、そして、誇り高き民族であるかを、如実に示している。”

それを聞いていた観衆は、時折トランプ氏の名前や”USA!”などと一斉に叫びながら、アメリカのリーダーに賛辞を送っていた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2017/07/06/pictures-president-trump-receives-rapturous-welcome-in-poland/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
ドイツの駐留アメリカ軍基地を、ポーランド、ハンガリー、そして、チェコ共和国に移設して欲しい…そうすれば、これらの国々を支えることが出来るだろう。

2.海外のパネリスト
オバマの時代、アメリカ以外の国で”USA!”なんて観衆が叫んでくれることは、まず無かった…

3.海外のパネリスト
集まったポーランドの人達が、アメリカ国旗を振ってくれているのを見て、胸が熱くなったよ…

4.海外のパネリスト
>>3
イギリスではこうはいかないだろうな…国から補助金を受け取っている反トランプの連中が、道端で、大勢たむろしているからね…

5.海外のパネリスト
>>4
この前ロンドンを訪れたばかりなんだけど、仕事もせずに街中をうろついているムスリム達の多さに愕然とした…

6.海外のパネリスト
>>5
僕も去年イギリスにいたから良くわかる。でも、一般のイギリス人って、意外にも、今イギリスで起きていることをよく理解していないみたいなんだ。試しに、友人のイギリス人に、”*マーブル・アーチ”周辺が中東出身者によって占拠されていることについて尋ねてみたら、”知らなかった!私達はあまりロンドンには行かないね~”って言われたよ…

(*ロンドンのハイド・パークの角にある大理石の門。シリア難民危機以前より、中東出身の移民たちなどが集まる場所であったようだ。参考)

7.海外のパネリスト
>>5
私の知り合いも何人かが、昨年の夏、ロンドンに遊びに行ったんだけど…ムスリムと移民しかいないって言ってたw地元民は追い出されちゃったみたいだね…

8.海外のパネリスト
>>4~>>7
ねぇ…イギリスって…大丈夫なの…?

9.海外のパネリスト
>>8
駄目w

10.海外のパネリスト
>>5
ロンドンの市長がムスリムですもの…

11.海外のパネリスト
ポーランドの人々は、共産主義やリベラリズムが役に立たないって、身に染みて分かっているからね…

12.海外のパネリスト
>>11
いや、共産主義は役に立つよ!…反対する人間をすべて粛清することができたらねw

13.海外のパネリスト
>>11
ポーランドには国民皆保険制度があるんだぞ?

14.海外のパネリスト
>>13
だから何?共産主義とはまったく関係ないでしょ?

15.海外のパネリスト
ポーランドをヨーロッパ外遊最初の訪問国に選んだことは、素晴らしい決断であった!大切な友であるポーランドには、それだけの価値がある!

16.海外のパネリスト
仮にトランプ大統領がイギリスを訪れても、ポーランドのような暖かい歓迎を受けることはないであろう…それどころか、罵声を浴びせるような連中もいるかもしれない…イギリス人の一人として恥ずかしく思う。トランプ大統領に礼儀を尽くしてくれてありがとう…第二次世界大戦中、ポーランドのパイロット達が、ドイツ軍の爆撃機からロンドンを死守してくれたことも、決して忘れないよ…

17.海外のパネリスト
>>16
イギリスの人達は、そろそろアメリカとの関係が終焉に近づいていることを悟るべきだ…トランプが未だにイギリスへと公式訪問を行っていないことも、そのことを顕著に示している…ムスリムの侵略を甘んじて受ける国家に対して、我々は手を差し伸べるつもりはない。

18.海外のパネリスト
>>17
彼らはBrexitを選んだ。(一般のイギリス人は)一生懸命(反米&親難民の)支配層と戦おうとしているんだ。

19.海外のパネリスト
>>17
君の説教はいらない。私達イギリス人は、自分たちが置かれている状況をちゃんと把握している。アメリカの助けも必要としない。(難民を押し付ける)EUと戦い、(難民を受け入れようとする)国内の裏切り者たちとも戦っていく。トランプとその支持者達のようにね…

20.海外のパネリスト
メディアは、トランプがポーランドで歓迎されている様子を伝えないだろう…

21.海外のパネリスト
>>20
いや、結構取り上げられてるよw

http://www.bbc.com/news/world-europe-40515329
http://www.telegraph.co.uk/news/2017/07/06/donald-trump-meets-polish-president-warsaw-ahead-g20-summit/
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4668724/Trump-hero-s-welcome-Warsaw.html
http://www.scotsman.com/news/world/donald-trump-opens-european-visit-in-poland-1-4496373
https://www.forbes.com/sites/danielrunde/2017/07/05/president-trump-visit-poland-us-ally-foreign-assistance-graduate/#433b9aa62c08

22.海外のパネリスト
>>21
アメリカのメディアは?ABCとか、CBSとか、NBCは?!

23.海外のパネリスト
>>22
ごめん、俺、アメリカのメディアは見ないようにしてるから…

 




ポーランド・ワルシャワを訪れているトランプ大統領が、ポーランドのファーストレディであるAgata Kornhauser-Duda夫人に、握手を拒否されたように見える動画が話題を呼んでいる。

式典に出席したトランプ大統領夫妻は、それを迎え入れたポーランド大統領夫妻と共に、ステージ上に登場した。その際、ポーランド大統領との握手を終えたトランプ大統領が、Agata夫人に手を差し伸べたところ、彼女はそれを無視して、メラニア夫人へと歩み寄ったのである。

しかしその後、無事Agata夫人とも握手ができた模様。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/polish-first-lady-agata-kornhauser-161910386.html
(転載元:Time Magazine Videos)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Related Article
//------------------//


//------------------//

1.海外のパネリスト
別に握手を拒否したわけじゃないでしょ。ただのレディーファーストだよ。何も間違ったことはしていないし、トランプ大統領を無視したわけでもない。私はヨーロッパ人だから、ヨーロッパの風習はある程度知ってる。

2.海外のパネリスト
もはやメディアは公にトランプを馬鹿にし始めてるな…偏向報道お構いなしって感じだね…

3.海外のパネリスト
”大統領、握手を拒否される”って記事のタイトル…嘘じゃん…握手してるし…

(*翻訳元の記事タイトルは「ポーランドのファーストレディーが、トランプ大統領との握手を拒否した場面をご覧あれ!」でした。)

4.海外のパネリスト
典型的なフェイクニュースだね。メラニア夫人の後に、ちゃんとトランプ大統領とも握手してるじゃないか…馬鹿なニュースメディアめ…いつも何かしらをでっち上げようと企んでいる…ヒラリーはもう負けたんだ!諦めろ!!!

5.海外のパネリスト
メディアがこぞって国家の代表を貶めようとする最近の風潮…ほんとに情けないね…政治的な信条は別にしても、こんなの無意味だし、品がないよ…

6.海外のパネリスト
大手のマスコミって、本当に哀れだ…

7.海外のパネリスト
動画を良く見たら分かるけど、彼女は最初からメラニア夫人を見ている。だから、別にトランプを無視したり、握手を拒否したわけじゃないよ。

8.海外のパネリスト
信じられないほど、馬鹿げた報道だね。メディアに関わる人間が、いかに愚かな人々であるか、そして、いかに反アメリカ的であるかを良く示している…

9.海外のパネリスト
トランプが、自分の旦那(ポーランド大統領)と握手をしながら少し話をしていたから、メラニア夫人と先に握手をしようと思っただけじゃない?

10.海外のパネリスト
マスコミは、こういうことばかり報じているから、信用されなくなるんだよ…

11.海外のパネリスト
リベラルメディアによる狂った報道、再び…

12.海外のパネリスト
こんなの言いがかりもいいところ…なんでもいいからトランプを叩きたいんだな…

13.海外のパネリスト
大統領に恥をかかせようと、メディアが必死になっている…無様だねぇ…僕は別にトランプのファンじゃないけど、こんなのゴミみたいなもんだよ。むしろ、トランプ支持者の結束を強めるだけじゃない?

14.海外のパネリスト
正式なエチケットでは、男性達はまず男性と、そして、女性達はまず女性と、握手をすることが求められる。最近の西洋文明では、こういった礼儀が忘れられがちだけどね…

15.海外のパネリスト
>>14
この記事を書いた連中は、中学生レベルの知能だから、正式なエチケットなんて最初っから知らないんだよw

16.海外のパネリスト
*クリックバイト(click bait)記事ですね…

(*あえて過激なタイトルを付ける事により、より多くのクリックを得ようとする記事・ブログタイトルのことを示す。)

17.海外のパネリスト
これってわざわざ取り上げるほどの事なの?

18.海外のパネリスト
さすが!大統領選挙当日、頑なにヒラリー当選を予想していたメディアの報道は、一味違うね!w

 




トランプ米大統領vs大手米メディアCNNの戦いが、多方面でヒートアップしている。

事の発端は、先月、米上院諜報特別委員会が、トランプ大統領と関係が噂されているロシアの投資会社に対して、調査を始めたとする記事が、CNNのニュースウェブサイト上に掲載されたことだ。

この情報が公開されてからほどなくして、米保守系メディアBreitbartなどが報道の信憑性を疑問視する記事を掲載(参考)。様々な追求を受けた結果、CNNは該当記事が同社の編集基準に達していなかったことを認め、記事を削除する事態となった。また、記事の作成に関わったCNNのジャーナリスト3人が辞任に追い込まれている。

日頃、CNNに叩かれ続けているトランプ大統領は、一連の騒動について、即座にツイッターで言及。CNNのみならず、他のリベラル系メディアの報道姿勢をも痛烈に非難した。

(意訳:(辞任した3人は)CNNのフェイク(偽)ニュース病に罹ってしまったのだろう…しかし、NBC、CBS、それから、ABCはどうだ?最近業績の悪いニューヨークタイムズやワシントンポストは?彼らも皆、フェイクニュースの病原体ではないか!?)

だが、事態はこれで収まらなかった…

米掲示板Redditに投稿されたあるパロディー動画を、トランプ大統領が自身のツイッターで紹介したことが、新たな波紋を呼ぶ。

その動画では、トランプ大統領が”CNNを模した人物”を殴りつける場面がパロディーとして編集されており、それまで防戦を強いられてきたCNNを初めとするリベラルメディアは、この動画を共有したトランプ大統領を、”ジャーナリズムに対する暴力を容認する大統領”として大々的なバッシング・キャンペーンを始める。

さらに、CNNは、この動画をRedditに投稿した人物を特定、かつ、そのユーザー名を自社のニュースウェブサイト上に掲載した。その際、過去の投稿内容などを引用しながら、この人物が*差別主義者・反ユダヤ主義者”であると紹介。その後、この投稿者は謝罪に追い込まれ、現在はRedditのアカウントも削除している。しかし、この行動について、CNNにはネット上から批判が殺到している。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.youtube.com/watch?v=85Eu1heYpuc
https://uk.news.yahoo.com/cnn-accused-blackmailing-reddit-user-101821804.html
https://www.washingtonpost.com/blogs/erik-wemple/wp/2017/06/26/three-cnn-employees-resign-over-retracted-story-on-russia-ties/?utm_term=.ecb1fd3427da
https://www.theguardian.com/us-news/2017/jul/02/trump-body-slam-cnn-tweet-violence-reporters-wrestlemania
https://www.washingtonpost.com/news/post-politics/wp/2017/07/02/trump-appears-to-promote-violence-against-cnn-with-tweet/?utm_term=.10b067ab10d7
http://money.cnn.com/2017/07/02/media/cnn-trump-wwe-tweet/index.html
http://www.telegraph.co.uk/news/2017/07/02/donald-trump-tweets-video-body-slamming-punching-cnn/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
英ヤフー
(https://uk.news.yahoo.com/cnn-accused-blackmailing-reddit-user-101821804.html)
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
CNNなんてお笑いもんでしょ?彼らは報道社なんて大層なものじゃないよ。ただリベラル共に支配されている政治集団さ。

2.海外のパネリスト
前回の大統領選挙で分かったことがある…それはCNNが極端に偏った報道を行う組織であるということだ。彼らはもはや信頼を失っている…だが、こんな醜態を晒すとは…恥を知れ!

3.海外のパネリスト
Redditにこの動画を投稿した人は、謝る必要なんかないよ!彼は自分の意見を率直に表現しただけ。もし動画の主人公がオバマで、殴られる側がFOXニュースだったら、今頃CNNから大絶賛を受けた上に、インタビューの依頼が舞い込んでいたことだろう…

4.海外のパネリスト
CNN=フェイクニュース。ホワイトハウスの記者会見場から追い出せ!

5.海外のパネリスト
簡単なことさ…CNNのスポンサーになっている会社の商品やサービスを利用しなければいいんだ。スポンサーに対して直接訴えかけよう!そうすれば全ては解決できる。

6.海外のパネリスト
これではっきりしたね…この”オバマ&ヒラリー大好きメディア(CNN)”は、結局、民主党の広報部門にすぎなかったのさ…おまけに、今じゃ一般市民を、晒し上げるようなことまでするようになった…

7.海外のパネリスト
リベラルメディアってネットから叩かれる度に、”~が、右翼(保守)からの非難を浴びている!”っていう表現をよく使っているけど…”~が、左翼(リベラル)からの非難を浴びている!”とは言わないよね…なんでなの?

8.海外のパネリスト
>>7
彼らもその仲間だからだよ…

9.海外のパネリスト
一般人をここまで晒し上げておいて、炎上せずに済むと思ったのか?

10.海外のパネリスト
キャシー・グリフィンが”トランプの頭部模型”を持ち上げた写真を公開した時、彼らはそれを”芸術”であると擁護した…ならば、なぜただのプロレス動画が”暴力”と非難されねばならないのか?

11.海外のパネリスト
>>10
それこそ左翼のロジックなんだよ。彼らが行うことはすべて善であり、対抗者の行うことは全て、彼らの”犠牲者ゲーム”に利用されるんだ…

12.海外のパネリスト
これはCNNによる脅迫と検閲というテロ行為である!我々は彼らを事実上の国内テロ組織と認定すべきではないだろうか!?

13.海外のパネリスト
NBCのサタデーナイトライブなんか、こんな動画よりもはるかにひどいコントをやってる…それをリベラル達は喜んで見ているくせに…これの何が問題なんだ!?

(*アメリカNBCで生放送されている、深夜90分の公開コメディバラエティ番組である。トランプさんを風刺にしたコントを、多数発表している。)

14.海外のパネリスト
最近のリベラルメディアはもう統制がとれてないね…彼らが発信するクズみたいな報道を信じない人達は、彼らにとってみんな敵なのさ。たまには大統領批判をやめて、まともなニュースでも流してみたらどうだ?

15.海外のパネリスト
CNNがクソったれニュース会社であることの、新たなる証明である…

16.海外のパネリスト
”ジャーナリズムに対する暴力”だって!?CNNにジャーナリストなんていないだろ?

17.海外のパネリスト
>>16
いないね。まったく。雇われ扇動家しかいない。

18.海外のパネリスト
このまえCNNを見てみた…99%がトランプ批判に費やされていたよ…

19.海外のパネリスト
CNNは終わった…
 




トランプ米大統領と、イスラム教徒として始めてロンドン市長に就任したサディク・カーン氏の間において、激しい口論が続いている。事の発端は、カーン市長が発表した声明の内容に、トランプ大統領がツイッター上で、噛み付いたことから始まった。

数日前、先日起きたロンドン橋のテロを念頭に、カーン市長は次のようなコメントを発表した。

”ロンドン住人の皆さんは、今後数日間、警察官の姿を頻繁に、見かけることになると思います。でも、警戒することはありません。(no reason to be alarmed)警察は、皆さんの安全を、できるかぎり守ろうとしているだけです。”

この呼びかけに対して、トランプ大統領はツイッター上で、次のように批判を行った。

”少なくとも7名が死亡し、48名が怪我をしたというのに、(テロが起きた)ロンドンの市長は、”警戒することはない。”と、ほざいている!”

この米大統領からの口撃に対し、カーン市長の広報官は即座にコメントを発表。

”市長は、トランプ大統領の的外れな批判に対応する時間などありません。それよりも、すべきことが沢山あるのです。”

と、述べた。

しかし、この対応がさらにトランプ大統領の追撃を招くことになる。

”自分への批判には素早く対応する、このロンドン市長は、(テロ対応に関する)馬鹿げた言い訳を吹聴し、それを、大手メディアが(真実として)報道している!”

と、ツイッター上で、さらなる批判を行ったのである。

(注釈:これは恐らく、カーン市長が、保守党によって行われた警察の人員削減を、テロの(間接的な)原因であると、主張したことに対する反応であるに思われます。トランプ大統領からすると、与党の政策を批判をすることで、”難民流入とテロ”の関係を、曖昧にしようとする、カーン市長の言動に、懸念を深めたのかもしれません。参考

トランプ大統領からの度重なる攻撃を受け、カーン氏自身もついにコメントを発表。”(我々の価値観に反する)トランプ大統領を、イギリスに招くべきではない。”と、嫌悪感を表した。

https://www.yahoo.com/news/trump-attacks-london-mayors-words-deride-terror-attack-142423373.html
https://uk.news.yahoo.com/donald-trump-launches-another-attack-london-mayor-sadiq-khan-london-terror-attack-140528709.html
https://www.yahoo.com/news/london-mayor-khan-put-away-red-carpet-trump-gets-150729372.html

/------------------/
メディア(転載元):米・ヤフー( )
コメント傾向:
コメント選出基準:人気
/------------------/
1.海外のパネリスト
なんでトランプが叩かれているの?トランプのせいでテロが起きたわけじゃないだろ?

2.海外のパネリスト
この市長は、その立場を利用した、果たすべき役割を担っている…第1には、ムスリムによる世界進出の補助。第2には、地方政府への潜入。そして、第3には、その力を利用した様々な利益供与…ムスリムの増加が、この事態を招いたのだ。

3.海外のパネリスト
勘違いしてはいけない。彼もまたテロリスト達と同じ宗教を持っているのだ…所詮は羊の皮を被っているに過ぎない…

4.海外のパネリスト
三ヶ月に三回のテロ事件…そして、未遂に終わった多数のテロの計画…警戒しないほうがおかしいでしょ?むしろ、もっと強い表現でもいいくらいだ。

5.海外のパネリスト
カーン市長こそ、すべての混乱における原因なのさ…

6.海外のパネリスト
俺はこの男(市長)を信用できない。あのテロが発生した後に、”地球温暖化こそ、最大の脅威だ”とほざいたんだ。まるで、ナイフを振り回すイスラム教徒は、脅威ではないと言うかのごとくに…

7.海外のパネリスト
結局、この記事ってトランプを批判したいだけでしょ?

8.海外のパネリスト
>>7
マスゴミ(lamestream media)ってのは、そういうものさ。トランプのやることには、なんでも反対なんだよ。

9.海外のパネリスト
7名が死亡し、多くの負傷者を出した事件を、トランプ批判のために利用する愚かなメディア…

10.海外のパネリスト
この市長は、ロンドンが直面している脅威(*多分イスラム化)を認識しながら、あえて、見てみぬ振りをしている。それによって、彼の民(ロンドン市民)が傷ついているにも関わらず…

11.海外のパネリスト
>>10
彼は自分が何をしているのか、はっきりと理解しているよ。だって、彼もテロリストのお仲間だからね…ロンドンスタン(*ロンドンのイスラム風名称)は、そのうちムスリムで満ち溢れるようになる…

12.海外のパネリスト
>>10
彼の民(ロンドン市民)が傷ついているだって!?なにいってるんだ…彼の民(イスラム教徒)こそが、テロを起こしているんだよ!!!

13.海外のパネリスト
カーン市長にとって、最も大切なことは、トランプを批判すること。自分の同胞であるイスラム教徒によって、いくら無実の人々を殺されようが、関係ないのさ。

14.海外のパネリスト
>>13
トランプは、以前からこのこと(テロの急増)を、警告していた。それでも、左翼の連中は、未だにトランプを攻撃している…いつになったら彼らは悟るのか?

15.海外のパネリスト
ロンドンでテロが頻発しているのは、そこに住んでいる人々が愚かにも、テロリストを支援する人物(カーン氏)を、市長に選出したからだ…

16.海外のパネリスト
>>15
ムスリムによる侵略がこれほどひどくなる前に、ヨーロッパへ旅行にいけてよかった…もう二度と行くことはないだろうけど…多様性がヨーロッパ諸国のイスラム化を招いているのだ…

17.海外のパネリスト
民主党支持者よ!よく聞け!!民主党に投票するということは、不法移民やイスラム教徒を、アメリカに受け入れるということなんだぞ!!!共和党は、彼らを追い出してくれるだろう!

18.海外のパネリスト
>>17
共和党に投票することは、貧困と、絶望と、発展途上国への降格を意味する。

19.海外のパネリスト
ロンドンは今、事実上イスラム教徒の(イギリスにおける)本拠地になっている。まともな人間なら生きていけない。

20.海外のパネリスト
彼(ロンドン市長)は、まるでオバマのようだね…

 
[*ブログランキング参加中*]
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ 

このページのトップヘ