海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…


カテゴリ: トランプさん関連




トランプ米大統領に関連するスキャンダルが後を絶たない。先日に報道された、ロシア政府関係者への機密情報共有疑惑に続き、今度は、自身の側近に対する捜査へ、介入した疑いが浮上している。

米メディア:ニューヨーク・タイムズによると、トランプ大統領は、当時FBI長官を務めていたジェームズ・コミー氏(*後にトランプ氏により解任される。)に対して、大統領戦中に、ロシアと接触を図った疑惑が持たれていた、側近マイケル・フィン氏への捜査を、打ち切るよう要請したと、報じている。

この報道が、ニューヨーク・タイムズのウェブサイトに掲載された後、ホワイトハウスは、即座に声明を発表。記事内容を全否定している。

今回の騒動は、コミー氏によって作成された、トランプ大統領との会話メモが、メディアへ流出したことにより、発生した。コミー氏が、二月に行われたトランプ大統領との会話内容を、メモに書きとめ、それを、FBI関係者など、親しい知人と共有した。そして、その中の一人が、その内容について、ニューヨーク・タイムズへ情報提供したのだという。

以下、ニューヨーク・タイムズが報じた、トランプ大統領とコミー氏の会話内容。

トランプ大統領「この案件を放棄して欲しい、つまり、フィンに手を出さないで欲しいんだ。彼は良い奴だからね…君もわかってくれるだろ?」

コミー氏のメモによれば、トランプ大統領は、フィン氏は無実であると強調していたとされる。

コミー氏は、捜査の取り下げに関しては、何も反応せず、ただ「彼がいい人であることには、同意します。」とだけ答えた。

この会話が行われてから、三ヵ月後となる今年5月に、コミー氏はFBI長官を、トランプ大統領により、解任されている。

https://www.yahoo.com/news/report-trump-asked-comey-end-flynn-investigation-221236730.html

/------------------/
メディア:米・ヤフー(ヤフー・オリジナル記事)
コメント傾向:若干保守
コメント選出基準:人気・選択
/------------------/
1.海外のパネリスト
この馬鹿が日々作り出すカオス的な状況に、辟易としてしまっているのは、私だけか?

2.海外のパネリスト
>>1
むしろ、私は楽しんでる。

3.海外のパネリスト
>>1
彼が、大統領候補になってからずっと辟易してるよ…

4.海外のパネリスト
>>1
カオス的な状況よりも、実際に彼が行った行為に戦慄を感じる…トランプは私達全てにとって、危険な男だ。

5.海外のパネリスト
>>1
トランプがカオスを作っているのではない。リベラル・メディアが作っているのだ。

6.海外のパネリスト
>>1
メディアの不正直さに、辟易してるよ。

7.海外のパネリスト
この大統領は、自分が法律よりも偉いと思い込んでいるんだ。FBI長官に捜査の取り消しを迫ったり、ロシアに機密情報を渡したり…まだ就任して三ヶ月しか経ってないのに…

8.海外のパネリスト
偽善者で、かつ根性無しの共和党議員たちは、未だにこれらの件に関して、独自調査を行う姿勢を見せていない…ヒラリーの時は、あれだけしつこく要求を出していたくせに…トランプがしたことのほうがはるかにひどい…

9.海外のパネリスト
もう誰を信じればいいのか…コミーか…それとも、トランプか…すくなくとも…誰かが嘘をついている…そして、私の知る限り、コミーは正直者で有名だ…ということは…

10.海外のパネリスト
コミーが、知っていることをすべて公開すれば…きっと、面白いことになるぞ!!!

11.海外のパネリスト
共和党は、これでも自分達のことを”愛国党”だと、主張するのか!?お前らは、このアホを大統領に推薦したんだぞ!!!

12.海外のパネリスト
コミーさんは、議会でこの件に関し、証言をするべきだよ…メモを持参してね…

13.海外のパネリスト
そりゃ、捜査の取り消しを要求するさ…だって、トランプだよ?

14.海外のパネリスト
トランプサポーターにとっては、つらい日々だろうなw

15.海外のパネリスト
>>14
あいつらは、それでもトランプ支持をやめないだろう…

16.海外のパネリスト
これで物事がはっきりしてきた…つまり、トランプの意に沿わない人物は、解雇されるってことよ。

17.海外のパネリスト
トランプをサポートする人々。よく聞いて欲しい。もはや、ヒラリーが負けたことや、オバマが去ったことなど、どうでもいいんだ。重要なのは、私達の新しいリーダーが、日々、何をしているのかということなんだよ。いくら君たちが馬鹿でも、事実は変わらない。この子供のような振る舞いしかできない、低いIQの持ち主は、アメリカ国民に対して、嘘をついている。この国の労働者階級のために働く、なんてのはまったくのデタラメだ!彼が行った唯一の善行と言えば、中国主導で進められている”地球温暖化対策”に、反発したことくらいだろう…

18.海外のパネリスト
トランプ・ゲート事件ですな…(*ウォーターデート事件をまねてる。)

19.海外のパネリスト
もし今、トランプ弾劾へ議員たちが動かないのであれば、2018年の選挙において、彼らはそれなりの報いを受ける。

20.海外のパネリスト
トランプは逮捕されるべきだ…今すぐに!
 
[*ブログランキング参加中*]
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ 




月曜、米メディア・ワシントンポストが、ロシア外相、および、在米ロシア大使との会談において、トランプ大統領が、ISISに関する米国の機密情報を、彼らに伝えていたことを報じた。

この報道は、野党である米民主党、および、身内の共和党議員にも、大きな動揺を与える結果となっている。

トランプ大統領は記事内容を認めつつ、自身のツイッター上で次のように弁明を行った。

”大統領として、(ホワイトハウスで行われた公式の会談において…)ロシア政府関係者と、機密情報の共有を行う決断をした私の選択は、”完全に正しい”ことであった。それらは、テロリズムや、航空運営の安全に関わることだからである。”

”人道的な配慮に加え、ロシアが、ISISを含めたテロリズムとの戦いに対し、より一層貢献を深めてもらうための配慮でもあった。”

https://www.yahoo.com/gma/capitol-hill-reacts-report-trump-shared-classified-intelligence-025405521--abc-news-topstories.html
http://www.independent.co.uk/news/world/americas/us-politics/donald-trump-russia-lavrov-meeting-classified-intelligence-leak-laptops-absolute-right-humanitarian-a7738386.html

/------------------/
メディア(転載元):米・ヤフー(Good Morning America)、及び、英・Independent
コメント選出基準:人気・選択
訳者コメント:これまでにも、トランプさんと、ロシアとの関係が、色々と噂されている中での報道だったため、かなり大きな話題となっているようです。
/------------------/

1.海外のパネリスト
ヒラリーが、国家機密情報を、自身の私的メールサーバーに保存していたことを、責め立てていた連中は、今回の件に関して、なんて言うんだろうねw

2.海外のパネリスト
我々の国家は今、史上稀にみるほど、無能で、不正にまみれた政府によって、運営されているのだ…

3.海外のパネリスト
あまりにもひどすぎる…吐き気がするね…これは、大統領という仕事への冒涜でしかない。

4.海外のパネリスト
トランプは、アメリカ人が大切にしてきた価値観を、すべてぶち壊している。

5.海外のパネリスト
共和党の連中はきっと何もしない。数人が非難のコメントを出しているけど、いつものように、また何も言わなくなる…トランプの支持率がここまで低いのに、なぜそこまで彼を恐れるのか?

6.海外のパネリスト
ここまで彼が、ロシアを愛する理由は何?ウィキリークスよ!仕事をしたまえ!!!

7.海外のパネリスト
毎日のように、トランプは、アメリカ人に恥をかかせている。

8.海外のパネリスト
なるほど…だから、FBIの長官が解雇されたのね…

9.海外のパネリスト
トランプってのはほんとに馬鹿だね。ひどすぎる。

10.海外のパネリスト
2018年に行われる選挙が、私達に残された唯一の希望…民主主義を救うチャンスは、まだ残されている…

11.海外のパネリスト
トランプって、実はロシア人なんでしょ?

12.海外のパネリスト
この世で一番愚かな人物…それがトランプだ。なぜ彼が大統領候補になれたのか、本当に疑問…もっとマシなのいたでしょ?

13.海外のパネリスト
驚くことじゃない…彼はロシアのために大統領になったんだ。再びロシアを偉大に!

14.海外のパネリスト
こんな状態になってまで、未だ彼を支持する人たちって…知性が低いのか…モラルが低いのか…

15.海外のパネリスト
彼はただ単に、自分がいかに偉大な(重要な)人物であるかを、証明するため、機密情報を口走っちゃったんだよ。そういう人いるでしょ?

16.海外のパネリスト
私達は、裏切り者を大統領に選出してしまった…

17.海外のパネリスト
今すぐ弾劾手続きを!!!

18.海外のパネリスト
なんか、この報道にビックリしている人達がいて、こっちがビックリなんだけど…。こんなの、容易に想像できたことでしょ?彼らはとっても、"仲良し"なんだから…

19.海外のパネリスト
アメリカ、絶賛売出し中!大きな土地に、豊かな資源!!世界三位の人口が、いかなる独裁者様も歓迎いたします!!!なお、我が政権が、あなた様の代わりなり、彼らの世話をいたしますので、万事ご安心くださいませ!!!!!ご要望の方は、ぜひドナルド・トランプまで、ご連絡を!!!!!!!!!
 
[*ブログランキング参加中*]
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ 




ホワイトハウスの声明により、FBI長官James Comey氏が、解任されたことがわかった。同声明によれば、側近の助言に従い、トランプ大統領によって、長官の解任が決定されたという。

Comey氏は、出張先であるロスにて、正式な解任通知を、電話越しに聞かされたのだという。FBI関係者によれば、彼が、最初に自分の解任を知ったのは、テレビのレポートからであり、”とてもとても驚いていた。”という。

FBIに所属するスタッフも、同様に、このニュースから衝撃を受けている。彼らは、Comey氏が今後、いつまでFBIの陣頭指揮にあたるのかについて、議論が交わしている。

ホワイトハウスは、トランプ大統領がComey氏に送ったとされる、手紙の内容も公開した。それによれば、”君の働きには大変感謝しているが、側近の意見を考慮し、君には、FBIを率いる能力が欠けていると判断を下した。法秩序における大衆からの自信と信頼を勝ち取るため、新たなリーダーがFBIには必要である。”などと、述べられている。

現在、米・ヤフーにおいて、この話題を取り上げた記事に1万2000件以上ものコメントが寄せられている。そのほとんどはトランプ大統領の決断に、否定的な意見が多い。

https://www.yahoo.com/gma/fbi-director-james-comey-fired-215047657--abc-news-topstories.html

/------------------/
メディア(転載元):米・ヤフー(Good Morning America)
コメント傾向:若干保守
コメント選出基準:人気・選択
/------------------/

1.海外のパネリスト
ドナルドさんよ…何やったって、あなたへの捜査をとめることはできんよ…

2.海外のパネリスト
膿を出し切らないとダメだ…

3.海外のパネリスト
ニクソンが、*アーチボルド・コックスにやったことを、再び繰り返している…トランプ支持者のアホどもは、そろそろ正気を取り戻せ…

(*ウォーターゲート事件の特別検察官だったアメリカ合衆国の法律家。by wiki)

4.海外のパネリスト
また一人倒れ…そして、また一人倒れ…そしてまた一人…

5.海外のパネリスト
されさて…次のFBI長官は、どのトランプ舎弟が務めるのかな…?

6.海外のパネリスト
トランプは、彼の疑惑を追及する人間を、追い出そうと必死なのさ。これは、ウォーターゲート事件の10倍ひどい!彼は弾劾されるべきだ!!!

7.海外のパネリスト
Comeyさんは、真実に近づきすぎたのさ…

8.海外のパネリスト
ヒラリーの大笑顔が眼に浮かぶ…

(*先の大統領選終盤、FBI長官のComey氏が、ヒラリー氏のメール疑惑騒動を、捜査すると発表したため、彼女に大きな逆風が吹いたとされる。)

9.海外のパネリスト
窮鼠猫を噛む…トランプも、追い詰められたら何をするか…わからんぞ…

10.海外のパネリスト
Comeyはもっと前に解雇されているべきだった。彼にFBI長官を務める才能はない。

11.海外のパネリスト
この国はどうしちまったんだ!?誰を信じればいい!俺はひとりぼっちなのか…俺は大統領を信じたい…でも、大統領が俺達を裏切ろうとしている…

12.海外のパネリスト
こんなことしたら、逆に怪しまれるだけなのに…w

13.海外のパネリスト
特別検察官の出番ですな…

14.海外のパネリスト
ようこそ!トランプに支配された三流国家アメリカへ!!!

15.海外のパネリスト
彼の息子のバロン君が、次のFBI長官らしいよ!

(*バロン君はまだ10歳です…)

16.海外のパネリスト
>>15
バロンのほうが、いい仕事をするんじゃない?

17.海外のパネリスト
>>15
彼のことはほっといてあげて…まだ子供よ…

18.海外のパネリスト
トランプに歯向かった直後、即解任!びっくりだね…

 
[*ブログランキング参加中*]
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ 


トランプ大統領の三番目の妻であるメラニア夫人の不可思議な行動に、多くのゴシップ記者たちが色めき立っている。

事の発端は、メラニア夫人の公式ツイッターアカウントが、トランプ夫妻の不仲を揶揄するツイートに対して、ファボ(*お気に入り追加)をしたことから始まる。

そのツイートでは、今年1月20日の大統領就任式で、トランプ大統領に対し”苦々しい”表情をするメラニア夫人の動画と共に、”トランプ大統領が建てることの出来た壁は、(国境にではなく)夫婦間だけだったようだ…”とするコメントが、投稿されている。

結婚12周年からわずか1日後に起きた衝撃の出来事に、ツイッター上では”#freeMelania(メラニア夫人に自由を!)”とするハッシュタグが氾濫、メラニア夫人を助けようとする、謎の運動が盛んになっている。

しかしながら、メラニア夫人は現在、問題となっているツイッターアカウント(@MELANIATRUMP)とは、別のアカウント(@Flotus)を主に使用していることから、実際に、今回の騒動に関わっているのか否かについては、謎のままである…

なお、現在はそのお気に入りが削除された模様である…それゆえ、メラニア夫人が不注意でファボしたか、もしくは、アカウントを管理するスタッフが、勝手に登録したものと、指摘されている。…
/------------------/
メディア(転載元):米・ヤフー(International Business Times)
コメント傾向:若干保守
コメント選出基準:人気・選択
/------------------/

1.海外のパネリスト
奥さんへの扱いに関しては、オバマさんのほうが一枚上手だね。

2.海外のパネリスト
なんかヤフーを叩いている人たち(おそらく親トランプの人たち…)がいるけど、この記事元はInternational Business Timesだから…ヤフーはその記事を配信しているだけ…変なコメントする前に、よく内容を確認しなよ…

3.海外のパネリスト
トランプ大統領はメラニア夫人と初めて出会ったとき、彼女を指差して、こう言ったそうな…”アレにする!(That one)” (注:事実かどうかわかりません。)

4.海外のパネリスト
>>3
お前らクズどもは、これからトランプの就任期間中(4~8年間)、ずっとそういうくだらないことを言い続けるつもりか?哀れな奴らめ…

5.海外のパネリスト
>>3
正確には、”アレはいくらだ?”って聞いたんじゃない?

6.海外のパネリスト
>>3
牛を買うみたいな話だな…

7.海外のパネリスト
>>3
リベラルのアホども…

8.海外のパネリスト
>>3
僕が聞いた話では、トランプ大統領がメラニア夫人に会った時、彼は別の女性とデートしていたらしい…それにもかかわらず、彼女に電話番号を聞いたんだそうな…メラニア夫人はそれを拒否して、代わりにトランプ大統領の(すべての)電話番号を要求したんだって…

9.海外のパネリスト
>>8
その時はまだ、二番目の奥さんと、結婚していた時だよ…

10.海外のパネリスト
あいつが女性にモテる理由がわからない…

11.海外のパネリスト
>>10
莫大な金は、世界一キモイ男を、世界一かっこいい男へと変貌させるのさ…女性の瞳の中でね…

12.海外のパネリスト
>>10
あんたのパートナーも、今頃、あんたについて同じ事を言っているよ…

13.海外のパネリスト
あんなのと結婚するなんて…想像しただけで吐き気がする…

14.海外のパネリスト
>>13
ほお…そこまでいうのなら、あんたは相当な美人さんなんだろうな…ぜひ君の醜い自我撮り写真をお目にかかりたいね!!!

15.海外のパネリスト
典型的な反トランプ・プロパガンダにすぎん…

16.海外のパネリスト
>>15
事実を受け入れな…

17.海外のパネリスト
トランプみたいな奴のそばにいて、幸せになれるわけないだろう?

18.海外のパネリスト
>>17
オバマよりマシ。




先週の木曜、大統領執務室において行われた、ロイターとのインタビューのなかで、トランプ大統領は、”北朝鮮と、大規模な衝突が起こる可能性は、間違いなく存在している。”と、述べた。

その上で、”私達は、物事を外交努力によって解決したいと、心から願っているが、それは大変難しいことだ。”と、付け加えた。

また、トランプ大統領は、そうした外交努力には、中国の役割がとても大きなものであることを理解しており、新たな台湾関連の問題(台湾総統への直接電話会談など…)などを、生み出してしまうことにより、中国の怒りを買わないよう、気をつけていることを示唆すると共に、習近平国家主席が、アメリカの助けとなっている間は、中国との”争い(causing difficulty)”を、なるべく避けたいと、明確に語った。

さらに、北朝鮮の独裁者である金正恩氏に対しても、トランプ大統領は、不可思議な同情を示した。

”彼はまだ27歳だ。(しかし、突然)父親の跡を継がねばならなくなった…あの若さで国を治めるということは、決して簡単なことではないだろう。私は、”彼を信頼する”とも、”信頼しない”とも言っていない。私はただ、(あの年で国を治めることは)大変だろうと言っているだけだ。彼が、常識的な判断のできる人物なのか…それは私にはわからない…そうであって欲しいとは願っている…。

/------------------/
メディア:米・Breitbart
URL:http://www.breitbart.com/national-security/2017/04/28/trump-there-is-a-chance-we-could-end-up-having-a-major-major-conflict-with-north-korea/
掲載日:2017/4/28
コメント傾向:保守
コメント選出基準:人気・選択
/------------------/

1.海外のパネリスト
今日も北朝鮮擁護派が、このコメント蘭で暴れまくるぞ。

2.海外のパネリスト
あの太ったネズミをさっさとぶっ飛ばしちまえ!

3.海外のパネリスト
金正恩ってのは、中国が生み出した、アメリカの首に鈴をつけるための、フランケンシュタインさ…皮肉なことに、最近は、彼らにとっても、”目の上のたんこぶ”になりつつあるが…

4.海外のパネリスト
まあ、西海岸を標的にするだけなら、僕は関係ないし、別にいいよ。(注:西海岸は移民が多く住み、米・民主党の大票田であるカルフォルニア州などが存在している。)

5.海外のパネリスト
>>4
本当にクソッタレだな?お前らはいつも西海岸の悪口しか言わないが、あそこにだって、愛国者は沢山住んでいるんだぞ?彼らの多くはトランプに票を入れたんだ!

6.海外のパネリスト
俺達には270億ドル(だいたい3000億円)もの貿易赤字があるんだ…アジアの国を守っている余裕なんかないよ。

7.海外のパネリスト
>>6
韓国にはアメリカの利益を守るために、3万人近い軍事関係者がいるんだが…

8.海外のパネリスト
>>7
彼らはそこで、どんな”アメリカの利益”を守っているというんだね?

9.海外のパネリスト
>>8
中国の際限なき領土拡大、そして、南半球への進出を阻止…中国と、その他の国家との緩衝材としての役割ってところ…幼稚園児でも分かるであろう、この平易な説明も、君の不出来なニューロンには、少し難しすぎるかな?

10.海外のパネリスト
>>7
少なくとも、海外に進出しているアメリカ企業なんか守る必要はない。あいつらは国賊だ。

11.海外のパネリスト
>>10
まったくその通り。彼らが外国で作った商品は、アメリカへの輸入を禁止すべき。

12.海外のパネリスト
海外のことなんかほっておいて、国内のことだけやっていればいい…とかほざいてる連中に、忠告しておく…あの狂った小太りボウヤを好き勝手させたら…ハワイが次のグラウンド・ゼロになる。

13.海外のパネリスト
平壌にいる小太りを排除して、再び地球を偉大に!(注:再びアメリカを偉大に!のパロディー)

14.海外のパネリスト
>>13
この問題に本腰をいれるまで、中国との貿易を止めればいい。それだけですべてが解決する。言ったことは、必ず行う。そうすれば、相手もこちらを尊重する。これまでの8年間(オバマ政権)で、俺達は完全になめれるようになった…

15.海外のパネリスト
韓国はアメリカ軍が嫌いなんだろ?なら、さっさと在韓米軍を韓国から撤退させよう。小太り独裁者に支配されればいいさ。

16.海外のパネリスト
俺思うんだけど、金正恩ってマジでかっこよくない?彼の専属美容師が誰なのか、本気で知りたい!きっと女の子にもモテモテなんだろうな~…ねぇ?

17.海外のパネリスト
>>16
皮肉…だよね?

18.海外のパネリスト
>>17
君は彼がかっこよく見えないのかい!なんて差別主義者だ!!!

19.海外のパネリスト
中国に言っておけ!この問題を解決するか、俺達との貿易を終わりにするか、どっちかにしろと!

20.海外のパネリスト
>>19
そりゃいい。なんで政府は君をコンサルタントに起用しないんだろう…それはそうと…中国との貿易を止めたら…その次に何が起こるとおもう?凄まじい値上げの嵐が待ち受けているよ…もう少し頭を使いな。

21.海外のパネリスト
>>20
せいぜい米が食べられなくなるくらいじゃない?

このページのトップヘ