海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…(コメント評価システム試験中…)


カテゴリ: テレビ・有名人




韓国の有名プロゲーム集団に所属する二人の選手が、女性ファンと交流を持ったとして、二ヶ月の謹慎処分を受けていることが分かった。

処分を受けたのは、韓国のプロゲーム集団「Lunatic-Hai」の選手である、「Lee Tae Jun」と「Geum “dean” Dong-geun」の二名である。

報道によれば、 とある女性ファンがネット上で、彼らとの交流を暴露、プライベート写真をアップロードしたことにより事態が明らかになった。

Lee選手は当初、女性ファンとの関係を否定していたものの、数々の写真が公表されていく中で、 最終的には関係を認めた。

Geum選手は、複数の女性(未成年者を含む)に対して写真を送るように求めていたが、実際に会ったことはなかったとされる。

両選手は、謝罪文を発表し、二ヶ月の活動停止処分を受けた。

 http://kotaku.com/overwatch-pro-gamers-in-trouble-for-relationships-with-1791860643

1.海外のパネリスト
これって、日本のアイドルみたいなかんじなのかな?ファンにとって彼らは常に”ピュア”でいること、”恋愛をしない”ことを求められているってことなの?うがああ…恐ろしいね…

2.海外のパネリスト
>>1
似たようなもんじゃない?ただ、それが男にも当てはまるとは思わなかったな~

3.海外のパネリスト
>>1
そうだね…自分の好きな人が幸せを見つけたのなら、喜ぶべきだよ。

4.海外のパネリスト
結局さ、有名になることの理由の一つには、もてたい!ってことがあるわけよ。だから、こういうことがおきて当然なんだ。でも、今はソーシャルメディアの時代。ちょっとでも変なことすると、すぐにツイッターとかで暴露されちゃうからね…

5.海外のパネリスト
日本や韓国の有名人における恋愛禁止ってのが、まじで理解できないんですけど?

6.海外のパネリスト
>>5
つまりさ、商業的にファンにとって、”可愛い”と思える架空の彼女/彼氏を造り出してるわけなんだよ。だから、その架空の彼女/彼氏が、誰かとデートしてたりとかすると、幻想が壊れちゃうんだよね。プロレスで言うところの”ケーフェイ”みたいなもんさ。

7.海外のパネリスト
>>5
ジャスティン・ビーバーとセリーナ・ゴメスの恋愛とかだと、多少みんな興味持ったりするけど、日本や韓国ほど、熱狂的な感じにはならないからね。芸能生命が一瞬で吹き飛ぶような、過激なスキャンダルなら、大歓迎だけど。

8.海外のパネリスト
むしろ、西洋では、有名人同士をくっつけたがるよねw

9.海外のパネリスト
恋愛も自由にできないんだとしたら、何のために有名人になるのかね?

10.海外のパネリスト
>>9
それ。

11.海外のパネリスト
>>9
その点、過激なロックバンドとかはいいよね。何しても、イメージを崩すことないし…

12.海外のパネリスト
彼らはいくつ?16?18?そのくらいの年齢の子達に、異性に興味を持つなって言うほうがおかしいでしょ?

13.海外のパネリスト
>>12
むしろ、興味ないほうが怖い

14.海外のパネリスト
もし、交流が女性のなかに未成年者がいたんだとしたら、しっかりと捜査されるべきだと思うけどね…

15.海外のパネリスト
>>14
二人とも、選手は未成年者でしょ?韓国の法律はよく知らないけど…

16.海外のパネリスト
このくらいで謝ってたら、70年代のミック・ジャガーはどうすればいいんだ?

(ミック・ジャガー:ローリング・ストーンズのボーカル。派手な女性遍歴で有名)

17.海外のパネリスト
>>16
彼は超人だからね…
 




ワシントン国立動物園からボブキャット(山猫)のオーリーが逃げ出し、ネットなどを使い、地元警察・動物園関係者などによる大規模な山猫探しが行われた末に、三日後、自力で帰ってきたことが確認された。

7歳になる12kgのメス山猫オーリーは、今週の月曜にフェンスに出来た穴から脱走を試みた。三日後、動物園内の「野鳥小屋」近くにいるのを発見、保護された。

ボブキャットは温厚な性格で知られている。

山猫の飼育員であるクレイグさんは、「彼女が帰ってきてくれて本当にうれしい。多分、家(動物園)に帰ろうとしてたんじゃないかと思う。」と、述べた。

オーリーは、左前足に小さな傷があるほかには、健康上の問題は見られていないが、今後、外で病気などに感染していないか、徹底したメディカルチェックを受ける予定だ。

https://www.yahoo.com/news/ollie-bobcat-gives-us-zoo-slip-214712996.html

1.海外のパネリスト
大きい家猫みたいだね。私の猫もこれくらい大きいからなぁ~。

2.海外のパネリスト
ワシントンDCをうろつくより、動物園にいたほうがマシだよね。

3.海外のパネリスト
>>2
違いがわからん

4.海外のパネリスト
猫ってもんはどこに食べ物があるか、ちゃんと分かってるんだ。お腹が減れば帰ってくる。

5.海外のパネリスト
>>4
「野鳥小屋」のそばに居たらしいからね…うん…

6.海外のパネリスト
めちゃ可愛いんですけど?

7.海外のパネリスト
ツナ缶を開ければ、すぐに戻ってきたのに…

8.海外のパネリスト
>>7
ツナ缶は塩分が濃すぎるから猫にあげちゃだめだよ。ちゃんと猫用のキャットフードにしてあげて!

9.海外のパネリスト
猫ってこういうものさ。みんなが血眼で探してるのをよそ目に散歩を楽しみ、何事も無かったかのように帰ってきてご飯をねだる…

10.海外のパネリスト
>>9
確かに!私も猫に逃げられたことがあるんだけど、二週間後、夜中の二時に突然帰ってきて、ご飯を食べてすぐに寝ちゃった…可愛いよね。

11.海外のパネリスト
なんかさ…今回のことを利用して、「ほら見てみろ!フェンスなんかあっても山猫が逃げた。フェンスは役に立たない!トランプは壁を作るべきじゃない。」とか、訳の分からないこといってるやつがいるんだけど…なんなの…ほんとに…

12.海外のパネリスト
多分、彼女はワシントンDCの川の汚さを見て、動物園に帰る決心をしたんだと思うよ。

13.海外のパネリスト
ボブキャットって本当に温厚なの?

14.海外のパネリスト
>>13
ボブキャットがたくさんいる地域に住んでるんだけど…彼らはとってもシャイだよ。ほとんど姿を見せることはない。でも、ツナ缶を使えば、家のそばで見たりすることもできるよ。すぐにいなくなっちゃうけど…

15.海外のパネリスト
やべぇかわいい!猫ってなんでこうも魅力的な生き物なんだ。自由でありながらも、忠実な良き伴侶

16.海外のパネリスト
私の家にきてくれればよかったのに~




海外の報道によれば、ドーピングを使用したために15ヶ月間の謹慎中である、
女子テニス選手のマリア・シャラポワが、4月にドイツで行われる
ポルシェ・テニス・グランプリにおいて、復帰することがわかった。

彼女は、復帰に関して、
「去年一年は棒に振ってしまったから、帰ってこれて嬉しい。」
と、述べている。

ちなみに、デイリーメールの記事においては、
買い物中と思われるシャラポワ氏の写真が数枚掲載されており、
特に二枚目が可愛い。  

http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-4142508/Maria-Sharapova-flashes-bright-smile-rocks-leggings.html 

1.海外のパネリスト
あの脚…最高だ…
あの脚を持ってたらもう、すべてを征服できるね。

2.海外のパネリスト
>>1
ドーピングもしてるからね。

3.海外のパネリスト
超かわいい♪

4.海外のパネリスト
興味深いことに、
彼女のスポンサーが主催する試合に出場できるよう、
謹慎期間が短くされている…
怪しい…
それに、彼女の初戦は、彼女の謹慎が解ける日に合わせるかのように、
設定された…
ドーピングを使った人物にこれだけ気を使うなんて…
おかしいよ。

5.海外のパネリスト
>>4
まあ、ポルシェは彼女のメインスポンサーだからね…

6.海外のパネリスト
俺的にいれば、
アナ・イバノビッチとかキャロライン・ウォズニアッキのほうが、
シャラポワよりはるかにイケテルと思うけどね。
人間性もいいし…

7.海外のパネリスト
>>6
何言ってんだよ!
シャラポワは可愛い顔だけじゃなく、
驚愕のボディーと美脚を持ち合わせてる!
たしかに、その二人は可愛いけど、
シャラポワのボディーと美脚には及ばない!

8.海外のパネリスト
彼女は色々問題が多いよね…

9.海外のパネリスト
>>8
何が?
ドーピングの薬だって、
もともとは許可されていたものだったんだよ?

10.海外のパネリスト
いいコート着てるね。

11.海外のパネリスト
もし、これがセリーナ・ウィリアムズだったら、
もっと叩かれてるよね…
シャラポワに試合で勝っても、
叩かれるし…
美脚のブロンドが何よ!
差別だわ…

12.海外のパネリスト
>>11
残念だけど、それが世の中ってもん…
差別は教育や社会制度で無くなったりはしない…
ただ、それを隠すことがうまくなるだけさ…

13.海外のパネリスト
彼女の容姿はちょっと過剰に評価されすぎてると思うよ。

14.海外のパネリスト
また戻ってきてくれてうれしい!
テニス界には彼女が必要だ!!

15.海外のパネリスト
シャラポワの笑顔始めてみた…

16.海外のパネリスト
尻の写真をもっとくれ!

17.海外のパネリスト
こんなに可愛い笑顔をする娘だったんだ…




1.海外のパネリスト
絶対においしい選手権って、
ガキ使でまだやってるのかな~

2.海外のパネリスト
いや、ダウンタウンはめんどくさがりだから、
特番とかにしか、テレビにでてこないよ。

ココリコと山崎は自分達の番組がある。

3.海外のパネリスト
>>2
コンビとして週に3回テレビ番組に出てるよ。
ソロで出てるのもあるし…
ガキ使も毎週日曜日やってる。

4.海外のパネリスト
フリスクピザのリアクション最高だったw

5.海外のパネリスト
彼らは年取ったよね…

6.海外のパネリスト
二年前のガキ使見始めたんだけど…
みんな年取るの早すぎない

7.海外のパネリスト
今年の「笑ってはいけない」見れなかった…
おにごっこあったのかな~

8.海外のパネリスト
今年の「笑ってはいけない」の、
蝶野はいまいちだった…
去年はフェイントがよかった!

9.海外のパネリスト
>>8
だよね!
今年はすぐに行ったからなぁ~
捕まり方が面白かったけど。

10.海外のパネリスト
面白い順番で言えば、
松本>遠藤>浜田=山崎>田中だよな。

異論は認めん。

11.海外のパネリスト
俺的には、
松本>浜田>山崎>田中>遠藤なんだよな…

12.海外のパネリスト
>>10
いやいや、遠藤ラストでしょ?
面白いことなにも言わないし!
不倫はするし、
リアクション平凡だし。

>>11
大体同意。
だけど最近山崎が面白くなってるから、
二番手ねらえそう。

13.海外のパネリスト
>>12
浜田も不倫してたよ。

14.海外のパネリスト
松本>山崎>浜田>遠藤>田中

15.海外のパネリスト
松本>浜田>(超えられない壁)>山崎>(うんこの壁)>田中>遠藤

田中と遠藤で笑ったことほとんどない。
遠藤に至っては、もはやコメディアンであることすら疑うレベル。

16.海外のパネリスト
遠藤より、石が転がってるほうが面白い。

17.海外のパネリスト
遠藤の新嫁は可愛かった。

http://boards.4chan.org/jp/thread/16403392








このページのトップヘ