海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

政治・経済

スウェーデン:反移民を訴える保守政党の支持率が急増中、今年9月の総選挙で議席増が予想される[海外の反応]




最新の世論調査結果により、反移民を訴えるスウェーデンの保守政党「スウェーデン民主党」への支持率が急増していることがわかった。今年9月に控える同国の総選挙に、大きな影響を与えそうだ。

先週実施された英調査会社「YouGov」の世論調査によると、「スウェーデン民主党」への支持が23%となっており、左派与党「社会民主党」と同率であることが判明している。

今回の結果は、各政党のリーダーが参加した先日の討論会において、法律、秩序、そして大規模移民について熱弁をふるった「スウェーデン民主党」党首Jimmie Åkesson氏の貢献が指摘されている。

政治学を専攻するヨーテボリ大学のSören Holmberg教授は、選挙を控え、与党「社会民主党」が従来の姿勢を転換し「移民抑制方針」を訴え始めたものの、「反移民」を鮮明にする「スウェーデン民主党」に対する支持が根強いことが示された、などと語った。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2018/05/18/new-poll-shows-populist-sweden-democrats-tied-for-first-ahead-of-election/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米Breitbart
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*140件)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//


1.海外のパネリスト
初めにイギリスがEU離脱を決め、そしてオーストリアが保守政党を選挙で勝利させた。ヴィシェグラード・グループ(チェコ・スロバキア、ハンガリー・ポーランド)はEUに反旗を翻し、そして、最近ではイタリアも目覚め始めている。スウェーデンも、そうした動きに参加することになるだろう。

2.海外のパネリスト
>>1
ポーランドの貢献を忘れてはいけない。彼らは以前から”国境解放”の危険性を欧州諸国に指摘し続けてきた。

3.海外のパネリスト
>>2
東ヨーロッパ諸国は、グローバリスト達による口車に騙されなかったのだ。

4.海外のパネリスト
>>3
彼らは「マルクス主義的ユートピア」の恐ろしさを、歴史上よく理解しているからね。

5.海外のパネリスト(*ポーランドの方?)
>>4
我々は共産主義者の扇動を、すぐに見抜くことができる。誰が独裁者であり、何が国家にとって危険なことか、瞬時に判断できるのだ…少なくとも西ヨーロッパの人々よりも…

6.海外のパネリスト
>>5
グローバリストとは、これすなわち、独裁者である。彼らは”軍隊”ではなく”政治家”を買収・利用し、国家支配を試みる。貴方達のような「勇気ある抵抗者」に敬意を表したい。

7.海外のパネリスト
>>2
ヴィシェグラード・グループの中には、ポーランドも含まれているよ。

8.海外のパネリスト
どの国の欧州保守政党も威勢だけはいいんだけど…EU離脱まではいかないんだよなぁ…

9.海外のパネリスト(*フランスの方?)
フランス・マクロン大統領の誕生は、非常に好ましくないものであった。彼が勝利した背景には、反EUを掲げるル・ペンが勝利することにより、ロシアの影響力拡大を恐れる仏国民の不安があったのだろう。ただし、個人的にはル・ペンが大統領になっていたほうが、遥かにマシだったと思う。

10.海外のパネリスト
マクロンって、イギリスでいうところのブレア元首相みたいな人だよね。もしくは、米国におけるオバマさんみたいな…

11.海外のパネリスト
>>10
確かにマクロンは親EUではあるけれども、それと同時に、強い反イスラム主義者でもある。仏的社会主義を擁護しつつ、労働組合に対しては徹底的な圧力を加えるタイプの人だ。将来的には、意外とまともな政治を行うようになるかもしれない。

12.海外のパネリスト
>>11
はい?マクロンが反イスラムだって?彼が、「イスラム侵略者」と「欧州人民」の混血化を望んでいるという記事を読んだことがあるけど…(*未確認情報)

13.海外のパネリスト
今回、一定の進展があったことは認めるよ。でも、スウェーデンのアフリカ系移民やイスラム教徒達が追放される日は、一体いつになるのだろうか?その時が来るまでは…まだなんとも言えない。

14.海外のパネリスト
>>13
君の気持ちはよく分かる。警鐘はずっと前から鳴り続けていたわけで…スウェーデン人達はあまりにも無頓着であった。スウェーデンのイスラム化に歯止めをかけられるのか…時がその答えを教えてくれるだろう。

15.海外のパネリスト
スウェーデン与党「社会民主党」は、今度の選挙に勝つため、「スウェーデン民主党」に対して様々な妨害を行っている。最近になり、いきなり「移民規制強化」を訴え始めたのも、そうした戦略の一環だ。

16.海外のパネリスト
>>15
願わくば、正常な選挙が実施されてくれることを祈る。一つ不安なのは、すでにスウェーデンの一部選挙区において、移民系住人が多数派を構成してしまっていること。そうした場所では、「スウェーデン民主党」に対する大きな支持は望めないだろう。

17.海外のパネリスト
ようやく「目から鱗が落ちたスウェーデンの若者達」が現実を理解し、自らの政府が祖国を壊してきたことに気付いたようだ。しかし、彼らに祖国を取り戻す力があるのだろうか?

18.海外のパネリスト
>>17
案ずることなかれ…スウェーデン人は力強き民族だ。必ず侵略者を撃退し、スウェーデンを取り戻すだろう!


イタリア反移民政党諸派、連立内閣樹立を前に「50万人に及ぶ不法移民」の強制送還を宣言する[海外の反応]




//----------//
Update:
2018/5/23 5:00
*五つ星運動などに関する説明を修正:コメントでのご指摘ありがとうございます。
//----------//

先日行われたイタリア総選挙での勝利により、次期内閣を担うこととなったイタリアの反移民政党諸派が声明を発表、約50万人の不法移民を追放すると宣言した。

「五つ星運動(*政治スタンスに関しては諸説あり)」・「北部同盟(*一部左派的な政策も提唱している。)」などに代表されるイタリア反移民政党諸派は、(不法移民の)強制送還処置強化を強く望んでおり、今週金曜日に発表された共同政権公約においても、反移民、そして移民政策を推進してきたEUへの抵抗姿勢を鮮明にするなど、反既存体制的傾向を打ち出している。

58ページにわたる政権公約集の中には、EUから課せられた様々な出費や規約、統治制度に関する再考、及び、「(*彼らの主張によれば)50万人に及ぶ」不法移民の排除も約束されている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.telegraph.co.uk/news/2018/05/18/italys-populists-declare-want-kick-half-million-migrants-edge/?WT.mc_id=tmg_share_tw

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/997568995980128256
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*158件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
イタリアを再び偉大に!!!

2.海外のパネリスト
私は今、自分がイタリア人であることをとても誇りに思う。

3.海外のパネリスト
私はイタリア人ではないし、この美しき国の住人でもない。しかし、この勇気あるリーダー達の素晴らしき判断を、称賛せずにはいられない。願わくば、我が国カナダのイスラム支持者トルドー(加首相)の時代が、2019年の総選挙において終わってくれることを心から望む。

4.海外のパネリスト
屈強なる精神を持つ人々が、正しい地位を得た。これは大きな前進といえる。

5.海外のパネリスト
彼らを「大衆迎合主義者」などと呼ぶべきではない。むしろ「賢く」、そして「勇気のある」人々と讃えられるべきだ。

6.海外のパネリスト
貴方達の成功を祈っている。私は常に反EU派の味方!!

7.海外のパネリスト
まだ内閣すら成立していない訳だし…しばらく様子見だね。

8.海外のパネリスト
次回以降の選挙において、左派集団による選挙結果改竄行為に気をつけてください!

9.海外のパネリスト
>>8
アメリカにおける米民主党支持者みたいにね…

10.海外のパネリスト
メルケルによる国境開放政策以降、ヨーロッパには、我々の社会保障に寄生する多くの移民達が押し寄せてきた。今回の決断は、それらを改善するための良き出発点となるだろう。

11.海外のパネリスト
イタリア人が一生懸命働いて納めた税金で、難民達が悠々自適な生活をしている。こんな状態は改められねばならない。イタリア人は、自らの民族と国家の為に税金を納めているのであり、難民達を世話するためではない。彼らを拒絶するという明瞭なメッセージを発する必要がある。

12.海外のパネリスト
移民の数が多くなれば、いずれ、彼らは政治に口を出すようになるだろう。そして、その国の文化を変化させるのだ。

13.海外のパネリスト
どうせ失敗するよ。イタリア人は組織運営・管理がとびきり下手くそだからね…

14.海外のパネリスト(*多分イタリアの方)
>>13
ソースを示して貰おうか?

15.海外のパネリスト(>>13)
>>14
イタリア滞在歴のある僕自身の経験。

16.海外のパネリスト(>>14)
>>15
イタリアに滞在しただって?観光客としてか?経営者としてか?それとも、難民としてか?

17.海外のパネリスト(>>13)
>>16
結構な期間、そこに住んでたよ。

18.海外のパネリスト
宣言するだけなら誰でもできる。問題は、それをしっかり実行できるか否かだ。


ドイツ保守政党AfD、国境解放を決断したメルケル首相を訴える模様[海外の反応]




先週金曜日、ドイツの保守政党「ドイツの為の選択肢(AfD)」が声明を発表し、2015年、メルケル独首相が決定した国境解放政策の是非について、裁判に訴える決意を示した。

以下はAfD議員によるコメント一部:

「連邦政府は法と秩序を遵守しなければいけません。彼らは法律・秩序の選り好みをしてはいけないのです。(中略)この国では独裁者の存在がみとめられていません。つまり、メルケル首相は存在してはいけないのです。独社会に関わる全ての決断は、議会を通して決定されねばなりません。(中略)メルケル首相がしていることは、恣意的支配・無法的支配であり、我々の憲法が定める理念とは相反するものです。」

//------------------//
//News Info
//------------------//


https://voiceofeurope.com/2018/05/afd-sues-merkel-over-migrant-crisis-the-chancellor-cant-act-like-a-dictator/#.WwLgfczrij8.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/998580864509411328
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*105件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
え?ドイツって独裁者が禁止されていたの!?知らなかった。

2.海外のパネリスト
メルケルさんは弾劾されるべきだよ。わが祖国であるドイツに、彼女はあまりにも多くのダメージを与えすぎた。ただ、彼女一人の責任ではない。彼女の判断を支持した連中にも、同様の責任がある。一説には2030年、在独イスラム教徒の人口は今の二倍にまで急増するらしい。そうなれば、ますます彼らの権利は強化され、独地元民の権利がないがしろにされていくだろう。

3.海外のパネリスト
>>2
彼女が壊したのはドイツだけではない。ヨーロッパ全体だ。

4.海外のパネリスト
誰かイギリス政府も訴えてくれ!!!エドワード・ヒースの虚偽によって、イギリスはEUに巻き込まれたんだ!!!

(*エドワード・ヒース(1916年7月9日 - 2005年7月17日):イギリスの政治家、元首相(保守党)。1973年、欧州共同体 (EC・EU) への加入を果たした。

5.海外のパネリスト(*写真)
メルケル「ヨーロッパを中東にしよう!!!」

6.海外のパネリスト
元共産圏の独裁者:メルケル。

(*メルケルさんは東ドイツで育つ。)

7.海外のパネリスト
ヨーロッパの破壊者:メルケル。

8.海外のパネリスト
ドイツの人々は選挙で彼女を追放させるべきだったんだ。でも、しなかった。ドイツ国民ってのは根本的に圧政が好きなんだろうね。

9.海外のパネリスト
流入してきた移民達によって被害を受けた人々も、この訴訟に参加したほうがいい。

10.海外のパネリスト
第二次世界大戦後、ドイツでは子供達に「常に無思考であれ!」・「年長者に従え!」・「何も感じるな!」と教えてきた。現代独教育の最大目標は、共産主義的奴隷を作るための改竄歴史普及にある。

11.海外のパネリスト
>>10
それな!

12.海外のパネリスト
「ヒトラーの娘」であるメルケルに、君たちは一体何を期待してたんですか?

13.海外のパネリスト
願わくば、次回の選挙においてAfDが大勝し、ドイツを率いてくれることを望む。そして、国内の犯罪上昇を食い止め、全ての不法移民達を追い出して欲しい。

14.海外のパネリスト
「ドイツの為の選択肢」は、ドイツに残されし最後の希望。

15.海外のパネリスト(*写真)
メルケル「反イスラム感情を無くすためには、イスラム教徒を大量に受け入れればいい。」

16.海外のパネリスト
「政治的公平性」という概念は、早く消えてなくなるべき!

17.海外のパネリスト
メルケルさんに対する刑罰は、「中東地域への島流し」でいいと思う。

18.海外のパネリスト
すでにドイツは移民達に占領されているからね…ちょっと遅かったかな?もし、トランプが米大統領になっていなければ、アメリカでも似たような事態になっていただろう…だが…アメリカ人は祖国が侵略されるのを黙ってみていることは絶対にしない。きっと内戦が勃発していたはずだ。
 

[寄生侵略]1960年代のロンドンと、現代のロンドンを比較した動画[海外の反応]



(左:1960年代のロンドン、右:現代のロンドン)

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/V_of_Europe/status/997964047206240256

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*78件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
この状況が嫌なら、議会にいる裏切り者達を追放しなければいけない!子供達の未来は、貴方達ロンドン市民の決断にかかっているのだ!

2.海外のパネリスト
ロンドンにおけるイスラム支配の図。

3.海外のパネリスト(*オランダの方)
1990年、私はイギリスに交換留学生として訪れた。愛すべき都市であったよ。でも、今ではそれも古き良き記憶となってしまった。私の娘には、今のイギリスに行かせたくはない。

4.海外のパネリスト(*イギリスの方)
私達は貴方を責めることは出来ない。なぜなら、我々イギリス人ですら、ロンドンには近寄らないのだから。

5.海外のパネリスト
恐ろしいほどに悲しい。

6.海外のパネリスト
現在の”移民都市ロンドン”を創り上げた原因に、1960年代、ロンドンでもてはやされた”極端な自由主義”が根幹にあることを、決して忘れるべきではない。

7.海外のパネリスト
ホスト国への統合を嫌い、その文化を憎む人々を強制送還するか…彼らを自国に住まわせ、国家の崩壊をもたらすか…どちらがより難しいと思う?

8.海外のパネリスト
美しき本来の欧州を取り戻すために、保守派に票を投じよう!!!

9.海外のパネリスト
1979年と、現代のイランを比べてみるといい。イラン革命前後で同じことが起きている。

10.海外のパネリスト
あれほど栄華を極めていたロンドンが…こんなことになるとは…

11.海外のパネリスト
だからこそ、我々は怒っているのだ!私達は祖国を追い出されようとしている!!!

12.海外のパネリスト
なぜヨーロッパ人達は一致団結して、我らが欧州を取り戻そうとしないのか?もし協力し合えば、これらの侵略者達を追い返せるだろう!!!

13.海外のパネリスト
ここオランダ・アムステルダムでも、一部地域がロンドンと同様の状況になっている。

14.海外のパネリスト
仮に無料で招待されても、俺はロンドンには行かない!!!

15.海外のパネリスト
まるでパリのよう…

16.海外のパネリスト
一方、多くの英国民達は王室の挙式に浮かれているのであった。

17.海外のパネリスト
60年代が懐かしい…

18.海外のパネリスト
人種置き換え中(juxtaposition)。


トランプさん「中国が北朝鮮に入れ知恵をしたに違いない!」中国「…」[海外の反応]




ロイター通信などによると、NATO軍事関係者との会談の席において、米・トランプ大統領が”中国が北朝鮮に影響を与えた。”などと、不満を述べていたことがわかった。これは来月12日、シンガポールで開催が予定されている米朝会談への参加拒否を、最近になって北朝鮮がちらつかせていることに関して、中国を強く牽制したものと捉えられている。

先週木曜日、NATO安全保障担当者Jens Stoltenberg氏とのミーティングに際して、米・トランプ大統領は、先日大連において開かれた中朝首脳会談に言及、”2週間前のことを覚えているかい?金正恩氏が、中国・習近平主席との二度目となる会談に突然出向いたことを…(-中略-)習近平主席が金正恩氏に、なにか入れ知恵(influencing:影響を与える)をしたに違いない。(It could very well be)”と、語った。

中国への訪問後、北朝鮮政府は「米朝首脳会談の開催中止」を示唆する言動を、繰り返しおこなっている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/trump-blames-friend-xi-jinping-142411383.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
五毛さんが大多数(*274件)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

今回のコメント欄には、五毛さんと思われる人達が結構いらっしゃいました。予めご了承下さい。

//------------------//

1.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
何事においても、トランプは責任を負うことはしないが…利権だけは得ようとする。

2.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
>>1
今、わざわざ中国に嫌味を言うということは、北朝鮮の対応に相当手を焼いているのかな?

3.海外のパネリスト
>>1
トランプに平和賞を与えずに済むと、ノーベル賞選定委員会は、さぞかし安堵していることだろう…

4.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
この種の馬鹿げた茶番には、もうウンザリだ。

5.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
トランプ「会談が実現する時は実現するし、しないときはしない。もし実現しないのであれば、昼寝でもするさ。」

6.海外のパネリスト
>>6
「昼寝でもするさ。」じゃなくて「ゴルフでもするさ。」にしたほうが、現実味がある。

7.海外のパネリスト
多分、中国の習近平主席は「自分こそがノーベル平和賞にふさわしい人物である」と、主張したかったんじゃないかな…

8.海外のパネリスト
>>8
なかなか笑える話だねw

9.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
アメリカよ!お前達は中国のおかげで今、存在しているのだ!!つまり、我々こそが勝者である!!!

10.海外のパネリスト
>>9
そういう下らないコメント本当にいらない。さっさと中国に帰って、「五毛(5 mao)」をもらってきたら?

11.海外のパネリスト
>>9
君、中国人だろ?

12.海外のパネリスト
>>9
アメリカが中国のおかげで存在している?逆だろ?あんたらの国には、内需がほとんど存在していないじゃないか?

13.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
この時期に米韓軍事演習を予定していたことが、(米朝首脳会談決裂危機の)原因じゃないの?中国のせいにするなよ。

14.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
北朝鮮と中国が、トランプを巧みに操っている。

15.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
中国に支えられた北朝鮮であれば、韓国との交渉を成功裏に進めることができるだろう。もはや、トランプは必要ない。この三カ国が協力すれば、アジア地域からアメリカ軍を追い出すことも可能である。いずれは、米国に経済制裁を与えることも考慮することになるはずだ。

16.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
金正恩はトランプが信用できない男だと悟ったんだろう…なぜなら、自分自身にそっくりだから…

17.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
トランプはいつも人に責任を押し付けてばかりだな!

18.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
これぞまさにトランプ外交と言えるだろう!誰かを侮辱し、遠ざける!!そして要求だけを突きつけるのだ!あんたはゴルフでもしておけ!!!


EU「加盟国の皆さん!移民入国を阻止する為、国境管理を強化して下さい!!」[海外の反応]




今週水曜日、EUは加盟諸国に対して、急増する移民を防ぐ為、国境管理を強化するよう呼び掛けた。発表された声明は、以下の通り:

”EU-トルコ間による協定により、移民の流入は劇的に低下したが、2018年、ギリシャ諸島(*本年度移民総数:9349名)や、地上(本年度移民総数:6108名・2017年度から9倍)からの流入が再び増加してきている。アルバニア、モンテネグロ、ボスニア、そして、ヘルツェゴビナ等の国家を介した流入増加も、ここ数ヶ月確認されている。”

2016年3月に締結された”トルコとの移民規制協定により、EUは、300万人に及ぶ在トルコ・シリア難民保護を口実に、彼らのEU流入阻止を試みている。

欧州委員会のディミトリス・アブラモプロス委員(移民担当)は、移民問題が複雑化していることを認めつつ、”円滑な移民政策の策定のため、加盟国間における国境管理、及び、海上警備の強化が必要である。”などと、強調した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

トルコ・アナドル通信社
https://www.aa.com.tr/en/europe/eu-to-tighten-border-security-as-migrant-arrivals-rise/1148194

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/996790393286070273
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

現在、EUはギリシャ・イタリアなどの国々に流入・滞在している移民達のEU内割当を懸命に進めています。その一方、新たな移民の流入に関しては、トルコ政府との交渉等を通して、制限を強めているようです。その背景には、移民急増による反EU機運の高まり、及び、加盟国内部での保守勢力台頭への危機感があると思われます。

//------------------//

1.海外のパネリスト
10年遅いよ。移民達はすでにタダで家を得、タダで食事を得、タダで医療を得、タダで教育を得ている。地元民の税金を使って、悠々自適に生きているんだ。

2.海外のパネリスト
>>1
俺もそんな移民になりてぇよ…

3.海外のパネリスト
今ヨーロッパで起きていることは、まさに侵略である。

4.海外のパネリスト
欧州に流入する移民は、全てドイツに送り届けろ!

5.海外のパネリスト
エルドラン首相率いるトルコなんかに頼ってちゃ駄目だ!EUの国境管理を強化する以外に、解決法はない!!!

6.海外のパネリスト
え、でも…そんなことしたら、ドイツで急速に進展している”(移民による)文化的濃縮”が、止まってしまうじゃないですか?

7.海外のパネリスト
「移民」の定義って何かね?受け入れてくれた国の為に働き、そして、その国に忠誠を尽くす人々のことを示す言葉ではないのか?祖国が嫌だから、他国に来ただって?何故、自分の国をより良くする為に努力しないのか?君たちが祖国を守らずして、誰が守るのか?君たちが祖国を成長させずして、誰が成長させるのか?貴方達のような人々を歓迎する国など、この世には存在しない。

8.海外のパネリスト
この方針を、もっと前から示すことができていれば、今、ヨーロッパはこんな状況にはなっていなかっただろう。

9.海外のパネリスト
キリスト教徒に改宗しない限り、そして、「テロリストにならない!」と誓わない限り、ムスリム移民を受け入れるべきじゃない。

10.海外のパネリスト
これはフェイク・ニュースですね。EUがそんなこと言うわけ無いでしょ?

11.海外のパネリスト
え?EUは移民受け入れを、加盟国に推奨してたんじゃなかったんですか?

12.海外のパネリスト
最初は、「さあ移民・難民の皆さん!どんどんEUにいらっしゃい!!」と言っておきながら、今さら手の平を返すのか?心境の変化に至った詳しい理由を、ぜひとも教えてもらいたいね!!

13.海外のパネリスト
だ・か・ら!強制送還すればいいでしょ!?

14.海外のパネリスト
「国境」?欧州連合に「国境」なんて概念が存在したんですか?「国境管理」なんて言葉が、貴方達の口から出てきたことに、驚きを禁じえませんよ。

15.海外のパネリスト(*写真)
欧州中で移民が大騒ぎしている今になって、こんなことを言われても…

16.海外のパネリスト
国境管理を強化したところで、すでに多くの移民達が流入しているからなぁ。

17.海外のパネリスト
所詮、EU内に蓄積している不満を和らげるための詭弁にすぎん。移民受け入れを推し進めてきた連中の言うことなど、誰が信じるか?

18.海外のパネリスト
かつて、ハンガリー政府が国境沿いに移民対策用フェンスを設置した時、真っ先にそれを口汚く非難したのは、君たちEUだろう?

参考:
(*一年前の記事になります…)

米:新たな銃乱射事件発生をきっかけに、ハリウッド・スター達が全米ライフル協会(NRA)への批判を強める。[海外の反応]




今週金曜日、テキサス州の高校で発生した悲劇的銃乱射事件をきっかけに、米ハリウッド・スター達が、全米ライフル協会に対する批判を強めている。

同事件においては複数の学生が犠牲になっており、米トランプ大統領はツイッター上において「このような銃乱射事件が、米国において、あまりにも続きすぎている。(-中略-)生徒を守り、学校の安全を確保し、他者に危険を及ぼす人物に武器を与えないよう、全力を尽くす。」などと述べた。

こうした最中、アメリカを代表するエンターテイナー達が次々に学校内犯罪に対する意見を、表明し始めている。

以下はそれらの一部:

「ジュリアン・ムーア(米女優)」
我々の子供達は、学校にいながら、常に銃犯罪の脅威にさらされる状態になっています。政治家達は恥を知るべきなのです。#全米ライフル協会にNOを!

「アリッサ・ミラノ(米女優)」
新たな子供の犠牲者が出てしまった。こんな狂気を継続させてはいけない。私達は、全米ライフル協会と袂を分かつべき。彼らを擁護することなど、してはいけないんだ。今、アメリカには銃が氾濫している。我々の命よりも、それら銃による利益が重視されているのだ。#全米ライフル協会にNOを!

「キャシー・グリフィン(米女優・コメディアン:トランプ大統領批判で有名)」
私達は決して諦めてはいけない。全米ライフル協会が興味をもっているのは、彼ら自身の理念だけであり、我々の命ではない。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/m/ddf9b9be-24d0-3e1a-8692-d22bc483aa3c/ss_hollywood-stars-tear-into-nra.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守・親NRA(*1305件)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
こういったハリウッド・馬鹿・スター達は、先日、イリノイ州ディクソン高校にて発生した銃乱射事件において、校内警察官が見事事件を収拾したニュースを知らないのだろうか?(参考

(*おそらく、「銃の有無」ではなく「校内警察官の有無」を問題視している。)

2.海外のパネリスト
>>1
いやいや、そもそも銃乱射事件が起きていること自体がオカシイでしょ?銃がなければ、銃乱射も起きないんだから。トランプ支持者って、ほんと馬鹿ね。

3.海外のパネリスト
>>1
米民主党支持者にとって、市民を守る警察官なんてものは軽蔑対象でしかない。

4.海外のパネリスト
また始まったよ…

(*銃乱射事件が起きるたび、一部のハリウッド・スターは非難コメントを発表している。)

5.海外のパネリスト
>>4
馬鹿達につける薬はないのさ。

6.海外のパネリスト
全米ライフル協会と本事件は、まったく関係ないだろ?

7.海外のパネリスト
>>6
左翼ってのは、とりあえず誰かを責め立てたい連中なんだよ。単純な話、金属探知機を学校の入口に導入すればいいだけの話。でも、彼らの目的は「銃乱射を無くす」ことではなく、「誰かを責める」ことだからね。

8.海外のパネリスト
こいつらっていつも全米ライフル協会を批判するけど、「学校の治安対策」については、何もコメントしないんだよな。

9.海外のパネリスト
ハリウッド変人達の意見なんざ、誰も求めちゃいない。

10.海外のパネリスト
豪華でセキュリティ万全の家に住んでいる奴らに、我々の安全について、とやかく言われたくない。

11.海外のパネリスト
>>10
こういった「銃乱射事件」の原因となっている「学校内虐め」について、彼らは言及するべきなんだ。

12.海外のパネリスト
>>10
確かに。町中に出歩く際は、いつもボディガード達に守られている人達だからね。

13.海外のパネリスト
やっぱり、教師たちを武装させたほうがいい。

14.海外のパネリスト
>>13
軍人でもない素人の教師達に、生徒を守れると思うか?

15.海外のパネリスト
ではまず…ハリウッド映画に登場するあらゆる銃を、廃止するところから始めよう!

16.海外のパネリスト
>>15
暴力的な映画で金儲けをしている連中が、暴力に反対するとか…

17.海外のパネリスト
え?この事件って、NRAが引き起こしたんでしたっけ?

18.海外のパネリスト
記事タイトルを変更したほうがいい…「大金持ちのエリート達、自分達が未来永劫、決して遭遇することがないであろう下々の米国民が抱える日常の諸問題について、NRAに噛み付く。」ってね。


米:テキサス州の高校内にて銃乱射事件が発生…複数の犠牲者が出ている模様[海外の反応]




//------------------//
[Update]
2018/5/19 4:35
*一部情報を修正・追加:コメントでのご指摘ありがとうございます。
//------------------//

(*事件発生直後の為、情報が流動的です。予めご了承下さい。)

昨日金曜日、テキサス州ヒューストン近郊にあるサンタフェ高校内において銃乱射事件が発生、複数の犠牲者が出ている模様。なお、犯人と思われる人物はすでに確保されている。

以下は現在までに判明している各種情報(2018/5/19 4:35 更新版):

*10名が犠牲になった。その内、9名が同高校の生徒である。
*その他に、事件に対応した警察官を含む10名の怪我人が確認されている。
*銃撃を行った犯人は同高校の生徒(17)。彼は警察が確保した。
*もうひとりの生徒が、警察により事情を聞かれている。
*爆発物らしきものが、現場で発見された。
*米トランプ大統領はホワイトハウスで声明を発表、「とても悲しい日だ。(-中略-)我々の子供を守るため、全ての米政府機関が一致団結しなければいけない」などと述べた。

「旧情報(2018/5/19 1:05 更新版)」

*少なくとも同高校に通う、8名の生徒が犠牲になっている。
*対応した警察官が一人負傷。
*確保されている容疑者は二人
*昨日金曜日早朝に、事件に関する報告が警察に寄せられた。
*近く、警察による記者会見が行われる予定。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/live-updates-shooting-santa-fe-texas-high-school-150311016.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*1421件)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
これが現代アメリカの日常風景なのか?

2.海外のパネリスト
>>1
悲しいが、そういうことだ。

3.海外のパネリスト
>>1
今ではこういった事件を誰も気にかけない。なぜなら、普通のことだから。

4.海外のパネリスト
>>1
コロンバイン高校銃乱射事件以降、ずっとそうさ。この国は、これを許容する決断をしたのだ。

5.海外のパネリスト
>>1
こんなものを日常風景などと認めてはいけない!いつか、我々の子供達が犠牲者になるかもしれないのだから!!!

6.海外のパネリスト
何かが変わらなくてはいけない。何かを変えねば…

7.海外のパネリスト
>>6
この素晴らしきコメントに74名もの人物が低評価を押している…これこそまさに、この国が抱える問題の大きさを感じられる出来事だ。

8.海外のパネリスト
30年前、「学校内銃乱射事件」なんて聞いたことなかった。この期間に、一体何が起きたというのか?

9.海外のパネリスト
>>8
よく調べてごらん。1970年代の新聞記事には、すでに「学校内銃乱射事件」に関するものが存在しているよ。今から40年も前。

10.海外のパネリスト
>>8
親の責任ですよ。今の大人達は、子供達をまともに育てられない。自分の子供が他人様に迷惑をかけても、言い訳ばかりで、叱ることすらしない。

11.海外のパネリスト
>>8
甘やかされた「ゆとり世代」が原因。(*Spoiled millennials)

12.海外のパネリスト
「喫煙」が、学校内で行われる「最高の不良行為」だった時代が懐かしい…

13.海外のパネリスト
>>12
え?僕の学校では許されてた(*黙認?)けど?むしろ、「無断欠席」のほうを怒られた。

14.海外のパネリスト
こういった事件は食い止められねばならない!具体的な解決方法は、まだわからないけど。犠牲者とそのご家族に、祈りを捧げたい。

15.海外のパネリスト
>>14
結局、武装警官を全ての学校に配置するしかないんじゃない?政府施設だって、そうやって守っているわけだからさ…

16.海外のパネリスト
>>14
食い止められねばならない?無理ですよ。仮に法律で銃を規制しても、すでに皆もっているんですから。

17.海外のパネリスト
銀行、空港、裁判所を「銃乱射」から守れているのに、なぜ学校を守れない?

18.海外のパネリスト
(*銃犯罪を)嘆くべき時は終わった…これからは(*解決に向け)行動すべき時だ!


[フェイク・ニュース?]米AP通信:米トランプ大統領、北朝鮮・金正恩氏に「核放棄 or 体制崩壊」二者択一を迫る[海外の反応]




来月12日に予定されている米朝首脳会談を前に、トランプ米大統領は、北朝鮮・金正恩氏に対して「核放棄を行い、体制の保護を手に入れるか…それとも、核開発を進め崩壊を招くか?」の二者択一を迫った。これは北朝鮮が核放棄を行わない場合、米政府が金政権打倒に向けて、軍事的作戦を実施する可能性を示唆したものと捉えられている。

今週水曜日、北朝鮮は一方的な核放棄を求めるアメリカの姿勢に不満を表明、首脳会談の中止をほのめかした。しかし、米政府はそれらの挑発には直接対応せず、着々と準備を進めている。

トランプ大統領は、2000年代に核放棄を実施したリビア・ガタフィー大佐を例に挙げ、「もし核放棄に至る交渉が決裂した場合、(後に失脚したガタフィー大佐のように)北朝鮮はリビアのようになるだろう。(Trump warned that failure to make a deal could have grave consequences for Kim. Mentioning what happened in Libya, "That model would take place if we don't make a deal.")」などと、述べた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

(記事元:AP通信)
https://www.yahoo.com/news/pentagon-no-planned-changes-korea-military-exercises-175713758--politics.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*4062件)
[コメント選出基準]
人気・順番

//------------------//
//Translator’s Comment
//------------------//

今回、AP通信の元記事においては、トランプ大統領が「核放棄を選ぶか、それとも…体制崩壊を選ぶか?(Trump tells NK's Kim to denuclearize or risk overthrow)」の二者択一を北朝鮮に迫ったというタイトルが付けられていました。

しかし、実際には「核放棄後の体制維持・継続に対する保証」、及び、「交渉決裂時に、北朝鮮がリビア化すること(*失脚したガタフィー大佐を念頭に…)」を示唆しただけのようです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
これがトランプの交渉術なのか…彼の著書「The Art of the Deal」には、こんなこと書いてなかったけど…

2.海外のパネリスト
>>1
当たり前じゃん。あれはゴーストライターが書いたものなんだから。トランプ自身、あの本を一度も読んだことないよ。

3.海外のパネリスト
>>1
「イラン核合意」を、あんな酷い形で反故にした人物なんか、誰も信じない。

4.海外のパネリスト
>>1
まさにノーベル平和賞受賞者的交渉術だよねw

5.海外のパネリスト
>>4
このAPによる記事はミスリーディングな部分が多い。トランプは「核交渉決裂後の体制崩壊」について、直接言及はしていない。

6.海外のパネリスト
トランプは素晴らしい交渉人だ!!

7.海外のパネリスト
>>6
一応確認だけど…皮肉だよね?

8.海外のパネリスト
こんな挑発的な条件を突きつけるなんて…外交のイロハも、理解できていないんだろうな…

9.海外のパネリスト
>>8
だから、トランプはこんなこと言ってないってば…。

10.海外のパネリスト
>>8
これぞまさにフェイク・ニュース。様々な言動をツギハギして、インチキなストーリーを創り上げたんだ。こういった嘘の話題をばら撒くことは、まさに北朝鮮が利する行為である。国家に対する裏切りだよ。左翼メディアもついにここまできたか…

11.海外のパネリスト
ノーベル賞受賞が遠のいてしまったねw

12.海外のパネリスト
こういうことは、首脳会談の場で言うべきだと思う。むしろ、会談を中止したいのはトランプの方ではないのか?

13.海外のパネリスト
>>12
だから!!!トランプはこんなこと言ってないってば!!!!!

14.海外のパネリスト
金正恩がこの記事を読んだら、何を感じるだろうか…

15.海外のパネリスト
>>14
彼らはアメリカのメディアを詳しく観察・研究している。間違いなく、この記事も金氏に報告されているはずだ。

16.海外のパネリスト
>>14
少なくとも、トランプが読んでないことは確か。彼は英語ができないから。

17.海外のパネリスト
アメリカの健康保険制度が混乱を極めている最中、トランプは北朝鮮の体制維持を再優先事項に据えている。

18.海外のパネリスト
一歩すすんで、三歩さがった。
 

独:移民急増によってドイツ国民の負担が増大するとの試算が出ている模様[海外の反応]




2015年以降、ヨーロッパ、特にドイツにおいて、移民の急激な流入が発生してきた。そうした中、それらの人々に対応するために費やされる予算について、様々な試算が発表されている。

2016年2月、「クリスティアン・アルブレヒト大学キール」のMatthias Lücke教授は、2570億ユーロ(*約33.5兆円)のドイツ国民の税金が必要になるとの計算結果を明らかにした。また、2022年にはそれらの移民対策費用が5500億ユーロ(*約72兆円)にまで跳ね上がると、述べている。

Matthias Lücke教授による発表の5ヶ月後、Bernd Raffelhüschen博士も自身の学説を公開し、全移民の内、およそ70%を占めるアラブ系の人々を養うためには、約1兆ユーロ(*約130兆円)程度必要になると述べた。

また、2017年2月には、ドイツ・メルケル首相の経済アドバイザーを務めるHans-Werner Sinn氏も移民関連予算について見解を示し、全体的なコストが3400億ユーロ(*約45兆円)近くになりうると語った。これは2017年度における「ドイツGDP」の約一割に匹敵する。

とある調査によれば、ドイツを訪れている難民達の多くは、仮に祖国の紛争が終結しても、ドイツに留まる意思を持っていることが、明らかとなっている。

移民に費やされる予算総額については学説により幅があるが、これらの費用が、ドイツ国民の負担になることは確実である。それはつまり、高齢者の労働期間延長、及び、年金支給年齢の上昇、そして、高税金をもたらす可能性を示している。

//------------------//

//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2018/05/germans-could-need-to-work-until-their-70s-to-pay-for-hundreds-of-thousands-of-refugees-on-welfare/#.Wvwv4ARF19M.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/996741955731238913
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*261件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
あれ?「素晴らしき移民達」が「高齢者の年金」を地元民達に代わり、働いて払ってくれるんじゃなかったの?本来「年金受給対象者」とされていた人々が、移民達のために働くことを義務付けられるなんて…

2.海外のパネリスト
メルケルの責任!

3.海外のパネリスト
スウェーデンと一緒だね。

4.海外のパネリスト(*イタリア語のグーグル翻訳)
イタリアも同じ…

5.海外のパネリスト
先進国が第三世界になり、そして、肥溜め国家となった。これはドイツ人が望んだことだ。

6.海外のパネリスト
これこそ政治家達が求めた姿…国民の奴隷化こそ、彼らの目標だったのだ。

7.海外のパネリスト
中東の石油国「難民受け入れ数:0」

8.海外のパネリスト
ここまできたら「大規模な戦争」でも欧州内で起きない限り、状況は変わらないだろう。

9.海外のパネリスト
リベラリズムが「農奴制」の復活をもたらした。

10.海外のパネリスト
移民「カナダよ!ドイツの次は君だ!!!」

11.海外のパネリスト(*おそらくインドの方)
ロヒンギャの世話をさせられているインド人の苦しみが、ドイツ人達にも、これで理解できただろう?

12.海外のパネリスト
ドイツ人はまだマシさ。本当に大変なのは、ドイツ政府の移民政策に巻き込まれた貧しいEU諸国の方。欧州内紛争が起こる可能性も、否定出来ないね。

13.海外のパネリスト
メルケルを首相にしたのはドイツ人だろ。受け入れな。

14.海外のパネリスト
イスラムは、ナチスよりも酷い。

15.海外のパネリスト
いい加減、経済移民を”難民”と呼ぶのは止めにしないか?

16.海外のパネリスト
ドイツって若者に職を与えるため、定年が法律で定められているはずなんだけど…?

17.海外のパネリスト
最新のスマホを持ち、綺麗な服を着ている”難民”。

18.海外のパネリスト
移民達は働かないだけではなく、犯罪も引き起こす。


スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

最新コメント
スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

アクセスランキング
ご意見・ご要望

コメントの削除・編集希望等もこちらへ!!

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。