海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…

政治・経済

[海外の反応]70%の日本人が安倍首相の訪米を支持、一方日本の野党からは安倍総理に非難の声。




日本メディアの共同通信社は、安倍首相がアメリカから帰国したことを受け、世論調査の結果を発表した。それによると、およそ70%の日本人回答者が、今回の訪米成果に”満足している”と答えている。また、安倍首相の支持率も62%を記録し、前月にくらべ、若干数値を伸ばしている。

多くの日本人が今回の訪米を歓迎している一方で、日本の野党は今回のトランプ大統領との蜜月関係を批判。トランプ大統領の政策について反対しなかったこと、もしくは、そのことについて支持をうかがわせる言動をしたことについて、非難を浴びせた。

主力野党政党である民進党は、安倍首相が、トランプ大統領によるイスラム教徒の入国停止令に、反対する声明をださなかったことを、抗議した。また日本共産党の代表・志位和夫氏は「世界中からこの問題に厳しい目が向けられる中、(その当事者である人物と)ゴルフを幸せそうにすることは、恥ずべきことである。---彼はトランプ大統領にごまをすっている。(kowtowing)」と、述べた。これは中国共産党の機関紙が、安倍首相がアメリカを”崇拝している(fetishizing)”と、揶揄したことに呼応したと思われる。


http://www.breitbart.com/national-security/2017/02/13/70-percent-approve-shinzo-abes-trump-visit-japan-communist-party-outraged/

-------------------------------------------------------
メディア:米・ブライトバート 
コメント傾向:保守 
コメント選出法:基本人気順(レス除く)
-------------------------------------------------------

1.海外のパネリスト
共産党の怒りほど愉快なものは無いね!

2.海外のパネリスト
>>1
幸せな共産党員っているのかね?会ったことないが…

3.海外のパネリスト
>>2
オバマが選出されたときは、さぞかし幸せだったろうよ…

4.海外のパネリスト
>>2
道端で1万円(100ドル)を拾っても、”他の道では1万円拾えなかった!”と、謎の抗議をするのが共産党クォリティ♪

5.海外のパネリスト
>>4
それな!w

6.海外のパネリスト
日本人は正気を保っている。アメリカやヨーロッパと違って、イスラムテロリストを受け入れずに、頑張ってるからな…

7.海外のパネリスト
>>6
安倍首相は移民に関して、かなりしっかりと対策をしている。

8.海外のパネリスト
日本の民進党ってのは、なにかっていうと移民だの難民だの、偽善めいたことほざきやがって…いくら左翼集団とはいえ、あいつらも移民の弊害をよく知っている日本人のはずだ…なぜ、トランプを非難する?共産党に関しては、もう知らん。

9.海外のパネリスト
>>8
安倍首相の返答が秀逸だったよ。「私達は他者を助ける前に、まず我々の仲間を助けるべきです。」だって…賢いね!

10.海外のパネリスト
>>9
すばらしい回答だ。だが、これに感動してしまうっていうことはつまり…私達西洋人は移民というものの恐ろしさを忘れてしまっているということなんだろう…安倍首相は、きっとこんな簡単なことを説明しなければならないことを苦々しくおもっているに違いない。アフリカの子供達ですら分かることだ。「国境のない国は、もはや国ではない(a country without borders is not a country)」ことを・・・

11.海外のパネリスト
トランプ!安倍首相!よくやった!共産党を怒らせることはよい事だ!

12.海外のパネリスト
「私はまず、移民や難民を受け入れる前に、日本における女性の社会進出、中高年者の積極的な雇用、出生率の改善などの対策を行うべきなのです。」これ、安倍首相のスピーチらしいんだけど、すごいよね!そりゃ左翼に嫌われるわw私達は、あなたがリードする日本との関係を楽しみにしてますよ、安倍首相!

13.海外のパネリスト
アメリカの共産党(民主党)もぶち切れてたねw

14.海外のパネリスト
少なくとも日本では共産党は、身分を隠さずに堂々と名乗ってるからまだマシよ…ここじゃあ、民主党なんて仮面をはめてるからな~

15.海外のパネリスト
オバマは在任中数え切れないほど「エアフォース・ワン(大統領専用機)」を乗り回していたが、外交成果は無に近かった。だが見ろ!トランプは数回の飛行で日本とこれだけの友好関係を結んだぞ!?私達の大統領はたった一ヶ月で、オバマ二期分の仕事を成し遂げたんだ!

16.海外のパネリスト
日本に共産党ってあったんだ…知らなかった…どこの共産党だろうが、嫌がってるってことはいいことだ!

17.海外のパネリスト
>>16
規模は小さいらしいよ。

18.海外のパネリスト
日本の野党はきっと国民から支持されてないんだろうな…


 

[海外の反応]中国、尖閣諸島の領有権に関する日米合意に困惑隠せず。




今週の月曜、中国外務省は、アメリカが、東シナ海にある尖閣諸島の領有権における日本の立場を支持したことについて、懸念を表明した。

先週の週末に行われた日米首脳会談後、両国は共同で声明を発表し、尖閣諸島が、日米安全保障条約第五条、「(アメリカの保護義務を規定した)日本の施政下の領域」に含まれることを確認した。

中国外務省報道官Geng Shuang氏は、「中国は、(共同声明に対し)著しく懸念をしており、激しく異議を唱える。」と述べ、「尖閣諸島は古代より、中国固有の領土である。」と、付け加えた。

さらに、同報道官は、「誰がなんと言おうと、尖閣諸島が中国の領土であるという事実を変えることはできない。また、領土と主権を守ろうとする、中国の決意を揺るがすことも出来ない。」と、北京で行われた記者会見で語った。

その後、「日米両政府は、自分達が何を言うか、行うかについて、もっと配慮を配るべきである。そして、地域の平和と安定を損じる、いかなる誤った声明も、出されるべきではない。」と、釘を刺した。

https://www.yahoo.com/news/china-upset-disputed-islands-mention-japan-u-meeting-090543501.html 
("Top Reaction"より基本、順番にコメントを訳しています。)

1.海外のパネリスト
15年周期で、中国は新たな領土を主張する。それも、古代のいんちきな地図や、大昔に占領していたという、非常に薄い根拠をもとに…そして、力ずくでその土地を奪う。ロシアが居なければ、きっとモンゴルの土地も、自分達のものだと主張していたことだろう。

2.海外のパネリスト
中国共産党は、世界のお荷物なんだよ。領土を盗み、偽りの土地を作り、空気を汚し、中小国を虐め、北朝鮮を支持し、プラスチックの米を輸出する。こいつらが居なくなれば、少しは世界も綺麗になるだろう。

3.海外のパネリスト
お~お~、北朝鮮のおとっちゃんがまたぶち切れてるぞ?中国に思い知らせてやれ、俺達は、お前らの侵略行為を絶対に認めないと!

4.海外のパネリスト
中国は忘れっぽいんだな。1420年後半に、尖閣諸島領域から撤退して以降、中国はその後500年間、この領域には立ち入らなかった。この事実は、いかなる中国の主張も打ち崩すだろう。

5.海外のパネリスト
1945年以降、あの島はアメリカから日本へと譲渡された。アメリカもこの現状を支持している。…ところで…あの島に日本はゴジラを隠しているのだろうか…

6.海外のパネリスト
>>5
ウルトラマンの基地らしいよ。

7.海外のパネリスト
チベットに自由を!!!

8.海外のパネリスト
中国が、該当領域の領有権を主張しだしたのは1970年代に入ってから…尖閣諸島周辺に、豊富な地下資源が存在していることが判明してからだ。彼らにとって、国際法なんて関係ない。日本は、中国よりもはるかに昔から、尖閣諸島の領有権を主張していた。中国は、世界一の詐欺国家だ。

9.海外のパネリスト
「地域の平和と安定に損じる」だって?…なるほど、「地域の平和と安定をもたらす」のは、中国だけだと、言いたいんだな?もし、アメリカが居なければ、東シナ海全体を支配しようと思っているくせに…

10.海外のパネリスト
日本+US=強いよ?

11.海外のパネリスト
中国は嘘つきだ!欲深く、詐欺師で、モラルが無く、無心論者、そして犬を食う。中国製製品をボイコットしよう!

12.海外のパネリスト
トランプは台湾の総裁と、ダライラマをホワイトハウスへ招待するべきだ!

13.海外のパネリスト
中国はいつも困惑しているね…領土の盗人め…

14.海外のパネリスト
なんで国連は、中国のでたらめな主張にいつも黙っているの!?

15.海外のパネリスト
もうオバマはいなくなった。もう中国のわがままに付き合ってやるお人好しはいない…

16.海外のパネリスト
中国の気に入らないことってのは、大抵よい事だ。

17.海外のパネリスト
日米を脅そうなんて100年早いよ?

18.海外のパネリスト
ごめんよ…でも、もう中国の時代はおわったんだ…

19.海外のパネリスト
中国「お前のものは俺のもの。お前のものも俺のもの!
 

[海外の反応]安倍&トランプ、共同で北朝鮮のミサイル発射を強く非難。




訪米中の安倍首相は、トランプ大統領の全面的な支援を得ながら、北朝鮮による日本海へのミサイル発射を”絶対に容認できない”と、強い口調で非難した。

安倍首相は、通訳を介して、以下のコメントを発表。(概要)

「今回の北朝鮮によるミサイル発射は断じて容認できるものではありません。北朝鮮は国連によって定められた決議に従わねばなりません。今回の会談において、トランプ大統領は、米国が100%、日本の味方であること確約してくれました。その決意の表れとして、今回、この場に来てくださいました。私とトランプ大統領は、日米二国間における、より一層強固な連携・協力を促進していくことを、完全に共有しております。私からは以上です。」

その後、トランプ大統領も、安倍首相を支持する声明を発表。

「これだけは知っておいて欲しい。アメリカは100%、この偉大なる友好国・日本の味方である。」

(コメント&記事)
http://www.breitbart.com/video/2017/02/11/japan-condemns-n-korea-missile-launch-trump-u-s-stands-behind-japan-100-percent/

(注釈:Breitbartは、アメリカにおいても非常に保守的なメディアとして知られている。トランプ大統領を支持する、数少ない米メディアのひとつ。)

1.海外のパネリスト
もうさ、あいつの宮殿、爆撃しちまえよ!ガタフィ(*)みたいにさ!そうすりゃ全部終わる。支持率も爆上がりで、リベラルも黙るだろう。

(*リビアの元指導者)

2.海外のパネリスト
もし、これがオバマだったら、我々の同盟国はアメリカを頼りにできるかどうか不安だっただろう。でも、心配は要らない!今はトランプの時代だ。私達の仲間、イスラエル・日本・イギリス・オーストラリア、の安全と防衛のためなら、なんでもする!

3.海外のパネリスト
>>1
お前は何も分かってない。無知丸出しで恥ずかしくないのか?ガタフィは北の将軍様とはまったく違う!彼は決してアメリカに対して真の脅威ではなかったし、世界に対して脅威となるミサイルも持っていなかった。(核開発放棄を破棄した。)状況がまったく異なるのだよ。日本との長年にわたるこの戦略的互恵関係は非常に重要なものだ。彼らへ北朝鮮・中国に対抗するあらゆるサポートをするべきである。

4.海外のパネリスト
>>3
ヒラリーがガタフィを嫌っていたのさ…彼の退陣をほくそ笑みながら眺めていただろう。

5.海外のパネリスト
>>4
おかげさまで、いまやリビアはISISの勢力圏となりました。ヒラリー、ありがとう!!!!!!

6.海外のパネリスト
>>4
あれでしょ、ヒラリーはガタフィに振られたから…その腹いせでしょ?

7.海外のパネリスト
>>3-6
お前ら何言ってんだ?ガタフィはアメリカの飛行機を墜落させたんだぞ!あいつを好きなアメリカ人なんかいるか!

8.海外のパネリスト
今、ボールはトランプの手の中にある。さて、彼がどう反応するか、見せてもらおうか…議会も共和党が握ってる…逃げることはゆるさんよ?

9.海外のパネリスト
>>8
何もしなかったらトランプ支持を止めるのか?そんなわけないね。また、色々言い訳をするだけさ。

10.海外のパネリスト
実行力を伴わない軍事力など、所詮なんの意味も持たない。軍も送らず、攻撃もせず、ミサイルも打ち込まない…だからこそ…あいつらをここまで育ててしまったんだ…

11.海外のパネリスト
我々は、一度に多くのことを成し遂げることのできる、有能な大統領を選出したのだ!

12.海外のパネリスト
>>11
そうだな。日本の指導者が、真のリーダーとしてのあり方を披露する様を、ただ横で突っ立って、みていることもできる。無能なアホだ。

13.海外のパネリスト
日本とアメリカの対応は正しい。オバマだったらこうはいかなかっただろう…

14.海外のパネリスト
北朝鮮の終わりも近い…日本とアメリカと韓国は、そろそろ対策を練っといたほうがいいんじゃないか?

15.海外のパネリスト
日本を軍事化させればいい。もちろん私達の支援を与えて!そうするべきだ!彼らは信頼における友好国であるし、すばらしい人々である。私達は多くのことを日本から学ぶことができるだろう。(移民を受け入れない、ユダヤ人の影響がないなど…)

16.海外のパネリスト
馬鹿な大統領は、娘イバンカのブランドが、大手スーパーから拒否られたことを、ツイッターで嘆くことしかできない。日本の総理大臣が、いつものように、北朝鮮を激しく非難する中、こいつはアホみたいにそれを聞いて、うなずくことしかできなかったんだ。

17.海外のパネリスト
トランプは日本のリーダーとの交流を本当に楽しんだみたいだね。自分の別荘地にまで招待するなんて…(イギリスの)メイ首相とですら、そこまでしなかったのに…まあ、彼女はあまり信頼できないけど…

18.海外のパネリスト
私達は日本を見習うべき!彼らは99%移民を拒否している。賢い判断だ!

19.海外のパネリスト
>>18
もし移民を受け入れ始めたら、免許証に「目の色」と「髪の色」の項目を付け加えないといけないからね。

(注釈:アメリカのほうではそうなってるみたいです。)





 

[海外の反応]フランス:反移民・右派政党出身の大統領が誕生の可能性あり!?




フランスで行われた大統領候補者に関する世論調査において、反移民・反イスラムを掲げる極右政党・国民戦線党首ル・ペン氏が、4月23日に行われる第一回投票において、勝利する見込みであることがわかった。しかし、 その後、5月7日に行われる第二回決戦投票においては、他候補の票が対抗馬に集まることが予想され、現時点では敗退する可能性が高い。

リヨン市で行われた演説会において、ル・ペン氏は、大統領選に勝利をおさめ、”フランス・ファースト”の政治を行うと宣言した。これは、アメリカのトランプ大統領の影響を強く受けているものと思われる。また、反移民・反イスラムを念頭に、「この国が(移民やイスラムに)影響されて欲しくない。ー(アメリカのように)自国の利益を最優先に求めるべきである。」と、述べた。

その後、ル・ペン氏は「不可能が可能になりつつある。トランプ大統領のように、いかなる抵抗勢力の妨害にも屈せず、大統領に選ばれ、そして、約束を遂行する。」と、同氏の演説を聞きに訪れた3000人の支持者に語りかけた。

加えて、先日に起きたルーブル美術館でのテロ事件を念頭に、「フランス国民が、テロと共に生きることを強いられるべきではない。」と述べ、法律や規制の強化を誓った。

https://www.yahoo.com/news/frances-le-pen-rallies-supporters-presidential-launch-062550238.html

1.海外のパネリスト
”我国における急進的なイスラム化と、宗教による過剰な政治的要請は、私達の文化を滅ぼしかねない。By ル・ペン”

まさしくその通りだ。自滅的リベラル主義を拒絶し、真実を明らかにしてくれてありがとう!勝ってくれ!!!

2.海外のパネリスト
ヨーロッパ人が目覚めるべき時がきた。自らの国と文化を取り戻すんだ!!!行け、ル・ペン!!!

3.海外のパネリスト
彼女は勝つだろう、そして、フランスは再び蘇る!!!

4.海外のパネリスト
フランスを再び偉大にしよう!

5.海外のパネリスト
左翼メディアのヤフーが、どうにかリベラル候補が勝つようにと、必死に偏向報道をしている。なんで国民戦線を「極右(far right)」なんて呼び方をするんだ?彼らは国民から最大の支持をうけてるんだぞ?

6.海外のパネリスト
トランプ大統領が、リベラルエリート達に対抗するための世界的改革を始めた。これにより、ヨーロッパの”一般人”が、目を覚ましたんだ。

7.海外のパネリスト
>>6
リベラルメディアは毎日毎日飽きもせず、くだらないことで彼を攻撃し続けてる…でも、彼はきっとこの戦いに勝つだろう。

8.海外のパネリスト
フランスの人々よ!今こそ選択の時である!!ここでどの道を進むか…それがあなた達の未来を決める。もし、ここでイスラム教徒に屈すれば…ヨーロッパ初のイスラム国家が誕生することになるだろう…

9.海外のパネリスト
ようやくヨーロッパもイスラムの脅威に気づいたようだね。まったく、キリスト教徒というものは、本当にのんびりさんだな。

10.海外のパネリスト
>>9
我々はのんびりしてたわけじゃない。ただ、私達を攻撃する人々を、攻撃することに恐怖する、腰抜け政治家たちに支配されていただけだ…

11.海外のパネリスト
>>9
キリスト教徒にとって許しと寛容は不可欠だから…でも、限界はある…

12.海外のパネリスト
ヨーロッパ人のためのヨーロッパ…すべてを取り戻すんだ!!!

13.海外のパネリスト
なんでいつもいつも!いつもいつもいつもいつも!!!ル・ペン氏が”極右”として紹介されるんだ!?おかしいと思わないか!?彼女は、フランス国民を守ろうとする、普通のフランス市民だ!

14.海外のパネリスト
ル・ペンは真に国家を案ずる、良きリーダーだ。

15.海外のパネリスト
キリスト教徒の十字軍のごとく、強くあれ!!!

16.海外のパネリスト
フランスにしろ、イギリスにしろ、アメリカにしろ…自国民を最優先するのは当然だよ。それこそ政府の仕事でしょ?

17.海外のパネリスト
第二回投票で負けるって?そうかいそうかい…あんたらの調査がどれだけ正確か…俺達はみんな知ってるよ…これだから”偽ニュース”ってのは…フランスでも一緒だな…

[海外の反応]訪米中の安倍首相、トランプ大統領より熱烈な歓迎を受ける。




(一部、記事を修正しました。2017/2/11 22:12)

トランプ大統領は、熱烈な抱擁と敬意に満ちた言葉で、訪米中の安倍首相を歓迎し、大統領選中に行っていた厳しい日本批判を、忘れさせるものとなった。

大統領執務室において、報道陣の前で安倍首相と握手をしたトランプ大統領は、「(彼の手は)とても力強い!(だから、ゴルフも上手いはずだ。[注:ジェスチャーによる表現])」と述べ、さらに、「(安倍首相とは)とても相性が良い。」と、終始、安倍首相に対して、好意に満ちた発言を繰り返していた。

*会談動画(strong handsの発言は0:30あたりです。):


「今日、彼(安倍首相)と会った時、握手をした後、私は彼を抱き寄せて、抱擁をしたんだ。そうしたい気分だったんだよ。」と、報道陣に対して語った。

この場において、TPPや、日本製品に対する関税、または、長年続く日米関係の維持など、様々な問題に関して、質問が寄せられたが、安倍首相はそれらには直接答えず、「トランプ大統領は、すばらしいビジネスマンだ。」と述べ、さらに「私のゴルフの腕は、彼には及ばない。」と、謙遜していた。

大統領選挙中、日本に対して厳しい注文をつけていたトランプ大統領であったが、今回の会談においては、日米の長きに渡る防衛指針を擁護し、「(安倍首相の主張する)自由で公平な相互貿易」の重要性についても、理解を示した。

「私達は、日本の安全に責任を持つ。日米二国間の絆…日米二国間の国民の絆は、とてもとても、とても深いものだ。私の政権では、この絆をより深めることに努める。」と述べ、中国が尖閣諸島へ軍事侵攻してきた場合などに関する、日本への防衛責任を再度言明した。

日本政府は以前より、中国に対するオバマ政権の”弱腰”姿勢を懸念しており、より強硬な姿勢を鮮明にするトランプ大統領への期待が高まっているようだ。

この奇妙な政治カップル(odd political couple)は、土曜日に行う予定のフロリダ・マー・ア・ラゴにある高級別荘地でのゴルフ会談に向かう前に、ホワイトハウス内で昼食を共にとった。

https://www.yahoo.com/news/trump-welcomes-abe-white-house-talks-171941165.html

1.海外のパネリスト
トランプ大統領は、オバマ8年間によって壊れた友好国の信頼を取り戻そうとしている。頑張れトランプ!

2.海外のパネリスト
中国はオバマと米・民主党とリベラルメディアを子飼いにしている。日本はトランプが信頼できる奴だとわかってるんだ。

3.海外のパネリスト
>>2
トランプも似たようなもんだろ?

4.海外のパネリスト
トランプと安倍首相が仲良さそうでよかった。

5.海外のパネリスト
こんなに良い関係の会談でも、リベラルの連中は何か文句を言いたがるんだろうな。あいつらが何言おうが気にすること無いけど…

6.海外のパネリスト
なんて素晴らしい大統領だ!アメリカを再び偉大にしておくれ!

7.海外のパネリスト
他国のリーダーと仲良くしたといって、左翼が抗議し始めるぞ。

8.海外のパネリスト
>>7
中国のリーダーと仲良くしたら、あんたらはそれはそれでわめき散らすだろ?

9.海外のパネリスト
トヨタとホンダがアメリカでたくさん車を作ってくれて嬉しい。他の国も見習って欲しいな。

10.海外のパネリスト
>>9
これは日本の車メーカーにとっても利益があるんだよ。彼らは車の部品を自国で作ってるからね。その分、税金を逃れることが出来る。

11.海外のパネリスト
日本との取引は大歓迎だね。彼らは質のいい仕事をアメリカ人に提供してくれるし、不法移民を送り込んでくることもない。彼らとの関係は、お互いにメリットがある。

12.海外のパネリスト
オバマがいなくなってくれて、本当によかった。

13.海外のパネリスト
この会談は、リベラルを苛立たせるだろう。他国のリーダーはトランプを信頼できる人物と判断しているってことさ。そのうち、(反トランプの)フランスやドイツのリーダー達は選挙で消えるだろうし…

14.海外のパネリスト
民主党時代に低迷してしまった外交を、また再び前進させるんだ!

15.海外のパネリスト
握手をしただって?他国の首脳に対して不器用に深々と頭を下げる大統領の方がよかったのに~

(天皇陛下に頭を下げたオバマ前大統領を揶揄している?)

16.海外のパネリスト
なんでこの記事は、二人のことを”奇妙な政治カップル”なんて変な名称をつけるんだ?

17.海外のパネリスト
>>16
この記者の頭がおかしいんだろ…

18.海外のパネリスト
>>16
ヤフーだからだよ。彼らはトランプに関することは、すべて否定的に報じたいのさ。

19.海外のパネリスト
第二次大戦後から、日本は常に俺達の良き友人だ。でも、中国はわからない。少なくとも俺は嫌だ。

20.海外のパネリスト
>>19
じゃあ、中国と戦争を始めるか?中東でもあんなに上手くいってることだしな…(皮肉)

 

[海外の反応]安倍総理、米・トランプ大統領とゴルフ外交へ!




安倍首相と、米・トランプ大統領は今週末、トランプ大統領が所有するフロリダ・パルムビーチにある高級別荘地マー・ア・ラゴにおいて、ゴルフ外交を行う予定だ。

トランプ大統領は、ゴルフ誌”Golf Digest”とのインタビューにおいて、今回の会談について語り、「私達は一緒にゴルフをする。これはとても素晴らしいことだ。…ゴルフコースを一緒に回ることによって、食事を共に取る以上に、相手をより深く知ることができる。」と、述べている。

大統領任期中、300ラウンド以上もゴルフを楽しんだオバマ前大統領にはまだまだ及ばないが、トランプ大統領も、多くのゴルフ場会員となっていることで知られている。

昨年11月の大統領戦後、勝利を収めたトランプ大統領に対して、安倍首相が40万円近くする、本間社製ドライバー「Honma Beres S-05」を、プレゼントしたことは一部で話題となった。

大統領選挙中、トランプ大統領は日本に対して防衛費の増額を要求し、物議を呼んだこともある。

*記事&コメント
http://www.breitbart.com/sports/2017/02/08/trump-tee-japan-prime-minister-shinzo-abe/

(注:「Breitbart」はトランプ氏の最側近バノン氏が以前、経営に携わっていた事で知られる、非常に保守傾向の強い報道機関である。一部のメディアからは、人種差別を助長する報道をしてるとの非難も受けている。)

1.海外のパネリスト
もしオバマが、こういう感じで外交のためにゴルフをしていたのなら、問題なかっただろう…でも奴は違う。あいつはただ、自分が楽しむために遊んでいただけだ。トランプの姿勢こそ、正しい大統領の姿だ。

2.海外のパネリスト
>>1
オバマのお友達はみんなゴルフをしないからな…メルケルとか…社会主義者はゴルフの楽しみ方を知らないんだ。

3.海外のパネリスト
私は日本文化が大好きだ。私の父は80になるのだが、彼は今でも、古い町並みが残る日本の町に住んでいる。そこは、手入れの行き届いた庭があって、謙虚で尊敬すべき近所の人々がいて、静かで、かつ安全。最高だよ。ちょっと南のほうにいくと、色々ごちゃごちゃしてるけどね・・・

4.海外のパネリスト
>>3
数年前、サンフランシスコで日本人と関わることがあったんだけど、彼らは私の人生で出会った人々のなかで、最も良い人たちだったよ。彼らなら、いつでも隣人として迎えたいね。

5.海外のパネリスト
トランプが過去の大統領と違うのは、彼がゴルフを政治道具として使っていることだ。ゴルフによって他国の首脳達と交流を深め、交渉を進める。いつも遊んでばかりいたオバマとは違う。

6.海外のパネリスト
>>5
オバマは身内とゴルフに行き、トランプは他国のリーダーとゴルフに行く。

7.海外のパネリスト
日本人はゴルフが好きだし、このスポーツに畏敬の念まで感じている。交渉の場としては最適だろう。きっと彼らはこう言ってくれる。"Ooooh, good shot, Donald San!"(原文)

8.海外のパネリスト
今日のホワイトハウスの記者会見で、リベラル・メディアが”だれがゴルフ料金を払うんですか?”なんて、ふざけた質問をしていたんだが…

9.海外のパネリスト
>>8
裏切り者オバマのゴルフ料金を払ってくれた奴じゃね?

10.海外のパネリスト
多くの商談やキャリアは、ゴルフを通して作られている。ビジネスに関する人間なら、このことは当然なんだ。これは仕事、遊びじゃない。オバマのように遊んでるわけじゃなく、トランプは仕事をしようとしているんだ。

11.海外のパネリスト
良い取引ができるといいね。

12.海外のパネリスト
たとえオバマが外国の首脳とゴルフをしても、絶対勝てないだろうけどねw

13.海外のパネリスト
>>12
だからいつも一人でゴルフにいってたんだよ。

14.海外のパネリスト
日本のことを良く知らない馬鹿な釣師(troll)共にいっておく。日本人はゴルフをビジネスの場所として捉えている。これは彼らの文化なんだ。お前ら左翼の釣師には分からないことなのかもしれないがな。

15.海外のパネリスト
>>14
アメリカと一緒だね。

16.海外のパネリスト
トランプにはがっかりだよ。彼は中国の為替操作に対して、就任後すぐ、非難するっていってたのに…未だにその約束は果たされていない。中国は、イスラム教徒たちよりも面倒な存在だよ。あいつらはゴキブリのように、その勢力を欧米諸国に広げてきている。早く何とかしてくれ!

17.海外のパネリスト
>>16
まあ、そう慌てなさんな。トランプは就任前からちゃんと中国に対して対策している。今はただ、少し息抜きを与えてやっているだけ。これから、クリントンやオバマ時代の屈辱を倍返しする時代が来るんだ。

18.海外のパネリスト
>>16
おいおい、お前はニュースを見てないのか?俺達のマッドドッグ(マティス国防長官)が、すでに南シナ海の領有権について噛み付いてたろ?
 

[海外の反応]日本でも大人気!トランプのご子息・バロン君についての独占情報!




(*一部修正いたしました。2017/2/10)

1.トランプ大統領と、その三番目の妻メラニア夫人との唯一の子供

かれはドナルド・トランプ氏と、その三番目の妻である、メラニア・トランプさんとの間に生まれた、現在までに唯一の子供である。2006年5月20日生まれで、現在は10歳。ニューヨークにあるトランプタワーにて両親と共に生活をしている。トランプ夫妻は、バロン君の誕生する一年前の、2005年1月に結婚をしている。

2. すぐにホワイトハウスに移る予定はない。

マンハッタンにある名門であり、学費の非常に高いことで知られるコロンビア進学学校に通っているため、そこを卒業した後に、ホワイトハウスへと移り住む予定である。

3.彼は60年ぶりとなるファースト・ボーイ

彼は、ジョン・F・ケネディ氏の息子ケネディJr氏以来、ホワイトハウスに住むことになる60年ぶりのファースト・ボーイ(大統領の息子)となる。

4. バロン君はスーツがお好き。

メラニア夫人によれば、バロン君は、父親を真似てスーツを着ることが好きで、スウェットなどはあまり着ないのだという。

5.キャビア入り保湿剤を使用!?

バロン君は子供の頃、お風呂に入りながら、キャビア入り保湿剤を使っていた。これはメラニア夫人のブランド製品である「Caviar Complex C6」というものである。しかし、メラニア夫人の化粧品事業が失敗したため、現在は使っていない。

6.お父さん(トランプ)が大好き。

父親であるトランプ氏の影響を非常に強く受けており、すでに5歳のときには、父親のような、ビジネスマン、もしくは、ゴルファー(トランプ氏はゴルフの達人)になりたいと願っていたという。彼は、物を作り、そしてそれを壊し、また異なる物を作ることを好むのだという。メラニア夫人によれば、彼の外見は二人から受け継いでいるものの、内面はまさに”リトル・トランプ”であるという。

7.乳母は雇っていない。

トランプ夫妻は、バロン君を育てるに当たって、乳母を雇うことはせず、自分達で育てたことを強調している。アメリカのセレブにおいては、乳母を雇って子供を育てることは、比較的一般的である。また、トランプ氏は、バロン君が幼少時代、家政婦のような若い女性を雇っていたことはあるが、基本的には、メラニア夫人が、海外出張の多いトランプ氏に代わり、しっかりとバロン君を育てている、とも述べている。

メラニア夫人が、バロン君の学校の送り迎えを自らしていることも有名。

8.二カ国語を自在に操る。

メラニア夫人がスロベ二ア出身のため、バロン君は、英語とスロベ二ア語を流暢に話すことが出来る。トランプタワーで一緒に住んでいるメラニア夫人の両親(バロン君の祖父母)とは、スロベ二ア語で会話しているという。

9.バロン君の部屋。

バロン君にはトランプタワーのまるまる1フロアーが、与えられているという。ホワイトハウスへの引越しを急ぐ必要はなさそうだ。

10.日本で大人気!

大統領選における勝利演説におけるバロン君の態度は、日本においても話題を呼んでおり、漫画家の「ほりた・ゆうすけ」さんの描いたバロン君のパロディ漫画などは、欧米メディアでも取り上げられた。

11.表に出てくることはない?

最近メディアにおいては、バロン君の名前を見ない日はないが、今後とも、彼が表立って活動することはないという。メラニア夫人は、「彼を普通の子供として育ててあげたい。普通に学校やスポーツを楽しんでほしい。目立たせるようなことはしたくない。」と、述べている。

12.ホワイトハウス(ワシントンDC)に引っ越したら、どこの学校にいくの?

現在、様々な候補が挙げられているが、どれも推測にすぎない。一部では、シドウェル・フレンズという私立学校が有力視されているが、リベラル色の強いことでも知られているため、専門家は否定している。

記事参考:http://www.nickiswift.com/32376/things-didnt-know-barron-trump/
コメント:https://www.youtube.com/watch?v=X42TsYx79mY

1.海外のパネリスト
メラニア夫人似でほんとよかったね!

2.海外のパネリスト
>>1
そう?彼女そんなにかわいくないけど…

3.海外のパネリスト
10歳で、しかも身長が177cm…すごくね!

4.海外のパネリスト
>>3
両親とも背が高いからね。

5.海外のパネリスト
すごくかっこいいよね。

6.海外のパネリスト
>>5
確かに!でも、成長したらどうなるかなぁ~。今のところ、まさに”トランプ・ミニ”って感じだけど…

7.海外のパネリスト
トランプは大っ嫌いだけど、バロン君はほっておいてあげてほしい。彼はまだ子供だし、関係のないことだ。

8.海外のパネリスト
金持ちの子供ってのはいいね。

9.海外のパネリスト
前嫁との子供たちと違って、バロン君は本当に美しいわ。きっと大人になってもかっこよくなる!

10.海外のパネリスト
>>9
どうかなぁ~成長したら今のかわいらしさはなくなると思うけど?

11.海外のパネリスト
おいこら!バロン君の悪口は許さないぞ

12.海外のパネリスト
トランプの息子達のなかで、唯一のハンサムだ。

13.海外のパネリスト
二ヶ国語しゃべれるなんてすごいね。ほとんどのアメリカ人にはできないことだ。

14.海外のパネリスト
大統領選の勝利演説の時、バロン君が寂しそうに見えたんだ。父親に愛されていないからじゃないか?

15.海外のパネリスト
>>14
心理学者さまがご登場ですよ。

16.海外のパネリスト
>>14
そうだね。きっと愛されてないんだろう。1フロアーまるまる与えられているけど…

17.海外のパネリスト
>>14
バロン君は、トランプの1票を求めているわけですな?(ニヤリ

18.海外のパネリスト
父:トランプ(70)、息子:バロン君(10)…なんていうか…ね…

19.海外のパネリスト
 >>18
言われてみると…すごいねw
 

トランプ「オバマは私のことが好きだよ」オバマ「え…?」米国民「え…?」フ女子さん(一部)「え!?」[海外の反応]




米・トランプ大統領はFox Newsとのテレビ・インタビューのなかで、オバマ前大統領が、自分のことを「好きである。」と、述べた。

オバマ前大統領について、問われたトランプ大統領は、「とても不思議な事なのだが…私達はとても仲が良いんだ。彼が認めるかどうかはわからないが…彼は私のことが好きだし、私も彼が好きだ。」とし、インタビュワーを勤めたFoxNewsのビル・オライリー氏が、「なぜそれがわかるのか?」と質問をしたところ、「感じるんだよ。(I can feel it.)」と、単調に答えた。

 その後、トランプ氏は、選挙戦中のオバマ前大統領との関係にも触れた。

「私達はとても厳しい選挙戦を戦ってきた。彼はヒラリーよりもよく戦ったよ。彼は私に対してとても卑劣であったし、私もまた彼に対してそうであった。私達は互いにおそろしい言葉を投げかけあったんだ。でも、その後、私達は一緒の車に乗って、ペンシルベニア・アベニューをドライブした。そのことについては、あまり話してないけどね…政治とは不思議なものだ…」

この話を聞いたオライリー氏は、すかさず「何を車の中で話したのか?」と質問、トランプ大統領は、オバマ前大統領が感じている、アメリカが直面している”巨大な危機”について、トランプ大統領に打ち明けたとしたが、詳細に関する言及はさけた。一方で、それが「軍事問題」であることは、明らかにした。

このインタビューに先立ち、トランプ大統領は、就任後わずか二週間たらずで、オバマ政権時代に決まった様々な政策を停止・破棄している。そして、オバマ前大統領も、トランプ大統領のイスラム教徒入国停止処置などに対して、激しい非難をしている。

記事参考:http://www.independent.co.uk/news/world/americas/donald-trump-barack-obama-i-can-feel-he-likes-me-us-president-white-house-opinions-a7567151.html

コメント:https://www.youtube.com/watch?v=4pBDMwgf-JU

(*一部コメント修正しました。)

1.海外のパネリスト
そりゃ疑わしいね。オバマは誠意のある男だが、このオレンジ野郎には一生理解のできない概念だろうし…

2.海外のパネリスト
>>1
確かに!くそったれトランプ!!

3.海外のパネリスト
>>1
変態リベラル共め…

4.海外のパネリスト
こいつは自分のおめでたい妄想のなかだけで生きてるんだ。もうちった大統領にも専念しろよ?バノンの飼い犬さんよ?

(*バノン氏はトランプ大統領の最側近人物。色々物議を呼ぶ発言をする人でもある。)

5.海外のパネリスト
この男は5年間に渡り、オバマがアメリカ人でないと騒ぎ立て、大統領になるやいなや、彼が成し遂げた全てを壊そうとしている。そりゃ、オバマにさぞや好かれることだろう(棒)

6.海外のパネリスト
>>5
彼の頭の中では、この非常識こそ、常識なのさ。

7.海外のパネリスト
はっきり言ってやろう。オバマはお前が嫌いだ!

8.海外のパネリスト
トランプターズ(おそらくTrump+retardの合成語:トランプ好きのアホ共)も、この発言には苦笑せざるを得ないんじゃないか?

9.海外のパネリスト
思い込むの激しいやつだな…

10.海外のパネリスト
>>9
しかもとびきりね…

11.海外のパネリスト
”CNNは偽ニュースだ!”、お前ら労働者階級のトランプターズは、それしか言葉を知らないのか?

12.海外のパネリスト
>>11
大手のメディアはみんな偽ニュースだよ。リベラル連中はトランプの支持者が馬鹿ばかりだと盛んにはやし立てやがる。マジでむかつく。

13.海外のパネリスト
>>11
お前らはアメリカ人じゃねぇ!!

14.海外のパネリスト
そのうちコイツ、「ユニコーンはいる!」と言い出すぞ?

15.海外のパネリスト
>>14
「ユニコーン発見!By CNN」 CNN=偽ニュース

16.海外のパネリスト
俺も、”前”嫁(前大統領とかけてる?)とは今でもまあ仲いいよ。でも、もう女性としては見れないけどね…え、なんでかって?…あいつが@@@だからだよ!!!!

17.海外のパネリスト
>>16
www

18.海外のパネリスト
トランプと同様、あいつの支持者も空想のなかで生きてるからなぁ~

19.海外のパネリスト
なんかちょっと北の将軍様っぽくなってきてるね…

[海外の反応]日本・JAXA、宇宙ゴミ回収を試みるも失敗、しかし、その努力に賞賛の嵐




JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、地球軌道に浮遊する、宇宙ゴミを排除する実験的試みが失敗に終わったことを明らかにした。(原文:彼らにとって恥となるものになった。)

地球軌道上には現在、1億以上もの旧型衛星や、ロケットの欠片などが浮遊していると考えられており、将来の宇宙開発において、大きな障害となる危険性を秘めている。

JAXAの研究者によれば、今回の実験では、魚網製造会社と協力して、薄いステンレスとアルミで構成された、全長700メートルもの電子ティザー(網状の物?)を作成し、それにより、宇宙ゴミの浮遊速度を減らし、地球引力により大気圏へ突入させ、燃焼しようと計画していた。

この電子ティザーは、国際宇宙ステーションへの荷物運搬船から放出される予定であったが、放出前に問題が発生し、研究者達の懸命の努力も報われず、大気圏への再突入までには、放出に至らなかった。

研究者のリーダー「いのうえ・けんいち」さんは、「どうやら、ティザーがうまく放出できなかったみたいです。重要な目的の一つとしていた、今回の実験を遂行できなかったことは、とても残念なことです。」と、述べた。 

https://www.theguardian.com/science/2017/feb/06/japans-space-junk-mission-700-metre-tether-fails

1.海外のパネリスト
気にすることないよ!少なくとも、彼らは一生懸命この問題に取り組んだんだから。これは宇宙に関すること、失敗は当然。でも、かならずいつかは成功する

2.海外のパネリスト
>>1
同感だね。

3.海外のパネリスト
>>1
ティザーはちゃんと大気圏に突入して燃え尽きたわけだし、新たな宇宙ゴミは生み出さなかったという意味では、成功といっていいんじゃないかな?

4.海外のパネリスト
失敗を恐れずに、挑戦し続けることが重要なんだ。

5.海外のパネリスト
>>4
日本では「恥」を重視するからね。アメリカなんかじゃどうでもいいようなことでも、日本なんかじゃ文化的に大事になっちゃうんだよ。

6.海外のパネリスト
これでいいんだ。失敗こそ、成功への第一歩なんだ。恥じることはない。これは大きな一歩だ。

7.海外のパネリスト
科学というものは、その本質として、失敗と成功の両者を含んでいる。今回の失敗を「恥」だと評価する人々は、科学を理解しておらんのだよ。

8.海外のパネリスト
>>7
確かにその通りだ。この記事において、まるで「悪いニュース」かのように、この失敗を扱っているのはおかしい。JAXAはこの数年、技術的改善を続けているし、過去の失敗から多くのことを学んでいる。

9.海外のパネリスト
失敗はすばらしい!失敗なくして、進歩はない!

10.海外のパネリスト
>>9
重要なことは、今回の失敗は、ティザー自体の問題ではなく、その放出がうまくいかなかったことだ。つまりは、非常に単純な技術ミスだ。そういった意味では、「恥」といえるかもね。

11.海外のパネリスト
”失敗などしたことはない。ただ、うまくいかない方法を、1万回見つけただけさ。”
トーマス・A・エジソン

12.海外のパネリスト
>>11
そして彼はうまくいく方法を見つけた。他人のアイデアを盗んでね…

13.海外のパネリスト
何でこの記事はこんなに否定的なのかね!?いいかい、この装置はまだ”実験版”なんだよ?実験っていうのは、必ずしも成功を想定していないんだ。むしろ、その実験によって、貴重なデータを得ることに意義があるんだよ。

14.海外のパネリスト
>>13
日本のニュースサイトなんかの記事を読むと、励ましのコメントがすごく多いし、挑戦を続けて成功して欲しいっていうものがよく見られたよ。

15.海外のパネリスト
賞賛に値する失敗だ。恥などとんでもない!彼らは、私達のために(すさまじいお金もかけて)努力をしてくれているのだ。

16.海外のパネリスト
>>15
その通りだ!よくぞ言った!!

17.海外のパネリスト
NASAも月に人間を送り出すまで、数え切れないほどの”失敗”をしてきた。そして、そこから多くを学んできたんだ。日本よ、決してあきらめないでほしい。それは大変小さな一歩かもしれない。でも、あなた達の理念は、高潔なものであるし、意義のあるものだ。

[海外の反応]日本とアメリカ、共同でミサイル防衛実験実施、成功!!




先週金曜日、日本とアメリカは、共同で開発しているミサイル防衛システムの発射実験をハワイで実施、実験は成功した。

日米は2006年から、SM-3(Standard Missile-3)を使った、空対艦打上げ防衛用ミサイルの開発を共同で行っており、今回の実験では、SM-3が宇宙空間において、ターゲットを補足・爆破させることに成功した。

アメリカの当局者によれば、現在までのところ、アメリカは22億ドル(日本円:2500~3000億円)、日本は10億ドル(日本円:1200~1400億円)を、ミサイル防衛システムの開発に費やしている。

アメリカ・ミサイル防衛システムチームのスポークスマンであるクリス・ジョンソン氏は、「日米両国は、北朝鮮によるミサイル攻撃能力を非常に懸念しており、それゆえ、ミサイル防衛システムを継続的に、改善・進化させてきた。日米両国が共同で開発を行うことは、とても理にかなっていることである。」と、述べた。

ミサイルの部品は、日本企業である「三菱」と、アメリカの軍需製品メーカー「レイセオン」が共同で開発を行い、ミサイル本体の組み立ては、アメリカ国内で行われている。

https://www.yahoo.com/news/us-japan-conduct-test-joint-missile-215802173.html

1.海外のパネリスト
もうさ、実験とかいいから実際に使ってみようぜ!イランにしろ北朝鮮にしろ、もっと前に潰しておくべきだったんだよ。リベラルの腰抜けがそれを怠ってたんだ。もう十分税金は使った。実際に使うべき時が来てるんだ。

2.海外のパネリスト
新大統領に代わって、少し安心できるようになったよ。

3.海外のパネリスト
戦争を避けるためだといってトランプに票を入れた奴がいるのが信じられない…奴が今、まさに世界大戦を始めようとしてるってのに…あんた達はまるでビデオゲームの世界のように、戦争を語っている…

4.海外のパネリスト
やったぜ!俺達の軍隊がついにまた動き出した!!オバマにめちゃくちゃにされたがな…トランプに神の祝福を!

5.海外のパネリスト
第二のヒトラーと、頭からっぽのその支持者達よ。もういいかげんその無価値な国粋主義から抜け出したらどうだ?俺達の国は銃が使える。その銃を使って、この世からうせろ!あんたらは世界のお荷物なんだよ。頼むから消えてくれ!

6.海外のパネリスト
あれ、六カ国協議ってどうなったの?

7.海外のパネリスト
SM-3で誤爆とか…勘弁してね。

8.海外のパネリスト
中国なんてものは、所詮張り子の虎。共産主義はすでに中国には存在していない。その燃えカスが未だにくすぶっているだけだ。

9.海外のパネリスト
ミサイル防衛に専念して、鯨はほっといてあげて!

10.海外のパネリスト
鎮痛剤の在庫が無くなるまでに、トランプが第三次世界大戦を始めてくれることを願う。そしたら、俺は最後の寿司を食う。

11.海外のパネリスト
ミサイル防衛システムの実験に成功?中国にミサイルおとしゃ済む話だろ?

12.海外のパネリスト
こんなの金と時間の無駄さ。北朝鮮をつぶしちまえばいいだけよ。

13.海外のパネリスト
なんか(ポケモンの)モンスターボールみたいな考え方の防衛法だね。

14.海外のパネリスト
今日の敵は、明日友人になってるかもよ…

----------------------------
以下(少ないですが・・・)追加分(2017/2/8)
----------------------------

15.海外のパネリスト
すばらしい!日本と協力してミサイル防衛システムを完成させよう!そして、”悪の枢軸”である、イランと北朝鮮を倒すんだ!!

16.海外のパネリスト
よいニュースだ…独裁者以外にな…

17.海外のパネリスト
あのアホが大統領になるまで、俺は北朝鮮がこの世でもっとも憎たらしい国だった…でも、今…トランプが大統領になっちまった…なんてこった…

18.海外のパネリスト
トランプに聞けよ。どこが北朝鮮で、韓国で…いや、まずアジアがどこか分かるかな…?

19.海外のパネリスト
私達に対して生意気な態度をとるそれらの国々に伝えろ。私達の大統領はもう”腰抜け”じゃないと…

20.海外のパネリスト
最強の防御ができてよかった。本当に…これでいいんだ…戦争を起こす必要はない…

 
スポンサーリンク
プロフィール
管理人:
ルーク(記者)

メールアドレス:
emailimage
 
サイト概要:
 当ブログでは、海外のニュースを翻訳しています。 主に、海外で報じられている政治やアニメ、ゲームなどの話題を中心に、紹介しております。当ブログの記事は、様々な海外メディアの情報を基に、事実(もしくは事実と思われる事柄)を要約した文章となります。記述内容に問題がある場合はご連絡下さい。適切に対応させていただきます。

当ブログの政治傾向:
保守的

感謝(順不同):
海外の反応アンテナ様
にゅ~ぷる様
日本視覚文化研究会様
海外の反応アニメまとめ様
まとめオンライン様
海外の反応まとめblogアンテナ様
海外の反応 まとめ あんてな様
News人様
アンテナ速報様
Kaigai.ch様
ニュース星3つ様
海外の反応ブログアンテナ様
ワロタあんてな様
ニュース速報まとめ桜様

最新コメント
スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

アクセスランキング
ご意見・ご要望

コメントの削除・編集希望等もこちらへ!!

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アファリエイト、Criteo、Adstir、Amazonアファリエイト)、アクセス解析サービス(アクセス解析研究所・Googleアナリティクス)を利用させていただいております。それらにより収集された個人情報に関しては、適切に管理をし、「法令に基づき開示することが必要である場合」を除き、第三者に開示することはいたしません。ただし、広告配信におきましては、興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、アクセスに関する情報を使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。