海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…


カテゴリ: 政治・経済




ノルウェーにおいて実施された研究により、滞在する期間が長くなればなるほど、移民たちの定職率が、下がっていく傾向にあることがわかった。

オスロ大学により設立された”Ragnar Frisch Centre研究所”の研究員達は、入国直後における、移民たちの就職率(統合率)の高さを示しつつ、その一方で、滞在期間が5~10年を過ぎると、彼らの多くが、仕事よりも、社会福祉制度に依存していく過程を、明らかにした。

同研究所のシニア研究員である”Knut Røed”によれば、”私達はこの結果に大変驚いています。なぜなら、この国(ノルウェー)に滞在する期間が長くなれば長くなるほど、移民たちの仕事参加による、社会への統合が深まると、考えられてきたからです。”と、述べた。

ノルウェーの移民統合担当相である”Per Sandberg”大臣は、この調査結果を受け入れつつ、同問題における政治解決の難しさを訴えた。

”政府は、仕事をする機会を彼ら(移民)に与えることはできるが、彼らにそれ(仕事参加による社会への統合)を強制することはできない…”

/------------------/
メディア:米・Breitbart
URL:http://www.breitbart.com/london/2017/04/27/migrants-less-integrated-norway/
掲載日:2017/4/27
コメント傾向:保守
コメント選出基準:人気・選択
/------------------/

1.海外のパネリスト
別に衝撃でもなんでもない。移民二世は、一世より、社会統合を拒む傾向があるって、数年前に発表されてたし…

2.海外のパネリスト
シーク教徒やヒンドゥー教徒の知り合いが何人かいるけど、彼らはちゃんと社会に統合した後に、自分達の伝統を継承している。でも、彼らは決して自分達の文化的思想を、他者に押し付けようとはしない。テロや暴力なんてもってのほか…リベラルの連中は、なぜ”イスラム恐怖症(islamaphobia)”って言葉が、ここまで一般化しているのか…良く考えてみるべきだ。シーク恐怖症、ヒンドゥー恐怖症、仏教恐怖症なんて言葉、聞いたこと無いだろ?

3.海外のパネリスト
イスラム教徒っていうのは移民じゃない。彼らは侵略勢力なんだよ。僕達の社会に溶け込むどころか、むしろ、彼らの文化に僕たちを引き込もうとする。

4.海外のパネリスト
>>3
文化殖民…文化侵略…少なくとも彼らが移民じゃないことは確かだ…メディアが写す”難民”の多くは…実際は成人男性がほとんど…

5.海外のパネリスト
>>4
救いは、最近になりようやく保守的機運が高まってきたことかな…

6.海外のパネリスト
社会に溶け込もうがしなかろうが関係ない。ヨーロッパの外にある文化や人々は、ヨーロッパの外にいるべきなんだ。

7.海外のパネリスト
まあ、”優しい政府”から色んな援助を受けられる状態で、わざわざ汗水流して働こうとは思わないよね…

8.海外のパネリスト
彼らはただ待っているんだ…ヨーロッパの人々が自然に減少し、自分たちが大勢を占める日を…そして、イスラム法による統治を実現させる…

9.海外のパネリスト
イスラム教徒達は、自分たちが住む場所にはモスクが必要であると考え、そして、モスクがある場所は、イスラム法によって支配されねばならないとしている。彼らは私達の一員には絶対にならない。彼らが私達を吸収するのだ…

10.海外のパネリスト
>>9
吸収?彼らは俺達に降伏を迫っているのさ。

11.海外のパネリスト
>>10
降伏しようがしまいが、最後には私達のすべてを破壊するだろう…

12.海外のパネリスト
ヨーロッパへ乞食として現れ、社会保障を食い物にしながら、征服の日を待つ。彼らは大都市にのみ生息する。なぜなら、政府の保護を受けやすいからだ。もはや、彼らは侵略者などではない。略奪者なのだよ。

13.海外のパネリスト
>>12
まさに!彼らは寄生略奪者だ。

14.海外のパネリスト
>>12
彼らの70%は読み書きができず、平均IQは83らしい…(*一般的IQは100)

15.海外のパネリスト
政治家達は、この侵略が何をもたらしているのか理解していない。仮にムスリムたちが蜂起を起こしても、彼らは何もすることができないだろう…

16.海外のパネリスト
いつの日か、移民たちの誰かが、イギリス王室の一員になる日がくるかもしれないね…

17.海外のパネリスト
こういった連中は、ヨーロッパの文化に統合するため、ここに来ているんじゃない。ただ、無料奉仕を受けにきているだけさ。

18.海外のパネリスト
>>17
奪える時は捕食者のごとく…奪えない時は寄生虫のごとく…

19.海外のパネリスト
>>17
その通り。本質を捉えている。




スウェーデンにおける移民達への風当たりは、今年に入って格段に厳しいものとなってきている。最新の世論調査によれば、過半数以上の人々が、同国における移民流入を制限すべきであると答えた。

スウェーデンの地元紙”Svenska Dagbladet”によると、2016年秋から冬にかけて行われた調査において、回答者の52%が移民流入制限を行うべきであると答えた、と報じている。一方、移民流入制限に反対と答えたのは、26%にとどまった。

2015年に実施された調査では、同じ質問に対して、流入反対が40%、賛成が37%と、拮抗していた。わずか一年の間で、スウェーデン国民における移民流入への認識が、大きく変わっていることが示されている。

http://www.breitbart.com/london/2017/04/26/sweden-majority-want-fewer-migrants/

/------------------/
メディア:米・Breitbart
コメント傾向:保守
コメント選出基準:人気・選択
/------------------/

1.海外のパネリスト
遅すぎるよスウェーデン…遅すぎるんだ…

2.海外のパネリスト
スウェーデンはよく耐えた…でも、君たちがこれまで重んじてきた”美しき多様性”は、何か良いものを、もたらしてくれたのかい?

3.海外のパネリスト
ムスリムは、異教徒の地で人生を終えることが禁じられている。ただし、聖戦を仕掛ける場合を除いて…つまり、イスラム移民なんていうのは存在しないんだ。彼らはゆっくりと、静かに、非暴力的に、異教徒の地を侵略しようとしている敵なんだよ。彼らは歴史上同じようなことをしてきた…

4.海外のパネリスト
移民制限を望む人たちは、スウェーデン民主党(*スウェーデンの右派政党)を支持しなければいけない。これ以外の政党は、みな移民増加を望んでいるのだから…

5.海外のパネリスト
ドイツでは57%の人々が、”イスラム教が危険である”と答えている。しかし、多くの人々は未だにメルケルに票を入れる…おそらく、同じことがスウェーデンでも起こるだろう…有権者の行動が理解できないよ…By ベルリン在住ドイツ人

6.海外のパネリスト
どうやら”国家危機時計”のアラームが、ようやくスウェーデンを目覚めさせたようだ…スヌーズ機能(*アラームを止めてもしばらくして再び鳴り出す機能)をOFFにするなよ!!!

7.海外のパネリスト
>>7
15年寝坊だね。寝すぎだよ。

8.海外のパネリスト
スウェーデンのリベラル達は、自国の犯罪率をもっと上昇させたいのさ。

9.海外のパネリスト
俺は多文化主義をはっきりと拒否する!なぜなら、それが俺の大切なものを傷つけるからだ。

10.海外のパネリスト
>>9
実際問題、”多文化主義”って言葉が、今の社会において示す本当の意味は、”イスラム化”なんだよね…

11.海外のパネリスト
スウェーデンはヨーロッパの笑いもの…でも、それはかつて、ヨーロッパの理想像でもあった…移民流入という大規模な社会実験は失敗に終わった…それは、この調査結果からも明らかである。ドイツよ、これで分かっただろう?それとも、まだ莫大な金や労力を、移民のために費やし続けるのか?

12.海外のパネリスト
>>11
ドイツ「(耳を手で塞ぎながら…)ラ・ラ・ラ~♪何を言ってるのか聞こえない~♪」

13.海外のパネリスト
ちょっと待て…”移民ようこそ!”って看板を掲げていた連中は何処に言ったんだ?あんたらは最初、移民を大歓迎してたじゃないか!!!これこそ、あんたたちが求めていた”多文化主義”だ!そして、それを手に入れた…せいぜい、新たな客人達と仲良くやってくれよ。

14.海外のパネリスト
人々は愚かである…物事を深く考え、議論することができない。危機に直面して初めて、彼らはようやく、それを悟ることが出来る…

15.海外のパネリスト
もうすでに多くのイスラム教徒が入り込んでいる…仮に今から彼らを排除しようとしても、彼らは居座るために、喜んで戦いに身を投じるだろう…その反面、スウェーデン人たちは、どうやって戦えばいいか…もう忘れてしまっている…

16.海外のパネリスト
>>15
次世代の連中は、現世代(の失態)に、心から感謝するだろうよ…

17.海外のパネリスト
>>15
十字軍であっても、彼らを排除することはできない…

18.海外のパネリスト
左翼のほざく夢物語を信じるな!わずかな侵略者によって国が滅ぼされることは、歴史上なんどもあった…ローマもその一つ…彼らの失敗から学ぶんだ!
 




先日の日曜日に行われた、フランス大統領選での投票予想によれば、中立派(親EU)で、元銀行員であるエマニュエル・マクロン氏と、反EU・反移民を訴えるフランスの右派政党・国民戦線党首マリーヌ・ル・ペン氏による、決選投票になる可能性が高いことがわかった。

現在までの見込みでは、マクロン氏が、およそ23~24%の票を確保したのに対し、ル・ペン氏も、21.6~23%まで追い上げている。

この両者が、5月7日に行われる決選投票へ、進むことになる公算が大きい。その結果次第では、現在のEU体制、ひいては世界情勢に対しても、非常に大きな影響を与えることになるだろう。

/------------------/
メディア(転載元):米・ヤフー(AFP通信)
コメント傾向:若干保守
コメント選出基準:人気
/------------------/

1.海外のパネリスト
マクロンさんについてちょっと調べてみたんだけど、親移民派らしいね…彼の勝利は、フランスにたいする痛恨の一撃になるだろう…

2.海外のパネリスト
>>1
だからオバマは彼が好きなんだな…(*一部報道で、オバマさんが、マクロン氏に電話でエールを送ったという報道がなされた。)

3.海外のパネリスト
>>1
差別主義者よりマシよ…

4.海外のパネリスト
今のところ、ル・ペン以外の選択肢はない。彼女しか、今フランスで急速に進んでいるイスラム化を止めることはできないんだ。フランス在住のイスラム教徒達は、モスクの建設や、移民のフランス移住に、多額の資金を援助している。このままでは、あと数十年で、フランスに住んでいる本物のフランス人達は、フランスの中で、少数派となるだろう…フランスの幸運を祈る。

5.海外のパネリスト
このマクロンって男…自分の高校で、教師をしていた女性と、結婚したんだろ?24歳年上だっけ?すごいね…

6.海外のパネリスト
一体いつから…自国民と自国のために最善を尽くすことを、”極右”と呼ぶようになったのか…

7.海外のパネリスト
>>6
ありがとう。ようやくまともな意見に出会えたよ。

8.海外のパネリスト
さあ!マクロンに票を入れるんだ!!!そしてその後、”寛容”という名の下に、君達に降りかかるであろう、冷酷な宿命を待つが良い…

9.海外のパネリスト
マクロンが”中立派”だってwwwww笑えるねwww

10.海外のパネリスト
そう遠くない未来、フランスのイスラム教徒達は、フランスを分断することを求めてくるだろう…

11.海外のパネリスト
こんなにテロが頻発しているのに、この期におよんで経済がどうのこうの気にするやつらがいるのか?安心して道も歩けないんだぞ?

12.海外のパネリスト
マクロンに票をいれる人たちがいるのが驚き…もう、フランスはイスラム教徒によって占領され始めているというのに…

13.海外のパネリスト
>>12
逆に言えば、そんな状況だからこそ、もうル・ペンが勝つのは厳しいかもね…

14.海外のパネリスト
俺は彼女を絶対支持する!

15.海外のパネリスト
フランスよ、祖国を愛しているか?ならばル・ペンを勝たせるんだ!!!

16.海外のパネリスト
(マクロン氏優位を報じる)無責任メディアの言うことなんか信じるな!必ずル・ペンが勝利するはず…

17.海外のパネリスト
(記事配信元の)AFPよ、この記事は本当に偏っている!あんたらも所詮リベラルメディアなんだな…(注:記事全体では若干マクロン氏を持ち上げている感じでした。)

18.海外のパネリスト
ル・ペンは、(前国民戦線党首であった)彼女の父や、フランスの人々の誇りとなるだろう。FREXIT(*イギリスEU離脱を意味するBrexitのフランス版)はもう近い!




朝鮮半島での緊張が加速する最中、日本政府は、北朝鮮によるミサイルが、領海内に着弾した際、自衛隊に防衛出動させることを、検討している。日本のメディアが報じた。

日本語メディア・読売新聞(ソース)によると、現在、日本憲法によって規定されている危機基準(security threats)は三段階に分類されており、緊迫度順に〈1〉武力攻撃予測事態(予測事態)〈2〉武力攻撃切迫事態(切迫事態)〈3〉武力攻撃発生事態(発生事態)となっている。

日本政府は、北朝鮮が核弾頭を搭載する準備や、ミサイルでの攻撃を試みていることが確認された場合、仮にそれらが日本の領海に着弾したとしても、危機基準レベル2である「〈2〉武力攻撃切迫事態(切迫事態)」と認定し、自衛隊の出動を可能にすることを、模索しているようだ。

https://www.yahoo.com/news/japan-planning-deploy-troops-amid-040714774.html

/------------------/
メディア(転載元):米・ヤフー(International Business Times)
コメント傾向:若干保守
コメント選出基準:人気
/------------------/

1.海外のパネリスト
トランプが憎いか?なら好きなだけ憎め!だがな、彼はオバマよりも、はるかに北朝鮮への対応を上手くやっている。それを忘れるな!

2.海外のパネリスト
>>1
北朝鮮の電力事情を知っているか?笑えるぜ?オバマは何もしなかったんじゃない。する必要がなかったのさ。

3.海外のパネリスト
>>2
ならばなぜ、俺達は今、核の危機に直面しているんだ?

4.海外のパネリスト
>>3
オバマが、俺達を核戦争の崖っぷちに追い込んだのさ…

5.海外のパネリスト
>>4
そうかな?北朝鮮の挑発は今に始まったわけじゃない。何度もミサイルを発射しているし、アメリカに罵声を浴びせ続けてきた。オバマはただ、世界は安全だと、嘘をついてただけだよ。

6.海外のパネリスト
>>1~5
君らキーボード戦士達は、ほんと勇ましいね!第三次世界大戦が始まったら、ぜひとも志願兵となり、この国のため戦ってくれたまえ!

7.海外のパネリスト
日本はNATOのメンバーになるべきだ。彼らは良い人々だし、我々の価値観を共有している。国家としてもすばらしい。

8.海外のパネリスト
>>7
日本は世界最大の差別国だぞ?

9.海外のパネリスト
>>8
それを断言するからには、さぞかし長く日本に滞在したことがあるんだろうね?僕はある。だから断言するけど、君の言ってることは完全に嘘だね。

10.海外のパネリスト
>>7
NATOってのは”北大西洋条約機構”だから、日本が加入するのは少しカテゴリ違いかも。日米間には”日米安全保障条約”ってのがあるからね。

11.海外のパネリスト
日本の自衛隊は、現在、世界の軍隊のなかでも、TOP10内に位置している。彼らの装備は最新のものだし、訓練もしっかり行われている。自衛隊のパイロットは、アメリカ空軍のパイロットと同じ時間、訓練を行っているんだ。

12.海外のパネリスト
トランプ大統領のおかげで、日本も普通の国になれそうだね。

13.海外のパネリスト
>>12
馬鹿な大統領のせいでな。

14.海外のパネリスト
どの国も戦争なんかしたくない。”トランプが新たな世界大戦を始めようとしている”、なんてほざく奴は、”ポーランドが第二次世界大戦を始めた!”と、嘆くようなものだ。政府は危機に対応するもの。もし、戦争が起きたとすれば、その責任は金正恩にある。

15.海外のパネリスト
日本が北朝鮮と対峙する時がくれば、その時、アメリカは必ず彼らの味方となる。我々はその準備が出来ている。

16.海外のパネリスト
>>15
日本人を解き放て…彼らは偉大な戦士だ!

17.海外のパネリスト
いいかげん、この事態を正しく理解してくれ。あんた達は北朝鮮が、いかに世界平和に対して危険な存在か、まったく理解していない。金正恩は、自らに意見するものをすべて粛清し、まわりにはYESマンしかいない。その一方、北のミサイル技術は進歩を続けている。日本へ届くミサイルもすでに開発済みだ。もし、彼らが日本へ攻撃を行えば、日米間の条約に基づき、アメリカもその戦いに参加することになる。目を覚ませ!リベラルども!!!

18.海外のパネリスト
交渉の時代は終わった。このまま何もしなければ、私達は破滅へと歩むことになる。攻撃を最優先に考えるべき、そして、北のイカレタ・リーダーを排除するんだ。もう、その時期に来た。




[*記事タイトル及び内容を一部変更しました。ご指摘ありがとうございます。]

最新型ステルス戦闘機F-35Bなどを備えた在日アメリカ海兵隊・航空団が、西太平洋での有事に備えて、統合打撃戦闘機(F-35Bの別称)の訓練を、繰り返し行っている。

海兵隊の訓練は多岐にわたる。効率よく戦えるように、燃料や弾丸の補給を、いかなる場所からでも行えるようにすることも、その一つだ。特に、日本に駐留する海兵隊においては、敵国から直接標的となっている可能性が高いため、対応準備にかけられる時間が少ないことが、想定されている。そのゆえ、駐留する基地が攻撃を受けた際、即座に反撃が出来るよう、海兵隊では、”ホット・ローディング(hot loading)”と”陸上燃料補給(aviation-delivered ground refueling)”、二種類の訓練が実施されている。

”ホット・ローディング”とは、その名が示すように、F-35のエンジンを作動させた状態で、爆弾倉のローディングを行うことである。そうすることで、時間の節約になり、戦闘機自体への負担も減る。

もう一つの訓練は、”陸上燃料補給(aviation-delivered ground refueling)”と呼ばれ、(敵の標的にもなりやすい)所定の補給所を使用する代わりに、前線近くの陸地へと着陸し、そこで補給を受け、また戦いに戻っていく技術である。これにより、空中給油に伴う危険性も回避できる。

F-35Bが持つ、ステルス以外の特徴としては、短い滑走路での離陸および、ほぼ垂直での着陸が、可能である。

http://finance.yahoo.com/news/us-marines-japan-pushing-f-193328957.html

/------------------/
メディア(転載元):米・ヤフー(Business Insider)
コメント傾向:若干保守
コメント選出基準:人気
/------------------/

1.海外のパネリスト
日本もそろそろ普通の国(戦える国)になりたいと思うんだよね。70年間、アメリカの後ろ盾として頑張ってきたんだ。もういいんじゃない?

2.海外のパネリスト
>>1
問題は、彼ら自身の憲法が、彼らに攻撃用の軍力保有を制限していることだ。

3.海外のパネリスト
F-35のステルス性能はすばらしいんだけど、北朝鮮ってちゃんと機能してるレーダーを持っているのかな…仮に保持していたとしても、それを動かす電力は確保できているの?

4.海外のパネリスト
>>3
もちろん確保できているさ!中国がしっかり供給しているからねw

5.海外のパネリスト
>>3
F-35配置本当の目的は、北朝鮮なんかじゃなくて中国だよ。北朝鮮のやることは、全部中国がやらせていることさ。表立っては迷惑そうな振りをしているけど…

6.海外のパネリスト
>>3
レーダーなんて最初に壊しちまえばいいんだよ。

7.海外のパネリスト
他国での戦争ネタには、なぜかその国の軍隊ではなく、アメリカ軍がいつも中心にいるね…やっぱ、俺達が強いからかな!頑張れアメリカ!!!

8.海外のパネリスト
>>7
日本の名誉のために言っておくけど、彼らは戦いの中心にならないんじゃなくて、なれないんだよ。戦後、私達が彼らに、それ(専守防衛)を強いたのさ。

9.海外のパネリスト
>>7
少しは歴史を学びたまえ…

10.海外のパネリスト
>>7
ば~~か。

11.海外のパネリスト
10年くらい前の記事を持ち出して、F-35の悪口をいうアホが、また出てくるんだろうなぁ~

12.海外のパネリスト
>>11
10年前?そんな昔じゃなくて10ヶ月前の記事を紹介しよう。その記事では、パイロット達が、F-35はクソな機体だと証言し、”旧式戦闘機”にすら、空中戦で負かされる可能性があると述べている。

13.海外のパネリスト
>>11
セスナ機でも、F-35よりかは速い。悪口じゃない。この飛行機はクズだ。

14.海外のパネリスト
>>12>>13
実際の訓練においての話…F-35が、君達の言う”F-35より優れた旧型戦闘機”を15:1の割合で、ぶちのめしたそうだよ。すごいと思わない…口ばっかりのオバカさん達?#Redflag

15.海外のパネリスト
>>12>>13
それは現行の制御ソフトが導入される前の話だね。以前のものは、かなりパフォーマンスに制限をかけていたらしい。先日行われたRed Flag訓練(*14の人が言及しているもの。)においては、現行の制御ソフトにおける有効性が証明されたようだ。

16.海外のパネリスト
我々の子供達が、多くのアメリカの敵たちを駆逐してくれますように!この素晴らしい武器と共に!!わが国に神の祝福を!!!

17.海外のパネリスト
戦闘機の訓練…ね…なんか、納税者としては複雑な気分…高級車を買ったはいいものの、月に一回、日曜日にちょろっと乗るだけ…みたいな…使わないなきゃ意味無いだろ…

18.海外のパネリスト
>>17
いいか、よくきけよクソッタレ。海兵隊ベテランである俺や、俺の仲間達は、お前が、その高級車で酒を買いに行く自由を守るために、命をかけて、これまで戦ってきたんだ。ゴミ箱に突っ込んでろ!

19.海外のパネリスト
がんばれアメリカ!!!!!!

このページのトップヘ