海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…


カテゴリ: 政治・経済




//------------------//
[Update]
2018/5/19 4:35
*一部情報を修正・追加:コメントでのご指摘ありがとうございます。
//------------------//

(*事件発生直後の為、情報が流動的です。予めご了承下さい。)

昨日金曜日、テキサス州ヒューストン近郊にあるサンタフェ高校内において銃乱射事件が発生、複数の犠牲者が出ている模様。なお、犯人と思われる人物はすでに確保されている。

以下は現在までに判明している各種情報(2018/5/19 4:35 更新版):

*10名が犠牲になった。その内、9名が同高校の生徒である。
*その他に、事件に対応した警察官を含む10名の怪我人が確認されている。
*銃撃を行った犯人は同高校の生徒(17)。彼は警察が確保した。
*もうひとりの生徒が、警察により事情を聞かれている。
*爆発物らしきものが、現場で発見された。
*米トランプ大統領はホワイトハウスで声明を発表、「とても悲しい日だ。(-中略-)我々の子供を守るため、全ての米政府機関が一致団結しなければいけない」などと述べた。

「旧情報(2018/5/19 1:05 更新版)」

*少なくとも同高校に通う、8名の生徒が犠牲になっている。
*対応した警察官が一人負傷。
*確保されている容疑者は二人
*昨日金曜日早朝に、事件に関する報告が警察に寄せられた。
*近く、警察による記者会見が行われる予定。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/live-updates-shooting-santa-fe-texas-high-school-150311016.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*1421件)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
これが現代アメリカの日常風景なのか?

2.海外のパネリスト
>>1
悲しいが、そういうことだ。

3.海外のパネリスト
>>1
今ではこういった事件を誰も気にかけない。なぜなら、普通のことだから。

4.海外のパネリスト
>>1
コロンバイン高校銃乱射事件以降、ずっとそうさ。この国は、これを許容する決断をしたのだ。

5.海外のパネリスト
>>1
こんなものを日常風景などと認めてはいけない!いつか、我々の子供達が犠牲者になるかもしれないのだから!!!

6.海外のパネリスト
何かが変わらなくてはいけない。何かを変えねば…

7.海外のパネリスト
>>6
この素晴らしきコメントに74名もの人物が低評価を押している…これこそまさに、この国が抱える問題の大きさを感じられる出来事だ。

8.海外のパネリスト
30年前、「学校内銃乱射事件」なんて聞いたことなかった。この期間に、一体何が起きたというのか?

9.海外のパネリスト
>>8
よく調べてごらん。1970年代の新聞記事には、すでに「学校内銃乱射事件」に関するものが存在しているよ。今から40年も前。

10.海外のパネリスト
>>8
親の責任ですよ。今の大人達は、子供達をまともに育てられない。自分の子供が他人様に迷惑をかけても、言い訳ばかりで、叱ることすらしない。

11.海外のパネリスト
>>8
甘やかされた「ゆとり世代」が原因。(*Spoiled millennials)

12.海外のパネリスト
「喫煙」が、学校内で行われる「最高の不良行為」だった時代が懐かしい…

13.海外のパネリスト
>>12
え?僕の学校では許されてた(*黙認?)けど?むしろ、「無断欠席」のほうを怒られた。

14.海外のパネリスト
こういった事件は食い止められねばならない!具体的な解決方法は、まだわからないけど。犠牲者とそのご家族に、祈りを捧げたい。

15.海外のパネリスト
>>14
結局、武装警官を全ての学校に配置するしかないんじゃない?政府施設だって、そうやって守っているわけだからさ…

16.海外のパネリスト
>>14
食い止められねばならない?無理ですよ。仮に法律で銃を規制しても、すでに皆もっているんですから。

17.海外のパネリスト
銀行、空港、裁判所を「銃乱射」から守れているのに、なぜ学校を守れない?

18.海外のパネリスト
(*銃犯罪を)嘆くべき時は終わった…これからは(*解決に向け)行動すべき時だ!





来月12日に予定されている米朝首脳会談を前に、トランプ米大統領は、北朝鮮・金正恩氏に対して「核放棄を行い、体制の保護を手に入れるか…それとも、核開発を進め崩壊を招くか?」の二者択一を迫った。これは北朝鮮が核放棄を行わない場合、米政府が金政権打倒に向けて、軍事的作戦を実施する可能性を示唆したものと捉えられている。

今週水曜日、北朝鮮は一方的な核放棄を求めるアメリカの姿勢に不満を表明、首脳会談の中止をほのめかした。しかし、米政府はそれらの挑発には直接対応せず、着々と準備を進めている。

トランプ大統領は、2000年代に核放棄を実施したリビア・ガタフィー大佐を例に挙げ、「もし核放棄に至る交渉が決裂した場合、(後に失脚したガタフィー大佐のように)北朝鮮はリビアのようになるだろう。(Trump warned that failure to make a deal could have grave consequences for Kim. Mentioning what happened in Libya, "That model would take place if we don't make a deal.")」などと、述べた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

(記事元:AP通信)
https://www.yahoo.com/news/pentagon-no-planned-changes-korea-military-exercises-175713758--politics.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*4062件)
[コメント選出基準]
人気・順番

//------------------//
//Translator’s Comment
//------------------//

今回、AP通信の元記事においては、トランプ大統領が「核放棄を選ぶか、それとも…体制崩壊を選ぶか?(Trump tells NK's Kim to denuclearize or risk overthrow)」の二者択一を北朝鮮に迫ったというタイトルが付けられていました。

しかし、実際には「核放棄後の体制維持・継続に対する保証」、及び、「交渉決裂時に、北朝鮮がリビア化すること(*失脚したガタフィー大佐を念頭に…)」を示唆しただけのようです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
これがトランプの交渉術なのか…彼の著書「The Art of the Deal」には、こんなこと書いてなかったけど…

2.海外のパネリスト
>>1
当たり前じゃん。あれはゴーストライターが書いたものなんだから。トランプ自身、あの本を一度も読んだことないよ。

3.海外のパネリスト
>>1
「イラン核合意」を、あんな酷い形で反故にした人物なんか、誰も信じない。

4.海外のパネリスト
>>1
まさにノーベル平和賞受賞者的交渉術だよねw

5.海外のパネリスト
>>4
このAPによる記事はミスリーディングな部分が多い。トランプは「核交渉決裂後の体制崩壊」について、直接言及はしていない。

6.海外のパネリスト
トランプは素晴らしい交渉人だ!!

7.海外のパネリスト
>>6
一応確認だけど…皮肉だよね?

8.海外のパネリスト
こんな挑発的な条件を突きつけるなんて…外交のイロハも、理解できていないんだろうな…

9.海外のパネリスト
>>8
だから、トランプはこんなこと言ってないってば…。

10.海外のパネリスト
>>8
これぞまさにフェイク・ニュース。様々な言動をツギハギして、インチキなストーリーを創り上げたんだ。こういった嘘の話題をばら撒くことは、まさに北朝鮮が利する行為である。国家に対する裏切りだよ。左翼メディアもついにここまできたか…

11.海外のパネリスト
ノーベル賞受賞が遠のいてしまったねw

12.海外のパネリスト
こういうことは、首脳会談の場で言うべきだと思う。むしろ、会談を中止したいのはトランプの方ではないのか?

13.海外のパネリスト
>>12
だから!!!トランプはこんなこと言ってないってば!!!!!

14.海外のパネリスト
金正恩がこの記事を読んだら、何を感じるだろうか…

15.海外のパネリスト
>>14
彼らはアメリカのメディアを詳しく観察・研究している。間違いなく、この記事も金氏に報告されているはずだ。

16.海外のパネリスト
>>14
少なくとも、トランプが読んでないことは確か。彼は英語ができないから。

17.海外のパネリスト
アメリカの健康保険制度が混乱を極めている最中、トランプは北朝鮮の体制維持を再優先事項に据えている。

18.海外のパネリスト
一歩すすんで、三歩さがった。
 




2015年以降、ヨーロッパ、特にドイツにおいて、移民の急激な流入が発生してきた。そうした中、それらの人々に対応するために費やされる予算について、様々な試算が発表されている。

2016年2月、「クリスティアン・アルブレヒト大学キール」のMatthias Lücke教授は、2570億ユーロ(*約33.5兆円)のドイツ国民の税金が必要になるとの計算結果を明らかにした。また、2022年にはそれらの移民対策費用が5500億ユーロ(*約72兆円)にまで跳ね上がると、述べている。

Matthias Lücke教授による発表の5ヶ月後、Bernd Raffelhüschen博士も自身の学説を公開し、全移民の内、およそ70%を占めるアラブ系の人々を養うためには、約1兆ユーロ(*約130兆円)程度必要になると述べた。

また、2017年2月には、ドイツ・メルケル首相の経済アドバイザーを務めるHans-Werner Sinn氏も移民関連予算について見解を示し、全体的なコストが3400億ユーロ(*約45兆円)近くになりうると語った。これは2017年度における「ドイツGDP」の約一割に匹敵する。

とある調査によれば、ドイツを訪れている難民達の多くは、仮に祖国の紛争が終結しても、ドイツに留まる意思を持っていることが、明らかとなっている。

移民に費やされる予算総額については学説により幅があるが、これらの費用が、ドイツ国民の負担になることは確実である。それはつまり、高齢者の労働期間延長、及び、年金支給年齢の上昇、そして、高税金をもたらす可能性を示している。

//------------------//

//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2018/05/germans-could-need-to-work-until-their-70s-to-pay-for-hundreds-of-thousands-of-refugees-on-welfare/#.Wvwv4ARF19M.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/996741955731238913
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*261件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
あれ?「素晴らしき移民達」が「高齢者の年金」を地元民達に代わり、働いて払ってくれるんじゃなかったの?本来「年金受給対象者」とされていた人々が、移民達のために働くことを義務付けられるなんて…

2.海外のパネリスト
メルケルの責任!

3.海外のパネリスト
スウェーデンと一緒だね。

4.海外のパネリスト(*イタリア語のグーグル翻訳)
イタリアも同じ…

5.海外のパネリスト
先進国が第三世界になり、そして、肥溜め国家となった。これはドイツ人が望んだことだ。

6.海外のパネリスト
これこそ政治家達が求めた姿…国民の奴隷化こそ、彼らの目標だったのだ。

7.海外のパネリスト
中東の石油国「難民受け入れ数:0」

8.海外のパネリスト
ここまできたら「大規模な戦争」でも欧州内で起きない限り、状況は変わらないだろう。

9.海外のパネリスト
リベラリズムが「農奴制」の復活をもたらした。

10.海外のパネリスト
移民「カナダよ!ドイツの次は君だ!!!」

11.海外のパネリスト(*おそらくインドの方)
ロヒンギャの世話をさせられているインド人の苦しみが、ドイツ人達にも、これで理解できただろう?

12.海外のパネリスト
ドイツ人はまだマシさ。本当に大変なのは、ドイツ政府の移民政策に巻き込まれた貧しいEU諸国の方。欧州内紛争が起こる可能性も、否定出来ないね。

13.海外のパネリスト
メルケルを首相にしたのはドイツ人だろ。受け入れな。

14.海外のパネリスト
イスラムは、ナチスよりも酷い。

15.海外のパネリスト
いい加減、経済移民を”難民”と呼ぶのは止めにしないか?

16.海外のパネリスト
ドイツって若者に職を与えるため、定年が法律で定められているはずなんだけど…?

17.海外のパネリスト
最新のスマホを持ち、綺麗な服を着ている”難民”。

18.海外のパネリスト
移民達は働かないだけではなく、犯罪も引き起こす。





先週日曜日、アメリカ合衆国国務長官マイク・ポンペオ氏は声明を発表し、北朝鮮が核開発問題の完全解決に同意した場合、米政府は同国に対する制裁を解除するだろう、などと述べた。また、制裁解除により、経済的繁栄が北朝鮮にもたらされ、韓国と”競い合う存在になりうる”とも語った。

米・トランプ大統領と、北朝鮮・金正恩氏は、来月12日、シンガポールにて初となる首脳会談を行う予定になっている。

ポンペオ氏は、北朝鮮に対して、米国民の税金を使った直接的支援を行う可能性を否定したが、アメリカの民間企業が、北朝鮮内において、エネルギー・農業・インフラ設備等の活動を合法的に行えるよう、”経済制裁”を解除することに関しては、肯定的な見解を示した。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/pompeo-u-firms-may-invest-north-korea-meets-135937602.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*1877件)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
金正恩の唐突過ぎる政策変更が気になる。かつて、アレほどまで我々を口汚く罵ってきたのに…正直、疑わしい。もちろん、平和が一番なんだけど…

2.海外のパネリスト
実際に核開発計画の放棄が確認されるまで、俺は何も信じない。

3.海外のパネリスト
>>2
米企業のファーストフード店を招致するためなら、北朝鮮の将軍様は何でもするさ。

4.海外のパネリスト
>>2
結局、米中間における様々な貿易・関税交渉の結果、(それらが妨害されないように)中国が北朝鮮へ圧力をかけ始めたということなんだろう。

5.海外のパネリスト
>>2
北朝鮮に行っていた制裁を、今度は、イランに付け替えるわけですね?

6.海外のパネリスト
>>2
こんな国家を信じる奴は、馬鹿なリベラルだけだよ。

7.海外のパネリスト
「事前警告無きの核査察」が最低条件。

8.海外のパネリスト
>>7
正直、「核開発放棄」を完全に証明することは非常に難しい。

9.海外のパネリスト
北朝鮮の「経済的繁栄」よりも、米国に「経済的繁栄」をもたらす努力をしてくれ!

10.海外のパネリスト
かつてイランにも同じような口約束をしていたよね?

11.海外のパネリスト
金の匂いしかしない…

(注:経済制裁解除による、米民間企業の北朝鮮内活動等を示唆している?)

12.海外のパネリスト
>>11
和平によってもたらされる金なら大歓迎!

13.海外のパネリスト
まぁ…北朝鮮が本気で「文明社会の仲間入り」をするというのであれば…喜ばしいことなんじゃない?

14.海外のパネリスト
>>13
それよりも、トランプが「常識人の仲間入り」してくれたほうが、もっと嬉しい。

15.海外のパネリスト
>>13
っていうか、地図上から無くなってくれ。

16.海外のパネリスト
経済制裁解除の条件には「核開発放棄」のみならず、「フザけた髪型の変更」も付け加えるべきだ!

17.海外のパネリスト
>>16
トランプのことかい?

18.海外のパネリスト
北朝鮮内に埋蔵されている各種希少鉱石・石油を、狙っているのだろう。

19.海外のパネリスト
>>18
多分、そういうことだろうね。

20.海外のパネリスト
>>18
もちろん。だからこそ、中国が北朝鮮をこれまで一生懸命守ってきたんだよ。

 [*おすすめネット記事(外部)*]





先週木曜日、イラン軍が実施した「ゴラン高原へのロケット攻撃」に対する報復処置として、イスラエル政府はシリア国内に存在する”ほとんど全ての”イラン軍拠点に爆撃を実施した。両国による全面戦争(all out war)が現実味を帯びてきている。

今回の軍事的衝突は、米・トランプ大統領が「歴史的イラン核合意からの離脱&経済制裁の再開」を宣言した翌日に発生したものであり、長年続いてきたシリア国内におけるイスラエル・イランの軍事的均衡を、打ち破るものとなった。

海外報道によると、イランの「イスラム革命防衛隊」が、ゴラン高原に対して20発ものミサイルを発射し、それに対応する形で、イスラエルがシリア国内50箇所にも及ぶイラン関連施設への爆撃を行ったという。少なくとも、イスラエル側に負傷者はいないとされている。ゴラン高原はイスラエル・シリア等の国境沿いに位置しており、1967年、イスラエルがシリアから同地を併合した。

イスラエルの防衛大臣は、今回の軍事作戦に関して、以下のようなコメントを発表している。

”無論、我々はシリア国内に位置するイラン施設、そのほとんど全てに対する攻撃を行った。彼らは己の傲慢さを悟るべきだ。イスラエル領地に(ミサイルの)雨が降る時、我々はその代償として、(ミサイルの)洪水を引き起こすだろう。”

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/israel-fires-barrage-missiles-syria-024215398.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守・親イスラエル?(*212件)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
北朝鮮から帰還したアメリカ人達と、同格に扱うべき話題だ!なぜ米ヤフーは今頃になって、これを取り上げたのか?ニュースメディアとしての役割を忘れたか!?

2.海外のパネリスト
>>1
米民主党(*ちょっと反イスラエル?)の広報機関である米ヤフーに、何を期待しているのやら…

3.海外のパネリスト
>>1
所詮、米ヤフーは極左メディアだからね。イスラエルの軍事力を誇示する記事は、あまり掲載したくなかったんだろう。

4.海外のパネリスト
イスラエルと(シリア:アサド政権を支持する)ロシアとの間に、何らかの話し合いがあったのだろうか?

5.海外のパネリスト
>>4
今回の攻撃はイラン施設のみを標的としている。直接、シリアとは関係ない。少なくとも、今のところは…

6.海外のパネリスト
「*トンキン湾事件」を覚えているかい?これぞまさに、戦争の前触れだ。

(*トンキン湾事件:1964年8月、北ベトナム沖のトンキン湾で北ベトナム軍の哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる事件である。これをきっかけに、アメリカ合衆国連邦政府は本格的にベトナム戦争に介入、北爆を開始した。)

7.海外のパネリスト
>>6
米民主党政権によって「でっち上げられた」事件だろ?よく覚えているよ。

8.海外のパネリスト
>>6
今回、イランが攻撃を仕掛けてきたのは事実だ。その点で、「*トンキン湾事件」とは違う。

9.海外のパネリスト
イスラエルには、自国を防衛する権利がある。

10.海外のパネリスト
>>9
むしろ逆じゃない?イスラエルの軍事圧力に対して、イランが自国を守ろうとしているんだよ。

11.海外のパネリスト
>>9
そもそもゴラン高原はシリアの領土であり、イスラエルの領土ではない!!

(注:国連安全保障理事会は決議497にて「イスラエルの(ゴラン高原)併合は国際法に対して無効である」旨を採択し、同地がイスラエルによって不当に併合されたシリア領であるという見解が固定化した。しかし、イスラエル政府は「併合」であると認めていない。)

12.海外のパネリスト
オバマ前大統領を筆頭とする米リベラル層の理想郷:イラン。

13.海外のパネリスト
聖書に予言された「世界最後の日」が近いのかもしれない…

14.海外のパネリスト
「イラン核合意」から離脱を発表し、混乱を招いた米トランプ大統領…彼はまだ、ノーベル平和賞候補者なのだろうか?

15.海外のパネリスト
>>14
ノーベル平和賞なんてものは、所詮「政治利権賞」だからね。トランプはそんなもの、最初から欲していないさ。

16.海外のパネリスト
>>14
詐欺師・無能者を表彰するための賞:「ノーベル平和賞」

17.海外のパネリスト
>>14
オバマよりかは適任者だと思う。

18.海外のパネリスト
これにより石油価格が上昇し、そして、富める者たちがさらに富む状態になる。
 

[*おすすめネット記事(外部)*]
  1. 数年前からカメラにはまった友人Aは、年賀状や暑中見舞いに自分で撮った写真を印刷してくる → 一昨年の私「ウケるw」昨年の私「おい...」今年の私「嫌がらせか...」
  2. 愛媛県知事「総理秘書官はダメだ!俺が真実を語る!」⇒ 野党「ウエェェェイ!待ってました!やったれ!」⇒ 愛媛県知事「正規の手続きを得て認可された。もう終わりにしたい」⇒ 野党「」
  3. 【韓国崩壊】米投資会社が韓国政府に700億円を請求www ISD条項発動キタ━━━━━━(°∀°)━━━━━━!
  4. 【画像】カナダオオヤマネコとかいうカッコカワいいネコwww
  5. 【韓国発狂】日本と韓国の経済力を比較してみた結果が悲惨すぎたwww




//--------------//
Update 2018/5/12
7:09 語句修正:カルフォルニア→カリフォルニア *コメントでのご指摘ありがとうございます。
//--------------//

---記事引用開始---


中国の大連空港に止まった、謎めいた北朝鮮の飛行機は、7日から8日にかけて多くの推測の対象となった。

(中略)

金氏が中国を訪れるのに登場した飛行機は、ソビエト連邦が製造した長距離飛行機、イリューシン62型(Il-62)だ。 北朝鮮の専門家はウェブサイト「NKニュース」で、この飛行機は北朝鮮に生息するタカの在来種の名前をとって「チャムメ1号」と呼ばれていると述べている。

(中略)

金正恩氏の父、金正日(キム・ジョンイル)氏と祖父の金日成(キム・イルソン)氏は空旅を避けた。報道によると、空を飛ぶことへの恐怖が理由という。 金正恩氏にそのような問題はないとみられ、KCTVは2015年、金氏が「自国製の」軽飛行機を操縦したり、AN-2型軍複葉機の操縦席に座ったりする動画も放送している。


---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://news.livedoor.com/article/detail/14695735/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
https://finance.yahoo.com/news/air-force-un-personal-jet-north-koreas-kim-091814921.html
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
金氏を乗せる時は、若干、傾きながら飛行してそう。

2.海外のパネリスト
>>1
北朝鮮内の政治犯を、自分とは異なる翼に配置すればよい。ちょうどバランスが取れる。(*「飛行機の座り場所」と「右翼・左翼」をかけたジョーク。)

3.海外のパネリスト
>>1
あのトランプでさえ、この人の隣にいればスリムに見えるだろう。

4.海外のパネリスト
>>1
将軍様の反対側には、常に20名ほどのバランサー要員が待機しているらしい。

5.海外のパネリスト
>>1
それは米エア・フォースワン(大統領専用機)でも同じ。

6.海外のパネリスト
北朝鮮のおいては、LANケーブルが伝書鳩に接続されているそうだ。

7.海外のパネリスト
君たちもまだまだ甘い。この飛行機は空を飛ぶものではなく、電車で地上を牽引されるものだ。

8.海外のパネリスト
こんなに古い機体を使っているのか…よく事故が起きないな。

9.海外のパネリスト
>>8
北朝鮮当局が入念にメンテナンスを行っているのだろう。

10.海外のパネリスト
金正恩が持ってる「旅行用列車」が、米国にもあればいいのに…カリフォルニアからハワイとか…

11.海外のパネリスト
機内の通信方式は「ダイヤルアップ接続」かな?

12.海外のパネリスト
「金正恩氏の中国訪問」を「海外旅行(Overseas Trip)」っていうの変じゃない?陸続きじゃん!

(*米ヤフー記事に対する批判。)

13.海外のパネリスト
>>12
北朝鮮の平壌から中国の大連までは、最短ルートにおいて”黄海”上を通る。そういった意味では、「海外旅行」という表現も、間違ってはいない。

14.海外のパネリスト
>>12
少なくとも「国外(Abroad )」っていう言葉を使ったほうが良かったね。

15.海外のパネリスト
1960年代製の飛行機で驚くのは、世界でも北朝鮮国民くらいだろう。

16.海外のパネリスト
空港にいるフォークリフトの運転手さんに「貨物」と間違われそう…

17.海外のパネリスト
1962年型旧ソ連製飛行機?1.5万円くらいかなw

18.海外のパネリスト
彼ならトランプの良き親友になれるだろう…同族だから…

19.海外のパネリスト
>>18
ほんっと…リベラルって品がないね。





//--------------//
Update 2018/5/10
*一部語句の修正:核開発→核関連技術の開発
//--------------//

先日火曜日、米・トランプ大統領はイランとの歴史的核合意から離脱することを宣言した。これは、イランへの制裁再開を意味し、トランプ政権の大きな外交的決断となる。核合意離脱を発表したトランプ大統領は、「世界をより安全にさせる為である」と述べ、その意義を強調したが、ヨーロッパ諸国などは大反発しており、今後、アメリカが世界から孤立してゆく可能性もある。

2015年の「イラン核合意」においては、時のオバマ米政権、及び、ドイツ、フランス、そして、イギリス各政府が協力し、締結された。この合意により、イランは「核開発の厳格な制限・調査」を受け入れ、その見返りとして、同国に課せられた国際社会からの「重い経済制裁」が撤廃されていた。

一方、大統領選挙時から同合意に批判的な姿勢を示してきたトランプ大統領は、テレビ演説の中で「(イラン核合意は)根本的に欠陥がある」などと述べた。

ヨーロッパ諸国はトランプ大統領に翻意を促しつつ、離脱の決断を強く非難している。また、イラン当局も、”過去以上に核関連技術の開発を促進させる”などと主張、緊張が急速に高まっている。

//------------------//
別ソース情報(このニュース内容は、海外コメントに反映されていません。)
//------------------//

米CNNは、アメリカ諜報機関の情報として、イランがイスラエルへの「直接・間接的な攻撃」を検討していると報じた。

現時点で「攻撃方法の種類」については特定されていないが、イスラエルへの直接・間接的攻撃以外に、シリア、レバノン、そして、イラン国内における「不穏な動き」への警戒が強まっている。これらに対応するため、イスラエル政府は「非戦闘員予備役」招集を行っている模様。

かねてより、イラン政府は「米国の核合意離脱」が「歴史的過ちとなる」と警告しており、「自衛目的」と称するイスラエルへの爆撃、ひいては、大規模な軍事作戦の実行が懸念されている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/trump-reveal-iran-deals-fate-amid-low-hopes-041031763.html
https://edition.cnn.com/2018/05/08/politics/us-concerns-iran-israel-attack/index.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*31994件)
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
これ…誰が得するの?

2.海外のパネリスト
>>1
イスラエル・ネタニヤフ首相は、ずっと「イラン核合意」に不満を持っていた…その意図を、トランプが汲み取ったんだろう。

3.海外のパネリスト
>>1
イランなんぞに、如何なる譲歩もするべきじゃない。悪ガキのケツは叩くべき!!それこそアメリカ流!!!

4.海外のパネリスト
議会が空気になってるんだけど…仕事しろよ。

5.海外のパネリスト
>>4
そもそも、「イラン核合意」が締結された際、オバマが議会を無視していたんだよ。彼が独断で行ったものだ。米民主党内部でさえ、反対者が多く居たからね。

6.海外のパネリスト
>>4
米議会は、まるで「伸びたラーメン」の如き、強きコシがある!(*皮肉)

7.海外のパネリスト
トランプさん「オバマのやったことは、全て俺が無に返す!」

8.海外のパネリスト
すごいコメント数だな…ここまで大量なのは、初めて見た…(*3万件超え)

9.海外のパネリスト
>>8
新しい戦争が勃発しようとしているからね。皆、心配しているのさ。中東地域における混乱は、可燃ガスが充満する部屋で、マッチをするようなものだ。一歩間違えれば、全て吹き飛んでしまう。

10.海外のパネリスト
>>8
トランプ支持者には無職が多いから…みんな暇なんだよ。

11.海外のパネリスト
大丈夫さ、トランプだって沢山の専門家達から助言を受けているはずだし、この問題に対処するため、入念に準備された計画が存在しているはず。みんな!安心するんだ!!

12.海外のパネリスト
>>11
トランプは人の言うことを聞かない。だから不安なんだよ。

13.海外のパネリスト
お願い!11月の中間選挙には、絶対参加して!!

14.海外のパネリスト
>>13
もちろん参加する!そして、共和党に票を投じるよ!!!

15.海外のパネリスト
トランプは、「イラン核合意からの離脱」を大統領選挙時から公言していた…何を今更、そんなに驚くことがある?

16.海外のパネリスト
>>15
トランプに票をいれた連中は「とんでもなく馬鹿」なんだよ。

17.海外のパネリスト
まぁ「イラン核合意からの離脱」はいいとして…その後はどうするの?他に何か良い方法があるの?

18.海外のパネリスト
イランの場所すら分からない「自称軍事専門家」が、大量に溢れるコメント欄。

19.海外のパネリスト
>>18
我が国大統領と、同類の方たちですね。

20.海外のパネリスト
北朝鮮とイラン…両方一緒に、非核化できなかったのだろうか…

21.海外のパネリスト
>>20
北朝鮮はまだ何もしてないよ。ただ話し合いに合意しただけ。





先週金曜日、スウェーデンの移民大臣であるHelene Fritzon氏が記者会見上において、現在の移民流入レベルが、同国の対応可能限度を遥かに上回っていると述べた。その上で、将来的に大幅な移民受け入れ制限を行う可能性について示唆した。

今回の決断は、スウェーデン与党「スウェーデン社会民主党」における重要政策のひとつに、大幅な変更が加えられることを意味する。Fritzon氏によると、スウェーデンが一年間に受け入れることができる移民・難民の数は、およそ「14000~15000名」であり、2017年に流入した移民・難民の数「27000名」は、受け入れ限界を大幅に越えたものであると主張した。

以下はFritzon氏のコメント:

”今後、移民・難民の数が劇的に減ったとしても、人口比における我が国の移民・難民支援負担は、ヨーロッパ各国の中でも著しく大きい。(-中略-)受け入れ限界の二倍とまではいかないが、それに限りなく近い。”

スウェーデンの総人口は1000万人未満であるが、この4年間に約35万人の移民・難民を受け入れている。そのため、同国内には他のEU諸国と比べ、不釣り合いな負担を強いられているとする意見が噴出している。今年9月には総選挙を控えているため、権力維持を目標とする与党「スウェーデン社会民主党」が、自らへの批判をそらすため、移民・難民への厳しい姿勢を敢えて演じているとする論評もある。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2018/05/05/awash-with-migrants-swedish-social-democrats-propose-cutting-numbers-in-half/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/992788286887333888
[コメント傾向(総コメント数)]
保守(*78件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
無理だね。移民達を追い出すことは、もう不可能だよ。

2.海外のパネリスト
やっとか?我慢の限度ってところかな?スウェーデンにとっては良き知らせと言えるだろう。彼らの成功を祈ってあげようじゃないか?

3.海外のパネリスト(*写真)
わざわざ他国から異文化をもたらさずとも、自国文化内での多様性を深めていけば良い。

4.海外のパネリスト
最終的には、スウェーデン国民の判断を仰ぐべきなんだろうね。

5.海外のパネリスト
口先だけの話には絶対に乗らない…実際の行動を見るまでは。どうせ選挙対策の詭弁だろ?

6.海外のパネリスト
移民の人口増加率を甘く見ていたな。もっと移民の受け入れ速度を制限するべきだったんだ。スウェーデン文化に統合できる人達のみを、慎重に選べばよかったのに。

7.海外のパネリスト
”予防は治療に勝る”…この言葉を、彼らは事前に知っておくべきだった。

8.海外のパネリスト
「移民受け入れの半減」ではなくて、「移民の管理・制御」こそが必要だったのに。

9.海外のパネリスト
スウェーデンが「亡国」であることは、我々皆、すでに知っていることではないか?

10.海外のパネリスト
これこそ、典型的な社会主義国家の姿だね。馬鹿な人々と、憎国思想の蔓延により社会が分断され、政治的独裁者達が意のままに国を操る事態となっている。

11.海外のパネリスト
移民の受け入れなんて「0」でいいんだよ。

12.海外のパネリスト
むしろ「マイナス(強制送還)」にすべき。

13.海外のパネリスト
移民数を制限することには賛成だけど、これまでにすでに流入してしまった人々はどうするの?

14.海外のパネリスト
こんなことやったって無駄。

15.海外のパネリスト
>>14
移民達への社会保障費を大幅にカットしたらいい。勝手に出ていくさ。

16.海外のパネリスト
>>15
君、頭いいね!

17.海外のパネリスト
すでに馬が逃げ出した後の馬小屋に、鍵を掛けるような話。

18.海外のパネリスト
移民達はウサギのように増え続けるだろう…そして近い将来、スウェーデンは「イスラム法」によって統治されるのだ。
 




//----------//
2018/5/6
*18:55  Sajid Javid氏のイスラム教棄教について、情報を修正:コメントでのご指摘、ありがとうございました。
//----------//

Windrush Scandal(当ブログ記事リンク)」の余波を受け、辞任に追い込まれたAmber Rudd前内相の後任として、パキスタン系移民の出身であるSajid Javid氏(46)が任命された。内務大臣は首相、外相、そして、財務相に並ぶ、英内閣の最重要ポストであり、少数民族出身者が同役職に就任することは、英政治史上初となる。

(注:Sajid Javid氏は、イスラム家系出身であることを認めながらも、自身の宗教においては”無神論者”であるとされている。(*英メディアによって見解は分かれる。参考参考参考)「政治的配慮により棄教を演じている」とする声もある。参考

内相に任命される前日、Javid氏は「Windrush Scandal」についてコメントを発表。「この事件はとても身近に感じられます。(強制送還対象となっていた)被害者達は私の母、父、叔父…もしくは、私自身であったかもしれないのですから。」などと、述べていた。

今後、Javid氏は内務省の最高責任者として、イギリスにおける移民政策や警察機構の管理、テロ対策などの陣頭指揮を担う立場となる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.thenews.com.pk/latest/311353-new-uk-interior-minister-is-son-of-pakistani-immigrants

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
英ヤフー
https://uk.news.yahoo.com/sajid-javid-announced-home-secretary-amber-rudds-resignation-091800704.html?guccounter=1
[コメント傾向]
多種多様
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供、ありがとうございました。

関連記事:


//------------------//

1.海外のパネリスト
お次は英史上初のムスリム宰相誕生かな?まぁ、その時はイギリス終焉の日となるだろうけど。

2.海外のパネリスト
>>1
左翼の連中はいつも政府を非難しているが、一体何が不満なのか…こんなにも国全体が「左寄り」になってきているのに。大学は左翼の溜まり場になっているし、「政治的公平性」の概念は左翼によって広められているし、首都ロンドンには左翼市長が誕生しているし…例を挙げていったらキリがない。

3.海外のパネリスト
>>1
「小英帝国」なんざすでに崩壊しているんだよ。経済にしても年0.1%程度の成長率しかないし、自国通貨ポンドにしても、ほぼユーロの付属通貨に成り下がっている。頼みの対米輸出もトランプ政権以降、25%の下げ幅を記録し、ナイフを使った犯罪や、子供達への暴力事件も相次いでいる。イギリス人は「自分達がヨーロッパを見捨てたのだ!」と粋がっているが、ヨーロッパこそ「イギリスみたいな恥さらしと一緒に居たくない」と感じているのさ。馬鹿な差別主義者のBriexit支持者達のおかげで、英国は「*永遠に行列に並ぶ国家(standing in queues forever)」に成り下がってしまったのだよ。

(*永遠に行列に並ぶ国家(standing in queues forever):オバマ前米大統領がイギリスのEU離脱を牽制して述べた皮肉を揶揄している。列という単語はアメリカでは「line」が主に使われるが、オバマ前米大統領はイギリスを標的とした嫌味とするため、わざわざ「queues」というイギリス英語を用いている。「君たちにも理解できる言葉で言ってあげるよ」的な、多少なりとも失礼な表現になるらしい。アメリカ人の一部には、英国の英語(や発音)を馬鹿にする風潮が少なからず存在している模様。)



4.海外のパネリスト
>>3
まず第一に、「ナイフ犯罪」や「子供達への暴力」は貴方達左翼が大好きな「多文化主義」によってもたらされていることを、理解して欲しい。あと、「Briexit(EU離脱)」と「差別」を同一に捉えているけど、もともと「白人至上主義の枠組み」である「EU連合」に所属し続けることこそ、まさに「差別主義」と評されるにふさわしい行動ではないか?

5.海外のパネリスト
この人が英内相に就任したことによって、現在、イギリスが抱える約200万人もの不法移民に関する対策、及び、国境管理は、ほとんど機能しなくなるだろう。恐るべき人選ミスだ。

6.海外のパネリスト
>>5
選挙で落選させるしかないね…

7.海外のパネリスト
>>5
不法移民200万人の根拠は?ソースを示してくれよ。

8.海外のパネリスト
今のイギリスは「踏んだり蹴ったり」の状態だ。

9.海外のパネリスト
少数民族の票を目当てにわざわざここまでするかね?与党・保守党も落ちたものだ。

10.海外のパネリスト
>>9
それでも、ジェレミー・コービン率いる野党・労働党よりかは遥かにマシ。もし、彼らが政権を取ったら、年間10万人以上もの移民が押し寄せてくるだろう。そこら中、テントだらけになるぞ?

11.海外のパネリスト
英国政治家も馬鹿だよね…リーク情報で辞任に追い込まれるなんて。英国政府内の情報が筒抜け状態であることは、よく知られていることなのに。

12.海外のパネリスト
ジョークはいい加減にして欲しい。任命者であるテリーザ・メイ英首相は即刻辞任すべきだ!

13.海外のパネリスト
Sajid Javid新内相って、「EU離脱反対派(remoaner)」でしょ?こんな人達ばかりを内閣に入れて、ちゃんと仕事ができるの?

14.海外のパネリスト
てっきりムンバイ地方政府の内相かと思った…

15.海外のパネリスト
>>14
彼はパキスタン系移民出身者だよ?ムンバイはインドの都市。地理もロクに理解できていないのかい?

16.海外のパネリスト
イスラム教を捨てたと公言しているが、本当だろうか?それとも、(ロンドン市長である)サディク・カーンのように、それを演じているだけだろうか?

17.海外のパネリスト
今回の件で分かったことは、パキスタン系移民であり、かつ、父親がバス・ドライバーである人物は、政治家になれるってことだ。

(*ロンドン市長であるサディク・カーン氏、及び、Sajid Javid新内相ともに、父親がバスドライバーであり、かつパキスタン系移民出身者。)

18.海外のパネリスト
今回の決断によって、不法移民の強制送還処置は中止されるだろう。そして、自らの仲間を優遇し、我々英国民を放り捨てるのだ。もはやイギリスは引き返すことの出来ない地点に着てしまった。





//---------//
Update 2018/5/5
*12:50 一部文章の修正:Windrush世代移民→Windrush世代移民等(*Windrush世代移民以外も、英内務省による強制退去処分対象となっていた為。)
Update 2018/5/6
*9:50 一部文章の修正:ムスリム内務大臣→イスラム文化出身の内務大臣(*公には無神論者であることを公言している模様。)
//---------//

英内相Amber Rudd氏が、「特定移民(*Windrush世代移民)」を標的とした強制送還処置に関して、嘘の証言を議会で行ったため、辞任に追い込まれる事態が発生した。

(*Windrush世代移民:第二次世界大戦後、イギリスは国内の労働人口不足を補うため、アフリカ大陸やカリブ諸島、インドなどから、大量の移民を招き入れた。それらの移民達は「HMT Empire Windrush号」という船に乗って英国を訪れたことから、「Windrush generation(Windrush世代)」と呼ばれている。彼らの多くは、当時のイギリス政府から英市民権が与えられ、同国での居住を正式に許可されている。参考

この話題は、先週の金曜日、英ガーディアン紙の特集記事において、Rudd氏が「Windrush世代移民等を標的とした強制送還目標」を認識していたメモが示され、当初、同対応を「知らない」と否定していた同氏の説明に矛盾が生じていたという。一連の騒動は「*Windrush Scandal」の一部として報じられ、英メディアなどで「特定移民に対する差別行為」として、大きく取り上げられてきた。

(*Windrush Scandal:2017年11月から2018年4月にかけて、英内務省が「Windrush世代」の子孫達等を標的とし、強制送還処置を試みていた出来事等を示す。この件が公になった後、メイ英首相は、被害にあった移民グループに対して謝罪を行い、賠償を申し出ている。一方、英内務省の責任者であるAmber Rudd氏は、当初、「Windrush世代移民」等を対象とした強制送還目標を「知らなかった」と述べていたが、後に、それが嘘であると判明。大バッシングを受ける結果となり、辞任に追い込まれた。)

今回辞任することになったAmber Rudd前内相の後任には、パキスタン系移民の子孫であるSajid Javid氏が任命された。同氏はイスラム教徒としても知られており、英内閣においては史上初のイスラム文化出身の内務大臣となる。ちなみに、英首都ロンドンの市長も、同じくパキスタン系移民の子孫でムスリムのサディク・カーン氏

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.theguardian.com/politics/2018/apr/27/amber-rudd-was-told-about-migrant-removal-targets-leak-reveals
https://en.wikipedia.org/wiki/British_African-Caribbean_people#The_.22Windrush_generation.22
https://uk.news.yahoo.com/home-secretary-wants-windrush-immigrants-treated-fairly-103821089.html
https://uk.news.yahoo.com/theresa-may-accepts-amber-rudds-resignation-210800932.html
https://www.theguardian.com/politics/2018/apr/29/amber-rudd-resigns-as-home-secretary-after-windrush-scandal

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
英ヤフー
https://uk.news.yahoo.com/theresa-may-accepts-amber-rudds-resignation-210800932.html
[コメント傾向]
多種多様:若干反英政府気味?
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供、ありがとうございました。

*今回、ニュースの詳細が若干複雑であった為、解釈が不正確になっている部分もあるかもしれません。もし、情報に誤り等ある場合は、ご指摘いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
重要なことは、「誰が責められるべきか?」ではなく、「いかにしてこの事態を収拾するか?」ということ。誰しもが、自らの正当な市民権を脅かされるべきではない。真にこの国から追放されるべき人物は、一部の役立たずな政治家達だ。

2.海外のパネリスト
>>1
可能であれば、「追放すべき政治家」の第一候補に、”*ダイアン・アボット氏”を入れてあげてください。 

(*ダイアン・アボット氏:野党・英労働党に所属する黒人女性政治家。様々な言動で、注目や批判を多く浴びている人。「イギリスが”差別”を発明した!(the British invented racism)」などの発言で有名。)

3.海外のパネリスト
>>1
「~一部の役立たずな政治家達だ。」…「一部」どころじゃないけどねw

4.海外のパネリスト
別に「何か」を「目標」にすることくらい、当たり前でしょ?警察だって得点稼ぎのために、「目標」を定めて路駐を取り締まっているし、「英労働年金省」にしろ、社会保障制度除外者の選定を常に行っている。

5.海外のパネリスト
>>4
「目標」を作ること自体は問題ないよ。大事なことは、「標的」にすべき人物を誤らないことだ。

6.海外のパネリスト
>>4
今の英国には”誠実さ”というものが、抜け落ちてしまっている。我々庶民が混乱を味わう中で、金持ち達は、さらに私腹を肥やしているのだから。

7.海外のパネリスト
>>4
簡単な話、最初っから「知らない」なんて嘘の答弁をしなければよかったんだよ。

8.海外のパネリスト
こういう内部文章を次々に漏洩しているのは、一体誰なんだ?政府の要職についている人物なら、全てお咎め無しなのか?

9.海外のパネリスト
>>8
Windrush移民受け入れに関して、現政府を責めるのはオカシイ。彼らに英国市民権と居住許可を与えるという馬鹿げた決断を下したのは、今から数十年前の英政府である、

10.海外のパネリスト
ところで…*イヴェット・クーパーはいつになったら、シリア出身の「ヒゲを生やした自称少年達」を、自宅に招き入れるんだい?君は約束しただろ?

(*イヴェット・クーパー:イギリスの政治家。野党・英労働党所属。)

11.海外のパネリスト
>>10
そんな約束、守るわけがない。彼女はただの偽善者だよ。

12.海外のパネリスト
英メディアがまた政府を虐めてる…

13.海外のパネリスト
>>12
政府に対して肯定的な報道を、彼らが行うと思うかい?

14.海外のパネリスト
>>12
彼女は偽証した。追及を受けるにふわさしい行為をしたんだよ。

15.海外のパネリスト
パキスタン・バングラデシュ系移民による「英少女達への暴力事件」を覆い隠すため、この話題が利用されているように思える。「Windrush Scandal」なんて、あの出来事に比べれば、遥かに小さな問題なのに…

16.海外のパネリスト
議会に対して嘘をついた人間全てを英政府から追放したら、多分、誰も内閣に残らないんじゃない?

17.海外のパネリスト
>>16
それは野党・英労働党にも言えることでしょ?

18.海外のパネリスト
なんでこんな小さなミスで、いちいち大騒ぎするべきかね?間違いがあったら、それを真摯に正せばいいじゃない?今回の事案にしても、大切なことは「(Windrush世代移民達における市民権の)何が合法」で、「何が不法」であるのかという、基準をしっかり示さなかったことでしょ?辞職して何になるの?

19.海外のパネリスト
>>18
小さなミス?議会に嘘をつくことが?


このページのトップヘ