海外報道翻訳所

焼き鳥のネギの旨さ…


カテゴリ: 政治・経済



「風刺画意訳」

2017年:
ヨーロッパの役人(現地人)「ようこそヨーロッパへ!」
ムスリム「ども」

2027年:
ヨーロッパの役人(ムスリム)「ようこそ我らがヨーロッパへ!」
大量のムスリム「ども」

2037年:
ヨーロッパの役人(ムスリム)「不信心者は出ていけ!」
ヨーロッパの元現地人「え~!」

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/V_of_Europe/status/962752305333456898

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト(写真)
助けた野良犬に、手を噛まれる欧州。

2.海外のパネリスト
実際にはもっと早いよ…一番上が2017年だったとしても、真ん中は2018年だし、一番下は2019年あたりになるだろう。

3.海外のパネリスト
今すぐ対応しなければ…これが現実になってしまう。

4.海外のパネリスト
風刺画は言葉よりも強し。

5.海外のパネリスト
自己犠牲の自己満足に浸っているヨーロッパ…侵略や衰退を自ら望んで受け入れる彼らにとって、このような結末は、当然の成り行きである。

6.海外のパネリスト
EU諸国の人々よ!パブで酒を飲んでいる暇があるのなら、自国の文化・歴史を守るために行動しろ!!!

7.海外のパネリスト
メディアで報じられた「難民の子供が海辺に横たわる写真」に騙され、ヨーロッパは罠に引っかかってしまったのだ。

8.海外のパネリスト
三番目の段階に突入している欧州国家が、すでにいくつか存在している…

9.海外のパネリスト
少数派(イスラム教徒)の特権は、彼らが多数派になるまで続く。

10.海外のパネリスト
これは西ヨーロッパの未来であって、(反移民国家が多い)東ヨーロッパは関係ない。

11.海外のパネリスト
カナダは、2018年度中に一番下まで行くだろう。

12.海外のパネリスト
>>11
それが嫌なら今、行動するんだ!

13.海外のパネリスト
ヨーロッパにイスラムの場所はない!

14.海外のパネリスト
風刺画の中には、多くの真実が隠されているものだ。

15.海外のパネリスト
イスラムは「平和の宗教」…そこら中で、戦いの火種を撒き散らしているがね…

16.海外のパネリスト
最近、イギリスでもイスラム化の傾向が強くなってきている…それらを批判しようものなら、様々な罰則を与えられ、挙句の果てには、逮捕されてしまう。ロンドン市長も、ムスリムだし…

17.海外のパネリスト
ヨーロッパ全土におけるイスラム教徒の割合は、現在、わずか5%に過ぎない。2037年までに、多数派を形成するようになるとは思えん…

18.海外のパネリスト
>>17
彼らの凄まじい出生率を考えれば…決して不可能な話ではない。
 




//---------//
Update 2018/2/12
注釈追加 *コメントでのご指摘ありがとうございます。
//---------//

(注:この記事内容自体は1年半ほど前の話題となります。海外コメントに関しましては、最新のものとなります。)

先週土曜、ドイツの週刊誌”Der Spiegel”は、独連邦財務省が取りまとめた会議用仮資料を引用し、2020年までに、ドイツ政府が難民対策費用として、約12.4兆円もの資金を費やす予定であることを報じた。

今回の報道は、昨年100万人以上もの難民を受け入れ、反移民感情が沸騰しているドイツ国民の感情をさらに炎上させるものになりうるだろう。(The figure is likely to stoke concerns)

”Der Spiegel”によると、独財務省の算出したこれらの難民費用には、彼らの住居や生活適応の支援、さらには、難民を生み出す起原国家への対策費が含まれているという。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.reuters.com/article/us-europe-migrants-germany-costs/german-government-plans-to-spend-93-6-billion-euros-on-refugees-by-end-2020-spiegel-idUSKCN0Y50DY

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/962099963323969539
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

最近、ロイターによる保守系記事の配信が少し目立ちます…気のせいかもしれませんが…

参考: 伊政治家「イタリアの文化がイスラムの流入により消滅しつつある!」

//------------------//

1.海外のパネリスト
グローバリスト達によって定められし運命…

2.海外のパネリスト
なぜ自国の高齢者達にそれらの予算を使うことができないのか?移民達など、犯罪予備軍に過ぎない!今すぐ侵入を阻止すべきだ!!!

3.海外のパネリスト
ここカナダでも同じことが起きている。トルドー加首相は、この国に尽くしてきた退役軍人に対して、労わるどころか、さらなる負担を要求している!

4.海外のパネリスト
どの国家においても、自国民がまず最優先であるべきだよ!

5.海外のパネリスト
ドイツが経済的に潤っているからこそ出来る政策…だが、それも長くは続かないだろう。

6.海外のパネリスト
米カルフォルニア州みたいになってきたね…

(*米カルフォルニア州は、アメリカの中でもリベラル勢力が非常に強い。)

7.海外のパネリスト
メルケル独首相は、自らがドイツに対して行ってきた数々の蛮行に対して、心から反省しなくてはいけない!

8.海外のパネリスト
このニュース…まったく知らなかった…恐らく、この手の話題を広めたくない人達が、沢山いるのだろう…

9.海外のパネリスト
彼らを反面教師とするべきなんだ…祖国を守るためには、保守系政治家を当選させる必要がある!

10.海外のパネリスト
フランスでは、移民達が沢山の支援を受ける一方、フランス人の高齢者ホームレス達が病院にも行けず、住居も与えられず、途方にくれている。

11.海外のパネリスト
ドイツよ!君達の苦難はまだまだ続く。アメリカで今審議中の新移民改正法が成立した暁には、米国内にいる多くの不法移民達が、あなた達の国を目指すことになるだろう。その数は180~400万人規模となる…よくよく準備をしておきたまえ。

12.海外のパネリスト
自国民を見捨て、侵略者達の面倒だけ見るのか?

13.海外のパネリスト
イギリスも他国を笑えない…

14.海外のパネリスト
>>13
オランダも然り…

15.海外のパネリスト
一度動き始めてしまったもの(イスラム化)を、止めることは難しい…もはやドイツは、まったく違う国になってしまったのだ。

16.海外のパネリスト
まぁ…政治家にとって…若い男性移民達のほうが、自国の高齢者達よりも、”都合の良い有権者(候補)”になりうるからね…そりゃ移民を優遇するさ…

17.海外のパネリスト
米民主党も、移民票欲しさに同じような政策を訴えていたなぁ…

18.海外のパネリスト
悲しいけど、これはドイツ人達が自ら決めた事…しょうがないね。
 




反移民・欧州懐疑主義を掲げるイタリアの右派政党(*左派政党との見方もある。参考)である”北部同盟”の書記長マッテオ・サルヴェーニ氏が、ロイターの取材に答え、”移民の侵略を食い止める”との声明を発表した。

以下は、サルヴェーニ氏のコメントより抜粋:

”我々は今、攻撃を受けています。我々の文化、社会、伝統、そして、生き方が消滅の危機に瀕しているのです。~(中略)~肌の色を問題にしているのではありません。ただ、侵略の脅威が確実に存在していることを、訴えたいのです。もしこのまま、イスラム化が急速に進んでいけば、数百年続いてきたイタリアの歴史は、途絶えてしまうでしょう。この危機は、これまで余りにも過小評価されてきました。”

この声明は、”北部同盟”に所属する著名な議員”アッティリオ・フォンタナ”氏が、ラジオ局の取材に対して”私達イタリア人は、我々の民族、我々の白人血脈、我々の社会を今後とも存続させていくのか、それとも、(アフリカ系移民を受け入れることにより)消滅させるのかを、選択するべきなのです。”などと発言、大バッシングを受けたことに関連し、彼を擁護するため、発表されたものである。

イタリアでは、今年3月4日に総選挙を控えており、移民問題が大きな争点になっている。現在、中道右派の野党政党は、移民対策に消極的な中道左派政権を強く非難しており、世論調査でも、反移民を訴える中道右派への支持を集まっている模様。ただし、情勢は流動的である。

この4年間で、地中海を通り、アフリカなどからイタリアへと侵入した難民・移民の総数は、60万人を超えるとされている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.reuters.com/article/us-italy-election-league/northern-league-leader-says-italian-society-threatened-by-islam-idUSKBN1F4249

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/953257660996030464
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
さっさとEUから離脱すればいいのに…

2.海外のパネリスト
新世代十字軍の結成である!彼らを支援しよう!!

3.海外のパネリスト
ちょっと遅かったかな…すでに多くの野蛮人達がヨーロッパに侵入してしまっているからね…

4.海外のパネリスト
スウェーデンにおいては、素晴らしき国境開放政策のおかげで、今、国家が存続の危機に陥っている。戦うか、滅びるかの二者択一…

5.海外のパネリスト
何で欧州のムスリム達って路上で祈るの?通行の邪魔なんだけど…止めてくれないかなぁ。もし俺が道路の真ん中で突っ立っていたら、即座に警察が来て、めちゃくちゃ怒られるはず。

6.海外のパネリスト
これはフィクションではなく事実である。イタリアで起きる事は、世界中どこでも起こりうる。

7.海外のパネリスト
人海戦術による侵略行為ほど、効果的な戦術はない。

8.海外のパネリスト
それだけの危機感を持っているのなら、今すぐ、何らかの行動をとるべきだ!

9.海外のパネリスト
これまで、イタリアは地中海で漂流するアフリカ系移民・難民達を、わざわざ拾ってヨーロッパに連れてきていた。まったくもって自業自得だよ。

10.海外のパネリスト(カナダの方)
この国(カナダ)の左翼政権は、今、世界で起きている現実を直視していない。イスラム化が何をもたらすのかについて、もっと勉強するべき!

11.海外のパネリスト
ヨーロッパの政治家は嘘つきばかり…

12.海外のパネリスト
イタリア人よ!目を覚ませ!!とりあえずコーヒーを飲むんだ!!!

13.海外のパネリスト
どうやら、イタリアという国家は”肥溜め(Shit Hole)”になりつつあるらしい…トランプ大統領!アメリカを救ってくれてありがとう!!!

14.海外のパネリスト
だ・か・ら!さっさと移民達を送り返せばいいじゃないか…

15.海外のパネリスト
ムスリムの繁殖力は、凄まじいからね…数年で倍増するよ…

16.海外のパネリスト
もし俺がイタリア人なら、街中で豚を放し飼いするね…

17.海外のパネリスト
300年前、カシミールにムスリム一家が訪れた…その後、カシミール全土にムスリムが拡散することになる…「*カシミール紛争」の遠因。

(*カシミール紛争:カシミール地方をめぐって、インド共和国、中華人民共和国、およびパキスタン・イスラム共和国の3カ国が領有権を主張する地域紛争である。)

18.海外のパネリスト
もしイスラムというものが、そんなにも素晴らしいものであるのなら…なぜ、イスラムが支配する国家において、ここまで多くの問題が発生するのだろうか?
 




(*今回の記事は、「米外交専門誌”ナショナル・インタレスト”」に掲載されたコラムの意訳となります。あらかじめご了承ください。)

ここ数ヶ月において、日本がヨーロッパ諸国との繋がりを急速に深め始めている。昨年12月、英グリニッジの国立海洋博物館にて、日英の防衛・外務両大臣による2+2会談が行われた後、今年1月には、日本の東京にて、日仏の2+2会談が開催された。

これらの話し合いでは、”インド太平洋領域における自由航行("free and open Indo-Pacific")”の重要性、及び、両国の”共通利益(common interest)”が確認された。中国やロシアの台頭をけん制する意図が見え隠れしている。

今回の日英・日仏2+2会談は、日米同盟、英仏の防衛協定、仏英米のNATO連合、*UKUSA協定などに匹敵する関係の構築を、目指したものと考えられる。

(*UKUSA協定:アメリカ合衆国の国家安全保障局(NSA)やイギリスの政府通信本部(GCHQ)など5カ国の諜報機関が世界中に張り巡らせたシギントの設備や盗聴情報を、相互利用・共同利用する為に結んだ協定のことである。)

さらに、昨年7月に合意された日欧EPA妥結によって、中国、韓国、そして、アメリカよりも大きな存在感を、今後、日本がヨーロッパにおいて示していくことになるだろう。

英仏との関係強化以外にも、日本は、隣国である中国の海洋進出を防ぐため、さらには、周辺地域の安定を実現するため、日米豪3カ国、もしくは、日米豪印4カ国による連携を、さら強めていくものと思われる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.yahoo.com/news/m/a7b267d6-7405-3a66-857e-61c3e8926699/ss_japan-is-back-on-the-world.html
(記事元:米外交専門誌”ナショナル・インタレスト)

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向]
若干保守
[コメント選出基準]
人気・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

記事内容が難しかったため、意訳に誤りがあるかもしれません。その場合は、ご指摘いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
日本国旗である「日の丸」が、いつの日か、中国本土に掲げられる日が来る事を願っている。

2.海外のパネリスト
>>1
在中国日本大使館では、すでに「日の丸」が掲げられているけどねw

3.海外のパネリスト
北朝鮮によるガラクタ核爆弾を使った挑発と、中国による周辺国への嫌がらせにより、日本の軍事化&核武装がより現実的になってきている。

4.海外のパネリスト
>>3
良い指摘だと思う。すべては中国の責任だ!

5.海外のパネリスト
ロシアと中国は忘れるべきではない…日本が”戦う怪獣(*ゴジラ)”を保有していることを…

6.海外のパネリスト
さて…そろそろ中国共産党のゴキブリ達(*五毛さんを意味すると思われる。)が、わんさか出てくる頃だな…

(*実際、五毛さんと思われる投稿が沢山ありました。ほとんどが低評価でしたが…)

7.海外のパネリスト
中国は、眠れる侍を起こしてしまった!

8.海外のパネリスト
やっぱり、戦後も日本に中国を統治させておくべきだった…もしそうしておけば、”大躍進政策”も”文化大革命”も発生しなかっただろうし、日本人の指導により、中国人達の各種マナーも、多少は向上していたはずだ。

9.海外のパネリスト
中国や北朝鮮は、まだ理解していないのさ…日本が再び軍事大国になりつつある現状を…。今、日本はアジア最強の海軍を保持しており、さらに技術開発においても、他国を圧倒している。日本に対する圧力は、結果的に、日本の軍事力をさらに強めるだけだ。

10.海外のパネリスト
アジアにおける民主主義の基盤は日本である!共産主義国である中国などではない!!

11.海外のパネリスト
>>10
全体主義国家である”中国”が、アジアの支配を狙っている。

12.海外のパネリスト
”日本がその存在感を再び示し始めている”だって?日本が存在感を示さなかった時などない。個人的に言わせてもらえば、日本は核武装をするべきだと思うよ。彼らがその気になれば、一週間で製造することが出来るだろう。

13.海外のパネリスト
>>12
日本は「核拡散防止条約」に調印していますよ。

14.海外のパネリスト
(中国の)影に埋もれるアジア地域において、日出づる国(日本:rising sun)の光が必要とされている。

15.海外のパネリスト
あ!中国の共産ゴキブリを発見!さっそく二匹も出てきたw

16.海外のパネリスト(*五毛さんっぽい)
>>15
共産国ベトナムにボロ負けして、尻尾を巻いて逃げていったアメ公が何をほざいてやがるw

17.海外のパネリスト
>>16
言っとくが、米国はベトナム戦争に全力を投じていない。さらに言えば…朝鮮戦争時、トルーマン大統領がマッカーサーの進言に従い、核攻撃を決定していたら…今頃、中国は存在していないだろう。

18.海外のパネリスト
日本はとても貴重な同盟国だ。

19.海外のパネリスト
ここは米ヤフーのコメント欄なのか?それとも、中国のゴミ箱なのか?(*五毛さんが多いことへの皮肉。)
 




---記事引用開始---
[ワシントン 6日 ロイター] - トランプ米大統領は6日、移民制度を巡る法律の改正で合意できなければ、連邦政府が閉鎖されても構わないとの姿勢を示した。

(中略)

現在のつなぎ予算の期限である今月8日までに移民問題で合意し、新たな予算が可決されない限り、政府機関は再び閉鎖されることになる。

一方、ホワイトハウスのサンダース報道官は6日の定例会見で「われわれは政府機関閉鎖を支持しておらず、それは職務を果たしていない民主党の責任だ。大統領は長期的な合意と移民問題での合意を望んでおり、われわれは民主党が交渉の席に着き、職務を果たすよう希望する」と述べ、トランプ氏の発言を釈明した。
---記事引用終了---

*詳細につきましては、元記事をご覧ください。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/reuters-20180207013.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米AP通信公式ツイッター
https://twitter.com/AP/status/960963791130329088
[コメント傾向]
賛否両論
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//News Info
//------------------//

トランプ大統領が提唱する移民法の改正(*不法移民対策の強化がメイン)については、比較的多くの支持が寄せられていますが(参考)、政府機関の閉鎖を容認する今回の発言には、批判が目立ちました。

//------------------//

1.海外のパネリスト
これは国家に対する裏切り行為である!事の重大性をまったく理解していない!!

2.海外のパネリスト
今回の移民法改正に関しては、多くのアメリカ国民が賛同を示している。移民達にとっても、この改正はメリットが大きい。もし、米民主党の連中が本当に移民の幸せを願うのならば、この提案を支持するべきだ。

3.海外のパネリスト
>>2
超党派による改正案の成立を拒んだのは、むしろトランプのほうだろ!!!

4.海外のパネリスト
トランプは休暇を取りすぎている!ゴルフ禁止令を作ってくれ!

(注:トランプさんは、ゴルフが超好き。)

5.海外のパネリスト
そもそも、トランプの嫁であるメラニア夫人も、1990年代にアメリカへ渡ってきた経済移民だ…しかも、その後に両親を呼び寄せている…今なら”連鎖移民(chain immigration)だ!”として、大バッシングを受けていたことだろう。

6.海外のパネリスト
トランプ「政府機関を閉鎖?構うものか!…その間、ゴルフにいけるからね♪」

7.海外のパネリスト
素晴らしきリーダーシップを、如何なく発揮してる…(*皮肉)

8.海外のパネリスト
ホワイトハウスの報道官は、いつもトランプの尻拭いをしているなぁ…

9.海外のパネリスト
昔、トランプが「The Art of the Deal(交渉の美学)」っていう本を出していたけど…彼にとって”交渉の美学”とは、取引を決裂させることなんだね…

10.海外のパネリスト
>>9
こちらにメリットがないと判断した時、交渉を取り止める決断をすることも、実際の取引では、とても大切な事なんだよ。

11.海外のパネリスト
もし政府機関が停止するようなことになれば、それは間違いなく、大統領の責任である!

12.海外のパネリスト
トランプは酔っ払っているのか?

(*トランプさんはお酒を飲まない。参考

13.海外のパネリスト
すばらしい交渉術だね…(*皮肉)

14.海外のパネリスト
前回に引き続き、米民主党のわがままにより、政府機関の閉鎖がもたらされようとしている。彼らはまるで駄々っ子のようだ。

15.海外のパネリスト
なぜトランプは、いつも米国民を傷つけようとするのだろうか…おそらく彼は、他者から愛されたことがないのだろう…

16.海外のパネリスト
約束したことをしっかりと実行する…こんな大統領は、米国史上トランプしかいない!

17.海外のパネリスト
もういやだ!耐えられない!!こんな馬鹿な大統領には、もううんざりだ!!!

18.海外のパネリスト
現在、共和党は上下両院で多数派を形成している。つまり、これは米民主党の問題ではない。共和党における内紛問題なのだよ。

19.海外のパネリスト
政府機関の閉鎖が決まれば、米経済は急落することになるだろう…





先週火曜日、オーストリアとハンガリーの首脳がウィーンにて会談を行い、EUの移民政策に対して、共同で対抗していくことを誓い合った。

右派として知られるオーストリア首相セバスティアン・クルツ氏は、同じく保守派であるハンガリー首相オルバーン・ヴィクトル氏との協議において、移民の流入経路となっているバルカン・ルートの閉鎖、及び、EU国境管理の厳格化を話し合ったという。

また、クルツ氏はEUによる移民割り当て制度も批判し、EU加盟国への圧力を止めるよう訴えた。以下はオルバーン氏との、共同会見におけるクルツ氏の発言。

”EU各国が抱える最大の課題は、ヨーロッパに流入する不法移民達を食い止めることであり、さらに、それら不法移民の発生地である起源国に対して、適切な支援を行うことにある。欧州諸国に難民達をばら撒いたところで、これらの問題は解決しない。("A key task of the EU - of us as member states - must be to stop illegal migration into Europe and to develop aid in the countries of origin. Only distributing (refugees) in Europe does not work,")”

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.euronews.com/2018/01/30/austria-s-kurz-backs-hungary-s-orban-against-eu-migrant-quotas

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/959074488959885312
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
すばらしい知らせだ!ヨーロッパの国境は尊重されねばならない!!

2.海外のパネリスト
*ヴィシェグラード諸国には、今後とも頑張ってほしいな。

(*ヴィシェグラード諸国:チェコ・スロバキア・ハンガリー・ポーランドの中央ヨーロッパ4カ国を示す。)

3.海外のパネリスト
ようやく常識的な思考回路が、欧州に戻ってきたようだ。

4.海外のパネリスト
どうせなら、*オーストリア=ハンガリー帝国の復興を協議すればよかったのに…

(*オーストリア=ハンガリー帝国:かつて欧州に存在した国家。ハプスブルク帝国の一つであり、その最後の形態である。)

5.海外のパネリスト
国境を守ることは、国家を守ることである!!!

6.海外のパネリスト
ヴィシェグラード諸国の4カ国は、EUの移民政策に対して、果敢に抵抗している!これからも、この調子で突き進んでくれ!!!

7.海外のパネリスト
現在までに、7つのEU加盟国が、移民割り当て制度に反対を表明しているようだ…この傾向が、西ヨーロッパ諸国にも、広まってくれればいいんだけど…

8.海外のパネリスト
祖国を愛する誇り高き人々だ。

9.海外のパネリスト
やっぱり国境管理は絶対に必要だよ。

10.海外のパネリスト
少しづつではあるが、EU諸国が、現状の深刻さを理解するようになってきた。

11.海外のパネリスト
やはり難民の受け入れは、制御可能な範囲にとどめるべきなんだよ。他の国家も彼らを見習ったほうがいい。

12.海外のパネリスト
この問題に対処できない国は、いずれ、人口爆発という別の問題を抱えることになるだろう。

13.海外のパネリスト
欧州諸国は、イギリスが起こしたEU離脱運動に参加すべきだ。

14.海外のパネリスト
そのうち、どこかの賢明な旅行会社が”「絶対安全な」EU諸国限定ツアー”を企画するだろう。

15.海外のパネリスト
ハンガリーもオーストリアも、「移民・難民流入」の被害者だからね。

16.海外のパネリスト
EUの移民政策が失敗したことによって、欧州諸国は、自国の統治権強化を推進し始めている。EU支配からの脱却は、良いことだ。

17.海外のパネリスト
近年、難民を装う侵略者達が、大量に流入してきているが、これらの部外者達に対して、如何なる対応もしない国家は、もはや愚かとしかいえない。一体どれだけの被害を目にすれば、現実を悟るのか?

18.海外のパネリスト
国境管理を厳格化すれば、すべて解決する。





ドイツ連邦統計局によって発表された最新の人口統計によれば、2016年度、同国において34万6000人の人口増加が確認されていることが分かった。自然増加が、自然減少を大幅に下回る自体になっているため、これらの増加傾向は、主に大規模移民によってもたらされている可能性が高い。

2016年度、ドイツに流入した移民の総数は49万8000人であり、同国における「自然増加と自然減少」の差が、-11万8000人であることなどから、人口増加分の大半が移民の流入によって確保されている計算となる。

また、ドイツの人口における外国人の割合も、11.2%を記録しており、前年2015年度の10.5%を上回る数値となっている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.breitbart.com/london/2018/01/17/german-population-grew-2016-solely-due-mass-migration/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/953560225298243585
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
ここアメリカでも同じことが起きている…常に警戒を怠らず、正しき政治家に票を与えよう!

2.海外のパネリスト
一体、どれだけ多くの社会保障費が、移民達に費やされていることだろう?

3.海外のパネリスト
移民が人口増加の主要因?むしろ、全社会問題の主要因ですよ。

4.海外のパネリスト
ありがとうメルケル!ドイツを壊してくれて!!!

5.海外のパネリスト
人口爆発というのも、少子高齢化以上に深刻な問題だ。なぜなら、子沢山が多い移民達は、育児計画など、ほとんど考えていないのだから…

6.海外のパネリスト
自国を襲うこれらの侵略者達について…彼らはもっと正しく理解しなくてはいけない。

7.海外のパネリスト
ヨーロッパ諸国は、自らが蒔いた種を刈り取っているだけさ。社会主義政策を導入している国家において、家族を持つことは余りにも費用がかかりすぎるのだ。

8.海外のパネリスト
最近、フランスやドイツでは、ムスリム名をよく見かけるようになった。統合政策が実に上手く機能している証左だね。

9.海外のパネリスト
移民は人口増加と共に、多くの社会負担を生み出す。

10.海外のパネリスト
もしイスラムの教えがドイツに広まった場合、ドイツ人達はどうやって生きていくのだろうか?

11.海外のパネリスト
まったく驚かない…当たり前。

12.海外のパネリスト
これはまだ序章。そのうち、こうした移民達の中から、政治家に転身する人々が出てくる。本当の悲劇はそこから始まるんだ。

13.海外のパネリスト
>>12
我らが民族こそ、我らが国家の礎!祖国を守れ!!!

14.海外のパネリスト
第三世界の人間達は、無計画に子供を量産する。そして、その子供達も、彼らの両親に倣い、社会保障制度を食い物にして生きていくのだ。

15.海外のパネリスト
彼らは移民ではなく、侵略部隊だ。

16.海外のパネリスト
ドイツ?ドイツだって?彼らはすでにイスラム国家だよ。

17.海外のパネリスト
ハリボテの景気を少しでも長続きさせるため、移民受け入れ&人種置き換えの道を、ドイツ政府は選んだのさ。

18.海外のパネリスト
いずれムスリム達が多数派を形成し、そして、ドイツ人が少数派になる時代がくるだろう…





先週、フェイスブックCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏が声明を公開し、ユーザーによるニュース評価制度を導入すると、発表した。

今回の決断に関して、ザッカーバーグ氏は以下のようなコメントを自身のフェイスブック上に投稿している。

”今日、世界にはあまりにも多くの扇動、誤報、そして、極論が満ち溢れています。(フェイスブックなどの)ソーシャルメディアは、より多くの情報を、より多くの人々に素早く広めることを可能にする一方で、それらの問題も生み出してきたのです。私達はこれらを解決するために対策を講じなければいけません。”

2016年の米大統領選挙時、間違った情報の伝播を阻止できなかったとして、大手SNS会社に対して、多数の批判が寄せられていた。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.foxnews.com/tech/2018/01/22/facebook-to-let-users-rank-news-credibility-prioritize-whats-high-quality.html

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
保守系ツイッター
https://twitter.com/FoxNews/status/955477668228751360
[コメント傾向]
保守
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

情報提供ありがとうございました。

//------------------//

1.海外のパネリスト
ザッカーバーグが辞任すれば、すべて丸く収まる。

2.海外のパネリスト
ニュースを評価するユーザーの信頼度はどうやって決めるのか?結局、堂々巡りになるだけさ。

3.海外のパネリスト
フェイスブックの利用者が、真実を見抜けるとは思えないが…

4.海外のパネリスト
新たなSNSが必要だ…既存のソーシャル・メディアはすべて腐敗している。ツイッターはまだマシだけど…フェイスブックはゴミ。

5.海外のパネリスト
ザッカーバーグは*シオニストだ!

(*イスラエルの地(パレスチナ)に故郷を再建しよう、あるいはユダヤ教、ユダヤ・イディッシュ・イスラエル文化の復興運動(ルネサンス)を興そうとするユダヤ人の近代的運動。ザッカーバーグ氏はユダヤ系家系出身者。)

6.海外のパネリスト
こんなことよりも、フェイスブック上広告に対するBot(偽)クリック問題の解決に、もっと尽力して欲しい。

7.海外のパネリスト
フェイスブックのアカウントを削除してみた…なんだか気分がとても良くなったよ!

8.海外のパネリスト
ニュースの真偽すら自分で確認できないユーザー達に、その評価をさせても意味ないでしょ…

9.海外のパネリスト
グローバリスト左翼であるフェイスブックのやる事なんか、一切信用できないね。どうせ、この評価結果も、自分達の都合の良い形に改ざんするはずさ。

10.海外のパネリスト
フェイスブックは、米民主党の広報機関です。

11.海外のパネリスト
間違ったニュースの排除は、ユーザーではなく、会社側の責任で行うべきでは?

12.海外のパネリスト
信頼性のないメディアが排除されるだって?さらば、CNN!

13.海外のパネリスト
ユーザーに評価をさせるといいながら、実際は、自分達で操作するんだろ?こんなのは茶番だよ。

14.海外のパネリスト
そもそも、リベラルに支配されているフェイスブックから、正しい情報を得ようとすること自体が間違っている。もっとマシな媒体があるだろうに…

15.海外のパネリスト
保守系メディアをフェイスブックから排除する口実。

16.海外のパネリスト
(彼らにとっての)高品質ニュース=左翼情報

17.海外のパネリスト
BreitbartやFoxの記事は…これからフェイスブックで読めなくなるな…

18.海外のパネリスト
なんにせよニュースの公平性だけは確保して欲しい…





オバマ政権が、トランプ陣営に対して不適切な諜報活動を行っていたとする疑惑が浮上、下院情報委員会に所属する共和党の議員達などは、騒動の発端となった司法省内部メモの(一部)一般公開を強く求めている。

今回の疑惑は、2016年、米大統領候補となっていたトランプ氏の陣営に対して、当時のオバマ政権が外国情報監視法(FISA)を不適切に活用し、トランプ氏周辺のスキャンダルなどを調べさせていたというものである。

共和党議員の中には、司法省内部メモの公開要求と共に、これらの諜報活動を担っていた司法省スタッフなどに対して、責任を追及する声が強まっている模様。一方、米民主党は、メモの内容が”ひどく歪曲されたものである(skewed)”などとしており、メモの公開には否定的である。

//------------------//
//News Info
//------------------//

http://www.dailymail.co.uk/news/article-5289689/Republicans-demand-release-secret-FISA-abuse-memo.html
http://edition.cnn.com/2018/01/22/politics/gop-classified-intelligence-fisa-memo/index.html?sr=twCNN012218gop-classified-intelligence-fisa-memo0627AMVODtop

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
米CNN公式ツイッター
https://twitter.com/CNN/status/955402201484152832
[コメント傾向]
賛否両論
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供、ありがとうございました。翻訳内容におきまして間違い等ございましたら、ご指摘いただければ幸いです。

//------------------//

1.海外のパネリスト
この出来事は、米民主党を終焉へと導くものになるだろう。

2.海外のパネリスト
メモくらい簡単に捏造できる。信用できない。

3.海外のパネリスト
共和党だって身に覚えがあるんじゃないのか?だからこそあえて、米民主党を責めているんだろ?自分達が疑われないために…

4.海外のパネリスト
アメリカ国民には、真実を知る権利がある!#ReleaseTheMemo(#メモを公開しろ!)

5.海外のパネリスト
こんなものは所詮、トランプが抱える様々な疑惑から、世間の目を逸らす為の三文芝居だよ。

6.海外のパネリスト
米民主党議員から、一体何人の逮捕者が出ることになるだろうか…

7.海外のパネリスト
CNNよ!あなた達はこの話題を連日報じ続けなければいけない!!メモの内容が公開されるまで!!!

8.海外のパネリスト
>>7
フェイクニュースメディアであるCNNに何かを期待しても無駄さ。1時間の放送中、正確な事は一つも報じない連中だからね。毎日、反アメリカ的意見を垂れ流して、視聴者に偏った意見を刷り込むことしか能のない連中なんだよ。

9.海外のパネリスト
メモを公開しろ?じゃあ、トランプの税関連資料も公開してもらおうか?

10.海外のパネリスト
>>9
米政治家全員対象でお願いします。

11.海外のパネリスト
*ミュラーの捜査を妨害するためとしか思えない。

(*ロバート・スワン・ミュラー三世:アメリカ合衆国の法律家、司法官僚。2016年アメリカ合衆国大統領選挙の不正疑惑を捜査する特別検察官に任命されている。)

12.海外のパネリスト
共和党の議員達が、必死になって陰謀論を捲くし立てている姿が、あまりにも滑稽すぎて震える。

13.海外のパネリスト
>>12
毎日毎日ある事ない事好き勝手喚き散らしているのは、むしろ、あんたらリベラルの方だろ?

14.海外のパネリスト
現在、共和党により「司法省内部メモ」が製作されています。しばしお待ちを…

15.海外のパネリスト
このメモには、様々な機密が含まれている。合法的に一般公開することはほぼ不可能だろう。

16.海外のパネリスト
どうせ公開するなら、一部じゃなく、すべての資料を出して欲しい!

17.海外のパネリスト
自国の政府機関職員達に対して、ツバを吐くような不遜行為だ!共和党議員たちは恥を知れ!!!

18.海外のパネリスト
公開させたらいい。どうせ偽物であることが判明するだけなんだから…
 


1

ツイート意訳:
「Newsbeat」はマルチメディア・ジャーナリストの研修生を募集しています。これは「Creative Access」が提唱する計画の一環として行われるものであり、黒人、アジア人、非白人の少数民族などを対象としています。今回の求人条件に当てはまる方をご存知ありませんか?ぜひこのツイートを広めてください!詳細はこちら

英BBCラジオの有名番組「Newsbeat」がツイッター上にて、「白人以外(non-white)」のジャーナリスト研修生を募集し、大論争が巻き起こっている。

今回の求人は、在英黒人、アジア人、少数民族などの就業を支援する非営利団体「Creative Access」の活動に、BBCが参加する形で行われた模様。

現在、該当ツイートには2400以上もの多種多様な意見が寄せられている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://twitter.com/BBCNewsbeat/status/953602152311803905

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
英BBC公式ツイッター
[コメント傾向]
賛否両論
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
募集要項に”非白人”と書いてしまうのは、明らかに差別でしょ?ジャーナリストと肌の色は、関係ないはず。

2.海外のパネリスト
>>1
直接は関係ないけど、様々な文化背景を理解する能力は、非白人のほうがあるだろうね。

3.海外のパネリスト
私の甥がBBCに就職したがっていたのだが…彼は白人なんだ。どうやってこれを説明すれば…

4.海外のパネリスト
>>3
仕事探しくらい自分でさせなよ…

5.海外のパネリスト
BBCは普段、(少数派に対する)不公平や差別について、しつこく報道しているくせに…。自分達もやっているじゃないか…こんなものは、絶対に許されてはいけない!

6.海外のパネリスト
>>5
私はTV業界に勤めているものだが、これは差別でもなければ区別でもない。もし君がこの件に関して、建設的な議論を望むのなら、よろこんで受けて立つよ?

7.海外のパネリスト
>>6
黒人やアジア人がアンタの上司になってもいいのかい?

8.海外のパネリスト(>>6)
>>7
すでに黒人やアジア人の上司がいるけど、まったく気にならない。僕は中流白人家庭出身だし、おまけに、高学歴&高スキルだからね。仕事探しには困らないよ。

9.海外のパネリスト
>>8
貧しい白人家庭の子供が、一部の人種・性的特権階級に仕事を奪われても構わないと言っているのか?

10.海外のパネリスト(>>6)
>>9
こういった制度は今、どこにでもあるものさ。メディア業界に限った話じゃない。

11.海外のパネリスト
>>10
10年前、私がこの業界を志した時は、こんな制度存在していなかった…こういった求人方法は、メディアにとって、自分たちがいかに”寛容”であるかを、披露するための手段でしかない。

12.海外のパネリスト
酷すぎる募集広告だね…もしこれが”白人限定”の求人だったら、すさまじい非難が寄せられたのちに、即刻削除されていただろう。ツイッター社!差別表現だぞ!!対処しろ!!!

13.海外のパネリスト
白人と黒人のハーフだったらどうなるんだろう…アルバイトくらいになら雇ってくれるのだろうか?

14.海外のパネリスト
>>13
就業時間が、フルタイムの半分(*ハーフ)になります。

15.海外のパネリスト
これは完全なる差別でしょ?責任者の名前を公表してほしい。地元選出の政治家に訴える!!!

16.海外のパネリスト
>>15
とりあえずこのツイートのスクショを撮っておいた。あとで削除されそうだからね…

17.海外のパネリスト
肌の色に関係なく、その職種に最も適した人物が選ばれるべきだと思う。

18.海外のパネリスト
メディア業界(特にBBC)においては、*BAMEの割合がまだまだ少ないからね。こういった制度も、社会的公平性を維持するためには必要なんだよ。

(*BAME:黒人(Black)、アジア人(Asian)、少数民族(minority ethnic)の総称。)

19.海外のパネリスト
>>18
今では、白人も十分少数派ですよ…


このページのトップヘ