[ News Infromation ]

現在、アメリカにおける貸与奨学金総額は14億ドル(*1500億円くらい)に達しており、その半数近くにおいて、回収不可になる可能性が高い。毎年、100万人近くの奨学金利用米学生が「債務不履行」に陥っているという。

米政府等が主体となって貸し付ける「奨学金」の場合、民間の金融会社によるローンとは異なり、「貸出基準・説明」等の制約が甘く、それらを利用する学生やその家族の中には「(利息などを含めた)最終支払額・規約等」を確認せず契約してしまう場合も多い。その結果、支払い不能になってしまうという。

[ News Sources ]
[ Comment Infromation ]

[コメント元]
米ヤフー
コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*949件)
[コメント選出基準]
人気・選択

[ Comments ]

1.海外のパネリスト
大学の経済支援部門で働いているけど、返済義務のある奨学金と、返済義務のない給付金の違いを理解していない学生が多すぎる!利子の存在すら理解していないし、支払い総額について把握している人は殆どいなかった。

2.海外のパネリスト
>>1
そもそも、なぜそんな学生たちが「奨学金」を借りることができるのか?授業料さえ手に入ればいいという、大学側の怠慢ではないか?

3.海外のパネリスト
奨学金利用者の半数が債務不履行?でも、別の情報では「奨学金の不履行率は8~10%」となっている。どちらが正しいのか?

4.海外のパネリスト
>>3
多くの借り主には「返済猶予期間」が与えられているのさ。

5.海外のパネリスト
>>3
「債務不履行に陥った奨学金」でも、問題を覆い隠すため「返済猶予期間」にあるものと計上される。

6.海外のパネリスト
>>3
大丈夫。社会主義者達が政権を握れば、全ての奨学金は無効にされるはずだ。返済の有無を悩む必要など無くなるだろう。(*多分皮肉)

7.海外のパネリスト
>>3
返済余地のある「返済猶予期間」の「奨学金(delinquent loan)」と、完全に回収不可能になった「焦げ付いた奨学金(defaulted loan)」の違いじゃない?

8.海外のパネリスト
基礎経済学によれば、こうした「奨学金」の存在こそ、過去数十年に渡り「インフレ率(物価上昇率)」を大幅に上回る「授業料高騰」を可能にさせてきた原因である。このような公的貸金制度を即座に廃止し、常識ある「学費の設定」を促進すべきだ。

9.海外のパネリスト
どんな学生でも大学の学費を払えてしまう「奨学金制度」自体が間違っているのさ。政府がバンバン金を出しすぎなんだよ。コレのせいで、大学側がどんどん学費を釣り上げていく状況が作られている。

10.海外のパネリスト
>>9
じゃあ政府が全部悪いのか?そんなわけないだろ?左翼ってのは、政府批判しかできないのかね…

11.海外のパネリスト
>>9
私が大学に通っていた60年代後半、今と同じように、政府による援助で多くの人々が大学へと通っていた。しかし、それは決して学費の上昇を招くものではなかった。多くの奨学金は「連邦政府が公認した」民間の銀行によって超低金利で貸し出されていた。ここで言う超低金利とは、だいたい「1%」くらいだ。皆しっかりと返済していたし、破産になるような人々はほとんどいなかった。

12.海外のパネリスト
つまりこの記事が訴えていることは、「奨学金」を借りる学生&その親達の経済概念の絶望的乏しさである。「奨学金」を借りることに対する善し悪しを、正確に評価できていない。

13.海外のパネリスト
私の娘は4万ドル(440万円くらい)の奨学金を借りている。もちろん、これが借金であることを了解した上で契約をした。奨学金が抱える真の問題は、それが住宅ローン同様「利息の支払い」を優先させるところにある。奨学金を借りてから8年が経っているが、毎月600ドル(66000円くらい)の返済をしているにもかかわらず、未だ3万5000ドルの返済額が残っている。娘は返済の為、一人暮らしをすることもできず実家暮らしを続け、かつ、毎週5~6日懸命に働いている。全ての人間が(高給取りの)IT系や医療分野に務めているわけではないのだ。もう少し奨学金の利息を減らしてほしい。

14.海外のパネリスト
>>13
「コミュニティ大学(*専門学校的な場所)」や、より学費の低い大学を選ぶべきだった。もしくは、軍に所属していたら、学費を肩代わりしてくれたであろうに…

15.海外のパネリスト
彼らは「ローン」の意味を理解しているのかな?「ローン」っていうのは「お金を借りる」ことであり、最終的に「利子を含んだ金額」で返済しなければいけないものなんだ。こんなことすら分からない人間は、大学を受ける前に、高校教育を受け直すべきだよ。

16.海外のパネリスト
>>15
記事でも書いてあるけど、問題は「奨学金の説明不足」にある。実際に政府が運営している「奨学金の申し込みサイト」を見てご覧。そこには「ローン」という単語は一箇所しか出てこない。その他の場所では「ローン」が「支援(aid)」という単語に置き換えられているんだ。誰が「支援」という単語から「借金」を連想することができるであろうか?誰だって「(返済義務のない)給付金」だと思ってしまうだろう。

17.海外のパネリスト
専門学校に2年、その後、4年制大学で残りの2年の単位を取得したが、未だに毎月、「奨学金の借り換え返済」を勧めてくる会社からダイレクトメールが届く。きっと儲かるんだろうね…

18.海外のパネリスト
>>17
それだけ「利子商売」が「美味い」ってことですな…