[------------------------------------]
[---News Sources---]
[------------------------------------]

英ガーディアン:

メディア傾向:中道左派・リベラル

[---News Reporters---]

Benjamin Haas氏(*韓国駐在員)
Justin McCurry氏(*日本駐在員)
Kyungmi Choi氏(*記事制作協力)

[---News Infromation---]

日本の製鉄所における労働から80年近く経った今でも、Lee Chun-sik氏は、かつて耐え抜いた厳しい強制労働の記憶に涙している。

1910年から1945年まで続いた日本統治下において、当時17歳のChun-sik氏は生まれ故郷の韓国を離れ、エンジニア訓練生として「好労働条件」を提示されていた日本へと旅立った。しかし1941年、岩手県釜石市に辿り着いた彼を待っていたのは、「収容者」としての生活であった。

Chun-sik氏によると、仕事の内容によっては、日本の看守から殴る蹴る等の暴行を受けたという。なお、これらの業務において、彼には一切賃金が支払われなかったとされる。

(以下略)

[---Translator's Impression---]

かなり韓国寄りな印象。日韓請求権協定への言及はあるが、金額等は記載なし。

[------------------------------------]
[---News Sources---]
[------------------------------------]

ロイター:

メディア傾向:中立?
(*最近は右派メディア並の「反移民系話題」を取り上げることも…)

[---News Reporters---]

Joyce Lee氏

[---News Infromation---]

韓国の外相と首相は、日本に対して「日本政府は、徴用工を巡る両国間の外交的緊張を高めるべきではない。」等と、警告を発した。

先月、韓国の最高裁は、日本の「日本製鉄」及び「新日鐵住金」に対して、第二次世界大戦時における韓国人強制労働者への賠償金支払いを命じた。この決定に関して、日本政府は「考えられない」等と、強く批判している。

複数の専門家は、今回の判決が、日韓間の外交亀裂が招いており、対北朝鮮政策にも影響が出るとの見解を示している。

(中略)

両国においては、1910年から1945年まで続いた日本の韓国植民地化政策において、戦時中、従軍慰安婦として、多くの韓国人女性達が売春行為を強制させられた(forced to work)という、痛々しい過去を持つ。

(以下略)

[---Translator's Impression---]

基本的には中立。両国高官の話を、そのまま紹介している。ただし、「従軍慰安婦」に関する情報は、韓国政府の主張をそのまま受け売りしている模様。

[------------------------------------]
[---News Sources---]
[------------------------------------]

米AP通信(ワシントン・ポストより):

メディア傾向:若干左?

[---News Reporters---]

Mari Yamaguchi氏(*AP通信記者)

[---News Infromation---]

(以上略)

長らく待望され続けた判決が、5年もの歳月を考慮に費やし、ソウルの最高裁判所によってもたらされた。韓国内で係争中である多くの類似訴訟にも、影響を与えると見られており、米国におけるアジアの同盟国:日韓二国間の外交的騒動に発展しそうだ。

(中略)

今回の判決では、日本の「日本製鉄」及び「新日鐵住金」に対して、強制労働を強いられた4人の原告、それぞれ1人当たり1億ウォンの賠償金支払いを命じている。長引く裁判の中、唯一生き残った原告である94歳のLee Chun-sik氏は、判決後、”裁判には勝った。だが、今はもう私1人だけだ。悲しくて、涙が止めどなく流れてくる。”等と、感極まった様子でメディアの取材に答えていた。

(中略)

日韓両国は、従軍慰安婦を巡る「戦時中性的奴隷問題(wartime sexual slavery)」を含め、これまでにも多くの歴史論争を繰り広げてきた。これは、北朝鮮核問題・中国領土拡大問題等を解決すべく、日米韓三カ国連携に躍起となる米国を悩ませている。

(以下略)

[---Translator's Impression---]

NYやFOX等、大手米メディアに多く配信されている。