Update

2018/10/22
*誤字修正:
「5歳になる娘オーロラちゃん」→「5ヶ月になる娘オーロラちゃん」

News Infromation

テキサス在住の主婦が、子育ての苦労を描いた「手書き漫画」をフェイスブック上に投稿、多くの注目を集めている。

 米テレビ番組:"Good Morning America"に出演した二児の母Mattea Goffさんは、夜通し娘をあやし続けた「大混乱の夜」を、漫画化した経緯について次のように話した。

”(大混乱の夜を経たあと)私は一枚の絵を書きました。その後、次から次へと書き進めていったのです。それを夫に見せたところ、とても笑ってくれました。彼の反応はとても喜ばしいものでした。”

Goffさんの漫画は、5ヶ月になる娘オーロラちゃんとの「壮絶な夜の出来事」を描いている。その中には、突然起きたオーロラちゃんが、母乳を吸い、吐き出す様子や、いびきをかきながら寝ている夫への憤りが、コミカルに説明されている。

フェイスブックに投稿されたこの漫画は、現在20万近い共有をされており、数千のコメントが寄せられている。

*上:[就寝](夫の)無意味な乳首 *下:二時間後…子供がグズる


*娘「チュパチュパ(母乳を吸う)」母「(眠い…)」父「ぐぁ~ぐぉ~」


*上:娘「(しがみつく)」母「爪を切っておけばよかった…」父「ぐぁ~ぐぉ~(未だ無意味な乳首)」
*下:娘「ゲボ(母乳を吐き出す)」母「あぁ…掃除しなきゃ…」父「ぐぁ~ぐぉ~」


*上:娘「(布団を蹴り飛ばしている。)」母「…」父「ぐぁ~ぐぉ~」
*下:娘「チュパチュパ(母乳を吸う)」母「寒い…なんで子供っていつもこんなに体温高いのかしら…」父「ぐぁ~ぐぉ~」


娘「ZZzzzz」母「(ボロボロ)」父「おはようハニー!よく眠れたかい!?さあ、パパが抱っこしてあげよう!!(*この期に及んで、完全に無意味な乳首)」

News Sources

https://www.yahoo.com/gma/mom-revealed-her-husband-why-shes-always-exhausted-192405442--abc-news-parenting.html
Comment Infromation

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*664件)
[コメント選出基準]
人気・順番

Translator's Comment

ほのぼのニュースなので、コメントもほのぼのしているかと思いきや、かなりギスギスした雰囲気(*男女間での父母役割分担論に関する罵倒大会 or 女性同士の子育て論に関する相互批判)になっていました。そうした論争は、今回ほんの一部しかご紹介できていませんが…

Comments

1.海外のパネリスト
僕の妻も、専業主婦で子育てをしていた。もちろん、できる限りの手伝いをしていたが、その頃、僕は一日平均10時間働いていたため、夜、寝ている間は、ほとんど彼女に子供の面倒を任せていた。勘違いしないでほしいのだが、僕は本当に沢山子育ての手伝いをしていたが、夜だけは彼女を頼っていたのだ。夫婦にはそれぞれすべき仕事がある。一方的にどちらが悪いという話ではない。

2.海外のパネリスト
私はフルタイムの仕事をしながら、子育てをしてきた。それでも、夕食の準備や炊事・洗濯も欠かしたことはない。とっても疲れるけどね。私が仕事に出ている昼間、夫が息子の面倒を見てくれている。そして、(私が帰ってきた)夜、仕事に出かける。私達夫婦は、互いに子育ての役割分担をしているの。これこそ、夫婦のあるべき姿だと思う。シングルマザーやファザーを心から尊敬する。どうやって生きているのかしら…

3.海外のパネリスト
>>2
シングルマザーだけど…なんとか息はしてるよ。かろうじてね…。

4.海外のパネリスト
>>2
2歳と1歳の乳飲み子を抱えたシングルマザーです。正直、自分でもよくここまでやってこれたと思う。まぁ、自分で彼らを育てる決断を下したんだけど…。彼らの父親はクズで、どうしようもないヤツらだった。(*それぞれ父親が違う模様)彼らが頼れるのは私だけだし、私が彼らを守らなくては。

5.海外のパネリスト
赤ちゃんの段階なんて、まだまだ楽な方。本当の地獄は、その数年後にやってくる。兄弟で喧嘩をするようになるし、ちょっとしたことでグズるし、宿題の手伝いをしなきゃいけないし、歯医者につれていかなきゃいけないし、ダンス教室、ガールスカウト、スポーツクラブ…子育てってホント大変。

6.海外のパネリスト
>>5
そんなの…子供を授かる前からわかってたことでしょ?

7.海外のパネリスト
>>5
貴女は子育てにおけて「負の側面」ばかりを見ている。子供を持つことによって、私達の人生は非常に豊かになりうる。貴女が訴える不満は、三人の子持ちとしてすごく理解できるけど、子供に恵まれた幸せを忘れるべきじゃない。

8.海外のパネリスト
>>5
夫に去勢手術をさせておけばよかったね。

9.海外のパネリスト
>>5
これが嫌で、私は子供を持たなかった。「子育てを楽しむ」なんて、所詮「空想上の娯楽」に過ぎない。現実は厳しい。

10.海外のパネリスト
>>5
「ダンス教室、ガールスカウト、スポーツクラブ」…行かなきゃいいじゃん?

11.海外のパネリスト
俺は4人の子供を妻とともに育ててきた。だからこそ言えるが、最近の若い奴らは、子育てを甘く見ている。子供は「ペット」じゃない。24時間の世話を必要とする人々である。このことを、これから夫婦になる若者たちは知っておくべきだ。君たちがこれから預かろうとしているのは「人間の命」なんだよ。少なくとも、彼らが12歳になるまで、貴方達は彼らの人生に必要な全てを、一から教える必要がある。もし君が、服を脱ぎっぱなしにして片付けない人であったり、食器をそのままにしておくタイプの人であるのなら、きっと子育てには向かない。子育てに「近道」はない。怠けることは許されない。フルタイム以上の仕事なんだ。

12.海外のパネリスト
>>11
女が「子育ての不満」を言うと、途端に「説教モード」になる男が多すぎ。「子育ての不満」を述べる事と、「子供への愛情が無い」ことは、全く違うことなのに…。

13.海外のパネリスト
私達夫婦は、5人の子供を育ててきた…しかも、皆、男の子。私達はまるで「子育て」におけるチームメイトのようだった。それは「疲れる」なんて言葉では言い表せないほど…まるで「ゾンビ映画」の世界であった。しかし今、私の子供達夫婦は、たった2人程度の孫の世話に不平・不満を述べている。私はその話を笑顔で聞きながら、「私達も同じ経験をしてきた。でも大丈夫、そういったものは、いずれ過ぎ去っていくものよ」と忠告をした。子育てはチーム作業。どちらか一人が担うべきではない。

14.海外のパネリスト
親戚の子供は可愛いけど、自分の子供は…いらない。私は旅が好きだし、世界中を回りたい。それに「子供なんか持たなければよかった」とボヤく知人も多いし。子育ては終わりが見えない&感謝されにくい仕事…でも、それを受け入れたのは彼らだからね。

15.海外のパネリスト
(専業主婦に対する)批判コメントが多すぎてビックリ。っていうか、(*仕事での疲れ等を理由に)子供と一緒に起床しない父親が存在していることに、不安すら感じるよ。僕はできる限り、子供と一緒に、朝、起きるようにしている。今の若い世代の男達は、男親のあるべき姿を理解していない。

16.海外のパネリスト
>>15
若い世代の男達?私の父親は「第二次世界大戦」時代の人だったけど、決して子供と一緒に朝起きたり、オムツを変えたりはしなかった。絶対に…

17.海外のパネリスト
>>15
俺たちの家庭では、俺が働いて、嫁が専業主婦として子供の世話を見てる。俺がしっかり眠れずに、仕事でヘマをすれば、仕事を失うだろう。それを防ぐために、子育ての役割分担をしているんだ。夫婦にはそれぞれの義務がある。

18.海外のパネリスト
子供は二人で授かるもの。ゆえに、子供は二人で育てるもの。