News Infromation

独メルケル首相率いる保守政党「ドイツキリスト教民主同盟(CDU)」と協力体制にある姉妹政党「キリスト教社会同盟(CSU)」が、地盤とするバイエルン州の地方選挙にて、歴史的大敗を喫していたことがわかった。求心力を失いつつあるメルケル政権への打撃は、必至と思われる。

日曜日に行われた今回の選挙においては、「キリスト教社会同盟(CSU)」の得票率は37%に留まり、前回から10%もの大幅低下となった。

バイエルン州では1960年代より、同政党が独占的な議会運営を行ってきた。しかし、この結果により、CSUは絶対多数の立場を失い、11%の得票率を記録した保守政党「自由投票者党(Free Voters)」との連立が模索されている。

また、メルケル首相にとってCSU同様、重要な政治パートナーである「ドイツ社会民主党」も、前回から得票率を半減させ、9.6%であった。ドイツ紙「Der Spiegel」は、この状況を「(バイエルン州伝統政党における)厳しい敗北」であると、評している。

一方、反移民を訴える「ドイツの為の選択肢(AfD)」は約10%の得票率を獲得、同国16州中15州目の議会入りとなった。

News Sources

Comment Infromation

[コメント元]
米ヤフー
[コメント傾向(*総コメント数)]
若干保守(*641件)
[コメント選出基準]
人気・選択

Comments

1.海外のパネリスト
メルケルのCDUが保守政党だって!?何言ってるんだ!!こいつの思想原理は、社会主義&リベラルのお手本みたいなもんだぞ!?

2.海外のパネリスト
>>1
共産主義も忘れないでね!

3.海外のパネリスト
>>1
君はドイツの保守派を知らないんだよ。ドイツ保守派=米リベラル程度なのさ。

4.海外のパネリスト
>>1
リベラル政党を「保守」と報じることにより、「真の保守政党」の存在意義を無くそうとする、大手マスメディアの策略。

5.海外のパネリスト
メルケルはドイツを壊し、トランプは米国を救った!

6.海外のパネリスト(*不支持多数意見)
>>5
むしろ、アメリカは今下降の一途を辿っている。トランプは国連を小馬鹿にし、米国を世界の笑いものとした。全世界は今や、米政府と米有権者の決断に呆れ返っている。

7.海外のパネリスト
ぜひ考えてみてほしい…「なぜ国連が西洋社会にだけ、”多様性社会”を押し付けようとしているのか」ということを…彼らは白人文化・国家をなし崩し的に薄めようとしているのだ。

8.海外のパネリスト
我々米国人は、アメリカをドイツのような「巨大難民キャンプ国家」にしないためにも、今度の中間選挙において、共和党(*トランプ勢力)を支持する必要がある。

9.海外のパネリスト(*不支持多数意見)
>>8
君はアメリカに住んでいるのか?では、何をこれまで見てきたのか?米国はすでに「巨大難民キャンプ国家」なんだよ。もはや彼らを受け入れざるを得ない。強制送還など、論外だ!

10.海外のパネリスト
あと数十年すれば、イスラムが多数派を形成し、政府を乗っ取る。そして、ドイツは終わる。

11.海外のパネリスト
>>10
大丈夫だよ…終わるのはドイツだけじゃない…フランスも一緒さ。

12.海外のパネリスト
>>10
ロンドンはもう終わりかけているのですが?すごい悲しいんですけど?

13.海外のパネリスト
>>10
ドイツをムスリムが支配するということは、イスラムの手にドイツ国内の核が渡るということだ。自分達で製造できなければ、保持している国を内部から侵略する…これが彼らのやり方なのさ。

(注:北大西洋条約機構(NATO)の核共有協定に基づいて、アメリカはドイツを含め、4カ国に核兵器を備蓄・配備している。)

14.海外のパネリスト
メルケルは、イスラム難民達がただ単に「暖かなハグ」だけを求めて、わざわざドイツにやってきたと勘違いしていたのさ。

15.海外のパネリスト
>>14
まるでナチスみたいなコメントだな?

16.海外のパネリスト
>>15
まるでイスラム過激派の如きコメントだな?

17.海外のパネリスト
メルケル、ブレア(元英首相)、オバマ(前米大統領)、そして、EUの首脳陣が、大規模不法移民の欧州流入を実現させた。彼らはリベラル勢力と協力し、我らをグローバリズムの巣窟へと押し込んだのだ!

18.海外のパネリスト
全ヨーロッパ市民は、「国境開放政策」に、ほとほと嫌気が指しているんだよ。