News Infromation

イタリアの内相・副首相であるマッテオ・サルヴィーニ氏は声明を発表。同国の移民対応に懸念を表明している新国連人権高等弁務官ミシェル・バチェレ氏に対して、「偏向している国連からは、如何なる勧告も受け入れない」との姿勢を鮮明にした。

先日、バチェレ氏は「イタリア国内の移民たちが”攻撃や差別”に直面している」として、調査チームの派遣を検討している等と、述べていた。しかし、サルヴィーニ氏はこれらの発言に対して、以下のようなコメントで反論している。

「この数年間、我々は70万人もの移民を受け入れてきた。彼らの大部分は不法移民である。だがしかし、これまで我々に対するサポートはまったくはなかった。ゆえに、我々は誰からの忠告も受け入れるつもりはない。特に、情報を隠し、無駄な出費を繰り返し、極度に偏向している国連には絶対に従わない!」

News Sources
Comment Infromation

[コメント元]
VOE:
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1039146143459012608
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*92件)
[コメント選出基準]
順番・選択

Comments

1.海外のパネリスト
少女「ママ、”政治的公平性”って何?」
母親「自分の意見を捨てて、クソッタレ共のご機嫌を取ることよ。」

2.海外のパネリスト
国連と人権理事会が偏向していることなんて、すでによく知られていることさ。在欧州イスラム教徒達の非道な行いにはだんまりで何もしない…タダの役立たずだよ。

3.海外のパネリスト
”ロヒンギャ”と呼ばれる「ベンガル系ムスリム」達が、ミャンマーでテロ行為を繰り返しているのに、国連はそれらを一切無視している。

4.海外のパネリスト
国連っていうのはすでに「過去の遺産」…賞味期限切れの団体です。

5.海外のパネリスト
イタリアよ!その調子だ!!

6.海外のパネリスト
サルヴィーニ氏こそ、男の中の男だ!我々は彼を支えねばならない!!

7.海外のパネリスト
国連は、南アフリカにおいて大規模な迫害をうけ、国家に私有地を強制収用されている白人達を救うべき!私達は変化を求めている!!

8.海外のパネリスト
まともな国家にとっての「解決策(*移民対策)」は、国連の目には「蛮行」と映る。

9.海外のパネリスト
もうそろそろ国連を解体するべきなのかもね。もはや存在意義がない。少なくとも名前を変えたほうがいいだろう…「難民定住相談所」とかね。

10.海外のパネリスト
彼の発言に対しては、一切反論の余地がない。すばらしい!

11.海外のパネリスト
常識的であることが、困難な時代。

12.海外のパネリスト
こういう政治家がもっと増えてくれたらいいのに…我が国イギリスにも欲しい…

13.海外のパネリスト
>>12
*ナイジェル・ファラージがいるじゃない?

(*イギリス保守政党:UKIPの元党首。反移民・疑EU路線を取る。米アニメ「ザ・シンプソンズ」のお父さんにちょっとだけ似てる。)

14.海外のパネリスト
全ての国家は自国の社会的・文化的遺産を守る権利がある。もちろん、この権利はイタリアにもある。我らは国連の従属国ではないのだ。

15.海外のパネリスト
国連の政策に賛同を示さないものは、総じて「差別主義者」と評されます。

16.海外のパネリスト
諸悪の根源=今日の国連。

17.海外のパネリスト
「国境開放主義者」こそ、ヨーロッパ諸国の一般市民を「移民流入」によって苦しめている「反欧州人差別主義者」である。

18.海外のパネリスト
国連に雇われた兵士・スタッフたちが、自らの立場を利用して、本来救うべき多数の「女性や子供たち」に、「暴力」を振るっていたことが判明している。国連に対する金銭支出を凍結すべき時だ!(*ソース