海外メディアによると、今年5月1日「メーデー集会」の参加者に暴力行為を働いたとして、フランス警察が、マクロン大統領の側近・警備責任者である「Alexandre Benalla」氏のオフィスを、家宅捜索していたことが分かった。この出来事は仏政府を揺るがす大スキャンダルとなっており、マクロン大統領の支持率も下落している。

現在、Benalla氏は警察に拘留されており、オフィスだけではなく、自宅も家宅捜索された模様。

Benalla氏は、今年5月1日、メーデー集会に平和的に参加していた男性を殴り、女性を引きずったと伝えられている。その際、Benalla氏は機動隊員のヘルメットを着用していたものの、彼が暴力を振るっている様子が動画に捉えられていたという。(*注:顔の部分がガラスとなっていた為、Benalla氏であることが確認された。)周りには実際の「フランス機動隊(riot police)」も居たが、その行為を黙認していたとされる。

この事件後、Benalla氏は二週間の職務停止処分となったものの、2018年のワールドカップでは、フランス代表チームの護衛係に復帰している。しかし最近になり、この事件とその動画が大きな注目を浴びるようになった為、最終的に、仏政府は彼の解雇を決定した。

Benalla氏は今、「機動隊に成りすましていた罪」、「暴力を捉えた動画を壊そうとした罪」、「集会参加者である一般人に対する暴力の罪」などで起訴されている。

ネット上などでは、Benalla氏がマクロン大統領の「同性の恋人」であるとの噂が広がっており、マクロン大統領自身が、その噂を直接否定する事態に追い込まれている。「彼は私の恋人じゃない…もちろん、核ミサイルのコードも教えていない。」(ソースソース

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://www.youtube.com/watch?v=x_4cSf0cnJs
https://www.rt.com/news/434257-police-search-elysee-palace/

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
RT(ロシア国営メディア)のYoutube公式チャンネル
(メディア傾向:親ロシア&反EU)
[コメント傾向(*総コメント数)]
フランス政府&警察に批判的(*207件)
[コメント選出基準]
人気・順番

//------------------//
//Translator's Comment
//------------------//

コメントでの情報提供、ありがとうございました。掲載まで時間がかかり、申し訳ありません。

(ほぼ)ロシア国営メディアであるRTの記事&コメントでは若干「公平性」に欠けるかもしれませんが、他の海外英語メディアにおいて、適切な「コメントソース」が見当たらなかったため、今回はRTを利用させていただきました。何卒、ご了承ください。

//------------------//

1.海外のパネリスト
フランス警察って、まるでインド警察みたいだね。

2.海外のパネリスト
>>1
世界中どこも一緒さ。アメリカの警察だって、常に黒人を毛嫌いしているし…でも、インド警察はとびきり酷いよ。

3.海外のパネリスト
マクロンは所詮「*ロスチャイルド家」の人間…ロスチャイルド系銀行出身者だよ?

(*ヨーロッパのユダヤ系財閥、貴族。欧州を中心に凄まじい経済的・政治的影響力を保持しているとされる。)

4.海外のパネリスト
>>3
まぁ君程度じゃあ、逆立ちしても「ロスチャイルド家」の人間にはなれないだろうけどね…。

5.海外のパネリスト
マクロンはゲイ。

6.海外のパネリスト
>>5
っていうか、超絶年上好き。

(*マクロンさんの奥さんは、高校時代の教師で、25歳年上。)

7.海外のパネリスト
よくこれだけの証拠があるのに、メディアを攻撃できるな…自分の汚点を他者に責任転嫁する連中が多すぎる!

8.海外のパネリスト
>>7
マクロンは別に、責任逃れをしようとしているんじゃない。ただ、(フランス)メディアの報道があまりにも偏向していると、訴えているんだ。人々をいたずらに扇動していると…。俺には彼の気持ちがよく分かる。アメリカのメディアは世界一の扇動・偏向機関だからな。

9.海外のパネリスト
>>8
悲しいことに、多くの人々はメディアによる偏向の存在を気付いていない。彼らの愚かさは、恐ろしいほどだ。

10.海外のパネリスト
>>9
最近では、フェイクニュースの存在を沢山の人達が認識し始めているよ。もちろん、まだ理解していない人達もいるけどさ…。そういう連中は「ある種の病気」なんだよ。「トランプ大嫌い症候群(Trump derangement syndrome)」みたいな…。

(Trump derangement syndrome:アメリカ右派によって生み出された新造語。トランプさんが嫌い過ぎるあまり、彼の言動を全て否定したり、真意を捻じ曲げたりするリベラル派や進歩派の人々を揶揄する表現らしいです。wiki

11.海外のパネリスト
「オバサン女房」と「お子ちゃま宰相」。

12.海外のパネリスト
>>11
「オバサン」っていうか、すでに「お婆ちゃん」だと思うw

13.海外のパネリスト
>>11
素敵なコメントありがとう。飲んでいたコーヒーを画面にぶち撒けたよ…

14.海外のパネリスト
「全責任は私にある」って、マクロンさんは明言したらしいけど…どうやって責任を取るの?辞任するの?被害者に慰謝料を払うの?どうせ何もしないんでしょ?

15.海外のパネリスト
マクロンはヨーロッパの破壊者である!

16.海外のパネリスト
まぁまぁ…皆、悟ってやろうよ。Benallaとマクロンは恋人同士なんだよ。だからこそ、マクロンは身を挺して、彼を守ろうとしているんだ。

17.海外のパネリスト
フランスのデモ隊、メーデー集会の参加者って暴力的な事で有名だからなぁ…すぐに暴徒になるもん。鎮圧のためには、ある程度の実力行使は必要だったんじゃない?

18.海外のパネリスト
反フランス主義者の人間を、わざわざ大統領に選んだフランス人諸君。後悔しているかい?