(*暴動後の様子…不法移民達の所有物や武器(?)が残されている模様。)

今月26日、アフリカ大陸北部にあるスペインの飛地領「セウタ」の国境沿いにおいて、アフリカ系不法移民400~600人が殺到する事件が発生、一部は暴徒化していたという。この騒動により、不法移民11名と、国境警備兵4名が病院に運ばれた。

地元警察によると、不法移民達は排泄物などを利用した「手製の火炎放射器(火炎瓶?)」を、国境警備兵に投げつけていたという。

セウタのスペイン地方当局は、不法移民が同国に侵入した総数について、未だ明らかにしていない。一部の欧州メディアは「800人の不法移民がセウタに入り込んだ」と報じている。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2018/07/600-africans-storm-spanish-border-using-exceptional-violence-four-border-guards-hospitalised/#.W1nivTJeMLg.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1022497633179512834
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*193件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト(*画像)
「寛容」の名の下に、我々は「不寛容(*不法移民)」を受け入れているのだ。

2.海外のパネリスト
>>1
これは戦争である!我々は戦わねばならないのだ!!

3.海外のパネリスト
>>1
トマホークを一発打ち込めば済む話。

4.海外のパネリスト
メルケルの子供たち(*移民)は、「タダ乗り社会保障費祭り(moneyfornothing )」に殺到しているのさ。

(*名曲です…エリック・クラプトンもサポートで参加!)


5.海外のパネリスト
今、スペインにおいては老人達が負債(家賃の滞納?)を理由に、家を追い出されているにもかかわらず、これらの侵略者達(移民)には豊富な経済支援が政府から与えられている。

6.海外のパネリスト
欧州を目指す移民って「男」ばっかり…こいつら「男」達が作り出した混乱によって、祖国の女性や子供たちは苦しめられているのに…

7.海外のパネリスト
こういう連中から、一体どのような「良さ・善」を期待できるというのか?

8.海外のパネリスト
この事態を招いたのは、現スペイン政府の親移民姿勢が原因でしょ?

9.海外のパネリスト
(不法)移民を好き好んで受け入れている国家の存在が、到底信じられない。トラブルしか起こさないのに…

10.海外のパネリスト
>>9
これらの移民こそ、我々の置き換えとなる人々なのだよ…

11.海外のパネリスト
彼らは移民や難民ではなく、「経済移民」。僕がモロッコに居た時、同国政府は自国民に対する住宅・仕事の供給を行っていたらしいが、それでも多くの人々は、「無償の社会保障費」を求め、欧州を目指していた。

(*モロッコはアフリカ大陸の中において、比較的経済水準が高い。ちなみに、セウタの隣国。)

12.海外のパネリスト
これはもう「宣戦布告」と捉えて、いいんじゃないだろうか?

13.海外のパネリスト
大した技術者達だ。スペインにおけるAI・医療・エネルギー分野の発展は、間違いないだろう…

(*かつて、移民の多くが技術者や医者であると言われていた。)

14.海外のパネリスト
柔和な移民政策を導入したことを、近い将来、スペインは後悔することになる。

15.海外のパネリスト
>>14
スペイン政府が、移民問題で対立するイタリアとEUの「仲介者」になろうとしたことが、最大の間違いだったんだよ。

16.海外のパネリスト
いや~…これは間違いなく「難民」ですなw(皮肉)

17.海外のパネリスト
(移民流入元である)モロッコは紛争状態ではない。つまり、彼らの大半は難民ではない。

18.海外のパネリスト
他国への入国を目指し「手製の火炎瓶」を使う移民…それはただの侵略軍です。