(*フランス語です…)

FIFA・W杯で優勝を果たしたフランスにおいて、数百万の市民達が路上に繰り出し、共に勝利を祝ったことが話題となっている。しかし、そうした騒ぎの中で、女性たちに対する多数のセクハラが報告されているという。

こうした被害は、ツイッター上において続々と告発されているものであり、”#Metoofoot”という「#Metoo」運動と連動したハッシュタグも用いれられている。

一方、これらのセクハラを行った犯人達は、彼女たちの体を触った後、即座に人混みに消えてしまうことから、特定することが困難であり、被害者達は泣き寝入りを強いられているとされる。

//------------------//
//News Info
//------------------//

https://voiceofeurope.com/2018/07/wave-of-sex-attacks-during-french-world-cup-celebrations-womens-genitals-and-buttocks-groped/#.W088ljsUB9s.twitter

//------------------//
//Comment Info
//------------------//

[コメント元]
VoE公式ツイッター
https://twitter.com/V_of_Europe/status/1019570447158071296
[コメント傾向(*総コメント数)]
保守(*117件)
[コメント選出基準]
順番・選択

//------------------//

1.海外のパネリスト
私はアメリカ人であるが、現在フランスで起きていることに、憤りを感じている。愛とロマンスを求めて同国を訪れる観光客達は、犯罪を撒き散らすムスリムとソマリア移民によって歓迎されるだろう。

2.海外のパネリスト
>>1
これはフランスだけの問題ではない。ヨーロッパ全体の課題である。

3.海外のパネリスト(チェコの方?)
チェコを含むヴィシェグラード諸国(チェコ・スロバキア・ハンガリー・ポーランド)が、欧州連合による「移民再分配制度」に反対しているのは、まさに、これが最大の理由。

4.海外のパネリスト
フランス国民は、このような事態を招いたオバマ米前大統領に、心から感謝するべきだね。

5.海外のパネリスト
「三種類のムスリム」

1.宗教的イスラム教徒:
*非ムスリム・キリスト教徒などを迫害する。
*テロを起こす。

2.人口増加用イスラム教徒:
*教育と資本を得て、沢山の子供を生み出す。
*人口爆発を起こし、地域にスラムや水不足、失業率の増加をもたらす。

3.知的イスラム教徒:
*世俗主義を装う。
*犠牲者になりすまし、団結を呼びかける。
*女性に対する弾圧に関しては、基本無視。

6.海外のパネリスト
「野蛮」としかいいようがないね。俺たちは皆、これらのセクハラが、外から来た移民達によって行われたことを知っている。フランスもインドも、まったく同じ状況だ。

7.海外のパネリスト
パリには何度も行ったことがあるけど、昨年訪れたときは「No Go Zone」になっていた…少なくとも、私にとっては…

8.海外のパネリスト
フランス代表チームには、実質、二人しかフランス人がいない。(*未確認情報)

9.海外のパネリスト
わずか2~3年前、これらの被害に遭った女性達は「難民大歓迎」と叫んでいた。

10.海外のパネリスト
全ての国家には、それぞれ「伝統文化」がある。例えば、日本を訪れる人々は、「日本の伝統文化」を楽しみ、「日本人が話す言葉(日本語)」を聞きたいはずだ。フランスを訪れる人々も同様、「フランスの伝統文化」を見たいんだよ。ムスリムやソマリア移民を観賞したいんじゃない…

11.海外のパネリスト
フランス式自己招致型文化侵略(self invited Cultural invasion of France)

12.海外のパネリスト
マクロン大統領は、これらの出来事に対して、見て見ぬふりをしている。彼の多文化主義思想は、完全に失敗したのだ。

13.海外のパネリスト
地球上で最も愚かな国民=フランス人

14.海外のパネリスト
>>13
セクハラをしている連中は、フランス人じゃないよ。

15.海外のパネリスト
これぞまさに「文化濃縮」のあるべき姿!!!

16.海外のパネリスト
フランス人諸君、「素晴らしき多様性社会」を楽しんでるかい!?

17.海外のパネリスト
警察はこれらの被害を徹底的に調べるべきだ!こんなことをするのは、ムスリム以外にありえない!!

18.海外のパネリスト(*画像)
突然ですが、ここで数年前「Refugees Welcome(難民歓迎します。)」の大弾幕を掲げてデモ行進していた人々の写真を、見ていきましょう…

19.海外のパネリスト
新たな時代の祝勝方法だね…